ウーバーイーツ ドコモバイクシェア。 Uber Eats(ウーバーイーツ)でレンタルサイクルを3回契約した配達パートナーより【初心者向け】|UberLIFE

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で使えるレンタサイクルについて徹底解説します【通称赤チャリ】

ウーバーイーツ ドコモバイクシェア

Contents• 予想外の請求が来てしまった経緯 何が起きていたのか全てを特別会員登録時の事から追ってお話します。 まず、私が特別会員になったきっかけはウーバーイーツの配達パートナーをやり始める為でした。 最初に配達パートナーを始めるにあたって自転車かバイクが必須になりますが、私はどちらも所有していなかったので自転車を買おうかななんて思いながら配達パートナーに関するネットの記事を見ていた時に、配達パートナー限定の特別プランで「定額月4000円で電動自転車乗り放題」と記載されていたのがドコモのバイクシェアサービスを知ったきっかけでした。 早速申し込みをしたんですが、申し込み後すぐに返信があり、そこには 「特別月額会員プランの新規入会受付は終了しました。 」という記載がありました。 「申し込むのが遅かったー…」とすごいガッカリしました。 ですが、よくよく続きを見てみると 「特別会員への変更はいかがですか?」という文章も記載されていました。 要は今までの特別プランはないけど別の特別プランならあるよという提示だったんですね。 プラン内容としての変更点は月額4000円なのは変わらないけれども、 一日中借りれるのではなく、4時間ずつという規制がついていました。 4時間以内に車両を入れ替えれば追加の料金もかかる事はないという事だったので、だったらいいじゃんと思い、二つ返事で申し込む事にしました。 この時電動自転車に乗る事や配達パートナーを始める事がちょっと楽しみでテンションが上がってたのもあって注意書きをしっかり見てなかった自分がいけなかったのです… それから自分は横浜が地元なので横浜で配達パートナーとして稼働し始めました。 横浜周辺はドコモバイクシェアのポートも非常に多く、借りるのも返すのも特に困る事なく想像通りに快適に自転車での配達をしばらく楽しんでいました。 そんなある日に来たのが先程の請求メールです。 はい、じゃあもう答えを言います。 特別プランは東京都内の10区内限定だったんです。 つまり、 横浜エリアはそのプランのエリアに含まれていないので使った分だけ従量課金だったという事ですね。 問い合わせの電話でその事実を聞いて愕然としました。 そして、登録時のメールを振り返ってみたら確かに書いてありました。 もう少しわかりやすく記載してよ…とか、ちゃんと見てなかった自分自身にも無性に腹が立ったりとか色々と思う事もあったんですが、今回は勉強させてもらったと思って素直に払う事にしました。 この時点で、私の中で横浜で定額で出来ないなら横浜でなんとか別の形でやる方法を考えるか、それとも東京に行って特別プランを継続すべきかという選択をしなければならなかった訳です。 ドコモのバイクシェアサービスを退会する決意に至った考え とりあえず今の時点では東京エリアでやるならサービス継続、横浜エリアでやるなら一旦サービスを退会するという考えだったのですが、色々と考えた末に 東京エリアでの稼働を諦めてドコモのバイクシェアサービスは退会し、横浜エリアで自分の自転車を用意して新たに始めようと決意しました。 東京エリアを諦めた理由 東京エリアまでが遠いから 自宅の位置から東京に行くには1時間はかかってしまいます。 電車賃もさることながら、行き帰りの時間がもったいないなと感じました。 エリア変更での2週間がもったいないから エリア変更には簡単にいうと2週間はまともに報酬がもらえないといった期間があります。 なので、間が空いてしまうのももったいないなと思ったのです。 東京の交通が個人的に向いていないように感じた 私は一度東京エリアはどんな感じなんだろうと試しに出稼ぎにエリアを変えてやってみたことがあります。 その時に東京だと自転車や歩行者が多くて若干走りづらいなという印象を受けていました。 ドコモのシェアバイクサービスが人気すぎるから これもエリアを東京に移してやってみて感じた点ですが、東京エリアも横浜同様にポートも借りれる自転車数も多いのですが、それ以上に利用者が多くなかなかまともに借りることができなかったのです。 一回の注文にかかる時間がかかりやすい 東京だと土地柄か高級マンションからの注文が多く、高級マンションの場合セキュリティーの関係で一度防災センターでやりとりをしてからでないと部屋まで行けなかったりするので一回あたりの時間がかなりかかるという点もありました。 横浜エリアで続けようと思った理由 今までの経験である程度慣れてきていたから 少なからずこれまでの積み重ねがあったので横浜のエリアであればコツが若干掴めている分稼ぎやすいだろうなと感じました。 自宅からエリアが近いから 東京エリアを諦める理由と同じですが、近い分、行き帰りの時間も短く有効活用できると思ったからです。 ロードバイクに乗ってみたい気持ちがあったから 電動自転車は楽なんですが、激坂でどうしても自転車を押して坂を登らないと行けない場面の時の手押しがキツいのと、乗り換えをいちいちしなければいけない手間があるのは普段から感じていました。 それと同時にロードバイクで配達している方を見ていてロードバイクの方が軽くて走りやすいのでは?とか単純にかっこいいなーと思っていて欲しいという気持ちがあったため。 まだ、この記事を書いた時点では購入していないのですが、購入したらその感想も必ず記事にしますね! 以上のように考えた末にドコモのバイクシェアサービスを退会する事にしました。 今の家はいわば仮住まいなので、いずれ引っ越した時に引越し先が東京エリアになった時や、サービスが進んで横浜エリアでも特別会員プランが提供されるようになったら復活を検討しようと思います。 とりあえずは自転車を所有してやってみます。 今回の記事を見ていただいてみなさんは私と同じミスはしないと思いますが、何事もサービス登録時の注意事項はよく読みましょうね。 今回のことで私は身に染みましたよ・・・ とはいえ、東京エリアにお住まいで定額でやろうと思ってる方は絶対おすすめですので詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。 FXと言えばギャンブルとして表現される様な事も 今回はウーバーイーツ配達パートナーをやる時の登録エリア変更に関する注意点をお伝えします。 みなさんはFXはご存知でしょうか? 外国為替証拠金取引とも言いますが、簡単にいうと 今回は私が行っているFXにおけるトレードのやり方について簡単にご紹介します。 よく5分足を.

次の

ウーバーイーツの金沢を解説【細い路地が多く車よりも優位です】

ウーバーイーツ ドコモバイクシェア

「Uber Eatsで配達の仕事をしてみたいけど、自転車は何を使うのがいいの?」 そんな人に向けたエントリーです。 Uber Eatsでは配達パートナー登録時にドコモのバイクシェアサービス(通称:赤チャリ)を使うことをオプションで提案してくれます。 自前の自転車を持っていないorママチャリしかない人向けのオプションです。 >> ドコモのサービスではありますが、Uber Eats特別プランが用意されていて魅力的に見えるかもしれません。 ただし、 赤チャリでのUber Eatsの配達は絶対にオススメしません。 サマリー• ドコモバイクシェアは電動自転車を無人レンタルできるサービス• Uber Eats特別プランが用意されている• サービス自体は素晴らしいけど人気のあまり自転車は「使えない」 Uber Eatsに興味があるあなたへ。 広島市・岡山市・福山市・松山市・高松市・仙台市・久留米市・北九州市でUber Eatsのサービスが始まります。 出典: Uber Eatsで配達の仕事をしたい人以外にも、通勤通学や営業回り、近所の買い物や観光サイクリングとしてなどなど様々な用途で使われています。 Uber Eatsでドコモのバイクシェアを使うメリットは主に以下の通り。 購入すれば十数万円する電動自転車が使える• 月額3,000円で使い放題(Uber Eats特別プランの場合)• 自転車を借りる・返すポートが異なってもOK Uber Eatsは自転車やバイクを使って配達をします(自動車不可)。 自転車で配達をする場合、体力の問題が立ちはだかります。 電動自転車ならアシストしてくれるのでスイスイ登れてしまいますが、いかんせん購入すると非常に高額です。 そんな電動自転車をレンタルということで赤チャリを使ってUber Eatsの配達をしているパートナーを結構見かけます。 レンタル費用もUber Eats特別プランで月額3,000円、延長料金なしと一見割安です(一見、です)。 通常会員は月額料金が高かったり、30分以上で延長料金が発生したりします。 出典: さらに、このバイクシェアサービスの自転車は専用ポートならどこでも借りる、返すことができます。 極端な話、中央区で借りた自転車を港区に返すこともできます。 元の場所に返さなくていいのは便利です。 便利なドコモバイクシェアをUber Eatsの配達でオススメできない理由 ではなぜこのサービスがオススメできないのか?3つの観点から書いていきます。 運動不足や力の弱い女性でも軽い力でぐんぐん進むようアシストしてくれます。 ただし、 電動自転車は時速24kmまでしかアシストはしてくれません。 それ以上のスピードを出そうとすると自力で頑張るしかありません。 これは道路交通法で決められている制限です。 >> 実際にUber Eatsの配達パートナーの仕事をやってみると感じますが「もっと早くもっと」という気持ちに駆られます。 配達報酬は歩合制(時給制ではない)です。 1件あたりの基本料金+配達距離で報酬額が決定されますが、1件1件をスピーディに終わらせて件数を増やすのが稼ぐポイントです。 詳しくはこちらのエントリーをどうぞ。 赤チャリではこのスピードを出すのは難しい。 またホイールも小さく(恐らく20インチ)小径車の分類になりますが、ロードバイクは26〜28インチとかなり大きさは異なります。 タイヤが一回転する時に進む距離は大きなタイヤの方が大きくなります。 使いたくても充電されていないことも・・・ これがオススメできない一番の理由。 自転車ポートにはたくさんの自転車が用意されていますが、人気エリアとなると充電満タンの自転車が1台もないことも。 充電0なんてことも珍しくありません。 「どこでも返せる」ことで、自転車ポートによっては規定台数以上に自転車が溢れかえってしまっていることもよく目にします。 それによってかは不明ですが充電されない状態になっており次使う人が困ってしまうということに。 溢れかえっている自転車の充電残量を調べてみると・・・ 0。 この自転車を借りても電動アシストはしてくれません。 すぐに電池切れになります。 電動自転車って実はめちゃくちゃ重い。 ママチャリでも重たく感じるのに+10kgはします。 ママチャリ(変速機なし):18kg• 電動自転車:27kg• ロードバイク:7〜10kg バイクシェアサービスに限った話ではありませんが、電動自転車のデメリットはバッテリーがきれた時。 ママチャリよりも10kgも重くなった状態で坂道など登れるのか・・・ということです。 また、 自転車が溢れかえっているポートがあるということは、自転車が1台もないポートも現実的にはありえます。 乗りたい時に乗れない。 もしUber Eatsで今日は配達しようと自転車ポートにいって1台も残されてなかった時は他のポートで探さなければならず、とても不便です。 コストはチリも積もればなんとやら シェアバイクサービスのUber Eats特別プランは月額3,000円と一見割安なのですが、よーく考えると普通に高い。 稼げません。 月額料金だけで年間36,000円にもなります。 参考までにUber Eatsで36,000円稼ぐには概算で75回、だいたい25〜30時間は配達しなければなりません。 それだけではありません。 通勤コストもかかります。 赤チャリを使って配達をしている人たちは電車を使ってUber Eatsの人気エリア(中央区、新宿区、渋谷区、港区など)まで移動し、そこで自転車を使って電車に乗って自宅まで帰るのが一般的です。 毎回の往復電車賃もチリも積もれば・・・です。 シェアバイクはレンタルでしかなく、そこに支払っても終わりがありません。 それなら初期投資はかかりますがロードバイクを購入した方が経済的だと僕は考えます。 ロードバイクはピンキリの世界ですが、安ければ数万円から手に入ります。 最近は自転車もECで買える時代になりました。 テレビCMでもが人気ですよね。 シェアバイク、ロードバイク、バイクの初期費用・ランニングコストを比較したエントリーもどうぞ。 タイヤが小さく進みにくい• バイクシェアサービスは「充電0」重いだけの自転車も珍しくない• 初期投資は抑えられるが、ランニングコストがバカにならない こんな理由からドコモのバイクシェアを使ってUber Eatsで配達の仕事をすることはオススメできません。 今週のUber Eats配達数字報告 iPhoneからGoogle Pixel3に機種変更したためスクショ結合アプリ「tailor」が使えなくなってしまいました・・・。 初めてのAndroid OSですがiPhoneアプリ「tailor」に代わるAndroidアプリが見つからず。 このエントリーからPC画面のスクショに変更です。 その代わり、距離や配達時間も見れるようになりました。 >> Uber Eats配達記録:12月12日 オンライン時間8時間21分。 配達回数インセンティブ(クエスト)で+2,500円。 時給換算1,941円。 Uber Eats配達記録:12月13日 オンライン時間6時間56分。 時給換算1,715円。 Uber Eats配達記録:12月14日 オンライン時間7時間30分。 時給換算1,717円。 Uber Eats配達記録:12月16日 オンライン時間4時間44分。 配達回数インセンティブ(クエスト)で+2,500円。 時給換算2,428円。 過去最高の時給です。 最近は注文数が増え本当に稼ぎやすくなりました。 以上、今週の数字報告でした。 Uber Eatsの配達パートナーに興味があれば、ぜひ一緒にやりましょー。 広島市・岡山市・福山市・松山市・高松市・仙台市・久留米市・北九州市でUber Eatsのサービスが始まります。 週末休みの4時間だけでも十分なお小遣いになりますよ。 ひかる 見た目は童顔、中身はおじさん。 好きなものはお酒と旨いつまみ。 太田和彦氏。 好きな言葉は「いい酒、いい人、いい肴」 赤提灯居酒屋好きが転じて居酒屋料理の自宅再現ブログやってます。 UberEatsの配達パートナー(認定ゴールドパートナー)についても書いてます。 記事が参考になったら「ほしいものリスト」にてご支援くださると喜びます。 #生粋の米党(白飯・日本酒) #おしゃれなお店よりも味のあるお店が落ち着く #女が喜ぶ店を知らない連れていけない結果デート下手 #ワインの違いがわからない味オンチ #女も男も黙って酒だろ派閥 #白飯の至高のおかずは肉料理で異論なし #だけれど最近は肉より魚をいじるのが楽しい.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)でレンタルサイクルを3回契約した配達パートナーより【初心者向け】|UberLIFE

ウーバーイーツ ドコモバイクシェア

今回の記事の要点• 大阪のUber Eats ウーバーイーツ 対応エリア• 大阪でのUber Eats ウーバーイーツ 配達登録方法• 大阪エリアのUber Eats ウーバーイーツ 配達で稼ぐ方法• 大阪エリアでのUber Eats ウーバーイーツ で稼げるエリア• 大阪でのUber Eats ウーバーイーツ パートナーセンターの情報• 大阪エリアでのUber Eats ウーバーイーツ 配達に便利なシェア自転車情報• 大阪エリアでUber Eats ウーバーイーツ 配達におすすめの休憩できる公園 今回は、 大阪でのUber Eats ウーバーイーツ 対応エリアや稼ぐための方法、シェア自転車の情報などを特集する。 Uber Eats ウーバーイーツ は東京だけでなく、 大阪でもサービスを展開しているが、この記事を読むことで、大阪エリアにおけるウーバーイーツ配達パートナーと利用者にとって有益な情報を入手できるだろう。 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪エリアが知れるYouTube動画 まずは、Uber Eats ウーバーイーツ 大阪エリアのことを知ることができるYouTube動画をいくつか紹介していく。 これから大阪エリアでUber Eats ウーバーイーツ の配達を検討している方は、ここで紹介する動画を見ることで、配達へのイメージが膨らむことであろう。 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪エリアの配達環境が知りたい方向け動画 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪エリアの緊急事態宣言後の配達についての動画 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪エリアの現金対応についての動画 Uber Eats ウーバーイーツ の配達ができる大阪のサービスエリア 次に、Uber Eats ウーバーイーツ の配達に対応している大阪のサービスエリアを紹介していく。 今すぐウーバーイーツ大阪エリアで配達パートナーとして活動を開始したい方は、下のリンクから登録が可能だ。 5分程度で簡単に登録ができるので、「すぐに配達を始めたい」と思っている方はまずは登録を完了させることをおすすめする。 大阪エリアのサービスエリアマップは以下の通りだ。 見ての通り、 大阪市の24すべての区でUber Eats ウーバーイーツ を利用できる。 大阪エリアで対応しているUber Eats ウーバーイーツ のエリアは次のとおりだ。 大阪市西淀川区 にしよどがわく• 大阪市淀川区 よどがわく• 大阪市東淀川区 ひがしよどがわく• 大阪市此花区 このはなく• 大阪市福島区 ふくしまく• 大阪市北区 きたく• 大阪市都島区 みやこじまく• 大阪市旭区 あさひく• 大阪市港区 みなとく• 大阪市西区 にしく• 大阪市中央区 ちゅうおうく• 大阪市城東区 じょうとうく• 大阪市鶴見区 つるみく• 大阪市大正区 たいしょうく• 大阪市浪速区 なにわく• 大阪市天王寺区 てんのうじく• 大阪市東成区 ひがしなりく• 大阪市西成区 にしなりく• 大阪市阿倍野区 あべのく• 大阪市生野区 いくのく• 大阪市住之江区 すみのえく• 大阪市住吉区 すみよしく• 大阪市東住吉区 ひがしすみよしく• 大阪市平野区 ひらのく 大阪でのUber Eats ウーバーイーツ 配達の基本料金について Uber Eats ウーバーイーツ 配達の報酬の内訳は、次のように計算できる。 基本料金の内訳は次のとおりだ。 受取料金:215円 受取料金は、 レストランにて商品を受け取った際に発生する。 なお、大阪エリアでの受取料金は215円だ。 受け渡し料金:105円 受け渡し料金は、 注文者に商品を渡した際に発生する。 大阪エリアにおける受け渡し料金は105円だ。 つまり、 遠い距離を配達すればするほど、距離料金は多くなって、配達パートナーに支払われる報酬も大きくなる、ということだ。 なお、大阪エリアでの距離料金は、1kmあたり60円である。 大阪エリアのUber Eats ウーバーイーツ 配達で稼げる金額の事例紹介 大阪エリアでUber Eats ウーバーイーツ の配達をするといくら稼ぐことができるのか、気になる人は少なくないだろう。 そこで今回は、 実際に大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達をしている人Twitter上の収益報告を独自に調査した。 結論から言うと、 大阪エリアではUber Eats ウーバーイーツ の配達によって高額な報酬を獲得していることが多く見られることが判明した。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達で稼げるのは東京エリアだけだと思っている方は少なくないが、大阪エリアでもUber Eats ウーバーイーツ の配達で高額を稼ぎ出すことは可能であることが分かった。 以下は、大阪エリアでUber Eats ウーバーイーツ 配達をしている配達パートナーのツイートである。 これを見ても、大阪エリアの配達で大きく稼げることが分かる。 本日の残念な結果です。 日跨ぎすら半クリできなかった。 敗因は…14時以降の鳴りの悪さや。 朝も9-10時は無音やったし。 来週は日跨ぎ終えて、水曜あたりに尼崎、大阪配達員になるつもりです! お疲れ様でしたー。 — Yuya Ubereat神戸NMAX YuyaUE1 で、今日の売り上げはこんな感じです。 のんびりしていた割にはまずまず。 — ヤマグチ ユキヒト YukiyamaWork 昼間はぼちぼちでした。 尻休憩して夕方からまた頑張ります。 事前にUber Eats ウーバーイーツ のアカウントをWEB登録する• パートナーセンターに行き、説明会を受ける• シェア自転車やレンタルバイクを借りて配達スタート 具体的に、一つずつ手順を紹介していく。 事前にUber Eats ウーバーイーツ のアカウントをWEB登録する Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーとして活動を開始するためには、最初にWEBでのUber Eats ウーバーイーツ 配達用アカウントへの登録が必要となる。 なお、以下のリンクからUber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーのアカウント登録が可能だ。 パートナーセンターに行き、説明会を受ける WEB登録が完了ても、すぐに配達を開始できるわけではない。 WEB登録が完了したらパートナーセンターへ行き、Uber Eats ウーバーイーツ の配達に関する説明会を受講しよう。 説明会を受けることで、以下のような特典を受けることができる。 配達パートナー専用アプリの使い方を教えてもらう• そのため現在は、Uber Eats ウーバーイーツ の登録はオンラインで完結できるようになっている。 配達専用リュックに関しては、Amazonを通して自宅で受け取ることができる方式が採用されている。 詳細についてはWeb登録の申し込みを進めることで一つずつ分かりやすく説明を受けられるので手順通り進めていけば困ることは無いだろう。 レンタル自転車やレンタルバイクを借りて配達スタート 説明会を受け終わったら、配達の開始までもうすぐだ。 自分自身の自転車やバイクを持っているのであれば、それらを使って配達可能である。 もし持っていない場合、レンタル自転車やレンタルバイクを借りて配達をスタートしよう。 大阪のUber Eats ウーバーイーツ パートナーセンターについて Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーとして活動を開始する時や、配達に関してのトラブルや困ったことの対処をするために、Uber Eats ウーバーイーツ パートナーセンターのお世話になることは欠かせない。 ここでは、大阪エリアにおけるUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーセンターの場所や営業時間などの情報について詳しく解説をしていく。 もし今すぐにウーバーイーツの配達を完了し早く配達を開始したいと考えている方は、以下のリンクから登録の完了が可能だ。 最寄り駅 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪パートナーセンターの最寄り駅は、 淀屋橋駅だ。 淀屋橋駅13番出口からわずか徒歩1分でUber Eats ウーバーイーツ 大阪パートナーセンターに到着できる。 営業時間 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪パートナーセンターの営業時間は、 月曜日〜日曜日の12:00〜19:00だ。 それ以外の時間は営業していないのでよく確認しておこう。 オンラインで登録が完結できるため、パートナーセンターにわざわざ足を運ぶ必要がなくなった点は改善点であると言えるだろう。 駐輪場 残念だが、Uber Eats ウーバーイーツ パートナーセンターには駐輪場は用意されていない。 自転車やバイクで訪問する際には、近くの駐輪場に駐輪するようにしよう。 大阪で稼ぐならバイトするよりUber Eats ウーバーイーツ 配達がいい理由 極論を言うと、大阪でアルバイトをして稼ぎたいと考えているのであれば、 アルバイトをするよりもUber Eats ウーバーイーツ の配達をしたほうが良いのではないでしょうか、と筆者は考えている。 その理由はいくつかあるが、大きく分けて以下の4点が挙げられる。 自分の好きな時間に配達ができる• 給料は週払いなので毎週お金が入る• 自転車やバイクで走り回る仕事なので健康的• 上司に怒られることが一切ない 上記の点について、より深堀りして以下に解説する。 自分の好きな時間に配達ができる 1つ目の理由は、「自分の好きな時間に配達をすることができる」という点が挙げられます。 一般的なアルバイトの場合は、どうしても他の人と一緒に働くことになるので、シフトの調整などをしなければいけません。 しかし、Uber Eats ウーバーイーツ の配達の場合は、自分の働きたい時間帯にアプリの稼働開始スイッチをオンにするだけで、そこから配達の依頼がどんどん舞い込んでくるため、行ってしまえば自分の働きたい時間帯、好きな時間帯に働くことができます。 そのため、朝の通勤が苦手な人は通勤ラッシュを避けて配達の仕事を行うこともできますし、配達時間や配達終了時間もすべて自分の好きなように決めることができます。 この点においては、アルバイトをするよりも圧倒的に柔軟性の高い働き方だと思います。 給料は週払いなので毎週毎週お金が入る 2つ目の理由は、「給料が週払いなので毎週お金が入ってくる」ということです。 基本的に一般的なアルバイトは給料日が月に1回、多くても月に2回というところが多いかと思います。 しかし、Uber Eats ウーバーイーツ の場合、週末締めの翌週払いなので、毎週が給料日なのです。 そのため、「来週出かける予定があるからお金欲しいな」と思ったら今週頑張って働くことで来週の頭にはお金が振り込まれるので、この点は非常に柔軟性の高いシステムだと思います。 アルバイトよりも自分の思ったようにサクッと稼ぐことが出来る点はUber Eats ウーバーイーツ は優れているかと思います。 自転車やバイクで走り回る仕事なので健康的 Uber Eats ウーバーイーツ の配達は自転車またはバイクで行うことが一般的です 軽貨物車両での配達もできます。 特に、自転車の場合は、一日中配達をすることで非常に脚力もつきますし、体も思いっきり動かすので非常に健康的な働き方だと思います。 個人事業主として働く場合、どうしてもパソコンでの仕事が多く、運動不足になってしまう人が多いかと思いますが、それに対してUber Eats ウーバーイーツ の配達をすれば思いっきり運動をすることになるので、体を非常に健康的に保つことができるのです。 上司に怒られることが一切ない Uber Eats ウーバーイーツ の配達は、完全に「個人プレイ」の働き方です。 つまり、自分のペースで働くことができる、ということです。 また、Uber Eats ウーバーイーツ の配達には他の人間と一緒にチームとなって働くことがないので、例えばアルバイトの場合は上司に怒られる事もよくあると思いますが、Uber Eats ウーバーイーツ 配達では怒られることが一切ありません。 そのような点に関して言うと、Uber Eats ウーバーイーツ の働き方は、精神衛生上、非常に優れた働き方だと思います。 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達をしてたくさん稼ぐための3つの方法 結論、 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達をしてたくさん稼ぐためには、以下の3つの要素が最低限必要になります。 稼げるエリアで配達をする• 稼げる時間帯に配達をする• 雨の日も配達をし、ブーストやクエストを狙う 一つずつ、具体的にご紹介します。 稼げるエリアで配達をする まず、大阪エリアで稼ぐためには、 稼げるエリアで配達活動を行うことが必須です。 具体的にどのエリアが稼げるエリアなのか?詳しくは後ほど紹介しますが、 梅田、難波、心斎橋などのエリアで稼ぐことが出来ます。 稼げる時間帯に配達をする また、Uber Eats ウーバーイーツ で稼ぐためには、 稼げる時間帯に配達をすることも非常に重要です。 具体的に言うと、 午前11時から午後2時までのランチタイムや、午後6時から午後9時のディナータイムは注文が必然的に増加し、稼げる時間帯ということが出来ます。 逆に、それ以外の時間帯は長時間稼働してもなかなか注文依頼が来ず、稼げないことも多いです。 雨の日も配達をし、ブーストやクエストを狙う また、 雨の日に配達をすることでも、稼ぐことができます。 雨の日は、他の配達パートナーが活動を休止することや、ブーストやクエストなどのインセンティブが発生しやすく、実は稼ぐのに非常にチャンスなのです。 稼ぐために、あえて雨の日を狙って活動する、というのも一つの戦略です。 大阪でUber Eats ウーバーイーツ 配達で稼げるエリア 稼ぎたい人 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達をする上で具体的にどのようなエリアが 「稼げるエリア」かというと、 人やお店が多く集まっている地域は、比較的注文が多く、「稼げるエリア」ということが出来ます。 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達をして稼ぎたい人は、これから紹介するエリアを中心に活動することで大きく稼ぐことが出来る可能性が広がるかもしれません。 それでは、ご紹介していきます。 今回、 「大阪で稼げるエリア」としてご紹介するエリアは、• 心斎橋 の3ヶ所になります。 1ヶ所ずつ、詳細を解説していきます。 梅田 北区 1つ目の稼げるエリアは、「 梅田 北区 」です。 梅田地域は、大阪駅周辺ということもあり、大型商業施設の内外にたくさんのUber Eats ウーバーイーツ 対応レストラン・飲食店があります。 また、人口密度も多い地域なので、梅田地域にいれば配達依頼は非常に多く舞い込んできます。 梅田の代表的施設 梅田といえば、大阪駅に隣接している地域で、数多くの観光施設や巨大複合施設がたくさんあることでもよく知られています。 具体例を挙げると、「 グランフロント大阪」や「 阪神百貨店」などを初めとする多くの百貨店・大型商業施設が集結しています。 難波 中央区・浪速区 2つ目の稼げるエリアは、「 難波」です。 難波は「 大阪随一の繁華街」として、難波は観光客で常に賑わっている地域ですが、そんな地域であるからこそ、Uber Eats ウーバーイーツ に対応している飲食店の数も多いです。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達をする上では、難波エリアは欠かすことのできない地域であると言えるでしょう。 難波の代表的施設 難波の代表的施設といえば、お笑いの「 よしもと なんばグランド花月」があったり、あのグリコの看板や戎橋 ひっかけ橋 でおなじみ「 道頓堀」があるのも難波です。 心斎橋 中央区 3つめの稼げるエリアは、「 心斎橋」です。 心斎橋は難波と隣接している地域で、ここもまた、観光客で非常に賑わっている地域です。 人もお店も多い、心斎橋周辺でUber Eats ウーバーイーツ の稼働をしても、配達依頼は鳴り止まないことでしょう。 心斎橋の代表的施設 心斎橋と言ったら、道頓堀が有名です。 道頓堀には、 かに道楽や、美味しい たこ焼き屋など、「 食い倒れ旅」をするのにうってつけの地域です。 心斎橋には飲食店が多いこともあり周辺でUber Eats ウーバーイーツ 配達の活動をすると絶え間なく配達依頼が舞い込んできます。 大阪のウーバーイーツ配達で休憩に使えそうな公園 ウーバーイーツ配達で稼ぐためには適度な休憩をとることが必要不可欠となりますなぜなら休憩を取ることができなければ長時間の配達をすることは難しくなり長時間配達ができないと大きく稼ぐことはできないからです。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達中にどのような方法で休憩を取れば良いかと言うと、結論、一番良い方法としては休憩のできる公園でしっかりと体を休めることです。 そこで、ここでは大阪エリアでUber Eats ウーバーイーツ の配達をするにあたり、休憩をするのにぴったりな公園についてご紹介します。 今回ご紹介する大阪エリアの公園は、以下の8ヶ所となります。 ここでご紹介する公園でしっかりと休憩を取ることでUber Eats ウーバーイーツ の配達効率がアップし、結果的に収入を大きく伸ばすことができるでしょう。 靭公園 西区• 大阪城公園 中央区• 扇町公園 北区• 中之島公園 北区• 住吉公園 住之江区• 八幡屋公園 港区• 天王寺公園 天王寺区• 浪速公園 浪速区 1ヶ所づつ特徴とアクセスをご紹介します。 靱公園 うつぼこうえん Uber Eats ウーバーイーツ 配達の休憩場所として靭公園はおすすめできます。 元々は滑走路であった靭公園ですが、Uber Eats ウーバーイーツ 配達に適している理由として、ベンチの数が非常に多いことが挙げられます。 公園と一括りに言ってもベンチのない公園では配達パートナーがしっかりと腰を下ろして休憩することができません。 しかし靭公園であれば非常に多くのベンチがあるため配達パートナーが時間を使って休憩することができます。 実際靱公園を訪れてみると、Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーが休憩している姿をちらほら見かけることがあります。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナー以外にも、会社員の方などがベンチに座ってお弁当を食べている姿が見られます。 ウーバーイーツ大阪エリアで配達を行う際には休憩場所として靭公園があることを頭に入れておくと良いでしょう。 住所 靭公園の住所は、「 〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町2丁目1-4」となります。 最寄り駅 靭公園の最寄り駅は、 阿波座駅、または 本町駅です。 阿波座駅には 地下鉄中央線と 千日前線が通っており、本町駅には 地下鉄中央線、 御堂筋線、 四つ橋線が通っています。 大阪城公園 おおさかじょうこうえん ローソンがあったり、自販機もあり、ベンチもある大阪城公園はUber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーの休憩場所として非常に良い場所です。 大阪城公園の大きな特徴として、広い芝生があることが挙げられます。 特に天気の良い日には、芝生に座って休憩をすることで気持ちをリフレッシュさせることもでき、しっかりとした休憩が取れると思います。 大阪城公園の芝生では、横になり昼寝をしている人も時折見かけられます。 またトイレがたくさん設置されていることも大きな特徴です。 Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーはトイレ休憩がしづらいことが課題として挙げられますが、大阪エリアであれば、ここ大阪城公園に訪れることでしっかりとしたトイレ休憩を取ることができます。 住所 大阪城公園の住所は、「 〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城1」です。 最寄り駅 大阪城公園の最寄り駅は、 大阪城公園駅です。 大阪城公園駅には JR大阪環状線が通っています。 扇町公園 おおぎまちこうえん 梅田にも近い扇町公園は トイレも芝生もあり、サクッと休憩するには良い場所です。 ベンチがやや少ない事に関しては残念ですが、トイレや芝生があるため、Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーの方が休憩していることも見かけられます。 住所 扇町公園の住所は、「 〒530-0025 大阪府大阪市北区扇町1丁目1-21」です。 最寄り駅 扇町公園の最寄り駅は、 扇町駅です。 扇町駅には 地下鉄堺筋線が通っています。 中之島公園 なかのしまこうえん バラ園として有名な中之島公園は、たくさん ベンチがあり、Uber Eats ウーバーイーツ 配達の皆さんの休憩場所としても非常に良いでしょう。 芝生ではお昼寝をしている人も見られます。 扇町公園と同じく北区なので 梅田に近いのも非常に便利です。 オフィス街のど真ん中にある中之島公園ですが、だからこそUber Eats ウーバーイーツ の配達の最中のちょっとした休憩に良い公園だと思います。 住所 中之島公園の住所は、「 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島1丁目1」です。 最寄り駅 八幡屋公園の最寄り駅は、 朝潮橋駅です。 朝潮橋駅には 地下鉄中央線が通っています。 天王寺公園 てんのうじこうえん 天王寺公園は動物園も隣接している大きくて有名な公園ですが、 芝生に寝っ転がっている人も多く見られます。 また、 トイレは広く非常にキレイです。 この天王寺公園のある天王寺エリアも実はあべのハルカスも近かったりということもありUber Eats ウーバーイーツ の配達で稼げるエリアということができます。 ただし、ベンチや椅子はあまりないので、トイレ休憩程度に使うのがおすすめです。 住所 天王寺公園の住所は、「 〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5-55」です。 最寄り駅 天王寺公園の最寄り駅は、 天王寺駅、または 天王寺駅前駅です。 天王寺駅には JR阪和線、JRはるか、JRくろしお、御堂筋線、JR大阪環状線、谷町線、JR大和路線が通っており、天王寺駅前駅には 阪堺電軌上町線が通っています。 浪速公園 なにわこうえん 浪速公園は多少の ベンチもあり、浪速エリアで軽食を取るには良い公園と言えるでしょう。 多少の遊具も有り、子どもたちが遊具でよく遊んでいます。 浪速エリア、難波駅周辺でUber Eats ウーバーイーツ の配達をする方は、この浪速公園は休憩場所の候補として一つ頭の中に入れておくと良いかと思います。 しかし残念なことに、浪速公園ではトイレを使用することはできません。 住所 浪速公園の住所は、「 〒556-0024 大阪府大阪市浪速区塩草1丁目1」です。 最寄り駅 浪速公園の最寄り駅は、 なんば駅、または JR難波駅です。 なんば駅には 南海本線、南海高野線、南海特急が通っており、JR難波駅には JR大和筋線が通っています。 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達をするためのシェア自転車一覧 大阪では、以下にご紹介するシェア自転車が普及しており、Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーはこのシェア自転車を使うことをおすすめします。 電動自転車であるシェア自転車は通常の自転車よりもアシストが聴きより効率的に配達を行うことができます。 また電池がなくなったら他のシェア自転車に乗り換えができるので朝から夜まで電動自転車の恩恵を受けながら配達を行うことができます。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達をするためにシェア自転車を契約するときは、月額契約をするのが一番お得ですので、月額料金もご紹介します。 ドコモ・バイクシェア『大阪バイクシェア』 HUBchari ハブチャリ 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達を自転車で行うのであれば、 NTT ドコモが提供するシェア自転車サービスを使用することをおすすめします。 大阪エリアでは「ハブチャリ」という名称でサービスが提供されています。 電動自転車で電池がなくなったら自由に自転車の乗り換えが可能なので、快適にUber Eats ウーバーイーツ の配達をすることができます。 プラン ドコモ・バイクシェアには、Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナー専用プランがあります。 月額固定で、乗り放題できるプランになります。 料金 ドコモ・バイクシェアのUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナー専用プランは、 月額4,000円です。 運営に直接問い合わせをして、Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナー専用プランを適応してもらいましょう。 運営への問い合わせはから行うことができます。 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達をするためのレンタルバイク一覧 Uber Eats ウーバーイーツ の配達でガッツリ稼ぐためには 、バイクでの配達は非常に有効な手段です。 なぜかと言うと、 バイクでの配達は自転車での配達よりも圧倒的にスピードも出るし体力も消耗しないし、たくさんの配達をこなすことができるからです。 もし 現在あなたがバイクを持っていない場合でも、バイクをレンタルして配達をするのは合理的な選択と言うことが出来ると思います。 そこで、今回は、大阪での配達で使えるレンタルバイク店をご紹介します。 配達パートナーのWEB登録は以下のリンクからどうぞ。 二輪処グループ 二輪処グループは、大阪府内に3店舗あるレンタルバイク店です。 その中の1店舗「 二輪処Saga屋」は大阪市内にあり、Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーがバイクをレンタルするお店としても非常に使いやすいお店かと思います。 住所 二輪処Saga屋の住所は以下の通りです。 〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町3-8-1 最寄り駅は、 JR関西本線「東部市場前」駅付近になります。 料金 二輪処グループのレンタルバイクの料金は、非常に安い水準にあると言えるでしょう。 具体例を挙げると、50ccの原付バイクを1ヶ月のレンタルで、およそ8,000円からレンタルすることができます。 その他の詳しい料金表は、を参考にしてみましょう。 申込方法 二輪処グループのレンタルバイクの申込みは、 電話、メールフォーム、予約フォームのいずれかから申し込むことができます。 電話、メールフォームの申し込みはから、予約フォームからの申込みはからどうぞ。 まとめ 今回は、大阪のUber Eats ウーバーイーツ 対応サービスエリアのご紹介や、大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーとして働くことを検討している人に向け、具体的な登録方法や稼げるエリア休憩できる公園の詳細情報などについて詳しくご紹介をしました。 今回の記事を読んでから奪いイッツ大阪エリアでの配達を開始することでより効果的な配達が可能になり結果的に大きな稼ぎへと繋げることができることでしょう。 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪エリアでの配達パートナーとして活動を開始するためには、 まずはWEBでのUber Eats ウーバーイーツ アカウント登録が必要です。 以下のリンクからアカウント登録を行うことができます。

次の