桃 離婚しそう。 あいのり桃が婚約。新恋人と交際3ヶ月で再婚へ? 離婚から1年半、6歳年下男性とマッチングアプリで出会い…画像あり

あいのり桃、彼氏明かす。離婚の本当の理由が衝撃

桃 離婚しそう

あいのりには実に 6回も応募しており、相当あいのりに出演したかったことがわかりますね。 2007年12月からあいのりに参加して、1年後の2008年12月まで出演していました。 この間に8カ国も旅を続けていました。 桃の離婚について みなさんもご存知と通り、桃は恋愛バラエティ番組の「あいのり」に出演していました。 その時は梅男と帰国しましたが、帰国後には別れて、2010年に別の男性(アルバイト先の店長)と結婚していましたね。 しかし、その男性とは2018年7月10日に離婚したことを桃のオフィシャルブログで発表しています。 突然の報告すぎてびっくりするとおもいますが、約8年の結婚生活を経て、 フジテレビ「あいのり」のメンバーだったブロガーでタレントの桃(34)が3日、自身のブログを更新。 9月から交際をスタートさせた6歳年下男性との婚約を発表した翌日、婚約指輪を贈られたことを明かした。 桃は2日のブログで婚約したことを報告。 幸せいっぱいの翌日3日には婚約指輪を贈られたことを明かし「婚約指輪、買って頂きました…!!!(手が加工しててもシワシワで辛い)針金でもいいとは思っていたけど、やっぱりとってもうれしいです。 結婚指輪も昨日みてたんだけど、またゆっくりじっくり決めたいと思います」と喜びをつづった。 また、「昨日は、せっかくの記念すべき日だったし、新年ってこともあって、着物を着付けしてもらいました」と着物姿での2ショットを掲載。 「これからも2人の生活をブログに綴っていきたいので、温かい目で見守ってくれるとうれしいです」とファンに呼びかけた。 桃は2010年に結婚した男性と18年7月に離婚したことを発表。 昨年9月末に「好きな人ができました」と6歳下の彼氏ができ、その後、同棲を始めたことを発表していた。 引用:より この発表(ニュース)について世間からは厳しい意見が出ているようです。 あいのり出演時同様、あざとさが過ぎる。 離婚して1年半で、マッチングアプリで出会った年下彼氏と付き合って3ヶ月で婚約かぁ。 まぁでも子供欲しかったんだもんね。 男取っかえ引っ変えってちょっと引く。 不快だから毎回記事にしないで欲しい。 — 優雨 koihuri 元あいのり 桃、、 芸能人のスピード婚ってめちゃくちゃ珍しくもなくなってきたし、本人の自由だとは思うけど、離婚してからの次の恋愛、その次の恋愛ってスパンが短すぎるのと、そんなのの繰り返しの人がまだ婚約の段階で発表する意味がよくわからない。 こういう女は嫌いだわ。 いい歳なのにいつまで若い女だって思い込んでるんだろう。 今回もすぐに別れそう。 離婚しても反省や学びがない。 「またすぐに離婚する」「あざとい」など厳しい意見も多かったですね。 桃は昔から子どもが欲しいと言っていたので、早く結婚してはやく子どもがほしかったのかもしれませんね。 今回はぜひ幸せになってほしいですね。

次の

桃、ついに離婚! : あいのりブログ1

桃 離婚しそう

昨日、珍しくブログを更新しなかった桃。 ハワイ出発前にすごく泣いてたみたいだから 旦那さんとケンカでもしたのかな? ハワイから戻ったらテーブルの上に離婚届が あったとかなのかなーって思ったら違ってた。 話し合っての離婚だって。 詳しくは「ご報告。 」に書いてあったけど 理由はセックスレス。 結婚してかなり早い段階から そうだったんだって。 で、桃はそれが物足りなくて どんどん外へ遊びに行くようになった。 異常なくらい遊び回ってたもんね。 旦那さんはそんな桃に何も言わなかった ってことなんだけど やっぱり気持ちもすれ違っちゃったのかなー。 いつかは離婚しそう、って思ってたけど 結婚8年で離婚かぁ。 実際離婚となるとやっぱり寂しいね。 それにしても顔文字も使わず 頑張って書いた感じがするよね。 やろうと思えばできるんだなー。 こちらもよろしくです。

次の

桃 再婚相手(旦那)の顔画像がイケメン!名前や職業は?

桃 離婚しそう

フジテレビ系『あいのり』のメンバーだったタレントの(33)が10日、自身のブログで、2010年に結婚した一般男性との離婚を発表した。 「突然の報告すぎてびっくりするとおもいますが、約8年の結婚生活を経て、私たち夫婦は離れて生きる選択をしました」と報告。 「付き合い始めてからは約9年。 いろいろあったけど、本当に本当に幸せな9年間でした」と振り返った。 2人の関係について「私たち夫婦はものすごく仲の良い夫婦でした。 仲が良すぎて、、、男とか女とかそういうものを通り越して、仲の良い兄妹のようになってしまいました」とし、「気付いた時には、お互いその行為が考えられなくなってしまったのです」と夫婦生活の悩みを告白した。 また、「結婚初期の頃は雑誌の『妊活』の連載で、カラダ作りはしていたものの、肝心の行為には至りませんでした。 結婚して、あまりに早い時点でそうなってしまって。 とっても幸せなんだけど、心のどこかで何かすごく物足りない気持ちが常にありました。 結婚初期は、枕を涙で濡らすこともありました」と吐露。 夫に対して「寛大な優しい彼でした」とする一方で、「周りがどんどん結婚して、子供が出来てゆくのを目の当たりにするたび、すごく嬉しい反面、ずっとどこかで焦りを感じていました」と本音をつづった。 その上で「今は医療も発達してるし、そんなことで別れなくても、って思うかもしれないけど… もちろん私たちもそう思うし、散々悩んだのですが…話し合いをした結果、この決断になりました」とまとめた。 最後の夜には2人の思い出の食事を一緒に作って食べたという。 最後は「本当に私にはもったいないくらい良い人でした。 9年間一緒に過ごした彼のことは、いつまで経っても大切な人に変わりはありません。 今まで私たち2人を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」と感謝の言葉でしめくくった。

次の