ドッカンバトル奇跡のかめはめ波。 【ドッカンバトル】最新リセマラ当たりランキング

【執念のかめはめ波】超サイヤ人孫悟飯(青年期)の考察 ※2019/7/21改定

ドッカンバトル奇跡のかめはめ波

バトル開始直後から無条件でATK&DEF200%UP、攻撃を受ける度に気力増加と通常ガチャ産キャラに書いてあるのかと勘違いしてしまいそうなことをLRキャラのステータスで実現してしまっています。 更に全属性抜群や確定会心など状態異常が入るステージ、特にバトルロードでは無類の強さを発揮するでしょう。 逆に最近の長期戦イベントでは他のフェス限LRのような伸びしろがありませんが、最初からトップギアが入っているジレンであれば十分活躍できると思われます。 条件は厳しいですが、カテゴリ内では壁役とサポート役としてフェス限を優に超える活躍ができるでしょう。 ジレンをリーダーとした「第11宇宙」カテゴリでは、極限トッポも編成できるので、パーティ内のサポートが行き届き強力なパーティが組めると思われます。 どうしても立ち上がりが遅めなので、序盤が緩い長期戦などで活躍させましょう。 新物語イベント「プライド・トルーパーズ」 トッポとディスポの極限Zバトル開催に合わせて新物語イベントが開催されます。 ドッカン覚醒するカーセラルがドロップするようなので、宇宙サバイバル編関連のキャラが増えさらに層が熱くなります。 極限属性リーダーのステータスがリーク 120%リーダー陣の虹極限ステータスが判明しました。 入手機会も多く虹まで育成している方も多いキャラなのでこの高いステータスを活かして活躍させられるでしょう。 気玉取得毎のDEF低下が完全に無くなることはありませんでしたが、デフォルトで120%上昇がついているため全然気にする必要がなく、今までとは大きく運用が変わりました。 これまでよりは遥かに使いやすいはずです。 しかし、ATKの増加量は思った程ではなく、必殺技追撃を狙っていかなければそこまでの変化はありません。 とはいえ元から非常に高い火力を持っており、純粋なステータスの増加も大きいためシンプルに強力なキャラであるのは間違いないでしょう。 170%リーダースキルを持ったキャラが超サイヤ人3バーダック以外にも登場すれば火力面で大きく伸びるので、新規カテゴリなどに期待したいキャラでもあります。 ポルンガドラゴンボールの入手法がリーク 2週分のポルンガドラゴンボールの入手方法が全てリークされました。 気玉取得と必殺技でステータスを瞬間的に上げることが出来る短期決戦で活躍できるバランスの良い性能が特徴的です。 虹気玉取得で会心率も上げられ、追加攻撃も可能なので多属性の敵が出現するステージでも安定した火力が出せます。 アクティブスキルで火力が爆発的に上昇するので、終盤のとどめとしても有効でしょう。 中確率回避、ATK低下、高確率気絶という便利なスキルも盛り盛りなのでスーパーバトルロードでも重宝するでしょう。 頂上決戦LR孫悟空が極限Z覚醒! 頂上決戦イベントにて入手できるLR孫悟空が2000日記念キャンペーンにて極限Z覚醒を果たすようです! 現在ではお世辞にも強いとは言えない性能なので、どのような強化をされるのか非常に気になるところですね。 近日中にガチャ実装とのことなので性能をチェックしておきましょう。 超高確率の回避を活かした短期決戦はもちろん、回避を重ねていくことでステータスを伸ばすことができるので、回避やガード無効の必殺技を含めて長期戦でもトップクラスの活躍ができるでしょう。

次の

【ドッカンバトル】親子三大かめはめ波の攻略必見~注意ポイントまとめ

ドッカンバトル奇跡のかめはめ波

バトル開始直後から無条件でATK&DEF200%UP、攻撃を受ける度に気力増加と通常ガチャ産キャラに書いてあるのかと勘違いしてしまいそうなことをLRキャラのステータスで実現してしまっています。 更に全属性抜群や確定会心など状態異常が入るステージ、特にバトルロードでは無類の強さを発揮するでしょう。 逆に最近の長期戦イベントでは他のフェス限LRのような伸びしろがありませんが、最初からトップギアが入っているジレンであれば十分活躍できると思われます。 条件は厳しいですが、カテゴリ内では壁役とサポート役としてフェス限を優に超える活躍ができるでしょう。 ジレンをリーダーとした「第11宇宙」カテゴリでは、極限トッポも編成できるので、パーティ内のサポートが行き届き強力なパーティが組めると思われます。 どうしても立ち上がりが遅めなので、序盤が緩い長期戦などで活躍させましょう。 新物語イベント「プライド・トルーパーズ」 トッポとディスポの極限Zバトル開催に合わせて新物語イベントが開催されます。 ドッカン覚醒するカーセラルがドロップするようなので、宇宙サバイバル編関連のキャラが増えさらに層が熱くなります。 極限属性リーダーのステータスがリーク 120%リーダー陣の虹極限ステータスが判明しました。 入手機会も多く虹まで育成している方も多いキャラなのでこの高いステータスを活かして活躍させられるでしょう。 気玉取得毎のDEF低下が完全に無くなることはありませんでしたが、デフォルトで120%上昇がついているため全然気にする必要がなく、今までとは大きく運用が変わりました。 これまでよりは遥かに使いやすいはずです。 しかし、ATKの増加量は思った程ではなく、必殺技追撃を狙っていかなければそこまでの変化はありません。 とはいえ元から非常に高い火力を持っており、純粋なステータスの増加も大きいためシンプルに強力なキャラであるのは間違いないでしょう。 170%リーダースキルを持ったキャラが超サイヤ人3バーダック以外にも登場すれば火力面で大きく伸びるので、新規カテゴリなどに期待したいキャラでもあります。 ポルンガドラゴンボールの入手法がリーク 2週分のポルンガドラゴンボールの入手方法が全てリークされました。 気玉取得と必殺技でステータスを瞬間的に上げることが出来る短期決戦で活躍できるバランスの良い性能が特徴的です。 虹気玉取得で会心率も上げられ、追加攻撃も可能なので多属性の敵が出現するステージでも安定した火力が出せます。 アクティブスキルで火力が爆発的に上昇するので、終盤のとどめとしても有効でしょう。 中確率回避、ATK低下、高確率気絶という便利なスキルも盛り盛りなのでスーパーバトルロードでも重宝するでしょう。 頂上決戦LR孫悟空が極限Z覚醒! 頂上決戦イベントにて入手できるLR孫悟空が2000日記念キャンペーンにて極限Z覚醒を果たすようです! 現在ではお世辞にも強いとは言えない性能なので、どのような強化をされるのか非常に気になるところですね。 近日中にガチャ実装とのことなので性能をチェックしておきましょう。 超高確率の回避を活かした短期決戦はもちろん、回避を重ねていくことでステータスを伸ばすことができるので、回避やガード無効の必殺技を含めて長期戦でもトップクラスの活躍ができるでしょう。

次の

【ドッカンバトル】リーク(Vジャンプ&海外)最新情報まとめ【7月15日】

ドッカンバトル奇跡のかめはめ波

【執念のかめはめ波】超サイヤ人孫悟飯 青年期 の考察です。 リーダー評価:4. 0点 サブ評価:5. 35 倍 必殺技倍率 5. 『極限Z覚醒』が実装されています。 10の威力を凌ぐので、流石に火力にはなって来ます。 地力はそこそこあるだけに、サポート前提なら中々の実力も発揮してくれるキャラクターでしょう。 しかし 、高難易度イベントで活躍させるには介護が無いとまず厳しいですし、かといって積極的に介護する程の爆発力があるかと問われれば正直微妙です。 結局、パッシブ倍率が物足りないので力不足、というのもありますが、それ以上に効果の高い気力リンクが 『限界突破』しかなく、ATK,DEFとか抜きにしてもサポート前提じゃないと運用が厳しい側面が強いです。 行動後に発動のパッシブなので1番目には置けず、気力リンクを切るので2番目にも置きづらく、しかもサポートキャラとの並びまで必要とするとなると『隊列縛り』の気が非常に激しく、実力の割には使いづらいと言わざるを得ません。 2018年5月、極限Z覚醒の実装当初は並みの通常ガシャ産SSRとは一線を画してはいたものの、それも当時の『』や『』のような高難易度イベントも無かった環境で多少持て囃されていた程度であり、 インフレの進行で明らかに物足りなくなって来たのは否めないでしょう。 今となってはそこまで推奨出来る方でもありません。 所属カテゴリはいずれも大規模だったり優秀なイベント産キャラが多かったりで、中々出番も無いかな…。 スキルは特別優先する程のモノはないのでお好み程度ですが、『カテゴリ運用では席が取りづらい』という事情を考えた場合、『』を意識するなら 『連続攻撃』優先の方が良いでしょうか。 大乱戦では基本的に有利属性を相手取るので、会心の恩恵も小さいですから。 このトランクスのように『限界突破リンク持ちの超サイヤ人』なんかだとベストです。 特になんかは限界突破リンクも繋がりますし、この辺とセット運用ならそこそこ使いやすいです。 今の環境だと基本的には大乱戦の駒という立ち位置でしょう。 【老界王神は使うべき?】 今となっては優先度も高くないですから、出来るだけガシャ産の同名SRカードを利用して上げて行きましょう。 レベル11以降は技上げリソースを使う必要がありますが。 【引けたら当たり?外れ?】 正確には覚醒前を引き当てることになります。 火力だけを切り取れば今でもそこそこは通用するレベルですが、その他の部分は今のインフレ環境に付いて行けているとはお世辞にも言えず、そこまで実用性も高くない微妙なキャラクターにはなってしまったでしょう。 まあ、これより酷い古いキャラクターは山のようにいる訳で、大乱戦でそこそこ戦える程度であればまだマシな部類ではあるのかもしれませんが…。 しかし、同時に極限したは通常ガシャ産キャラとしてはトップクラスの汎用性を誇る優秀なキャラクターとして今も大活躍もしており、悟天とは ジャギとケンシロウばりの差は付いてしまったと言わざるを得ません。

次の