ドコモ 光 解約。 料金プラン

ドコモ光の解約

ドコモ 光 解約

引越しでドコモ光を解約する5つの方法 まずは、ドコモ光を解約する方法から紹介します。 引っ越しのタイミングでドコモ光を解約する方法は、以下の5つのステップに分けられます。 出典:• 本人確認用の情報をそろえる• ドコモに解約の連絡をする• プロバイダの解約手続きをする• 光回線の撤去工事をする• ドコモに機器を返却する それぞれのステップについて、説明していきます。 本人確認用の情報をそろえる ドコモ光の解約手続きには、契約者の本人確認が必要になります。 解約の連絡をする前に、以下の情報を調べておきましょう。 ドコモの携帯電話を使っている人 ネットワークの暗証番号を事前に確認してください。 ネットワーク暗証番号とは、携帯電話の契約のときに設定する4桁の暗証番号のことです。 ドコモ光のみを使っている人、ドコモの携帯電話をペア回線として設定していない人 契約IDを確認しておきましょう。 契約IDとは、ドコモ光のインターネット開通時に送られてくる 「開通のご案内」に書かれているIDです。 ドコモに解約の連絡をする 本人確認に必要な情報が集まったら、ドコモに連絡をして解約手続きをしましょう。 手続きの方法は大きく分けて以下の2つ。 電話 ドコモのインフォメーションセンターに電話をかけて解約手続きを行います。 ここでは、ドコモ光の解約に向けて具体的な相談をします。 話し合われる内容は、主に以下の2つです。 光回線の撤去のスケジュール• 機器を返却する方法 どちらもスムーズに解約を進めるために、とても大切な情報です。 引っ越し準備に追われてうっかり忘れてしまうことのないように、メモを取っておくと良いでしょう。 プロバイダの解約手続きをする ドコモへの解約連絡が終わったら、プロバイダ会社にも解約の連絡をしましょう。 インターネット回線の提供元であるドコモと、プロバイダの提供会社はまったくの別物です。 そのため、 プロバイダへの解約の連絡を忘れると、引っ越した後にも元の家のプロバイダ料金を請求されてしまうことも・・・! ドコモ光に解約の連絡をしたら、できるだけ早くプロバイダへの解約連絡を入れましょう。 光回線の撤去工事をする ドコモと事前に相談した工事日に、回線の撤去作業を行います。 回線の取外し工事には立会いが必要な場合もあるので、引っ越し前に工事を済ませておくと良いでしょう。 機器の返却をする ドコモから無線LANルーターなどの機器をレンタルしている人は、機器を返却しなければなりません。 ドコモから指定された日までに返却しなければ、機器本体の料金をまるごと請求される可能性があります! できるだけ早めに返却しておきましょう。 以上が、引っ越しのタイミングでドコモ光を解約するための5つのステップです。 解約手続きの流れはイメージできましたか? では続いては、解約のときにチェックしておきたい違約金について説明していきます! ドコモ光の解約時にかかる違約金 ドコモ光の引越しは、基本的に2年契約となっています。 そして契約更新月以外に解約すると、違約金を請求されてしまいます! <ドコモ光の違約金の金額> 戸建てタイプ 13,000円 マンションタイプ 8,000円 契約更新月とは、契約満了月の翌月と翌々月を指します。 つまり、2年間契約のドコモ光の場合、 契約更新月は契約してから25ヶ月目と26ヶ月目になります。 それよりも早いタイミングで解約すると、解約金を支払わなければなりません。 そして、ドコモ光の契約は自動で更新されていきます。 そのためドコモ光を25,26ヶ月目に解約しなかった方は、次に違約金なしで解約ができるのは、2年目の契約開始からまた25ヶ月目と26ヶ月目になります。 違約金という思いがけない出費を避けるためにも、解約の手続きを行う前にあなたの契約更新月を調べておきましょう。 引っ越す月のドコモの基本使用料 解約する月のドコモ光の基本使用料は、日割り計算ができません。 つまり、解約日が1日だったとしても、その月1か月分の基本使用料を払わなければなりません。 ドコモ光の月額費用が4,000円のAさんとBさんを例にあげて見ていきましょう。 Aさんは7月2日にドコモ光の解約し、撤去工事をしました。 しかし、解約月の基本料金は日割りができないため、Aさんはたった2日のドコモ光の使用料として、4,000円まるまる支払わないといけません。 それに対してBさんは、7月31日にドコモ光を解約しました。 31日間ドコモ光を使って、月額4,000円を支払ったため、いつもの月と同じ支払いになりました。 2日でドコモ光を解約したAさんと、31日間ずっとドコモ光を使ったBさん。 二人の支払う金額が同じなんて、Aさんが大きく損をしていると思いませんか? Aさんのように割高な基本料金を支払うことのないように、 ドコモ光の解約日はできるだけ月末にしてもらいましょう。 いかがでしたか? 引っ越しのときはいろいろな準備や手続きで忙しいものです。 ドコモ光の解約手続きも忘れずに行って、スムーズに引越しをしてください! 複数 最大10社 の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。 各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。 引越し侍は引越しの一括見積りと予約サービスを提供している引越し料金比較サイトです。 ご利用はどちらも無料。 一括見積りは全国276社から最大10社の引越し会社へ、メールや電話での見積りや訪問見積りの依頼ができるサービスです。 また、予約サービスはWeb上で複数社の見積り金額や口コミ・評価を比較して、条件にピッタリの引越し業者を選ぶことができるWeb完結のサービスです。 「ドコモ光の引越し方法とは?移転・解約の手続きや工事について」の他にも、引越しの相場や手続きなどお役立ち情報を紹介していますので、引越しの見積りをお考えの方はぜひご覧下さい。

次の

料金プラン

ドコモ 光 解約

この記事では、こんな疑問に答えます!• ドコモ光を解約するにはどうすれば良い?• ドコモ光で違約金を支払わずに解約する方法はある?• ドコモ光以外でオススメの光回線ってどれ? 結論から言えば、 更新月にドコモインフォメーションセンターに電話をすれば違約金が発生することなくドコモ光を解約することができます。 ですが、ドコモ光の解約に関しては違約金以外にも 覚えておかなければならない注意点や、解約前に確認しておく必要があるポイントがあります。 この記事では、ドコモ光を損せずに解約するための全知識として、抑えておくべき注意点やポイントをどこよりもわかりやすくお伝えしていきます。 また、ドコモ光以外でオススメの光回線もご紹介しているので、ドコモ光を解約して他の光回線への乗り換えを検討中の人の参考となれば幸いです。 ドコモ光の解約方法• 最寄りのドコモショップへ行く• ドコモインフォメーションセンターへ電話をする へ行けば、専任スタッフによる安心したサポートを受けながらドコモ光を解約することができます。 ですが、ドコモショップのスタッフもドコモ光を解約されたくないのでさまざまな解約防止策を提案されたりそもそも待ち時間が長かったり、 必ずしもスムーズに解約できるとは限りません。 そこで筆者がオススメするのは ドコモインフォメーションセンターへ電話をしてドコモ光を解約することです。 電話での解約なら、受付時間内であれば自分の好きなタイミングで解約の手続きができ、かつドコモショップで長い時間待たされることもないので無駄がありません。 覚えていない・分からないという場合は契約者の生年月日でも解約手続きを行うことができます。 あとはオペレーターにドコモ光を解約したい旨を伝えるだけでOKです。 また、契約しているプロバイダに関しては、 プロバイダがセットとなっている「ドコモ光タイプA」「ドコモ光タイプB」を利用している人であれば ドコモ光の解約連絡と同時にドコモ側で手続きをしてくれるので自分で解約をする必要はありません。 ただし、プロバイダが提供している独自のサービスやオプションに申し込んで利用している場合は、自分自身で解約の手続きをする必要があります。 また、他の光回線へ乗り換える際に今のプロバイダを継続する場合はオペレーターにその旨を伝えてください。 自分が使っているプロバイダがわからない、という人もオペレーターに質問すれば教えてもらえるので安心してくださいね。 ドコモ光プロバイダごとの「ご利用にあたっての注意事項」 ドコモ光のプロバイダは、プロバイダのプランを変更することでドコモ光解約後も継続してメールアドレスなどを使うことができます。 プロバイダによってプラン変更ができるかどうかなど、異なる点があるので以下の「ご利用にあたっての注意事項」をご確認ください。 レンタルしているモデムなどの返却・場合によっては撤去工事 ドコモ光を解約したあとは、 レンタルしているモデムやWi-Fiルーターを返却する必要があります。 レンタル機器を返却しない場合は 機器相当額を請求される場合があるのでご注意ください。 また、レンタルしている機器を返却するのが面倒くさいからといってそのまま購入することはできないので、必ず返却するようにしましょう。 また、基本的にドコモ光の解約に際して回線の撤去工事は行われませんが、 住んでいる物件や回線の状況によっては撤去工事を行う必要があります。 撤去工事が必要であるかどうかはドコモ光の解約連絡をした際に案内があるかと思うので、オペレーターの指示に従って工事日のスケジュール調整を行いましょう。 撤去工事に際して工事費用は一切かからないので、その点はご安心ください。 ドコモ光の単独タイプの場合はプロバイダへの解約連絡をする ドコモ光の料金タイプで「単独タイプ」「ドコモ光ミニ」を利用している場合、 自分自身でプロバイダの解約手続きを行う必要があります。 契約しているプロバイダの連絡先については、ドコモ光の解約時にオペレーターから教えてもらえるのでご安心ください。 なお、プロバイダとの契約においても年間契約であるケースが多く、 契約期間内に解約をすると5,000円前後の違約金が発生します。 更新月以外の解約の場合、このプロバイダの違約金に加えてドコモ光解約の違約金も請求されることになるので、可能であるならば更新月に解約するようにしましょう。 ドコモ光初期工事費用 戸建てタイプ 集合住宅タイプ 一括支払い 18,000円 15,000円 分割支払い 12回:1,500円 24回:750円 36回:500円 48回:375円 60回:300円 12回:1,250円 24回:625円 36回:417円 48回:312円 60回:250円 参照: 一括で支払っている分には問題ありませんが、分割払いをしている最中にドコモ光を解約すると 工事費用の残額分が一括で請求されてしまいます。 特に、過去のキャンペーンなどで工事費用が無料になっている場合は、工事費用分の割引が適用されて「実質0円」となっている可能性が高いです。 工事費用分の割引が適用されて「実質0円」となっている場合、ドコモ光の解約と共に割引の適用も終了となるケースが多いので、突然高額な工事費用残額分を請求されることになってしまいます。 可能であるならば工事費用を支払い終わった後、もしくは 他社への乗り換えの際に適用される違約金負担キャンペーンを利用することで無駄な支払いを避けることが可能です。 ドコモ光で無駄な支払いを避ける方法については「」でくわしく解説していきます。 ドコモ光の違約金 ドコモ光は、基本的に2年契約なので契約期間内の解約の場合は違約金が発生します。 違約金は戸建てタイプか集合住宅タイプかで異なります。 更新月は、ドコモ光を利用し始めた月から数えて 「24か月目・25か月目・26か月目」の3ヶ月間です。 2019年3月までは、更新月は「25か月目・26か月目」の2ヶ月間でしたが、これが延長されました。 ドコモ光の更新月は「」から確認が可能です。 プロバイダ関連の違約金 ドコモ光の単独タイプやミニタイプを使っている場合や、プロバイダ独自のサービスを利用している場合はそれぞれに応じた違約金が発生することがあります。 プロバイダごとで違約金内容やサービス・オプションの最低利用期間が異なるため一概にはお伝えできませんが、総じて 違約金として5,000円前後の費用が発生することが多いです。 各プロバイダで利用しているサービスやオプションについては、各プロバイダのマイページや請求明細に記載されているので、「サービス名+違約金」などのキーワードで検索をしてみてください。 お金をかけずにドコモ光を解約する方法2つ• ドコモ光の高額な違約金を支払わずに解約する方法は上記の2つです。 それぞれ見ていきましょう。 「更新月」で解約する 「違約金を支払わずに解約する方法」ひとつ目は、契約しているドコモ光の「 更新月」で解約する方法です。 ドコモ光は、一般的に「2年間の定期契約あり(2年契約)」で契約している人が多いかと思います。 その場合、ドコモ光の利用開始月から数えて24ヶ月目・25ヶ月目・26ヶ月目が「更新月」と呼ばれる、 ドコモ光を解約しても違約金が発生しない絶好のタイミングとなります。 ドコモ光の利用開始月なんて覚えてない、更新月がわからないという人は「」にログインすれば更新月を確認できるのでご安心ください。 なお、ドコモ光の解約には解約手続きをしてから日数がかかるケースがあるので、 更新月が終わる間際の解約手続きはオススメしません。 更新月を過ぎて違約金が発生してしまう可能性があるので、ドコモ光の解約はなるべく早めに手続きを済ませるようにしてください。 乗り換え先のキャッシュバックで相殺する 「違約金を支払わずに解約する方法」二つ目は、ドコモ光から他の光回線へ乗り換える際のキャッシュバックを利用する方法です。 光回線を提供している事業者の多くが、 他社からの乗り換えの際にかかる違約金を負担してくれたりキャッシュバックをもらえたり、さまざまな特典を用意しています。 以下、有名どころの光回線における違約金負担キャンペーンやキャッシュバック金額をまとめた一覧表をご覧ください。 さらに、 代理店経由で申し込むことで違約金負担分以外に現金キャッシュバックまで受け取ることができるので、違約金以上のキャッシュバックを受け取ることができるので非常にお得です。 「 」に関しては、違約金負担キャンペーンはなかったものの、最大35,000円のキャッシュバックキャンペーンが行われています。 キャッシュバックキャンペーンをうまく使えば、たとえ違約金を支払ったとしてもそれ以上の特典を受け取ることが可能です。 ドコモ光を解約した後のインターネット回線をどこにするか決まっていない人は、「違約金負担がある」「キャッシュバックがある」の2点を意識して光回線を選んでみるのも良いでしょう。 下記の記事では、あなたに最適な光回線の選び方をご紹介しているので、こちらの記事もあわせて参考としてみてください。 アナログ回線に戻す(アナログ戻し)の申し込み手順• ドコモ光の解約手続きを行う(を参照)• NTTへ再度電話連絡をして光電話へ乗り換える 再度NTTに対して「利用休止工事」の申請を行う 参照: 上記の手順でアナログ戻しが可能ですが、 ドコモ光電話で新たに取得した電話番号の場合はアナログ戻しができません。 つまり、他社の光電話サービスでドコモ光の電話番号を継続して利用することはできないのでご注意ください。 NTTの加入電話を利用する 光電話サービスを利用せずに固定電話を使いたい場合は、NTTが提供する「NTT加入電話」を使うことになります。 ドコモ光の光電話でNTT加入電話の電話番号を使用していた場合は、上記のアナログ戻しの手続きを行うことで同じ電話番号を継続利用することが可能です。 NTT加入電話の電話番号がなくなってしまった場合は、以下のページを参考にして新規申し込みをしましょう。 NTT加入電話の新規申し込み先• NTT東日本:• NTT西日本: 2. ドコモ光でレンタルしていたWi-Fiが使えなくなる ドコモ光を解約すると、 レンタルしていたモデムやWi-Fiルーターといった機器を返却しなければなりません。 レンタル機器を返却しない・返却できない場合は 機器相当額を請求される場合があるのでご注意ください。 また、レンタルしている機器を返却するのが面倒くさいからといってそのまま購入することはできないので、必ず返却するようにしましょう。 なお、他の光回線でもWi-Fiルーターの無料レンタルサービスを行っているので、返却したからといってすぐに新しいWi-Fiルーターを購入する必要はありません。 ドコモ光テレビやメールアドレスなどのオプションが使えなくなる ドコモ光を解約すると、 ドコモ光テレビや提携プロバイダで提供されていたメールアドレス、その他サービスも一切使えなくなります。 解約後もテレビを見たい場合は、乗り換え先の光テレビサービスを利用したりケーブルテレビなどを利用したり、他のサービスを利用するようにしてください。 なお、メールアドレスや一部のサービスに関してはプロバイダのプラン変更をすることで継続利用できる場合があります。 ドコモ光の解約連絡をした際に、オペレーターにメールアドレスを継続利用できるかどうか確認してみましょう。 ドコモ光から他の光回線への「転用」はできないので注意 もともと「フレッツ光」を使っていた人がドコモ光に乗り換えることを「転用」と呼びます。 ドコモ光やソフトバンク光などの光インターネット回線はフレッツ光回線を流用しているサービスなので、フレッツ光の設備をそのまま利用(転用)することができ、工事費用がかからないなどのメリットがありました。 ところが、 一度転用した回線は他の光回線への再転用ができません。 いま使っている回線設備は「ドコモ光専用の回線」となっているため、もし仮にフレッツ光へ戻したい場合でも再転用ができず、新たに導入工事を行う必要があります。 導入工事を行う=初期工事費用が発生する、ということを覚えておきましょう。 ドコモスマホとのセット割が適用されなくなる=月額料金が高くなる ドコモ光を解約すると、これまで適用されていたドコモスマホとのセット割が一切適用されなくなるため、 ドコモスマホの月額料金が高くなってしまいます。 適用されなくなるドコモスマホとのセット割は以下の通りです。 ドコモ光+ドコモスマホの料金割引サービス• ドコモ光セット割:ドコモスマホのパケットパックに応じ最大3,500円割引• ずっとドコモ割プラス:ステージに応じた利用料金割引かdポイント付与のどちらかを選べる こればかりはどうしようもないので、光回線を乗り換えるのと同時に、乗り換え先の光回線との組み合わせでセット割が使えるスマホキャリアへMNP乗り換えをするしかありません。 「」でスマホとのセット割が適用となる光回線を紹介しているので、スマホの乗り換えも検討する人は参考にしてみてください。 他社への乗り換え検討なら、解約証明書をもらっておく 「」で解説したように、他社の違約金を負担してくれるキャンペーンを行っている光回線があります。 その際に必要となるのが「 解約証明書(支払証明書)」です。 ドコモ光の支払証明書には、支払済みの利用料金が記載されており、解約の際に発生した違約金についても記載されています。 1通400円の手数料が発生しますが、 他社の違約金負担サービスを利用する場合には必要不可欠な書類なので、必ず取得するようにしてください。 取得するには、ドコモインフォメーションセンターへ電話をすればOKです。 auひかりはKDDI回線を利用している光回線で、 最大通信速度(下り)は1~10Gbpsとドコモ光以上の超高速通信ができます。 月額料金は平均~高めの部類に入りますが、auスマホとの組み合わせで「 auスマートバリュー」が適用されて、 最大2,000円の割引が受けられるようになります。 また、ドコモ光からの乗り換えでも最大30,000円までの違約金を負担してくれる「/」があるので、お金をかけずにドコモ光を解約してauひかりへ乗り換えることが可能です。 auひかりの工事費用に関しても「」でお得に契約できるので、auスマホへ乗り換えるのであれば最もオススメの光回線です。 auひかりについては以下の記事で詳しくまとめているので、ぜひあわせてご覧ください。 「スマホがソフトバンクならソフトバンク光がオススメじゃないの?」と思う人は多いかと思いますが、NURO光の提供エリア内に住んでいるのであれば確実に「NURO光」の方がお得です。 NURO光は、月額料金が4,743円と安い金額で使えて、 最大通信速度は業界内で最速の2Gbps~10Gbpsを誇っていることが特徴です。 その上、ソフトバンクのスマホなら「おうち割 光セット」が適用可能なので、毎月の最大で1,000円の割引が受けられるようになります。 ただし、NURO光では違約金負担キャンペーンを行っていないので、から申し込んだ場合にもらえる最大35,000円のキャッシュバックをドコモ光の違約金支払いに充てる必要があります。 NURO光については下記の記事で詳しくまとめているので、ぜひご覧ください。 mobileのスマホへ乗り換えるなら自宅のネット回線は「 ソフトバンク光」がオススメです。 ソフトバンク光は、ドコモ光と同様にフレッツ光回線を利用した「光コラボ」の一種で、 最大通信速度(下り)は1Gbpsです。 mobileでセット割が適用されるのは「ソフトバンク光」だけで、毎月最大1,000円の割引が受けられるようになります。 ソフトバンク光では、他社の違約金を最大で100,000円まで負担してくれる「」が行われているので、ドコモ光を違約金0円で解約して乗り換えることが可能です。 ソフトバンク光については、以下の記事で詳しくまとめているので、ぜひご覧ください。 自分が使っている格安SIMが上記の一覧表にない場合や、ドコモスマホを継続して利用している場合は、 提供エリア内であれば「NURO光」、それ以外であれば月額料金が安い「So-net光」がオススメです。 So-net光については以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。 基本的にはドコモ光の解約だけでOKだよ! ドコモ光を解約する際は、基本的に ドコモ光の解約連絡だけでプロバイダへは連絡する必要がありません。 ドコモ光の料金プランは、基本的にプロバイダとセットになっている「タイプA」と「タイプB」が主流となっています。 そのため、ドコモインフォメーションセンターへ電話して解約の連絡をした際、ドコモ側でプロバイダの解約手続きも一緒に行ってくれます。 プロバイダの違約金は発生しませんし、自分でプロバイダに連絡をする手間も必要ないのがありがたいポイントです。 ただし、 ドコモ光の単独タイプ/ミニタイプを利用している場合は、自分でプロバイダの解約連絡をする必要があるので、ドコモ光の解約連絡をした際にプロバイダの連絡先を確認するようにしましょう。 ドコモ光を解約した月の利用料金は日割りになる?.

次の

【ドコモ光の解約方法】プロバイダ「OCN」の場合

ドコモ 光 解約

目次 手続きの前にdアカウントとパスワードを確認 ひかりTV for docomoを解約するためには、dアカウントのログインが必要です。 そのため、解約手続きの前に dアカウントのIDとパスワードを確認しておくとスムーズに手続きができます。 dアカウントは、ドコモが提供しているスマホ・パソコン向けの各種サービスと、dアカウントログインに対応したサイトを利用する際に、本人確認のために必要なIDです。 dアカウントが分からないと手続きができないため、手続きをする前に確認しておきましょう。 もしdアカウントを忘れてしまった場合は、dアカウント公式サイトので自分に適した確認方法を調べられます。 解約時期もあわせて確認 解約手続きを行う前に、ひかりTV for docomoの更新時期も確認しておくと良いでしょう。 ひかりTV for docomoでは、契約から24ヶ月以内で解約すると、違約金として 3,500円を支払わなければいけません。 違約金を支払わずに解約するには、 更新月のタイミングで解約しなければいけないため、あらかじめ確認しておきましょう。 違約金については、当記事のでも後述しています。 解約手続きは連絡と返送の2ステップ! dアカウントや解約時期の確認ができたら、さっそく解約手続きを進めましょう。 ひかりTV for docomoを解約するには、 「解約したい旨をドコモに連絡する」「TVチューナーなどの関連機器の返送」の2つを行う必要があります。 ドコモに連絡して解約手続きを行う まずはドコモに連絡し、解約したい旨を伝えます。 解約手続きは、 ドコモショップとドコモインフォメーションセンター、ドコモオンラインのいずれかで行えます。 ひかりTVの提供元であるぷららに連絡しても解約はできません。 ただし、 ドコモの携帯回線を持っていない場合は、ドコモオンラインでのみ手続きが可能です。 解約手続きを済ませても、解約月の月額料金は日割り計算されないため、1ヶ月ぶんの月額料金が発生します。 ただし、2年割で契約している場合、 更新月以外の期間はドコモオンラインでの手続きができません。 ドコモショップかドコモインフォメーションセンターで手続きを行いましょう。 TVチューナーなどの関連機器の返送 解約の手続きを済ませたら、レンタルしていた機器の梱包・返送を行います。 梱包すべきものは以下のとおりです。 チューナー チューナー本体、リモコン、ACアダプター、HDMIケーブル、縦置き台、LANケーブル 同梱されていた場合 レンタル品 ゲームパッド、レシーバユニット レンタルHDD HDD本体、ACアダプター、USBケーブル 使っているチューナーの機種によってレンタルされていたものが違うため、あらかじめ機種を確認してから梱包作業を行いましょう。 機種別の返却物の一覧は、公式サイトののページから確認できます。 また、返送用の箱は送られてこないため、 チューナーが送られてきたときの箱を保管しておくか、別のものを自分で用意しなければいけません。 チューナーは業者が回収に来るため、それまでに箱を用意し、 すべてまとめて1つに梱包しておきましょう。 契約して8日以内なら初期契約解除が可能 申込時の「ひかりTV for docomo申込書」を受領した日から8日以内であれば、 初期契約解除の扱いとなり、 違約金の負担なくひかりTV for docomoを解約することが可能です。 初期契約解除は、契約した窓口と同じ窓口で行います。 また、ドコモの携帯回線を持っている方で、ドコモオンラインでの手続きで申し込んだ場合には、ドコモインフォメーションセンターへ連絡し、初期契約解除の旨を伝えましょう。 もしドコモの携帯回線を持っていない場合は、「ひかりTV for docomo」の公式サイトのwebお問合せフォームから申告すると、手続き方法を案内してもらえます。 ただし、初期契約解除の手続き後は、 契約解除の取り消しはできません。 取り消しを希望するのであれば、再度新規契約の手続きを行わなければけません。 契約解除日までに利用した料金は翌月に請求 契約解除日までに利用した月額料金と割引料金は、日割りしたうえで契約解除日の翌月に請求されます。 もし前払いをしていた場合は、後日余剰分を返金してもらえます。 また、 月額料金以外のオプションは、初期契約解除制度の対象外のため、別途違約金が発生する可能性があります。 契約解除手続きを行うまえに、オプションサービスの内容も改めて確認しておくと良いでしょう。 解約したいサービス別・解約手続き一覧 「テレビの視聴は続けたいけど、オプションサービスだけを解約したい!」というときには、ひかりTVそのものを解約するのではなく、オプションサービスごとに解約の手続きを行いましょう。 プレミアムチャンネルを解約したい プレミアムチャンネルは、それぞれのジャンルに特化した番組を放送しているチャンネルで、ひかりTV for docomoの契約者が任意で追加できるオプションサービスです。 解約する場合は、ドコモテレビターミナルから操作する必要があります。 プレミアムチャンネルの解約手順• グローバルナビで「アカウント」を選択し、アカウント画面を表示させる。 リモコンの選択キーで「契約管理」を選択し、決定キーを押す。 「プレミアム契約」を選択して決定キーを押し、現在契約中のプレミアムチャンネルを表示させる。 選択キーで解約したいチャンネルを選択し、決定キーを押す。 プレミアムビデオサービスを解約したい プレミアムビデオとは、シリーズものやこだわりのセレクションを気ごとに更新して配信・視聴できるサービスです。 ひかりTV for docomoの契約者であれば、それぞれ1パックごとに契約できます。 ただし、初月無料のプレミアム作品は契約月は解約ができず、翌月に解約可能となります。 プレミアムビデオサービスの解約は、プレミアムチャンネルと同じくドコモテレビターミナルから操作を行いましょう。 プレミアムビデオの解約手順• グローバルナビで「アカウント」を選択し、アカウント画面を表示する。 リモコンの選択キーで「契約管理」を選択し、決定キーを押す。 選択キーで「プレミアム契約」を選択して決定キーを押し、現在契約中のプレミアムビデオを表示させる。 選択キーで解約したいパックを選択し、決定キーを押す。 ドコモ光テレビオプションを解約したい ドコモ光テレビオプションは、ドコモ光の回線を使い、地デジやBS・CS放送を月額750円で楽しめるサービスです。 ひかりTV for docomoと異なり、受信アンテナやチューナーを使うことなくテレビを楽しめます。 テレビオプションを解約するときは、ドコモショップやドコモインフォメーションセンターに連絡をし、解約したい旨を伝えましょう。 解約時期が月半ばだった場合は、申告した月いっぱいはテレビの視聴が可能です。 ただし、 月額料金は日割りにならず、通常の料金を支払う必要があります。 更新月以外の解約は違約金に注意 解約を考えたとき、違約金について心配な方もいるでしょう。 もし2年割を適用して契約していた場合、自己都合で更新月以外に解約をすると、違約金として 3,500 円が発生します。 ひかりTV for docomoでは、2年割の適用期間満了月の当月~翌々月までを更新月として設定されており、 この期間内に解約手続きを行えば解約金を支払う必要がありません。 たとえば、2019年の7月が更新月だった場合、解約月の7月から9月のうちに解約手続きを行えば、違約金を払うことなく解約が可能です。 ただし、2年割を適用しなかった場合は、 いつ解約しても違約金は発生しません。 現時点で2年間使い続けるのは難しいようであれば、2年割を適用せずに契約すると良いでしょう。 フレッツ光の提供エリア外に引っ越すケースなど、ひかりTVの継続利用が不可能な場合も、違約金は不要になります。 2年割の期間中にスマホを解約しても解約金が必要 2年割の契約期間中にドコモのスマホ・携帯回線を解約すると、その時点で ひかりTV for docomoも解約となります。 もし携帯回線の解約日が2年割の更新月でなかった場合も、もちろん3,500円の解約金が発生します。 もし他社回線への乗り換えを考えているのであれば、2年割を適用せずに契約しましょう。

次の