皐月賞2020 予想。 皐月賞2020特集

【皐月賞2020 予想】本命:ヴェルトライゼンデ

皐月賞2020 予想

1勝クラス 1着 12. 7 — 12. 9 — 13. 1 — 12. 6 — 11. 8 — 11. 8 — 11. 7 — 11. 3 — 12. 1 ドスローからの持続力勝負。 前半はかなり掛かっていたのでペースは流れたほうが良さそう。 2着のサクラトゥジュールはひいらぎ賞でスマイルカナと着差なしの接戦を演じた馬ですが、この馬に着差0. 4秒離した内容。 先行競馬で前半掛かったことを加味すると突き抜けたのは強い。 この馬は弥生賞8着、新潟2歳S7着と重賞では通用していませんが、どちらも時計の掛かる馬場状態でした。 高速馬場が得意なので、馬場的な不利と前走の内容を考えると、そこまで能力が低いとは断言できない。 ただしこれまで好走したレースは中間が緩んできたレースだけなので、今回求められる持続力はクリアできてもスピードという点で通用するかと問われると難しい。 スプリングS 1着 12. 8 — 12. 1 — 12. 6 — 13. 0 — 12. 7 — 12. 3 — 11. 8 — 11. 1 — 11. 4 ドスロー瞬発力勝負。 ホープフルSの2着馬ヴェルトライゼンデに着差0. 2秒離して勝ちました。 ヴェルトライゼンデは出遅れからポジションを取りに脚を使い、道中も他の馬よりもペースを上げて常にポジションを上げていたので、その分伸びを欠いたと思います。 それでもホープフルSの2着馬を負かした点は評価できますが、 このレースはドスロー瞬発力勝負。 今回求められるのは持続力+スピードでスプリングSとは逆になります。 G1の速い流れになったホープフルSでは4角で手ごたえが悪くなり惨敗。 持続力勝負となった水仙賞でも、直線でキレ負けして4着に敗れているように、 持続力+スピードの適性は低いと思います。 京成杯 1着 12. 6 — 11. 4 — 13. 0 — 12. 0 — 12. 5 — 12. 2 — 12. 2 — 11. 8 — 11. 8 — 12. 6 スローの持続力勝負。 前半緩みましたが 道中~直線まで長い区間の加速ラップだった為持続力が求められ、且つタフな馬場での好走となりました。 馬場が外差しだったのでその点恵まれましが、 前有利の展開を後方から上がり最速で差した内容なので道悪適性を評価できる内容でした。 ただし先行力がないのと、スピード勝負は向いてなさそうなのでその点はマイナス材料。 上がりの掛かる馬場になれば抑えて損はないタイプですが、良馬場で時計の出る馬場なら買い材料は少ないと思います。 東京スポーツ杯2歳S 1着 12. 9 — 11. 0 — 11. 4 — 11. 8 — 11. 7 — 11. 8 — 11. 7 — 10. 8 — 11. 4 ハイペースの持続力勝負。 圧勝したコントレイルの走破タイムは1分44秒5のレコード。 展開が向いたとはいえ同じく後方で脚を溜めた2着のアルジャンナと0. 8秒差、3着馬とは1. 5秒と突き放した強い内容でした。 そして成績以上に時計が破格。 同コースで開催された今年の毎日王冠と比べます。 レースが違うので馬場差や展開差がある前提の解説です。 毎日王冠 走破タイム 1分44秒4 前後半3F 35. 5-34. 3 1000m通過58. 5秒 ダノンキングリー 上がり最速33. 4秒 斤量54 東スポ杯 走破タイム 1分44秒5 前後半3F 35. 3-33. 9 1000m通過58. 8秒 コントレイル 上がり最速33. 1秒 斤量55 ホープフルS 1着 12. 6 — 11. 5 — 12. 4 — 12. 2 — 12. 2 — 12. 1 — 12. 0 — 12. 0 — 11. 9 — 12. 5 内枠からロスなく追走し直線楽な手ごたえで突き抜けました。 ムチはゴール前に一発だけです。 今回求められるスピード+持続力が求められたレースだったので、ここでの楽勝は今回の適性評価に繋がります。 能力面や適性面は文句なしですが、ひとつケチを付けるなら斤量面。 今回ホープフルSからの直行ローテとなりますが、ローテ自体は近代競馬を考えると問題ないです。 ただし直行ローテということは 前走から斤量が2キロプラスとなり、前走馬体重462キロのコントレイルからしたら不安材料です。 ちなみに昨年サートゥルナーリアが同じローテで勝ちましたが、当時の馬体重が496キロと馬格はある方だったので対応できたものだと思います。 またこの時サートゥルナーリアが突き抜けられなかったのは斤量が影響していたとも思います。 能力や適性は文句なしですが、勝ち切れるかと問われると個人的には斤量の壁と仕上がり次第かと思います。 仕上がり面は追い切り見てからですが、 目標はダービーだと思うのでその点は頭に入れておいた方が良いでしょう。 それと極端な内枠を引いた場合、福永さんなのでその点も注意。 弥生賞 1着 12. 7 — 11. 4 — 12. 1 — 12. 3 — 12. 6 — 12. 6 — 12. 6 — 12. 5 — 11. 8 — 12. 3 このレース持続力勝負という意見もありますが、個人的には4角~直線入り口で(12. 5 — 11. 8)0. 7秒の加速ラップが刻まれているので、瞬発力も求められたレースだと考えています。 ただし重馬場にしては道中流れたので持続力勝負も問われたレース内容だったと思います。 弥生賞でスローの瞬発力勝負を見せられてたら適性に疑問でしたが、重馬場ながら流れたペースで瞬発持続共に要求された内容だったのでこのレースの評価は個人的に高いです。 適性面の持続力は問題ないですし、能力面もコントレイルより1キロ重い斤量を背負って同じタイムを出しているので裏付けが取れます。 唯一ケチを付けるとしたら、 スピードに対応できるかという点。 皐月賞はG1ということもありペースはかなり流れます。 その為マイルのようなスピード能力が求められますが、 サトノフラッグは2000mしか経験をしていないので速い流れの前傾ラップは初となります。 馬場が渋り弥生賞のような展開になれば話は別ですが、良馬場でスピード能力が問われたときに対応できるかが鍵となりそうですね。 朝日杯 1着 12. 2 — 10. 5 — 11. 1 — 11. 6 — 11. 8 — 11. 8 — 11. 6 — 12. 4 ハイペースの持続力勝負。 相手関係的には平凡な評価ですが内容が破格でした。 展開がハイペースの後方有利となり6着以内はサリオス以外後方の差し馬で決着したレースを、先行したサリオスは着差0. 4秒と突き抜け快勝。 内容はかなり強いですし持続力やスピード能力も評価できる内容です。 皆さんが不安視している皐月賞のハーツクライ産駒ですが、恐らく原因は「晩成傾向でトモの発達が遅い為テンのポジション取りで遅れをとり、先行馬有利のこの舞台で先行できず凡走が続いている」といった血統背景があると私は思います。 ただしサリオスは筋肉質な馬体でトモも発達傾向。 そして先行力があります。 なので今まで凡走してきたハーツクライ産駒のつくりではない可能性があります。 ここまでの成績は阪神外回りと東京なので、直線の短い小回りに対応できるか成績的には未知数ですが、先行力やピッチ走法なことを踏まえると中山内回りは合うと思います。 また距離適性に関してですが、 皐月賞はスピード能力が問われ中距離適性よりもマイル適性が問われやすい舞台です。 サリオスのスピードを活かせる点で舞台適性は高いと思っているので、距離適性の不安は個人的には少ないです。 ただ終始外を回されると距離適性がモロに出る可能性もあるので、枠順は終始外を回される可能性が出る7. 8枠は避けたいところです。 胴長の馬体+持続力あり+ハイペース先行して押し切れるスタミナ+スタミナではなくスピードが求められる舞台。 この4点から距離は問題ないと思います。 それと斤量が朝日杯から+2キロとなりますが、 コントレイルと違って前走馬体重538キロと馬格があるので対応できると思います。 直行ローテ、血統、距離の面で人気落ちしてくれるなら個人的に好都合です。 共同通信杯 1着 13. 2 — 11. 9 — 12. 5 — 12. 9 — 12. 7 — 12. 1 — 11. 2 — 11. 4 — 11. 7 ドスローの瞬発力勝負。 タフな馬場や道悪適性は高く評価できる内容。 内容的には緩んでからの瞬発力勝負なので今回の適性とは結び付かない。 持続力勝負となった葉牡丹賞と札幌2歳Sを3着で内容的にも共同通信杯より劣るので、持続力よりも瞬発力タイプかと思います。 スピード能力は葉牡丹賞で対応していますが、大外回し上がり最速とは言え、このメンバーならもう一段階上の上がりを使って欲しかったです。 今回求められる持続力+スピードでは劣る印象なので、馬場が渋ってタフな展開になれば浮上してくる馬かと思います。 共同通信杯 4着 13. 2 — 11. 9 — 12. 5 — 12. 9 — 12. 7 — 12. 1 — 11. 2 — 11. 4 — 11. 7 ドスローの瞬発力勝負。 前有利の展開を後方から大外回し+内有利の馬場+道悪で末脚不発。 恐らく敗因はこの3点だと思いますが、クラシックで活躍できる馬ならもうワンパンチあったはず。 クイーンCの勝馬で桜花賞5着のミヤマザクラを京都2歳Sで下し着差0. 3秒で快勝しているので能力面は高く評価したいが、共同通信杯の内容的に3強に割って入れる能力があるか難しいところです。 適性的には持続力+スピードは京都2歳Sで証明できているのでここは問題ないですね。 不安点は皐月賞で不振のハーツクライ産駒という点。 原因はサリオスのところで話した通りですが、 マイラプソディはサリオス程の先行力はないので、現段階で中山小回りは少し厳しいと思っています。 走法的にも大トビなので小回りよりも広い方が合いそうで馬場も高速馬場向きの可能性。 良馬場開催前提で、ハーツクライ産駒と前走内容を度返しするなら可能性としてはありますが、ダービーの方が合っているかと思います。 スプリングS 2着 12. 8 — 12. 1 — 12. 6 — 13. 0 — 12. 7 — 12. 3 — 11. 8 — 11. 1 — 11. 4 ドスロー瞬発力勝負。 出遅れからポジションを取りに脚を使い、道中も他の馬よりもペースを上げて常にポジションを上げて4角で大外を回していたので、このロスだらけの競馬が直線伸びを欠いた原因だと思います。 あと時計の出る馬場よりも時計の掛かる馬場の方が合う。 前走の敗因は明確ですし、ホープフルSでの好走から適性の高さも伺えます。 ただテンは速いタイプではないので、どれだけポジションを取りに行けるかが鍵となります。 前走のようにロスだらけの競馬だとこのメンバーでは厳しいです。 馬場に関しては時計が掛かった方が良いので、その点週末の天気にも注目です。

次の

皐月賞2020の予想を大公開!|アドレナリン競馬

皐月賞2020 予想

2020年4月19日(日)中山競馬場で行われる皐月賞2020の競馬予想です。 先週の桜花賞に続き、いよいよ牡馬クラシックに開幕です。 今週から東西のジョッキー往来が自粛され、下級戦では出走レースも限られてきます。 取り巻く情勢は悪化の一途で、もう無事開催される事すら喜びでもあります。 何とか踏ん張って欲しいです。 皐月賞の穴馬はコレだ! 過去10年、単オッズ15倍以上馬は6回8頭が馬券に絡んでます。 共通点をに掲載してますが、この項に該当する馬は【2. 31】で複勝率が20. 5%、単回収値136、複回収値137とハイアベレージです。 原因は分かりません。 今まで私の配信を楽しみにして頂いてた方には、ご挨拶もできないままお別れになってとても残念です。 そんな訳で急遽、 新アカウントを作成しました。 今後はコチラに掲載していきますので、お友達登録の方、宜しくお願い致します。 無料メルマガ始めました。 今後は、平場の予想はコチラに掲載するつもりです。 その他、地方競馬や重賞の有力データ、おススメのサイトだったりも紹介予定です。 1番人気の2着馬を切ってて馬券は完敗でした……。 コチラは穴予想なので的中率は重賞(ブログ)より低めですが、高配当のチャンスを見逃さないようにして下さい。 着候補 消去項目入り枠順表• 1 1着候補 コントレイル 減点なし• 2 -着候補 レクセランス 減点Ac• 3 1着候補 コルテジア 減点なし• 4 -着候補 テンピン 減点Ab• 5 1着候補 サトノフラッグ 減点なし• 6 -着候補 ディープボンド 減点Aa• 7 3着候補 サリオス 減点Bc• 8 -着候補 ウインカーネリアン 減点Aa• 9 -着候補 ブラックホール 減点Ca• 10 -着候補 アメリカンシード 減点Ab• 11 1着候補 クリスタルブラック 減点なし• 12 -着候補 マイラプソディ 減点Ba• 13 -着候補 ダーリントンホール 減点Cb• 14 -着候補 キメラヴェリテ 減点Ab• 15 3着候補 ラインベック 減点Bc• 16 -着候補 ガロアクリーク 減点Bb• 17 1着候補 ヴェルトライゼンデ 減点なし• 18 -着候補 ビターエンダー 減点Bb 回避馬• -着候補 サトノフウジン 減点Aa 第80回皐月賞2020関連記事 では過去3年のレースを振り返って検証してます。 逃げ馬は1頭も残ってなくて不相性です。 過去10年でも【0. 12】で、2014年のウインフルブルームが唯一です。 コーナーは内外イーブンで良さそうですが、直線は内から中までですネ。 直線外からは2017年のダンビュライトのみで、それも3着までです。 位置取りは中団より前が絶対条件です。 後方からの馬は過去10年でも【0. 47】と相性が悪く、2018年はワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルムの順で人気でしたが、これが全滅して37万馬券になってます。 上り最速馬も未勝利です。 過去10年では12頭が該当して【4. 6】、単複回収値100超は立派なんですが、これも一昨年のステルヴィオやキタノコマンドール、2014年のワンアンドオンリーっと人気馬が飛んでるんで要注意です。 お友達のさんがユーチューブで予想を公開されてます。 今年は14戦9的中と絶好調のの美人予想家さんです。 皐月賞2020 外厩情報 今回も多くの ノーザンファーム生産馬が登録してきてますが、もはや現代競馬で欠かすことのできない 外厩馬情報はで無料公開されてます。 近年の ノーザンファーム生産馬の成績を見るまでもなく、圧倒的優位な立場を取り続ける、 ノーザンファーム『天栄』と『しがらき』組ですが、聞けばトレセン以上の施設力だそうで、そうなると馬券的ファクターから無視することは出来ません。 その中にというコンテンツがあるので、そちらで 外厩馬情報を確認できます。 への登録方法や使い方については、で詳しく解説してます。 予想はコチラ• 本命は コントレイルにしました 前走はホープフルSでデビュー3連勝達成!そこからの直行で明け3歳緒戦になります。 前3頭が競ったミドルを2番手集団の先頭から、4角では1列目につけて上り最速!最後は持ったまま1馬身半ですから、レベルが違ってました。 ホープフルSからの直行は去年のサートゥルナーリアが優勝してて、これは何度か書いたりお話したりしてますが、個人的にはあまり歓迎の側ではありません。 実際サートゥルナーリアは以後G1未勝利ですし、一昨年のダービーでも断然人気馬2頭が裏切って280万馬券が出たりもしてます。 ただ、この馬の前走を観ると、もう勝負付けが済んでるメンバーからの逆転は厳しそうです。 っで、あるなら別戦組なんですが、ちょっと逆転までの可能性を見出せませんでした。• 対抗は ヴェルトライゼンデにしました 前走はスプリングSを1番人気2着してからの臨戦です。 断然人気を裏切った訳ですが、このレースはコーナーで外を回した3頭が上位入線した中、直線の追い比べはこの馬は一番内で、勝ち馬が真ん中でしたから、好内容なレースでした。 この類、一般的には真ん中が有利になるそうです。 この時馬体重が減ってたのはちょっと心配な1点なんですが、超スローペースだった事以外は皐月賞へのレース質も近そうで、かなり有力な1頭になってくると思います。• 前3頭が競り合ったミドルペースをマクリ気味に上がって、上り最速で快勝しました。 弥生賞は例年スローが多くて、それが故に皐月賞への直結性が薄いとも言われてます。 近年ではマカヒキが2着した2016年の弥生賞がミドルだったんですが、サトノフラッグは同距離同コースを2戦2勝なんで、これは大きなアドバンテージになりそうです。 先週から復帰したルメール騎手は今年重賞では17回騎乗してますが、馬券に絡めなかった週は2回しかありません。 その内の1回が先週だったんですが、これだけのジョッキーですからネ。 侮れない1頭だと思います。• 2走前も前3頭が飛ばして行ったんですが、内々をロスなく回って最後まで良く粘りました。 近年の皐月賞はコーナーで内を回ってきた馬が好相性なのは1本目の動画でお話しましたが、特に2017年は連対馬2頭がコーナーで内を回して3連単100万馬券ですから侮れない1頭だと思います。 冒頭で紹介した【2. 31】で複勝率20. 5%、単回収値136、複回収値137の好データ該当でもあり、2018年にはココから2頭入って3連単37万馬券、2017年にもココから2頭入って、100万馬券が飛び出してます。 2016年のディーマジェスティは8番人気からの重賞連勝で単勝は30倍もついてますし、過去10年で6回も波乱に貢献してます。 そして! この馬は私が利用している、で8位の40だったんですョネ。 ここの指数の6位内と30以内(コラボ指数は数字が小さいほど優秀です)は特に馬券によく絡んできて軽視禁物なんですが、今回は「40」と完全にゾーンに入ってきました。 お手数ですがサイトの方でご確認ください。 穴ならこの馬しか居ないと思ってます。• スローの上がり勝負でしたが、この馬がコーナーでは一番外を回してまして、それでいて直線では長く良い脚が使えました。 逃げ馬を完封して、上り最速馬が3着ですから、これは1本目の動画でお話した通り、レース質が近い1頭です。 そのきさらぎ賞からの直行は過去20年【0. 13】と不相性で、2016年のサトノダイヤモンドは好走っと言うよりは人気を裏切った3着でした。 今回は初めての関東でのレースで輸送もあって、ちょっと軽視方向ではあったんですが、今回は完全に異端臨戦でして、まだどの馬とも対戦がないんですょネ。 特にシンザン記念組は結構波乱に貢献してまして、100万馬券が出た2017年はワンツー、2014年のウインフルブルームも8番人気3着してます。 今年はコルテジア1頭だけで要注意ですし、何と言っても鞍上ですネ。 松山騎手は先週土日は重賞W制覇で今年は重賞6勝と絶好調ですが、初G1制覇は3年前の皐月賞でした。 100万馬券に大貢献した訳なんですが、この勢いはちょっと怖いですネ。• 後方一気の上がり最速で全馬を差し切りましたが、皐月賞過去10年、後方からの馬は49頭中2着2頭と不相性です。 且つ、これは1本目の動画でお話しましたが、大外から追い込んで来るタイプも近年は不相性です。 このレース単体の評価としては、コーナーで外を回した3頭が上位入線してる中、唯一内を回してきたんで評価したい所ですが、ココじゃないかなぁ~って印象です。 キャリア2戦以下馬は過去20年で6頭が全滅してて、2018年のキタノコマンドールは3番人気5着と人気を裏切ってます。 先週の桜花賞はキャリア2戦のデアリングタクトが勝ってるからなんですかネ?ちょっと人気し過ぎてる感じもするので、この馬は馬券から外すかも知れません。 入れても3連複3列目までです。• 注は サリオスにしました 前走は朝日杯FSでG1初制覇してからの3歳緒戦になります。 ハイペースを先行勢では唯一残して2馬身半差快勝ですから強い内容でした。 これでデビュー3連勝になった訳なんですが、逃げ馬を潰して、上がり最速の馬も3着に完封ですから、これは1本目の動画でお話しましたがレース質は合った1頭です。 今回、課題になるのは初めての2000m戦っと言うことなんですが、皐月賞過去30年、前走がマイル以下だった馬は3頭しか馬券に絡めてません。 この馬券になった3頭は全馬1800m以上でのレース経験があって、マイル以下しか経験がなかった馬11頭全滅しています。 コパノリチャードとローレルゲレイロは後のG1馬で、11頭中8頭が重賞馬っと言う豪華顔ぶれでも通用してないのは気になる所です。 これで3番人気とかなると、かなり危ないように思いますけどネ。 上位人気の中では一番嫌って入りたいと思います。 印はこのようになりました• 〇 17 ヴェルトライゼンデ• 注 07 サリオス 馬券の買い目と点数は以下の通り 当日のお昼前後を目途に後程追記します。 7 各100(19点) 以上、 皐月賞の予想編を終わりたいと思います。 最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

次の

皐月賞2020予想 出走予定馬/データ分析

皐月賞2020 予想

いろいろ見てますが 4月からG1連勝してる無料情報は他に見当たりません。 ここの前日夜公開の3連複無料買い目は絶対チェックするべきです。 推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので 少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。 コーナーまでの距離が十分にあることから1800mよりも位置争いが激しくなりますが、道中のペースは落ち着く傾向にあります。 皐月賞では良馬場なら前半59秒-後半59秒くらいのラップになりますが、向こう正面で一旦息が入り3コーナー過ぎの残り600mからペースが上がることが多く見られます。 皐月賞 種牡馬系統別データ• サンデーサイレンス系【5-4-5-62】• キングマンボ系【2-2-2-17】• サドラーズウェルズ系【1-0-0-3】• ロベルト系【0-1-1-7】• ダンジグ系【0-1-0-6】 ディープインパクト産駒は 2-3-3-20 ですが優勝したのはアルアイン、ディーマジェスティと2頭とも伏兵でした。 皐月賞 母父別系統別データ• サンデーサイレンス系【3-4-2-29】• ロベルト系【1-0-0-9】• グレイソヴリン系【1-0-0-5】• フォーティナイナー系【1-0-0-2】• ストームキャット系【0-1-1-1】 母父ナスルーラ系が 2-0-3-9 と複勝率が高く、母父ノーザンダンサー系は2~3着が多いのが特徴。 キングマンボ系などを含めた母父ミスプロ系は 1-0-0-25 で優勝したのは一昨年のエポカドーロ。 有力馬では コントレイルが母父ミスプロ系です。 また好走馬の多くは リボー系の血を持っており、過去5年の優勝馬は全て5代目までにリボー系を持ちます。 人気薄で好走したジェネラーレウーノ、ダンビュライトもこの血を引いており、他にはノーザンテーストやトニービン持ちも目立ちます。 枠順データ 枠順 着度数 勝率 複勝率 1枠 1-0-0-14 6. 馬番データ• 偶数枠【5-2-6-56】• 奇数枠【3-6-2-59】 馬番では7番のみが 2-2-1-3 と成績が非常に良いのが特徴。 また 関東馬は奇数枠だと 1-0-0-26 で優勝したのは1番人気だったロゴタイプ。 4番人気以下• 1~3枠【0-0-0-36】• 4~6枠【2-2-3-33】• 7~8枠【2-1-1-35】 1~3枠から3着に入ったのは全て当日3番人気以内です。 2015年以降で見ると4番人気以下の好走馬は4~6枠に偏っています。 脚質データ 脚質 着度数 勝率 複勝率 逃げ 0-0-1-10 0. 良馬場なら差し馬優勢です。 前走4角位置• 4番手以内【6-4-6-60】• 5番手以下【2-4-2-55】 前走重賞2着以内+4角4番手以内は 6-1-5-17。 4角5番手以下だと 2-3-0-19 なので前走で先行し結果を残している馬は高評価。 前走上がり3F• 1~2位【5-6-2-48】• 3~5位【2-1-4-34】• 6位以下【1-1-2-33】 前走共同通信杯で上がり2位以内だった馬が 4-0-1-2。 ダーリントンホール、ビターエンダーが該当します。 逆を言えば共同通信杯以外のローテだと上がり順位はあまり関係ありません。 例外は2015年のリアルスティールですがこちらは2戦目で重賞勝ち。 生月データ• 1月【0-1-2-10】• 2月【1-2-1-28】• 3月【5-4-4-43】• 4月【0-1-0-22】• 5月【2-0-1-11】 毛色データ• 鹿毛【3-7-3-49】• 黒鹿毛【4-1-3-32】• 栗毛【0-0-1-16】• 芦毛【1-0-0-10】• 青鹿毛【0-0-1-6】 所属データ 所属 着度数 勝率 複勝率 美浦 4-0-3-42 8. 4番人気以下だと関東馬が 1-0-1-40 に対して関西馬が 3-3-3-64。 騎手データ• 継続騎乗【5-6-6-67】• 乗り替わり【3-2-2-48】 乗り替わりは4番人気以内で 3-2-1-3 、5番人気以下だと 0-0-1-45 で唯一乗り替わりで3着に入ったのは武豊騎手に乗り替わったダンビュライト。 また関東騎手への乗り替わりも 0-0-0-29。 騎手別ではデムーロ騎手が騎乗馬は全て5番人気以内ですが、2勝を含め全て掲示板に載っています。 他には福永騎手が 0-3-0-5 、川田騎手が 0-3-0-2 と2着が多いのが特徴。 生産者データ• ノーザンF【3-6-3-37】 ノーザンF生産馬は4番人気以内で 2-6-2-9 、5番人気以下で 1-0-1-28。 サトノフラッグ、サリオス、マイラプソディ、ラインベック、レクセランス、ヴェルトライゼンデがノーザンF生産馬。 馬体重データ 馬体重 着度数 勝率 複勝率 -439 0-0-0-1 0. 前走との馬体重差• +体重【0-1-2-35】• 増減無【4-1-2-24】• -体重【4-6-4-56】 前走時の馬体重• +体重【6-4-2-36】• 増減無【1-1-1-28】• -体重【1-3-5-51】 前走時はプラス体重だった馬の成績が全体的に良く、今回増減無しかマイナスになる馬の成績が良いのが特徴。 有力馬で前走プラス体重だったのは クリスタルブラック、コルテジア、コントレイル、ダーリントンホール。 オープン特別は若葉Sのみです。 主な前走• 共同通信杯【4-0-1-5】• スプリングS【2-1-2-28】• 弥生賞【0-4-2-29】• 毎日杯【1-0-0-9】• 若葉S【0-2-1-17】 前走人気データ 人気 着度数 勝率 複勝率 1番人気 4-6-4-21 11. 前走4番人気以下で好走したのは前走重賞勝ちのキタサンブラック、ディーマジェスティと前走弥生賞だったサンリヴァル、ダンビュライト。 前走着順データ 着順 着度数 勝率 複勝率 1着 6-5-4-38 11. 他のレースは2着以内必須です。 前走タイム差(1着)• 3秒差以上【1-3-1-6】• 1~0. 2秒差【5-0-2-22】• タイム差無し【0-2-1-10】 有力馬ではサトノフラッグ、サリオスが前走0. 3秒差以上で1着。 ガロアクリーク、クリスタルブラック、コントレイルが0. 1~0. 2秒差で1着。 皐月賞 データまとめ• 母父ミスプロ系は不振• 4番人気以内は安定、7~9番人気に注意• 1~3枠+当日4番人気以下は消し• 共同通信杯で上がり2位以内だった馬の成績が良い• キャリア3~5戦が中心• 関東馬+3番人気以内は安定、4番人気以下は関西馬狙い• 乗り替わり+5番人気以下は消し• ノーザンF生産+4番人気以内は安定• 460kg未満の馬は割引き• 前走時プラス体重、今回増減無しかマイナス体重の馬が強い• 前走1番人気+1着馬の成績が良い• 負けない買い方がこのサイトの魅力です。 ドリームジャーニー産駒は中山芝では1800m以下より2000m以上の成績が良く、産駒の傾向を見ても明らかにダービーより皐月賞向きです。 サトノフラッグは乗り替わりになりますが当日4番人気以内なら。 こちらもノーザンF生産馬で馬格があるのは好材料ですが、弥生賞組は近年2着までが多いのがネック。 コントレイルは過去3戦の内容から能力は文句無しですが、非ノーザンの休み明けが不安材料。 母父ミスプロ系もレース相性が悪く、ローテとしてもダービー狙い。 ガロアクリークは人気薄の関東馬でスロー専門の節がありますが、今年のメンバーの中ではリボー系の血を色濃く持っています。 サリオスは距離延長が課題も朝日杯は後方有利な流れを圧勝しスピードや高速適性は文句無し。 あとは共同通信杯組でレース相性の良いデムーロ騎手騎乗の ダーリントンホール。 最後に母系にリボー系を持つ レクセランス。 すみれS組は基本的に消しですがクリンチャーが4着に好走した例もあり、今年のディープ産駒の中では人気的にも面白そうな存在。 サイトには各重賞の回顧が掲載されています。 実際に配信された今年の日本ダービーの予想がコチラ 3連単51. 有料プランは軍資金次第なので、続いて NN競馬会の無料予想を実際に試してみました。 提供された無料買い目がコチラです。 買い目は3連単フォーメーション40点。 推奨金額は1点500円=合計20,000円。 そして結果は… 5番人気ステイオンザトップを本命に推し 3連単521.

次の