マーベロン 卵子。 マーベロン(Marvelon)¥1900_漢方製剤_避妊薬・中絶薬【精龍堂精力剤ショップ】

マーベロン(Marvelon)¥1900_漢方製剤_避妊薬・中絶薬【精龍堂精力剤ショップ】

マーベロン 卵子

マーベロン28 飲む意味。 私はマーベロン28を一年前から飲んでいます。 理由は避妊目的ではなく、今は子供を作れる状況ではないので、卵子を温存し数を減らさないのが目的です。 信頼している 、婦人科の先生と看護師さんと相談し、そうすることにしました。 ですが、先日より体調が悪く内科で診察した時に、消化器専門の先生にそういう経緯でマーベロンを飲んでいると話たら、そんな効果聞いたことない、騙されてない?と言われました。 その先生も信頼できると思い何度が診てもらったことのある方(風邪ですが)だったので不安になりました。 確かに卵子を温存する為に飲んでる人って聞いたことないなと思いました。 でも飲み始めてから、生理痛も軽くなったし、ストレスなどで不規則な時もあった生理が順調になりました。 なのでこれからも飲みたいのですが、じぶんの思っている効果がないならどうしようかな?とも思っています。 同じような理由で飲んでる方いらっしゃいますか? 教えていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 補足お二人の方、ご回答ありがとうございます!温存している訳ではないこと良く分かりました。 また、卵子の状態が飲まないよりも良いまま年をとれるのかとも思っていたので、少し残念です。 ご回答の中にもありましたが、婦人科の先生もピルを止めたらすぐ妊娠する人が多いと言っていましたが、偶然ではなく本当なのでしょうか?副作用はありませんが、期待する効果がなくて、血栓などのリスクを考えると、飲むこと悩みます。 種類は違うのですが、避妊目的ではなくピルを2年ほど服用してました。 最初は違う目的で飲んでたのですが、途中で「ピルを一定期間飲み続けると、止めたとき排卵しやすくなる」と聞いてから、妊娠を望む時期が来るまで飲み続けました。 卵子を温存する…という言い方が適切なのかは分かりませんが、ピルによって抑えられていた排卵が、ピルを止めることによって上手く起こるというのは、医学的にも言われているようです。 実際、排卵障害と言われていた私も、2年飲み続けたピルを止めた2ヶ月後、無事妊娠しました! 服用による副作用が辛くないなら、妊娠を望む時期まで飲み続けていいと思いますよ。 私も信頼できる医師に指示を仰ぎながら飲みました。 内科と婦人科では知識も違うと思いますし。。 -補足読みました- 排卵を抑えているからといって、新鮮な卵子のまま保存できるわけではありません。 女性は生まれたときから卵巣に何百万の卵子(のもと?)を持っていて、一生のうちに排卵されるのはそのうち400個程度だそうです。 なので排卵するしないに関わらず、20歳の女性は20年寝かせた卵子、40歳の女性は40年寝かせた卵子なのです。 高齢になればなるほど障害児などのリスクが増えるのは、単純に卵子が古くなるからなんですね。 もともと排卵に問題があると言われているのでなければ、妊娠についても可能性はあまり変わらないと思います。 でももともと問題なく排卵しているのなら、あまり関係ありませんね。 ただ、ピルには子宮がんや卵巣がんなどのリスクを抑える働きがあると言われています。 デメリットもあれば、メリットもあるんですよ。 私の病院では長期間ピルを服用する人には必ず定期的に血液検査をして、異常が出ないよう気を配ってくれました。 もう一度婦人科の医師に、メリットデメリットを詳しく聞くといいと思いますよ! 前の方もおっしゃってるように、私もその理由で止めてしまうのは勿体ないかな?と思います。 ピルを飲むと、卵巣が休眠状態になって排卵が停止しますが これは「ピルを飲まなければ、毎月排卵される予定の卵子の温存」とはちょっと違っています。 女性の卵巣内には数百万個もの卵子のもと(原始卵胞)があり、 ピルを服用していない状態では、毎月のホルモンの作用でその原始卵胞の中の1個が成熟して排卵に至ります。 つまり「卵巣の中には、いつでも排卵できる状態の卵子がスタンバイされている」わけでもなく 「女性が一生の間に排卵できる卵子は数が決まっており、それを使い切ったら閉経」というわけでもありません。 女性の体内には、一生かかっても使い切れない数の卵子の元があるため ピルで排卵をストップさせても「卵子そのものの温存」にはならないんですよ。 また、ピルで排卵を停止させていても 「卵巣の時計の進みが完全停止する」わけではなく、他の臓器と一緒に「卵巣そのものの老化」は進みます。 なので、たとえば「25歳から10年ピルを飲んで35歳でやめる」ことをしても 35歳時点の卵巣年齢は「25歳の若いまま」ではなく35歳です。 (ですから「ピルで排卵を止めた期間分、閉経が遅くなる」ことも起こらない) なので内科の先生のおっしゃることもあながちウソではないですね。 でも「ピルを飲んでると生理も軽いし、生理も順調」ということは女性の日常生活に非常に大切なことですし 妊娠しないまま何年にも渡って毎月排卵がくり返される「生物学的には、無駄打ち」が続く状態は 将来の卵巣がんの発症リスクを上げることにもなるので 「卵巣の温存効果がないなら飲む意味ナシ」と割り切ってしまうのはちょっともったいないかな、と私は思いますヨ。

次の

低用量ピル通販|トリキュラー・マーベロン|個人輸入代行のメデマート

マーベロン 卵子

マーシロン(超低用量ピル)の特徴 副作用が限りなく少ない!マーシロンは 望まぬ妊娠を避ける為の超低用量ピルです。 低用量ピルとして知名度の高いと同じデソゲストレルとエチニルエストラジオールが配合されています。 マーベロンより成分が更に少ない超低用量ピルなので、 身体にかかる負担が少ない優しい避妊薬です。 本剤は21錠タイプと28錠タイプがあり、 21錠タイプは休薬期間が7日あるので28日間で1サイクルとなります。 28錠タイプは、プラセボ錠が7錠含まれていて、 休薬期間に飲み忘れを防止する為のものでプラセボ錠には成分が含まれていません。 マーシロンは、公式メーカーであるオルガノン社からの正規品になります。 個人輸入代行は、即日発送のお薬ラボにご相談ください。 販売価格 マーシロン(超低用量ピル)の特徴 副作用が限りなく少ない!マーシロンは 望まぬ妊娠を避ける為の超低用量ピルです。 低用量ピルとして知名度の高いと同じデソゲストレルとエチニルエストラジオールが配合されています。 マーベロンより成分が更に少ない超低用量ピルなので、 身体にかかる負担が少ない優しい避妊薬です。 本剤は21錠タイプと28錠タイプがあり、 21錠タイプは休薬期間が7日あるので28日間で1サイクルとなります。 28錠タイプは、プラセボ錠が7錠含まれていて、 休薬期間に飲み忘れを防止する為のものでプラセボ錠には成分が含まれていません。 マーシロンは、公式メーカーであるオルガノン社からの正規品になります。 個人輸入代行は、即日発送のお薬ラボにご相談ください。 商品詳細 オルガノン社で開発されたマーシロンは、 成分量を抑えた超低用量の避妊薬です。 有効成分である デソゲストレルとエチニルエストラジオールは、 卵巣から発生する卵子の放出を防ぐことで避妊効果を得ることができます。 マーシロンは21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。 21錠タイプの場合は、1シート21錠を毎日21日間続けて服用します。 22日目から7日間休薬期間になり、28日で1サイクルとなります。 28錠タイプの場合は、同じように1シートを順番に21日間飲み続けて、22日目からは成分が入っていないプラセボ錠を飲みます。 プラセボ錠は飲み忘れを防止する為に飲みます。 毎日継続して服用することで避妊効果を発揮する超低用量ピルなので、毎日の服用を確実に習慣化させたい方には28錠をおすすめします。 また、基本的に病院から処方してもらえるのは1シートですので、継続してピルを飲みたい方はその都度病院に行く必要があります。 お薬ラボのような個人輸入代行サイトを利用することで、病院に行く手間も省かれご自分が必要とする量を注文することができます。 使用方法 21錠タイプと28錠タイプがマーシロンにはあります。 ・21錠 一日1回1錠を毎日定刻に、お水またはぬるま湯と一緒に服用してください。 服用し続けて1シートが終了するのが21日目になります。 翌日から7日間は休薬の期間になりますので、避妊薬の服用をしてはいけません。 28日目で1サイクルが終了となります。 続けて服用される方は、この28日のサイクルを続けてください。 ・28錠 21錠タイプと同じように、21日目まで毎日1錠を定刻に服用します。 22日目からシート内にあるプラセボ錠を7日間服用します。 プラセボ錠は避妊成分を含有されていません。 飲み忘れを防止する為のものです。 28日目の服用終了で1サイクルとなります。 効果・副作用 継続して飲むことでマーシロンは避妊に効果があります。 有効成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールが、排卵を抑制して子宮内膜の状態を変えることにより、着床が起こらくなるので精子が子宮に侵入する際に阻害する作用が働きます。 また、月経調整やニキビの治療に服用される方もいるようです。 主な副作用は、吐き気、頭痛、乳房の痛みなどの報告があります。 これらの症状は服用を続けるにつれて慣れていくので特別心配はいりませんが、重篤な血栓症のリスクを引き起こす可能性がごく稀にありますので、手足が痺れるなど耐えられない症状がありましたら、直ぐに服用を中止しかかりつけの医師や専門医に相談してください。 使用上の注意点.

次の

マーベロン 平熱

マーベロン 卵子

マーベロン28 飲む意味。 私はマーベロン28を一年前から飲んでいます。 理由は避妊目的ではなく、今は子供を作れる状況ではないので、卵子を温存し数を減らさないのが目的です。 信頼している 、婦人科の先生と看護師さんと相談し、そうすることにしました。 ですが、先日より体調が悪く内科で診察した時に、消化器専門の先生にそういう経緯でマーベロンを飲んでいると話たら、そんな効果聞いたことない、騙されてない?と言われました。 その先生も信頼できると思い何度が診てもらったことのある方(風邪ですが)だったので不安になりました。 確かに卵子を温存する為に飲んでる人って聞いたことないなと思いました。 でも飲み始めてから、生理痛も軽くなったし、ストレスなどで不規則な時もあった生理が順調になりました。 なのでこれからも飲みたいのですが、じぶんの思っている効果がないならどうしようかな?とも思っています。 同じような理由で飲んでる方いらっしゃいますか? 教えていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 補足お二人の方、ご回答ありがとうございます!温存している訳ではないこと良く分かりました。 また、卵子の状態が飲まないよりも良いまま年をとれるのかとも思っていたので、少し残念です。 ご回答の中にもありましたが、婦人科の先生もピルを止めたらすぐ妊娠する人が多いと言っていましたが、偶然ではなく本当なのでしょうか?副作用はありませんが、期待する効果がなくて、血栓などのリスクを考えると、飲むこと悩みます。 種類は違うのですが、避妊目的ではなくピルを2年ほど服用してました。 最初は違う目的で飲んでたのですが、途中で「ピルを一定期間飲み続けると、止めたとき排卵しやすくなる」と聞いてから、妊娠を望む時期が来るまで飲み続けました。 卵子を温存する…という言い方が適切なのかは分かりませんが、ピルによって抑えられていた排卵が、ピルを止めることによって上手く起こるというのは、医学的にも言われているようです。 実際、排卵障害と言われていた私も、2年飲み続けたピルを止めた2ヶ月後、無事妊娠しました! 服用による副作用が辛くないなら、妊娠を望む時期まで飲み続けていいと思いますよ。 私も信頼できる医師に指示を仰ぎながら飲みました。 内科と婦人科では知識も違うと思いますし。。 -補足読みました- 排卵を抑えているからといって、新鮮な卵子のまま保存できるわけではありません。 女性は生まれたときから卵巣に何百万の卵子(のもと?)を持っていて、一生のうちに排卵されるのはそのうち400個程度だそうです。 なので排卵するしないに関わらず、20歳の女性は20年寝かせた卵子、40歳の女性は40年寝かせた卵子なのです。 高齢になればなるほど障害児などのリスクが増えるのは、単純に卵子が古くなるからなんですね。 もともと排卵に問題があると言われているのでなければ、妊娠についても可能性はあまり変わらないと思います。 でももともと問題なく排卵しているのなら、あまり関係ありませんね。 ただ、ピルには子宮がんや卵巣がんなどのリスクを抑える働きがあると言われています。 デメリットもあれば、メリットもあるんですよ。 私の病院では長期間ピルを服用する人には必ず定期的に血液検査をして、異常が出ないよう気を配ってくれました。 もう一度婦人科の医師に、メリットデメリットを詳しく聞くといいと思いますよ! 前の方もおっしゃってるように、私もその理由で止めてしまうのは勿体ないかな?と思います。 ピルを飲むと、卵巣が休眠状態になって排卵が停止しますが これは「ピルを飲まなければ、毎月排卵される予定の卵子の温存」とはちょっと違っています。 女性の卵巣内には数百万個もの卵子のもと(原始卵胞)があり、 ピルを服用していない状態では、毎月のホルモンの作用でその原始卵胞の中の1個が成熟して排卵に至ります。 つまり「卵巣の中には、いつでも排卵できる状態の卵子がスタンバイされている」わけでもなく 「女性が一生の間に排卵できる卵子は数が決まっており、それを使い切ったら閉経」というわけでもありません。 女性の体内には、一生かかっても使い切れない数の卵子の元があるため ピルで排卵をストップさせても「卵子そのものの温存」にはならないんですよ。 また、ピルで排卵を停止させていても 「卵巣の時計の進みが完全停止する」わけではなく、他の臓器と一緒に「卵巣そのものの老化」は進みます。 なので、たとえば「25歳から10年ピルを飲んで35歳でやめる」ことをしても 35歳時点の卵巣年齢は「25歳の若いまま」ではなく35歳です。 (ですから「ピルで排卵を止めた期間分、閉経が遅くなる」ことも起こらない) なので内科の先生のおっしゃることもあながちウソではないですね。 でも「ピルを飲んでると生理も軽いし、生理も順調」ということは女性の日常生活に非常に大切なことですし 妊娠しないまま何年にも渡って毎月排卵がくり返される「生物学的には、無駄打ち」が続く状態は 将来の卵巣がんの発症リスクを上げることにもなるので 「卵巣の温存効果がないなら飲む意味ナシ」と割り切ってしまうのはちょっともったいないかな、と私は思いますヨ。

次の