ブリティッシュショートヘア ブルー。 まんまるな愛らしさにメロメロ!ブリティッシュショートヘアの魅力とは?

ブリティッシュショートヘアの子猫の価格は?毛色で値段が変わる?

ブリティッシュショートヘア ブルー

ブリティッシュショートヘアの子猫の価格相場は?他の猫と比べて安い?高い? 猫種 価格相場 ブリティッシュショートヘア 10万円〜40万円 ラグドール 12万円〜50万円 スコティッシュフォールド 5万円〜50万円 アメリカンショートヘア 5万円〜30万円 マンチカン 6万円〜80万円 ノルウェージャンフォレストキャット 8万円〜30万円 メインクーン 12万円〜33万円 ロシアンブルー 9万円〜25万円 ベンガル 7万円〜50万円 ペルシャ 10万円〜40万円 まずは、ブリティッシュショートヘアの相場についてチェックしていきましょう! 今回、生後3ヶ月以内の子猫に絞って販売価格を調査したところ、相場は 大体10万円~40万円ほどであることがわかりました。 生まれてからの日数が長ければ長いほど価格が下がるので、生後半年以上経過すれば 5万円程度で購入できる場合もあります。 また、都心部では30万円前後で販売されることが多いのですが 「血統書の有無」や 「毛色の入り方」によっても価格が変わることがあるようです。 表の通り、他の猫種とも比較してみた結果、10万円〜40万円という価格はごく平均的で、 高くも安くもない価格であると言えるでしょう。 ブリーダー&ペットショップで比較!ブリティッシュショートヘアの子猫の価格は? ペットショップ 価格相場 ブリーダー 価格相場 8万円〜50万円 6万円〜40万円 14万円〜35万円 8万円〜17万円 平均相場 20万円~40万円 平均相場 15万円〜20万円 ブリティッシュショートヘアはペットショップだけでなく、ブリーダーやキャッテリーから直接購入することもできます。 ただ、ペットショップは店舗という仲介が入る分、直接購入よりも 5万円〜20万円程度高値になるのが一般的です。 また、入手経路によって注意点も変わってくるので、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました! ペットショップでブリティッシュショートヘアを購入する場合 デメリット• 購入費用がかさむ。 飼育環境や親猫を直接見れない。 ペットショップで購入する最大のメリットは、 すぐに子猫を引き取ることができるということです! 通常ブリーダーから購入する場合は、相性を確かめるためのトライアル期間などが設けられているため、すぐに家族に迎えるということができませんからね。 また、 ペットショップではペット保険加入の手続きを代行してもらえます。 資料請求から申し込みまで面倒な手続きが省けるのは嬉しいですね。 一方デメリットとしては、店舗を仲介している分 ブリーダーよりも販売価格が高いことが挙げられます。 手数料やワクチンの費用、保険料の支払いなども含めると50万円近くかかる場合もあるでしょう。 ブリーダーやキャッテリーからブリティッシュショートヘア購入する場合 デメリット• 遠方の施設まで出向かなくてはいけない。 悪質なブリーダーも存在する。 ブリーダーやキャッテリーから購入する1番のメリットとして挙げられるのが、 飼育環境や猫の性格などを事前に知ることができることです! 基本的にブリーダーの家に直接出向くので、子猫はもちろんのこと、同居していればその親猫と触れあうことも可能です。 また、価格も15万円~25万円ほどで購入できますので、 ペットショップに比べると費用を抑えられるのも魅力的です。 デメリットとしては、個人の家で飼育していることが多いため、 ペットショップのようにアクセスがよくありません。 場合によっては、県をまたいで会いに行かなくてはならないこともあるでしょう。 また、残念ながらブリーダーの中には利益第一の悪質なブリーダーが存在します。 特に 「家に来なくてもお譲りできます」というようなブリーダーには要注意です! 飼育環境を知るためにも、できる限り施設に出向いたり、何度もコンタクトを取ったりして良質なブリーダーかどうか判断する必要もありますね。 ブリティッシュショートヘアの成猫なら里親募集の利用もおすすめ! ブリティッシュショートヘアなら子猫でも成猫でも構わないという場合は、 里親制度を利用する方法もあります。 里親制度…やむをえない理由で飼えなくなったペットの新しい飼い主を探す制度のこと。 購入するわけではないので、基本的に生体価格はかかりません。 ワクチン代+去勢・避妊手術費用の2万円〜5万円のみなので、 費用がかなり安く抑えられます。 ただ、ブリティッシュショートヘアのような人気種では、募集があるのはほとんど成猫のみ。 子猫の里親募集は滅多にありません。 また、飼い始めるまでにはトライアル期間を要したり、飼ったあとも譲渡主と定期的に連絡を取りあったりする必要もあるため、 引き取り後の手間も多くなります。 里親募集には条件が細かく設定されていることも多く、1人暮らしや未婚のカップルでは否認される場合もあります。 里親になりたいと思ったら、まずは募集要項をきちんと確認しておいてくださいね! ブリティッシュショートヘアの価格は毛色によっても左右される! ブリティッシュショートヘアといえばモフモフした毛が特徴的ですが、毛色や模様の入り方によっても価格に違いがあるようです。 特に次のような猫は、同じ子猫でも割高になります。 ダイリュートキャリコ…毛並みの色が薄まりパステルカラーになった三色カラーの猫のこと ダイリュートキャリコとは、 ブルー、クリーム、ホワイトのパステルな三色が混ざったカラーで、写真のように柔らかい雰囲気の毛色です。 元々ブルーの毛色しかなかったのですが、突然変異によりホワイトブルーやダイリュートキャリコが生まれたため、 とても希少性が高いと言われています。 そのため、他の毛色よりも10万円程度割高になることが多く、 30万円〜40万円で販売されることが多いです。 毛がハチワレ模様 ブルーとホワイト2色が混ざった毛色のブリティッシュショートヘアは、 販売価格が安くなる傾向があります。 ただ、その中でも 「ハチワレ」と言って、額の部分から口にかけて八の字になるように毛色が分かれている場合は、 見た目の愛らしさから価格が高くなります。 一般的なブルーやクリームが15万円〜20万円程度とすると、ハチワレ模様なら 25万円〜30万円程度になることが多いでしょう。 ブリティッシュショートヘアの購入から飼育にかかる費用まとめ 実際に、ブリティッシュショートヘアを購入するとなれば、生体価格だけでなくペット用品や病院代など様々な費用が必要になります。 そこで、子猫の購入から普段の飼育にかかる費用をそれぞれまとめてみたので、ぜひ参考にしてくださいね! ブリティッシュショートヘアを飼うための環境作りに必要な初期費用はいくら? 必要なもの 価格 キャットフード 3,000円 餌と水の容器 500円 猫のトイレ 2,000円 トイレの砂 700円 爪とぎ・爪きり 1,000円 おもちゃ 500円 ベッド 2,000円 ブラシ 2,000円 キャリーバッグ 3,000円 ケージ 10,000円 消臭アイテム 1000円 キャットタワー 10,000円 合計 35,700円 初めて猫を飼う際には、猫が過ごしやすいよう色々なものを準備しておく必要があります! 費用は合計で3万円〜4万円程度、子猫の生体価格も合わせると 30万円~40万円ほどは必要になるでしょう。 キャリーバッグについても、病院に連れて行く時などに便利なので用意しておきましょう。 病院でかかる治療費や去勢・避妊手術、ワクチン代の目安! 病院代 費用 初診料 500円~1,000円 検査・処置費用・薬代など 3,000円 混合ワクチン接種 3種~7種 4,500円~7,500円 去勢手術 15,000円~20,000円 避妊手術 25,000円~35,000円 猫を飼い始めると、予想外に出費がかさむのがワクチン代や治療費です。 特に子猫のうちは、去勢・避妊手術など病院にかかる機会も増えるので、年間で5万円以上は病院代に消えることも…。 混合ワクチンとは、猫の感染症を予防するために 平均で2回~3回接種する必要があります。 子猫を購入する段階で初めの1回は済んでいるはずですので、残りの回数分は病院に連れて行って接種してもらいます。 また、去勢・避妊手術については、病院ごとに金額がかなり違うため注意しましょう! 救急対応のある病院は日中の診察の料金が高額になることが多いようです。 あくまで参考ですが、ブリティッシュショートヘアの飼育にかかる年間費用は表の通りになります。 ただ、実際にはもっと病院代等がかかると言われているので、最低でも 年間14万円〜15万円程度は必要になると思っておきましょう。 というのも、ペットの医療費は 10割負担なのです。 愛猫に何かあったときに負担を減らすためにも、 ペット保険に加入しておくことをおすすめします! また、室内飼いでは関係ないと思われがちなノミ・ダニ予防ですが、飼い主さんが外から持ち込んでしまうこともあるので忘れずに予防しておきましょう! 予防薬を何度も購入するよりも、年に1度ワクチンを接種する方が安価で済む場合もありますので、 その子に合った対策方法を見つけてあげてくださいね! 【生涯費用】ブリティッシュショートヘアを育てるのに必要なお金はこれ!.

次の

ブリティッシュショートヘアのマイペースな性格とその魅力

ブリティッシュショートヘア ブルー

ブラックポイント• ブルーポイント• チョコレートポイント• ライラックポイント• シールシルバーポイント• チョコレートシルバーポイント• ブラックトーティーシルバーポイント• シールリンクスポイント• レッドリンクスポイント• シールシルバーリンクスポイント• チョコレートシルバーリンクスポイント• ブルーシルバーリンクスポイント• シールシルバーシェルポイント• シールゴールデンシェルポイント• チョコレートポイントバイカラー• ライラックポイントバイカラー• チョコレートポイントバイカラー と舌を噛みそうな毛色が多数あります。 ブリティッシュブルーの被毛を持った子はカッパーの目をしている事が多いので、「ブリティッシュショートヘアの目の色はカッパー」というイメージが付いている事は否めません。 ですが、実は「カッパー」以外の目の色も存在します。 ブルーの被毛はカッパーの目の色以外でグリーンやヘーゼルの子もいます。 シェーデットシルバーやシェーデットゴールデンの子もグリーン。 ソリッド 単色 ホワイトの被毛の子はブルーやゴールド、もしくはオッドアイを持っています。 ポインテッドはブルーで、ご紹介した以外の毛色の場合はゴールドからカッパーの目の色をしている事がほとんどです。 歯肉炎• 肥大性心筋症 ブリティッシュショートヘアを飼う上では歯肉炎や肥大性心筋症に気をつけましょう。 ブリティッシュショートヘアに限った話ではありませんが、歯肉炎は3歳以上の猫がほとんどかかっている病気と言われています。 歯肉炎の原因は子猫の頃のウイルス感染や歯石などと考えられています。 愛猫の歯を守る為にもマメな歯磨きを心がけましょう。 肥大性心筋症は心臓の壁が厚くなり、働きを阻害する病気です。 遺伝性の事が多く、家族に肥大性心筋症の猫がいると発症する確率が高くなります。 オス猫に起こることが多いようです。 症状は呼吸困難や失神、後ろ足が動かなくなるなどです。 突然死する事もあります。 軽度の場合は無症状の事も多く、年1回程度の健康診断を受けるのが予防法になります。 親兄弟にこの病気を持つブリティッシュショートヘアは特に注意しましょう。 面白いのがペットショップではブルーの毛色の方が高く、ブリーダーだとブルー以外の毛色の方が高値になる傾向がある事です。 更に親猫がキャットショーのチャンピオン猫だと価格が上がります。 また里親募集もあるにはありますが、ブリティッシュショートヘアは人気猫種なので直ぐに決まってしまう事が多いです。 里親の場合はどんな親猫から産まれたのかなど、猫の素性がはっきりと分からない場合もありますが、生体代がかからない事や猫の命を救う事にも繋がります。 あえて毛色の違うコを迎えましたが、毛質も全然違うことに驚きました。 毛足の長い高級絨毯のようなフワフワ~とした手触りのブルー。 直毛でちょっと硬めのクリーム。 いわゆる猫っ毛でよくよく見ると細かく縮れているトーティ。 ブルー程ではないけどフワッと感のブルーホワイト。 さらに、毛色の違うと肉球の色も違いまして。 ブルーちゃんは濃い小豆色、クリームちゃんはサーモンピンク、 ブルーホワイトちゃんは薄い小豆色(四肢の先がホワイトだからかも?)。 トーティちゃんは、左前足の毛色は黒一色なので肉球も黒ですが、 右前足は黒&クリームの斑なので肉球も黒い毛色部分は黒・クリーム部分はサーモンピンク。 肉球まで斑になるなんて凄いですよね!.

次の

ブリティッシュショートヘアの性格!子猫やオス・メスなどで違う?

ブリティッシュショートヘア ブルー

ブルー御三家の基本的なプロフィール まずはブルー御三家と、ブリティッシュショートヘアの基本的なプロフィールを紹介していきます。 ロシアンブルー 出身:ロシア 日本でも大人気のスリムなブルーキャットです。 ブルーの被毛同様に、エメラルドグリーンの瞳も顕著な特徴の一つです。 観る者にとてもスマートな印象を与える猫種と言えます。 コラット 出身:タイ コラットは日本ではあまり知られていないブルーキャットです。 シングルコートの被毛で寒さに弱く、瞳の色はペリドットグリーンという浅く鮮やかな緑色です。 体つきは平均より小さいながらも、がっしりとしています。 シャルトリュー 出身:フランス 上記2つの猫種と比べてより大柄でがっしりとした体格のブルーキャットです。 瞳の色は「ゴールド」「オレンジ」「カッパー」のいずれかです。 ロシアンブルーやコラットのように、グリーン系統の瞳の色はしていません。 口元が常に微笑んでいるように見えることから「微笑みのネコ」という愛称も持っています。 ブリティッシュショートヘア 出身:イギリス ブリティッシュショートヘアは今でこそ様々な毛色を持っていますが、昔はブリティッシュブルーと呼ばれるブルーキャットでした。 ただ今でもグレーが最も一般的な毛色と考えられています。 上記3つの猫種と比べて、最も骨太でがっしりとした大柄な体型をしています。 瞳の色も様々な色が確認されています。 スポンサーリンク 性格の違い 性格はもちろん個体差が大きいですが、猫種によってもある程度どういった性格の子が多いかは変わります。 それぞれ以下のような性格の子が多いです。 ブリティッシュショートヘアに多い性格• 穏やかで物静か• なれ合いを好まない• 利口 体型(体格)の違い 左上から順にロシアンブルー、コラット、シャルトリュー、ブリティッシュショートヘアです。 それぞれの体格(体型)の違いを紹介していきます。 ロシアンブルー 全体的にほっそりと長い四肢をしています。 しっぽは長めですが、体の大きさに比例しています。 コラット 猫の平均よりも小柄な体型をしています。 ただ全身はしなやかな筋肉を備えています。 シャルトリュー 中型でバランスの取れたボディをしています。 また四肢は若干短いのが特徴です。 ブリティッシュショートヘア 中大型の体格をしており、広い胸をしています。 頑強な体つきで全体的に丸い印象を与えます。 被毛と毛色の違い ロシアンブルー 高密度で上品な被毛をしています。 毛色はブルーキャット御三家の中で最も光沢が強く、銀色に近いです。 コラット ブルーのシングルコートです。 ロシアンブルーよりも濃い青色(グレー)が特徴的です。 シャルトリュー シャルトリューの毛色はロシアンブルーに近いです。 また寒い土地で育ったこともあり、被毛は羊毛のように豊かに生えています。 ブリティッシュショートヘア 基本的にはブリティッシュブルーの毛色は薄い青色です。 ただ光沢はそれほど強くないです。 シャルトリューと同様に若干ふわふわとした毛質をしています。 頭の大きさは小さめで、ロシアンブルーの口角がわずかに上がっており微笑んでいるように見えるため「ロシアンスマイル」と言うことがあります。 正面から見たとき、顔の隆起部がハート形に見えることで有名です。 首は短めで、顔は丸っこいです。 瞳の色の違い 番号などはありませんが、これまで通りの並び順です(左上がロシアンブルー、右上がコラット、左下がシャルトリュー、右下がブリティッシュショートヘア) ロシアンブルー エメラルドグリーン(鮮やかな緑色) コラット ペリドットクリーン(浅い緑色) シャルトリュー ゴールド、オレンジ、カッパーのいずれか(上記画像はオレンジ) ブリティッシュショートヘア ブルー、グリーン、ヘーゼル、ゴールド、カッパー、オッドアイのいずれか(上記画像はゴールド) に関しては、下記画像を参考にすると分かりやすいと思います。 サファイヤブルー• ブルー• アクア• グリーン• ヘーゼル• イエロー• ゴールド• オレンジ• カッパー• オッドアイ それぞれの特徴まとめ! ここまで各部位を取り上げて違いを紹介してきましたが、混乱してしまった方も多いと思うので一度簡単にまとめさせていただきます。 それぞれの特徴は以下になります。 ブリティッシュショートヘアの特徴• 中大型の筋肉質な体をしている• 毛色はブルー以外にも多種多様で、瞳の色の種類も多い• 穏やかで物静か、手間のかからない性格• 飼い猫とたくさん遊びたい人には向いていない? シャルトリューとブリティッシュブルーがとても似ている理由 ここまで読んでくださってありがとうございます。 1つ質問なのですが、皆さん「シャルトリューとブリティッシュショートヘアほとんど同じじゃん!」と思われませんでしたか? この2匹は性格はともかく、外見的特徴はとても似ていますよね。 実際(今でこそ分かれていますが)ブリティッシュブルーは一時期、シャルトリューと呼ばれていました。 そして2匹がとても似た外見的特徴をしているのには秘密があります。 シャルトリューは第2次世界大戦後に一度絶滅しかけているのです。 その際生き残ったシャルトリューを、「」や「ブリティッシュブルー」と交配させることで猫種を再確立させたのです。 そのため現在のシャルトリューは、ブリティッシュショートヘアの血を取り入れたシャルトリューということです。 言ってしまえば2匹は兄弟猫のようなものなのですね。 最後に ブルーキャットは一見、どの種類も同じように見えてしまいますよね。 ただよく見ると中々容姿も違いますし、それぞれ性格も大きく異なります。 それぞれに異なる魅力をたっぷり備えているのです。 今後ブルーキャットを飼おうと思っている場合は、是非どの猫が自分に合うか吟味してみてください! 雑種のブルーキャットもおりますので、里親や保健所もおすすめです。 はじめまして、ミツバと申します。 以前「猫カフェ」+「ペットショップ」+「ペットホテル」の店員でした。 店員だったときの経験を活かして、現在は『ネコワラ!』の管理人をしています。 プライベートではラグドールのわたげを飼っていましたが、2019年1月17日腎不全や腹水、黄疸などの症状から眠りにつきました。 1歳と11カ月のことです。 当サイトでは管理人が「仕事」「プライベートでの飼育経験」から得た猫に関する知識を、余すところなく公開していきます。 全ての猫好きが笑顔になれる場所を目指して、情報提供をしていきます。 ぜひ気軽に楽しんでいってください: 所持資格: ・少額短期保険募集人資格 ・アニコム損保ペット保険募集人資格 わたげが膀胱結石になり、40万円の治療費がかかったときの話はから.

次の