脱毛 スタッフ 本音。 これがスタッフの本音!なかなか聞けない恥ずかしいVIO脱毛あるある|つるるん革命

「脱毛エステ」「脱毛サロン」スタッフ経験者の本音

脱毛 スタッフ 本音

ひと昔前は高額なイメージがあり、一般人にはなかなか経験できなかった光脱毛。 最近はお手頃価格でおしゃれなサロンも増えてきて、実際に光脱毛を済ませている人も少なくないですよね。 この記事を読んでいる方でも、友人の中に「脱毛したことがある」という人が増えている実感があるのではないでしょうか?そんな最近流行りの脱毛サロンですが、脱毛サロンで働くエステティシャンならではの「あるある」もあるようですね。 本記事では脱毛サロンのお仕事を、働く皆さんの本音も交えながらご紹介したいと思います。 脱毛サロンってどんな仕事なの? 脱毛に関しての国家資格や公的資格はなく、美容脱毛士やCPE設定電気脱毛士、美容光脱毛検定などいくつかの民間資格があります。 こういった資格を持っていないと施術できない、というわけではないので、サロン独自の資格制度を設けている会社もあります。 まずは座学で毛や肌についての基本的な知識や、光脱毛の仕組みを学び、それから機器の操作方法や接客マナー、身だしなみについての研修を受けるサロンが一般的です。 お肌トラブルなどを避けるためにも、研修はきちんと行われているサロンがほとんど。 未経験でも安心して始められます。 実際に店舗に配属されてからは、毎日お客様の施術をしているだけではなく、それ以外にもやることがたくさん。 最初は先輩エステティシャンについて施術のヘルプに入ります。 慣れてきたら、お客様への施術を任されるのはもちろん、サロンの規模によっては施術の合間に受付や予約の管理を行っていることも。 他にも、新規のお客様へのカウンセリングや、経験が多くなってくると新人や後輩へのトレーニングを任されることもあります。 施術のときには、機器やベッドを効率よく使い、お客様をお待たせしないためにも、一人のお客様に対して複数人で施術させていただくこともあるようですね。 勤務体系ですが、サービス業ということもあり、シフト制のため、休みは不規則になりがちです。 また、予約状況によっては定時退社が難しくなることもあるようです。 さらに、美容業界ならではかもしれませんが、スタッフやお客様も美容への関心が高い方が多いので、業務時間外でも個人的に美容や脱毛に関する勉強をし、接客レベルの向上を図っているというエステティシャンもいます。 デリケートゾーン(VIO)の脱毛にまつわるアレコレ お客様の立場からすると、VIOといったデリケートゾーンの脱毛はとても恥ずかしいもの。 一方のエステティシャンの立場では、正直あまり気にならないようです。 というのも、脱毛サロンのスタッフはデリケートゾーンの脱毛を経験している人がほとんど。 多くのお客様の施術を経験していて慣れているというのもあるかもしれません。 それよりも、デリケートゾーンは他の箇所に比べて粘膜に近く、施術部位が複雑で痛みを伴いやすいので、施術のときには特に集中して慎重に行っているようです。 話をしていると気がまぎれるというお客様も多いので、いつも以上に話しかけ、リラックスしてもらうように心がけている、というエステティシャンの声も良く聞きます。 デリケートゾーンの脱毛経験があるスタッフから痛みに共感してもらい、励まされることで、なんとか施術を乗り切れたという経験者も。 Vラインについては施術前に残す形を決めるのですが、エステティシャンはその相談をされることもあります。 人気の形や自然に見える形を紹介したり、「水着や下着からはみ出ないようにしたい」というお客様のご要望を伺ったりして、満足してもらえる形を決めていきます。 エステティシャンがデリケートゾーンの施術で困ることと言えば、清潔にしてこない人がいること。 「若干においがあるのはやむを得ないのですが、少しでも気を遣ってほしい」と感じるエステティシャンもいるようです。 また、事前に自己処理をお願いしているにも関わらず、全く処理をしていない状態で来店されるのも困りもの。 他箇所に比べて施術前の処理に時間がかかるので、予定時間を過ぎてしまい他のお客様のご迷惑になってしまうこともあるようです。 エステティシャンだって人間だもの。 本音やあるあるエピソードとは!? 脱毛サロンでエステティシャンをしていると、最も困るのが無断キャンセルや無断遅刻とのこと。 連絡もなく、サロンから連絡をしてもつながらないと、その時間が無駄になってしまうだけではなく、他のお客様をお待たせして迷惑をかけてしまうこともあります。 たった一本電話を入れてくれれば・・・と何とも言えない気持ちになってしまいますね。 特に無断遅刻によって待たされてしまったお客様からクレームを言われてしまったら、お店側に落ち度はないのに謝罪するしかなく、やりきれない気持ちになるのは想像に難くありません。 また、お客様ご自身が施術後の禁止事項を守らなかったにも関わらず、クレームを言われてしまうことも。 例えば施術後は1週間から10日間は日焼けを避けるようにお願いしていても、翌日に紫外線に当たって肌が赤くなってしまったり・・・。 しつこいくらいに禁止事項を伝えていても、このように理不尽とも言えるクレームを受けてしまうケースもあるようです。 特に夏場は初めて脱毛サロンに足を運ぶ人が増える季節でもあり、気候の良さからアウトドアの予定も増える季節。 こういったトラブルが多くなる傾向があるようです。 女性ばかりの職場ということもあり、人間関係が良好なのか気になりますが、多くのサロンではスタッフもお客様も女性ばかりのため、和気あいあいと楽しく過ごせているようです。 美容意識が高い人が多いので、最先端の美容知識を得ることができるなどのメリットも多いとのこと。 施術の練習のために、お互い練習台となって施術しあったりすることもあるようです。 ただ、中には意地悪な先輩がいてあまり良い雰囲気ではない、というサロンもあるようなので、どのような人が所属しているかで環境が左右されるという点では他の職場とあまり変わりないようです。 気になる!脱毛サロンで働くエステティシャンの給与はどれくらい!? 脱毛サロンで働くイメージはつかめてきたけれども、実際にどれくらいの給与なのか・・・。 働くときには欠かすことができない条件の一つ、給与額。 サロンごとで差異はありますが、脱毛サロンのエステティシャンの標準的な給与スタイルを見ていきましょう。 エステティシャンは「基本給プラス成果報酬」という給与体系が多いようです。 基本給は20万円程度が一般的で、成果報酬の金額はノルマに応じてまちまち。 もちろん、厳しいノルマを達成できた方が、給与額も上がります。 エステティシャンの中には、月額50万円を稼ぐすごい人もいるそうです。 成果報酬の他、資格取得に応じて資格手当が支払われるとか、皆勤手当をもらえる会社もあります。 ノルマというと達成できないと叱責を受け、嫌がらせをされるのでは・・・と思うかもしれませんが、今はあまりに無理なノルマを課すような会社は少なくなってきているようです。 また、ノルマ自体がない会社も増えてきています。 無理な勧誘があるとインターネット上の口コミ等ですぐに広がってしまい、お客様が離れていってしまうので、会社側も配慮しているのでしょう。 ノルマがある場合には、アフターケア用の化粧品をご紹介したり、新しく施術箇所を増やしていただくようコースをご提案したりすることが多いようです。 給与ももちろん大事ですが、実際に働いているエステティシャンはお客様がキレイになっていくのを見るのが嬉しく、それがやりがいにつながっているとのこと。 「脱毛の効果があったよ、ありがとう」など、ちょっとした感謝の言葉がとても嬉しいという声が多いです。 施術中はお客様と会話していることがほとんどなので、その中で美容に関することや様々な知識について教えてもらうことができ、知見が広がっていくのも楽しみのようです。

次の

妻のVIO脱毛をどう思う?男性の意見をぶっちゃけリサーチ!

脱毛 スタッフ 本音

「恥ずかしい」と思う気持ちを完全にコントロールするのは難しいです。 しかし、前もって照射時の服装や姿勢を知っておくことで、心の準備ができ、恥ずかしいと思う気持ちを和らげることができるのではないでしょうか? まずは、照射時の服装から説明します。 照射時の服装 サロンでもクリニックでも、ほとんどの場合、用意されている ラップタオルに着替えます。 その後、当日履いていった下着を脱ぎ、そのままベッドに寝転ぶ場合もあれば、用意されている紙のパンツに履き替える場合もあります。 ラップタオル 紙のパンツ 基本的に、V・Iラインを照射するときは仰向けに、Oラインを照射するときはうつ伏せに寝転びます。 仰向けに寝転ぶ場合、目を保護するためにゴーグルをつけることが多く、照射中にスタッフと目が合うことはほとんどありません。 ゴーグルをつけないサロン・クリニックの場合、アイマスクを持参するのもおすすめです。 また、体が冷えるのを防ぐためにも、照射する部分以外はタオルをかけ、露出を最小限にするなどの配慮をしてもらえます。 照射時の姿勢 Vライン照射時の姿勢 仰向けに寝転び、少し足を開きます。 紙のパンツを履いていない場合はそのまま照射します。 履いている場合はパンツを少しずつずらしながら照射していきます。 Iライン照射時の姿勢 仰向けに寝転び、片方の足を外側に曲げ、4の字のようにします。 紙のパンツを履いていない場合は、そのまま照射します。 履いている場合はパンツを少しずつずらしながら照射していきます。 片側の照射が終わったら、曲げる足を変え、反対側の照射を行います。 Oライン照射時の姿勢 うつ伏せになる場合と、横向きになる場合があります。 Oラインも、紙のパンツを履いていない場合はそのまま、履いている場合はパンツを少しずつずらしながら照射していきます。 Oラインはお尻に隠れているので、少しお尻を広げながら照射します。 このとき、 お尻に力が入っていると、Oラインが隠れてしまい照射できなくなるので、力を抜いてリラックスするようにしてください。 Oラインの場合、中には四つ這いになって照射を進めるサロン・クリニックもあります。 四つ這いの方が恥ずかしさを感じる人が多いので、気になる人はあらかじめ照射時の姿勢を確認しておきましょう。 VIO脱毛経験者の声やアドバイスをまとめました。 現在、VIO脱毛中の「脱毛の学校」編集部員による具体的なアドバイスもあるので、ぜひ参考にしてください。 実際に体験してみるとあまり恥ずかしくなかったという声が多数 体験談や口コミを見ると「最初は恥ずかしさを感じたけど、スタッフの指示に従って姿勢を変えているうちにあっという間に終わった」という声や「2~3回目になると慣れてきて恥ずかしさを感じなくなった」という声が多く寄せられています。 また、ゴーグルをつけるサロン・クリニックの場合、周りがはっきりと見えず、スタッフと目が合うことも少ないので、恥ずかしさを感じにくいという声も多いです。 編集部からの2つのアドバイス 1対1でじっくりか2~3人のスタッフで時短か、自分に合ったスタイルを選ぶ 最初から最後まで1対1でじっくりコミュニケーションを取りながら照射を行うところもあれば、1度に2~3人のスタッフが入って、手早く照射を進めるところもあります。 脱毛の学校・編集部のだちゃんの体験談&アドバイス その1 野田私がミュゼでVIO脱毛をしたときは、最初1人のスタッフが担当してくれていたのに、途中で『失礼します。 お手伝いしますね!』って別のスタッフが入ってきてびっくりしました。 照射中に急にスタッフが増えて、ちょっと恥ずかしかったな。 ということは、初回カウンセリング時に何人で照射を行うのかを確認して、自分に合ったスタイルのサロン・クリニックを選ぶのがおすすめです! 紙のパンツを履いたまま照射する方が恥ずかしさが和らぐ 前述の通り、VIO脱毛では、下着を全て脱いで照射する場合と、紙パンツを履いたままパンツを少しずつずらして照射する場合があります。 恥ずかしさから気になることを相談できないと後々後悔することも… VIO脱毛に関する口コミや体験談を見ていると、 「こんな形に整えたい、これくらい毛を残したいなど、初対面のスタッフに詳しく話すのが恥ずかしくて、何も伝えられずにいたら、思っていた通り脱毛できず、後悔している」。 という声も少なからず出てきました。 光脱毛や医療レーザー脱毛の場合、一度脱毛を完了すると元に戻すのは困難なので、 最初にしっかりと希望を伝えることが大切です。 口にするのが恥ずかしい場合は、紙に書いて行き、見せるのもおすすめです。 「この部分はある程度毛を残して、この部分は無毛に」など、できるだけ具体的に希望を伝えましょう。 また、初回カウンセリングでうまく伝えられなかった場合も、2~3回目であれば、まだまだ対処可能なので、スタッフに「もう一度、形や毛の残し方について確認したい」と話し、具体的な希望を伝えてください。 これらの対処を行っても、やっぱり恥ずかしい気持ちを抑えられない場合は、家庭用脱毛器での脱毛することもできます。 しかし、肌がデリケートなVIOゾーンを家庭用脱毛器で脱毛するのは、あまりおすすめできません。 どうしても家庭用脱毛器を使って脱毛する場合は、以下のことに気をつけてください。 Vゾーンにも使用できる製品かを確認する 家庭用脱毛器の中には、VIOラインには使用できないものもあります。 購入する際には必ず、VIOラインにも照射使用できるかを確認してください。 I・Oラインへの照射は控える 自分の目で確認しづらい上、粘膜部と接しているI・Oラインに自分で照射しようとすると、誤って粘膜部に照射してしまう可能性があります。 家庭用脱毛器で脱毛するのは、Vゾーンのみに留めておくのが無難です。 家庭用脱毛器についての詳細は、に掲載しています。 サロンで働く脱毛のプロに、サロンで行われている配慮や恥ずかしさを和らげるためのアドバイスを聞きました。 どの部分まで見えるのかを正確にお伝えします お履き替えいただくペーパーショーツを手に取って頂き、粘膜のどの部分まで見えるのかを正確にお伝えします。 実際に、Iラインは粘膜の内側まで見て施術はしないことを知っていただくとご安心いただくお客様がほとんどです。 (丹沢) 半分ずつショーツをずらして照射します VラインとIラインは、半分ずつショーツをずらして照射し、Oラインは体ごと横を向いていただくので「全て見せなければいけない」ということはありません。 また、お客様が施術に気持ちが行かないようにお話をしながら施術させていただいております。 (登坂) 無理な体勢を取ることはないので安心して 紙ショーツを履いていただき、少しずつずらしながら照射していきます。 その時、他の部分はタオルをかけて、あまり肌を見せない状態にいたします。 ずらすだけでは照射できない範囲に関してはショーツを取っていただく場合もありますが、無理な体勢をとっていただく必要はありませんのでご安心ください。 (キレイモ) 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 最初から最後まで私一人で担当します 当サロンでは、最初から最後まで、私1人が対応します。 2人っきりで他に誰もいませんので、カウンセリングの段階でかなり緊張感はなくなるようです。 (桶本) 私も最初は恥ずかしかったです 私自身も一番最初にVIO脱毛を受けるときは「恥ずかしい」気持ちでいっぱいでした。 でも、施術をしてくれたお姉さんが良い距離感で話をしてくれて痛みも和らぎ、脱毛後は生理時の不快感から解放され「また施術を受けたい」と思いました。 沢山の人を見てきた、施術を行ってきたプロに身を任せてみてはいかがでしょうか?(門田) 施術者が気にしているのは毛質と毛の流れだけです お客様が思っておられるほど施術者は気にしておりません。 実際に施術者が気になるのはそのお客様の毛質と毛の流れそれにお肌の状態です。 施術者の考えていることは いかに痛みが少なく手際よく施術出来るか、きれいになるか。 それに黙っての施術はお客様が不安になられるので楽しい会話の話題のことです。 (Chika) サロンスタッフにプライベートで本心を聞いてみました! サロンスタッフがプライベートでアドバイス 脱毛の学校専属ライター・うっちゃんの友人が、脱毛サロンで働いています。 せっかくなので、プライベートでお茶をしたときに、スタッフの貴重な本音をこっそり聞いてみました。 サロンスタッフ・Aちゃん銭湯に行って人の体をまじまじ見ないのと同じで、ずっと見てるわけじゃないから恥ずかしがらないで大丈夫だよ! スタッフは全員女性だし、恥ずかしいと思う気持ちも理解した上で施術してるし。 不安に思うことがあれば、カウンセリングのときに言ってみて。 1回目は、恥ずかしいと思っている人ばっかりだから気軽に話してほしいな~。 確かに、そう言われると恥ずかしさが気にならなくなってくるかも。 ありがとう! 恥ずかしいと思っていることを話すのも、恥ずかしいかもしれないけど、素直に話してみれば、きっとたくさんのアドバイスがもらえます。 他にも不安に思っていることはカウンセリングでしっかり相談してくださいね!(うっちゃん) 各脱毛のプロのアドバイスまとめ 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 脱毛の際、片脚を広げてもらいますが、恥ずかしいと感じる方は脚が閉じていく傾向があります。 こちらから「脚が痛い?」等聞くことがあります。 そうではなく、恥ずかしいときは恥ずかしいと伝えてもらえば、スタッフからリラックスできるように対策します。 産婦人科に行くのと同じことだと思ってもらえたら少しは気が楽でしょうか…。 脱毛サロンやワックス脱毛専門店のスタッフは、多くの女性のビキニラインを見ています。 お客様のビキニラインの状態や毛質の特徴を頭に入れていることはありますが、それを変な目で見たりはもちろんしません。 一人一人違うのは当たり前のことですし、スタッフたちはそれを十分理解しているので、恥ずかしがらず安心して身体を預けてくださいね。 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 恥ずかしいときは、施術前に恥ずかしいとスタッフにお伝えください。 緊張をほぐすために、おしゃべり等て紛らわしていくようにしますよ。 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 対策としては紙ショーツの着用や、タオルで隠しながら施術を行っています。 一番大切なのはお客様との距離感だと思います。 沈黙の時間がずっと続くと「痛い」「まだかな」「恥ずかしい」等不安な気持ちになってしまうので、お客様と雑談を沢山して「楽しく話していたらもう終わってた!」と気持ちを変える事で「恥ずかしい」気持ちは無くなると思います。 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 私自身も一番最初にVIO脱毛を受けるときは「恥ずかしい」気持ちでいっぱいでした。 施術中、施術をして頂いたお姉さんが良い距離感で話をしてくれて痛みも和らぎ、脱毛後も生理時の不快感から解放され「また施術を受けたい」と思いました。 施術をされる方はプロですので、一日に何人ものVIOを見ていて、施術を行っています。 恥ずかしい気持ちも勿論分かります。 沢山の人を見てきた、施術を行ってきたプロに身を任せてみてはいかがでしょうか?分からない事や不安な事も質問すれば、しっかり答えてくれます。 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 ANGIEでは「まる出し」「すっぽんぽん」状態にならないように、使い捨ての紙スカートを履いていただきます。 施術の時、必要に応じて、スカートをめくりますが、ちょっと手のあく時間もさっとデリケートゾーンをお隠しします。 施術者はみんなプロですので、施術の際に恥ずかしさは感じていないと思います。 私もよく「毛しか見ていません!」とお伝えしますが、アンダーヘアの状態もデリケートゾーンの状態も、個人差があるものだと承知しております。 逆に皆さまのコンプレックスや不快さを解消することに燃えていますので、なぜ恥ずかしいのか、どうなったら嬉しいか、そんなお客様のお気持ちを聞かせていただけると嬉しいです。 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 恥ずかしさや緊張、痛みをやわらげる為、施述中はお話させていただいてます。 脱毛のことはもちろん、デリケートゾーンの事はなんでも、お応えできるように日々情報収集しております。 また、帝王学をもとにしたコミュニケーション学を学んでおり、お伝えすると皆様、興味をお持ちいただけます。 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 下着からアンダーヘアがはみ出ている状態の方が恥ずかしいです!恥ずかしいのは最初の数回だけで、衛生的にする事のメリットの方が断然多く大きいです。 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 当サロンは自宅の一室ということと施術させていただく私がお客様の母親世代ということもありワックス脱毛のご心配やご質問はもちろんですが世間話や私の経験談などの会話でリラックスしていただけるようにとにかくいろいろお話させていただいております。 なので初めてのご来店時は緊張されておられますがお帰りには「必ずまた来ます。 ドキドキして来たけど家でお母さんにしてもらってるみたいだった」とおっしゃってお帰りいただいております。 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 お客様が思っておられるほど施術者は気にしておりません。 実際に施術者が気になるのはそのお客様の毛質と毛の流れそれにお肌の状態です。 施術者の考えていることは いかに痛みが少なく手際よく施術出来るか、きれいになるか。 それに黙っての施術はお客様が不安になられるので楽しい会話の話題のことです。 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 大手サロンだと毎回スタッフが変わる事が多いので、個人サロンの方が、1対1なので恥ずかしさは初めだけになるかと思います。 あとはスタッフを指名できるサロンなら1人の方にお願いすると良いかと思います。 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 私自身もお客として受けた時は初め恥ずかしかったですが、やはり回数を重ねると開き直れます!(笑) もちろんこれは、人によって違いがあると思いますので、できるだけその人にとって最適な施術ができるよう心がけています。 例えば、どうしても恥ずかしくて気になるようでしたら半分隠して対応したりしていますので、遠慮なくリクエストしてみると良いと思います。 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 お客様のほとんどが「股を広げて施術をする」とお思いになられていますが、当店ではそのような体勢での施術はしないので安心してください。 VIO脱毛の際、スライド式のペーパーショーツに着替えていただきます。 VラインとIラインは、半分ずつショーツをずらして照射し、Oラインは体ごと横を向いていただくので、「全て見せなければいけない」ということはありません。 また、お客様が施術に気持ちが行かないようにお話をしながら施術させていただいております。 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 みなさん「恥ずかしいから…」と悩まれていますが、一定の期間が終わると「すっきりした」「生理のときも快適!」と喜んでいらっしゃいます。 施術中は、打ち漏れがないように施術する、ジェルが残らないように拭き取りをする、など、施術のことを考えていたり、お客様が快適に過ごせるようにと思っています。 女性同士なので、思い切って一歩踏み出していただければと思います。 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 残念ながらこれといった対策はないです…。 エステでも、医療脱毛でも脱毛部位がそこなだけに隠しながら施術することは不可能です。 恥ずかしさは施術前までで、始まってしまうと恥ずかしさも無くなりますよ! 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 当サロンへのお問い合わせや、初めてご来店の方でも術前におっしゃる方は非常に多いのですが、施術を受けたほとんどの方が「平気だった」と次回来店をご希望されます。 初めての日はきっと、恥ずかしさよりも痛みを我慢されることに神経が向かわれたり、終わった後は仕上がりのきれいさに感動するお気持ちの方が強くなりますのでどうぞ安心して門を叩いてみてください! 「VIO脱毛をやってみたいけれど、恥ずかしい」という人に対して行っている対策があればお教えください。 施術は紙ショーツを履いた状態で行なっていくので、恥ずかしさは軽減されると思います。 照射部分のショーツを少しずらして、処理する部分だけが見えている状態にします。 実際に施術を行う立場から、「恥ずかしい」と感じている人に対してのアドバイスをお願いします。 できる限り恥ずかしくないよう、施術中にスタッフが声掛けを行ったり、タオルをかけたりと工夫をさせていただいていますので安心してください。 以上、「VIO脱毛は恥ずかしい!? |服装・姿勢の解説&対策とスタッフの本音」でした。 恥ずかしいと思う気持ちを完全にコントロールするのは難しいですが、さまざまな対策を取ることで、恥ずかしさを和らげることはできます。 ここに上げた事前に行える6つの対策をぜひ実践してみてください。

次の

脱毛口コミ!全部実際行ってみた本音のおすすめランキング

脱毛 スタッフ 本音

VIO脱毛は施術を受けるときにサロンスタッフさんにVIOを見られてしまうのが恥ずかしい、すごくムダ毛が多くてどう思われるかが怖いなど、デリケートな部位だけに脇脱毛や脚脱毛とはちょっと違ったハードルの高さを感じてしまいがちです。 施術を受ける側はいろいろと考えてしまいますが、実際VIOの施術を担当するサロンスタッフさんはどう思っているのでしょうか? ここはハッキリ訊くしかない!ということで、脱毛サロンで働くスタッフの方々に、お客さんのムダ毛やVIO脱毛についてのホントのところを教えてもらっちゃいました! 全身脱毛完全ガイド編集部がサロンスタッフさんに聞いてきた質問は以下の3つです!• VIOの施術時はどんな気持ちでされていますか?施術するときにじっくり見てる?• VIOのムダ毛の多い人のことをどう思いますか?• VIOの施術時はどんな気持ちでされていますか?施術するときにじっくり見てる? A1. VIOはデリケートで立体的な場所ですから丁寧に脱毛の施術をすることを心がけてはいますが、気持ち的には腕や脇と変わりなく行っています。 VIO脱毛は、他の部位と違って、全ての毛をなくすのではなく部分的に毛を残すことを希望されるお客様も多いので、照射範囲を間違えないようにという緊張感はあります。 施術時にVIOそのものを見ているかどうかは、もちろん見てはいるのですが、 デリケートゾーンをと言うよりも照射対象の「毛」を見ていると思って下さい。 VIOのムダ毛の多い人のことをどう思いますか? A2. 脱毛前の毛量は人それぞれ違いますので、多いからといって特に何かを感じると言うことはありませんし、これまでの自己処理などでのご苦労を思いますと、脱毛サロンへに来ていただけて嬉しいなと感じます! Q3. VIO脱毛の施術中に注意していることは何ですか? A3. VIOの施術時は無防備な状態の素肌に触れさせていただくので、 なるべくお客様が不安なくリラックスできるよう、声のトーンは明るめに、柔らかく話せるように心がけています。 剛毛さん大歓迎!ムダ毛が多いほどキレイにするやりがいも大きい!〜エステティシャン歴5年のBさん Q1. VIOの施術時はどんな気持ちでされていますか?施術するときにじっくり見てる? A1. 現在勤務しているのが全身脱毛専門のサロンで、そのコースの中にVIOも含まれているので、ほぼ全てのお客様に毎日VIOの施術を行っています。 VIOだからといってあまり特別感は持っていないのですが、VIOに照射するときは少々窮屈な姿勢で施術を行うので、集中力を切らさないように注意しながら照射しています。 施術時には正確になるべく短時間で照射できるように集中してやらせていただいているので、じっくり見るという感覚はありません。 VIOのムダ毛の多い人のことをどう思いますか? A2. 毛の量が多かったり太めの剛毛だと、脱毛の効果を実感しやすいことが多いので、施術後にムダ毛の量が減って嬉しいという感想をいただけたりしますし、途中で投げ出さないで真面目に通われるので、私としても実はやりがいが大きいのがムダ毛の多い方なんです。 個人的には、毛量の多い方は大歓迎かな! Q3. VIO脱毛の施術中に注意していることは何ですか? A3. 私がVIOを施術する際に一番気をつけていることは、照射を正確に行っていくことです。 脱毛サロンに通ってまで脱毛をするお客様が求めているのは技術だと思うので、施術中のリラックスした雰囲気や親しみやすさも大切にしますが、VIO照射時は集中したいのでお話を中断させていただいてミスのない照射を心がけています。 気まずくならないスピード感と雰囲気作りを心がけています〜脱毛施術担当1年目の新人Cさん Q1. VIOの施術時はどんな気持ちでされていますか?施術するときにじっくり見てる? A1. 実は私自身も職場のサロンでVIOを脱毛しているところで、初回の恥ずかしさはよく覚えているんです。 施術者が知り合いなのでVIOを見られてしまい恥ずかしいということもあって施術前は緊張していたのですが、ごく普通の態度で会話を続けながら施術していただいて、気がついたらVIOへの照射は終わっていたという感じでした。 私もお客様のVIOを施術する際には、気まずさを感じさせないように自然に、そして素早くを目指してているので、じっくり見てはいないですね。 VIOのムダ毛の多い人のことをどう思いますか? A2. 毛量の多いお客様ほど脱毛前にご自身で行っていただくシェービングをしっかりとされてからご来店下さる方が多く、剃り残しや剃り忘れなども少なくてスムースに施術に入れる方が多い印象です。 まだまだ新米の本音としては、量や太さのある方のほうが、脱毛するべき範囲がわかりやすくて打ちやすいということもあります。 VIO脱毛の施術中に注意していることは何ですか? A3. 私がVIO脱毛の施術時に一番気をつけていることは、打ち忘れや手順ミスがないことに注意することと、接客の質を向上してできるだけVIOだからといってお客様が意識してしまうことがないように気をつけています。 脱毛サロンは「キレイをつくる場所」のひとつ! VIO脱毛の施術を脱毛サロンで受けようと思うと、どうしてもVIOを他人にさらさなければならいので、VIOのムダ毛はなくしたい、しかしVIOを他人に見られるのは恥ずかしいというジレンマが生まれてしまします。 全身脱毛完全ガイド編集部が行った取材の結果、脱毛サロンのスタッフさんはほぼ毎日と言っていいほどVIO脱毛を行っているので、人に見せることがない部分だからといって変に意識することなく腕や足の脱毛と同じ感覚で施術をしていることがわかりました。 お話を聞かせていただいた3人の方はそれぞれ経験の長さが違い、脱毛サロンスタッフとしての姿勢も微妙に異なっていますが、 お客様をキレイにしたいという気持ちは同じ!仕事としてそれぞれが強いプロ意識を持って、脱毛の施術にあたっていることが伝わってきました。 安心してVIO脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!? 特集!はじめての全身脱毛にお役立ち.

次の