肺炎 は うつる のか。 肺炎はうつる?うつらない?潜伏期間はどのぐらい?

細菌性肺炎はうつるのでしょうか?

肺炎 は うつる のか

うつりやすい肺炎とうつりにくい肺炎の違い! 肺炎というと、すぐ「死」に直結するような病気のイメージを持つ人は少ないのではないでしょうか。 咳や発熱が長く続いて病院へ行ったところ肺炎と診断され、抗生物質を処方されて大人しく寝ていれば、割とすぐに快方に向かうと思っている方も多いと思います。 しかし、 肺炎は日本人の死亡原因の4位という位置におり、さらに高齢者においては死亡原因のトップとなっています。 肺炎はとても身近に「死」を考えさせられる病気だということが、これらの結果から改めてわかりますよね。 さらに肺炎は自分が患っても人にはうつすものではないと思っていませんか? 実は 肺炎の中には、人に うつしてしまうものもあります。 それを知らずにいると、あなたも誰かに肺炎をうつしてしまうことになってしまうのです。 風邪が原因の肺炎や、誤嚥が原因である場合はうつることはありませんが、インフルエンザやマイコプラズマ、肺炎球菌によるもの、以前に世界中で爆発的な感染者を増やし、人々を恐怖に陥れたSARSは人から人への感染があります。 また、肺炎球菌は若くて健康な体の時は菌を保有していても発症しませんが、免疫力が落ちると発症の恐れがあります。 特に高齢者と子供は注意が必要です。 まとめ 咳や発熱、倦怠感があり「風邪かな?」と思いつつも、それをこじらせた覚えがないのに症状が酷くなっていく場合は、肺炎を疑うのがよいかも知れません。 勿論、必ずしも肺炎だというわけではなく気管支炎などの可能性もありますが、風邪と大きく違うのは症状が長く強く出ること。 肺炎は人にうつすかも知れないという意識を持って、早めに病院へ行きましょう。 肺炎に関する記事.

次の

細菌性肺炎はうつるのでしょうか?

肺炎 は うつる のか

肺炎は周囲の人にうつります。 中にはうつらない肺炎もありますが、それは特殊な肺炎と考えて良いと思います。 以下にうつることを心配する必要のない肺炎を並べます。 アレルギーによる肺炎• 皮膚にアレルギーによるが出るのと同じように肺の中にアレルギー反応が起こります。 薬による肺炎• 薬の副作用によって肺がダメージを受けた場合に起こる肺炎のことです。 カビによる肺炎• アスペルギルスというカビを筆頭に、カビによって起こった肺炎のことです。 多くの場合は、 ステロイドや HIVなどで 免疫力が落ちている背景があります。 肺の周囲の組織に間質という部位があり、そこで 炎症が起こるととなります。 多くは原因不明ですが、その他に 膠原病や喫煙などが原因となることがあります。 上に挙げた肺炎は感染による肺炎ではありません。 感染による肺炎は周りにうつる可能性があります。 もちろん必ずうつるわけではありませんが、うつる経路を知ることで効果的な予防方法を考えていきたいと思います。 肺炎はどうやってうつるのか? お医者さんは「せきはしばらく続くよ。 たぶん1ヶ月位は続くかもしれないかな。 これからは手洗いとうがいは毎日きちんとやるようにね。 」と言いました。 咳をする人がいると、感染をうつされるんじゃないかと不安になる人も多いでしょう。 また、手洗とうがいをするようにと言われた経験はないでしょうか? ここでは肺炎はどうやって人にうつっていくのかを考えていきます。 感染による肺炎は周囲にうつることがあります。 どういった形でうつっていくのでしょうか。 うつる経路は大きく2つ考えられます。 くしゃみや咳に乗って空気を介してうつる• 触った手に原因微生物がくっついて、それが手から口に入る 以上の2つのパターンを詳しく考えてみましょう。 くしゃみや咳に乗って空気を介してうつる 肺炎になるとくしゃみやせきが出ます。 くしゃみやせきに乗って原因微生物が空気中に飛んでいきます。 1m程度であれば簡単に浮遊できますので、同じ家に住んでいる家族には容易にうつってしまいます。 そのため、咳エチケットという言葉があるように、肺炎になった人はマスクをして周りの人にうつさないように配慮して下さい。 また、周囲の人もマスクをすることでよりうつらないようになります。 触った手に原因微生物がくっついて、手から口に入る 肺炎の原因微生物は、患者の身体から周囲の生活範囲に広がっていきます。 そのため、他の人が患者の身体やその周囲に触れると原因微生物が手につきます。 もちろん触っただけで感染するわけではありません。 しかし、手を洗わずにいた場合は、その手についた微生物がいつしか口に入ってくることがあります。 運の悪い人はこうして口から侵入されて感染がうつされてしまいます。 これを防ぐためにも、肺炎の人に近づいたときには手洗い・うがいを心がけて下さい。 人の集まる場所は肺炎をもらうリスクが高い 人が多く集まる場所は、それだけ肺炎をもらうリスクになります。 肺炎になると身体が辛くなりますので、外に出ることは難しくなりますが、感染しているけれどまだ症状の出ていない期間( 潜伏期間)は違います。 潜伏期間であれば特にしんどい症状も出ていませんので、こういった時期に活動することで気づかないうちに周囲にうつしてしまいます。 さてこの潜伏期間はどのくらいの長さなのでしょうか? 2. 肺炎の潜伏期間はどのくらい? 感染症は、感染してから症状が出るまでに時間差があります。 この時間差を潜伏期間といいます。 例えば、 インフルエンザウイルス感染症にかかっている人と接触したことでうつされた場合でも、すぐに症状が出るわけではありません。 この時間差が潜伏期間となります。 肺炎はその原因微生物によって潜伏期間が異なります。 潜伏期間についてあまり知られていない微生物も多いですが、判明している代表的な原因微生物について考えてみましょう。 肺炎球菌 肺炎の原因となる微生物の中で最も多いのが 肺炎球菌になります。 肺炎球菌の潜伏期間は数日と考えられています。 マイコプラズマ は特に若い人の肺炎に多い微生物です の潜伏期間は2-3週間になります。 詳しくは「」で説明しています。 レジオネラ肺炎 レジオネラは水回りに多く潜んでいる菌です。 そのためレジオネラ肺炎は、温泉・サウナ・病院といった場所で、環境からヒトへの集団感染が見られます。 潜伏期間は1週間程度と考えられています。 潜伏期間にある人に全く病気の自覚はありませんが、この時期でも周囲に感染をうつしてしまいます。 いつも気をつけることは難しいですが、ニュースなどで流行の情報が入ったときは、うっかり周りにうつさないためにも、うっかり周りからうつされないためにも、マスクを極力着用して咳エチケットに努めましょう。

次の

肺炎ってうつるの?知っておくべき肺炎の感染について!

肺炎 は うつる のか

肺炎が人に感染する、というイメージを持っている方はあまり多くないでしょう。 結論から言いますと、肺炎にはうつるタイプとうつりにくいタイプがあります。 風邪をこじらせてなった肺炎やアレルギー性のものなど免疫力が落ちて いたり、体力がなくなっているときなどにかかりやすい肺炎は 人にうつりにくいです。 肺炎球菌による肺炎やインフルエンザ肺炎、SARS、マイコプラズマ 肺炎は人にうつりやすい肺炎です。 スポンサーリンク 風邪が原因の肺炎や、誤嚥が原因である場合はうつることはありませんが、インフルエンザやマイコプラズマ、肺炎球菌によるもの、以前に世界中で爆発的な感染者を増やし、人々を恐怖に陥れたSARSは人から人への感染があります。 ウイルスの感染が原因で起こることもありますが、他にも細菌や誤嚥などのいろいろな原因で起こります。 原因は違えど症状が風邪に似ていることから、素人が症状から病気を判断することは難しく、肺炎と断定するのは困難です。 薬やサプリメントの服用で発生する薬剤性肺炎放射線を肺に浴びたことによる放射線肺炎などがあります。 また、アレルギーによって起こる過敏性肺炎もうつりにくい肺炎のひとつです。 スポンサーリンク.

次の