あしのうらのしびれ。 足のくるぶしのしびれ。

足のしびれは放置してよい?受診が必要かわかる全知識【医師が解説】

あしのうらのしびれ

坐骨神経痛 坐骨神経というと、腰というイメージがありますが、足先が痺れることもあります。 坐骨神経痛というのは病名ではなく坐骨神経の痛みが出るという症状のことをいい、その原因はたくさんあります。 中でも最も多いのは 椎間板ヘルニアです。 椎間板ヘルニアの治療はこれまで、変形した椎間板を除去する手術を行うのが一般的でした。 しかし元の炎症の治療ができておらず、繰り返す痛みやしびれの為に何度も手術を行わないといけなくなり、「治らない」というイメージを持つ人も多いです。 最近の研究では炎症を抑えてしまえば 痛みがなくなるということがわかり、 手術を行わずに変形してしまった部分の炎症を 抑える方法がとられることが増えてきています。 手術をせずに治療を行い、炎症を抑えることで変形した部分が元の形に戻る例も報告されています。 腰部脊柱管狭窄症 加齢に伴い靭帯が緩むと腰椎がずれてしまったり椎体に骨棘(こっきょく)ができたり、椎間板ヘルニアになったりします。 これらの原因で脊椎の中にある脊柱管が 圧迫されて狭くなり、 神経への血流障害を引き起こす病気です。 この病気では脊柱管が狭くなる時に症状が出るので、体を前に曲げる姿勢の時には痛みやしびれがなく、後ろに反らすと痛みが出る方が多いようです。 また、歩き出した時に痛みやしびれが出るものの少し休むと回復するという 間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状が出ることも多いといいます。 治療方法は保存療法と手術に大別されます。 薬物療法ではプロスタグランジンE1製剤・消炎鎮痛薬・筋弛緩薬などを使用し、血流を改善したり筋肉の緊張を和らげたりします。 理学療法では牽引療法・マイクロ波による温熱療法・超音波療法・体操療法などがあります。 神経ブロックは薬物療法や理学療法で効果が出ない場合に行います。 痛みのある部分に直接局所麻酔薬を注入して痛みをとります。 この方法で効果がない場合は原因が神経ではないということになりますので別の原因をさがす必要があります。 手術は痛みが非常に強い場合や、上記のような保存療法で改善しない場合に行います。 神経を圧迫している骨や靭帯を物理的に削ったり除去したりします。 手術をしても痛みやしびれが完全になくなるとは限りません。 年齢を重ねると再発することもあります。 医師と十分相談して行いましょう。 モートン病 モートン病は女性に多い病気で、足の中指・薬指の付け根あたりに痛みやしびれが出たり、つま先立ちをすると痛みが出たりします。 革靴やハイヒールなど足に負担が強くかかる頻度の高い人や 長距離歩行をした時、外側に体重のかかる立ち方や歩き方をする人 などに発症することが多い病気です。 モートン病の治療も保存療法と手術に大別されますが、まずは適切な靴に変えることが大切です。 足が無理な体勢を続けることは治療の妨げとなりますので、準備を行った上で自分に合った治療に入りましょう。 ステロイド注射は、炎症を抑えることで痛みやしびれを改善させる方法です。 この治療は有効性は高いものの、繰り返し行うと免疫不全・糖尿病・骨粗しょう症などの副作用が出る可能性もあります。 矯正用インソールの装着は、骨配列の歪みを矯正することで症状改善の報告があります。 ステロイド注射ほどの効果は期待できませんが、最も副作用が少ない治療法と言われています。 保存療法で改善されない場合はやはり 手術を行い、痛みやしびれの元となる神経腫を除去します。 手術を行うと元の生活に戻るまでに1ヶ月ほどかかる人が多いといいます。 それでも術後の痛みやしびれが改善しないという人がしばしばいるため、医師にすすめられても安易に行わない方が良いでしょう。 痛みやしびれの程度や生活への影響・復帰するまでの生活やリスクなど、十分考えた上で行いましょう。 足根管症候群 中高年の女性に多い病気で、足の裏の痛みやしびれが出ます。 この病気の場合、足の甲にしびれが出ることはありません。 くるぶしの下あたりを叩いてみて 足の裏にするどい痛みを感じる場合は この病気である可能性が高いです。 足根管症候群の治療も保存療法と手術に大別されます。 外反偏平足を併発している場合は 矯正用インソールの装着で症状の緩和が期待できます。 足の裏のマッサージにより筋緊張を緩和させる方法もありますが、足の裏には多くの筋や腱が存在するため、自分の判断で行わないようにしましょう。 血流障害を起こしている場合は、超音波治療や低周波治療で血流を改善させることで症状が改善します。 ガングリオンという良性の瘤が原因の場合、安静にすることでガングリオンが自然になくなり症状が緩和されることもありますが、生活に支障がある場合はガングリオンの中の液体を吸引することもあります。 糖尿病や脚気(かっけ)などにより症状が出ている場合は、病気の治療に専念することで改善に向かうでしょう。 まとめ 足の裏には数多くの筋や腱が存在し、あらゆる神経と繋がりをもっています。 原因は何かと辿っていくと、数え切れないほど存在することになります。 足の裏の痺れの主な4つの原因とそれにつながる病気について、自分に当てはまる部分はありましたか? どの方法を選べば最も改善するのかは医師でもわかっていないことが多いのです。 医師にすすめられるままの治療を行うのではなく、自分の生活や体に合った方法をじっくり相談してから治療を行うようにしましょう。

次の

足の裏のしびれ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

あしのうらのしびれ

右足の裏に違和感があり、いつも何かを踏んでいるようで不快です。 親指から薬指の下の膨らんでいるところ(前足部)が幅約5センチ、500円玉を2、3枚重ねて貼ってある感じです。 もちろん、外傷や皮膚炎、魚の目などはなく、外見や触っただけでは変わったところはありません。 歩くと、特に痛いわけではなく、まさに「いつも何かを踏んでいる」感覚がありすごく不快です。 重心がかけづらく、その部分をかばうため、変な歩き方になり足の他の部分に負担がかかってしまいます。 「足の裏の違和感」で検索すると何人かの方がほぼ同じ症状を訴えておられ、神経内科、整形外科等で、「腰椎ヘルニア」、「首の骨のずれ」等と診断されたそうです。 私は腰の痛みはないですが、数年前に左手のしびれを感じたことがあり(現在は自然治癒)、頚部MRIを受けたところ、「首の神経がやや圧迫されている部分があるが、病的な程度ではない」との診断でした。 私の症状は何なのでしょう。 何科を受診すべきでしょうか。 改善策のご教示をお願いいたします。 Q 片足の裏に違和感があります。 違和感というのは、普通に立っていると、何かを踏んでいる様な感じがするのです。 まるでガムをふんずけたまま歩いている感じです。 ちょうど人さし指と土踏まずの真ん中あたりです。 触ってみたり、違和感のある所を押してみたりしても痛みもなく、 なにか固いものがある訳でもありません。 ただ全体的にヒリヒリする感じがあります。 少し調べたら似た様な症状の病気?で「知覚異常性大腿神経神経痛」というのがあるらしいのですが。。。 この病気は足の裏以外の症状で他にあるんでしょうか? あと同じ足の裏に、小指の下あたりにタコがありますが 大分前からあって、現在サルチル酸の絆創膏で治療したりしました。 それと関係あったりするのでしょうか。。。 足の裏の違和感はどこの病院に行ったらよいでしょう? 皮膚科でしょうか?それとも内科? A ベストアンサー 私も三年前になりますが、そう言う経験があります。 始め手足がヒリヒリして、次に手袋や厚手の靴下をつけた感じになり靴を履くと何か入っていると感じるように迄なりました。 逆に駅のフォームや交差点にある突起を踏んでも全然感じません。 そこで大病院の受付に行き説明すると、「神経内科」を案内されMRIの結果「首の骨の間がはみ出し神経を圧迫している」と診断されました。 「ウチは重症の手術が詰まっており、アナタは半年は大丈夫」と近くの中規模の病院の「神経内科」で「首の牽引」を紹介されました。 色々ありましたが、字も書けなく・歩行も覚束なく・垂れ流しになって、元の大病院の「整形外科」を紹介され手術をうけました。 一ヶ月後です。 病名「頚椎症性脊髄症」で「頚椎椎弓切除・前方固定術」を受けました。 今も軽い手足の痺れは残っています。 症状が下半身だけでしたら、「脊椎か腰椎」ではないでしょうか。 手術が可能になるまでは「椎間板ヘルニアは薬で痛みを散らすだけ」だったそうです。 kuunosuke616さんも速く「整形外科」か「神経内科」の診察を受け症状の原因個所を把握された上で、万一ヘルニアであれば日常生活に不便を感じるようになった時点で手術される事をお勧めします。 もしそうであれば、「脊髄造影検査」は症状が悪化するのみで(研修医の経験の為)MRIで充分映ります。 何か入院患者の自慢話に受取れるかと心配です。 早急に病院に行かれ、一日も早く治される事を祈ります。 辛かった。 私も三年前になりますが、そう言う経験があります。 始め手足がヒリヒリして、次に手袋や厚手の靴下をつけた感じになり靴を履くと何か入っていると感じるように迄なりました。 逆に駅のフォームや交差点にある突起を踏んでも全然感じません。 そこで大病院の受付に行き説明すると、「神経内科」を案内されMRIの結果「首の骨の間がはみ出し神経を圧迫している」と診断されました。 「ウチは重症の手術が詰まっており、アナタは半年は大丈夫」と近くの中規模の病院の「神経内科」で「首の牽引」を紹介さ... Q よろしくお願いします。 かれこれ3,4ヶ月前から、足の裏に異物感を覚える日々が続いております。 具体的には、足の裏の真ん中辺りに、見た目には何も付いていないのですが、何かを踏んでいるような感覚が、歩く時にいつもあるのです。 歩いていない時も、何か痺れに似たような違和感があるのです。 心配で気が狂いそうになり、整形外科、神経内科を巡り、神経内科で腰のMRIを撮ってもらった結果、腰椎ヘルニアであることが判明しました。 と、ここでやっと質問なのですが、腰椎ヘルニアでこのような症状ってありえるのでしょうか…?? 病院の先生に、「ヘルニアのせいだったんですかね?」と尋ねたところ、「うーん、そうなのかなぁ」と何とも曖昧な返答しか頂けませんでした。 はっきり原因の分からない症状に、不安を拭えない日々が依然として続いております。 お心当たりのある方、ぜひよろしくお願いします!長々と失礼しました。 Q 1ヶ月ほど前から足が腫れて痛くて歩き辛い状態です。 症状ですが、 ・左足裏の土踏まずより上全体(指も)が腫れています。 裏だけで甲は腫れていません。 ・皮膚の内部がうっ血してるように赤黒くなっています。 ・常に熱をもっており、歩くと痛いと同時にさらに熱をもちます。 ・痛いのと同時に痒くなったりもします。 ・不定期に刺すような痛みが起こります。 ・足を上げていると痛みは治まり、歩かなくても下に下ろすだけで痛くなってくる。 なので踵だけで歩いたとしてもやっぱり痛くなってきます。 皮膚科、整形外科、血管外科で診てもらいましたが、明確な原因はわかりませんでした。 皮膚科で一応もらった抗真菌剤を塗っていましたが改善されません。 田舎でここぞという総合病院が近くにないので何科にいくべきかが分かれば個人病院に行こうと思います。 5月から営業職に就くのでちょっと焦っております。 何かヒントでも頂ければと思います。 よろしくお願いいたします。 Q こんにちは 右足の、親指の右半分と、人差し指の左半分のの辺りの感覚がとても鈍いです。 絆創膏やテーピングをした時のような感覚です 感覚はおかしいのですが見た感じ色は変わらず、特別腫れているようにも見えません。 痛みもなく、感覚が鈍いことを除けば普通です 原因と思われるのは、予備自衛官補として訓練に参加したのですが、その時に履いた半長靴くらいしか思い浮かびません。 マメができるのを予防するために、靴下を二重に履き靴の中は結構きつかったです 感覚がおかしくなったのも訓練中のことで、3日前からです これは何が原因なのでしょう。 血の巡りが悪いのかと思いマッサージもしてみましたが治りません 同じような症状を知っている方は、教えてください A ベストアンサー こんばんは。 足の違和感はとても気になり、さらに原因不明だと不明ですね。 実際の問題や症状増悪要素、治療や助言ではここでは出来ませんので専門家への受診をお勧めしますが、鈍い感覚を引き起こしている可能性のある組織を記しますので参考にしてください。 深腓骨神経は坐骨神経が膝で枝分かれし、下腿前面の深部を通って足根管を通り、その周辺の筋肉を支配したあとに皮枝(知覚神経)となり、ちょうど質問者さんの感覚が鈍い場所の感覚を支配します。 典型的にこの症状を持つ人は足根管(足首の上側、内踝と外踝の間)と下腿(膝から下)の区画など、神経の走行上のどこか1つもしくは複数で神経を圧迫していることで引き起こされます。 1番以外は他に考えられる要素で除外しておきたいものです。 鈍い感覚を出している組織に対する治療のみでなく、なぜ他の訓練生は症状を持たないのに質問者さんだけその症状が出たのか、というところに個体差や過去の経験や生活習慣が挙げられます。 これらを総合して評価・治療をし、また再発予防のための助言をしてくれる専門家をさがし受信されることをお勧めします。 早期の問題発見と解決をお祈りします。 失礼します。 こんばんは。 足の違和感はとても気になり、さらに原因不明だと不明ですね。 実際の問題や症状増悪要素、治療や助言ではここでは出来ませんので専門家への受診をお勧めしますが、鈍い感覚を引き起こしている可能性のある組織を記しますので参考にしてください。 深腓骨神経は坐骨神経が膝で枝分かれし、下腿前面の深... Q 34歳・女です。 もう半年近くなると思うのですが、時々右足の感覚が鈍いなと感じることがあります。 日中ふと気になることもあれば夕方から寝るまでずっと気になっているときもあります。 多いのは夕方から夜にかけて。 仕事が終わって帰宅中から気になりだすことが多いです。 時々、急いで歩き出したり一歩ふみだしたときに力が入らずふらつくこともあります。 片足立ちも右足では少し自信がありません。 痺れや痛みはありません。 どうも感覚の鈍さがここ1週間で増した気がしています。 正座をして足の感覚がなくなったような感じといえば分かっていただけるでしょうか…。 原因として何が考えられ、受診は何かに行けばいいのか教えていただけると助かります。 A ベストアンサー 私は20代の女ですが、20歳頃に、手先や足先が最近感覚が鈍いな…と思っていたらある日突然、左半身全体が感覚がなくなるような、半身麻痺のような感覚を覚えたことがありました。 質問者様の仰るとおりの、まさに「正座をして足の感覚がなくなったような感じ」が、半身全体に起こったのです。 まず脳神経外科に行きMRIをしましたが全く異常が無かったので、極度の肩凝り持ちだった私は、もしかしたら肩凝りから来ているのかも…と思い、接骨院でマッサージ等をやってもらったら、麻痺感は無くなった、という経験があります。 ただその後も異様な痛みや麻痺感は時々起こっていたため整形外科に足を運んだら、胸郭出口症候群という診断を受け、今に至ります。 この病気は、若い女性で、なで肩の人に多いそうですが、 鎖骨下を通る神経が圧迫され体に痺れや痛みをきたすというものです。 なので、痺れはなくとも無感覚のような感じであれば、 まずは脳神経外科(MRIは1回5千円ほどしますが…)を受診して、 それで異常が無ければ、 肩凝り等をお持ちであればマッサージ・指圧等で血流を良くすることで 改善する可能性は高いですし、 もしくは整形外科を受診するのが良いのではないかと思います。 胸郭出口症候群は主に手腕や肩・背中等に症状の出るもので、足にそんなに症状の出るものではないですが、他の病気だとしても整形外科で原因が見つかる可能性が高いのでは、と思います。 正座のあと、の感じはよくわかります。 原因も不明だし不安になりますよね。 まずは脳神経外科等に行き、脳梗塞等の可能性が無いかを見るのが最初ではないかと思います。 あくまで素人の意見ですが、ご参考にして頂ければと思います。 私は20代の女ですが、20歳頃に、手先や足先が最近感覚が鈍いな…と思っていたらある日突然、左半身全体が感覚がなくなるような、半身麻痺のような感覚を覚えたことがありました。 質問者様の仰るとおりの、まさに「正座をして足の感覚がなくなったような感じ」が、半身全体に起こったのです。 まず脳神経外科に行きMRIをしましたが全く異常が無かったので、極度の肩凝り持ちだった私は、もしかしたら肩凝りから来ているのかも…と思い、接骨院でマッサージ等をやってもらったら、麻痺感は無くなった、という... A ベストアンサー こんにちは。 定期的に健康診断はしてますか? 糖尿病や高血圧だと医師から言われていませんか? 糖尿病などが原因で起こる合併症で、「神経障害」という合併症があります。 特に足のつま先に起こりやすく、神経が麻痺して感覚を失うものです。 感覚を失うと、足の裏に何かが刺さったり、ケガをしても気が付きません。 その結果、壊疽を起こし(要するに腐ってしまう)、切断することになってしまいます。 糖尿病や高血圧は軽い場合はこれと言った自覚症状がないため、放っておく人が多いようです(これが一番恐ろしいことなのです)。 足の裏に壊疽が起こっている事に気づいたときには手遅れ・・ということになりかねません。 万が一、糖尿病だとしたら、足だけならまだしも(ということもないけれど・・) 、もっと恐ろしい合併症(網膜症、腎障害など。 一度起こると完治できません)もありますので、生活習慣で心当たりがあるのなら内科に診てもらってください。 くれぐれも、足を怪我したりしないように、家でも靴下をはいたり、足の裏をこまめにチェックするようにしてください。 こんにちは。 定期的に健康診断はしてますか? 糖尿病や高血圧だと医師から言われていませんか? 糖尿病などが原因で起こる合併症で、「神経障害」という合併症があります。 特に足のつま先に起こりやすく、神経が麻痺して感覚を失うものです。 感覚を失うと、足の裏に何かが刺さったり、ケガをしても気が付きません。 その結果、壊疽を起こし(要するに腐ってしまう)、切断することになってしまいます。 糖尿病や高血圧は軽い場合はこれと言った自覚症状がないため、放っておく人が多いようです(... A ベストアンサー 糖尿病発症何年になりますか。 私は、糖尿病歴20数年。 糖尿病が発症してから、10年くらいで、神経障害が起こります。 足の裏にしびれ、熱感などが起きます。 主治医に話しましたか。 ここに書く前に、主治医に話す事柄ですね。 糖尿病には、即物的治療などありません。 ひびれに対して薬が処方されるるだけです。 糖尿病は、死ぬまでつきあう病気です。 3大合併症、腎臓にくれば、透析をしなければなりません。 目に来れば失明の危険があります。 神経障害のように、足に来れば壊疽から切断という事態になります。 どのような小さな変化でも、主治医に話すことです。 神経障害になると、痛みを感じないため、靴擦れ、火傷、傷に気づかずに、そこからばい菌が入って壊疽を起こします。 足に傷をつけないように気をつけ、毎日足を点検してください。 医者は、病気を治すのではなく、検査等でアドバイスするだけです。 糖尿病の管理は自分がやるという気持ちを持たないと、重大な合併症を起こしますので、注意してください。 私は、足の点検だけでなく、眼科でも3ヶ月に1度検査してもらっています。 白内障の進行を遅らせるために、点眼をしています。 1年に1、2回眼底検査もします。 糖尿病友の会に入るのも、患者さんからいろいろな情報が得られるので、ここで書くより、ずうといいです。 お大事に。 糖尿病発症何年になりますか。 私は、糖尿病歴20数年。 糖尿病が発症してから、10年くらいで、神経障害が起こります。 足の裏にしびれ、熱感などが起きます。 主治医に話しましたか。 ここに書く前に、主治医に話す事柄ですね。 糖尿病には、即物的治療などありません。 ひびれに対して薬が処方されるるだけです。 糖尿病は、死ぬまでつきあう病気です。 3大合併症、腎臓にくれば、透析をしなければなりません。 目に来れば失明の危険があります。 神経障害のように、足に来れば壊疽から切断という事態になります。

次の

足の裏のしびれ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

あしのうらのしびれ

足の指先のしびれの原因や症状と治し方! ビリビリとした痛みや不快感を伴う しびれ。 日常的によくある症状というわけではありませんが、だからこそ自分の体にしびれが現れると、「何か悪い病気なのでは?」と心配になってしまいますよね。 実際に、しびれは命の危険がある重大な病の前触れとも言われているため、そのまま放置することはリスクが伴います。 とは言え、過剰に心配しすぎてしまうのも困りもの。 そのような悩みを解消するためには、 しびれの原因や症状などについてきちんと知っておくべきではないでしょうか。 そこで今回は、 足の指先のしびれの原因や症状をご紹介したいと思います。 しびれの感じ方には個人差もあるため、そのしびれが病気によるものなのかどうなのかという線引きは一概にできませんが、もししびれの症状が現れた時に参考になさっていただければと思います。 足の指先のしびれの主な原因は? 足の指先のしびれの主な原因は、 末梢神経の圧迫や血行不良と言われています。 私達の体の隅々には末梢神経が通っており、それは勿論足の指先も例外ではありません。 例えば、長時間正座をした後に立ち上がろうとしたら、足の指先がしびれて立ち上がれなかった、という経験はないでしょうか。 これは、座ることで体重が足首から足の指先に掛かってしまうことで、末梢神経が圧迫されて起こると言われています。 また、冷たい水にずっと足を浸けっぱなしにしたり、気温の低いところにいると足の指先がしびれてくることがありますが、こちらは寒さによって血管が収縮し、血行不良が起こるのが原因と言われています。 体の末端部分である足の指先は、心臓から遠い場所にあることから血行不良が起こりやすいと言われています。 足の指先のしびれの症状 足の指先のしびれといっても、その症状は様々なものがあります。 正座による末梢神経の圧迫や、低温による血行不良などでは、ビリビリとしたしびれが一時的に起こるものの、神経の圧迫ないし血行障害が改善されれば症状も次第に治まってきます。 しかし、一過性ではなくしびれが長い時間継続したり、一旦は治まったと思っても再び同じところがしびれるといった症状がある場合や、片方の足の指先ではなく両足の指先が同時にしびれる場合、足の指先と同じ手の指先がしびれる場合などは、そのまま放置しておくと重い障害が残ったり、神経が壊死してしまう病気の可能性があるため、どのような場所にどのようなしびれが起こっているかをしっかりと把握する必要があります。 足の指先のしびれの治し方 足の指先のしびれの原因が血行不良によるものである場合は、血行を促すことで足の指先のしびれを治すことができます。 簡単に血行を促進する方法としては、足浴や足湯があります。 お風呂にゆっくり浸かるのが最もよい方法と言えますが、足だけをお湯に浸けても効果はあります。 この時、血行をより促すためにマッサージをするのもよいでしょう。 また、ストレスなどによって自律神経が乱れていると、血行が悪くなり末端が酸素や栄養不足となって、足の指先にしびれが生じることがあります。 このような場合は、足だけではなく全身のマッサージや軽い運動を取り入れ、筋肉のコリや疲れを解すとともに気持ちをリラックスさせるように心掛けてみましょう。 足の指先のしびれの予防法 足の指先のしびれを予防するには、末梢神経を圧迫するような履物(ハイヒールやサイズの合っていない靴)を避けることが大切です。 このような足の指先を絞めつける履物を長く履いていると、指の形が曲がる外反母趾や、中指と薬指の付け根の強いしびれや痛みにより歩行が困難になるモートン病を発症する恐れがあります。 また、最近は床に直接座る機会がめっきりと減っていますが、それでも正座をした時はかなりの確率で足の指先がしびれてしまうと思います。 そこでここでは、 足がしびれにくくなる正座の方法をご紹介したいと思います。 足の指先のしびれがある病気は? 足の指先のしびれが、末梢神経の圧迫や血行不良以外が原因の場合は、病気の可能性があります。 足の指先のしびれが症状として現れる病気には、次のようなものがあります。 足根管症候群 足根管とは、足の指先に繋がる神経が通っているトンネルのような部分で、この部分が強い圧迫やダメージを受けることで、足の指先やかかと、足の裏にピリピリとしたしびれが現れます。 糖尿病性ニューロパチー 糖尿病は、症状が出にくいため気付いた時には病状がかなり進行しているということがよくありますが、糖尿病は血液の病気であるため、血行不良による末端血管の栄養や酸素不足が起こり、そこから末梢神経の障害が発生してしびれが起こります。 痛風 痛風は、尿酸が体内に溜まり、関節部分で結晶化することで激しい痛みを引き起こす病気です。 痛風の初期症状として足の親指の強い痛みが挙げられますが、実は痛みが出る前に長期的にしびれがあったという方も多いことから、足の指のしびれが長く続く時はすぐに病院へ行って検査を受けることをお勧めします。 椎間板ヘルニア 椎間板とは、骨と骨の間でクッションのような役割を行っているものです。 この椎間板が、何らかの原因で飛び出してしまうと、その横を通っている神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こします。 足の指先にしびれを起こすのは、腰椎(腰にある骨)椎間板ヘルニアが関係しています。 足の神経は腰から伸びているため、足の指のしびれと共に腰痛がある時は、腰椎椎間板ヘルニアが疑われます。 脳梗塞や脳出血 脳の血管障害に伴う病気は、素早い処置を行わなければ命の危険があります。 特に、足の指先のしびれの他に、言葉が上手く出ない、ろれつが回らない、体の動きがおかしい、頭痛や吐き気があるといった場合は、速やかに病院へ行くようにして下さい。 足の指先のしびれがなかなか治らない場合、病院は何科に行けばいいの? 足の指先に限らず、しびれを専門的に診てもらえるのは 「神経内科」になります。 しかし、神経内科は総合病院など大きな病院にしかない場合があるため、もし近くに神経内科がないということであれば、まずは重大な病気の可能性を否定するために 脳神経外科を受診するのがよいと思います。 ただし、足の指先のしびれ以外にも腰痛や足の痛みがある場合は整形外科、健康診断などで血糖値が高いと言われたことがある場合は糖尿病の可能性があることから 内科を受診するのがよいと思います。 いずれにしても、どの科を受診したらよいか迷う時は病院の受付にて症状を伝えると、受診すべき科を教えてもらえます。 足の指先のしびれの原因と治し方!症状がひどい時は病気?のまとめ 足の指のしびれは、正座をした時や寒い場所に立っていた時など、誰でも一度くらいは経験があるのではないかと思います。 しかし、その「誰でもある」ということに安心してしまい、他の症状を見落としてしまったら病気の進行を防ぐことはできません。 少しでもおかしいと思ったら、迷わずに病院できちんと診てもらうようにしましょう。

次の