やま みつ ボート。 がんばれ!! やまやボートのおばちゃん

やまみつボート釣り後編・大漁だった釣果?の巻

やま みつ ボート

神奈川県横須賀市走水にあるやまみつボートで海のボート釣りを楽しんできました。 東京湾のブランド「金アジ」を求めて! 今回、夏の東京湾へ釣り友達3人で行ってきました! おかっぱりではなく、ボート釣りです。 東京湾の横須賀沖辺りのアジは知る人ぞ知るブランド鯵「金アジ」がたっくさん泳いでます。 地名の走水という点からも察することができますが、この地域の海域は潮が速くそんな潮の流れの中で鍛えられたアジは絶品! そんな金アジ大漁を夢見て行ってきました。 走水のやまみつボート 今回、お世話になったのは「やまみつボート」さん。 ボート釣りといえば、手漕ぎのイメージ。 手漕ぎボートですと、乗船は1人か2人。 ですが今回は釣り友達3人。 しかも釣り初心者含めて3人ということもあり、どうしたものか考えていたところ・・・。 「ボート3人乗りOK!」 この、ワードがとっても嬉しかった。 しかも、船外機付きボート船舶免許不要。 ここ最近、運動不足でなまった身体に手漕ぎはありがたいけど、船外機付きボートに興味津々な私。 やや操船などに不安はあるものの興味が勝り さっそく、電話。 電話対応はとっても易しく、当日の利用の流れ、ボートについてもレクチャーもします。 と、親切です。 当日は受付にて予約した旨を伝え、ささっと受付終了。 受付にて当日使う、コマセブロックや付けエサ、仕掛けも購入できます。 今回、乗船したのは「船外機付きボート3人乗り(船舶免許不要)」です。 受付も済ませ、今回のボートに荷物を載せおわると、海までフォークリフトでボートを運んでくれます。 海岸での乗船なので、足が濡れることを覚悟してましたが、桟橋が用意されており靴をぬらさずに乗船OK! 濡れずに乗船。 ありがたい対応です。 乗船後はやまみつボートのご主人より、港から海に出る際の注意事項、アンカーを持ちあげるときのコツ、アンカー禁止場所、船外機の使い方、そして最後にここ最近のおすすめポイントを教えて頂けます。 ご主人、サングラスかけてて強面ですが、とっても丁寧に話してくれます。 いざ、出向!めざせ大漁!! 受付時に海図をもとにレクチャーされたことを思い出し、そして、ご主人から午後になるにつれて風が強くなる。 先に沖、風が強くなったら岸寄りにのアドバイスから アドバイス通りに沖のポイントから攻めていきます。 そして午後になり、強くなったので岸よりで釣りをして、15時の帰船ギリギリまで頑張りました。 釣果は!! また、近いうちにリベンジに来ることを釣り友達3人で誓いました。 この海域はブランドのアジも魅力的ですが、魚種が豊富な点についてもどっても魅力的です。 真夏の炎天下でボート釣りは日焼けに注意! 真夏の炎天下でボート釣り、 日焼け止めや日焼け対策は必須です。 今回メンバーのMさんは、日焼け対策をナメてしまい、日焼け止めクリームも塗らず、日焼け対策せずに1日中ボート釣りした結果、、、 このように日焼けで足や顔が真っ赤になって腫れてしまいました。 読者の皆さま、真夏日の炎天下での海釣りは 日焼け対策万全にして、Mさんのようにならないようお気をつけくださいね!.

次の

神奈川県横須賀市走水「やまみつボート」で海のボート釣り!

やま みつ ボート

まいど。 相変わらず更新が滞り、すっかりグダグダになっているこのブログ。 ヤバい!! 忘れないように書き留めときます。 この日は、 ice9bass 師とI君と3人で横須賀走水でボート釣り。 当日に備え、仕事帰りにLT用のロッドやベイトリール、その他仕掛け&エサを一通り買って準備万端! やまみつボートに到着6時。 7時前に出航! ice9bass 師、写真無断使用してます(汗) 受付で海図をもらったので、それに従い鉄杭の近くでアンカーリング。 この周辺に根があってポイントらしい。 天秤にアジビシ付けて2本針、コマセはイワシミンチ、付けエサは青イソメと、完全東京湾LTアジ釣り仕様。 今回の本命はアジ。 はい、どうしてもアジが釣りたかったんです。 ここは魚影が濃い濃い~ スズメダイ、海タナゴ、メバル、カサゴがわんさか。 こんな仕掛けなのにキスも釣れたりして。。 いやぁ、楽しい楽しい~ おやっ?・・・ アジが釣れてないぃ ここは根魚マンション?! 陸っぱりでこんなに釣れたらいいのに・・・ 場替えを提案し移動~ ここも相変わらずメバカサ混一色。 でもアジもポツポツ釣れて良い感じ。 でも単発で終わってしまう。 難しい~ I君は、良型メバルやカサゴをコンスタントに上げて調子良さげ。 でも、胃も上がってきそうだったようで、休み休み釣っていました。 ice9bass 師は、テンヤ真鯛を本気で狙っていましたが、まだ時期が早いみたい。 テンヤで25オーバーのカサゴを上げた時は、かなり熱くなってました! テンヤだとアタリがダイレクトだから楽しいだろうなぁ~ でも、ビシカゴロストは痛かったね・・・ 私は38センチのサバを釣って2:30に終了~ ここのボート釣りは、本当に魚影が濃く、しかもたまに大物も混じるので、 魚の引きを味わうにはとても良い所です。 食べて美味しい魚が多いし。 お店の人もとても親切で丁寧に対応してくれるので安心。 (イカツイ オジサン、お兄さんも優しいっす。 ) ただし、問題点、と言うか注意点も。。 少しでも「大丈夫かなぁ。 」と思っている人は、酔い止め服用をオススメします。 特に前。 濡れても良い服か、レインウエアが必要です。 (特に大潮の下げはめちゃ速っ!) そうなると、アンカー上げて移動してまたアンカーリング、の繰り返しになるので、 これがだんだんかったるくなります。 時合も逃しちゃうし。。。 まだまだ初心者なので、アンカーリングが下手なんだと思います。 上手い方法があれば教えて欲しいです。 ポイントが分かりにくく悩みます。 だから、他のボートが何艘か集まっている場所には、何となく近づいてみたくなります。 でも、そういう時に限って釣れないもんです。 魚探ほしくなりますわ~ (この日は、魚探持ってそうな船に寄ってみたけど、あまり効果がなかったです。。 一人でも行っちゃいそうなノリです(笑) うーん、今週末は雨か・・・・ ダイワ派なのに、探検丸が必要かも?ice9bass師(笑)です。 いやぁ当日はありがとうございました。 ふだん、ルアー9割、ノベリング1割の僕にとって、ボートLTは未知の領域でしたが、とても楽しかったです。 さて反省点。 リーダーとPEの結びは完璧!なのに、2回もカゴ以下の仕掛けをロストしたワタクシ。 途中からの作戦変更は辛かったっす。 その分、ヒトツテンヤに集中出来ましたが、海老よりコマセ好きな彼らには参りました(笑) 生まれてこのかた、酔ったことないなのが自慢だったのに、気分悪かったのもショック(笑)。 来月も是非よろしくお願いいたします。 日にち決めましょ。

次の

がんばれ!! やまやボートのおばちゃん

やま みつ ボート

とりあえずはここの高根をチェック、アジらしき反応が出ていたので、アンカーを打ってとりあえず仕掛けを下ろしてみた。 クロベ根の鉄柱下には暗礁が広がる 水深は19m程、潮下は10m位迄駆け上がりになっているので、良さそうなポイントである。 仕掛けはアジ狙いのビシ、早い潮流を考えサニーのFL50号を使用。 2m2本針のアジ仕掛けに、ショートのゴムクッション、つけ餌は青イソを短く切って付けた。 念のため、カレイ仕掛けの置き竿も2本出しで潮下に投入しておく。 つけ餌はアオイソメの房掛け。 しかしコマセを幾ら打ち返しても、アジからのシグナルは来ない。 早潮にコマセと共にアジの反応も流れてしまった様である。 肉厚でとても美味そうだ! しかし喜びも束の間、はえ縄の回収に来た漁船に、此方の仕掛けが巻き込まれて、ビシやカレイ仕掛けをごっそりロストしてしまった! この辺りは漁場とも重なるので迷惑は掛けられない、移動する事にした。 ボート発着場の真沖、一番北側の海苔棚横で丁度カレイを取り込むボート釣り師を目撃、情報収集を兼ねて色々聞いてみた。 すると、この一枚が今日最初の一枚との事、やはり何処も厳しい一日のようだ。 カレイも意外と良いファイトをする! どうしても美味しいアジに未練があったので、このポイントはスルーして北真沖の横根に行ってみた。 しかしアジの反応は無く、また南西風が強くて20mラインから沖へ漕ぎ出すのは無理と判断。 手前の駆け上がりでコマセが無くなるまで頑張ってみたが、遂にアジの姿は見れなかった。 先ほどのカレイポイント迄漕ぎ戻ると、自分が沖に漕ぎ出てた間に、なんと3枚も追釣した模様。 潮止まり近辺だったので時合いだったのは間違いない、やはりカレイ釣りは待ちと辛抱が必要なようだ。 暫し近くで竿を出すも、アオイソメは餌切れで納竿となった。 みうらボートからの名人は、トータル5枚を仕留め、その内1枚はなんと幻のマツカワカレイ ホシガレイ を釣りあげていた!グッドジョブ!.

次の