スター ウォーズ パルパティーン。 スターウォーズ9|パルパティーンがスノークでアナキンの父親?【スカイウォーカーの夜明け】|MoviesLABO

【スターウォーズ9】レイの正体と父親母親は何者かネタバレで紹介!

スター ウォーズ パルパティーン

概要 ダース・シディアスの名はとしての名であり、シスとなる以前の本名及び、表向きの名としては シーヴ・パルパティーン( Sheev Palpatine)。 最後の元老院最高議長であり、の初代でもある。 彼はの掲げた2人の掟に従った最後のシスの暗黒卿であり、銀河系の歴史上において最も強大なシス卿の一人であるとされている。 「エピソード4~6」では、銀河帝国の最高権力者ゆえ矢面には立たず、弟子のが彼の手足となり帝国の恐怖を体現する象徴的存在として働いた。 そのため劇中での出番は少ない。 しかし、『エピソード4』にてが、の完成をもって「どの星系も、皇帝には逆らうことはできない」と発言したり、『エピソード5』では「ダース・ベイダーは暗黒面の支配者ですか?」と問うには「違う」と答える [ ] など、ベイダーの上に君臨する存在が示唆され、『エピソード6』ではヨーダが今際の際にルークへ最期に発した言葉は「皇帝の力を侮るな」であるなど、本人の登場場面が少なくとも、その存在は暗喩的に最大の敵であることが再三示唆されていた。 また、ダース・ベイダーがルークに対して「お前なら皇帝にすら勝てる」と発言したのは、自身の力では皇帝には勝てないことを示しており、それゆえベイダーはルークを自身の下へ引き入れようとしていた。 「エピソード1~3」では、銀河共和国の元老院議員及び、それの最高議長として登場 裏で暗躍する際は、シディアスとしても登場する 、惑星ナブーでの出来事を皮切りとしたクローン大戦へと戦火を拡大させた経緯と、その混乱を利用して銀河皇帝へ登り詰める軌跡が描かれた。 『エピソード3』では初めて本格的な戦闘シーンを披露し、実力のあるジェダイ騎士3人をそつなく退けさせたり、や、ヨーダと互角以上の戦闘を行うなど、その高い実力を見せた。 生涯 ナブー時代 と同じ惑星のEderlathh Pallopidesという地方出身の人間であるが、家族や先祖、更には幼少時代に関する詳しい記録は一切残っておらず、「ナブー出身のシーヴ・パルパティーン」という経歴や名前すらも政治家としての必要性から便宜的に使った偽りの物である可能性もある。 なお、『』の時点では50歳という設定がある。 苦労の末に政治家への道に進んだものの、その道程は余り順風満帆ではなかったようである。 特に若い頃は失態に次ぐ失態続きで、とても元老院議員、ましてや銀河の支配者になるとは誰も思ってなどいなかった。 だが彼は、並みの類い希なる忍耐力を秘めており、シスたるにはもはや十分であった。 その忍耐心は、自身の強固な権力欲に支えられていた。 彼がシスの道へと入った経緯も、その時期もはっきりとは示されていないが、『』での自身の発言から、というシス・マスターの下で修行を積み、両手同時にあらゆる武器を使い熟す高い戦闘能力や、人心を巧みに操る能力、フォース・ライトニングに代表される暗黒面のフォースなど、超絶的なシスの技を完全に会得した後、師の寝込みを襲って殺害し、自らシス・マスターとなったとする見方が有力である。 なお謀殺したとはいえ、シディアスは師のプレイガスを「賢人(the Wise)」と評しており、自身のマスターとして、またシス卿としてその実力を認めていた様子が窺える。 シスの力の賜物なのか、彼はナブーの国政で急速に頭角を現し、君主であるヴェルーナ王をも凌ぐ程の実力者にまで昇りつめた。 後にヴェルーナ王が失政により退位を余儀なくされた時には、既に元老院の有力議員ともなっており、彼が実質的なナブーの支配者であることはもはや間違い無かった。 元老院議員時代 彼は普段、銀河元老院議員「シーヴ・パルパティーン」としての表の顔を装いながらも、裏では「ダース・シディアス」としての樹立とジェダイの殲滅とを狙い、巧みにその手腕を発揮して行った。 やがて共和国内部の政治腐敗が進み、日常的に賄賂が横行していた元老院に於いて、各議員に対する根回しは早くから行っていたものと考えられる。 彼は水面下で、議長の座を得るための機会を密かに窺っていた。 次第に分裂し弱体化しつつあった銀河共和国に於いて、分離主義者による脅威を煽り、それを現実問題として利用する為に暗躍。 エピソード1では、表向きは惑星ナブーのアミダラ女王の側近として活動し、裏ではシディアスとして、弟子のと共にの総督を利用し、ナブーを侵略させた()。 更には、この侵略を利用して最高議長を失脚させ、同情票を集める形で思惑通りに元老院最高議長の座を掴んだ。 しかし、その混戦の中で「ジェダイですらかなうまい」と絶賛していた愛弟子のダース・モールを倒されたことで、新たな弟子にふさわしい者、すなわちモールをも越える強力なフォースを持ち、更にフォースの暗黒面に染まりやすい者を強く求めるようになる。 元老院最高議長時代 パルパティーンは、自らへの布石に着手した。 元老院最高議長として、ジェダイ・マスターのと秘密裏に協議した彼は、来たるべき危機に備えるという名目で、膨大なを惑星カミーノに発注するように要請した。 これが後に、共和国軍の兵士となるクローン兵である。 永らく共和国を案じていたサイフォ=ディアスは、自身の名義でクローン軍を発注したことを最高議長とカミーノ人以外には極秘にしていた。 だがシディアスは、密かにこの発注計画の乗っ取りを画策する。 そして同じ時期に、元ジェダイ・マスターの(ダース・ティラナス)をシスの新たな弟子に迎えた。 ドゥークーは、かの高名なジェダイ・マスターの直弟子であり、またにより殺されたの師でもあった。 ここでパルパティーンは、ドゥークーの旧友であったサイフォ=ディアスの殺害を、ドゥークー本人に命じた。 これはサイフォ=ディアスが最高議長とカミーノ人以外には極秘としていたクローン軍団の発注計画を乗っ取ると同時に、ドゥークー伯爵がシスに対して、どれ程の忠誠を尽くしているかを試すテストでもあった。 また最高議長としては、親子ほども年の離れた、若きジェダイのに特別目を掛けるようになり、一方のアナキンもまた、父を持たぬ身としてパルパティーンを深く慕い始めていた。 当時、アナキンから「父」と見做されていたは、師という立場から、アナキンに家族としての愛情を表現することは出来ず、対照的にパルパティーンはあからさまにアナキンを可愛がった。 数年後には、アナキンのオビ=ワンに対する表現は「父」から「兄弟」へと変化するようになる。 以前にアナキンがタスケン・レイダーを虐殺したこともパルパティーンは知っており、ジェダイはおろか、妻のパドメよりも多くの事をアナキンから打ち明けられる立場となっていたのである。 そして時が過ぎ、彼のクローン大戦への布石が漸く効果を発揮する。 共和国と度々衝突していた通商連合等を始めとする大規模な企業グループから成るが、惑星で大量の等の兵器を量産し、共和国との開戦が可能になっているとの報告がもたらされたのである。 これを受け、「分離主義者達との戦争は最早避けられない状況であり、非常時には強力な権力が必要である」として、元老院の代議員(パドメの代理)からパルパティーンに対し、 非常時大権を与えるとの内容の動議が提出され、結果満場一致で可決された。 だが実際には、パルパティーンがジャー・ジャーの人の良さに付け込んで根回しをし、無理やり提出させたと言っても過言ではないものであった。 パルパティーンはこの権限をあくまで一時的なものとは断りながらも、早速共和国軍の創設を宣言し、手に入れたばかりの非常時大権を行使して、クローン軍を共和国の正規軍として採用し、こうして創設された共和国軍は、激戦地のジオノーシスで独立星系連合軍と交戦し勝利した。 この戦いを発端に、後世に至るまで銀河史上まれに見る壮大な戦いとして歴史家に認識されているクローン大戦が勃発した。 クローン大戦 ドゥークー伯爵率いる独立星系軍は、共和国軍との戦争で銀河各地に争いの種を蒔いた。 結果、多くの文明的な惑星を荒廃させ、共和国の政治・行政指導能力を壊滅寸前にまで追い込んだ。 疲弊した民主主義の中で、大権によりあらゆる手続きを省き迅速に対処するパルパティーンの強権政治は人気を博した。 少なくとも表向きには平等な人物であったパルパティーンは強い指導者として銀河に欠かせぬ存在となっていた。 戦争の早期終結の大義名分の元、任期満了後も元老院から留任を求められる形で最高議長の座に留まり続け、幾度も法律を改正して多くの権限を手中に収めていった。 そして、独立星系軍が劣勢となりつつあったクローン大戦末期、パルパティーンは一つの大きな賭けに出た。 ドゥークーとが率いる大艦隊に、共和国の首都惑星であるを襲撃させ、自分自身を誘拐させる自作自演に出る。 片やドゥークーは、ジェダイを誘き寄せて殲滅し、アナキン・スカイウォーカーを暗黒面に誘惑するという作戦と聞いていたが、そこにはドゥークーよりも更に若く、より強力な力を見せていたアナキンを据えようとしていたパルパティーンの二重の陰謀があった。 パルパティーンの思惑通り、アナキンは無抵抗のままのドゥークーを殺害し、暗黒面へと堕ちる片鱗を見せた。 この際、始末される筈であったオビ=ワンは生き延び、逆に捕らえる筈のグリーヴァスは逃亡するという二つの誤算が生じた。 ともあれ、謀られた救出劇でのアナキンの活躍を絶賛したパルパティーンは、ジェダイ評議会に対して彼を「最高議長の代言人」として評議員に加えるよう提案。 ジェダイ評議会はこれを渋々承認するが、逆にアナキンに対してパルパティーンのことをスパイするよう命じた。 評議会はパルパティーンの独裁的な姿勢に疑問を持ち、彼の近くにシスがいるのではないかと疑っていたのである。 アナキンはパルパティーンへのスパイ任務を承諾したが、評議会への不信感を抱くようになる。 反対に長年父のように慕い、常に自分の実力を評価し、励ましてくれるパルパティーンをアナキンはこれまで以上に信頼するようになっていた。 また、評議員に加えながらマスターの地位は与えないというジェダイ評議会の決定もスパイ任務と同様にアナキンのジェダイに対する不信感を増大させた。 そんなアナキンの立場を見透かしたかのようにパルパティーンはアナキンに繰り返し助言し、シスには人を死から守る術()が存在すると吹き込んだ。 そしてアナキンが分離主義者達の最後の柱であったグリーヴァス将軍と共和国軍が交戦状態に入ったと報告に現れた時、パルパティーンは自分がシスの暗黒卿「ダース・シディアス」であることを暴露し、自分の弟子になれと提案する。 自分の人柄に心酔し、最愛の妻であるパドメ・アミダラの死を恐れ死を欺く術を会得したがっているアナキンが既に弓を引くことができないとの確信があったからである。 アナキンから報告を受け、ジェダイ・マスター、は、同行を申し出たアナキンをジェダイ聖堂に留め置き、、、らジェダイの騎士と共にパルパティーンを拘束するため、彼の元へ乗り込んだ。 メイス達と対面したパルパティーンは、自分が逮捕されることを聞くと、長い間溜め込んでいたジェダイに対する憎悪を開放するかのごとく奇声を上げて跳躍しながらジェダイに襲い掛かった。 真紅のシスのを振るい、瞬時にエージェン・コーラーを倒し、次いで仲間の死にひるんだセイシー・ティンを殺害し、続いて数太刀打ち合っただけでキット・フィストーも倒した。 だが、ジェダイの中でも屈指の実力を誇り、特にライトセーバー戦においては最強とも評されたメイスには苦戦し、ライトセーバーを蹴り落とされて(小説版では斬り捨てられて)危機に瀕した。 その時、アナキンが現れた。 アナキンはパルパティーンがメイスによって殺され、愛する妻の死を避ける唯一の方法である死を欺く術が永遠に失われてしまうことを恐れてやってきたのである。 パルパティーンは、メイスの勝利宣言に怒りを覚え、を放つが、メイスのライトセーバーで偏向され、顔は醜く歪み、顔色は白く、黄色い眼となった。 メイスと、パルパティーンは互いを反逆者と呼び合いアナキンは混乱する。 だが、アナキンの目にはパルパティーンはメイスに必死に抵抗する丸腰の弱々しい老人にしか見えなかった。 そして必死に命乞いをするパルパティーンを殺そうとするメイスを説得しようと試みるが、それに構わずメイスはパルパティーンを殺そうとしたその時、アナキンはとっさにライトセーバーを振るいメイスの手をライトセーバーごと切り落とした。 「 無限のパワーを食らえ!」待ち構えていたようにパルパティーンは全身全霊を込めたフォースの電撃を放ち、メイスはコルサントの摩天楼に向かって吹き飛ばされた。 こうして許されざる行為に全てを失ってしまったアナキンをシスの暗黒面に引き入れることに成功し、シディアスはアナキンをシスの弟子としという名を与えた。 機は熟したと見たシディアスは、ベイダーに対し、最初の任務としてジェダイ聖堂に残る全てのジェダイの抹殺と、惑星ムスタファーに立て籠もる総督をはじめとする分離主義勢力の幹部たちの殺害を命令した。 と同時に全銀河のクローン・トルーパーに対して「」を発令した。 これは銀河各地のジェダイを共和国に反旗を翻した反逆者として急襲し抹殺せよという、クローンに製造段階で密かに組み込まれたプログラムである。 オーダー66によって、銀河全体に広く散らばっていたジェダイは大半が殺され、ジェダイ聖堂に残っていたジェダイたちは手薄になっていたところをベイダー率いるクローン・トルーパーの特殊部隊・によって急襲され、子供のまでもが皆殺しとなった。 ここで元老院に立ったパルパティーンは、ジェダイに襲われて自らの顔が醜く歪んだと非難し、ジェダイが共和国に対し反乱を起こしたことを議員達に説明して、ジェダイ抹殺を正当化した。 そして銀河の平和と新たな秩序の構築の為に、自ら全権を以て事にあたる為、共和国の解体・再編成による統一的支配を継承する旨を宣言した。 この提案は、元老院での彼の支持者達の大喝采により承認され、銀河共和国を法的に継承する銀河帝国の終身皇帝として全銀河の頂点に君臨した。 なお、この宣言とほぼ同時に、以前からパルパティーンへの権力集中を危惧し、その独裁に異議を唱えていた元老院議員達は、一方的に「国家の敵」とのレッテルを貼られ、全員身柄を拘束されたとされる(ただし、やのように、表面上は新帝国の支持者を演じることで、その難を逃れた者もいる)。 こうしてシディアスは歴代のシス卿達が果たせなかった、ジェダイの殲滅と銀河系支配の確立とを、合法的に行うことに成功したのである。 こうして、長きに亘り共和国の平和と秩序を守って来たジェダイ騎士団が壊滅し、銀河系の経済に大きな影響力を持つ通商連合等の巨大企業(分離主義勢力を構成)の巨頭達が命を落とし、更に、自らに異議を唱える元老院議員達を排除したことで、シディアスの銀河支配の障害となる存在の大半は消滅した。 しかし、銀河皇帝となったパルパティーンの下へ、ジェダイ・マスターヨーダが単身乗り込んで来る。 彼は「オーダー66」から逃れたジェダイの一人であり、銀河唯一のの称号を持つ実力者であった。 ヨーダは「お前の支配は今日限りだ」と宣告し、皇帝もこの最後の障害を取り除くべく全力で迎え撃った。 だがシスの暗黒卿の力は、ヨーダの予想を遥かに上回っていた。 激闘の末にもはや勝ち目は無いと悟ったヨーダは、による捜索の手を逃れ、密かにベイル・オーガナ議員の手引きによって元老院ビルから脱出した。 とうとう決着を付けることは出来なかったが、皇帝は最後の障害を取り除くことに成功したのであった。 一方同じ頃、ムスタファーではダース・ベイダーがもう一人のジェダイの生き残りオビ=ワン・ケノービと戦って敗北し、になることを余儀なくされた。 シディアスはそれより少し前にベイダーの危機をフォースで予見し、ヨーダの捜索をクローン・トルーパーに任せ、自ら救援隊を指揮して彼の命を救った。 銀河帝国皇帝時代 銀河皇帝の権力は、共和国最高議長としての権力に、クローン大戦時に掌握した非常時大権を常時大権として付加したものである。 これにより皇帝は、最高指揮官として軍を思う儘に動かす事が出来、更に、法廷に於いては絶対的な権限を持つ裁定者となった。 新たな秩序を求めた人々は銀河帝国の建国を喜び、銀河皇帝の誕生を心の底から喜んだ。 しかし、権力を無暗に行使しなかった最高議長時代とは違い、今や皇帝は自らの欲望の儘に権力を濫用した。 人間種族である彼は、自身の政権や軍事力を構成するにあたり、同じ人間(特に男性)のみを重用し、いくつかの例外を除きほとんどのエイリアンを公式に奴隷化することを許可した。 皇帝となった彼はその絶対権力の名の下に、これらの勢力を力で弾圧し始めた為、帝国に対する反対勢力の軍事蜂起が始まるのにそう時間は掛からなかった。 とは言え、有能さと忠誠を示すエイリアンに対しては個人的に目を掛けることもあった。 また、シディアス時代にはダース・モールを、元老院最高議長としてはマス・アミダやスライ・ムーアらを重用しているように、本質的には種族の違いよりも、自身に忠実かつ利用価値の有るか否かが重要であり、例え人間であっても逆らう者には容赦なく粛正や弾圧を行った事から、この人間中心主義は帝国による分割統治や、銀河の大多数を占める人間種族の不満を逸らす為の政策という面も強い。 また、正史の小説「ターキン」では独立星系連合の大多数を人間以外の種族が占めていた事から、クローン大戦時に独立星系連合側に加担した種族への報復や、こうした種族が独立星系連合の残党として帝国への反抗活動を行う事を牽制する意味もあった事が示唆されている。 銀河各地で蜂起したにかつての銀河元老院の影を見たシディアスは、ここで元老院を永久に解散し、各星系に帝国軍の総督を置いて、軍事的威圧による直接支配に乗り出した。 その象徴として、惑星さえ破壊可能な巨大宇宙要塞、を建造したが、反乱同盟軍の起死回生的な作戦によって敢え無く破壊されてしまった。 やがて、デス・スターを破壊した反乱軍兵士がベイダーの息子のであることを知ったシディアスは、若き日のアナキンに比肩し得る強力なフォースを見せていたルークを自陣に引き入れようと画策し始める。 の最中、第二デス・スターに於いてルークとベイダーが遂に対決を果たす。 ベイダーを追い詰めたルークに、シディアスはかつてベイダーにドゥークーを殺させて暗黒面へと引き込んだ時のように、父であるベイダーを殺す様彼に促すが、ルークは強い意志でそれを拒否した。 ここに至ってシディアスは、最早ルークをシスの新たな弟子とするのは不可能と判断し、によってルークを殺そうとした。 しかしそれを見ていたベイダーが、かつてパルパティーンに言われるがままに、ドゥークーやメイスを殺めた若き日の自分とは全く違う、息子のジェダイとしての毅然とした姿と、ただ一心に父を信じ続ける強い叫びに心を打たれ、遂にジェダイ騎士アナキン・スカイウォーカーとして復活。 シディアスは彼の捨て身の行動で滅ぼされた。 一方のベイダーも皇帝の電撃によって生命維持装置が破壊され、間も無く命を落とした。 これにより、史上初めて銀河の恐怖支配に成功したシス帝国は、遂に終焉を迎えたのである。 帝国誕生から約23年後のことであった。 能力 戦闘能力 騎士団の中でも最高位のマスターであると互角以上に戦える高い戦闘力を持ち、ヨーダも安易なやり方では打破は不可能と撤退を余儀なくされた。 また、大火傷が原因で期待された潜在能力の全てが開花しなかったとはいえ、暗黒面のを身に着け、多くのジェダイを死に至らしめるほどの高い戦闘能力を持つをもってしても、若い頃の自分と同等の才能を持つの潜在能力を利用せねば、倒すことは不可能と判断させるほどの存在であり、「エピソード1~6」までの登場人物の中では最強クラスの実力を誇る。 曰く「銀河で最も強い力の主 [ ] 」で、並外れた実力を持つでさえ、ダース・モールに匹敵するほどの実力の戦士と組んだとしても果たして渡り合えるかどうか、という立場に立てるという [ ]。 そのため、熟練のジェダイやシスでも、単身では勝負を決して挑むべき存在ではないと見なされていた。 シスとして自負からを「ジェダイの武器」と捉えており、積極的には用いず、フォースを用いた戦闘を好む。 特に『エピソード3』や『エピソード6』で使用したフォースによる電撃「」を得意技としている。 基本的には、フォースのみを用いるか、それと併用してライトセーバーの一刀流で戦闘するが、ライトセーバーは服の左右の袖口に各1本づつ、予備分を含めた計2本を携行しており 、使用時には袖口から射出されるように飛び出し手中に収まる。 また『』シーズン5では、かつての弟子ダース・モールとその弟サヴァージ・オプレスの二人と対峙した際には、予備分のライトセーバーも使っての二刀流を披露し二人同時に相手しながらも圧倒している。 この他にも、フォースで周囲の物体を操り敵へ投げつけたり、人の心を操る「マインドトリック」や予知能力など、フォースのあらゆる力を駆使することができる。 これに併せて巧みな話術で、ドゥークー伯爵やアナキン・スカイウォーカーなどジェダイを説き伏せ暗黒面へと引きずり込んでいる。 ジェダイに匹敵するほどの忍耐力を持ちながら、必要とあれば一気にその凶暴性を爆発させることができ、攻撃の際には一切のためらいを持たないことも最強のシスたる所以だといえる。 『エピソード6』では、ヨーダと同じく戦闘時以外の歩行では杖を突いて歩いていたが、フォースを操る戦闘能力はまるで衰えを見せなかった。 ダース・ベイダーも高い実力を保持していながらも、自身の力ではシディアスを倒すことは不可能と諦め、息子ルークの類稀な潜在能力をもって打倒を試みていた。 政治的手腕 知略謀略に極めて優れ、片や分離主義者たちの黒幕ダース・シディアス、片や共和国の元老院議長パルパティーンという一人二役を演じ、また周囲の状況と人物達を的確に利用してゆく事で、表面上においては現行法に違反することなく万雷の拍手の中、合法的に銀河帝国を作り上げるなど、単なる策士ではなく、政治的駆け引きに長けた部分も持ち合わせていると言える。 反面、皇帝となった後の政治的なビジョンがまるでなかったがために帝国は反乱軍との戦いに明け暮れ、自身の死後は後継者不足も露呈して短期間で衰退することとなった。 パルパティーンが皇帝となる経緯について、ルーカスは合法的に独裁政権を築いたや、など歴史上の独裁者の手腕を参考にしたという。 レジェンズ のによるの制作会社のに伴い、それ以前に展開していた(外伝)作品は「レジェンズ(伝説)」として分別されることになった(「起こったかもしれない出来事だが、『スター・ウォーズ』の歴史には含まれない」とする)。 以下は、それら「レジェンズ」に属するスピンオフ作品での設定を挙げる。 シーヴというを明かしている正史とは異なり、姓である「パルパティーン」のみを名乗っている。 小説『ダース・プレイガス』ではこれについて、若き日のパルパティーン本人が、彼のファーストネームを名付けた実父コシンガ・パルパティーンへの反抗心によるものであると自称する場面がある。 クローン大戦末期には最高議長への急激な権力集中を危惧し、パルパティーンに異議を唱えた元老院議員達も少なからず存在し、パドメを筆頭に2000名が名を連ねる請願書が提出されたが、それでも議長の独裁を食い止めることは出来なかった。 この設定は映画から削除された未公開シーンとして収録され、現在はレジェンズとなった小説などでも言及されているが、正史の作品には登場していない。 『』ではエピソード3冒頭での誘拐事件の詳細が描かれ、グリーヴァス将軍はダース・シディアスとパルパティーンが同一人物とは知らなかったため、逃亡する際に艦船の窓を割り、パルパティーンを殺しかけている。 『』の小説版では、彼の口元からは「腐臭が漂う」という表現がある。 『シャドウズ・オブ・ジ・エンパイア』では、犯罪組織「ブラック・サン」の首領の印象では「生ける屍」と語られている。 コミック『ダーク・エンパイア』(邦訳版は小学館より)では、パルパティーンの魂は生き残り、ディープ・コアの惑星ヴィスに作っておいたクローン施設で自分のクローンを作り、自身の魂を乗り移らせて復活する。 による攻勢で疲弊した新共和国の隙を突いて再び銀河の覇権を手に入れようとし、「ワールド・デヴァステイター」や超弩級「エクリプス」などの軍事力を温存していた。 一時はルークをダークサイドに引き込み自分の弟子とする。 しかし、ルークや、などの反乱軍の英雄たちやジェダイによる反撃、また内部からの裏切りによって失敗し、その魂は永遠の苦しみを味わうこととなる。 現在未邦訳である『Empire's End』が一連のシリーズの最後のエピソードとなり、この作品で皇帝の本当の最期が描かれている。 『ダーク・エンパイア』においては、ロイヤル・ガード、カノア・ジャックスの裏切りによりクローンの元となったが傷つき肉体の老化が進行していたことと、ダークパワーの酷使でパルパティーンの身体はほぼ使い物にならなくなっていた。 最終局面でルーク率いる若きジェダイたちとの戦いに敗れ、その肉体をソロのブラスターで撃ち抜かれたパルパティーンは、自らの魂をソロとレイアの息子であるに宿らせようとするが、皇帝の攻撃で重傷を負った・ジェダイであるエンパトジェイオス・ブランドがパルパティーンのダークサイドの力を肉体にとどめて共に死んだことで、長きに渡るパルパティーンの野望は砕かれることとなる。 配役 実写 2013年の「スター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパ」でのイアン・マクダーミド の『』から(公開時)『』『』『』を経て、『』まで、舞台として有名な出身の名優、が演じている。 『エピソード5』では、ホログラム映像および声のみで皇帝が登場するが、オリジナル版は女優のが特殊メイクを施して演じ 、目元にの目を合成し、が声を吹き替えた。 そのため、『エピソード6』以降の皇帝とは容貌が大きく異なる。 2004年に化される際にCGおよび吹き替えでイアンの顔と声に差し替えられた。 が『エピソード1』の撮影を始める前に英国に訪問した際、それを聞きつけたイアンは彼に会いに駆け付けた。 するとジョージは「パルパティーンの役者を探してるんだ。 誰か適任者に心当たりないかな」と聞く。 その時イアンは「ひょっとして今目の前にいる奴がそうじゃないかい? 」と答えたという。 こうして『エピソード1』から若き日のパルパティーンを演じることになったが、歳を重ねてから、既に初老とはいえかつて演じた役の若い頃を演じるという、非常に珍しいケースとなった。 マクダーミドはインタビューで「役作りに25年かかったよ」と語っている。 『エピソード6』公開当時、イアンはまだ39歳だった。 イアンは作品を始めとする古典演劇で実績ある舞台俳優であり(2006年にはの最優秀助演男優賞を受賞している)巧みな台詞回しや、パルパティーン議長の時と、ダース・シディアスとしての本性を現してからでは全く違う声を出す発声の変え方で、温厚で威厳ある元老院議長と、狡猾・邪悪・凶暴なシスの暗黒卿という二面性のある役柄を見事に演じきっている。 ヨーダとの対決シーンの撮影は、実際にはいないフルCGのキャラクターと戦うことになるためマクダーミドにとっては非常に骨の折れた演技だったという。 なお、にとなったと、イアンが演じたダース・シディアスの外見が似ていることがニューヨークの週刊紙『The Village Voice』で取り上げられた。 アニメ アニメ『』やゲーム作品(2006年まで)ではが声を演じている。 アニメ映画『』とその続編となる同作では、が声を演じている。 第5シーズン以降はが担当。 アニメではが声を担当している。 吹き替え 日本語吹き替え版の声優は以下の通り。 - EP5(ビデオ版)、EP6(ビデオ版・DVD版)• - EP5(DVD版)、EP1(パルパティーン)、EP2、クローン大戦• - EP1(シディアス)• - EP3、クローン・ウォーズ、反乱者たち、バトルフロントII 2017• - EP5(劇場公開版)• - EP5(日本テレビ版)• - EP6(日本テレビ版)• - EP5(テレビ朝日版)• - ロボットチキン• - ニュー・ヨーダ・クロニクル、ドロイド・テイルズ、バトルフロント 2015 、フリーメーカーの冒険、フォースの覚醒 ゲーム 、フォールン・オーダー• - EP9 備考• 『エピソード4~6』では劇中にて終始「皇帝」としか呼ばれていなかったが、当時から本名が「パルパティーン 」で元々は元老院議員だったという設定は、小説版などで言及されていた。 『エピソード1』公開時にもマクダーミドが演じていることなどから、パルパティーン=後の皇帝は周知の事実となっており、パンフレットにも「後に銀河皇帝となるパルパティーンは~」と記述されていた [ ]。 しかし、パルパティーンとダース・シディアスが同一人物(つまり皇帝=シディアス)であることが明らかになったのは『エピソード3』になってからであり、それ以前の劇中では、間接的表現としては容易に想像できるように描写されていたが、直接的な表現は避けられていた。 『エピソード2』時点での人物相関図でも、パルパティーンの後年の姿が皇帝と明確にされている一方で、パルパティーン(皇帝)とシディアスの関係については曖昧に描かれていた [ ]。 は、2005年の『エピソード3』公開時の来日記者会見で、記者に好きなスター・ウォーズキャラクターを聞かれた際、「特にヨーダ、アナキン、皇帝が好きだ」と答えている。 参考資料• ただし、このヨーダの台詞は原語版である英語版には全く存在しないものである [ ]。 英語版はルーク「暗黒面の方が強いのですか?(Is the dark side stronger? )」ヨーダ「違う。 暗黒面の方が入りやすいのだ。 (No, no. Quicker, easier, more seductive. )」といった皇帝とはあまり関係のない会話である [ ]。 その内の1本は『エピソード3』におけるメイス・ウィンドウとの戦闘で紛失しており、残りの1本もヨーダとの対決以降は劇中使用していない [ ]。 メイクアップアーティストのの妻のエレイン・ベイカーが演じたという話が長年定着してしまっているが、実際にはメイクアップテストをしただけである。 この時に、彼のセリフもラストシーンの展開などを踏まえた物に変更された [ ]。 ただし、エンドロールにはレヴィルもクレジットされている [ ]。 ローマ教皇を指す形容詞は「papal」であり、「 Palpatine」と非常に近い発音である [ ]。 書籍によりパルパティン(エピソード4の角川文庫版3頁)、パルパタイン [ ]といった表記の揺れがあった。 『エピソード3』の前半までは、シディアスとしての登場場面は全て、素顔が見えないようになっていた [ ]。 また、『エピソード1』ではのように日本語吹き替え版の担当声優もパルパティーンとシディアスでそれぞれ異なっていた [ ]。 扶桑社『スター・ウォーズ完全基礎講座 エピソード1篇』54頁• しかし、一方でクローン大戦時に共和国側に加担した種族の中にも同様に奴隷化や弾圧の標的となった種族が数多く存在している• しかし、ライトセーバーでの戦闘も、らジェダイ・マスターの手練れ3人を飛び掛かってから、一瞬にして斬り捨てたり、ヨーダと互角に渡り合えるほどにその技量は高い• この戦いの際にも前述の理由からか、戦闘中にも用途が終わる度にライトセーバーの光刃を収納しながら戦っている。 『スター・ウォーズ ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION 「フォースの覚醒」を導いたスター・ウォーズの伝説』MEDIA HOUSE MOOK、78頁。 ケヴィン・J・アンダースン、ダニエル・ウォーレス『スター・ウォーズクロノロジー 上巻』208頁、ソニーマガジンズ、2002年• 2005年7月20日) 外部リンク• in the StarWars. com Databank• - : a Star Wars wiki• - (英語).

次の

スター・ウォーズシリーズ

スター ウォーズ パルパティーン

概要 ダース・シディアスの名はとしての名であり、シスとなる以前の本名及び、表向きの名としては シーヴ・パルパティーン( Sheev Palpatine)。 最後の元老院最高議長であり、の初代でもある。 彼はの掲げた2人の掟に従った最後のシスの暗黒卿であり、銀河系の歴史上において最も強大なシス卿の一人であるとされている。 「エピソード4~6」では、銀河帝国の最高権力者ゆえ矢面には立たず、弟子のが彼の手足となり帝国の恐怖を体現する象徴的存在として働いた。 そのため劇中での出番は少ない。 しかし、『エピソード4』にてが、の完成をもって「どの星系も、皇帝には逆らうことはできない」と発言したり、『エピソード5』では「ダース・ベイダーは暗黒面の支配者ですか?」と問うには「違う」と答える [ ] など、ベイダーの上に君臨する存在が示唆され、『エピソード6』ではヨーダが今際の際にルークへ最期に発した言葉は「皇帝の力を侮るな」であるなど、本人の登場場面が少なくとも、その存在は暗喩的に最大の敵であることが再三示唆されていた。 また、ダース・ベイダーがルークに対して「お前なら皇帝にすら勝てる」と発言したのは、自身の力では皇帝には勝てないことを示しており、それゆえベイダーはルークを自身の下へ引き入れようとしていた。 「エピソード1~3」では、銀河共和国の元老院議員及び、それの最高議長として登場 裏で暗躍する際は、シディアスとしても登場する 、惑星ナブーでの出来事を皮切りとしたクローン大戦へと戦火を拡大させた経緯と、その混乱を利用して銀河皇帝へ登り詰める軌跡が描かれた。 『エピソード3』では初めて本格的な戦闘シーンを披露し、実力のあるジェダイ騎士3人をそつなく退けさせたり、や、ヨーダと互角以上の戦闘を行うなど、その高い実力を見せた。 生涯 ナブー時代 と同じ惑星のEderlathh Pallopidesという地方出身の人間であるが、家族や先祖、更には幼少時代に関する詳しい記録は一切残っておらず、「ナブー出身のシーヴ・パルパティーン」という経歴や名前すらも政治家としての必要性から便宜的に使った偽りの物である可能性もある。 なお、『』の時点では50歳という設定がある。 苦労の末に政治家への道に進んだものの、その道程は余り順風満帆ではなかったようである。 特に若い頃は失態に次ぐ失態続きで、とても元老院議員、ましてや銀河の支配者になるとは誰も思ってなどいなかった。 だが彼は、並みの類い希なる忍耐力を秘めており、シスたるにはもはや十分であった。 その忍耐心は、自身の強固な権力欲に支えられていた。 彼がシスの道へと入った経緯も、その時期もはっきりとは示されていないが、『』での自身の発言から、というシス・マスターの下で修行を積み、両手同時にあらゆる武器を使い熟す高い戦闘能力や、人心を巧みに操る能力、フォース・ライトニングに代表される暗黒面のフォースなど、超絶的なシスの技を完全に会得した後、師の寝込みを襲って殺害し、自らシス・マスターとなったとする見方が有力である。 なお謀殺したとはいえ、シディアスは師のプレイガスを「賢人(the Wise)」と評しており、自身のマスターとして、またシス卿としてその実力を認めていた様子が窺える。 シスの力の賜物なのか、彼はナブーの国政で急速に頭角を現し、君主であるヴェルーナ王をも凌ぐ程の実力者にまで昇りつめた。 後にヴェルーナ王が失政により退位を余儀なくされた時には、既に元老院の有力議員ともなっており、彼が実質的なナブーの支配者であることはもはや間違い無かった。 元老院議員時代 彼は普段、銀河元老院議員「シーヴ・パルパティーン」としての表の顔を装いながらも、裏では「ダース・シディアス」としての樹立とジェダイの殲滅とを狙い、巧みにその手腕を発揮して行った。 やがて共和国内部の政治腐敗が進み、日常的に賄賂が横行していた元老院に於いて、各議員に対する根回しは早くから行っていたものと考えられる。 彼は水面下で、議長の座を得るための機会を密かに窺っていた。 次第に分裂し弱体化しつつあった銀河共和国に於いて、分離主義者による脅威を煽り、それを現実問題として利用する為に暗躍。 エピソード1では、表向きは惑星ナブーのアミダラ女王の側近として活動し、裏ではシディアスとして、弟子のと共にの総督を利用し、ナブーを侵略させた()。 更には、この侵略を利用して最高議長を失脚させ、同情票を集める形で思惑通りに元老院最高議長の座を掴んだ。 しかし、その混戦の中で「ジェダイですらかなうまい」と絶賛していた愛弟子のダース・モールを倒されたことで、新たな弟子にふさわしい者、すなわちモールをも越える強力なフォースを持ち、更にフォースの暗黒面に染まりやすい者を強く求めるようになる。 元老院最高議長時代 パルパティーンは、自らへの布石に着手した。 元老院最高議長として、ジェダイ・マスターのと秘密裏に協議した彼は、来たるべき危機に備えるという名目で、膨大なを惑星カミーノに発注するように要請した。 これが後に、共和国軍の兵士となるクローン兵である。 永らく共和国を案じていたサイフォ=ディアスは、自身の名義でクローン軍を発注したことを最高議長とカミーノ人以外には極秘にしていた。 だがシディアスは、密かにこの発注計画の乗っ取りを画策する。 そして同じ時期に、元ジェダイ・マスターの(ダース・ティラナス)をシスの新たな弟子に迎えた。 ドゥークーは、かの高名なジェダイ・マスターの直弟子であり、またにより殺されたの師でもあった。 ここでパルパティーンは、ドゥークーの旧友であったサイフォ=ディアスの殺害を、ドゥークー本人に命じた。 これはサイフォ=ディアスが最高議長とカミーノ人以外には極秘としていたクローン軍団の発注計画を乗っ取ると同時に、ドゥークー伯爵がシスに対して、どれ程の忠誠を尽くしているかを試すテストでもあった。 また最高議長としては、親子ほども年の離れた、若きジェダイのに特別目を掛けるようになり、一方のアナキンもまた、父を持たぬ身としてパルパティーンを深く慕い始めていた。 当時、アナキンから「父」と見做されていたは、師という立場から、アナキンに家族としての愛情を表現することは出来ず、対照的にパルパティーンはあからさまにアナキンを可愛がった。 数年後には、アナキンのオビ=ワンに対する表現は「父」から「兄弟」へと変化するようになる。 以前にアナキンがタスケン・レイダーを虐殺したこともパルパティーンは知っており、ジェダイはおろか、妻のパドメよりも多くの事をアナキンから打ち明けられる立場となっていたのである。 そして時が過ぎ、彼のクローン大戦への布石が漸く効果を発揮する。 共和国と度々衝突していた通商連合等を始めとする大規模な企業グループから成るが、惑星で大量の等の兵器を量産し、共和国との開戦が可能になっているとの報告がもたらされたのである。 これを受け、「分離主義者達との戦争は最早避けられない状況であり、非常時には強力な権力が必要である」として、元老院の代議員(パドメの代理)からパルパティーンに対し、 非常時大権を与えるとの内容の動議が提出され、結果満場一致で可決された。 だが実際には、パルパティーンがジャー・ジャーの人の良さに付け込んで根回しをし、無理やり提出させたと言っても過言ではないものであった。 パルパティーンはこの権限をあくまで一時的なものとは断りながらも、早速共和国軍の創設を宣言し、手に入れたばかりの非常時大権を行使して、クローン軍を共和国の正規軍として採用し、こうして創設された共和国軍は、激戦地のジオノーシスで独立星系連合軍と交戦し勝利した。 この戦いを発端に、後世に至るまで銀河史上まれに見る壮大な戦いとして歴史家に認識されているクローン大戦が勃発した。 クローン大戦 ドゥークー伯爵率いる独立星系軍は、共和国軍との戦争で銀河各地に争いの種を蒔いた。 結果、多くの文明的な惑星を荒廃させ、共和国の政治・行政指導能力を壊滅寸前にまで追い込んだ。 疲弊した民主主義の中で、大権によりあらゆる手続きを省き迅速に対処するパルパティーンの強権政治は人気を博した。 少なくとも表向きには平等な人物であったパルパティーンは強い指導者として銀河に欠かせぬ存在となっていた。 戦争の早期終結の大義名分の元、任期満了後も元老院から留任を求められる形で最高議長の座に留まり続け、幾度も法律を改正して多くの権限を手中に収めていった。 そして、独立星系軍が劣勢となりつつあったクローン大戦末期、パルパティーンは一つの大きな賭けに出た。 ドゥークーとが率いる大艦隊に、共和国の首都惑星であるを襲撃させ、自分自身を誘拐させる自作自演に出る。 片やドゥークーは、ジェダイを誘き寄せて殲滅し、アナキン・スカイウォーカーを暗黒面に誘惑するという作戦と聞いていたが、そこにはドゥークーよりも更に若く、より強力な力を見せていたアナキンを据えようとしていたパルパティーンの二重の陰謀があった。 パルパティーンの思惑通り、アナキンは無抵抗のままのドゥークーを殺害し、暗黒面へと堕ちる片鱗を見せた。 この際、始末される筈であったオビ=ワンは生き延び、逆に捕らえる筈のグリーヴァスは逃亡するという二つの誤算が生じた。 ともあれ、謀られた救出劇でのアナキンの活躍を絶賛したパルパティーンは、ジェダイ評議会に対して彼を「最高議長の代言人」として評議員に加えるよう提案。 ジェダイ評議会はこれを渋々承認するが、逆にアナキンに対してパルパティーンのことをスパイするよう命じた。 評議会はパルパティーンの独裁的な姿勢に疑問を持ち、彼の近くにシスがいるのではないかと疑っていたのである。 アナキンはパルパティーンへのスパイ任務を承諾したが、評議会への不信感を抱くようになる。 反対に長年父のように慕い、常に自分の実力を評価し、励ましてくれるパルパティーンをアナキンはこれまで以上に信頼するようになっていた。 また、評議員に加えながらマスターの地位は与えないというジェダイ評議会の決定もスパイ任務と同様にアナキンのジェダイに対する不信感を増大させた。 そんなアナキンの立場を見透かしたかのようにパルパティーンはアナキンに繰り返し助言し、シスには人を死から守る術()が存在すると吹き込んだ。 そしてアナキンが分離主義者達の最後の柱であったグリーヴァス将軍と共和国軍が交戦状態に入ったと報告に現れた時、パルパティーンは自分がシスの暗黒卿「ダース・シディアス」であることを暴露し、自分の弟子になれと提案する。 自分の人柄に心酔し、最愛の妻であるパドメ・アミダラの死を恐れ死を欺く術を会得したがっているアナキンが既に弓を引くことができないとの確信があったからである。 アナキンから報告を受け、ジェダイ・マスター、は、同行を申し出たアナキンをジェダイ聖堂に留め置き、、、らジェダイの騎士と共にパルパティーンを拘束するため、彼の元へ乗り込んだ。 メイス達と対面したパルパティーンは、自分が逮捕されることを聞くと、長い間溜め込んでいたジェダイに対する憎悪を開放するかのごとく奇声を上げて跳躍しながらジェダイに襲い掛かった。 真紅のシスのを振るい、瞬時にエージェン・コーラーを倒し、次いで仲間の死にひるんだセイシー・ティンを殺害し、続いて数太刀打ち合っただけでキット・フィストーも倒した。 だが、ジェダイの中でも屈指の実力を誇り、特にライトセーバー戦においては最強とも評されたメイスには苦戦し、ライトセーバーを蹴り落とされて(小説版では斬り捨てられて)危機に瀕した。 その時、アナキンが現れた。 アナキンはパルパティーンがメイスによって殺され、愛する妻の死を避ける唯一の方法である死を欺く術が永遠に失われてしまうことを恐れてやってきたのである。 パルパティーンは、メイスの勝利宣言に怒りを覚え、を放つが、メイスのライトセーバーで偏向され、顔は醜く歪み、顔色は白く、黄色い眼となった。 メイスと、パルパティーンは互いを反逆者と呼び合いアナキンは混乱する。 だが、アナキンの目にはパルパティーンはメイスに必死に抵抗する丸腰の弱々しい老人にしか見えなかった。 そして必死に命乞いをするパルパティーンを殺そうとするメイスを説得しようと試みるが、それに構わずメイスはパルパティーンを殺そうとしたその時、アナキンはとっさにライトセーバーを振るいメイスの手をライトセーバーごと切り落とした。 「 無限のパワーを食らえ!」待ち構えていたようにパルパティーンは全身全霊を込めたフォースの電撃を放ち、メイスはコルサントの摩天楼に向かって吹き飛ばされた。 こうして許されざる行為に全てを失ってしまったアナキンをシスの暗黒面に引き入れることに成功し、シディアスはアナキンをシスの弟子としという名を与えた。 機は熟したと見たシディアスは、ベイダーに対し、最初の任務としてジェダイ聖堂に残る全てのジェダイの抹殺と、惑星ムスタファーに立て籠もる総督をはじめとする分離主義勢力の幹部たちの殺害を命令した。 と同時に全銀河のクローン・トルーパーに対して「」を発令した。 これは銀河各地のジェダイを共和国に反旗を翻した反逆者として急襲し抹殺せよという、クローンに製造段階で密かに組み込まれたプログラムである。 オーダー66によって、銀河全体に広く散らばっていたジェダイは大半が殺され、ジェダイ聖堂に残っていたジェダイたちは手薄になっていたところをベイダー率いるクローン・トルーパーの特殊部隊・によって急襲され、子供のまでもが皆殺しとなった。 ここで元老院に立ったパルパティーンは、ジェダイに襲われて自らの顔が醜く歪んだと非難し、ジェダイが共和国に対し反乱を起こしたことを議員達に説明して、ジェダイ抹殺を正当化した。 そして銀河の平和と新たな秩序の構築の為に、自ら全権を以て事にあたる為、共和国の解体・再編成による統一的支配を継承する旨を宣言した。 この提案は、元老院での彼の支持者達の大喝采により承認され、銀河共和国を法的に継承する銀河帝国の終身皇帝として全銀河の頂点に君臨した。 なお、この宣言とほぼ同時に、以前からパルパティーンへの権力集中を危惧し、その独裁に異議を唱えていた元老院議員達は、一方的に「国家の敵」とのレッテルを貼られ、全員身柄を拘束されたとされる(ただし、やのように、表面上は新帝国の支持者を演じることで、その難を逃れた者もいる)。 こうしてシディアスは歴代のシス卿達が果たせなかった、ジェダイの殲滅と銀河系支配の確立とを、合法的に行うことに成功したのである。 こうして、長きに亘り共和国の平和と秩序を守って来たジェダイ騎士団が壊滅し、銀河系の経済に大きな影響力を持つ通商連合等の巨大企業(分離主義勢力を構成)の巨頭達が命を落とし、更に、自らに異議を唱える元老院議員達を排除したことで、シディアスの銀河支配の障害となる存在の大半は消滅した。 しかし、銀河皇帝となったパルパティーンの下へ、ジェダイ・マスターヨーダが単身乗り込んで来る。 彼は「オーダー66」から逃れたジェダイの一人であり、銀河唯一のの称号を持つ実力者であった。 ヨーダは「お前の支配は今日限りだ」と宣告し、皇帝もこの最後の障害を取り除くべく全力で迎え撃った。 だがシスの暗黒卿の力は、ヨーダの予想を遥かに上回っていた。 激闘の末にもはや勝ち目は無いと悟ったヨーダは、による捜索の手を逃れ、密かにベイル・オーガナ議員の手引きによって元老院ビルから脱出した。 とうとう決着を付けることは出来なかったが、皇帝は最後の障害を取り除くことに成功したのであった。 一方同じ頃、ムスタファーではダース・ベイダーがもう一人のジェダイの生き残りオビ=ワン・ケノービと戦って敗北し、になることを余儀なくされた。 シディアスはそれより少し前にベイダーの危機をフォースで予見し、ヨーダの捜索をクローン・トルーパーに任せ、自ら救援隊を指揮して彼の命を救った。 銀河帝国皇帝時代 銀河皇帝の権力は、共和国最高議長としての権力に、クローン大戦時に掌握した非常時大権を常時大権として付加したものである。 これにより皇帝は、最高指揮官として軍を思う儘に動かす事が出来、更に、法廷に於いては絶対的な権限を持つ裁定者となった。 新たな秩序を求めた人々は銀河帝国の建国を喜び、銀河皇帝の誕生を心の底から喜んだ。 しかし、権力を無暗に行使しなかった最高議長時代とは違い、今や皇帝は自らの欲望の儘に権力を濫用した。 人間種族である彼は、自身の政権や軍事力を構成するにあたり、同じ人間(特に男性)のみを重用し、いくつかの例外を除きほとんどのエイリアンを公式に奴隷化することを許可した。 皇帝となった彼はその絶対権力の名の下に、これらの勢力を力で弾圧し始めた為、帝国に対する反対勢力の軍事蜂起が始まるのにそう時間は掛からなかった。 とは言え、有能さと忠誠を示すエイリアンに対しては個人的に目を掛けることもあった。 また、シディアス時代にはダース・モールを、元老院最高議長としてはマス・アミダやスライ・ムーアらを重用しているように、本質的には種族の違いよりも、自身に忠実かつ利用価値の有るか否かが重要であり、例え人間であっても逆らう者には容赦なく粛正や弾圧を行った事から、この人間中心主義は帝国による分割統治や、銀河の大多数を占める人間種族の不満を逸らす為の政策という面も強い。 また、正史の小説「ターキン」では独立星系連合の大多数を人間以外の種族が占めていた事から、クローン大戦時に独立星系連合側に加担した種族への報復や、こうした種族が独立星系連合の残党として帝国への反抗活動を行う事を牽制する意味もあった事が示唆されている。 銀河各地で蜂起したにかつての銀河元老院の影を見たシディアスは、ここで元老院を永久に解散し、各星系に帝国軍の総督を置いて、軍事的威圧による直接支配に乗り出した。 その象徴として、惑星さえ破壊可能な巨大宇宙要塞、を建造したが、反乱同盟軍の起死回生的な作戦によって敢え無く破壊されてしまった。 やがて、デス・スターを破壊した反乱軍兵士がベイダーの息子のであることを知ったシディアスは、若き日のアナキンに比肩し得る強力なフォースを見せていたルークを自陣に引き入れようと画策し始める。 の最中、第二デス・スターに於いてルークとベイダーが遂に対決を果たす。 ベイダーを追い詰めたルークに、シディアスはかつてベイダーにドゥークーを殺させて暗黒面へと引き込んだ時のように、父であるベイダーを殺す様彼に促すが、ルークは強い意志でそれを拒否した。 ここに至ってシディアスは、最早ルークをシスの新たな弟子とするのは不可能と判断し、によってルークを殺そうとした。 しかしそれを見ていたベイダーが、かつてパルパティーンに言われるがままに、ドゥークーやメイスを殺めた若き日の自分とは全く違う、息子のジェダイとしての毅然とした姿と、ただ一心に父を信じ続ける強い叫びに心を打たれ、遂にジェダイ騎士アナキン・スカイウォーカーとして復活。 シディアスは彼の捨て身の行動で滅ぼされた。 一方のベイダーも皇帝の電撃によって生命維持装置が破壊され、間も無く命を落とした。 これにより、史上初めて銀河の恐怖支配に成功したシス帝国は、遂に終焉を迎えたのである。 帝国誕生から約23年後のことであった。 能力 戦闘能力 騎士団の中でも最高位のマスターであると互角以上に戦える高い戦闘力を持ち、ヨーダも安易なやり方では打破は不可能と撤退を余儀なくされた。 また、大火傷が原因で期待された潜在能力の全てが開花しなかったとはいえ、暗黒面のを身に着け、多くのジェダイを死に至らしめるほどの高い戦闘能力を持つをもってしても、若い頃の自分と同等の才能を持つの潜在能力を利用せねば、倒すことは不可能と判断させるほどの存在であり、「エピソード1~6」までの登場人物の中では最強クラスの実力を誇る。 曰く「銀河で最も強い力の主 [ ] 」で、並外れた実力を持つでさえ、ダース・モールに匹敵するほどの実力の戦士と組んだとしても果たして渡り合えるかどうか、という立場に立てるという [ ]。 そのため、熟練のジェダイやシスでも、単身では勝負を決して挑むべき存在ではないと見なされていた。 シスとして自負からを「ジェダイの武器」と捉えており、積極的には用いず、フォースを用いた戦闘を好む。 特に『エピソード3』や『エピソード6』で使用したフォースによる電撃「」を得意技としている。 基本的には、フォースのみを用いるか、それと併用してライトセーバーの一刀流で戦闘するが、ライトセーバーは服の左右の袖口に各1本づつ、予備分を含めた計2本を携行しており 、使用時には袖口から射出されるように飛び出し手中に収まる。 また『』シーズン5では、かつての弟子ダース・モールとその弟サヴァージ・オプレスの二人と対峙した際には、予備分のライトセーバーも使っての二刀流を披露し二人同時に相手しながらも圧倒している。 この他にも、フォースで周囲の物体を操り敵へ投げつけたり、人の心を操る「マインドトリック」や予知能力など、フォースのあらゆる力を駆使することができる。 これに併せて巧みな話術で、ドゥークー伯爵やアナキン・スカイウォーカーなどジェダイを説き伏せ暗黒面へと引きずり込んでいる。 ジェダイに匹敵するほどの忍耐力を持ちながら、必要とあれば一気にその凶暴性を爆発させることができ、攻撃の際には一切のためらいを持たないことも最強のシスたる所以だといえる。 『エピソード6』では、ヨーダと同じく戦闘時以外の歩行では杖を突いて歩いていたが、フォースを操る戦闘能力はまるで衰えを見せなかった。 ダース・ベイダーも高い実力を保持していながらも、自身の力ではシディアスを倒すことは不可能と諦め、息子ルークの類稀な潜在能力をもって打倒を試みていた。 政治的手腕 知略謀略に極めて優れ、片や分離主義者たちの黒幕ダース・シディアス、片や共和国の元老院議長パルパティーンという一人二役を演じ、また周囲の状況と人物達を的確に利用してゆく事で、表面上においては現行法に違反することなく万雷の拍手の中、合法的に銀河帝国を作り上げるなど、単なる策士ではなく、政治的駆け引きに長けた部分も持ち合わせていると言える。 反面、皇帝となった後の政治的なビジョンがまるでなかったがために帝国は反乱軍との戦いに明け暮れ、自身の死後は後継者不足も露呈して短期間で衰退することとなった。 パルパティーンが皇帝となる経緯について、ルーカスは合法的に独裁政権を築いたや、など歴史上の独裁者の手腕を参考にしたという。 レジェンズ のによるの制作会社のに伴い、それ以前に展開していた(外伝)作品は「レジェンズ(伝説)」として分別されることになった(「起こったかもしれない出来事だが、『スター・ウォーズ』の歴史には含まれない」とする)。 以下は、それら「レジェンズ」に属するスピンオフ作品での設定を挙げる。 シーヴというを明かしている正史とは異なり、姓である「パルパティーン」のみを名乗っている。 小説『ダース・プレイガス』ではこれについて、若き日のパルパティーン本人が、彼のファーストネームを名付けた実父コシンガ・パルパティーンへの反抗心によるものであると自称する場面がある。 クローン大戦末期には最高議長への急激な権力集中を危惧し、パルパティーンに異議を唱えた元老院議員達も少なからず存在し、パドメを筆頭に2000名が名を連ねる請願書が提出されたが、それでも議長の独裁を食い止めることは出来なかった。 この設定は映画から削除された未公開シーンとして収録され、現在はレジェンズとなった小説などでも言及されているが、正史の作品には登場していない。 『』ではエピソード3冒頭での誘拐事件の詳細が描かれ、グリーヴァス将軍はダース・シディアスとパルパティーンが同一人物とは知らなかったため、逃亡する際に艦船の窓を割り、パルパティーンを殺しかけている。 『』の小説版では、彼の口元からは「腐臭が漂う」という表現がある。 『シャドウズ・オブ・ジ・エンパイア』では、犯罪組織「ブラック・サン」の首領の印象では「生ける屍」と語られている。 コミック『ダーク・エンパイア』(邦訳版は小学館より)では、パルパティーンの魂は生き残り、ディープ・コアの惑星ヴィスに作っておいたクローン施設で自分のクローンを作り、自身の魂を乗り移らせて復活する。 による攻勢で疲弊した新共和国の隙を突いて再び銀河の覇権を手に入れようとし、「ワールド・デヴァステイター」や超弩級「エクリプス」などの軍事力を温存していた。 一時はルークをダークサイドに引き込み自分の弟子とする。 しかし、ルークや、などの反乱軍の英雄たちやジェダイによる反撃、また内部からの裏切りによって失敗し、その魂は永遠の苦しみを味わうこととなる。 現在未邦訳である『Empire's End』が一連のシリーズの最後のエピソードとなり、この作品で皇帝の本当の最期が描かれている。 『ダーク・エンパイア』においては、ロイヤル・ガード、カノア・ジャックスの裏切りによりクローンの元となったが傷つき肉体の老化が進行していたことと、ダークパワーの酷使でパルパティーンの身体はほぼ使い物にならなくなっていた。 最終局面でルーク率いる若きジェダイたちとの戦いに敗れ、その肉体をソロのブラスターで撃ち抜かれたパルパティーンは、自らの魂をソロとレイアの息子であるに宿らせようとするが、皇帝の攻撃で重傷を負った・ジェダイであるエンパトジェイオス・ブランドがパルパティーンのダークサイドの力を肉体にとどめて共に死んだことで、長きに渡るパルパティーンの野望は砕かれることとなる。 配役 実写 2013年の「スター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパ」でのイアン・マクダーミド の『』から(公開時)『』『』『』を経て、『』まで、舞台として有名な出身の名優、が演じている。 『エピソード5』では、ホログラム映像および声のみで皇帝が登場するが、オリジナル版は女優のが特殊メイクを施して演じ 、目元にの目を合成し、が声を吹き替えた。 そのため、『エピソード6』以降の皇帝とは容貌が大きく異なる。 2004年に化される際にCGおよび吹き替えでイアンの顔と声に差し替えられた。 が『エピソード1』の撮影を始める前に英国に訪問した際、それを聞きつけたイアンは彼に会いに駆け付けた。 するとジョージは「パルパティーンの役者を探してるんだ。 誰か適任者に心当たりないかな」と聞く。 その時イアンは「ひょっとして今目の前にいる奴がそうじゃないかい? 」と答えたという。 こうして『エピソード1』から若き日のパルパティーンを演じることになったが、歳を重ねてから、既に初老とはいえかつて演じた役の若い頃を演じるという、非常に珍しいケースとなった。 マクダーミドはインタビューで「役作りに25年かかったよ」と語っている。 『エピソード6』公開当時、イアンはまだ39歳だった。 イアンは作品を始めとする古典演劇で実績ある舞台俳優であり(2006年にはの最優秀助演男優賞を受賞している)巧みな台詞回しや、パルパティーン議長の時と、ダース・シディアスとしての本性を現してからでは全く違う声を出す発声の変え方で、温厚で威厳ある元老院議長と、狡猾・邪悪・凶暴なシスの暗黒卿という二面性のある役柄を見事に演じきっている。 ヨーダとの対決シーンの撮影は、実際にはいないフルCGのキャラクターと戦うことになるためマクダーミドにとっては非常に骨の折れた演技だったという。 なお、にとなったと、イアンが演じたダース・シディアスの外見が似ていることがニューヨークの週刊紙『The Village Voice』で取り上げられた。 アニメ アニメ『』やゲーム作品(2006年まで)ではが声を演じている。 アニメ映画『』とその続編となる同作では、が声を演じている。 第5シーズン以降はが担当。 アニメではが声を担当している。 吹き替え 日本語吹き替え版の声優は以下の通り。 - EP5(ビデオ版)、EP6(ビデオ版・DVD版)• - EP5(DVD版)、EP1(パルパティーン)、EP2、クローン大戦• - EP1(シディアス)• - EP3、クローン・ウォーズ、反乱者たち、バトルフロントII 2017• - EP5(劇場公開版)• - EP5(日本テレビ版)• - EP6(日本テレビ版)• - EP5(テレビ朝日版)• - ロボットチキン• - ニュー・ヨーダ・クロニクル、ドロイド・テイルズ、バトルフロント 2015 、フリーメーカーの冒険、フォースの覚醒 ゲーム 、フォールン・オーダー• - EP9 備考• 『エピソード4~6』では劇中にて終始「皇帝」としか呼ばれていなかったが、当時から本名が「パルパティーン 」で元々は元老院議員だったという設定は、小説版などで言及されていた。 『エピソード1』公開時にもマクダーミドが演じていることなどから、パルパティーン=後の皇帝は周知の事実となっており、パンフレットにも「後に銀河皇帝となるパルパティーンは~」と記述されていた [ ]。 しかし、パルパティーンとダース・シディアスが同一人物(つまり皇帝=シディアス)であることが明らかになったのは『エピソード3』になってからであり、それ以前の劇中では、間接的表現としては容易に想像できるように描写されていたが、直接的な表現は避けられていた。 『エピソード2』時点での人物相関図でも、パルパティーンの後年の姿が皇帝と明確にされている一方で、パルパティーン(皇帝)とシディアスの関係については曖昧に描かれていた [ ]。 は、2005年の『エピソード3』公開時の来日記者会見で、記者に好きなスター・ウォーズキャラクターを聞かれた際、「特にヨーダ、アナキン、皇帝が好きだ」と答えている。 参考資料• ただし、このヨーダの台詞は原語版である英語版には全く存在しないものである [ ]。 英語版はルーク「暗黒面の方が強いのですか?(Is the dark side stronger? )」ヨーダ「違う。 暗黒面の方が入りやすいのだ。 (No, no. Quicker, easier, more seductive. )」といった皇帝とはあまり関係のない会話である [ ]。 その内の1本は『エピソード3』におけるメイス・ウィンドウとの戦闘で紛失しており、残りの1本もヨーダとの対決以降は劇中使用していない [ ]。 メイクアップアーティストのの妻のエレイン・ベイカーが演じたという話が長年定着してしまっているが、実際にはメイクアップテストをしただけである。 この時に、彼のセリフもラストシーンの展開などを踏まえた物に変更された [ ]。 ただし、エンドロールにはレヴィルもクレジットされている [ ]。 ローマ教皇を指す形容詞は「papal」であり、「 Palpatine」と非常に近い発音である [ ]。 書籍によりパルパティン(エピソード4の角川文庫版3頁)、パルパタイン [ ]といった表記の揺れがあった。 『エピソード3』の前半までは、シディアスとしての登場場面は全て、素顔が見えないようになっていた [ ]。 また、『エピソード1』ではのように日本語吹き替え版の担当声優もパルパティーンとシディアスでそれぞれ異なっていた [ ]。 扶桑社『スター・ウォーズ完全基礎講座 エピソード1篇』54頁• しかし、一方でクローン大戦時に共和国側に加担した種族の中にも同様に奴隷化や弾圧の標的となった種族が数多く存在している• しかし、ライトセーバーでの戦闘も、らジェダイ・マスターの手練れ3人を飛び掛かってから、一瞬にして斬り捨てたり、ヨーダと互角に渡り合えるほどにその技量は高い• この戦いの際にも前述の理由からか、戦闘中にも用途が終わる度にライトセーバーの光刃を収納しながら戦っている。 『スター・ウォーズ ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION 「フォースの覚醒」を導いたスター・ウォーズの伝説』MEDIA HOUSE MOOK、78頁。 ケヴィン・J・アンダースン、ダニエル・ウォーレス『スター・ウォーズクロノロジー 上巻』208頁、ソニーマガジンズ、2002年• 2005年7月20日) 外部リンク• in the StarWars. com Databank• - : a Star Wars wiki• - (英語).

次の

スターウォーズスカイウォーカーの夜明けのレイの正体はパルパティーンの孫!結末やネタバレについても

スター ウォーズ パルパティーン

スター・ウォーズ 作者 初作品 『』(1977年) 所有者 () 期間 1977年 - 出版物 小説 漫画 映画・テレビ 映画 (1977年 - 2019年) 『』(2008年) (2016年 -) テレビシリーズ テレビ映画 その他 遊園地アトラクション 『 スター・ウォーズ(Star Wars)』は、の構想を基にが製作するのである。 「 遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台に、、、、、など複数の媒体で展開される。 世界で最も興行的成功を収めた映画シリーズ、の一つであり、『』に次ぐ世界歴代2位のを記録している。 その他、外伝的なスピンオフ作品が多数発表されている。 からにかけて公開された。 スピンオフを含むスター・ウォーズ全作品の大元となる作品群である。 第1作『』(1977年)は ()、続編『』()、『』(1983年)も世界的にヒットした。 1971年、はルーカスが監督を務める2作品について契約を結んだ。 最初に製作された『』は成功を収め、ルーカスはアカデミー賞にノミネートされた。 数か月後、ルーカスは2作目の草案を提出したがユニバーサルは草案を拒否したため、20世紀フォックスと契約を結んだ。 1974年までにルーカスは草案を下敷きにして脚本を書き上げ(この時点で、、アナキン・スターキラー()などの要素が加えられた)、物語が全9部作になると主張して20世紀フォックスと交渉し、監督として5万ドル、脚本家として5万ドル、プロデュース費用として5万ドルを受け取った。 製作を確実なものとしたルーカスは、監督としての報酬を抑える代わりに、の権利は全てが持つと認めさせ( ()は、「交渉において、我々は20世紀フォックスのビル・ラーマンとの間で契約を立案しました。 我々はジョージが権利を所有することで合意しました」と述べている )、自らの管理でキャラクターやメカのグッズを製造・発売し、巨額の富を得た。 この利益を基に、後の『プリクエル・トリロジー』はの自己資金で製作されている。 映画が時系列では4番目にあたる『新たなる希望』から制作されたのは、まず1作目が商業的に成果を収めねばシリーズ化が望めず、その意味で一番「冒険活劇」としての完成度が高かった『新たなる希望』を最初に世に出すことが得策だと判断されたためである。 また『エピソード1・2・3』の時代は、全銀河の首都である大都市惑星の描写や、との間で勃発した大規模戦争であるの描写が必須にも関わらず、当時の映像技術と予算では映画化が不可能だったのも理由にある。 ルーカスの製作意図に一層近づいた形にするべく、フィルムの物理的な洗浄や素材フィルムまで戻ったシーンのによるやり直し、再撮影及びによる新規シーンの追加等が行われた。 音響効果もバラつきが統合され、全体もヒスノイズ低減処理を経て再編集された。 一方で、行われた変更の中にはいわゆる「」など、旧来のファンの間で論争を引き起こしたものもある。 その後に、にと新規の映像ソフトが発売されるたび、新三部作との整合化など、この特別篇にさらに修正が加えられていった。 現在はテレビオンエアもこちらのバージョンが標準になっており、初公開時のオリジナル版を鑑賞することは困難となっている(ただし、2006年にDVDが発売された際に、初公開時のオリジナル版が特典として同梱されたことはある)。 新三部作 を主人公とするシリーズ。 からにかけて公開された。 旧三部作の前日譚に当たる。 1987年、ルーカスはとの離婚和解で財産を失い映画製作の意欲をなくし、『ジェダイの帰還』以降の続編計画は中断してしまう。 しかし、1990年代の映像技術の進歩に触発され、シリーズの再開を考えるようになった。 この間、スター・ウォーズはの『スローン三部作』やの『ダークエンパイア』などのスピンオフ作品によって人気を回復した。 スター・ウォーズ人気が衰えていないことを知ったルーカスは、再び監督として製作に復帰する。 1999年に『』が公開され、2002年に『』、2005年に『』が公開された。 旧三部作と比較すると遥かに発達した特撮・技術や派手なカメラワークが目立ち、シリーズの見所の一つであるライトセーバーの殺陣も非常にアクロバティック化した。 その後、映画界では撮影機材のデジタル化が急速化し、映画の歴史に一つの転換期をもたらすことになった。 ルーカスは長年スター・ウォーズシリーズのために作成した資料の量を誇張しており(その理由をマイケル・カミンスキーは宣伝と情報保安を目的にしていると述べている )、「ルーカスが『ジェダイの帰還』の後に続く物語を企画している」という憶測が生まれた。 しかしルーカスは『シスの復讐』以降の作品は製作しないと明言し 、「私はよく"『ジェダイの帰還』の後に何が起きるんですか? "と聞かれますが、それに対する答えを持っていません。 映画はアナキンとルークの物語であり、ルークは銀河を救い父を取り戻して物語は終結しています」と語ったことにより 、スター・ウォーズシリーズは全9部作の予定を全6部作と修正して一旦の完結を迎えた。 公開年 タイトル 監督 ジョージ・ルーカス 続三部作 を主人公とするシリーズ。 からにかけて公開された。 旧三部作の後日譚に当たり、の上位を塗り替えるヒットを記録している。 2011年に入り、ルーカスは『スター・ウォーズ』の新しい映画作品について仕事を始めた。 2012年にがを買収してスター・ウォーズシリーズの著作権を取得 、配給会社もからに変更され、新体制での再スタートとなった。 2015年に『』、2017年に『』、2019年に『』が公開され、本来想定されていた全9部作が完結した。 買収後のルーカスフィルム社長にはが就任。 作品自体は引き続きルーカスフィルムが製作するが、ルーカス本人は今までのように製作総指揮は行わず、製作現場から退き「クリエイティブ顧問」という特別な役職に就任した。 マーク・ハミルはディズニーの制作について、「ルーカスの頭のなかでは、第7作から第9作までの粗筋ができていた。 そしてディズニーが実際に作った作品は、 ルーカスの構想していたのとは大きく異なるものだ」と言及した。 2013年に親会社()の分社化によりが設立され、20世紀フォックスは傘下となり、その後2017年12月14日にウォルト・ディズニー・カンパニーは21世紀フォックスのエンターテインメント部門を総額661億ドル(7兆4000億円)で買収することに最終合意したと発表。 公開年 タイトル 監督 (エピソード7) (エピソード8) (エピソード9) J・J・エイブラムス デジタル3D版 2010年に本シリーズの『エピソード1~6』の化が発表された。 そのためのデジタル3D変換技術の開発が社において行われたが、これは人物や背景などのシーン中の全対象物の3次元形状をモデルで再現し、そこに元映像をマッピングして3Dレンダリングするという非常に手間のかかるもので コストの問題が解決出来ずキャンセルされ、ルーカスとILMの監修の下社においてデジタル3D変換が行われることになった。 完結後の予定 ライアン・ジョンソン 11月9日にウォルト・ディズニー・カンパニーにより、シリーズ完結後に新たな三部作の実写映画の制作が予定されていることが発表された。 『』の監督が主導し、ルーカスフィルムに「三本の映画、一つの物語、新たな登場人物、新たな場所。 フレッシュに始めよう」と提案。 スカイウォーカー・サーガからは離れた、新たな別の人物を主人公とする三部作を予定している。 ライアンは1作目は監督する予定だが、全作を監督するかは不明とのこと。 三部作の方向性について「唯一のゴールは、子供として『スター・ウォーズ』により、どう感じさせられたかを考えることだ」と語った。 2018年2月3日、ルーカスフィルムはジョンソンの三部作とは異なる新シリーズを製作することを発表した。 脚本・製作はテレビドラマ『』のとが担当し、は物語について「『スター・ウォーズ』シリーズのある時点に焦点を当て、そこから始まる物語になる」と語っている。 2019年5月7日、ウォルト・ディズニー・スタジオがタイトル未定の新作3本を2022年から1年おきに全米公開すると発表した。 全米公開日はいずれもクリスマス前の週末で、第1作が2022年12月16日、第2作が2024年12月20日、第3作が2026年12月18日となる。 アンソロジー・シリーズ 実写映画本編を補完する実写映画シリーズ。 2013年、ルーカスフィルムがスター・ウォーズのメインストーリーとは別の劇場映画をいくつか製作すると報じられ 、2015年にアメリカので開催された本シリーズのオフィシャルファンイベント「アナハイム」で、これらの実写映画スピンオフ作品群は「 アンソロジー・シリーズ」のレーベル名の下で公開されることが明らかにされた。 3Dアニメーション タイトル シーズン 話数 公開年 監督 1 13 1985年 ケン・スティーブンソン レイモンド・ヤフェリチェ TV スペシャル 1986年6月7日 クライヴ・A・スミス 1 13 1985年 2 22 1986年 デイブ・フィローニ 1 22 2008年 - 2009年 2 22 2009年 - 2010年 3 22 2010年 - 2011年 4 22 2011年 -2012年 5 20 2012年 - 2013年 6 13 2014年 - 2014年 7 12 2020年 -2020年 ショート 4 2014年 デイブ・フィローニ 1 15 2014年 - 2015年 2 22 2015年 - 2016年 3 22 2017年 - 2018年 ジャスティン・リッジ 4 16 2019年 - 2020年 デイブ・フィローニ ショート 12 2018年 ジャスティン・リッジ 1 21 2018年 - 2019年 2 19 2019年 - 2020年 2Dアニメーション タイトル シーズン 話数 公開年 監督 1 10 2003年 2 10 2004年 3 5 2005年 Star Wars Blips 1 8 2017年 1 16 2017年 キャリー・ベック デイブ・フィローニ 2 16 2018年 スター・ウォーズ ギャラクシー・オブ・アドベンチャー 1 36 2018年- 2019年 ジョシュ・ライムス 2 2020年 - スター・ウォーズ ロール・アウト 1 2019年 糸柳英郎 実写ドラマ 2018年10月3日、実写ドラマがを描く『』になると製作、脚本を務めるが自身ので発表した。 10月4日、スター・ウォーズ公式サイトにて、作中の画像と共に、一作目の監督を、その後のエピソードの監督を、、、が、プロデューサーには、、、エグゼイティブ・プロデューサーにはが参加することが発表された。 日本では劇場用映画として公開された。 子供向けに実写映画本編より対象年齢を下げて制作されている。 作品名 公開日 監督 脚本 製作 製作総指揮 1984年11月25日 1985年8月17日 ジョージ・ルーカス ジョージ・ルーカス 1985年11月24日 1987年3月21日 ケン・ウィート ジム・ウィート 主なストーリーの時系列 前述の通り、映画の公開は時系列通りになっていない。 また、「オリジナル・トリロジー」における最大の敵でもある。 惑星タトゥイーンで暮らす奴隷の少年だったが、フォースの資質を見出されて銀河共和国を護るに「予言にあるフォースにバランスをもたらすもの」として迎えられる。 を弟子にとりクローン対戦で活躍。 ジェダイと共和国を滅ぼし、新たに成立した銀河帝国をシディアスと共に統治していく。 のちに息子によって改心、とシスを滅ぼし、その際受けた攻撃が仇となり死亡。 しかしシディアスを殺したことで結局予言通りにフォースにバランスをもたらした。 その後はアナキン時代の姿で霊体として復活。 エクセゴルの戦いではや、アソーカらとともにレイに呼びかけた。 Luke Skywalker 「オリジナル・トリロジー」の主人公。 アナキンの息子として生まれるが、シディアスのジェダイ狩りから逃れるため父の故郷タトゥイーンで育てられる。 成長後、自身がジェダイの血を引く存在であると知り、帝国への反乱軍に協力することを決意。 戦闘を経験する中で秘めたる才能が徐々に覚醒する。 ベイダーは父親を殺害した怨敵だと聞かされていたが、そのベイダーこそが実の父親だった。 深いショックを受け、かつてのアナキンのように心が暗黒面へと出向いていく。 しかし最後はその誘惑を撥ね返してベイダーとシディアスを討ち、銀河に一時的な平和を取り戻す。 レイに修行をつけフォースの幻影を使い甥のカイロ・レンと対決、疲れ果てて息を引き取った。 しかしフォースの霊体として残りレイアの霊体とともにレイを見守った。 Rey Skywalker 「シークエル・トリロジー」の主人公。 惑星ジャクーにて一人暮らす少女。 幼少期に家族と離れ離れになり、廃船から奪った部品を売って生活しながら再会を待ち望んでいた。 実は生まれながらに高いフォースの資質を持ち、訓練を受けていない段階でも戦士として高い能力を発揮する。 BB-8やフィンとの出会いをきっかけにレジスタンスと、ファースト・オーダーとの戦いに関わるようになる。 さらに、復活したシディアスの後を継ぐ未来を予知してしまう。 その後はレイ・パルパティーンではなくレイ・スカイウォーカーを名乗っている。 Leia Organa アナキンとパドメの娘、ルークの双子の妹として生まれたが、ベイル・オーガナ夫妻に引き取られオルデランで育てられる。 外交官としても活躍していてその頃に反乱者のエズラ・ブリッジャーとも接触している。 その後は反乱同盟のリーダーとして銀河帝国との戦いに参加し、ルークやハン・ソロ、オビ=ワンとともに第一の設計図を届ける任務をやり遂げヤヴィンの戦いに勝利した。 帝国滅亡後、実兄ルークに師事し修行中に妊娠、ハンとの間にベン・ソロをもうける。 その後もレジスタンスを率いて息子達が率いるファースト・オーダーと戦った。 カイロ・レンとなった息子にフォースを使い働きかけ改心させやがて疲れ果てレジスタンスをポー・ダメロンに任せて息を引き取った。 その後もフォースの霊体として残り、レイを支えた。 See-Threepio 金色の装甲を持つヒューマノイド型のプロトコル(儀礼・通訳用)ドロイド。 R2-D2と共に、全エピソードに登場しているキャラクター。 Artoo-Detoo 宇宙船や電子機器のオペレートを主目的としたアストロメク・ドロイド。 C-3POと共に、全エピソードに登場しているキャラクター。 Han Solo 密輸船「」の船長。 帝国軍の歩兵であったがチューバッカと出会い共に帝国を逃走、ベケットの盗賊団に参加した。 その後ルークやレイアと出会い反乱同盟軍に参加、将軍となる。 帝国滅亡後にレイアとの間に後のカイロ・レンとなるベン・ソロを設ける。 しかし彼によってスターキラー基地の戦いで殺される。 その後、デス・スターの残骸でレイに敗北したベンの記憶の中の存在として現れ、彼を改心させた。 Chewbacca ハン・ソロの相棒であるウーキー族の戦士。 エピソード3以降の全作品に登場。 帝国の捕虜となって処刑人となっていたときにハンと出会い共に帝国を逃走、ベケットの盗賊団に参加した。 その後反乱同盟軍に参加し帝国を滅ぼす。 ハンの死後はレイと行動を共にした。 ダース・ベイダーに惹かれたためルークに鍛えられるが、スノークに誘惑され、ルークに暗殺されかけたのも影響しダークサイドに転落。 スノークを殺害しレイを誘ってファースト・オーダーを率いろうとするが拒絶された。 感情に任せルークの幻影と戦闘、レジスタンスを取り逃してしまう。 その後ファースト・オーダーの最高指導者となったがレイや両親の働きかけが効きライト・サイドへ帰還。 蘇ったダース・シディアス、シス、ファースト・オーダーの後継組織ファイナル・オーダーをレイとともに葬り、フォースを使い果たし息絶えた。 劇中用語 基本的な用語のみ記述する。 その他の用語、及び詳細は「」「」「」「」「」を参照。 銀河の万物をあまねく包み込んでいるエネルギー体。 目には見えないのような概念だが、強い意思と精神集中によってその「流れ」を感じ取り自由に操作することで、身体能力や空間認識能力の強化に留まらず、未来予知、念力、心理操作、テレパシーなどの超感覚的な能力による現象を起こすことができる。 使用者の感情に伴って性質は二つに別れ、ジェダイは穏やかで冷静な心から引き出される「 ライトサイド(光明面)」、シスは怒りや憎しみといった負の感情によって引き出される「 ダークサイド(暗黒面)」を用いる。 プラズマの光刃を形成する剣型の武器。 主にジェダイとシスが接近戦で用いる。 何らかの物体に接触すれば膨大な熱エネルギーを放出し、溶断する。 レーザーやビームの類を跳ね返すこともできる。 基本的にジェダイの光刃は青や緑、シスは真紅であるのが通例である。 フォースのライトサイドを駆使して戦う、銀河系の自由と正義の守護者たち。 清廉潔白かつ気高い精神が求められ、恋愛の禁止、無抵抗な者への攻撃の禁止など、教条主義的な厳しい掟がある。 人間性を排した体質に憤慨し、シスに寝返ったアナキンによって銀河共和国もろとも滅ぼされてしまうが、結果として、ルークという全く新しいジェダイが誕生することになる。 作中では、「シスの暗黒卿」とも呼ばれる。 フォースのダークサイドを信奉する者達の総称。 ジェダイと相反する存在であり、欲望を貫徹させる精神的解放性と明らさまな権力欲を持ち、防御よりも攻撃を重視する傾向にある。 シスとなった者は、それまでの名を捨て「 ダース」(Dark Lord of the Sithの略称)の称号を冠する。 ドロイド 人間と同程度か、それ以上の知性(特に専門分野では)を持つロボット全般を指す。 基本的に与えられたプログラムに従って行動するが、長い稼動時間の中で経験や知識を積むことにより個性を得て自己主張し、更には嘘をついたり怒ったり喜んだりといった、極めて「人間的な」行動を見せるものも少なくない。 独立心や自我を削ぐ遺伝子調整を施され、成長速度を速めて生産された銀河共和国軍のクローン兵士。 総兵力約320万ユニット。 バトル・ドロイドを凌駕する戦闘能力により、共和国の主力軍隊となった。 個性がないと思われがちだが、ジェダイと任務を共にしたことで多くのクローンに個性が芽生え、人間と遜色のないクローンが多く生まれた。 そのためジェダイとの間にも強い絆が生まれている。 だがはに暗殺され、計画は伯爵により続行された。 後の銀河帝国軍のストームトルーパーの前身でもある。 帝国に忠誠を誓い、絶対的に服従する銀河帝国軍の機動歩兵。 総兵力20億ユニットともいわれている。 サバイバル装備や温度調節機能を備えた白いアーマーに身を包み、ブラスターにより集団攻撃で敵を圧倒する。 帝国樹立初期の数年間はクローン・トルーパーで構成されていたが、クローンは短命であり費用も莫大なことから、クローン戦争終結後すぐに製造が中止され、ほとんどのクローンは退役した。 また、銀河帝国の支配権が広がったことによる人員不足等の理由から、士官学校から充当された普通の人間が主な構成員となっている。 スノートルーパーやスカウト・トルーパーなど、任務に応じた様々なバリエーションが存在する。 関連映像作品 公開年 タイトル 監督 1977年 1983年 1987年 1999年 - 2010年 - 2012年 2014年 2015年 2016年 歴史• 4月、が「スター・ウォーズ」の構想を開始。 5月、とに企画を提出するが却下される。 と交渉し合意を得る。 3月、『スター・ウォーズ』の脚本完成。 12月、20世紀フォックスと正式に契約。 - 3月、『スター・ウォーズ』の撮影開始。 - 5月、映画『』公開。 後に9部作の『エピソード4』と『新たなる希望』という副題がつけられる。 - テレビドラマ『スター・ウォーズ ホリデー・スペシャル』()放送。 - 映画『』(エピソード5)公開。 - 映画『』(エピソード6)公開。 映画『スター・ウォーズ 特別篇』(エピソード4)公開。 映画『スター・ウォーズ 帝国の逆襲 特別篇』(エピソード5)公開。 映画『スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇』(エピソード6)公開。 - 映画『』公開。 - 映画『』公開。 - テレビアニメ『』放送。 - 映画『』公開。 - 映画『』公開。 続編となるテレビアニメ『』放送開始。 日本ではより放送開始。 10月、ディズニーによるルーカスフィルムの買収とエピソード7以降の製作を発表。 テレビアニメ『Star Wars Rebels』の制作を発表。 - テレビアニメ『』放送。 日本では2015年放送開始。 - 12月、映画『』(エピソード7)公開。 - 12月、映画『』公開。 - 12月、映画『』(エピソード8)公開。 11月、ディズニーによるエピソード9終了後の制作を発表。 -5月、映画『』 公開。 -12月、映画『』 公開。 反響 音楽 には『スター・ウォーズ』のテーマを ()がアレンジでカバーした「スター・ウォーズのテーマ〜カンティーナ・バンド(酒場のバンド)」が発売され、で1位を獲得した。 には、イメージソングとしてが歌った 「スター・ウォーズのテーマ〜カンテナ・バンド 」が発売された(、DR-6186)。 これは上記MECOのアレンジカバー版を基にが日本語詞をつけたものであった。 新しい吹替バージョンとして、番組内でにも紹介された。 2010年7月には、にて5. 1chにエピソード順での放送が行われた。 特に2010年の放送では、6月末より関連番組や便乗CMをほぼ毎日放送するなどこれまでの日本におけるどの放送よりも力を入れて行われ、『エピソード2』の7月18日の放送直後に外伝作品の『スター・ウォーズ クローン大戦』を放送するなど時系列順を徹底し(『エピソード』1~6の順に、それぞれ7月17日~7月22日まで毎日)、パロディ作品の『』も『エピソード3』の直後に放送している。 データ放送ではそれら関連番組の視聴時間に応じて「フォースポイント」というポイントが溜まり、オリジナルグッズへの応募が可能だった。 『フォースの覚醒』が2015年12月18日に公開されることを記念して、日本テレビで『エピソード1』から『エピソード6』までの6部作が放送された。 映画番組「金曜ロードSHOW! 「映画天国」と特別枠は関東ローカルでの放送となった。 『最後のジェダイ』が2017年12月15日に公開されることを記念して、日本テレビの映画番組「金曜ロードSHOW! 視聴率は関東地区で『帝国の逆襲』が9. 視聴率は関東地区で8. その他メディア 詳細は「」を参照 本シリーズは、多種多様な媒体を通じて沢山のスピンオフ(外伝)を世に送り出してきた。 ジョージ・ルーカス自身が他の作家による二次創作に寛容だったこともあり、映画本編と整合性が取られていない独創的な作品も多く存在する。 しかし2012年にウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収した際、膨大な数のスピンオフが新規ファンに混乱を与えてしまうという配慮から、スピンオフ作品は全て「 カノン(正史)」と「 レジェンズ(非正史)」に分別されることとなった。 「カノン」に属するスピンオフ作品は、ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムの買収後に設立した「ルーカスフィルム ストーリー・グループ」の監修を受けた作品が該当する。 パチンコ この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月) 、から『フィーバースター・ウォーズ』として登場した。 に本機のゲーム性をさらにアップした『CRフィーバースター・ウォーズ ダース・ベイダー降臨』も登場した。 に『CR FEVER STAR WARS Battle of Darth Vader』が登場した。 キャスト• 、ナレーション -• - [ ]• - [ ]• ザム・ウェセル - [ ]• 、 - [ ]• - [ ] キャストはソフト版と劇場公開版とほぼ同じだが、代役のため変更されている。 パチスロ この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月) にパチンコと同じSANKYOから発売。 イベント・テーマパーク• - 1999年からディズニーによって開催されている本シリーズのオフィシャルファンイベント。 スター・ウォーズ・ウィークエンド - 1997年から2015年までで開催されていた本シリーズのファンイベント。 - 、、、にある、本シリーズを題材にしたフライトシミュレータータイプの。 時系列はエピソード6の後の世界。 現在はすべて後述のリニューアル版に更新されている。 - 上記のディズニーパークにある、スター・ツアーズのリニューアル版。 メガネをかけるタイプの3D映像となり、固定だった飛行ルートが数パターンのルートの組み合わせにより数十種類に増えた。 時系列はエピソード3と4の間だが、期間限定イベントでエピソード7、8、9の映像が増えたりするなど曖昧になっていることもある。 新作映画が公開されるたびに飛行ルートが追加されている。 - とを除く 世界のディズニーパークで行われている、ジェダイの騎士になる為にライトセーバーの訓練を行う体験型エンターテインメント。 - ディズニーランドやをはじめとする本シリーズに関する小道具の展示やキャラクターとのグリーティングを行うことができる施設。 - 本シリーズの初の。 2019年海外のディズニーパークにて、「スター・ウォーズ ホテル」と同時オープンした。 また、アトラクションは「」「」がある。 デジタル配信 、オリジナル&プリクエル・トリロジー6部作のデジタル配信が開始された。 による買収後の配信であるため、のロゴは表示されない(『エピソード4』を除く)。 それまでの映像ソフトには未収録のボーナス映像も収録されている。 その後、シークエル・トリロジーやアンソロジー・シリーズの作品がソフト化される際は、デジタル配信も同時に行われるようになった。 また、『クローン・ウォーズ』『反乱者たち』などのアニメーションも配信されている。 脚注 [] 注釈• 2016年9月7日閲覧。 , p. 2017年11月10日閲覧。 『エピソード1』『エピソード2』『エピソード4』オーディオ・コメンタリー• 2018年4月9日閲覧。 , p. 227. , pp. 294—95. Star Wars 2004年4月5日. 2008年4月15日時点のよりアーカイブ。 2008年3月27日閲覧。 Arnold, William 2005年5月12日. Seattle Post-Intelligencer• Movieweb 2004年9月10日. 2008年10月18日閲覧。 Killer Movies 2004年9月13日. 2008年10月18日閲覧。 Showbiz. Industry Central. 2008年10月18日閲覧。 Davis, Erik 2008年5月7日. Cinematical. 2008年10月18日閲覧。 Schou, Solvej 2012年12月21日. Entertainment Weekly. 2012年12月22日閲覧。 , StarWars. com, October 30, 2012. Retrieved May 25, 2013. , MEN'S CLUB, 2017年12月15日, 2018年2月18日閲覧。 プレスリリース , , 2017年12月14日 , の2017年12月14日時点におけるアーカイブ。 , 2017年12月14日閲覧。 Additional , December 14, 2017. シネマトゥデイ 2017年9月6日. 2017年9月18日閲覧。 映画ナタリー 2017年9月13日. 2017年9月18日閲覧。 T-SITE NEWS 2015年8月10日. 2016年4月24日閲覧。 『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』フィルムアート社• STAR WARS WEBLOG 2013年7月26日. 2016年4月24日閲覧。 STAR WARS WEBLOG 2013年7月28日. 2016年4月24日閲覧。 STAR WARS WEBLOG 2015年1月4日. 2016年4月24日閲覧。 com. 2017年11月10日. THE RIVER 2018年2月7日. 2018年2月8日閲覧。 CNBC 2013年2月5日. 2013年2月5日閲覧。 Fischer, Russ 2015年4月19日. 2016年8月27日時点のよりアーカイブ。 2016年9月7日閲覧。 「」『THE RIVER』、2018年10月4日。 2018年10月5日閲覧。 「」『THE RIVER』、2018年10月5日。 2018年10月5日閲覧。 2012年10月31日. 2012年10月31日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2016年9月6日閲覧。 2018年4月9日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2018年1月21日閲覧。 2018年6月10日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2019年2月7日閲覧。 2019年2月7日閲覧。 2018年1月20日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 2019年1月30日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 2018年5月29日閲覧。 映画ナタリー 2015年11月27日• 映画ナタリー 2015年12月3日• THE RIVER 2018年1月30日. 2018年2月1日閲覧。 スター・ウォーズ|STAR WARS| 2017年5月25日. 2017年7月13日閲覧。 参考文献• Kaminski, Michael 2007. The Secret History of Star Wars 関連項目• - 本シリーズの製作会社。 - 本シリーズの・製作会社。 - 別名スター・ウォーズ計画。 - スター・ウォーズについてのオンライン百科事典。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• - チャンネル• starwars -• starwars -.

次の