武蔵 小杉 停電。 武蔵小杉タワマン停電、売却の動き出始める…豊洲など湾岸タワマンの危険性指摘も

武蔵小杉の台風被害タワマン住民説明会 停電、断水の復旧3ヶ月

武蔵 小杉 停電

武蔵小杉駅周辺では、道路にたまった泥を除去する作業に追われていた 12日に東日本を襲った台風19号は、各地で多くの死者、行方不明者を出す大災害となった。 そんな中で話題となっているのが、神奈川県川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺の武蔵小杉エリア(通称ムサコ)だ。 この付近で多摩川は氾濫しなかったが、街のあちこちで雨水を多摩川に流すはずの下水道の逆流が原因とみられる浸水・冠水被害に遭った。 タワーマンションの建設ラッシュで「住みたい街ランキング」で上位に入る人気を誇ってきた同エリアだが、専門家は今後、資産価値の下落は避けられないとみている。 高さ100メートルを超えるタワマンが駅周辺に14棟も林立するムサコで、急ピッチで復旧作業が行われているのは、駅前に立つ47階建てのマンションだ。 2008年に完成したタワマンで、ムサコ発展のシンボル的な存在だったが、台風19号でマンションの地下が浸水し、電気設備がダウン。 自家発電設備のある上層階は無事だったが、低層階が停電と断水被害に見舞われた。 排水作業を行っているものの15日現在、復旧の見通しがついていない。 被害があったのはタワマンだけではなく、周辺一帯に及ぶ。 川崎市によれば中原区は720軒が浸水し、600軒が停電した。 市担当者は「多摩川からの越水は確認されていない。 下水が逆流した可能性は原因の一つで考えられるが現在、調査中です」としている。 近くの住民は「このへんは高低差があって、低いところでは足首、ヒザ上、場所によっては胸のところまで冠水した。 40年近く住んでいるが、多摩川の土手を越えて、浸水するのを警戒していたけれども、まさか下から噴いてくるとは思わなかった。 市や区が原因を言わないから怒っていますよ」と話す。 タワマンや駅周辺の道は清掃作業こそ済んでいたが、いまだ汚泥が地面にこびりついている箇所が多くあった。 別の住民は「下水道が逆流したというのなら、あの泥は便の可能性があると考えるとゾッとする。 タワマンができる前はこんなことはなかった。 タワマンの建て過ぎで、下水処理が追いつかなくなったのでは」と憤る。 工場地帯だった武蔵小杉は再開発で容積率が緩和され、12年前に最初のタワマンが建設されて以降、デベロッパーが相次いで参入。 大型商業施設も次々と建てられ、都心へのアクセスが良いことから人気化し、地価も高騰。 しかし、今回の浸水被害は、大きな影を落としかねない。 ネット上ではタワマン族への嫉妬も追い打ちをかけ、逆流とウンコを引っ掛けて、ネタ化。 ムサコの価値は今後どうなるのか? 「榊マンション市場研究所」主宰の榊淳司氏は「2年ほど前に人口増加で、武蔵小杉駅の改札で40分待ちの報道が盛んに出て、ムサコのタワマンの売れ行きに陰りが出ていた。 この10年くらいで坪単価は270万円から400万円まで上がっていたが、もともと低地で、人が住まない工場のグラウンドだったところ。 なぜムサコが東京の文京区と同じ価格なのか? バブルで実力以上の値段になっていた。 そこに今回の被害で、人気がなくなるきっかけになる」と指摘する。 停電被害となったタワマンと同じデベロッパーが手掛けた駅前のタワマンでは、ネットニュースサイトで被害があったと伝えられたことにホームページ上で事実誤認と反論。 「台風19号前後を通して、各部屋及び共用部のすべてで、施設設備は通常通り使える。 『事実』を信頼いただきたく存じます」と訴えた。 資産価値に直結するだけに風評被害にはナーバスになるのも無理はないところだ。 榊氏は「いきなり価格が下がることはないが、5年くらいかけて3割下がることはあり得る。 ムサコではあと2つ、タワマンを建設中ですが、売れ行きは鈍るでしょう。 土地はまだあるので、今後も建設計画はあるでしょうが、デベロッパーも腰が引ける。 この2、3年でまた同じような被害が起きたら、イメージダウンから回復できない」と話す。

次の

武蔵小杉、断水と停電トイレ禁止のタワーマンションはどこか判明

武蔵 小杉 停電

明かりが戻った武蔵小杉のタワーマンション群(撮影=編集部) 台風19号の大雨の影響で浸水被害が発生した東急・JR 武蔵小杉駅周辺の タワーマンションの住民は、ようやく普段の暮らしを取り戻しつつある。 同地域のタワーマンション計11棟のうち2棟は、台風の影響で地下の電気設備や水道ポンプが冠水し、停電、断水した。 だが29日までに、電気は完全に復旧。 水道もほぼ元通りになったが、タワーマンションの受水槽や給水層への被害から飲用はできない状況だという。 長引く被災によるダメージとブランドイメージの低下から、資産運用目的でマンションの住戸を所有していたオーナーらが、売却に舵を切り始るのではないかとの観測もある。 また今回、風水害への脆弱さが露呈したことで、東京湾岸のタワーマンション群の価格への影響を懸念する声も出始めた。 被災から2週間の武蔵小杉 29日夜、東急東横線武蔵小杉駅(川崎市中原区)から徒歩数分のタワーマンションに向かった。 にょきにょきと夜空に伸びる高層建築の窓からは、被災前と同じ生活の明かりが漏れていた。 以前、道路に残っていた泥の痕跡はもはやなく、見た目は完全に復旧しているように見える。 だが、家路を急ぐ住民の顔には一様に疲労の色がにじんでいた。 通りがかった女性は「マンション住民全体で決めました。 お話することができないことになっていますので」と言葉少なに立ち去った。 立ち止まった別の50代女性に話を聞いたところ、次のように語った。 「下水の逆流で排泄物が町中に散らばったとか、泥の撤去に来たボランティアにクレームをつけたとか、根も葉もないうわさが流れて武蔵小杉のイメージはボロボロ。 それもこれもあなたたちマスコミが面白おかしく煽ったから。 もともと長閑な町だったのに、もうそっとしておいてよ!」 また、仕事帰りというマンション住民の男性は「電気もガスも戻ったけれど、水道はまだ飲用に使えないんですよ。 当然、料理にも水道を使っていません。 これから煮炊き用のミネラルウォーターを買って帰ります」と自嘲気味に語った。 川崎市上下水道局サービス推進課は、こう話す。 「中原区内の上水道は復旧しました。 市管理の水道管を通って蛇口から出る水に関しては、これまで同様飲料水として利用可能です。 ただ、市の管理を離れてしまう各ご自宅の受水槽や給水槽などが被災されている場合は、それぞれでご対応いただくかたちになっております」 復旧したとしても、一度、下水に浸かったというイメージがあり、心理的に「飲用、食用として使いたくない」という思いもあるのだろう。

次の

タワマン停電、住みたい街:武蔵小杉に何が起きた?資産価値どうなる?

武蔵 小杉 停電

これまでのニュース 上の写真は、集まった水が排水溝から水があふれている様子です。 地域一帯が水に浸かってしまった模様です。 水は14日までにおおむね引きましたが、新たな問題が浮上しました。 タワーマンションや商業施設が停電 一帯に流れ込んだ水で道路が冠水したため、タワーマンションの一部にも水が流れ込み、マンション内にも浸水が起りました。 武蔵小杉の商業施設である、グランツリーも浸水したという報道ですので、ある一定のエリアは、どの建物も浸水を免れなかったようです。 トイレが使えなくなったマンション こちらは、47階建てのタワーマンション。 こちらも停電が続いており、そのため、部屋のトイレが使えない状態となっているということです。 マンションの機械室に水が入った 住民の方は、次のように話しています。 機械室に水が入ったらしく電気系統が全部ダウンして、停電になってしまった。 買い置きのランタンを使っているほか、簡易用のトイレも常備していたので… ビルの場合、電気他のマンションの設備は、多く1階か地下にあるため、浸水でその部屋に水が入ってしまったということのようです。 エレベーターが使えないと高層階はどうなる? さらにエレベーターが使えなくなっているため、住民たちは、階段で高層階まで上り下りしたり、親戚の家に身を寄せたりしているということです。 関連記事 水が出ず「断水」に 電気が使えなければ、エレベーターは勿論使えませんが、それ以上に、水が出るのかどうかが心配です。 水は、平屋の戸建てなら、水源からの圧力で水が出るわけですが、タワーマンションの場合は、高層階へは電気のモーターで汲み上げるため、水を持ち上げるための電気がなければ水が出ません。 停電と断水が同時に起こることとなります。 停電のあったマンションは47階と伝えられていますので、飲料水を持って、あるいは持たなくても、高層階まで上り下りをするのは、通常は難しいでしょう。 「階段の上り下りで足がパンパンに」 姉夫婦が、タワマンに暮らしているという女性は階段の上り下りをする住民の苦労を語りました。 住民が難儀をしている様子を「足がパンパンになってしまった」と表現、「赤ちゃんを抱えている人もいた。 かわいそうだった」と話しています。 報告では、停電の修理には、「1週間以上かかる」とのことです。 姉夫婦を心配する女性は「この先どうするのか」と、生活を案じています。 多量の水の用意があれば別ですが、そうでなければ、水が一週間も出ない場所で生活するのは難しいかもしれません。 タワーマンションの停電のリスク 東日本大震災のあとで、マンションと災害の関係がさまざまに取り沙汰されました。 これは東日本大震災の際では、断水が戸建てを含めて広いエリアで起こったことです。 人々は容器をもって給水車に並び、それを自宅まで運ぶということになりました。 戸建ての場合なら、それができても、タワーマンションの場合は、まずは、停電が必ず起き、停電の間は高層階の部屋へは上り下りができないということが最大の問題であることが既にわかっています。 タワーマンションに住む場合は、災害時の停電の時の備えが絶対に必要です。 災害時には、エレベーター、電気、水道が使えなくなるということを普段から念頭に置いて対策することです。 または、それができない場合は、災害が起こった時に、一時的に外に避難、滞在ができる場所を普段から考えておくことも必要です。 復旧までの生活は困難 『高層難民』の著者で、防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏は、地震や災害が起こった場合の時について下のように言います。 東京都の被害想定では、電力の復旧まで1週間とされています。 当然、エレベーターも動かない。 地震発生直後の、行政の水や食料の配給はすべて地上で行なわれるわけです。 高層の住人に物資を届けることはない。 そうすると住人は自ら1階におりなければならないが、地上で配給を受け取り、また階段で高層まで上がるというのは現実的に無理でしょう。 今回の災害の報道では、消防本部が「いのちを最優先に行動するように」ということを終始呼びかけました。 特に高齢の方は、タワーマンションの中に生活し続けることには不安が残ります。 エレベーターがなければ、万が一急病という時にも、救急車の救急隊員の対応も遅れてしまいます。 出費は免れませんが、やはり命を大切に、どこかご親戚の方のお宅に身を寄せるか、近くのホテルに滞在するなどして、復旧を待たれるのがいいと思われます。 マンション情報とご相談は.

次の