黒紫獣の刻。 【グラブル雑記】パンデモニウム最終層追加!英雄武器の浄瑠璃が便利すぎて欲しい・・・

【グラブル】パンデモニウム最終階層「終焉ノ刻」魔神アスタロト攻略

黒紫獣の刻

EXTRA Stage について EXTRA Stageに入るとマグナ級の体力の敵が出てくるため、要求される戦力がさらに上がる。 特にEX3-2以降はさらに敵の攻撃も激しさを増し、ランク100前後でも参加者全滅の危険性が有る。 ルーム作成時は、目的を明記しておくと人集めがスムーズに。 (例:「EX2-3イフリート」、「EX1-1からできるだけ」) 募集リストは4人揃った時点でリストから外される。 退室等で人が減ったら再掲載を。 EXでは特に 敵の特殊行動を誘発しないようにしたい。 全体の戦力に関わる為、 自身の もある程度理解した上で、常に最適な設定を心掛けたい。 ・EXステージの特徴 ジョブ専用武器 英雄武器 のレプリカが金箱や赤箱から低確率でドロップ ステージ毎に種類が異なる。 ジョブの証がドロップ 2階層以降。 EXジョブ入手等に必要。 なお、以下のクエストは人気があり、比較的ルーム募集も多い。 EXステージは周回する事が多いので、風見鶏の羽根x9 =トレハンLv9 が便利。 ドロップ率1. EX1-3 ダークマター :信念集めに。 低HPで周回しやすい為。 EX2層、3層 討滅戦 :固有素材、ジョブの証、信念など。 引き続きドロップ報告はコメントフォームまでよろしくお願いします。 EXジョブ取得に関して アルケミスト 、 忍者 、 侍 、 賢者 、 アサシン 、 剣聖 、 ガンスリンガー の習得には、対応のステージを 自発クリアして得られる が必要となる。 募集リストへの掲載も忘れずに。 自身の戦力貢献が難しいと思う場合は、有利属性のダークフェンサーやキャラを編成して、各種デバフ 攻・防ダウンやグラビティ等 を入れれば十分喜ばれるが、 相手の特殊行動を誘発するデバフは使用しないようにしたい。 最悪メンバーに不安が有ると感じた場合、1度解散すると良い。 人数が集まらない場合は自身のサポーターが原因である場合もある。 EX3:胆力の薬に加えて、ポーションキットや再生の妙薬1〜2個ずつ使って保険にしておくとより安定するだろう。 加えて、 初期状態では弱体効果が殆ど通らない。 味方のバフを多めに編成し、カット手段等の防御面は万全にして挑みたい。 耐性自体は特殊技「クワドラプルサイズ」で下がる為、 誰か1人が先んじてターンを回して特殊技を撃たせるのも良いが、 その間に受けるダメージも非常に痛く、ターンを進めるのも苦労する。 特殊技は「クワドラプルサイズ」「ギガスラッシュ」のどちらかランダムで発動のため、 都合よく「クワドラブルサイズ」が来るとも限らない。 低ランクで集まる場合は、複数で交互にファランクスを張り合うと良い。 「クワドラプルサイズ」はダメージも大きい、かばうやカット系アビリティ必須。 「ギガスラッシュ」も強烈な威力に加えアビリティ封印つき。 必ずマウントで対策を。 手こずる様なら、弱体耐性ダウン中にディスペルを。 特殊技にも効果の有るブラインドを付与しておくと安全。 連撃率を下げるアビリティ 斧装備時のデュアルインパルス等 も有効。 召喚石のナタクやカーバンクル・ガーネットなど 各種火属性耐性バフに反応して特殊行動あり。 強化効果消去の「カウンターブレス」を使う。 ダメージカットは全属性と記載されている物を使おう。 また、 特定の弱体効果をかけると特殊行動で「叩きつけ」を使う模様。 要検証。 「クリムゾンローチン」は単体攻撃だが超威力かつ絶命付与あり。 マウント・クリアを用意しておこう。 EXの中でも周回しやすいので信念狙いでルームが立つ事が多い。 ドロップ率は他と変わらない。 討伐速度によるが1時間でそれぞれ5〜10個程度。 副産物として、一部レプリカのドロップも。 こちらもドロップ率が低いので、狙うのであればトレハンLv. 5〜9は欲しい。 古紋・珊瑚のドロップで、多少ルピ稼ぎ可能。 行動不能になり次の被ダメージが激増する弱体効果である。 特殊技としても使うほか、 グラビティに対して特殊行動としても使ってくる。 参戦者全員に対して発動するため、 絶対にグラビティは使わない事。 幸い石化の成功率は高くなく、全員が石化することは稀だがクリア持ちが石化すると危険。 ダブルアタック率も高いうえ、終盤はトリプルアタックが発生するようになり危険度が上昇。 マウントやクリア持ちを複数投入するか、バアルを入れておくと安心。 暗闇を入れておくと石化中の被害を大きく減らすことができる。 全体を通してグラビティが使えない為、「パイロフレア」対策にスロウ・ディスペルも用意しておきたい。 通常モードの特殊技は「サンダーボルト」の頻度が多く、技のほとんどに光属性が含まれる為 カーバンクル・オパールやSRセレストを持ち込むと被害をかなり抑えられる…がその後に強化効果を消されてしまう。 強化効果消去より前に麻痺判定が入るため、竜吟虎嘯の場合は麻痺を高い確率で防ぐがソウルピルファーだと防ぎきれない事が多い。 被ダメージによるリスキーなゲージ溜めに使えなくも無いが、 強化効果消去がミスだった場合は弱体耐性UP効果が消えるまで毎ターン特殊行動でサンダーボルトを浴びる羽目になる。 ソアスマイトは土と光の2属性の10回攻撃で軽減の難しい厄介な技だが、同時に防御ダウンがタイラントに掛かるため削りのチャンス。 通常攻撃は痛くなるが、ソアスマイトで闇属性耐性も下がることから闇PTも有効。 更にソアスマイトでタイラント自身に攻撃力アップバフが付加されるようになる。 放置しておくと被害が大きいので飽和火力で速攻するかディスペルで素早く消去したい。 弱体耐性がかなり高い。 そのため ダークフェンサーやサイドワインダーは不向き。 成功率は低いがソウルピルファーが成功すると他のデバフもある程度通るようになる。 反射に対してディスペルを試みるとダメージカットが先に解除されてしまい反射ダメージが大幅に上がる、 通常攻撃で反射を消してからディスペルでダメージカットを解除する事。 ディスペルが無くても、ダメージカット自体は時間経過でも消える(約40秒)。 デスシザーはよほど守護で固めていなければ壊滅必至、ウォール系を合わせるなりの対策が必要。 事前に打ち合わせてファランクスをOD中の特殊技に合わせてもらうと安定する。 モードゲージへの対策を用意してゲージを一気に削り、デスシザーを打たせないようにするのも手。 ポーションキットと蘇生薬、攻撃アップ、奥義ゲージアップなどのアイテムの使用も検討したい。 特にポーションと蘇生薬はよほど強いPTでない限り各2つは必須。 参加者全員全滅の可能性は多少防げる。 追記:実装からしばらく経ち対策も知られ、それなりに安定して倒せるようにはなったものの、対策なしに突っ込むような人も見受けられる。 ちゃんとしたメンバーが揃っていればそれほど難しいクエストでは無いので、 集まった人が信用できるかどうか、事前に会話・相談をしてよく確認しておくべき事を重ねて念を推しておく。 特殊技を使わせないほどの十分な火力があれば話は別だが長引く心配があるならクリア、ディスペルいずれかを役割分担しつつ準備しておいたほうがよいだろう。 アヴェスターの攻撃力UPはブレイクモードの敵へのブレイクアサシンII並に与ダメージが上昇する(他バフと累積可)。 奥義や攻撃アビリティが簡単に上限付近に届くようになるのでクリアがあるなら喰らうと嬉しい技でもある。 攻撃アビリティの減衰値を調べるのにも有効。 ただし欲を出してかばう等を使うとヴェンディダードだった時に痛い目を見るので過度な期待は禁物。 同じ土ボスのタイラントと比べると体力は多いもののカウンター行動などはなく、チャージターンも長めで討滅戦EXと行動パターンが大差ないため対処は楽。 コロゥ自身に水属性耐性ダウンと再生付与。 これを見越しての水パもアリ。 OD中の特殊技が「フラウンホーファー」から「トロイダルプラズマ」に変わる。 威力は「フラウンホーファー」の約2倍。 「フラウンホーファー」の麻痺を受けることは避けたい。 全て同じ属性の場合も有り。 弱点属性からのダメージを抑える為、苦手な属性の無い光・闇で、マウントが使える方で行くと対応しやすいだろう。 属性ランダムなので、デバフは属性ごとに成功率が変わる。 単体デバフは必ず有利属性にかけよう。 参加者にも効果のあるレイジ等のバフを中心に、味方の強化を中心とした編成も効果的。 召喚石も主人公の属性補正を受ける為、味方強化の効果がある物を重視したい。 特殊技で全体回復54万を使ってくる 補修機 上 を優先して撃破したい。 CTも4と余裕があるので、参加者全員で集中攻撃すれば問題ない。 他2機の攻撃力は低いが、遠隔操縦兵器 下 は、CT1で攻または防デバフを使用してくる。 スロウ・グラビティは相性による為、有利属性なら優先して付与したい。 全体の対策が不十分だと、回復ループに陥る可能性がある。 各攻撃のダメージが跳ね上がる。 ディスペルは全員の特殊行動の通過を待ってから。 幸い、自身に暗闇効果を付与する為、命中率は低い。 参加者でディスペルをしっかり持ち寄れば、かなり楽になる。 これを発動すると、コキュートスのバフ・デバフが全て解除される。 50%での強化効果が残っていればそちらも解除。 討滅戦で使うトロポスフィアが無くなり、攻撃的な効果を持つキロンディッパーを使用する。 バフ、デバフが残ったままアストロホライズンが来ると危険。 25%以下で発動する特殊行動のアストロホライズンは全体7〜8000程の威力になるので、 アテナやカーバンクル、ウォール系アビリティ等を併用してなんとか耐えよう。 即死していれば奥義ゲージ減少効果も受けないため反撃に出やすい。 多重デバフや睡眠を使うためマウント持ちがいるとよい。 葬咎の歌から睡眠が無くなっているが、ディアボロス本体のフォールが睡眠効果に変化。 また、シャドウアビテーション、闇の淀みは威力が高く、通常モードの方が危険な技が多い。 特殊技より低威力だがデバフの効果が大きい? ここではボイスが追加されている。 復刻に伴い討滅戦にもボイスが追加された 撃破時にはオーバードライブモード発動のようなエフェクトと共にDEAD ENDの文字が表示されて消滅する。 運が悪いと1ターン毎に叩き潰しを食らって1人ずつ退却ということになることも。 攻撃UPバフに反応してチャージターンがMAXになる可能性有り。 要検証。 強化効果などを蓄積して十分に準備した後、チャットなどでタイミングを合わせて4人連続で奥義を撃つことで多少は楽になるかもしれない。 そのためマウント役や召喚石バアル等の対策した上で、先に倒す方がよいだろう。 大暗斑によるダメージカットが厄介な為、なるべくディスペルを持ち込みたい。 ディスペルはすぐに使わず、ルヴェリエの撃破後だと確実。 速攻をメインとした高ランクが編成にディスペルを入れていない場合があるので、 安易にターンを回すとダメージカットで妨害してしまい、討伐時間が長くなる場合がある点には注意したい。 ネプチューン・オリジンの特殊技ディヴァイン・トレントによって再生も頻繁に付与される。 火力で押し切れない場合はこちらもディスペルが活躍する。 ダメージカットの後に再生を付与されると厄介。 戦力に余裕があればディスペルが2つあると便利。 特殊な仕様として、ネプチューン・オリジンのオーバードライブモード特殊技 トライデント・ストリームは アーク・オーダーを打ったあとでないと発動しない模様。 壁を入れるときにタイミングがずれることがあるので注意。 足並みを揃えて全員が特殊技を見たあとでデバフをかけ直すと良い。 トラキアの風で付与される防ダウンはかなり強烈。 高いDA率、弱体解除もあいまって殴られると痛い。 各自貢献度5万が火力の目安。 ソード・オブ・ミカエルやコロッサスケーン・マグナをメイン装備したり、 ルリアやマギサなど奥義デバフ持ちをPTの前方に配置して火力を高めたい。 オーバードライブ時の特殊技「ティタノマキア」を食らったときは慌てずに、クリアするか1ターン待ってから回復しよう。 下のアグネアの方がHPが低いので、正攻法で行くならこちらから倒すと良い。 アグニス・オリジン自体はデバフ耐性がそこそこあるようなので、グラビティが入らないこともある。 赤の螺旋階段や裁きの炎の対策にマウント・クリアがあるといい。 デバフが激しいため、クリア・マウント持ちを編成したい。 デバフ下限の通常攻撃でもかなり痛いのでブラインドやチャームボイスなどの行動阻害があると盤石。 一方特殊技の威力はかなりマイルド。 フェイタル・インパクトも名前負けレベルの威力でしかない。 通常攻撃がかなり痛く、特殊技の威力は控えめなのも同じなので行動阻害が充実していれば苦戦する相手でもないだろう。 冥槍の方にモードゲージがあるためモードゲージ関連のアビが腐らないのはありがたいか。 弱点を突かれると痛いため、カット石など対策を用意したい。 一人だけ逆の属性を選びデバフを入れる手もある。 それかいっそ弱点を突かれることのない火、土、光、闇編成で挑むというのもありか。 前2ステージよりマシとはいえやはり通常攻撃がそこそこ痛く特殊攻撃はゆるいといった感じなので 全属性カットの手段より行動阻害や鞄を持ち込んで長くしのぐ方が手堅い。 デバフが暗闇に魅了と非常に鬱陶しいので各員クリアやマウントも持ち込めるなら持ち込みたい。 5-3はEXジョブのジョブ専用武器のドロップ率が高く、EXIIジョブ目当ての場合は周回推奨。 しかし5-3と違いこちらは各自個性が違い、魔剣はあまり厄介な行動をとらないため 火属性で戦っても割とごり押しがききやすい。 ローズクリスタルボウと楽器ピルファーがあればさほど苦戦はしないだろう。 弱体耐性が高いので最初にピルファー推奨。 麻痺 通常の黄色アイコン 、魅了、毒無効。 紫麻痺、恐怖、昏睡、は有効。 無属性ボスなので属性編成・属性バフの有効度が高い。 通常攻撃は恒例のランダム属性、特殊技、特殊行動はすべて無属性ダメージ。 無属性技はダメージカットの意味が無い点に注意。 特に背水編成を使う際は事故に注意したい。 ただHP割合ダメージではないためかコンポウンド・アイズを除いて 攻撃力ダウンの影響を受けてダメージが減少するので デバフをかければかなりダメージを抑えられる。 通常攻撃もデバフなしだと非常に痛いのでミストだけでなくアロレ、ブラインドも是非搭載したいところ。 弱体耐性が高めのため、ピルファー役のエリュシオンが1人は欲しい。 もちろん特殊技にも適用されておりダメージが増していく。 通常攻撃も最終的にはデバフがあっても4000程度受けるレベルになるのでHPの確保も極めて重要。 HPを盛りやすく回復手段も豊富な水、光での攻略が手堅いといえるか。 野良では全員でディスペルを持ち込み推奨。 放置すると与えるダメージが最大で半分にまで落ちてしまう。 特殊技としても終始使用してくるので全員持ち込んで消していくくらいでないと効率が落ちる。 一つの武器には最低6つ必要なので周回の際の参考に。 誇り集めには一番楽なステージなのでそれも踏まえて自発・参戦すると良い。 目安として、イベントHLボス HELLではなく一番強いHIGH LEVEL や古戦場95HELLを余裕で倒せる程度の戦力が求められる。 ・デバフはしっかり入れる さほど痛い攻撃は飛んでこないが、バフが乗ったDAやTAはそれなりのダメージがある。 召喚石トールも有ればなお良し。 エリュのメイン武器はダンテ・アリギエーリがベスト。 トールが間に合わない場合は光九界琴。 ・風見鶏の羽9は必須 トレハン編成で参加する余裕は全く無い。 1時間フルで周回する気なら闘気の種実も。 ・防御的なジョブは不要 麻痺や弱体を引き受けるデバフ役1 エリュ 、火力役3 剣豪など が基本的な編成となる。 スパルタやセージを入れるよりは、ポーションキット等を使用して火力役を増やした方が安定する。 無属性なので天司武器の効果は無い。 非常に体力が高いうえに弱体耐性も高いためデバフミスが頻発する。 前半は特に激しい攻撃・トリガー技が無いためダメージカットはさほど重要ではない。 第一段階:特殊技の威力は大したことはないがデバフがかなり厄介なのでクリアやマウントで対応すること。 防御係数がやや高く、最初はダメージを稼ぎにくい。 ダメージカットが邪魔なので各自ディスペル必須。 先に死の祝福が消えるので一人は2枚欲しい。 通常攻撃をしてこなくなり、予兆の威力も知れているので恐れずひたすら殴る。 麻痺も消去されるし初回は特殊行動なので注意しないと思わぬ事故につながる。 特殊技の威力が跳ね上がり全体10000クラス。 まともに食らうと危険だと考えるならゴッドガード・ブローディアやグリームニルなどを準備したい。 削り切れそうならディスペルを使うまでもなく一気に押し込むのもあり。 通常攻撃が全体化。 1発あたりの威力もデバフありで2000〜3000ほどあり、DA・TAもするので連続攻撃率ダウンも欲しい。 特殊技の威力は高いがランダム多段に単体ダメージなのでかばうや幻影が活きる。 使えるキャラ、石があるならここに備えて持ち込みたい。 ・トールについて アルバハHLとは異なりトールは無くてもクリア可能。 とはいえ、トールがあると時短として非常に役立つ。 火力が足りなければソーン4アビで麻痺延長。 あれば トール召喚後、デバフ入れなおし。 そこそこ痛いので2人目以降はデバフ後に踏むと良い。 確実にいきたければハイ!スタンプ後に。 防御力アップ 最初に消える だけでも消したい。 ただし、デバフの消しすぎには注意。 ・高速周回 上級者向け 役割分担で効率化。 終末5凸推奨。 水剣豪や火魔法戦士 テトラ必須。 神石推奨 など。 麻痺役…サポトール選択。 キャラ1枠が自由なのでブリザード等で支援したい。 1周2分以内を目安に頑張りましょう。 ・気絶編成について 注意:現在では火力で殴り倒すのが常識となっている。 基本的には身内接待用。 その後、リュウの1-3アビで気絶値を40累積。 麻痺している間にアビを再使用し、もう40累積させる。 黒麒麟を撃った後、50を踏んでから再度トールと奥義。 気絶を入れた後、ソーンで延長する。 EX5-2 金箱 オリバー・レプリカ -- [Pe8GyMDj7oI] 2020-05-02 土 02:24:32• ティターンから森人の証でたっす -- [62BRKwqLK7U] 2020-05-22 金 01:01:00• EX4-4 木箱から森人の証 -- [VFqQVAraszg] 2020-06-03 水 17:26:43• EX2-2裁考の間 木箱から僧兵の証 -- [kmLzybvfNqk] 2020-06-18 木 22:08:54.

次の

【グラブル】騎士の誇りと賢者の誇りの入手方法

黒紫獣の刻

共闘クエスト「黒柴獣の刻」のケイオスビーストを水属性編成(片面ヴァルナ)でフルオートによるソロ討伐をしてきたのでまとめていきます。 ケイオスビーストからは英雄武器の制作に必要な「幽世の黒柴刃」が入手できるのである程度の周回が必要となります。 ソロでの討伐については今までも問題なく行えましたが、AUTOで行おうとすると弱体関係の問題でもたつくことがありましたが、フルオート機能が実装されたことで戦闘途中にも弱体を入れなおすことが出来て安定してクリアすることが出来るようになりました。 武器に関してはミュルグレスを多めに編成して連撃率上げました。 火力の方もリリィの水属性攻撃UPをエウロペの効果で上昇させたりとそこそこ出ます。 ・無属性ダメージの特殊行動が多い。 ・回復アビリティが使えなくても、リリィやエウロペのような回復アビリティ以外による回復が出来る。 オート周回は水パだと安定感が良いですね。 特に回復アビリティ扱いされていないアビリティによる回復で高HPを保てます。 ただある程度のHPがないと辛いところもいありますね。 武器、エンブレム制作 ・一つの英雄武器(ジョン・ドゥやヴァッサーシュパイアー)を全属性で作りたい場面が増えたので数が必要です。 英雄武器を作成する本数も増えたのでケイオスビーストの周回も増えました。 フルオートによりケイオスビーストを片手間で倒せるので、他の事をしている間に片手間で周回出来るので便利ですね。 それでは本題です。 の方です。 フルオートでも召喚はされないのでサブにはステータスの高い召喚石を装備する方がよいです。 幻影とHP回復効果が付いているのでオート向きの武器です。 他は連続攻撃の確保のミュルグレスとHP確保の氷晶杖、あとはフィンブルとかですね。 〇ケイオスビースト戦 ・フルオート戦闘なのでオートを押して放置するだけです。 以降は使用間隔が貯まる都度に各アビリティが自動使用されます。 リリィの奥義ダメージも敵の防御UPで少し抑えめかな。 同時に敵にバフが付与されターン毎に味方キャラが無属性ダメージを受けます。 なのでケイオスビーストに挑む際は風見鶏の羽を使ってドロップ率を上げていかないと周回数が結構増えます。 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 六竜討伐戦の風属性【六竜討伐戦「翠」】のイーウィヤを今度は火属性マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。...

次の

【グラブル】ジョブ専用武器の強化方法と必要素材まとめ|こーひーのグラブル攻略ガイド

黒紫獣の刻

共闘クエスト「黒柴獣の刻」のケイオスビーストを水属性編成(片面ヴァルナ)でフルオートによるソロ討伐をしてきたのでまとめていきます。 ケイオスビーストからは英雄武器の制作に必要な「幽世の黒柴刃」が入手できるのである程度の周回が必要となります。 ソロでの討伐については今までも問題なく行えましたが、AUTOで行おうとすると弱体関係の問題でもたつくことがありましたが、フルオート機能が実装されたことで戦闘途中にも弱体を入れなおすことが出来て安定してクリアすることが出来るようになりました。 武器に関してはミュルグレスを多めに編成して連撃率上げました。 火力の方もリリィの水属性攻撃UPをエウロペの効果で上昇させたりとそこそこ出ます。 ・無属性ダメージの特殊行動が多い。 ・回復アビリティが使えなくても、リリィやエウロペのような回復アビリティ以外による回復が出来る。 オート周回は水パだと安定感が良いですね。 特に回復アビリティ扱いされていないアビリティによる回復で高HPを保てます。 ただある程度のHPがないと辛いところもいありますね。 武器、エンブレム制作 ・一つの英雄武器(ジョン・ドゥやヴァッサーシュパイアー)を全属性で作りたい場面が増えたので数が必要です。 英雄武器を作成する本数も増えたのでケイオスビーストの周回も増えました。 フルオートによりケイオスビーストを片手間で倒せるので、他の事をしている間に片手間で周回出来るので便利ですね。 それでは本題です。 の方です。 フルオートでも召喚はされないのでサブにはステータスの高い召喚石を装備する方がよいです。 幻影とHP回復効果が付いているのでオート向きの武器です。 他は連続攻撃の確保のミュルグレスとHP確保の氷晶杖、あとはフィンブルとかですね。 〇ケイオスビースト戦 ・フルオート戦闘なのでオートを押して放置するだけです。 以降は使用間隔が貯まる都度に各アビリティが自動使用されます。 リリィの奥義ダメージも敵の防御UPで少し抑えめかな。 同時に敵にバフが付与されターン毎に味方キャラが無属性ダメージを受けます。 なのでケイオスビーストに挑む際は風見鶏の羽を使ってドロップ率を上げていかないと周回数が結構増えます。 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 六竜討伐戦の風属性【六竜討伐戦「翠」】のイーウィヤを今度は火属性マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。...

次の