インスタ 削除 した アカウント 消え ない。 インスタのアカウント削除したのに表示される、残ってる時の対処法

インスタグラムのアカウント削除(完全に退会する)方法と一時停止との違い

インスタ 削除 した アカウント 消え ない

インスタグラムを退会したつもりだったのに、アカウントがまだ残っている…これってどういうこと!? 実はインスタグラムって、 スマホからアプリを削除しただけでは退会したことにならないんです。 フォロワーとの関係がこじれてしまったり、心機一転で新しくやり直したくなったり、インスタグラムのアカウントを削除したくなることってありますよね。 でもちゃんと退会できていない状態では、これまでのあなたの投稿はすべて残されたまま。 他のユーザーが自由に見られる状態になってしまっています。 やめたあとも自分の投稿が残っているままって、なんだかスッキリしないですよね。 そこで今回は、 「本当に」インスタグラムを退会する方法と、もうひとつの選択肢である 「一時停止」について詳しくご紹介していきます。 「退会」と「一時停止」の違いは何? まずはインスタグラムにおける 「退会」と「一時停止」の違いをおさえておきましょう。 「一時停止」は2015年から導入されたもので、 アカウントの情報が一旦すべて非表示になります。 これまでの投稿が見えなくなるのはもちろん、フォローも解除されたように見えますが、情報が削除されたわけではないのでまたいつでもアカウントを再開することができます。 一方、「退会」は アカウントの情報を完全に削除してしまうことです。 もう1回前のアカウントでやり直したいな、と思っても元には戻せません。 一時停止でも見かけ上は退会したのと同じ状態になるので、よっぽど必要のないアカウントでない限りは一時停止にしておいたほうが後悔せずに済みそうです。 退会したユーザーネームは使えない 削除したアカウントのユーザーネームは、 二度と使用することができなくなります。 もし新しく作り直すアカウントでも同じユーザーネームを使いたいなと思っているなら、削除する前に ユーザーネームを変更しておくのを忘れないようにしましょう。 メールアドレスは使い回せる インスタグラムはメールアドレスでログインすることができますが、退会してもこれまで使っていたのと同じメールアドレスで新しいアカウントを作ることができます。 インスタグラムを退会する方法 それではいよいよ、インスタグラムを本当に退会するまでの手順を解説していきます。 冒頭でもお話しましたが、スマホからアプリをアンインストールしただけではインスタグラムを退会したことにはなりません。 これまで使っていたアカウントの投稿・フォロワー・コメントなどアカウント情報を完全に削除したいときには、次の手順を実行してください。 まず、アプリからは退会手続きができないので、 ブラウザでします。 ブラウザでのログインがまだだった場合はログイン画面が表示されます。 退会したいアカウントのユーザーネームとパスワードでログインしてください。 ページが表示されたら、「アカウントを削除する理由」からどれかを選びます。 今回は「削除したいコンテンツがある」を選びました。 選んだ理由に応じてヘルプが表示されますが、「退会する意思は固い!」ということでパスワードを入力し、 「アカウントを完全に削除」をタップします。 このあと「アカウントを削除しますか?」というダイアログが表示され、「OK」を選べば退会完了です。 インスタグラムを一時停止する方法 続いて、インスタグラムのアカウントを一時停止にする手順もご紹介していきます。 まだいつか戻ってくるかもしれないけど、今は一旦お休みしたい…そんな人におすすめなのがこの一時停止です。 一時停止もアプリからはできないので、ブラウザでインスタグラムにログインします。 プロフィール画面を表示させたら、ユーザーネームの下にある「プロフィールを編集」をタップします。 プロフィールの編集画面が表示されます。 この画面を1番下までスクロールすると… 右下に「アカウントを一時的に停止する」というリンクがあるので、そのリンクをタップします。 アカウントの一時停止画面が表示されます。 「アカウントを停止する理由」からどれかを選びます。 パスワードを入力して、「アカウントの一時的な停止」をタップします。 「アカウントの利用を一時的に停止しようとしています。 実行しますか?」というダイアログが表示されるので、「OK」を選べば完了です。 ちなみに、アカウントの一時停止ができるのは 1週間に1回までです。 頻繁に停止したり再開したりすることはできないので、よく考えてから実行しましょう。 アカウントを再開するにはアプリからログイン 一時停止にしたアカウントを再開するには、 アプリからログインします。 退会や一時停止にするときはブラウザからじゃないと操作できませんでしたが、再開はブラウザから操作すると「入力されたユーザーネームはアカウントと一致しません。 ユーザーネームをご確認の上、もう一度実行してください」と表示されてログインすることができません。 アプリからログインしても、一時停止の手続きから十分な時間が経っていない場合「アカウントの停止は完了していません」と表示されて、すぐには再開できないことがあります。 アカウントの一時停止は処理にしばらくかかるようですね。 処理中はログインすることができないので、文字通り数時間待ってからログインし直しましょう。 退会・一時停止・アンインストールの違いを覚えておこう ご紹介してきたように、インスタグラムにはひと口に削除と言っても退会・一時停止・アンインストールの3種類があります。 退会はアカウント情報を完全に削除すること、一時停止はアカウント情報を非表示にすること、アンインストールはスマホからアプリが見えなくなるだけで、他のユーザー(フォロワー)にはアカウント情報が公開されたままになります。 「インスタグラムをやめたい」と思ったとき、アンインストールしただけではアカウント情報は残ったままになってしまうので、退会か一時停止を臨機応変に選びましょう。 新しいアカウントでやり直したいときには退会、今のアカウントをちょっとお休みしたいときには一時停止、そのアカウントに戻ってくるかどうか分からないときも、一時停止を選んでおけばまた再開できるので安心です。 インスタグラムから距離を置きたいと思ったときのためにも、今回ご紹介した違いと手順を頭の片隅に入れておいてくださいね。

次の

インスタのアカウントを削除(退会)して後悔する前に絶対に知るべきこと|アプリ村

インスタ 削除 した アカウント 消え ない

Instagramのアカウントが停止・削除される原因は? Instagramのアカウントが停止・削除される原因はいくつもありますが、まずは以下の2つに該当していると思われます。 あなたのアカウントや投稿について、誰でも「通報」をすることが出来ます。 【関連】 この通報によってあなたのアカウントがInstagramの運営からチェックされ、その結果アカウントの停止となった可能性があります。 通報はきっかけに過ぎず、結局はアカウントが規約に違反していた事が原因だということになります。 以下でInstagramの規約について、関連のありそうなものをピックアップしてみます。 Instagramの規約から重要そうなものを抜粋 Instagramには「コミュニティガイドライン」と「利用規約」があります。 なんと!13歳未満のユーザーはInstagramの利用は禁止されています。 13歳未満のユーザーを見付けた際の、専用の通報フォームもあります。 これは当然と言えば当然ですね。 あまりに度の過ぎた肉体的表現は禁止です。 そういう事がしたい場合は他のサービスへ移動しましょう。 Instagramではアカウント等の売買を禁止しています。 実はInstagramのフォロワーを売っているサイトが存在するのですが、これは規約違反ということになります。 これは言わずもがな。 他のユーザーに迷惑をかけたらいけません。 Instagramはスパム行為を禁止しています。 もしもスパム行為を見かけたらブロック&通報をしちゃいましょう。 【関連】 上記の事に違反すると・・・ ここまで挙げたように色々な規約があるのですが、これに違反した場合にはどうなるのでしょうか?同じく利用規約には以下の様に書かれています。 Instagramは、自らの裁量により、利用者が本規約に違反したと判断した場合、利用者のアカウントを削除します。 「アカウント削除」という文言が出てきました。 もしも自分のアカウントが削除された場合、やはり規約のどれかに違反したと思って良さそうですね。 上に挙げた規約はあくまで抜粋なので、詳しく知りたい人は、コミュニティガイドラインと利用規約を直接確認して下さい。

次の

インスタグラムのアカウントの削除/一時停止する方法!再開する方法も解説

インスタ 削除 した アカウント 消え ない

インスタでアカウントを削除したら、相手側のDM メッセージ はどう見える? インスタ Instagram は気軽に画像や動画を投稿できるSNSツールですが、フォロワー数やいいね!の数が気になってしまったり友達との関係がうまくいかなくなって疲れてしまうこともありますよね。 思い切ってアカウントを削除した方がいい場合もあるかもしれません。 そんな時気になるのが、DM メッセージ でやり取りした内容はアカウントを削除したあと他のユーザーからどのように見えるのか?という点です。 DM メッセージ は投稿へのコメントのようなオープンな環境ではなく1対1のやり取りになりますから、プライベートな内容に触れていることもあります。 自分がアカウントを削除したあと、相手がいつでもその情報を見ることができてしまうとなると少し不安になりますよね。 この記事ではインスタ Instagram のアカウントを削除するとDM メッセージ は相手側から見ることができるのか、アカウントを削除する前にやっておくべきことは何なのかを調べてみました。 アカウントを削除するとデータはどうなる?相手側からはどう見える? インスタ Instagram でアカウントを削除するというのはどのような状態になるのでしょうか? まず、インスタ Instagram ではアカウントを削除すると再ログインや復旧することはできません。 ツイッター twitter ではアカウント削除の手続きをしてから30日間の復旧猶予がありますが、インスタ Instagram にはそういった猶予はありません。 次に個人的なアカウントのデータは全て削除されてしまいます。 投稿した画像や動画はもちろん、個人のプロフィール、フォロー・フォロワーのデータまで削除されます。 他のユーザーが削除されたアカウントを名前やIDで検索しても表示されません。 DM メッセージ スレッド内のやりとりは残ってしまう それならDM メッセージ も削除されているかも、と思われるかもしれませんが、残念ながら個人と個人のやり取りの場であるDM メッセージ のスレッドはアカウント削除の後も見ることができてしまうようです。 もしも関係が悪くなってしまった相手がいる場合、DM メッセージ でやり取りした内容がいつまでも残っているのは不安になりますよね。 スレッド全削除をしても相手側からはDM メッセージ を見ることができる インスタ Instagram にはDM メッセージ でやりとりした内容を一斉に削除する方法はありません。 『スレッド全削除』という機能はありますが、これは自分側の画面から特定の相手とのDM メッセージ スレッドを削除する機能であり、スレッド全削除をしても相手の画面からは今まで通りやりとりの内容を確認することができてしまいます。 インスタのアカウント削除の前には個別にDM メッセージ を削除しておく 相手側から自分の送ったDM メッセージ の内容を見られないようにしたい場合には、ひとつずつDM メッセージ 取り消しをしておくしかありません。 DM メッセージ 取り消しのやりかたは? まず、削除したいメッセージを長押しします。 メッセージが削除されました。 これで相手側からも見えないように削除することができます。 手間はかかりますが手順は簡単なので、プライベートな内容を含むDM メッセージ はアカウントを削除する前に忘れずに取り消ししておきましょう。

次の