ヘルパンギーナ 写真。 手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

ヘルパンギーナ 写真

経歴 平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック ヘルパンギーナは夏に発生しやすいので、夏風邪の代表的な疾患とされています。 最も多い発症年齢は1歳ですが、大きくなるにつれて患者数は減少しています。 しかしヘルパンギーナは子供だけではなく大人がかかる疾病でもあり、大人のほうが重症化しやすい傾向にあります。 大人がかかると危険なヘルパンギーナ ヘルパンギーナとは、主に夏季に流行する感染症です。 毎年5月頃から患者数が増加しはじめ、7月にピークを迎えます。 9、10月になると流行はほぼ終息します。 口腔(こうくう)内に口内炎のような赤い発疹や水疱(すいほう)がプツプツと出るのが特徴です。 発疹ができると口の中に痛みが生じ、食事が困難になることもあります。 ヘルパンギーナはどちらかといえば症状が軽い疾患ですが、発熱に伴う熱性けいれんを起こす場合もあります。 ヘルパンギーナは、 エンテロウイルスという、さまざまな症状を引き起こすウイルスが原因で発症します。 まれに無菌性髄膜炎や急性心筋炎などを伴う場合があります。 ウイルスが原因の感染症 ヘルパンギーナにかかる患者数は毎年ほとんど変わりません。 ヘルパンギーナは、コクサッキーウイルスA群、コクサッキーウイルスB群、エコーウイルスなどが原因で発症します。 コクサッキーウイルスB群は急性突発性心筋炎を引き起こすことがあります。 そしてA群B群ともにウイルス性髄膜炎を起こすことがあります。 ヘルパンギーナは、近年ではコクサッキーウイルスA群による発症が多く見られます。 ヘルパンギーナの症状 エンテロウイルスの潜伏期間は2~4日間です。 その後発症し、発熱や口腔内に発疹ができます。 多くの場合、急な発熱に続いて口や喉が痛くなり、食欲が低下します。 発熱から1~2日すると口腔内の痛みがひどくなり、喉の奥が赤く腫れて、小さい水疱ができることも多くあります。 その後2~4日して熱が下がり、口腔内の発疹や水疱も消えています。 大人がかかったときの注意点 ヘルパンギーナを発症するのは主に5歳以下の子供がほとんどです。 しかし、免疫力が低下している大人が感染する場合もあります。 大人がヘルパンギーナにかかると重症化し、状況によっては次のような疾病を誘発することもあります。 髄膜炎• 心筋炎など ヘルパンギーナには特効薬やワクチンがないので、対症療法で回復を待つしかありません。 重症化を防ぐには、次のことに気をつけてください。 水分補給をまめに行う• 無理をせずしっかり体を休めるなど また、下痢症状があるときは、下痢止めを服用せず、便と一緒にウイルスを排出しましょう。 排せつ時には水分も出て行くので、排せつした分の水分や塩分を補給しましょう。 水分補給には、白湯やスポーツドリンクなどより経口補水液がおすすめです。 ヘルパンギーナには特効薬がないので、出ている症状を緩和する対症療法が行われます。 重症でなければ自宅療養を行います。 症状が出始めると3日間ほどは高熱が続きます。 その間はしっかり水分補給を行い、十分な休息をとってください。 解熱鎮痛剤を服用すれば、数日で快方に向かいます。 脱水症状が顕著な場合には、点滴で水分、ミネラルを補います。 治療方法は対症療法しかない?• 高熱でつらい場合には解熱鎮痛剤を用いる 医師と相談してから• 喉の痛みが悪化しないものを取るようにする(刺激物やオレンジジュースなどは控える)• 口腔内が痛くてどうしても水分が取れない場合は、小さい氷を口に含む ヘルパンギーナの治療方法は対症療法しかないので、大人にもつらい疾病です。 しかし、快方に向かってからは、症状は少しずつ安定してきます。 口内炎ができたら鎮痛解熱剤や口内炎薬で痛みを和らげます。 粘膜保護剤を使うこともあります。 発熱には解熱鎮痛剤を使うなどして、症状を少しでも緩和してください。 脱水症状にも気をつけてもらいたいです。 ヘルパンギーナの治療には特別な薬や予防法がないので、日頃から手洗い、うがいをこまめに行うよう心がけ、病気にかからないように気を付けることが大切です。

次の

【手足口病との違いは?】ヘルパンギーナを知ろう!|病児保育の資格「認定病児保育スペシャリスト」の(財)日本病児保育協会

ヘルパンギーナ 写真

のどの奥に小さな水ほうや口内炎ができて痛いので食べられなくなることがあります。 (写真1~3) ひどいときは水分も飲めなくなり、脱水症になることがあります。 写真をクリックすると拡大します (写真1 ヘルパンギーナの喉の水疱) (写真2 ヘルパンギーナの喉の水疱) (写真3 ヘルパンギーナの喉の水疱) 保育所・学校は 熱が下がって口の痛みがなくなるまで、4~5日は休んだほうがよいでしょう。 こんな時は要注意• 口の中の痛みが強く、水分をあまり取らないとき• 高い熱が3日以上続くとき• 元気がなくぐったりしているとき エンテロウイルス感染症 ヘルパンギーナはエンテロウイルス感染による疾患のひとつです。 エンテロウイルスは小児期に多彩な病像の感染症を引き起こします。 夏期に多く「夏かぜ」の病原といわれますが、夏だけ流行するものではなく年間を通してみられます。 毎年流行するウイルスが異なります。 代表的な疾患は急性上気道炎、胃腸炎、ヘルパンギーナ、手足口病、ウイルス性発疹症、無菌性髄膜炎、急性脳脊髄炎、急性灰白髄炎(ポリオ)、心筋炎、出血性結膜炎などです。

次の

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナ 写真

ヘルパンギーナの原因 「 エンテロウイルス」というウイルスがヘルパンギーナを引き起こします。 このウイルスは、日本国内では暖かくなってくる5月頃からみられ、6~7月にかけてピークをむかえ、翌8月頃からは減少し10月にはほとんどみられなくなっていきます。 恐ろしいことにこの「エンテロウイルス」、数種類あるウイルスなので、一度その免疫が出来ても、ほかの種類に感染してしまうこともあるのです。 つまり、 一度かかったから免疫が出来てもう安心・・・とはならず、なんと同シーズンに2回かかってしまう場合もあるのです。 幼稚園、保育園で広がった場合でも違う種類のウイルスで発症しているかもしれないので、一度かかっていたとしても気が抜けません。 手洗いうがいなど、基本的な予防に努めましょう。 また、決して 乳幼児だけのものではなく、大人にも感染することがあります。 大人が感染すると重症化することもありますから、親子できちんと対策をしていきましょうね。 スポンサーリンク 写真で見るその症状 感染するとどのような状態になるのか、早速みてみましょう。 実際ヘルパンギーナに感染している喉の様子です。 出典: 奥にポツポツと白い発疹があるのがわかりますね。 口内炎が出来ることもありますが、ヘルパンギーナの場合は唇の内側だけに出来るということはないようで、写真のように喉に症状が出ます。 唇にひとつ口内炎が出来ただけでも痛くて食事に困るのに、喉にこんなにたくさん出来てしまったら食べ物や飲み物を拒否してしまう気持ちもわかる気がしますね・・・。 出典: こちらも少し見えづらいですが、口蓋垂いわゆる、のどちんこの脇に発疹が出来ているのが見えます。 この喉の痛みも4日以内におさまることがほとんどだそうです。 出典: このように赤く見える場合もあるようですので、自己判断は禁物です。 1歳~2歳に多くみられる病気ですから、小さい子供に写真のような大きな口を開けて確認するのは難しいと思います。 高熱と飲み込みづらさがある場合はヘルパンギーナを疑い、すぐにかかりつけ医に診てもらうようにしましょう。 必要に応じて解熱鎮痛剤を処方してもらえるので、痛みもやわらぎ食事も進んで出来るようになるかもしれません。 1日でも早い回復のためには栄養を摂ることはとても大切です。 まとめ 今は消毒用アルコールジェルをバッグやベビーカーに付けている人もよく見かけますよね。 神経質になりすぎると逆に体を壊してしまいそうですが、電車の手すりや吊革、スーパーのカート・・・至るところにウイルスは潜んでいます。 自分からの感染を防ぐためにも、こまめに手洗い、そしてうがいをするようにしましょうね。 何より夏の暑さに負けないように、普段からしっかりと栄養を摂って、免疫力を高めておくことが大切です。

次の