古村 比呂 ブログ。 古村比呂さん、子宮頸がんが再発・・・自身のブログで明かす。子宮全摘出しても再発!4箇所も。現在の状態は!?

古村比呂 ブログで分かる深刻な病状!子宮頸がんステージの生存率を超越してほしい!

古村 比呂 ブログ

古村比呂さんをヤフーで検索したとき、「余命」という文字が浮上するようになってしまいました。 時期は定かではありませんんが、以前「古村比呂さん」を検索したときに「余命」という関連キーワードは絶対に無かったのです。 古村比呂さんに浮上する「余命」・・・。 今回はその理由をブログの中で発見しました。 古村比呂 余命を感じさせるブログ内容の変化 古村比呂さんが子宮頸がん再々発をして、ブログを書いているのは有名な話です。 読者数も小林麻央さんのブログ KOKOROには及びませんが、少しずつ読者数も増えてきているようです。 芸能人の場合、アメブロで閲覧数が多いと広告収入が入るので、少しでも治療費の足しにしたい・・・と考えているのでしょう。 私も少しでも役立ちたいと思い、古村比呂さんのブログに読者登録を行い、毎回欠かさず読み続けてきました。 しかし、最近は古村比呂さんのブログで変化を感じ始めました。 以前は息子のことが多く、リンパ浮腫に関する内容もあったと記憶しています。 2018年の6月からはワールドカップの内容が多いのですが、そんな中・・・ 体調不良を感じさせる内容が増えてきたのです。 以前、白血球減少が理由で抗がん剤治療をストップしたときはニュースサイトで取り上げられたりもしましたが、6月に入ってブログ内容にも確実に変わってきました。 どんな風に変化したのか??? 次の章で、古村比呂さんのブログの内容の変化を少しだけ解説したいと思います。 古村比呂 余命が消えない!ブログからの体調悪化! 先程も書いた通り、古村比呂さんのブログでは以前から体調不良が書かれていました。 子宮頸がんが肺に転移している末期状態で、体調が良好のはずはないのですが、ここ最近は頻繁に感じるようになったのです。 まず最初に「あぁ・・・やっぱり」と思ったのは6月13日のブログの内容でした。 手術で治せるレベルは過ぎてしまい、他に放射線治療については不明です。 いずれにせよ、できる最善の治療が抗がん剤治療なのだと思います。 それでも、古村比呂さんのように遠隔転移すると頼れるのは抗がん剤治療・・・。 7クール目の抗がん剤治療が行えない程、白血球が減少している古村比呂さん・・・。 余命と安易に言いたくはないのですが、確実に体調が弱っているのは感じることができます。 そしてその後、ブログで登場するのが浮腫や 電気式毛布。 6月中旬ですよ!! 6月に電気式毛布を使う人いますか?? そうなんです!普通の人は布団の枚数が減少することがあっても、電気式毛布を使うことは絶対にありません! 癌に関する知識を持っている人であれば分かると思いますが、 古村比呂さんの場合は体温調節が難しくなっているのです。 小林麻央さんの酵素風呂や水素温熱免疫療法・・・。 覚えている方もいるかもしれませんが、 癌細胞は低体温を好みます!! なので、癌患者は体温を高く維持することが大切になるのですが・・・癌に体が侵されると体温調節がうまく行うことができなくなってしまうのです。 体温調節がうまくいかないこと・・・私は小林麻央さんのブログ KOKOROで学びました。 ですが、古村比呂さんのブログでもそれを感じるようになったのです。 乳がんと子宮頸がん・・・。 症状が同じとは言いません。 しかし、 ブログを見る限り「余命」か少しずつ短くなっているようにさえ、思えてしまうのです。 信じたくないけど・・・ネガティブな言葉を発してはダメだと分かっているけど・・・。 古村比呂さんのブログを読み続けて「余命」という言葉が浮上してきたのは事実です。 多くの有名人が癌で死去する報道を見てきました。 古村比呂さんはこれまでも、旦那の浮気と離婚・・・。 子宮頸がんにリンパ浮腫と、本当に多くの辛さを経験しています。 このまま子宮頸がんで死去・・・なんて考えたくもありませんし、いくらなんでも不公平です!! だから、 古村比呂さんには「余命」という文字をネット上から消してしまうくらい回復してほしい!! 私はそう願っています。 古村比呂さんのブログが、体調不良から回復の内容に変わりますように・・・。 スポンサーリンク.

次の

古村比呂ががんの再発をブログで告白!進行度のステージはどのくらい?

古村 比呂 ブログ

Contents• 古村比呂 ブログから予想できる現在の治療方法。 最初に結論から書かせていただきますが、古村比呂さんが実際に行っている治療方法の詳細は ブログだけで判断するのは難しいです。 2018年3月29日現在、抗がん剤の4クール目が終わったことは明らかなのですが、それ以外の治療法に関してブログにも書かれていないためです。 今から6年前・・・最初に古村比呂さんに子宮頸がんが発覚し、子宮の摘出手術を行った時、抗がん剤治療が5回と放射線治療が28回あったと本人が話していました。 しかし、再々発を告白したときは、肺転移というステージ4Bを示す病状は明らかにしたものの、治療方法に関してはブログでも書かれていなかったのです。 現在分かっているのは抗がん剤が4クール目に入ったこと。 ちなみに少し難しい話になりますが、子宮頸がんの際に投与する抗がん剤の種類はパクリタキセル、シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン、イリノテカンなどがあり、投与するタイミングや回数などもすべて異なります。 具体例として、パクリタキセルとシスプラチンを合わせて投与すると医師が判断し、初日にパクリタキセル、2日にシスプラチンを投与したりします。 ブログを見る限り、当初行っていた放射線治療は行っていないように思えます。 なお、放射線治療は病巣が1か所に留まっている時に行うことが多く、遠隔転移していると抗がん剤が一般的にようです。 古村比呂さんは肺に遠隔転移しているので、おそらく抗がん剤治療だけなのかもしれません。 ブログから判断できる古村比呂さんの治療方法はこんな感じでした。 最近の古村比呂さんはブログでしか見れませんが、 ブログを見る限り、病状はかなり辛そうです。 多くの人は、抗がん剤の副作用と聞くと、吐き気と抜け毛しかイメージできないと思いますが、実際はもっと壮絶です。 古村比呂さんもブログで『怠さ、吐き気、痺れ、血圧アップなど』と書いていることから、予想していない副作用に見舞われているようです。 私の親戚も、生まれつき低血圧だった女性ですが、抗がん剤投与後は高血圧の症状が出て本人も驚いていました。 抗がん剤の副作用は症状が辛いのはもちろんのこと、体の体質まで変えてしまう力があるんですね、 ちなみに抗がん剤の副作用は、人によっても異なりますし、抗がん剤の種類によっても異なります。 古村比呂さんに襲い掛かっている副作用ですが、ブログを見る限り、かなり辛い病状のようです。 古村比呂 ブログで回復の報告を期待しています! 今回は、子宮頸がんと闘っている古村比呂さんについて書かせていただきました。 ブログを見る限り、白血球の数が減少して抗がん剤をストップするなど・・・かなり辛い様子が伝わってきます。 そんな辛い中でも、前向きでポジティブな言葉をブログで発信している古村比呂さん・・・。 時より掲載する景色の写真は、あの頃に小林麻央さんが書いていたブログ KOKOROを思い出させてくれます。 小林麻央さんは叶えることができなかった奇跡の回復・・・。 古村比呂さんの子宮頸がんステージが末期のことはすでに知っていますが、それでも乗り越えてほしい・・・。 森元首相だってステージ4から生還してますし、俳優の小西博之さんだって見事に打ち勝っているのです。 難しいのは事実でも、無理と決まったわけではありません。 抗がん剤の副作用辛いと思うけど・・・乗り越えて、回復に向かってほしい・・・。 末期がんから回復した女優として、映画やテレビで復帰されることを心から願っています。 古村比呂さんが回復に向かいますように・・・。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

古村比呂

古村 比呂 ブログ

TOP クラウドファンディングチャレンジ中!! 私は3月2日から、がん・リンパ浮腫と共に歩むサポートのため、 「安心・安全に話せるここだけの交流会開催」を目指して クラウドファンディングにチャレンジしております。 今年はこれまで続けてきた「がん・リンパ浮腫交流会」を全国で開催しようと計画していましたが、 現在は人との接触が厳しい状況となりました。 私たちがんサバイバーはよりナーバスにならざるを得ません。 そこで私は治療中、みなさまからの応援メッセージに励まされ、治療を乗り越えられたあの時を思い出し、今度は私が 誰かに寄り添えたらと思い 「どんな時でも寄り添い会える」交流システムをWEB上で構築したいと思いました。 これからの活動は直接会う交流会とweb上での交流会と両方とも活動していきたいです。 ただこれを実行するには HPのブラッシュアップ、一層のセキュリティー対策、個人情報の管理、ルール作りなどを改める必要があります。 ですがそのための資金が現在ないため、クラウドファンディングにチャレンジして、資金を募ることを決めました。 《詳細はこちらです》 4月24日までに200万円を集めることが目標です。 是非皆様のお力を貸してください。 どうぞよろしくお願い致します。 古村比呂.

次の