グーグル スプレッド シート エクセル。 Googleスプレッドシートでクラウド上の勤怠管理集計システムを作る

Googleスプレッドシートでクラウド上の勤怠管理集計システムを作る

グーグル スプレッド シート エクセル

もくじ• グーグルスプレッドシートの共有の使い方 画像付きでグーグルスプレッドシートの共有の使い方についてご説明します。 グーグルスプレッドシートを作成 まずはのサイトで上部のタブ 「スプレッドシート」をクリックするとこのような画面になります。 中央の 「Google スプレッドシートを使う」をクリックしましょう。 するとテンプレート状になったシートが5つ。 今回は一番使われやすいシート 「空白」で説明します、「空白」というタイトルの +マークの画像をクリックしましょう。 グーグルスプレッドシートを共有する するとグーグルスプレッドシートが使えるようになります。 右上の 「共有」と書かれた青いボックスにカギのマークがついていますが、これはまだこのグーグルスプレッドシートが「非公開」だという状態を表しています。 まだ誰もあなたのグーグルスプレッドシートを見ることができないというわけです。 共有するにはこの青いボックスをクリックしてください。 まっさらな状態のグーグルスプレッドシートの場合は、名前をつけて保存するように促されます。 適当なタイトルをつけて保存してみましょう。 するとこのような画面に行きつきます。 ここからは 用途別の共有方法をご紹介していきます! リンクを教えた人なら誰でも共有できるようにしたい場合 この方法では、あなたがグーグルスプレッドシートのリンクを教えた相手が、 閲覧したり編集したり自由にシートを操作してもらえるようになります。 共有する相手が沢山いて1人1人を招待するのが大変• 共有する相手が初心者なので、なるべく簡単に共有したい といった方におすすめの共有方法です。 リンクさえ分かれば誰でも閲覧したり編集したりすることが可能になってしまうので、情報が漏れるのが心配な方にはお勧めできません。 まず右上の 「共有可能なリンクを取得」をクリックしましょう。 ここで、• リンクを教えた相手に編集してもらいたい場合は 「編集可」• コメントだけ許可する場合はその下の 「コメント可」• 閲覧だけ許可したい場合は一番下の 「閲覧可」 それぞれ目的に応じてチェックを入れて完了ボタンを押してください。 いやいや、特定の人だけが共有できるようにしたいんだけど…• リンクを教えた相手が第三者に情報を漏らさないか心配! という方は次の方法で共有してみましょう。 この時点でリンクをコピーして特定の人にメール等でお知らせすればOKです。 もしも、 共有したい相手がGoogleアカウントを持っている場合は以下の方法もおすすめです。 ユーザーのボックスに、 共有したい相手のGmailアドレスを入力しましょう。 右隣のペンマークを押すと、ここでも編集を許可するのか、閲覧だけ許可するのか等選択できます。 後は 「送信」ボタンを押すだけでOK! 相手のメールボックスにグーグルスプレッドシートへの招待が届き、共有できるようになります。 この方法なら招待した相手だけが共有できるのでプライバシー的には安心ですね。 エクセルとグーグルスプレッドシートの違い エクセルとグーグルスプレッドシートの違いは、すばり利便性! グーグルスプレッドシートは、シート上で計算を行ったりリストを作成したり、文字列を操作したりとエクセルとほぼ同様の作業ができます。 しかしエクセルはWindowsユーザーしか使えないですし、Windowsユーザーの場合でも元々PCに入っていない場合は わざわざ購入してインストールしなければ使えません。 (しかも高い…) 一方グーグルスプレッドシートは、 インターネットさえ繋がっていれば誰でも気軽に無料で利用することができます。 そして上記の説明のようにユーザー達と共有することで、リアルタイムでシートを操作することも可能です。 ただし、エクセルの場合はインターネットに接続していなくても使えるので、突然ネットが止まってしまったという緊急事態でも安心ではあります。 どちらかご自分にとって使いやすい方を選択していきましょう!.

次の

Googleスプレッドシートでエクセルと同様の書式設定を行いたい

グーグル スプレッド シート エクセル

エクセルと同様の表計算機能を持つフリーソフトはいくつか存在する。 それらの機能は大体エクセルと同じと考えられているが、エクセルにない、便利な特性も実は持っている。 グーグルが提供している表計算ソフト「スプレッドシート」ならではの特性を、Google for Workプロダクト&テクニカルマネージャーの佐藤芳樹氏に教えてもらった。 「そもそものコンセプトが違うのです。 スプレッドシートはグーグルの共有文化から生まれたもの。 そのため、資料を共有して同時作業できるというのが強みです」 例えばこうだ。 スプレッドシートを開くと「共有」ボタンがあるので、そこに同時に作業したい人のメールアドレスを入れて送信する。 送信されたほうは、編集権限さえ与えられていれば、ログインして同じスプレッドシートを開き、自分のPC画面を見ながら、同じ資料にリアルタイムで入力できるのである。 履歴は1秒程度の間があくたび自動保存。 終了したらグーグルドライブに自動的に格納されるしくみだ。 会議中に 「佐藤くん、ちょっとここに君の売り上げ入れてみて」とか「そのデータを変更したらどうなる?」など試算しながら討論が可能。 ぐっとスピードアップが期待できる。 「共有する必要も相手もいない」という人も、グーグルドライブというクラウド上にデータが保存されることで、家でも会社でも同じ環境で作業ができるメリットがある。 「エクセルとの互換性もあります。 ドライブにエクセルシートをのせるとスプレッドシートとして表示されます。 もう一つの利点として、常に新バージョンにアップデートされていくので、マクロの互換性がないからバージョンアップできない、なんてこともありません」(佐藤氏) ほかのグーグルサービスとの連携がいいなど長所はまだあるが、欠点はあるのか。 「お客様に罫線やグラフの種類が少ない、ピボットテーブルも改善してほしいという要望をいただくことはありますね」(佐藤氏) 致命傷というほどのデメリットではなさそうだ。 スプレッドシートの特性【1】 50人まで同時に編集することが可能.

次の

Google スプレッドシート別のシートのデータの反映のやり方

グーグル スプレッド シート エクセル

でスプレッドシートを開きます。 [ データ] [ 保護されているシートと範囲] をクリックします。 右側にボックスが表示されます。 範囲を保護するには、[ 範囲] をクリックします。 シートを保護するには、[ シート] をクリックします。 [ 範囲]: 保護範囲を変更するか新たに入力するには、スプレッドシート アイコンをクリックして、スプレッドシート内の範囲をハイライト表示します。 [ シート]: 保護するシートを選択します。 シート内の特定のセルを保護対象から除外する場合は、[特定のセルを除く] のボックスをオンにします。 [ 権限を設定] または [ 権限を変更] をクリックします。 編集を制限する方法を選択します。 他のユーザーが編集しようとしたときに警告が表示されるようにするには: [この範囲を編集するときに警告を表示する] を選択します。 ただし、本当に編集しても良いかどうかを確認するメッセージが表示されるだけで、他のユーザーによる編集をブロックするものではありません。 範囲やシートの編集を許可する相手を選択するには: [この範囲を編集できるユーザーを制限する] を選択します。 次のいずれかを選択します。 自分のみ: 自分(自分がオーナーでない場合はオーナーも含む)が範囲やシートを編集できます。 ドメインのみ: Google スプレッドシートを学校や職場で利用している場合、ドメイン内のユーザーだけが範囲やシートを編集できます。 このオプションは、ドメイン内の全員がスプレッドシートを編集できる場合にのみ選択可能です。 カスタム: 選択したユーザーだけが範囲やシートを編集できます。 別の範囲から権限をコピー: 別のセル範囲やシートに設定した権限を再利用します。 [ 保存] または [ 完了] をクリックします。 保護されたセルを確認するには、[ 表示] [ 保護されている範囲] をクリックします。 こうすると、そのセルには縞模様の背景が表示されます。 編集権限がある場合: 保護されているシートのコピーを作成するか、ワークブックをコピーするか、新しい版をアップロードします。 閲覧権限だけある場合: スプレッドシートのコピーを作成します。 シートを非表示にする 古いシートや他のシートでの計算用のプレースホルダであるシートを非表示にできます。 シートを非表示にすることと、シートを保護することは異なります。 同じスプレッドシートの編集者は誰でも、これらのシートを再表示したり表示したりすることができます。 スプレッドシートの閲覧者は、非表示になっているシートを表示することはできません。 他のユーザーがスプレッドシートのコピーを作成した場合、シートは非表示のままとなりますが、シートを再表示することができます。

次の