米津 玄 師 鹿 と 馬 歌詞。 馬と鹿 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

米津玄師

米津 玄 師 鹿 と 馬 歌詞

スポンサーリンク 歌詞の内容について 米津玄師の歌詞は、孤独や生きていくことの難しさを表現しているものが多いように感じます。 だからこそ生きることに悩む人々の、心に響く楽曲を提供することが出来ているのでしょう。 今回の『馬と鹿』についても、このような部分の歌詞があります。 そして、この曲の中では様々な視点から歌詞が書かれているところが、特に印象的と言えるでしょう。 自分目線であったり、友達目線、恋愛目線など。 曲の中に様々な角度から、人を見ている主人公が感じられます。 この中でも、人を信じたいそして愛していきたいという願いが強く伝わってくるのです。 ドラマに沿うような形でもあるので、ドラマを観ることにより更にこの曲の魅力を感じることができるかもしれません。 実際に米津玄師自身が、ドラマに沿うように曲を作ったと語っているのです。 こう考えると、自分の世界観だけに偏らず、ドラマの内容についても深く考えて作られた曲であることが、想定できるのではないでしょうか。 痛みを感じながら歩いてきた自分。 でもまだ熱い心が残っているのです。 そして、残ったものが、愛ではなければなんなのか。 このように心に問いかける自分がいるのでしょう。 たったひとつの存在、それが愛するべき対象なのでしょう。 なぜ馬と鹿なの? タイトルに対して、気になる人はとても多いはずです。 歌詞の中に踵や鼻先というものが出てくるところから、動物の馬と鹿に対しての思いを感じる人は多いでしょう。 馬と鹿の関係性。 これについてはミステリアスな部分があるかもしれません。 普通に考えると「馬鹿」なのですが、これだけを意味しているわけでは決してないはず。 馬と鹿のそれぞれの持つ魅力やどのような関係性があるかを、この曲を通して伝えたいと米津玄師は思っているのではないでしょうか。 どちらも本来は、神秘的な動物として表現されている可能性があるのです。 米津玄師の世界観に圧倒される! 毎回どのような曲を私たちに届けてくれるのか、その期待を良い意味で裏切るような米津玄師。 今回の曲についても、さすが米津玄師だと思わざるを得ないような素晴らしい仕上がりを感じます。 今後も、更に磨かれていく感性に対して、ついていきたいと思う人は増えていくことが想定されるでしょう。

次の

米津玄師 馬と鹿 歌詞&動画視聴

米津 玄 師 鹿 と 馬 歌詞

米津玄師「馬と鹿」。 ドラマ「ノーサイドゲーム」の主題歌であり、人間の根底にある "愛"そのものを歌い上げた、命を揺れ動かす人間讃歌である。 米津玄師が歌う"愛" 歪んで 傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 体の奥底で響く 生きたりないと強く まだ味わうさ噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で 一つ一つ失くした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ何と呼ぶのか? 僕は知らなかった 呼べよ花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 馬と鹿 作詞 米津玄師 味のしない人生の中で、歪んで、傷ついて、一つ一つ大切なものを失って。 最後にようやく残ったもの。 これが愛じゃなければなんと呼ぶのか? 僕は知らなかった。 これは、"愛とは何か?" という恒久的な問いに対して米津玄師が示した答えなのだ。 そしてこの"愛"こそが、人間を愚かで、異様で、不可解で、素晴らしい生物に仕立て上げているのである。 誰も悲しまぬように 微笑むことが上手くできなかった 一つただ一つで良い 守れるだけで、 それでよかったのに あまりにくだらない願いが消えない 誰にも奪えない魂 馬と鹿 作詞 米津玄師 本来、この世界を生き抜くためであれば、 自分一人を守れさえすればいいはずだ。 たったそれだけでいい。 誰かの命なんてものに構ってやる必要なんてない。 まして、誰かのために自ら傷つくなんて馬鹿げている。 なのに人間は、誰かを想い 誰かのために苦しむ。 自分を守ることを蔑ろにしてでも、あまりにくだらない 「大切な人の幸せ」を願うのだ。 自分を守る、というたった一つのことすらもできないのだ。 ラグビーでいうところの、"One for all, All for one"の精神。 自らを傷つけて、一つ一つ失くした果てに、ようやく残ったもの。 人間の根底にある、誰にも奪うことのできない "愛" という魂。 それが何かの形で、ドラマで言う"スポーツ"といった形で私たちの眼前に突如として現れた時、それはとてつもなく美しいのだ。 何に例えよう? 君と僕を 踵に残る似た傷を 馬と鹿 作詞 米津玄師 お互いを思い、自分が傷つくことを厭わない"君と僕"。 こんな愚かな僕らを何と例えよう? "馬と鹿"。 米津玄師らしい、最高の解答ではないか。 呼べよ 恐れるままに 花の名前を君じゃなきゃダメだと 痛みは消えないままでいい 鼻先が触れる呼吸が止まる あまりにくだらない願いが 消えない やまない 馬と鹿 作詞 米津玄師 彼のラスサビでの叫び声は、胸の中で驚くほどに響き渡る。 命の奥底が、歌声に共鳴するように震える。 命を燃やし、誰かの命のために、愛のために叫ぶ彼の歌声は、聴く者の命を揺れ動かす。 この曲が、普遍的に人類に愛され続けるであろうことを、私は確信している。 おすすめ記事はこちら ご意見・ご感想はお気軽にコメントください。 zz-1.

次の

馬と鹿 米津玄師 歌詞情報

米津 玄 師 鹿 と 馬 歌詞

米津玄師 よねづけんし(本名)、1991年3月10日、徳島県徳島市生まれ。 2009年5月より、 ハチという名前でボーカロイドで制作したオリジナル楽曲をニコニコ動画に投稿しはじめる。 中毒性の高い圧倒的音楽センスにより、人気が出はじめる。 ハチ時代のブログ「電子帖八番街」で、「enjoy. Award 2009 ダイヤモンド賞」を受賞。 2012年に1stアルバム『diorama』を米津玄師の名前で発売。 こちらはハチ名義制作のボーカロイドではなく、自ら作詞作曲し自身の歌声で発表を行った作品。 2013年には、 ユニバーサルシグマから1stシングル「サンタマリア」でメジャーデビュー!! 翌年の2014年に2ndアルバム 『YANKEE』を発売。 収録曲 「アイネクライネ」が、東京メトロCM曲に使われた。 この「アイネクライネ」は、若者たちの間で大人気曲。 カラオケでも常に人気曲上位に入っている。 2018年、この「アイネクライネ」で動画再生数1億を突破。 以降、米津玄師の楽曲は数々のCMソングやアニメ主題歌・ED曲などに起用され始める。 2016年には、 ソニーミュージックに移籍。 2017年には、アニメ3月のライオンのEDテーマに 『orion』、アニメ「僕のヒーローアカデミア」のOP曲として 『ピースサイン』劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 』の主題歌に 『打上花火』と多数の曲が起用され、ヒットした。 この「打上花火」は、作詞・作曲・楽曲プロデュース・ボーカルとして参加したDAOKOのシングル曲としても注目をされた。 2018年には、初のドラマ主題歌となる 『Lemon』をリリース。 ドラマ「アンナチュラル」の終盤に流れるこの楽曲。 タイミング・歌詞のメッセージが、ドラマを盛り上げていると話題に。 この曲『Lemon』をきっかけに、幅広い世代に認知され、ますます人気となる。 米津玄師の2017~2018は、ソロ曲はもちろん、コラボ曲もオリコンチャート上位を占めるまさに時代を彩るアーティストといえる存在。 その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。 2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。 2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。 6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。 iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。 8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、ハチ名義の「砂の惑星」を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。 11月には4枚目のアルバム「BOOTLEG」を発表し、オリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。 「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。 日本レコード協会にて「史上最速」の300万DL認定など音楽史に残る記録を残している。 8月には2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの楽曲として小学生ユニットFoorinがうたう「パプリカ」を発表。 表題曲の1つ「Flamingo」Music VideoはYouTube公開から3時間で100万再生突破と自己最速を記録、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。 「Lemon」は発表後、1年を通してその支持が拡大し続け、2018年・年間ランキング各主要チャートを総なめにし、昨年末には紅白歌合戦に初出場、初のテレビ歌唱が話題を呼び、MV4億再生を突破、デジタル・フィジカル合算300万セールス突破と、年度を象徴する楽曲となり、2019年上半期チャートにおいても尚、軒並み首位を獲得している。 2019年5月、菅田将暉「まちがいさがし」をプロデュース。 6月にはアニメ映画「海獣の子供」主題歌として「海の幽霊」をリリース。 首位18冠を獲得し、2019年最大のヒットとなった。 8月には、子供たちの間で最も人気のあるキッズソングとして定着したFoorinがうたう「パプリカ」のセルフカバーバージョンを発表、 米津玄師 MV 「パプリカ」は、公開より4日と9時間で1,000万再生突破という、今年発表した「海の幽霊」MVの公開から4日と12時間という「自身最速」記録を塗り替えることとなった。 9月にはシングル「馬と鹿」をリリース。 また、MVは9,000万再生を超えてなお伸び続けており、2019年を代表する1曲として全世代からの支持を集めている。 そして12月には、「NHK2020ソング」として、「カイト」を制作し、紅白歌合戦にて嵐により初披露が行われた。

次の