所得税 申告 期限。 主な国税の納期限(法定納期限)及び振替日|国税庁

【4/16期限延長】「確定申告書3/17以降提出」で住民税や国保などへの反映遅れが起こる理由を解説します | マネーの達人

所得税 申告 期限

コロナウイルスの影響を受けて2019年分の所得税・贈与税・消費税 以下「所得税等」 の申告期限が2020年4月16日まで延長されました。 国税庁からだされている情報はこちら。 全国一律の延長は初なんですね。 納付期限は「延長する」と明記してありますがいつになるかははっきりしていません 2020年3月2日時点。 いつも期限ギリギリに申告している方は要注意 コロナウイルスの影響がいろんなところにでてきています。 今回の申告期限の延長も可能性としてはありうるかな…と思っていました。 本来の申告期限が近づいてきて確定申告の相談会場にも多くの人が訪れていたので感染拡大防止の観点からはよかったのかなと。 学校の一斉休校の影響もありいろんな方に影響がでています。 当面確定申告のことを後回しにするのもやむなしでしょう。 ただ注意してほしいのは毎年申告期限ギリギリに申告している方。 申告期限が所得税なら1ヶ月伸びたといっても1ヶ月は長いようですぐです。 いつもと違う4月の中旬に例年のように決算・申告書を一気にまとめることができるか。 自身の本業が4月になって猛烈に忙しくなる可能性だってなくはありません。 コロナウイルスへの対応が一段落したらなるべく早く申告への準備に取りかかったほうがいいと思います。 自分の仕事は例年どおり進める 自分としては申告期限が伸びて正直に言えば少し気が楽になりました。 ただ1ヶ月期限が伸びたからといってその他の仕事の期限まで伸びるわけではありません。 3月下旬には1月決算の法人の確定申告も行わないといけませんし。 お客さんがコロナウイルスの影響を受けている場合以外はいつも通り仕事を進めて極力本来の期限である3月16日までに申告は終わらせたいと思っています。

次の

住民税の申告の仕方!期限までにしなければどうなる?

所得税 申告 期限

申告期限の延長 国税庁は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、「所得税」「個人事業主の消費税」「贈与税」の申告・納付期限を2020年4月16日 木 に延長しました。 この発表は同業者の中で話題になったものでしたが、さらに2020年4月6日、外出自粛などにより期限内の申告が困難な場合は、4月17日(金)以降も確定申告書を受け付けると発表しました。 申告書の作成または税務署へ行くことが可能になった時点で税務署に申し出れば、申告期限延長の取扱いとなります。 申告期限の延長が認められる理由として、本来の期限までに申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合に、 個別申請による申告期限の延長が認められるとあります。 この「やむを得ない理由」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響による場合には、その特性に鑑み、幅広く認められるようです。 例えば、国税庁のFAQには以下のような記載があります。 コロナウイルスの影響で申告書を作成することが困難、というのであれば幅広く認められそうです。 もう一つ、今回の影響で1件税務調査が見送りとなりました。 従来から基本的に確定申告期限内は、税務署による新規の税務調査の着手はなされず、その期間において調査は少ないといわれていましたが、今回まず4月16日まで延長した時点で税務調査が行われない期間が伸びました。 弊社の関連でも4月20日の週に税務調査が予定されていましたが、今回の個別延長をうけて、いったんは見送りとするとの通知がきました。 落ち着いたら調査をする方針ではあるが、調査件数も限られるため、調査自体が無くなることもあるとのことでした。 確かに、この時期に税務調査で来られて、狭い部屋に何名かで1日中いられても不安ですよね。 しばらくはイレギュラーな対応が増えそうです。

次の

【4/16期限延長】「確定申告書3/17以降提出」で住民税や国保などへの反映遅れが起こる理由を解説します | マネーの達人

所得税 申告 期限

申告期限の延長 国税庁は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、「所得税」「個人事業主の消費税」「贈与税」の申告・納付期限を2020年4月16日 木 に延長しました。 この発表は同業者の中で話題になったものでしたが、さらに2020年4月6日、外出自粛などにより期限内の申告が困難な場合は、4月17日(金)以降も確定申告書を受け付けると発表しました。 申告書の作成または税務署へ行くことが可能になった時点で税務署に申し出れば、申告期限延長の取扱いとなります。 申告期限の延長が認められる理由として、本来の期限までに申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合に、 個別申請による申告期限の延長が認められるとあります。 この「やむを得ない理由」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響による場合には、その特性に鑑み、幅広く認められるようです。 例えば、国税庁のFAQには以下のような記載があります。 コロナウイルスの影響で申告書を作成することが困難、というのであれば幅広く認められそうです。 もう一つ、今回の影響で1件税務調査が見送りとなりました。 従来から基本的に確定申告期限内は、税務署による新規の税務調査の着手はなされず、その期間において調査は少ないといわれていましたが、今回まず4月16日まで延長した時点で税務調査が行われない期間が伸びました。 弊社の関連でも4月20日の週に税務調査が予定されていましたが、今回の個別延長をうけて、いったんは見送りとするとの通知がきました。 落ち着いたら調査をする方針ではあるが、調査件数も限られるため、調査自体が無くなることもあるとのことでした。 確かに、この時期に税務調査で来られて、狭い部屋に何名かで1日中いられても不安ですよね。 しばらくはイレギュラーな対応が増えそうです。

次の