質問 が ある 敬語。 好印象で仕事上手! ビジネスパーソン メール術【神垣あゆみ】

敬語をビジネスシーンで正しく使う!言葉遣いの一覧や注意点 [ビジネスマナー] All About

質問 が ある 敬語

こんにちは、LIGブログ編集部です。 こちらは、「社会人としてのビジネスマナーの基本をもう一度見直したい」と思っている人に向けての全5回のシリーズ記事です。 ビジネスに限らず社会生活全般において、敬語表現というものは非常に大切です。 いくら態度で敬意を表していても、敬語がきちんとできていなければ相手に不快感を与えてしまうからです。 そもそも敬語の間違いが多いと ビジネスパートナーとして信用されず、それが原因で商談が上手くいかなくなる、ということも十分考えられます。 ただ、尊敬語・謙譲語・丁寧語の違いはもちろん、実は敬語ではないのに(まるで敬語であるかのように)用いられるのが慣習になっている言葉の存在など、敬語を正しく使うのは本当に難しいことです。 そこで今回は、間違えやすい敬語の実例50選として、ビジネスシーンで注意しなければいけない言葉や表現の間違った使用例をまとめてみました。 これらを参考に、正しい敬語が使えるビジネスパーソンを目指しましょう。 上司やお客様に使うのは失礼な言葉・表現15選 以下、同僚や後輩に対して使う分には問題ないのですが、目上の人に対して使ってはいけない言葉や表現を紹介していきます。 日本語としては必ずしも間違っているわけではないぶん、失礼な印象がほかよりも高くなるもしれません。 ご苦労さまです 目下の人に対して用いる言葉で「 お疲れさまです」が適切です。 了解しました 敬意のないフランクな表現です。 「 承知しました」または「 かしこまりました」を用いるようにしましょう。 しばらくぶりです 「しばらくです」は同僚や目下に対して用いる表現です。 たとえば「お久しぶりです」であれば、相手の立場に関係なく用いる表現になるので、失礼にまではあたりません。 ただ、敬意を表すうえでは「 ご無沙汰しておりました」を用いるようにしましょう。 いつもお世話様です 「お世話様です」は、「ご苦労さまです」と同じような使い方で、目上の人に用いるべきではない表現です。 「 いつもお世話になっております」が適切です。 ご一緒します 「ご一緒」という言葉は、対等な関係で使われるものです。 目上の人から「一緒にいくか?」と誘われたときには「 お供させていただきます」が正しい表現です。 目上の人に対しては「 大変勉強になりました」を用いるようにしてください。 すいません 「すいません」は「すみません」の口語として定着したため、目上の人に用いるには失礼な表現です。 さらにビジネス上では「すみません」を使うことさえNGという考え方があります。 この言葉には感謝と謝罪の2つの意味が込められているため、きちんと「 ありがとうございます」「 申し訳ございません」と伝えるのが正式、というものです。 私には役不足です 自分の実力より軽いこと、与えられた役目に満足できないことを意味します。 能力が足りないという意味では「 力不足」もしくは「 力量不足」と言わなければなりません。 わが社 社内で叱咤激励する際などに使われる言葉であり、外向けに使ってしまうと偉そうな印象を与えてしまいます。 「 弊社」および「 当社」が正しく、それぞれ場面に応じて使い分けをおこないましょう。 なるほどですね もともとが「なるほど、そうですね」の省略形だというだけでなく、「なるほど」自体が目下の人に対して使うものです。 「 おっしゃるとおりです」などの言い回しにしましょう。 おわかりいただけたでしょうか わかりましたか、という意味になり、目上の人に使うには失礼な表現です。 「 ご理解いただけたでしょうか」などを用いるようにしてください。 お座りください 座ってくださいの尊敬表現なので本当は間違いというわけではないのですが、やはり犬のお座りのイメージもあり、ビジネスシーンではNGとされます。 「 お掛けください」が適切です。 どちら様でしょうか 「様」がついているためていねいな印象がありますが、意味としては「誰ですか?」という、目上の人には大変失礼な表現です。 会社に訪ねてきたお客様になどは特に使用しないよう注意してください。 どうしますか 「どうする」という言葉には敬意が含まれていないため、目上の人に対しては使わないようにしてください。 「 いかがいたしますか」などを用いてください。 させていただいております 「させていただきます」は、基本的には「自分のすることが相手に良い影響を与えるとき」「相手の許可が必要なとき」にのみ使える表現です。 「〜いただいております」も同様で、たとえば値上げのお知らせなど、相手が頼んだわけでもない場面での使用は失礼な印象を与えてしまうことも。 「 しております」が適切です。 値上げの場合であれば「値上げさせていただいております」ではなく「 値上げしております」としましょう。 本当は誤っているにも関わらず、いつの間にか定着してしまった言葉・表現10選 本当は誤っているにも関わらず、オフィスやお店・レストランなどを中心に、生活の中で当たり前のように使われ続けた結果、定着してしまった言葉や表現も数多く存在します。 ここではその代表的なものを紹介していきます。 ~のほう 「ご注文のほう」「商品のほう」など幅広く用いられていますが、単純に日本語としておかしい表現です。 以下は、その例です。 ~からお預かりします たとえば「5000円からお預かりします」などは最近では一般的な言葉となりつつありますが、「から」は不要です。 「 5000円をお預かりいたします」の表現が正しいです。 御社について存じ上げております 「 御社について存じております」が正解です。 あげる、は持ち上げるべき相手がいるときに使う表現になるため、対象が人であれば「存じ上げている」で問題ないのですが、人以外に対しては使わない表現です。 注意してください。 お体をご自愛くださいませ 会話ではなく手紙やメールに登場することの多い「自愛」ですが、この言葉に既に「体を大事にする」という意味が含まれています。 正しくは「 ご自愛くださいませ」が正しい表現です。 ~になります 「〜になります」といのは、基本的には物が変化していく様子を表す言い方で、敬語ではありません。 「〜に成る」という場合以外は使わなようにしましょう。 以下は、その例です。 各位様 各位自体が皆様を意味します。 お名前をちょうだいできますか 「お名前をお聞かせいただけますか」「お名刺を頂戴できますか」が合成されてできた造語です。 「 お名前をうかがってもよろしいでしょうか」などが適切です。 とんでもございません 「とんでもない」で1つの単語なので、これを2つに分けて「ない」の部分だけを「ございません」に変えることはできません。 「 いいえ、とんでもないです」が正しい表現です。 今お時間よろしかったでしょうか 相手が今話せる状況にあるかどうか聞くのは礼儀ですが、「よろしかった」という過去形ではなく、「 今お時間いただいてもよろしいですか」としましょう。 商品はこちらでよろしかったですか、などの確認も同様です。 商品はこちらでよろしいですか、としましょう。

次の

「ご質問がございます」意味・敬語・使い方・ビジネスメール例文

質問 が ある 敬語

知らなかったり不明だったりする場合は、社内の先輩や上司であれば「分かりません」と答えても問題はないかもしれません。 しかし、社外の人物や社外とやりとりするビジネスメールで「分かりません」を使用するのは適切ではありません。 「分からない」を丁寧に伝える時、否定に使う丁寧語の「ません」をつけて「分かりません」と表現します。 相手に敬意を示す表現ではありますが、少々ぶっきらぼうな印象を与えてしまうこともあります。 より丁寧な表現がたくさんありますので、ビジネスシーンではそちらを使用するようにしましょう。 代わりに「詳しくない」と伝えても良い 「分かりません」というよりは、そのことに関してあまり詳しくないことやきちんと理解できないと伝えたほうが良い場合があります。 「分かりません」というと、使い方によってはそれ以上の情報をシャットアウトしてしまうことにもなりかねません。 社内のやりとりであれば「ちょっと分かりません」でも良いでしょう。 「詳しくありません」と伝えることは、それ以上のやりとりをする余地を残すことになります。 「分からない」に代わる敬語表現 「分かりかねます」の意味と使い方 質問に対して自分が答えられない状態にあることを示した言葉です。 敬語表現ではありますが、自分の状態を伝えるだけで、相手への配慮が含まれた言葉ではないので使い方によっては冷たい印象を与えることがあるかもしれません。 「分かりかねます」と一言だけで済まさず、前後に状況の説明などを加えることが大切です。 「存じあげません」の意味と使い方 「知る」の謙譲語である「存じあげる」を否定形にした言葉です。 「知らない」「分からない」という意味で使われます。 謙譲語であることから、自分自身に使う言葉です。 同じ意味に「存じておりません」もあります。 これは「知る」の謙譲語の「存ずる」を否定形にして、「いる」の敬語「おる」を使った丁寧な表現になります。 「お答えいたしかねます」の意味と使い方 「答えられない」の意味ですが、「分からない」に通じる意味を持って使われています。 「する」の謙譲語「お~いたす」に、丁寧語の「ます」を付けた敬語です。 同じ意味で「ご返答いたしかねます」もありますが、どちらもこれだけだと冷たい印象を与えてしまいます。 ビジネスで使いたい「分からない」に代わる例文 「分からないので教えてください」と伝えたい時• 不勉強で申し訳ありません。 ご教示ください。 「ご教示ください」に似た言葉で「ご教授ください」がありますが、これは特定の専門分野について教えて欲しい場合に使う言葉です。 その場限りの教えて欲しい物事に使うというよりかは、継続的に身に着ける物事について使われます。 ビジネスシーンでは「ご教示ください」が適切であることの方が多いでしょう。 「分からない」けれど検討したい時• 確認し、改めてご連絡いたします。 取引先などとやりとりする時に使いたい、前向きな返答例です。 どんなに丁寧な表現を使っても「分からない」だけでは不親切な印象を持たれてしまいます。 「分からない」ことを伝えたうえで、そのことに関して検討したり確認を行ったりして解決していく姿勢を示すことが大事な取引先とのやりとりには必要です。 「できるか分からない」「やり方が分からない」の敬語表現• できるかどうか分かりませんが、挑戦してみます• やり方が分かりませんので、ご教示いただけますでしょうか できるか分からない時に「出来るかどうか分かりませんが」、やり方がわからない時に「やり方が分からないのですが」と「分からない」を言い換えずに表現するのは問題ありません。 「分からない」の後に何か言葉を添えるとより丁寧な印象になります。 まとめ 「分からない」の敬語や言い換え表現はたくさんあることが分かりました。 やりとりの相手や状況に応じて適切な表現を使えるようになることは、社会人にとって必須となります。 分からないことを丁寧に相手に伝える表現のバリエーションを増やして、スマートなやりとりができるように努めましょう。

次の

敬語をビジネスシーンで正しく使う!言葉遣いの一覧や注意点 [ビジネスマナー] All About

質問 が ある 敬語

皆さんこんにちは. 皆さんは、 目上の方に対して質問をする際、 どのような文言を使って 伺うのか迷った事はありませんか? 普段使っている敬語は 使い方が少し違うだけで、 相手にとってとても失礼な 発言に変わってしまうので注意が必要です。 今回、 「相手に対してどのような敬語を 使って質問するのか?」 をテーマに話を進めていきたいと思います 目上の方に対して質問をする時に使う敬語 一つ伺ってもよろしいでしょうか? ビジネスシーンで、 お客様や上司など目上の方に質問をするのに、 いきなり• 絶対に止めてください。 クッションの役割のある 「伺ってもよろしいでしょうか?」という 言葉を先に行ってから質問するのがマナーです。 差支え無ければお聞きしたいのですが 相手の真意が見えない時や、 なんとなく話しにくそうにしている時に使えます。 「差し支えなければ」と 前置きしていて、 続きを話すか離さないかは相手に ゆだねているので、 質問をしても強引な 印象を与える事はありません。 そんな時、「たしか~」を クッションに使うと、柔らかな印象になります。 私の記憶違いなら申し訳ないのですが 仕事上で相手が以前と違う事を 言ってきた場合、• 「それは違います。 「おっしゃることが前と違うじゃないですか。 」 と否定するのは好ましくありません。 このような場合は、自分が一歩、身を引いて、 少しオブラートに包むといいますか、 やんわりと制するのが、大人のやり方です。 いかがいたしましょう? 相手に判断をゆだねる時に用います。 「どうしますか?」ではなんだか、 ぶっきらぼうといいますか、相手への敬意が感じられないので、• 「どうなさいますか?」• 「どのようにいたしましょうか?」 という聞き方にしていきましょう。 教えていただけますか? 相手の話している内容がイマイチ、ピンとこない、 わからない場合など、• 「それではわかりません」• 「もっと詳しく説明してください」 と言ってしまうと角が立ってしまいます。 こんな場合は、 教えていただけますか? ご教授願えますでしょうか? など、へりくだった表現を使っていきましょう! お聞かせ願えますか? 相手の意見を引き出すフレーズです。 「話してください」• 「言ってください」 と同じ意味になりますが、 「聞かせていただきたい」 という気持ちが前に出ているので、 相手を立てたり、ヨイショする事ができます。 お話の途中、申し訳ありませんが 相手の話をきちんと聞き終わってから 質問するのがマナーではありますが、 途中で疑問を解決しておきたい 場合もあります。 また、次々と話が脱線する相手の場合は、 要所要所でポイントを押さえておかなければ、 後でわからなってしまいます。 そんな時には、 「お話の途中、申し訳ありませんが」と 話を遮る非礼を詫びながらも、 しっかり質問したいです。 話の腰を折るようで申し訳ないのですが これも、話の途中で質問する場合の クッション言葉です。 「話の腰を折る」というのは、 口を挟んで相手の話を遮るという意味です。 こうした慣用句をさりげなく盛り込むと、 洗練された人間である事をアピールできます笑 申し訳ありません。 質問してもよろしいでしょうか? 目上の人に質問する際に、 最初に「申し訳ありません」という 文言を入れるのも悪くありません。 というのは、質問するということは、 相手の話だけではわからなかったという 意味にもなるからです。 ハッキリと大きな声で このセリフを口にすると、 はつらつとした印象を 周囲に与える事ができます。 少々お尋ねしたいのですが、 あまり深い内容ではなく、 「ちょっと教えてほしいなぁ」という時に使います。 「ちょっと聞きたいんですけど」• 「ちょっと教えてください」 はビジネスシーンでは不向きです。 「少々」という硬い表現を使う事によって、 会話のレベルがアップします。 つかぬ事を伺いますが それまでと関係の無い話をする際に用います。 見知らぬ人に道を尋ねたり 、 「ちょっと質問があるのですが」 という意味で、 「つかぬこと」を使う人がいますが、 それは間違いです。 念のため確認させていただいてもよろしいですか? 大切な話を聞き漏らすのは 社会人としてはマズイです。 なので、 もし不安が残る場合は、• 「こういう解釈でいいのかな?」• ご教示願えますでしょうか? 教示とは、教え示すという意味です。 「ご教示~」は、 「教えてください」の 最もかしこまった言い方です。 「ご教示をたまわれますか?」 という表現でもかまいません。 特に年配の人や社会的地位の高い人に 対して用いるのがふさわしいです。 「そんなつもりで言ってませんよ」• 「いやいや、私はそういう事だと思っていました」 という感じで話がすれ違う事は 珍しくありません。 しかし、ビジネスシーンでのすれ違いは、 大問題に発展するケースもあります。 そこで、時折このフレーズを使って 相手に確認を取るのも大切です。 何か別の選択肢はないでしょうか? 商談では、お互いの要求が食い違い、 なかなか折り合いがつかない事もあります。 そういった場合に自分の意見を 「なんとかお願いします」と ゴリ押しするのはマイナスです。 別の道を共に探る言葉として覚えておきたいです。 参考までに伺っておきたいのですが 相手の意見をそのまま 取り入れるワケではないけれど、 念のために聞いておきたい! というシーンで使います。 進捗状況を教えてもらえますか? 仕事の進み具合を尋ねる際に 用いる定番のセリフです。 平たく言えば、 「どれくらい進んだの?」となります。 しかし、ビジネスシーンでは こうした硬い表現を使った方が引き締まります。 また、目上の人に尋ねるなら 「進捗状況はいかがでしょうか?」とするとよいです。 しかし、「あれ」や「この前」 という抽象的な表現では、 正しく伝わらない事もあります。 出来上がりの目安を教えてもらえますか? 頼んだ仕事がいつできるかは 誰でも気になります。 そんな時には、 この表現を使って確認したいです。 「何日にでき上がりますか?」 とストレートに聞いてもいいですが、 「目安」という言葉なら、 少しゆとりを感じさせる表現になります。 行き違いなら申し訳ないのですが 請求した代金の支払いがない 納期を過ぎても商品が届かない。 そんな時には確認の連絡をいれますが、 振り込みや郵送にはタイムラグがあるため、• 「もう入金しました」• 「今日発送いたしました」 という場合もあります。 「行き違いなら~」は、 それを踏まえた上で確認を取るのに便利な言い方です。 催促がましくて申し訳ありませんが こちらも支払いや納期が無い時に用います。 明らかに催促の連絡ではありますが、 「催促がましくて」という事よって、 少しだけも残しが柔らかくなります。 このフレーズをクッションにして、• 「何日にお支払いいただけますでしょうか?」• 「何時ごろまでに納品していただけますか?」 のように聞くとイイです 手直しが必要でしょうか? つくった資料を上司にみてもらう時のフレーズ。 「直した方がいいですか」 では幼い印象があるので、 もう少し改まった 「手直し」や「必要」という 言葉を使いましょう。 何時ごろ出発なさいますか? お客様や上司の出発時間を 聞きたい時に使います。 「何時ごろ出ますか?」は 普段の言葉遣いなので、 ビジネスシーンでは不向きです。 また、外出ではなく、 出張のように遠方に出向く場合には、 「何時頃こちらを発ちますか?」 という言い方もベターです。 おおよその帰社予定を教えていただけますか? 上司が外出する時には、 帰社時間を確認しておきたいです。 留守中の電話や来客に 対応する必要があるからです。 しかし、「部長、何時に帰りますか?」 と聞くのは失礼になってしまいます。 また、仕事の内容によっては 帰社予定がはっきりしない場合もあります。 そんな時にピッタリのフレーズです。 何か私にお手伝いできることはありますか? 目上の人の手伝いをする際には、 「手伝いましょうか?」 とストレートに訪ねてはいけません。 協力を申し出るときは、 控えめなフレーズを使った方がいいです。 ご理解いただけましたでしょうか? 自分の話した事を相手が理解したか、 また不明な点は無いかどうかを確認する時のセリフです。 「わかりましたか?」では、 相手をバカにしたように聞こえてしまいます。 「ご理解~」を使いましょう。 「ご理解いただけましたか?」という 言いかたもベターです。 タバコはお吸いになりますか? お客様と食事に行く場合には、 前もって確認しておきましょう。 最近では全面禁煙の飲食店が増えているので、 相手が喫煙者の場合は、 喫煙可の店を選ぶような 心配りをしていきましょう。 何か苦手なものはございますか? 接待の店選びで肝心なのは、 お客様にいかに気持ちよく過ごしていただくかです。 どんなに評判のお店でも、 お客様の口に合わない料理が出るのでは意味がありません。 そこで、苦手なモノを聞いておくと 後々困る事はありません。 逆に「お好きなモノをお聞かせいただけますか?」 という話し方も素晴らしいです。

次の