努力 対義語。 「慧眼」の意味や例文は? 類語・対義語・「炯眼」との違いもご紹介

「孤軍奮闘」の意味と使い方!類語・対義語と英語も紹介

努力 対義語

「努力」とは 「努力は裏切らない」の 「努力」とは、どのような事でしょうか。 「努力」とは、 「力を入れて大いに努める」という意味の言葉です。 さらに 「努める」とは、 「心身を引き締めて一心に物事を行う事」を意味します。 つまり 「努力」とは、気を引き締めて一つの事柄に集中して、大いに努める事という意味になります。 そのため 「努力」という言葉を使う時は、何かをいっぺんに同時に行ったり、何かに気を捉われた状態で何かをしているような、気が散った状態での頑張りは含まれない事になります。 また 「大いに努める」のですから、当たり前と思われる程度の頑張りでは 「努力」とは呼べません。 例えばスポーツにおける 「努力」は、部活動だけでなく、終わった後の個人練習や、プライベートレッスンなどを含むような頑張りが必要になります。 「努力は裏切らない」とは? 「努力は裏切らない」という言葉には、 「努力をすれば、それは無駄にならない」という意味があります。 例えば10の努力をした時に、その努力がまったく無駄になる事はなく、10かそれに近いくらいの見返りがあるという事を意味しています。 少なくとも、5か6くらいの見返りがあるので、努力をする事は無駄にならないという事になります。 例えばダイエットをする時には、 「食事制限」や 「有酸素運動」 「筋トレ」などの努力をする事になります。 普段通り食事をしたり運動をしていると太ってしまうのですから、ダイエットに努力はつきものになります。 そして食事制限や有酸素運動などの努力をすれば、その方法さえ間違えていなければ、基本的に誰でも体重を落とす事ができます。 理想的な体型を手にする事もできるでしょう。 ミス日本になれるくらい美しいボディラインを作る事はできないかもしれませんが、努力した分の美しさを手に入れる事ができます。 この点で努力は効果的で、 「裏切らない」といえます。 夢は叶わないかもしれない プロ野球選手を目指す高校生が、部活動以外にも個人練習をしたり、メンタルトレーニングなどの努力を続ければ、その成果は確実に出るでしょう。 もっと努力をしている人、才能がある人がいる場合もあり、プロ野球選手にはなれないかもしれませんが、努力をした分、野球選手としての技量は確実に上がるはずです。 この場合、努力によって、プロ野球選手になるという夢は叶いませんでしたが、野球選手としての技量は確実にアップしたという結果になります。 つまり 「夢は叶わなかったけれど、努力は裏切らなかった」という事になります。 プロ野球選手のように定員が決まっている場合、どんなに努力をしても夢は叶わないかもしれません。 しかし努力をすれば、夢の達成に確実に近づく事ができるのも事実です。 つまり努力には、したらしただけの見返りがあるため、努力をする事は無駄にはなりません。 もっといえば、努力をする事は他の何よりも、成功に近づく確率を上げる事ができます。 ダイエット成功のための 「食事制限」や 「有酸素運動」のように、努力は確実に成果を上げる事ができます。 「努力は裏切らない」のは本当で、夢を叶えるためにも 「非常に効果的な方法」という事ができます。 「イメージできるものは現実になる」【いめーじできるものはげんじつになる】 「イメージできるものは現実になる」という言葉があります。 例えば 「弁護士になりたい」と本気で思う事ができれば、実際に弁護士になる事ができるという意味の言葉です。 「人は思うようになれる」という言葉も同じ意味の言葉です。 この言葉の根拠として、 「イメージできない事は、実現しない」というものがあります。 何かを実現する時は、先にイメージが先行します。 飛行機を作るためには、まず飛行機をイメージするのが先です。 逆に言えば飛行機をイメージする事さえできれば、後は 「努力で何とかなる」といえます。 つまり 「弁護士になっている自分」をイメージするのが大変で、もしリアルにイメージできるなら、後は努力次第で達成可能という事になります。 「努力ができるのも才能」【どりょくができるのもさいのう】 努力系の言葉に 「努力ができるのも才能」という言葉があります。 これは 「努力は裏切らない」という認識が下敷きになっています。 「努力は裏切らない」のですから、努力さえできれば、何でも実現可能です。 またプロスポーツ選手になるような人は、一人残らず一定以上の努力をしているという現実があります。 人一倍才能がある人も、努力を怠れば、一流になる事ができません。 プロスポーツ選手になるような人は、そのような 「努力をしなかった天才」をたくさん見て、それらの人を乗り越えてきたはずです。 つまり本当に必要なのは 「努力ができる才能」という事になります。 この事から、 「努力ができるのも才能」という言葉が生まれて、天性の才能よりも、努力できる才能の方がすごいという意味があります。 「努力は裏切らない」の使い方 何かに対して頑張りが足らない人がいます。 もう少し努力をすれば、大きく力を伸ばしたり、成功に近づく事ができるのにそれをしない人がいます。 このような人には、努力の大切さを教えたいと思うのが人情だと思います。 しかし努力をするのが嫌いな人や、努力をするのが苦手な人は、単に 「努力しろ」と言っても、心には響かないと思います。 こんな時に 「努力は裏切らない」という言葉を使う事をおすすめします。 「努力は裏切らない」という言葉には、 「努力さえすれば成功できる」 「努力をすれば、しただけの見返りがある」という意味も含まれています。 何かをした時に見返りが欲しいと思うタイプの人なら、 「努力をしてみようかな」と思えるような説得力があります。 利益を得るために努力をするのは不純だと感じる人には、響かない言葉かもしれません。 お小遣いをあげたら勉強を頑張るタイプの子供や、得をするなら頑張る事ができるタイプの人には 「努力は裏切らない」という言葉を使って励ましてみる価値があります。 実際に 「努力は裏切らない」を地で行くような歴史的な人物や、スポーツ選手の具体例を挙げて話をすると、より説得力が増すでしょう。

次の

「努力」の反対の言葉について

努力 対義語

「努力」とは 「努力は裏切らない」の 「努力」とは、どのような事でしょうか。 「努力」とは、 「力を入れて大いに努める」という意味の言葉です。 さらに 「努める」とは、 「心身を引き締めて一心に物事を行う事」を意味します。 つまり 「努力」とは、気を引き締めて一つの事柄に集中して、大いに努める事という意味になります。 そのため 「努力」という言葉を使う時は、何かをいっぺんに同時に行ったり、何かに気を捉われた状態で何かをしているような、気が散った状態での頑張りは含まれない事になります。 また 「大いに努める」のですから、当たり前と思われる程度の頑張りでは 「努力」とは呼べません。 例えばスポーツにおける 「努力」は、部活動だけでなく、終わった後の個人練習や、プライベートレッスンなどを含むような頑張りが必要になります。 「努力は裏切らない」とは? 「努力は裏切らない」という言葉には、 「努力をすれば、それは無駄にならない」という意味があります。 例えば10の努力をした時に、その努力がまったく無駄になる事はなく、10かそれに近いくらいの見返りがあるという事を意味しています。 少なくとも、5か6くらいの見返りがあるので、努力をする事は無駄にならないという事になります。 例えばダイエットをする時には、 「食事制限」や 「有酸素運動」 「筋トレ」などの努力をする事になります。 普段通り食事をしたり運動をしていると太ってしまうのですから、ダイエットに努力はつきものになります。 そして食事制限や有酸素運動などの努力をすれば、その方法さえ間違えていなければ、基本的に誰でも体重を落とす事ができます。 理想的な体型を手にする事もできるでしょう。 ミス日本になれるくらい美しいボディラインを作る事はできないかもしれませんが、努力した分の美しさを手に入れる事ができます。 この点で努力は効果的で、 「裏切らない」といえます。 夢は叶わないかもしれない プロ野球選手を目指す高校生が、部活動以外にも個人練習をしたり、メンタルトレーニングなどの努力を続ければ、その成果は確実に出るでしょう。 もっと努力をしている人、才能がある人がいる場合もあり、プロ野球選手にはなれないかもしれませんが、努力をした分、野球選手としての技量は確実に上がるはずです。 この場合、努力によって、プロ野球選手になるという夢は叶いませんでしたが、野球選手としての技量は確実にアップしたという結果になります。 つまり 「夢は叶わなかったけれど、努力は裏切らなかった」という事になります。 プロ野球選手のように定員が決まっている場合、どんなに努力をしても夢は叶わないかもしれません。 しかし努力をすれば、夢の達成に確実に近づく事ができるのも事実です。 つまり努力には、したらしただけの見返りがあるため、努力をする事は無駄にはなりません。 もっといえば、努力をする事は他の何よりも、成功に近づく確率を上げる事ができます。 ダイエット成功のための 「食事制限」や 「有酸素運動」のように、努力は確実に成果を上げる事ができます。 「努力は裏切らない」のは本当で、夢を叶えるためにも 「非常に効果的な方法」という事ができます。 「イメージできるものは現実になる」【いめーじできるものはげんじつになる】 「イメージできるものは現実になる」という言葉があります。 例えば 「弁護士になりたい」と本気で思う事ができれば、実際に弁護士になる事ができるという意味の言葉です。 「人は思うようになれる」という言葉も同じ意味の言葉です。 この言葉の根拠として、 「イメージできない事は、実現しない」というものがあります。 何かを実現する時は、先にイメージが先行します。 飛行機を作るためには、まず飛行機をイメージするのが先です。 逆に言えば飛行機をイメージする事さえできれば、後は 「努力で何とかなる」といえます。 つまり 「弁護士になっている自分」をイメージするのが大変で、もしリアルにイメージできるなら、後は努力次第で達成可能という事になります。 「努力ができるのも才能」【どりょくができるのもさいのう】 努力系の言葉に 「努力ができるのも才能」という言葉があります。 これは 「努力は裏切らない」という認識が下敷きになっています。 「努力は裏切らない」のですから、努力さえできれば、何でも実現可能です。 またプロスポーツ選手になるような人は、一人残らず一定以上の努力をしているという現実があります。 人一倍才能がある人も、努力を怠れば、一流になる事ができません。 プロスポーツ選手になるような人は、そのような 「努力をしなかった天才」をたくさん見て、それらの人を乗り越えてきたはずです。 つまり本当に必要なのは 「努力ができる才能」という事になります。 この事から、 「努力ができるのも才能」という言葉が生まれて、天性の才能よりも、努力できる才能の方がすごいという意味があります。 「努力は裏切らない」の使い方 何かに対して頑張りが足らない人がいます。 もう少し努力をすれば、大きく力を伸ばしたり、成功に近づく事ができるのにそれをしない人がいます。 このような人には、努力の大切さを教えたいと思うのが人情だと思います。 しかし努力をするのが嫌いな人や、努力をするのが苦手な人は、単に 「努力しろ」と言っても、心には響かないと思います。 こんな時に 「努力は裏切らない」という言葉を使う事をおすすめします。 「努力は裏切らない」という言葉には、 「努力さえすれば成功できる」 「努力をすれば、しただけの見返りがある」という意味も含まれています。 何かをした時に見返りが欲しいと思うタイプの人なら、 「努力をしてみようかな」と思えるような説得力があります。 利益を得るために努力をするのは不純だと感じる人には、響かない言葉かもしれません。 お小遣いをあげたら勉強を頑張るタイプの子供や、得をするなら頑張る事ができるタイプの人には 「努力は裏切らない」という言葉を使って励ましてみる価値があります。 実際に 「努力は裏切らない」を地で行くような歴史的な人物や、スポーツ選手の具体例を挙げて話をすると、より説得力が増すでしょう。

次の

努力

努力 対義語

「努力」とは 「努力は裏切らない」の 「努力」とは、どのような事でしょうか。 「努力」とは、 「力を入れて大いに努める」という意味の言葉です。 さらに 「努める」とは、 「心身を引き締めて一心に物事を行う事」を意味します。 つまり 「努力」とは、気を引き締めて一つの事柄に集中して、大いに努める事という意味になります。 そのため 「努力」という言葉を使う時は、何かをいっぺんに同時に行ったり、何かに気を捉われた状態で何かをしているような、気が散った状態での頑張りは含まれない事になります。 また 「大いに努める」のですから、当たり前と思われる程度の頑張りでは 「努力」とは呼べません。 例えばスポーツにおける 「努力」は、部活動だけでなく、終わった後の個人練習や、プライベートレッスンなどを含むような頑張りが必要になります。 「努力は裏切らない」とは? 「努力は裏切らない」という言葉には、 「努力をすれば、それは無駄にならない」という意味があります。 例えば10の努力をした時に、その努力がまったく無駄になる事はなく、10かそれに近いくらいの見返りがあるという事を意味しています。 少なくとも、5か6くらいの見返りがあるので、努力をする事は無駄にならないという事になります。 例えばダイエットをする時には、 「食事制限」や 「有酸素運動」 「筋トレ」などの努力をする事になります。 普段通り食事をしたり運動をしていると太ってしまうのですから、ダイエットに努力はつきものになります。 そして食事制限や有酸素運動などの努力をすれば、その方法さえ間違えていなければ、基本的に誰でも体重を落とす事ができます。 理想的な体型を手にする事もできるでしょう。 ミス日本になれるくらい美しいボディラインを作る事はできないかもしれませんが、努力した分の美しさを手に入れる事ができます。 この点で努力は効果的で、 「裏切らない」といえます。 夢は叶わないかもしれない プロ野球選手を目指す高校生が、部活動以外にも個人練習をしたり、メンタルトレーニングなどの努力を続ければ、その成果は確実に出るでしょう。 もっと努力をしている人、才能がある人がいる場合もあり、プロ野球選手にはなれないかもしれませんが、努力をした分、野球選手としての技量は確実に上がるはずです。 この場合、努力によって、プロ野球選手になるという夢は叶いませんでしたが、野球選手としての技量は確実にアップしたという結果になります。 つまり 「夢は叶わなかったけれど、努力は裏切らなかった」という事になります。 プロ野球選手のように定員が決まっている場合、どんなに努力をしても夢は叶わないかもしれません。 しかし努力をすれば、夢の達成に確実に近づく事ができるのも事実です。 つまり努力には、したらしただけの見返りがあるため、努力をする事は無駄にはなりません。 もっといえば、努力をする事は他の何よりも、成功に近づく確率を上げる事ができます。 ダイエット成功のための 「食事制限」や 「有酸素運動」のように、努力は確実に成果を上げる事ができます。 「努力は裏切らない」のは本当で、夢を叶えるためにも 「非常に効果的な方法」という事ができます。 「イメージできるものは現実になる」【いめーじできるものはげんじつになる】 「イメージできるものは現実になる」という言葉があります。 例えば 「弁護士になりたい」と本気で思う事ができれば、実際に弁護士になる事ができるという意味の言葉です。 「人は思うようになれる」という言葉も同じ意味の言葉です。 この言葉の根拠として、 「イメージできない事は、実現しない」というものがあります。 何かを実現する時は、先にイメージが先行します。 飛行機を作るためには、まず飛行機をイメージするのが先です。 逆に言えば飛行機をイメージする事さえできれば、後は 「努力で何とかなる」といえます。 つまり 「弁護士になっている自分」をイメージするのが大変で、もしリアルにイメージできるなら、後は努力次第で達成可能という事になります。 「努力ができるのも才能」【どりょくができるのもさいのう】 努力系の言葉に 「努力ができるのも才能」という言葉があります。 これは 「努力は裏切らない」という認識が下敷きになっています。 「努力は裏切らない」のですから、努力さえできれば、何でも実現可能です。 またプロスポーツ選手になるような人は、一人残らず一定以上の努力をしているという現実があります。 人一倍才能がある人も、努力を怠れば、一流になる事ができません。 プロスポーツ選手になるような人は、そのような 「努力をしなかった天才」をたくさん見て、それらの人を乗り越えてきたはずです。 つまり本当に必要なのは 「努力ができる才能」という事になります。 この事から、 「努力ができるのも才能」という言葉が生まれて、天性の才能よりも、努力できる才能の方がすごいという意味があります。 「努力は裏切らない」の使い方 何かに対して頑張りが足らない人がいます。 もう少し努力をすれば、大きく力を伸ばしたり、成功に近づく事ができるのにそれをしない人がいます。 このような人には、努力の大切さを教えたいと思うのが人情だと思います。 しかし努力をするのが嫌いな人や、努力をするのが苦手な人は、単に 「努力しろ」と言っても、心には響かないと思います。 こんな時に 「努力は裏切らない」という言葉を使う事をおすすめします。 「努力は裏切らない」という言葉には、 「努力さえすれば成功できる」 「努力をすれば、しただけの見返りがある」という意味も含まれています。 何かをした時に見返りが欲しいと思うタイプの人なら、 「努力をしてみようかな」と思えるような説得力があります。 利益を得るために努力をするのは不純だと感じる人には、響かない言葉かもしれません。 お小遣いをあげたら勉強を頑張るタイプの子供や、得をするなら頑張る事ができるタイプの人には 「努力は裏切らない」という言葉を使って励ましてみる価値があります。 実際に 「努力は裏切らない」を地で行くような歴史的な人物や、スポーツ選手の具体例を挙げて話をすると、より説得力が増すでしょう。

次の