紀伊國屋書店 支払い方法。 紀伊國屋書店

キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

紀伊國屋書店 支払い方法

急速にキャッシュレスが進む日本。 クレジットカード、電子マネーに続き、QRコード決済サービスも次々登場して、お財布・現金を持ち歩かなくても困らない世の中になりつつあります。 でもお店によってはまだ「現金オンリー」とか「QRなんて無理」というところも・・・。 身軽に出かけても大丈夫かどうか、現金が必要かどうか、行く前にあらかじめ確認しておいた方がいいですね。 人気の書店チェーン(TSUTAYA BOOKS,蔦屋書店,未来屋書店,宮脇書店,三洋堂書店,明屋書店,明林堂書店,リブロ,有隣堂,精文館書店 ,文真堂書店,ブックファースト,紀伊國屋書店,アミーゴ書店,アバンティ ブックセンター,丸善ジュンク堂書店,三省堂書店, 啓文堂書店,フタバ図書,平安堂)のキャッシュレス事情(クレジットカード・電子マネー・スマホ/QR決済)について調べてみました。 あなたのお近くのお店はどうでしょうか。 【2020年7月最新版】 もくじ• TSUTAYA BOOKS・蔦屋書店 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)が運営するTSUTAYA BOOKS・蔦屋書店は、全国に900店舗以上を展開しているマンモス書店グループ。 業界最大手にして、総売上げもダントツです。 TSUTAYA BOOKS・蔦屋書店のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinerが利用できます。 電子マネー 楽天Edy、iD、QUICPay、Tマネーが利用できます。 QR決済 スマホ決済 LINE Pay、PayPay、d払いが使えます。 未来屋書店 全国に約220店舗を展開しているイオングループ傘下の書店です。 イオン系列の商業施設に多く見られます。 未来屋書店のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード クレジットカードが利用できます。 電子マネー 交通系電子マネー Suica、ICOCA、SUGOKA、PASMO、TOICA、Kitaca、nimoca、manaca、はやかけん 、WAON、iD、QUICPay、楽天Edyが利用できます。 QR決済 スマホ決済 paypay、LINE pay、楽天pay、メルペイ、d払い、au pay、ゆうちょpay、Alipay、WeChat Payが利用できます。 宮脇書店 香川県を拠点として全国に350店舗以上を展開しています。 同名店舗での店舗数展開では日本最大です。 宮脇書店のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード ほとんどの店舗で使えます。 電子マネー 一部の店舗では交通系電子マネー Suica、ICOCA、SUGOKA、PASMO、TOICA、Kitaca、nimoca、manaca、はやかけん 、WAON、iD、QUICPay、楽天Edyが利用できます。 QR決済 スマホ決済 一部の店舗でPayPayが使えます。 三洋堂書店 中部・近畿を中心に78店舗ほどを展開しています。 三洋堂書店のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinerが利用できます。 電子マネー 利用できません。 QR決済 スマホ決済 全店舗でPayPay、LINEPay、au PAYが利用できます。 明屋書店 愛媛に拠点を持ち、四国・中国・九州に86店舗を展開をしている明屋書店(はるやしょてん)。 明屋書店のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード JCBカードが利用できます。 電子マネー QUICPay、iD、楽天Edyが利用できます。 QR決済 スマホ決済 PayPay、LINE Payが利用できます。 明林堂書店 大分に拠点を置き、中国・九州地方に展開している書店です。 クレジットカード 利用できます。 電子マネー QUICPayが利用できます。 QR決済 スマホ決済 利用できません。 リブロ 関東を中心に展開している書店です。 クレジットカード 使えます。 電子マネー 一部店舗でiDが使えます。 QR決済 スマホ決済 一部の店舗でPayPayが使えます。 有隣堂 神奈川では有名な書店です。 クレジットカード クレジットカードが使えます。 電子マネー iD、QUICPayが使える店舗もあります。 QR決済 スマホ決済 使えません。 精文館書店 愛知県を拠点に50店舗を展開する精文館書店。 クレジットカード 利用できます。 電子マネー iD、QUICPayが使える店舗もあります。 QR決済 スマホ決済 使えません。 文真堂書店 群馬県に拠点を置く書店です。 30店舗ほどを展開しています。 クレジットカード 利用できます。 電子マネー iDが使えます。 QR決済 スマホ決済 一部の店舗でPayPayが使えます。 ブックファースト 阪急阪神東宝グループの企業としてスタートしたブックファースト。 7都道府県で40店舗ほどを展開しています。 クレジットカード Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersのカードが使えます。 電子マネー iD、QUICPay、楽天Edy、nanaco、WAON、交通系電子マネー(Suica、PiTaPa、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、nimoca、はやかけん)が利用できます。 QR決済 スマホ決済 PayPayが利用できます。 ルミネの店舗を除き、LINE Payが利用できます。 紀伊國屋書店 東京に拠点を置く老舗書店です。 クレジットカード 利用できます。 電子マネー 店舗によって異なります。 本町店でQUICPayが使えます。 QR決済 スマホ決済 利用できません。 アミーゴ書店/アバンティ ブックセンター 大阪を中心に40店舗ほどを展開しています。 クレジットカード ほとんどの店舗で利用できます。 使えるブランドは店舗によって異なります。 電子マネー 交通系電子マネー(Suica、PiTaPa、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、nimoca、はやかけん)、iD、QUICPayが使えます。 QR決済 スマホ決済 一部の店舗でPayPayが使えます。 丸善ジュンク堂書店 2014年に丸善がジュンク堂書店を吸収合併してできた書店で、全国に90店舗以上を展開しています。 丸善ジュンク堂書店のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinerが利用できます。 電子マネー 一部の店舗で交通系電子マネー(Suica、PiTaPa、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、nimoca、はやかけん)、iDが使えます。 QR決済 スマホ決済 LINE Pay、PayPay、楽天ペイ、d払いが使える店舗があります。 2020年6月よりau PAYが導入されました。 三省堂書店 明治14年創業の三省堂書店。 東京を中心に26店舗を展開しています。 三省堂書店のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinerが利用できます。 電子マネー 交通系電子マネー(Suica、PiTaPa、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、nimoca、はやかけん)が使える店舗があります。 QR決済 スマホ決済 一部の店舗でPayPayが使えます。 啓文堂書店 京王グループの関連企業が運営している書店で、東京・神奈川に28店舗を展開しています。 啓文堂書店のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード VISA、JCB、ダイナースが利用できます。 電子マネー 交通系電子マネー(Suica、PiTaPa、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、nimoca、はやかけん)、iDが使えます。 QR決済 スマホ決済 一部の店舗でPayPayが使えます。 フタバ図書 広島県を拠点に7都県で36店舗展開しているフタバ図書。 店舗規模によって店名にメガ(MEGA)、ギガ(GIGA)、テラ(TERA)、アルティ(Alti)が付いています。 フタバ図書のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード クレジットカード(Visa、Master、JCB、ダイナーズクラブ、アメリカンエクスプレス)が利用できます。 電子マネー iD、QUICPayが使えます。 QR決済 スマホ決済 PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払いが利用できます。 平安堂 長野県で15店舗を展開している「平安堂」。 地域密着型の書店として親しまれています。 平安堂のキャッシュレス対応状況は次のとおりです。 クレジットカード 一部の店舗でクレジットカードが利用できます。 電子マネー 一部の店舗でiD、QUICPay、nanaco、WAON、楽天Edyが使えます。 QR決済 スマホ決済 PayPay(一部店舗)、au PAYが利用できます。 まとめ 以上、人気の書店チェーンのキャッシュレス事情のまとめでした。 全国チェーン店のキャッシュレス化はかなり進んできています。 海外からの観光客に対応するためもあって、キャッシュレスで利用できるお店がどんどん増えて便利になってきました。 なお、公式発表が無くても電子マネーに対応している場合があります。 電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

次の

紀伊國屋書店の支払方法は?クレジットカードや電子マネーは使える?

紀伊國屋書店 支払い方法

2020-06-15 Ver. 6(Android) ・EPUBエンジン更新 ・一部の端末にてビューアのスクロールが正常に操作できない不具合を修正 2020-06-04 Ver. 5(Android) ・EPUBエンジン更新 ・不具合の修正 インストール方法 【1】Google Playストアよりアプリ「紀伊國屋書店Kinoppy」をインストール 【2】Android 端末のホーム画面に「Kinoppy」のアイコンができます 【3】「Kinoppy」をタップして起動し、会員登録がまだの場合は「会員登録」ボタンを押し、同意の上、お手元に届くメールアドレスを入力して「送信」を押します 【4】お手元に「紀伊國屋ウェブストア:会員登録案内メール」が届きますので、 メールに記載のURLをクリックして会員登録を進めて下さい 【5】会員登録が完了しましたら、「Kinoppy」の「ログイン」ボタンを押して ご登録のメールアドレスとパスワードでログイン 購入と閲覧方法 【1】「Kinoppy」の画面下のストアボタンを押すとストアが開きますので こちらのストアよりご希望の書籍をご購入下さい 【2】購入完了後に「Kinoppy」の本棚に戻ると、本棚に購入した本が反映されます。 本をタップしてダウンロードの上、お読み下さい サポート Kinoppyを初めてお使いになる方へ 会員登録がまだの方は、 で会員登録をお願いいたします。 すでにウェブストア会員の方は、お持ちの会員IDにてログインして頂けます。 すでにKinoppyアプリをお使いの方へ Kinoppyアプリで以前に電子書籍を購入したことのある場合には、新しい端末上のKinoppyで同じアカウントでログインすることで、以前購入した電子書籍を再購入なしにライブラリ 本棚 に同期できます。 紀伊國屋書店ウェブストアで以前に購入された電子書籍は、の注文履歴より再ダウンロードしてください。 インポートコンテンツについて Kinoppyでは、紀伊國屋書店より配信されている電子書籍コンテンツのみサポートしております。 お客様が調達もしくは作成されたローカルコンテンツが、正常に閲覧できない場合でも、サポートは行えません。 マルチデバイス対応についてのご注意 Kinoppyで購入された電子書籍はライブラリから誤って削除された場合でも、機器を変更、追加した場合などに同期して頂けます。

次の

紀伊國屋書店はポイントカードがあれば充分?使える支払い方法と三井住友カードを持つメリットとは

紀伊國屋書店 支払い方法

みなさま本やコミックや雑誌はどこで買いますか? 私は、もっぱらネット書店の利用が絶賛増加傾向にございまして……紙書籍:電子書籍の購入比率が、1:2を超えているのではないかと秘かに心配している、いちおう書店員でございます。 さて、私もヘビーユーザーへの階段を上りつつの、今回は業界ネタの中でも、以前から申し上げたかった「ネット書店」をテーマに取り上げます。 現状を比較しつつ、ネット書店に必要なことを考える記事となっています。 28日の記事公開から、さらにリンクを一部追加しました。 紀伊國屋書店の店舗受取サービスが始まった件 小見出しの通り、紀伊國屋さんが、ネット注文を受け付けた上で、商品を店舗で受け取るサービスインとのこと。 さっそく、関係記事から気になるところを引用いたします。 「紀伊國屋書店ウェブストア」で注文した商品を、紀伊國屋書店のリアル店舗で購入することができる「店舗受取サービス」を、5月27日から新宿本店と新宿南店の2店舗で開始いたします。 (中略) 店頭で商品を購入する際には、図書カードや電子マネーといった、ウェブストアでは対応していない決済方法で支払うことができます。 【プレスリリース】紀伊國屋書店ウェブストア、店舗受取サービスを5月27日から開始 - INTERNET Watch 店頭在庫Web取り置きサービス終了のお知らせ 長年ご愛顧いただきました下記店舗の「店頭在庫Web取り置きサービス」(店頭に在庫する書籍のお取り置きをWeb上でお申し込みいただけるサービス)ですが、「店舗受取サービス」の開始に伴い、誠に勝手ながら本年6月14日(日)をもちまして終了させていただきました。 【「店頭在庫Web取り置きサービス」を終了した店舗】 新宿南店 新潟店、富山店 加古川店、大津店、神戸店 広島店、徳島店 久留米店、佐賀店、長崎店、熊本光の森店、鹿児島店 【「店頭在庫Web取り置きサービス」を継続する店舗】 札幌本店、新宿本店、梅田本店、グランフロント大阪店、福岡本店 株式会社紀伊國屋書店(代表取締役社長 高井昌史)は、運営するオンライン書店「紀伊國屋書店ウェブストア」で注文した商品を、紀伊國屋書店のリアル店舗で購入することができる「店舗受取サービス」の対応店舗を、6月15日から全国66店舗に拡大いたしました。 店舗受取サービスでは、ウェブストアにおいて24時間注文を受け付け、注文された商品はウェブストア倉庫の豊富な在庫から調達されます。 ちょうどサービスが始まって1か月ほどの模様ですが、この引用部分の中でも3つのポイントは見逃せないところです。 直営最大手書店チェーンが、ネット対応に後手を取っている印象であること• 支払方法に「図書カード」と「電子マネー」を加えているのは、セールスポイントになり得ること• 店頭在庫の取り置きサービスの一部廃止は、リアル書店の今後を占うであろう「選択と集中」の事例と見て取れるのではないかということ この3つを以下詳しく説明していきます。 これは紀伊國屋さんに限らないのですが、そもそも大手はあまり「ネット」販売に積極的ではありません。 もちろん「リアル」な書店なので当然とも言えますが、ネットに活路を見出すのではなく、アマゾンを始めとした対ネット店舗のために しょうがなく稼働しているように見えて仕方がありません。 もちろん運営されている方で存じ上げる方もいらっしゃいますが、組織として経営資源が十分に配分されているか疑問な部分もあります。 そのような中でも取次・書店の一部サイトでは、ネット注力の一環としてメディア媒体やコミニティを構築しようと試みている事例があります。 例えば、『』や『』。 リアル書店チェーンの対応としては、2大取次の日販HonyaClubかトーハンe-honに参加するか、紀伊國屋・DNP(丸善・ジュンク堂・文教堂)・TSUTAYAといったように独自サイトを立ち上げるかを選択しています。 ただ、これら主要5大サイトを利用した方は、その使いにくさを多かれ少なかれ感じているのではないでしょうか。 電子書店の評価なのに全否定すぎて不謹慎にも笑ってしまった。 では、少し前に話題となって類書も出始めた、あの人のタイトルを探してみます。 今回は「『世界一』『貧乏』『偉い人』」という3つのキーワード。 検索はハードルが高くなりすぎるので前2つのキーワードを用います。 書店員ならきっと即答できるハズ!笑 (例) 「世界一」 「貧乏」 ネット書店 検索結果数 正しいタイトルの表示 検索結果ページ 4 あり 検索結果1番目 5 なし 49 なし 61 なし 8 あり 検索結果2番目 3 なし 34 なし 21 なし 3 なし 1 なし 127 なし さて、ご覧になった感想はいかがでしょうか。 ユーザーは、純粋に「語句検索」を求めているのではなく「必要なタイトルへのスムーズなアクセス」を求めている訳です。 そして、書籍や雑誌の検索カテゴリを分けているサイトもあります。 雑誌か書籍かは探す方にとってはほとんど意味のないこと。 この表が物語っているのは検索性能が優れている点でもありますが、私が言いたいのは自社サイトの検索性能に絶望して、amazon頼りなことが何度、いや何百回あったであろう書店員の存在です。 Google先生の偉大さ、Amazon帝国の的確さたるや他の追随を許しません。 書誌情報の充実も含めて、アマゾン帝国たるゆえんは情報と物流やサイトインフラへの莫大な投資にあるのではないかと感じます。 アマゾン 時価総額で世界最大の小売り企業に NHKニュース ちなみに、アマゾンに唯一勝てるのは雑誌検索でしょうね。 ehonの雑誌コード検索は使いやすいので、もし自分の「探しているもの」が、「雑誌のアイテム」であれば検索してみては。 (リンク追加) 探しやすさは商品カテゴリ多すぎて良いとは思わないが、特に書店取次サイトは検索性能を見習うべき。 それを抜きに対Amazonはキビシいんじゃないかな。 (参照) ネットにはない、支払手段 そのうち、2のポイント【支払方法に「図書カード」と「電子マネー」を加えているのは、セールスポイントになり得ること】は、本記事後半でまとめた一覧表を見てみると意外と利用できるサイトが少ないことが分かります。 まぁ今週upした記事で書いたように、図書カード自体が様変わりするので、強みと言えるのがいつまでかは分かりません……。 (参照) またアマゾンなどでは、電子マネー支払もできる場合がありますが、リアル店舗で支払手段として必ず選択できるのはセールスポイントにもなりえるものだと、私は考えます。 ネット書店のいまを調べてみた(送料、支払方法、受取方法) 少しばかり。 すでにインフラともなっているアマゾンから書店・取次サイトまで簡単にまとめてみた。 今回は、俄然好調な売れ行きの『火花』をサンプルに、リアル書店において軒並み薄いであろう商品在庫を調べてみます(7月24日朝6時時点、28日夜10時時点)。 そしてその前に、ここで又吉さんのインタビューで小休止。 さて、では 電子書籍の方が安いのになぜ紙媒体の方で買うのかという疑問が生じなくもない『火花』の在庫は、果たしてあるのか。 発送もしくは入手不可の判明に、3日~20日程度かかる場合がございます。 増刷後、入荷次第発送致します。 受注日から通常3日以内に発送いたします。 増刷後、入荷次第発送致します。 次に到着目安である「日付を明記していること」を条件にすると、残るのはアマゾンとブックサービス。 あとは7月上旬から8月下旬をめどに順次入荷次第発送という状況。 本日28日時点で在庫があるのは、紀伊國屋書店のみ。 次に到着目安である「日付を明記していること」を条件にすると、残るのはアマゾンとブックサービス。 あとは8月上旬から順次入荷次第発送。 ここで、なぜ「日付」を絞り込み項目にしたかと言いますと、。 保険をかけている。 ちゃんと入荷するか分からない、物流が止まるかもしれない、商品が破損しているかもしれない。 けれども早く手にした読者にとって、いつ手に入るか分からない。 目安すら分からないのは不安でしかないということ。 リアル書店の在庫状況 在庫検索できる書店というのは意外にございます、特にチェーンにおいて。 リアル書店 『火花』 在庫状況 在庫店舗数 商品ページ 〇 複数店舗 〇 複数店舗 〇 複数店舗 〇 複数店舗 〇 複数店舗 〇 複数店舗 ネット書店記事まとめ 結論 アマゾンには勝てない 結論 求められるのは、「ネット」に対応した書店 「ネット書店のいまを調べてみた(送料、支払方法、受取方法)」のまとめ表の中に、ネット書店を選ぶ際の重要な要素が【一つ】抜け落ちているのがお分かりいただけると思います。 それはリアル書店ではなく、ネット書店で買う最大の理由。 早く手に入る 到着の最短予定日目安。 つまり、納期がどれくらいか明示することが大事な点だと私は思います。 中盤でも記載した責任回避のために、ある程度余裕を持たせてお伝えすることはリアル書店でも往々にしてあること。 出版社取り寄せの場合は「2週間ほどお時間を……」と伝えるのは機会ロスにも繋がる一因です。 使いやすいサイトデザイン、ネットに対応したスピード感のある書店が増えていくことをユーザーとして望んでいます。 ネット書店はどこをつかっていますか? 余談 ポイント3つ目で書いておきながらあえてスルーしていた【店頭在庫の取り置きサービスの一部廃止は、リアル書店の今後を占うであろう「選択と集中」の事例と見て取れるのではないかということ】。 その割に利用頻度が低いのが実情でございまして……。 チェーンや店舗の規模にもよるでしょうが、知る限りでは都心や繁華街だと1か月3桁、そこから少し距離のある店舗だと1週間に2桁行くか行かないか程度、地方郊外店では1か月4、5件という幅を持ったご利用件数。 首都圏を中心とした都心部以外においては、ビジネスとして投資価値のある手段かは未知数。 また、本記事も長くなりましたので、リアル書店における電子書籍(カードetc)販売については別記事を設けたいと思います。 当ブログ関連記事 アマゾン帝国、動く。

次の