声をかけさせていただきます。 「声をかける」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

気軽に声をかけて下さいって英語でなんて言うの?

声をかけさせていただきます

うぐぐぐ・・・猫パンチくらったよ 自宅の前で見かけた子猫。 一度目はシャーっと威嚇してきた。 しばらく姿を消して、次に会った時は、鳴きながらあとをついてきた。 糸川さんは、愛おしさが募り、なつめと名付けて飼うことにした。 鳴きながらついてきた子猫 パンとのソーシャルディスタンスって何メートル? 2014年8月、大阪府に住む糸川さんは、自宅の前にたたずむ2匹の子猫を見た。 兄弟のようだった。 近づこうとするとシャーっと威嚇するので、近づくことすらできなかった。 それ以来、2週間くらい子猫たちは姿を見せなかった。 糸川さんは、旅行に出かけたが、帰宅すると子猫たちが自宅付近で鳴いていた。 姿は見えないが、夜通し鳴いていた。 翌日仕事から帰宅する時に、車の下をのぞくと1匹の子猫がいた。 もう1匹は、どこに行ったのか分からなかった。 ガリガリにやせていて、鳴きすぎて声が枯れていた。 糸川さんは、思わず「お前、どないしたん?」と声をかけた。 子猫は、鳴きながら糸川さんの後をついてきた。 そのまま一緒に自宅の玄関に入り、牛乳を与え、コンビニに走ってキャットフードを買って食べさせた。 「とにかくいっぱい食べさせて、そばにいてあげてください」 最近老眼で・・・いえいえファッションです ごはんを食べ終えた子猫は、しばらく鳴いていたが、1時間ほど経つと近寄ってきてグルグル喉を鳴らして甘えてきた。 最初見つけた時にシャーっと威嚇し、警戒していた頃の姿は、そこにはなかった。 「保護した時はガリガリで、被毛はボサボサ、鼻水が出ていて、うまく呼吸もできないような状態でした。 くしゃみもしていて、ボロボロといった感じでした」 動物病院に連れて行くと、生後3カ月くらい、とにかくいっぱい食べさせて、そばにいてあげてくださいと言われた。 「この子を外の世界に返すという選択肢はありませんでした。 なつめと名付けて飼うことにしたんです」 散歩に行ったら首輪が外れてしまった お気に入りの場所はリビングのテントの中 糸川さんは、一度だけなつめちゃんを逃がしてしまったことがある。 生後6カ月くらいのことだった。 初めて猫を飼う糸川さんは、なつめちゃんを散歩に連れ出した。 当時、猫を外に出してはいけないと知らなかったのだ。 「近所の植物公園に行きました。 今思えばぞっとするのですが、首輪が外れてなつめが森の中に逃げ込んでしまったんです。 半泣きで、絶対に見つからないと思いました」 しかし、糸川さんの奥さんが、岩場に隠れて他の猫を見ているなつめちゃんを発見。 抱き上げても逃げず、無事に保護して帰宅した。 奥さんは、「縁があったから再び会えたんだよ」とフォローしてくれた。 なつめちゃんは、糸川さんが大好き。 帰宅したらニャアニャア甘えて鳴く。 後から来た保護猫ビビちゃんのごはんも食べてしまう食いしん坊で、5kg越えの大きな猫になった。 美しすぎるニャンモナイト 二匹仲良くお昼寝中 一緒に暮らすビビちゃん(右)と、パパが買ってくれた服を着て (まいどなニュース特約・渡辺 陽).

次の

「お声がけ」の意味と使い方、類語、断りメールの書き方、「お誘い」との違い

声をかけさせていただきます

「気にかけていただき」は「気にかけてもらう」の謙譲語の形での敬語表現です。 「自分のために心を配ってくれてありがとう」というような気持を伝える場面で使います。 「いつも気にかけていただきありがとうございます」などの使い方をします。 謙譲語 「気にかけていただき」は「気にかけてもらう」の謙譲語です。 丁寧語にすると「気にかけてもらいまして」、尊敬語では「気にかけてくださいまして」になります。 「自信が無いようなら確認しましょうか」「ありがとうございます。 いつも気にかけていただきありがとうございます」などの使い方をします。 「気にかけてくださいましてありがとうございます」という場合もあります。 「気にかけていただき」の敬語での使い方 自分が「気にかけてもらっている」ということのお礼を言う場面や、自分の子供などが「気にかけてもらっている」ということを、その相手に代わってお礼を言う場面で使います。 「風邪はどうですか。 明日も休みますか」「明日は出勤できます」「無理する必要はないですよ」「気にかけていただきありがとうございます」 「夫は調子が悪く、明日はまだ出社できそうにありません」「4、5日休んでもらっても大丈夫なようにしてありますが、一応、毎日連絡してくださいますか」「承知いたしました」「お大事にとお伝えください」「お気にかけていただきありがとうございます」 というような使い方をします。 「気にかけていただき」のシーン別・例文 「気にかけていただき」は「こちらに対して心配りをしてくれて感謝している」という気持ちを伝える場面で使います。 メールでの使い方 「6月4日に食事会を開催する予定です。 〇〇様にはぜひご参加いただきたく思っております。 お忙しいようでしたら日を改めますのでご連絡くださいませ」「3月4日に出席いたします。 お気にかけていただきありがとうございます」などの使い方をします。 「ご配慮いただきありがとうございます」と書く場合もあります。 ビジネスシーンでの使い方 ビジネスシーンでは「気にかけていただき」はこちらの面倒を見てくれている上司などに対して使います。 「書類はできたんですか。 確認してあげましょうか」「お願いします。 お気にかけていただきありがとうございます」などの使い方をします。 取引先の相手などに「こちらに気を配ってくれて感謝している」という気持ちを伝える場合は「ご配慮いただき」を使う場合が多いです。 「そちらは確か日曜日は休みでしたね。 火曜日に来てもらえますか」「ご配慮いただき恐縮です」などの使い方をします。 「気にかけていただき」を敬語表現するときの例文 「気にかけていただき」は「気にかけてもらう」の謙譲語です。 尊敬語では「気にかけて下さり」になります。 「気に」を尊敬語にして「お気にかけていただき」「お気にかけてくださり」ということもあります。 お気にかけていただき 「お気にかけていただきありがとうございます」「お気にかけていただいて恐縮です」などの使い方をします。 「明日は早朝会議ですので、忘れないように早起きしてくださいね」「承知しました。 お気にかけていただきありがとうございます」、「名刺は持ちましたか」「持ちました。 お気にかけていただきて恐縮です」などの使い方をします。 お気にかけてくださり 「お気にかけてくださり」は「お気にかけていただき」の尊敬語です。 尊敬語と謙譲語はどちらがより丁寧ということはありません。 「お気にかけてくださり」と「お気にかけていただき」は同じ程度に丁寧な表現です。 気にする人は非常に少ないと考えられますが「お気にかけてくださり」は「お気」と「くださり」がどちらも尊敬語なので二重敬語になります。 二重敬語は間違いという訳ではありませんが過剰で耳障りに感じられることがあるため避けるべきだとされています。 二重敬語が気になるという場合は「お気にかけていただき」を使いましょう。 「気にかけていただき」の敬語での言い換え 「気にかけていただき」は「お気遣いただき」「ご配慮いただき」などの言葉に言い換えることができます。 「気にかけていただき」と同じような場面で使われる敬語をいくつかご紹介します。 お気遣いいただき 「お気遣いいただき」は「気にかけていただき」とほぼ同じ意味の言葉です。 「電話が鳴っていますよ、どうぞこちらにお構いなく出てください」「お気遣いいただき恐縮です」、「自信が無いようなら確認してあげますよ」「お願いします。 お忙しいのに申し訳ありません。 お気遣いいただきありがとうございます」、「お忙しいなら急がなくて構いませんよ」「お気遣いいただきありがとうございます」などの使い方をします。 ご配慮 「気にかけていただき」「お気遣いいただき」は、どちらかといえば身内に使うことが多い表現です。 ビジネスシーンであれば一緒に仕事をしている同僚、直属の上司などに使います。 「ご配慮」は外の人に気づかってもらった場面などでよく使われます。 ビジネスシーンであれば取引先の担当者や、直属より上の上司などには「ご配慮」が使われることが多いです。 「急な異動をお願いして申し訳なかったですね」「いいえ。 やりたかった仕事ですので、嬉しくおもっております。 ご配慮いただきましてありがとうございます」、「貴方から買った方が貴方の営業成績が上がるだろうと思ったから、来るのを待っていたんです」「ご配慮いただき恐縮でございます」などの使い方をします。 お取り計らい 「気にかけていただきありがとうございます」と似通った意味です。 「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの使い方をします。 「取り計らい」は「配慮し、うまく都合を合わせる」という意味です。 恐縮 「気にかけていただき」には「ありがとうございます」が続くことが多いですが、「恐縮です」を続ける場合もあります。 「有難いけれど、少し申し訳ない」という気持ちを表したい場合は「恐縮です」を使います。 「いつも頑張ってくれているのだから、風邪のときくらいゆっくり休んでください」「お気にかけていただき恐縮です」などの使い方をします。 「気にかけていただき」を使うと不自然な場面 「気にかけていただき」「気にかけてくださいまして」は、正しい敬語表現です。 しかし、敬語としては正しくても状況によっては不自然になる場合もあります。 目下の人には使わない 「気にかけていただき」は基本的には目上の人に対して使う言葉です。 目下の人に使うと失礼になるという訳ではありませんが、少し不自然ではあります。 「先輩、お忙しいのではありませんか。 できることがありましたらおっしゃってください」「気にかけていただきありがとうございます。 手伝ってもらえそうなことが出てきたら声をかけますね」は、「気にかけていただき」を省略した方が自然です。 ありがとう 自分が面倒を見ている相手に対しては「気にかけていただき」という敬語表現を使うのはやや不自然です。 自分のことを気にかけてくれるような相手ではなく、自分が配慮し、気にかけてあげるべき相手であるためです。 目下の人に「できることがあれば言ってください」「お大事になさってください」と言われた場合は「気にかけていただき恐縮です」ではなく、「ありがとうございます」などの言葉を返したほうが自然です。 「気にかけていただき」を使うと失礼になる場面 「気にかけていただき」は「気を配っていただいて感謝している」ということを伝える丁寧な敬語表現です。 感謝を伝える言葉ですが、使う場面によっては失礼になってしまうこともあります。 確認作業中 「風邪はいかがですか。 明日は来られそうですか」「お忙しいようですが、納期には間に合いそうですか」などの言葉に「お気にかけていただきありがとうございます」とだけ答えると、失礼にあたります。 「明日は来られそうですか」「納期は間に合いそうですか」は配慮してくれているのではなく確認です。 この段階で「気にかけていただきありがとう」と言ってしまうと、相手からの心配りを求めるような形になってしまいます。 まずは質問に答えましょう。 相手が怒っている時.

次の

「お前、どないしたん?」と声をかけたら、家までついてきた子猫…募る愛おしさ、もう外の世界には返せない

声をかけさせていただきます

「お声がけ」の意味 「お声がけ」の一般的な意味は「声をかける」 一般的な「お声がけ」の意味は 「声をかけること、話しかけること」です。 「順番が来たらお声がけしますね」などと使われています。 「お声がけ」はビジネスでは「ご質問」「ご用命」 ビジネスシーンになると「お声がけ」は一般的な意味とは異なり、 「ご質問」「ご用命」といった意味で使われます。 「何かありましたら私にお声がけください」と使われた場合「何かあれば私に質問してください」「何かあれば私にご用命ください」といった意味になります。 これは 相手に働きかけてその反応で相手の意向や様子をうかがっています。 実際に質問や用命をしたくても出来ずにいる人に対する打診となります。 「お声がけ」と「お誘い」の違い 「お誘い」は「参加するように誘うこと、何かしようと勧めること」 「お誘い」は 「一緒に何かへ参加するように誘うこと「何かするよう勧めること」です。 ビジネスシーンでは会食やイベントが行われることがあります。 この際に使う「お声がけ」と「お誘い」では大きな違いがあります。 「お声がけ」の場合は、「声を掛けること」ですので「会食やイベントがあることを伝える行為」になります。 しかし「お誘い」の場合は、「一緒に参加するように誘うこと、するように勧めること」ですので「会食やイベントに誘う行為」となります。 「お誘い」の例文 例文 ・明日の会食、彼もお誘いしておいて。 ・先日は出席できずに申し訳ございませんでした。 また次回ありましたお誘いいただきたく存じます。 ・この度はお誘いいただきありがとうございます。 ・今月末に予定している飲み会のお誘いです。 ぜひいらしてください。 「お声がけ」の敬語と漢字 「お声がけ」の「お」は尊敬語または謙譲語 「お声がけ」の「お」は誰が声をかけたのかによって、尊敬語になるか謙譲語になるか異なります。 相手が「お声がけ」をしてくれた場合は相手の行為に敬意を払うため「尊敬語」になります。 自分が相手に「お声がけ」をした場合は自分の行為を謙って相手への敬意を示すため「謙譲語」となります。 「お声がけ」の語源は慣用句「声を掛ける」 「声を掛ける」といった慣用句をがあります。 意味は 「呼びかける」「話しかける」「誘う」「あらかじめ約束する」です。 また「声援を送る」「注意を呼びかける」といった意味もあります。 その「声を掛ける」が体言形にしたものが「お声がけ」となります。 「お声がけ」と「お声かけ」で正しいのはどっち? 和語の組み合わせは「連濁(れんだく)」が起こる 和語と和語が組み合わさった言葉では「連濁」が起こります。 和語は主に訓読みされている言葉を指します。 連濁は、二つの語が結びついて一語にする複合語で、後ろの語の最初の清音が濁音に変化することです。 例えば「取り皿」は「とりざら」となりますが、本来「皿」は「ざら」とは読まずに「さら」と読みます。 「お声がけ」も「こえ」と「かけ」の複合語になるため、「かけ」が「がけ」と変化するため「お声がけ」となります。 厳密には「お声かけ」は誤用 そのため、連濁を受けることを考えると「お声かけ」は誤用となります。 しかし、一般的によく用いられているため「お声がけ」よりも「お声かけ」の方が耳馴染みのある方も多くいます。 声がけを求める時は「お声がけください」など 相手から「声がけ」をしてほしい場合は ・お声がけくださいせ ・お声掛けいただければと存じます ・お声掛けくださいますようお願い申し上げます ・お声掛けいただければ幸いです ・お声掛けいただけましたら幸甚に存じます などの言い回しがあります。 相手に対して「質問や用命があれば言ってください」「また何かあれば教えてください」といった意味で使われています。 例文 ・ご不明なことがありましたら、いつでもお声がけください。 ・質問がございましたら私にお声がけいただければと存じます。 ・次回もお声がけいただけましたら幸甚に存じます。 自分が声がけをする時は「お声がけします」「お声がけいたします」 自分から「声がけ」をすることを伝えておく場合は、「お声がけします」「お声がけいたします」と使います。 特に、すぐに声をかけられない状況や待ってもらおうときに使われています。 例文 ・担当者が戻りましたらすぐにお声がけしますので、少々お待ちください。 ・準備が整い次第お声がけいたします。 「声をおかけいたします」「声をかけさせていただきます」がより丁寧 自分から声を掛けることを伝える場合「声をおかけいたします」「声をかけさせていただきます」がより丁寧な表現となります。 敬意をより払うべき相手には使うようにしましょう。 例文 ・時間になりましたら、私より声をおかけいたします。 ・また何かありましたら声をかけさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。 「お声がけ」をスマートに断るポイント ますは「お声がけ」に対する感謝 相手からの「お声がけ」を断る際、まずは「お声がけ」してくれたことに対する感謝を述べましょう。 申し訳なさから「すみません」と使ってしまいがちですが、感謝の言葉を使いましょう。 「お声がけいただき、ありがとうございます」などをクッション言葉として用いると相手への印象もいいでしょう。 断る理由を明確にすぐ伝える 次に大切なのは、断る理由を明確に相手にすぐに伝えることです。 理由を曖昧にしたり、断りづらいからと返事を先延ばしにするのは相手に対してとても失礼です。 ただ、「嫌だから出来ません」「気持ちが乗りません」などといった理由はビジネスではNGです。 「日程的に」「人手不足のため」など、ビジネス的な理由をしっかりと述べましょう。 断るだけではなく、代替案や次回の対応の意思を伝える また断るだけで終わるのではなく、他の案を出したり次回があれば対応する旨を伝えるといいでしょう。 「今週の対応はいたしかねますが、来週以降であれば対応いたしかねます」や「次回はぜひとも参加したいので」などと使うと良いでしょう。 例文 ・この度は会食のお誘いありがとうございます。 せっかくお声をかけていただきましたが、その日は先約があり今回は参加できません。 次回は必ず参加したいと思いますので、またお誘いいただければ幸いです。 ・お声がけいただきありがとうございます。 大変残念ではございますが、本日より明日まで大阪へ出張となっており、伺うことができません。 明後日の10時以降であればいつでもお伺いできますので、ご都合がつく時間を教えていただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

次の