ある日お姫様になってしまった件について 102話。 ラズベリーパイの作品一覧

勇者のその後~地球に帰れなくなったので自分の為に異世界を住み良くしました~

ある日お姫様になってしまった件について 102話

この記事は第3回のに選ばれました! よりできるような記事に編集していきましょう。 玉水物語(たまみずものがたり)とは、に化けたとお様のと悲を描いたである。 上下巻ある。 より詳しい現代訳や原文の書き起こしなどは関連を参照。 あらすじ 上 そう遠くない昔、の方にの宰相という方がいた。 長らく子になかったが、過ぎにたいそう君を授かった。 君が15になる頃のこと、従者を連れ園に遊びに出かけたが、そこはの住処だった。 その中の一匹のが君に一惚れし、に落ちてしまった。 どうしても君の傍にいたいと思い悩んだ末、はに化け、君に仕えることを思いつく。 は14,のに化け、ある在の元を訪ねてそのの養子として世話になる。 ある日、人に君の下で仕えたい事を打ち明けると人は快く引き受け、の君を紹介してもらえることとなった。 は君に大変気に入られ、「玉の前」という名前をもらった。 玉は人もうらやむような寵を受けるが、時々物憂げな歌を詠んだので君は心配に思っていた。 そのような日々を送っていたが、3年後ののとある日に行われた合がきっかけで君はのに留まり、入内する事となる。 周囲はたいそう喜んでいた。 下 ある時、玉の養が病に倒れた。 原因は老いたの呪いであり、そのは玉のであった。 老は「このの親に何の罪もないが子を殺された。 この者を呪い殺し親に同じ苦しみを味わってもらう」と言う。 玉はに説得し、子を供養する事を条件に怒りを納めてもらった。 老は出し、やがて養は回復した。 玉は女房として君の入内にお供する事になり、新しくの君と言う名前ももらった。 喜ばしいことであるが、玉は浮かない様子である。 理由を尋ねても言えないとしか答えず、君は心配している。 玉は「の身でありながら君しさに傍で仕えてきたが、思えばはかないことだ。 君に正体を打ち明けたいが、今更本当のことを知って恐ろしがられるのもつ入内のに紛れ姿を消してしう。 」と決心した。 玉は一惚れした日からの事を歌に詠みにしたため、小さなに入れた。 玉は「私に何かあったら開けてほしい、中身を様以外に絶対見せないでほしい」とを君に渡した。 君は「あなたは私の行く末を最後まで見届けるつもりはないのですか」と拒んだが、玉の決心は固かった。 その後、玉は準備の慌ただしさに紛れ君の下から去った。 玉が姿を消したことに君も周囲の者もたいそう悲しんだ。 入内の後、君はにも見られぬようの行幸の合間にを開け、中のを読んだ。 そこには、玉の正体、君への心ゆえに住みなれた地を離れ夕お仕えして心を慰めていたこと、君がに入内する事になりが身のつたなさが思い知らされたこと、来世まで君を守りたいことなどが書かれていた。 君はその内容に驚き、玉の正体を恐ろしく思いながらも、その心の内を憐れに思った。 概要 物語の成立 不詳。 成立時期は室町から近世初期の間と言われるが、正確には不明。 「御伽子」「室町」「」などと呼ばれる群の一つとして分類されることがある。 「合」(あわせ)というのほぼ同じ筋書きの書も存在しているが細部に違いがあり、玉がを恐れる姿を見られて正体がであることを疑われるくだりなど「玉水物語」にいがあるとされる。 やでは古来より歳をとったは女に化けるものであるとされてきた。 がに化け、と交流したり災厄をもたらしたりする話は少なくない。 玉水物語はに化けたとによる、いわゆる「異類譚」の一種であるが、に惚れたのに男ではなくに化けてに奉仕するという設定であり、数あるの中でも異色の存在である。 「が女に化けての女との親交を深め、の女のを見届けた後、正体を明かしてのもとを去る」と言う、非常に良く似た設定の「封三」というがにある。 しかし、玉水物語の成立に不明な点が多く、封三のを受けたとする明確な根拠はい。 こので登場する「合(あわせ)」とは、やに染まったの枝に歌を、その枝と歌の見事さを競う遊びのことである。 玉はのに協を仰ぎ、葉にのが書き込まれた見事な枝を用意してもらうくだりがある。 玉の活躍もあり、君の戦績は5戦5勝だった。 玉水の心情 はする人の傍で奉仕できることがだと心をていたが、最終的にが実ることは決してない事を、君のを見届けた後に正体を明かすを残しての元を去った。 君と玉は深い信頼で結ばれるが、君から玉への思いはではなかっただろうことが想像できる。 また、君が入内することになった一番の立が玉人であり、どうあがいてもというを突きつけられる原因となった。 君の事を思ってした行動が自分のになる事も救われないところである。 心以外にも、養との件を経てとが交流することの危を思い知らされた点も重要である。 仮に玉が化けであるとばれると君にもあらぬ疑いがかけられ、君の身に危険が及んでしまう。 様々なの末、正体がにも知られない内に姿を消してしまったのである。 なお、「合」においてはこういったのあわれさを強調した結末ではなく、の霊験を説きの長寿栄をった結末であるという。 狐の性別は? 原文には「」「」とだけあり、明確に性別を表す句は含まれていない。 しかし、は雄というのが通説であるという。 これは、に対する明確な心があるということが第一に挙げられる。 は「人にをし、であるが及ばぬに々としながら死んでいく事が恨めしい。 高な者に化けて会いに行くこともできるがそうするとは亡くなることだろう。 よりく亡くなることなどあってはならない。 自分は前世のどんな罪の報いでに生まれたと言うのか。 」と思い悩んでいる。 しかしに化けてある程度の身分を得て奉仕しに行くのはの通り。 ここから、「の男になって契を結べば君の命を奪う事となる」と文脈から取ることができる。 言いかえると、人とが交わる事がとされ、人とのどちらかの命がくなるという考え方があったことがわかる。 「封三」でも同様にの性別はられていないが、に対するがあり、それから逃れるため男として会う事を避けたとする見方ができる(ただし封三ではとする見方が定説)。 つまり、は「男のまま」と会う忌を犯すことになるが、どうしても傍にいたいがために「禁忌を避けるためににした」のだと解釈されるのだ。 しかし、で良く見られる事ではあるが、があえて明言する事を避けることでの趣を深め、想像の余地を残しているという事も考えられる。 手がに想像する事もの楽しみ方の一つであるといえる。 2019年センター試験 ので採用された。 玉水物語を研究する人は少なくほぼ名のであり、当記事作製前はにも記事がかった。 当然教科書で見ることったが、 ケモとお様の悲というアクックかつ尊みにあふれる設定(正確にはに異なる)が大いにうけ、に脚を浴びることとなった。 関連商品 重・信共編『大成 第8 すみ-たま』。 「玉水物語」収録。 同じく『大成 第13 みな-わか』。 「合」収録。 関連リンク• 関連項目•

次の

韓国が世界的にうまくいってるから!劣等感である!日本国内で嫌韓が多い理由は何でしょうか?韓国の反応

ある日お姫様になってしまった件について 102話

『かぐや様は告らせたい』第152話「生徒会のNEW GAME」 それぞれの冬休みを描いてきた「NEW GAME」編もこれにて終了。 いや本当の「NEW GAME」はこれからが本番だ!今回の『かぐや様は告らせたい』は『わたモテ』の影響か、1話の中に数ページのショートショートが収録される形となっております。 志村…じゃなくてマキちゃん!後ろ!後ろ! すぐ後ろの席にパワーストン買っちゃった騙されたつばめ先輩いるから。 もう泣きそうになってるから。 ライフはゼロだから。 流れ弾食らうのでした。 やめてさしあげろ。 つーか 12月27日に主要メンバーみんな同じ場所にいたのか。 イブから3日後か…。 今の柏木さんは新しい生命を宿しつつあるのかな。 買い物を付き合ってあげてる中でかぐや様から壮絶なノロケを延々と聞かされるのでした。 早坂さんって対象Fに関してはギャルとして接してたのに素が出ちゃって不機嫌になっちゃいました。 最初は付き合うことになったって報告を心から「おめでとうございます」って笑みだったのに、キッスの連呼で「早坂も早くキッスの相手がみつかるといいわね!」ですからね。 そりゃ怒るし書記ちゃんでいいやって百合の道へ行くのも仕方ない。 仕方ないのだ。 いつもみたいに書記ちゃんが一人で変な事を言ってるだけではなかった。 早坂さんが嘘松じゃん! てっきりね、百合的な雰囲気になるかと思ってたんですよ。 タピオカ飲みながらキスの話をして段々と百合百合しい感じになるって印象を抱いてたのに、まるで百合的な雰囲気になってない。 コミック152話 <関連記事> あれはそういう流れだったじゃん! タピオカ屋でキスってどういう感じなんだろうねって話してて… 話の流れで一度キスしてみたいねってなったじゃん! あの… そういう流れになってないっすよ早坂さん…。 いや早坂さんの中ではそういう流れだったのかもしれんが、そりゃ藤原さん逃げるわなぁ。 単純に恋バナのつもりの藤原さんと「そういう流れ」と思う早坂さん。 これはもう結婚ですよ(にっこり)。 ただ逆…白銀が四宮家に挨拶行っても…という壁がありそう。 しかし、白銀父は占いは「ちょっとしたバイト」なのか。 なにが本業なんだろう。 謎が多いおっさんだ。 着々と留学の件が進んでいますね。 推薦状は白銀が2期生徒会長をやることで2枚分の権利があり、1枚をかぐや様に譲るよう校長にお願いしてた文化祭編。 これでかぐや様は問題なく白銀と一緒に留学は出来ると。 ただし、かぐや様は四宮家の…父親・四宮雁庵の問題が残ってますが…。 絶対に反対されると氷ちゃんも言ってました。 交渉するために兄のパソコンをクラックして資料を集めてました。 そんなもの武器にならんとも。 この辺も3学期には描かれるのかな。 何をお願いしたんでしょうね。 まあ十中八九石上のことだろうなと想像できます。 まだ3学期前なので仲直りとかかもしれんが。 もうどう見ても完全に惚れてるつばめ先輩でも「付き合う」って形は無理のようだからね。 おそらくその理由は前の彼氏がサリナ(誰だよ)と二股かけてて酷い別れ方してショックを受けたからだと思われる。 <関連記事> 四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」は3学期の期末テストで50番以内に入ること以上に、つばめ先輩の心の扉を開けることが無理難題になりそう。 石上とミコちんとつばめ先輩の三角関係こそ3学期のキモかなと。 楽しみ。 (続くんじゃぞい).

次の

蟲花の皇姫と護衛呪術師─魔王城の人質になる姫様についていきます─(ののの。)

ある日お姫様になってしまった件について 102話

「ひめさま人形」が傷ついている。 まただ、心臓がない。 ののの。 セイは代々皇室付護衛官の出自である。 護衛官といっても呪術師であり、「身代わり人形」を用いて皇室の方々の病気や怪我を移したり、呪詛を移したりするのが仕事だ。 偶にかけられた呪詛を探ることもあるが、それは別に専任の者がいて、セイの第一の任務は「身代わり人形」の運用である。 その職務の特質上、滅多に表に出ることはなく、「人形」を常に見守り、皇室の方々の健康を守るために、皇宮の奧に場所を賜り、そこで寝起きし自身の能力向上に努めている。 最近、セイには気になる存在がいる。 第六皇女、別名「蟲花の皇姫」だ。 彼女は皇姫だというのに、しょっちゅう怪我をしており、彼女の「人形」には切り傷が絶えない。 だけれど、抑圧された生活を送る日陰者の皇姫が蟲と戯れるときだけ笑顔を見せるとあって は、強くでられない。 彼女は蟲を愛し、蟲と結ばれる道を模索している。 正直、頭おかしいと思うけれど、笑っておくれよ。 僕はどうやら彼女のことが好きになってしまった。 …続きを読む.

次の