埼玉県知事 経歴。 埼玉県知事選挙2019開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

大野元裕

埼玉県知事 経歴

防衛大臣政務官離任時に栄誉礼を受ける(2012年12月27日) のに公認で(定数3)から立候補。 民主党は埼玉県選挙区で現職の、新人の大野の2人を擁立し、序盤では島田、のがトップ当選を争い、の、大野が追う展開だったが 、大野が得票数3位で初当選。 一方の島田は約1万票大野に及ばず、次点で落選した。 、でに任命され、にはにも任命された。 1月のでは、元のの推薦人に名を連ねた が、細野は決選投票でに敗れた。 のに際し、知事の任期を連続3期までとするを自ら制定していたらが大野の擁立を模索し、一時は大野側も知事選への立候補に意欲を示していたが、埼玉県内の自治体の首長らの支持が得られず、最終的に立候補を断念した。 なお、知事選は多選自粛条例を破る形で4選へ向けて立候補に踏み切った上田が当選した。 のに公認でで再選。 2017年のではや、らとともにの推薦人名簿に名を連ねた。 、民進党との合流により結党されたに参加。 、国民民主党の財務局長に就任した。 、記者会見を開き、への立候補を表明。 同月18日に国民民主党に離党届を提出し 、26日に受理された。 その後、が召集された同年8月1日に参議院議員の辞職願を提出した。 大野の辞職願提出がこの日になった理由として「中は議員の半数が欠ける状況となるので、(突発事態が発生した場合など)危機管理上問題があった」ためだったという。 8月5日付で辞職が許可された。 選挙戦では「上田県政の継承と発展」を前面に掲げて挑んでおり、前知事であるも応援団長として協力した。 の投開票の結果、・が推薦するの、公認で専門医の、無所属で元高校教諭の武田信弘、無所属で元建設会社社員の櫻井志津江を破り、初当選した。 選挙終盤まで接戦が報じられ、青島86万6021票に対し、大野92万3482万票と僅差での当選であった。 、埼玉県知事に就任。 政策・主張 [ ] 参議院議員時代の政策・主張 [ ]• の変更によるの行使に賛成しており、が主宰する防衛研究会に参加した。 選択的制度の導入に賛成。 3月12日のにおいて、の個人携行救急品の不備についてに質問。 大野の以前の指摘により、装備品の見直しが行われたことが明らかになった。 に際し、同社の作成したアニメ「の聖地を訪れを奉納。 創作物のについて守っていくべきと発言した。 防止を目的とした改正について原則屋内に反対。 が発足した分煙推進議員連盟に所属し、法律案骨子に携わっていた。 2月10日の会合においては、「では、屋内、屋外可がほとんどだが、にはがあり、法案が通ると喫煙者はどこでを吸えばいいのか」と質問した。 にが発表した原則屋内の法案について、「モノが規制されていない中で、の権利を規制する今回のやり方には断固反対」と主張した。 埼玉県知事としての公約・政策 [ ]• に立候補した際の公約には、の延伸、や、など東京都内が終点となっている路線を県内まで延伸する「あと数マイルプロジェクト」、の独立庁舎建設を掲げていた。 に先駆けて行われた受動喫煙撲滅機構からの公開質問に対し、喫煙場所の明示やの徹底に取り組むと回答している。 また、日本初の屋内の法令であるのについては「県でを制定することの意欲は評価できる」としながらも「条例ではなくで制定すべき」と回答しており、独自の受動喫煙防止条例の制定については「(隣接県と)規制に大きな違いが出てしまうことは望ましくない」との理由から「国でシンプルなルールを定めるべき」と回答している。 所属団体・議員連盟 [ ]• 科学技術の会• 子供の未来を考える議員連盟• 活字文化議員連盟• 将棋文化振興議員連盟• アメリカンフットボール議員連盟• 武道議員連盟• (政治分野アドバイザー )• 危機管理都市推進議員連盟• 北朝鮮に拉到された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟• 税理士制度推進議員連盟• 歯科医療議員連盟• タクシー政策議員連盟• 中小企業推進議員連盟• 都市農業推進議員連盟• 土地家屋調査士制度推進議員連盟• トラック議員連盟• 日本鋳造産業振興議員連盟• 不動産団体議員連盟 人物 [ ]• 趣味は、スポーツ全般(かつては、、、に没頭)、音楽(高校時代は、ロックやフュージョンのバンドで)、落語、漫才、コメディ映画が好き。 カラオケで歌うのは、、。 読書(最近は専門に関係のある書籍ばかり)。 座右の銘は「立国は公にあらず私なり」。 家族・親族 [ ] 家族は妻、子供3人。 祖父は元の。 出演 [ ]• (、2002年9月 - 2004年3月)• (、2005年4月 - 2006年3月、日替わりコメンテーター担当)• (ニッポン放送、2006年4月 - 2007年9月、同上)• (ニッポン放送、2007年10月 - 2010年1月、同上)• News Special 2019(、2019年12月25日、ゲスト出演) 著書 [ ] 単著 [ ]• 編『イラク戦争と自衛隊派遣』(、2004年)• 立山良司編『「対テロ戦争」から世界を読む』(、2005年) 監訳 [ ]• チャールズ・トリップ『イラクの歴史』(明石書店、2004年) 脚注 [ ] []• 2010年6月19日. 2016年1月11日閲覧。 2010年7月7日. 2016年1月11日閲覧。 2010年7月12日. 2016年1月11日閲覧。 時事通信社. 2015年1月7日. の2015年1月7日時点におけるアーカイブ。 2015年1月8日閲覧。 2015年1月18日. の2015年1月18日時点におけるアーカイブ。 2015年1月18日閲覧。 2015年6月20日. 2016年1月11日閲覧。 2015年8月9日. 2016年1月11日閲覧。 2017年8月21日. 2017年12月25日閲覧。 Qnewニュース. 2018年5月7日. 2018年5月24日閲覧。 国民民主党. 2018年5月8日. 2018年5月24日閲覧。 - 産経新聞、2019年6月5日• 毎日新聞. 2019年6月19日. 2019年6月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月26日. 2019年6月27日閲覧。 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社. 2019年8月1日. 2019年8月2日閲覧。 - 日本経済新聞 2019年8月1日• 『官報』第66号8頁 令和元年8月7日号• 埼玉県知事候補 大野もとひろ 特設サイト 2019年8月9日. 2019年10月13日閲覧。 2019年8月27日. 2019年10月13日閲覧。 歴代の埼玉県知事選挙で最も僅差での当選となっている。 2019年8月31日. 2019年9月1日閲覧。 2014年6月7日. 2014年6月10日閲覧。 2017年11月10日. 2017年11月10日閲覧。 、 2016年6月23日閲覧)• 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年• 国会会議録検索システム. 国立国会図書館 2019年3月12日. 2020年2月7日閲覧。 政治山 2019年8月7日. 2019年8月13日閲覧。 2017年4月5日. 2018年7月18日閲覧。 愛煙家通信 喫煙文化研究会. 2017年2月10日. 2018年7月18日閲覧。 受動喫煙撲滅機構 2019年8月22日. 2019年8月23日閲覧。 外部リンク [ ]• oonomotohiro -• (内サイト) 公職 先代: 第61代:2019年 - 次代: 現職 先代: と共同 2012年 次代: 先代: と共同 2012年 次代:.

次の

砂川さん、埼玉県副知事に 宮古島出身(宮古毎日新聞)

埼玉県知事 経歴

今回、史上最年少若さで北海道知事選に当選した鈴木直道さん。 『何故、こんな若い鈴木直道さんが当選できたの?』 と思った方もい多いのではないでしょうか? 夕張の前市長で、8年に渡って夕張の再建に携わった有能な人物です。 その実績や成果は北海道民が認めたというのが今回の北海道知事選の結果に出たのではないかと思います。 そこで今回は、• 北海道知事鈴木直道の経歴プロフィール• 北海道知事鈴木直道の高校や大学の学歴• 北海道知事鈴木直道の家族構成と妻や子供• 鈴木直道さんは高校在学中に両親が離婚されたそうで、母子家庭で育ちました。 高校や大学はどこ?学歴を調査 北海道知事鈴木直道さんの高校は、 『埼玉県立三郷高等学校』に通っていました。 この高校を調べたのですが、偏差値は41で難関度は低めの一般的な高校です。 2017年の口コミには少し荒れた子がいるという情報がありましたが、鈴木直道さんが通っていた時期とは違うので、当時はちゃんとした高校だったのかもしれません。 続いて、鈴木直道さんの大学を調べたのですが、18歳のときに一度経済的な理由から大学進学を断念していました。 19歳の時に 『法政大学第二部法学部法律学』に入学しています。 そこで、地方自治を専攻して学んびました。 今では、法政大学の第二部は2011年に廃止されています。 北海道知事鈴木直道の経歴 1999年 東京都庁に入庁 2000年 『法政大学第二部法学部法律学』入学 2008年 夕張市市民課市民保険グループに派遣 2010年 東京都知事本局総務部総務課主任 この時内閣府地域主権戦略室に自ら出向きました。 同年11月 東京都を退職 2011年 夕張市長選挙で当選 2013年 『ヤング・グローバル・ リーダーズ』に選出される 2015年 夕張市長に再選 2019年 夕張市長任期満了に伴い北海道知事選挙に無所属で立候補し当選 北海道知事鈴木直道の妻や子供は?家族構成を調査 2011年5月14日に夕張で鈴木直道さんはご結婚されています。 そこで、今回は鈴木直道さんの家族構成について調べました。 現在も妻の詳細を公表されていませんが、この当選した時に鈴木直道の横をしっかりキープされている方はとてもあやしいです!! 夕張で結婚していたので、お相手はてっきり夕張の方なのかと思いきや東京んい居た時から交際を続けていた女性とご結婚されたとのことでした。 婚活の活性化は夕張では行わなかったのですね 笑 にしても、東京から夕張まで鈴木直道さんを追ってきたのですからそこに愛情の深さを感じますね!! おそらく心底鈴木直道さんを支えたいと思っている素敵な女性なのでしょうね。 子供についても公表はされていません。 2011年にご結婚されていますから現在お子さんは二人くらい居てもおかしくないと思われます。

次の

プロフィール|徳島県ホームページ

埼玉県知事 経歴

埼玉県知事選挙2019開票結果 それでは早速、埼玉県知事選挙の開票結果を発表していきます。 大野元裕(おおの・もとひろ) 生年月日:1963年(昭和38年)11月12日 出身地:埼玉県川口市 学歴:慶應義塾大学法学部政治学科卒業・国際大学国際関係学研究科修士課程修了 1989年4月外務省に入省。 在イラク日本大使館専門調査員や在アラブ首長国連邦日本大使館専門調査員などを務め、その後も外務省国際情報局分析二課専門分析員、在カタール日本大使館専門調査員、ヨルダン、シリアの日本大使館で書記官を務めました。 政治家としては、2010年の参議院議員選挙に民主党(当時)公認で埼玉選挙区から立候補し初当選を果たしました。 (当時の埼玉選挙区の定数は3議席で、大野候補は得票数3位で当選) 2012年10月に発足した野田第3次改造内閣では、内閣府大臣政務官と防衛大臣政務官を務めました。 2016年の参議院議員選挙では民進党(当時)公認で立候補し2回目の当選を果たしましたが、今回の埼玉県知事選挙への立候補のため、任期途中でしたが参議院議員を辞職し知事選に臨み、見事初当選を果たしました。 今回は無所属で出馬した大野候補でしたが、元々は民主党や民進党に所属しており、2018年5月に結党した国民民主党に参加していました。 (国民民主党は、埼玉県知事選に立候補を表明した今年6月に離党しています) 国民民主党では、党の財務局長を務めていました。 当選候補者の公約は? 大野候補は、「 日本一暮らしやすい埼玉へ」というスローガンを掲げています。 それでは、日本一暮らしやすい埼玉を目指す大野候補はどのような公約や政策を掲げているのでしょうか? 少子高齢化・人口減少への対応 大野候補が最も重視している課題と挙げているのが、埼玉県の少子高齢化や人口減少への対応です! 埼玉県の少子高齢化が猛スピードで加速していくことが見込まれているため、大野候補はその対策として「 スポーツ行動率を高め健康寿命を延ばすことで医療費を抑えることが必要」 と訴えています。 あと数マイルプロジェクト 埼玉県境まで来ている公共交通(埼玉高速鉄道(SR)の延伸と、舎人ライナー、都営大江戸線、多摩都市モノレール)を延伸し、ラッシュ時の電車の渋滞緩和・沿線の道路渋滞緩和を図り、同時に交流人口・滞留人口を増やすことで、埼玉県内に人とモノ、お金を運んでくれる仕組みを構築し、さらに、新上尾道路や東埼玉道路など、埼玉県内の幹線道路整備を促進することを掲げています。 共生社会プロジェクト、子育て支援・教育の充実 子供の貧困対策計画を策定し、各種NPOなどとも連携しながら、PDCAサイクルの中で進抄を図り、女性のキャリア支援や待機児童対策を進む社会全体で子育てを応援する地域づくりと消費性向の高い子育て層の可処分所得を増加させ、地域経済を循環させ、また、子供達がAIでは対応出来ない想像力を育める教育、社会性を養う教育を推進していくと掲げており、外国人住民やLGBTQ、多様なライフスタイルを認め、自分らしく活躍出来る埼玉を作っていくと訴えています。 埼玉県知事選挙2019の総評 今回の選挙戦は任期満了に伴うものでしたが、これまで4期16年務めた上田清司知事が不出馬を表明したことにより、16年ぶりに新人同士の戦いとなりました。 候補者は全部で5人いましたが、野党4党が支持する前参議院議員の大野元裕候補と、自民党と公明党が推薦する、元プロ野球選手でスポーツライターの青島健太候補の事実上の一騎打ちとなることが予想され、その通りの結果となりました。 今回の投票率は32. 31ポイントで、2015年に行われた前回の埼玉県知事選挙より5ポイント余り高くなり、16年ぶりに投票率30%台となりました。 青島健太候補は、幼少期や学生時代を草加市や春日部市で過ごしており、それらの選挙区では大野候補に大差をつけて勝利しました。 しかし、大野候補は出身地の川口市をはじめ、数多くの選挙区で勝利を収め、大票田であるさいたま市で青島候補に勝利したことや、長らく埼玉県政を担ってきた上田知事の政策を継承していくことを宣言しており、上田知事からも全面的な支援を受けたことが、当選の要因となったのではないでしょうか。 まとめ 16年ぶりの新人同士の選挙戦となった今回の埼玉県知事選挙は、前参議院議員で、野田政権では内閣府大臣政務官や防衛大臣政務官を務めた大野元裕候補が当選を果たしました。 大野候補は、2019年8月31日から埼玉県知事に就任する予定です。 最後まで記事をご覧になっていただきありがとうございました!.

次の