高砂市 弁護士。 姫路あおい法律事務所 【高砂市の遺産相続に強い弁護士】

高砂 健太郎弁護士(中崎町法律事務所)

高砂市 弁護士

姫路あおい法律事務所の基本情報 姫路あおい法律事務所です。 兵庫県高砂市の弁護士事務所で、土日・祝祭日にも対応可能です。 不動産・建築、企業法務、借金などのトラブルに対応しています。 荒井駅よりお越しいただけます。 当事務所で弁護士ドットコムに登録している弁護士は1名となっております。 姫路あおい法律事務所の取扱分野 注力分野• 交通事故• 離婚・男女問題• 企業法務 取扱分野• 交通事故• 離婚・男女問題• 債権回収• 消費者被害• 不動産賃貸• 不動産契約• 再編・倒産• 逮捕・刑事弁護• 少年事件• 犯罪被害• 犯罪・刑事事件• 不動産・建築• 企業法務 姫路あおい法律事務所の所属弁護士 弁護士ドットコム登録弁護士数 1名• 弁護士 兵庫県弁護士会 事務所名 姫路あおい法律事務所 所在地 〒 676-0016 兵庫県 高砂市 荒井町扇町15-9 二見ビル201(無料駐車場あり) 最寄駅 山陽荒井駅向かいのビル2階 山陽高砂駅徒歩10分 JR加古川駅から車で10分 JR宝殿駅から車で10分 交通アクセス• 平日可• 土日可• 祝祭日可 所属弁護士数 1人 所員数 1人 事務所URL 周辺の法律事務所•

次の

姫路あおい法律事務所|神戸、明石、加古川、高砂、姫路を中心に活動する弁護士事務所

高砂市 弁護士

つつじの総合法律事務所のホームページへようこそ。 代表弁護士の中森真紀子です。 私は高砂市で生まれ育ち、加古川市内の高等学校に通いました。 加古川は私を育ててくれた地元です。 司法試験合格後は、神戸の法律事務所で勤務弁護士として研鑽を積み、早いもので、弁護士になってから10年以上が過ぎました。 2016年に神戸の法律事務所を独立し、地元加古川に当法律事務所を開業しました。 私は、神戸の事務所で働いていた頃、法律トラブルを抱えた加古川を含む東播磨地域の方々が、地元に弁護士事務所が少ないことを理由に、わざわざ神戸や姫路まで出向いて弁護士に相談や依頼をされているケースを度々目にしてきました。 私は、この地域にお住まいの方々は必ずしも十分な法的サービスを受けられていないのではないかと考え、地元出身の私だからこそ地域の方々のお役に立てるはずだとの想いから、加古川に法律事務所を開業することを決意しました。 おかげさまで、開業からこれまで4年の間に、1500件近くものご相談のお問合せをいただき、その中で依頼を受けた多くの案件を解決してきました。 ご依頼者様からは、「納得の解決ができた」「自分の気持ちを代弁してもらったことで、心が晴れ前向きになれた」「当初弁護士事務所に相談することすら躊躇していたが、今ではもっと早く相談すれば良かったと思っている」といったお喜びの声を多数いただいております。 また、昨今では、過去のご依頼者様からお知り合いの方をご紹介いただくことも増えており、当事務所が徐々に地域に根付いてきていることを実感しております。 いまや弁護士は敷居の高い存在ではありません。 体調を崩したらかかりつけのお医者様にかけこむように、法律トラブルで悩んだら当事務所の扉をノックして下さい。 お一人で悩む必要はありません。 お待ちしております。 事務所名に込めた思い 「つつじの総合法律事務所」という事務所名は、「つつじ」が「野(の)」に群生している様子をイメージして名付けました。 加古川の市花であり、皆様の暮らしの近くで咲いているつつじのイメージを、当事務所を地元の皆様に身近で親しみやすい法律事務所にしたいという私の願いに重ね合わせました。 代表弁護士 中森 真紀子.

次の

小野・三木・加西・西脇の弁護士・法律相談「菜の花小野法律事務所」(兵庫県小野市)

高砂市 弁護士

当事務所は神戸、明石、加古川、高砂、三木、小野、姫路を中心に活動する弁護士事務所です。 基本理念は「最高のサービスを良心的な価格で提供すること」です。 法律相談は初回30分無料ですのでお気軽にご相談下さい 「優秀な弁護士が、最高のサービスを、良心的な価格で提供すること」が当事務所の基本的な理念です。 当事務所では、相談者・依頼者のみなさまがかかえる問題に対して真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策をお示しいたします。 確かに、訴訟を提起することは問題解決にとって有効な手段です。 しかし、訴訟だけが問題解決の唯一の方法ではありません。 弁護士が交渉したり、調停や審判で話し合いをすることで解決することもあります。 みなさまの抱える問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 また、たとえ問題の解決になったとしても、そのための費用があまりに高すぎては意味がありません。 当事務所では、あらかじめ弁護士報酬や裁判費用といった費用をご提示いたします。 そして、市民のみなさまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるように、良心的な価格で法的サービスをご提供いたします。 法的な紛争は、一旦こじれてしまった場合には、その解決に多大な労力と時間がかかる上、当然費用もかさみます。 逆に、紛争になる前、または紛争の初期段階であれば、容易に解決でき、費用も安く抑えることが多いです。 何か問題点や疑問点がございましたら、お早めにご相談ください 法律相談は初回30分無料です。 相談者・依頼者がかかえる問題に対して真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策を提示します。 しかし、訴訟だけが問題解決の唯一の方法ではありません。 弁護士が交渉したり、調停や審判で話し合いをすることで解決することもあります。 みなさまの抱える問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 そして、市民のみなさまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるように、良心的な価格で法的サービスをご提供いたします。 このようなとき、感情的な問題と法的な離婚原因とを冷静に区別し、離婚するにしてもしないにしても、夫婦の行く末について法的なアドバイスする、いわば舵取り役が必要になります。 当事者同士の話し合いだけで解決できればいいのですが、感情的になって話がまとまらないことが多いです。 そのような場合、第三者的立場である弁護士に相談することで、調停・審判や訴訟になったときの見通しがつき、訴訟等になったときの時間的・経済的デメリットを当事者で把握することができます。 また、弁護士を入れて協議することで、より冷静に話し合いができ、紛争の早期解決を図ることができます。 法的な紛争は、一旦こじれてしまった場合には、その解決に多大な労力と時間がかかる上、当然費用もかさみます。 逆に、紛争になる前、または紛争の初期段階であれば、容易に解決でき、費用も安く抑えることが多いです。 何か問題点や疑問点がございましたら、お早めにご相談ください。 現状では無理だが、どうすれば将来離婚できるか分かったので、解決の道筋がついた。 」 「相手方から離婚を請求されたが、自分の行為が離婚事由に当たるか分からなかった。 弁護士に相談して離婚は不当だと分かり安心した。 」 「相手方との交渉が行き詰まっていたが、弁護士が入ることで打開できた」 「配偶者と離れて暮らしているが、配偶者の近くまで行って交渉してくれてありがたかった。 」 「裁判になるかと思ったが、弁護士を入れることで相手も安心してくれ、協議離婚がまとまった。 」 「不倫の相手方に対して慰謝料請求しても支払ってくれなかったが、弁護士が交渉することで支払われた。 」 「法外な慰謝料を請求されて途方に暮れていたが、弁護士に相談して妥当な慰謝料額を聞き、解決に目途がついた。 相談者・依頼者がかかえる問題に対して真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策を提示します。 しかし、訴訟だけが問題解決の唯一の方法ではありません。 弁護士が交渉したり、調停や審判で話し合いをすることで解決することもあります。 みなさまの抱える問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 そして、市民のみなさまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるように、良心的な価格で法的サービスをご提供いたします。 当事者間では感情的になってしまう場合でも、第三者である弁護士が仲介人として交渉したり、協議に加わることで、より円滑に解決する場合もあります。 紛争の早期解決、紛争の長期化・複雑化の防止のため、お気軽にご相談ください。 相続手続は、遺言書の作成・執行だけではありません。 遺言書がない場合はもちろん、遺言書がある場合でも、その成立や内容をめぐって、親族間で紛争になることは珍しくありません。 その場合には、遺産分割手続が必要になります。 そして、遺産分割においては、相続財産の確認・評価、相続人の確定、相続人の寄与分の評価 生前の介護や生活支援、家業の手伝いなど 、遺産分割協議書の作成、遺産分割の執行など複雑な手続をする必要があります。 当事務所では、弁護士がご相談者様が抱える問題に応じてどの手続がふさわしいかを判断し、最適な解決策を提示致します。 身近な弁護士に相談できて良かった。 」 「高齢なので近くの弁護士が良かった。 家まで来てくれてありがたかった。 」 「一部の相続人が相続財産を独り占めしようとしていたが、迅速に交渉して解決してくれた。 相談者・依頼者がかかえる問題に対して真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策を提示します。 しかし、訴訟だけが問題解決の唯一の方法ではありません。 弁護士が交渉したり、調停や審判で話し合いをすることで解決することもあります。 みなさまの抱える問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 そして、市民のみなさまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるように、良心的な価格で法的サービスをご提供いたします。 しかも、事故後に後遺症が残ることもあり、治療や後遺症のために休職したり、仕事内容の変更を余儀なくされて給料が減少することもあります。 また、不幸にも被害者がお亡くなりになった場合には、将来得ることができた給料等を失います。 その結果、家族や両親を養うことができず、遺族の方々の生活に多大な影響を与えることになります。 そして、自動車が損壊・廃車となった場合には、その時価相当額や修理費、評価損、代車費用等がかかります。 以上のような損害について、加害者や保険会社が治療費等や修理費等を支払ってくれればよいのですが、被害者にも過失があったと主張して、損害額を争うことがあります 過失割合の問題。 この場合、被害者は、病院等から治療費等を請求される上、加害者や保険会社が治療費等を支払わないので、困難な状況に陥ってしまいます。 私は、被害者の方々が受けた精神的・肉体的な損害、そして経済的な損害をできる限り回復できるように、損害項目ごとに適切な証拠を収集し、加害者や保険会社と粘り強く交渉致します。 不運にも交通事故にあわれた上、その後の交渉等で不利益を受けることは、断じて許せません。 弁護士に依頼したことで交渉等を全て任せることができたし、示談金も大幅に増加したので、弁護士費用を差し引いても十分に納得いく金額だったし、得だった。 弁護士に依頼して良かった。 」 「交通事故にあったが、事故や過失についてどのように証拠収集すればよいか分からなかった。 しかし、事故当日に弁護士に相談して、その日のうちに現場に行って写真等をとってくれて、その後の交渉や手続を有利に進められた。 」 「保険会社が自分の後遺障害を低く認定して、損害賠償額が不当に安くされている。 しかし、弁護士に相談して、当初の診断書が余りに適当なものであったことが明らかになり、裁判でも求めていた後遺障害等級が認められ、損害賠償金額は大幅に増加された。

次の