投資の森 日経平均。 上値が重い日経平均株価。米中対立は再燃?期待と不安の渦

天地人の株日記 日経平均、21,000円台を回復

投資の森 日経平均

こんにちは! 今週末は、カのSQも控えています。 こちらのサイトで、よくテクニカルの勉強をしています。 危ない相場なので、またまた見つめているだけの私です。 大相場、暴騰相場が来たとして、乗れなくても大した事はありませんから。 市場は、明日もある、いつだって参加出来るので。 こういうメンタル大事です。 今日は、 デー(売り抜けの日)の直近の日数で暴落・調整の予兆を読み解くってお話です。 株価の下落に伴いが増加し、株価が上がっているのにが下がる時の状態。 ウィリアム・J・オニールという方の手法で、 デーとは、売りが買いを上回った日のことです。 2~4週間、または20営業日の中で5回あるとトレンド変換の予兆と言われてますが、正確には20営業日なのか?1ヶ月なのか? まぁ、いかにが大事かってことですね。 こちらのいつもお世話になってる 「投資の森」さんでは、1ヶ月スパンで判断しており、5回あったと警告をならしています。 過去の歴史からみると… 良い記事がありましたのでご紹介させてもらいます。 とは、いわゆる大口が売り抜けをやっている状態で、大量の株を売り抜ける為、一定期間かけて行われます。 まあ、日柄調整か、値幅調整か必要であるって事ですかねー。 世界情勢も荒立しくなってきましたね。 と韓国の爆破問題、 これ本当に、やるから怖いわ…オカルトです。 北は今朝、軍配備しました。 前回の記事良かったら、見てください。 韓国協定の問題もありますよね? カが、次回拒否した場合デフォルトする可能性もあるし、場合によっては、 中国から支援を受けているに、統一される?? なーんて話もありますもんね。 そんな事になったら、 側に統一された韓国には行けないわ~。 怖 そして、それ以上に気になるのは中国とインドですが、 中印は、何年も前から国境付近では色々ありますが、最近頻繁ですよね?30年間死者は、出ていませんでした。 一旦は、和解となった数日後また、ケンカで今度は死者が出ていますね。 昨日3人の死者と聞いていたけど、今朝起きてみたら 20人に増えていました。 いずれにせよ、なんだか物騒な世の中になって来ています。 ダン高橋も、こういうときは、 トレードしないやらない!先が分からない時はやらないんです!と。 昨日の動画で語っていました。 良かった~私と同じだー。 と思ったし、こんなプロでも分からない相場に飛び込むのは、すごいチャレンジャー。 見てたら、参加して買い向かい、ショートしたりって書き込みもあるし。 勇気ありますね。 焦らなくても、稼げる時はいっくらでも来ますよ。 バフェット指数もカは、まだ高い水準です。

次の

天地人の株日記 日経平均、21,000円台を回復

投資の森 日経平均

現在の所有銘柄 2193 クックパッド 3633 GMOペパボ 3695 GMOリサーチ 6038 イード 6186 一蔵 7157 ライフネット生命保険 7177 GMOフィナンシャルHD 8789 フィンテックグローバル 8887 リベレステ 現在の優待銘柄 2406 アルテサロンホールディングス 現在の所有ETF 1343 東証REIT指数連動型 現在の所有REIT 2971 エスコンジャパンリート 3227 MCUBS MidCity投資法人 3234 森ヒルズリート投資法人 3249 産業ファンド投資法人 3269 アドバンスレジデンス投資法人 3279 アクティビア・プロパティーズ 3282 コンフォリア・レジデンシャル 3283 日本プロロジスリート投資法人 3287 星野リゾート・リート投資法人 3290 Oneリート投資法人 3295 ヒューリックリート投資法人 3298 インベスコ・オフィス投資法人 3309 積水ハウス・リート投資法人 3451 トーセイ・リート投資法人 3453 ケネディクス商業リート 3463 いちごホテルリート投資法人 3466 ラサールロジポート投資法人 3468 スターアジア不動産投資法人 3471 三井不動産LP投資法人 3472 大江戸温泉リート投資法人 3473 さくら総合リート投資法人 3476 投資法人みらい 3478 森トラストホテルリート投資法人 3481 三菱地所物流リート投資法人 3487 CREロジスティクス投資法人 3488 ザイマックス・リート投資法人 3492 タカラレーベン不動産投資法人 3493 アドバンス・ロジスティクス 8953 日本リテールファンド 8955 日本プライムリアルティ 8957 東急リアルエステート投資法人 8960 ユナイテッド・アーバン投資法人 8961 森トラスト総合リート投資法人 8963 インヴィンシブル投資法人 8964 フロンティア不動産投資法人 8967 日本ロジスティクス投資法人 8975 いちごオフィスリート投資法人 8979 スターツプロシード投資法人 8984 大和ハウスリート投資法人 8985 ジャパンホテルリート投資法人 8986 日本賃貸住宅投資法人 9281 タカラレーベン・インフラ 9282 いちごグリーンインフラ 9286 エネクス・インフラ投資法人 現在の所有外貨建MMF 現在の重点監視銘柄 3963 シンクロ・フード 6541 グレイステクノロジー 日経平均 ; 21271. 52、2日続伸) TOPIX ; 1534. 53、2日続伸) JASDAQ指数 ; 3374. 90、8日続伸) マザーズ ; 952. 58 ( -6. 55) 東証REIT ;1664. 80、7日続伸) 日経平均は大幅続伸で、21,000円台を回復。 コロナで影響を受けていた業種が買われたものの、一方で最近好調だった新興や中小型銘柄が一服状態となり、私のPFは全体ではほぼ横ばいでした。 ----------------------------------- 日経平均は529円高と大幅続伸、2万1000円回復、上げ幅拡大に全33業種が上昇=26日後場 15:18 配信 モーニングスター 26日後場の日経平均株価は前日比529円52銭高の2万1271円17銭と大幅続伸。 2万1000円回復は3月5日(終値2万1329円12銭)以来で、東証業種別株価指数は全33業種が上昇した。 朝方は、買い優勢で始まった。 政府は25日に緊急事態宣言の全面解除を決定、経済活動再開への期待が強まった。 現地25日の米国市場はメモリアルデーで休場だったが、時間外取引(日本時間26日)での米株価指数先物の上昇も支えとなった。 中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の堅調推移もあって、上げ幅を拡大し、大引け近くには2万1328円34銭(前日比586円69銭高)まで上伸した。 東証1部の出来高は14億7246万株、売買代金は2兆5326億円。 騰落銘柄数は値上がり1734銘柄、値下がり384銘柄、変わらず52銘柄。 市場からは「強い動きだ。 経済活動再開への期待とともに時間外の米株先物高をにらみ、買い戻しが進んでいる。 ただ、期待が先行しすぎ、割安感はなく、日経平均2万1000円から上は次第に売りが出てくるとみられる」(準大手証券)との声が聞かれた。 業種別では、JAL 、ANA などの空運株や、商船三井 、川崎汽 、郵船 などの海運株が上昇。 トヨタ 、日産自 、ホンダ などの輸送用機器株も買われた。 三井不 、住友不 、東建物 などの不動産株や、JR西日本 、東急 などの陸運株も高い。 日本製鉄 、JFE などの鉄鋼株や、東レ 、帝人 などの繊維製品株も堅調。 AGC 、板硝子 などのガラス土石株も値を上げた。 個別では、Jリース 、ケミコン 、ペッパー 、マーベラス がストップ高となり、ひらまつ 、イトーキ などの上げも目立った。 半面、はせがわ 、ベネッセHD 、ライドオンHD 、ダイトウボウ 、サイバーL などの下げが目立った。 -----------------------------------.

次の

上値が重い日経平均株価。米中対立は再燃?期待と不安の渦

投資の森 日経平均

すべての日本企業と勘違いされる場合もありますが、そうではありません。 ものすごくざっくりいうと、 「日本の上場企業の中で、毎日のように株の取引が行われており、経営が安定しているかつ今後の成長が期待されている株価の平均」とも考えることもできます。 さらに理解を高めたい場合は、以下のリンクを参考にしてください。 日経平均株価は、世界中で 日本の代表的な指数として認識されており、• 日経225• Nikkei225• 日経ダウ• NK225 などと呼ばれ、 CME(アメリカシカゴ)、SGX(シンガポール)など、日本以外の証券取引所でも取引されています。 225銘柄の数自体に意味はないものの、算出するときにバランスよく企業を選んだところ、225社になったのが始まりで、現在世界中で利用されていることから、 「225社からなる株価指数」というイメージ・コンセプトを大事にするために、現在も継承しているという説が有力です。 経済状態に合わせ、大きく分けて以下の2通りで、構成銘柄が変更されることがあります。 もし入れ替えが行われる場合、原則として10月初めに入れ替えを行いますが、その入れ替えの結果は事前に発表されます。 この発表に決められた期日はありませんが、大きな変更がある場合ほど、発表から入れ替えまでに長い期間を持たれる傾向があります。 具体的には、その銘柄が上場廃止された場合、整理銘柄に指定される場合、東証2部へ移動される場合などがあげられます。 この場合、原則、市場流動性が高い銘柄を採用されます。 簡単にいうと 「一つ一つの会社といった細かいところばかりに目が行って、相場全体の流れがみえていないこと」を言います。 もちろん、日経平均が下落すれば、すべての日本企業が下落するというわけではありませんが、「日本全体がどうなっているのか」を判断するための指標として、世界中の投資家の注目を集めています。 構成される銘柄が変更される際も、このセクター・業種のバランスが大きく意識されることになります。 これにより、業種のバランスが保たれており、日本全体を表す指標とされています。 中のジャンルは以下の通りです。 自動車• 電子機器• 医薬品• サービス• パルプ・紙• 非鉄・金属• 鉄道・バス• 不動産• 輸送用機器• 「ダウ式平均」という計算方式が採用されています。 修正除数• みなし額面• 修正倍率 など、様々な観点から、単純平均を分配して計算されています。 さらに、細かい説明はここでは扱いませんが、平均株価指数の特徴と同じように、 「1株あたりの株価が高い銘柄の影響を受けやすい」という特徴も持っています。 日経平均株価の記録は、以下の通りです。 16営業日 2017年10月2日~2017年10月20日• 日経平均株価とは、 「日経新聞社が、東証(東京証券取引所)一部の上場企業の中から、業種バランス・株価の流動性を考慮し、独自に選定した、代表225社の平均株価指数」• 様々な業種から構成されている• 日本の景気を表す代表的な株価指数であり、世界中で取引されている• ダウ式平均株価で構成されている• 構成銘柄は変更される場合もある 日経平均の概要をしたら、日経平均を対象にした代表的な取引である、「先物取引」について理解を広げていきましょう。

次の