ポケットwi-fi デメリット。 ポケットWiFiとは?メリットはこれ。実態はデメリットだらけ?

ポケットWiFiのIPアドレスって何?固定・変動IPの違いや特徴を解説|回線カレッジ

ポケットwi-fi デメリット

モバイルWi-Fiを利用するには? モバイルWi-Fiの利用には、3年など長期間契約する方法と短期間レンタルする方法があります。 長期間契約の場合は毎月定額で利用料がかかります。 短期間レンタルには国内向けと海外向けのレンタルサービスがあります。 モバイルWi-Fiの種類は? モバイルWi-Fiは、WiMAXの回線を利用するタイプと携帯電話キャリアのLTE回線を利用するタイプの二種類のサービスが存在しています。 WiMAX WiMAXはUQ WiMAXが提供している回線を利用しているサービスです。 WiMAXの回線を利用してモバイルWi-Fiを提供している事業者が多数存在しています。 事業者によって入会キャンペーンや提供されるオプションサービスなど特徴があります。 LTE LTEはdocomo、au、SoftBank、ワイモバイル(Y! mobile)の4キャリアが提供している携帯電話と同じ電波を利用しているサービスです。 携帯電話会社の電波を利用しますので、幅広いエリアで利用できます。 代表的なものとして、ワイモバイル(Y! mobile)が提供しているPocket WiFi(ポケット ワイファイ)があります。 モバイルWi-Fiは無制限に利用できる? サービスを提供してる通信事業者・選択するプランにより異なります。 モバイルWi-Fiの契約プランの場合、月間データ容量に制限のないプランであれば無制限に利用が可能です。 無制限のプランを提供している主な通信事業者には「UQ WiMAX」「どんなときもWiFi」「Y! mobile」などがあります。 (無制限プランの場合でも、3日のデータ利用量により速度制限となるプランがあります) モバイルWi-Fiと固定回線の違いは? インターネット回線は大きく分けて、回線工事が不要ですぐに利用できるモバイルWi-Fiと回線工事が必要な光回線などの固定回線があります。 モバイルWi-Fiの場合、どこにでも持ち運ぶことが可能で出先でも利用できる利点がありますが、通信の質は利用する環境の電波状況に依存するという特性があります。 一方、固定回線は自宅でしか利用できませんが、電波を利用しないため、通信が不安定になりにくいという特性があります。 モバイルWi-Fiのメリットは? 月額料金 プランにもよりますが、固定回線の主流である光回線の月額料金が約4,000円〜5,000円前後に対し、モバイルWi-Fiの月額料金は3,000円〜4,000円程度となっています。 利用可能場所:家でも外でもどこでも利用できる モバイルWi-Fiは家でも外でも持ち運びができ、どこでも無線でインターネットを利用することが可能です。 利用開始までの時間:回線工事が不要で届いたその日から利用できる 光回線など固定回線の場合は自宅に引き込むための回線工事が必要ですが、モバイルWi-Fiの場合は回線工事が不要で届いたその日に、電源を入れ、簡単な設定ですぐ利用できます。 初期費用:契約事務手数料のみ 回線工事が不要のため、固定回線より安いです。 モバイルWi-Fiのデメリットは? 速度:光回線よりは劣る 光ケーブルを引き込んでいるため光回線の方が通信速度が速く安定しているといえますが、モバイルWi-Fiは携帯電話と同様の電波を利用しているので、速度も高速通信が期待できます。 携帯電話の普段使いレベルであれば問題ないでしょう。 通信データ量:通信制限のかかるプランがある 月間データ容量に制限のあるプランがあり、それ以上に利用した場合、通信制限が発生します。 たくさん利用したいという方向けに無制限プランもありますが、ネットゲームや高画質の動画の視聴など大容量の通信をする方は光回線の方がおすすめです。 提供エリア:電波が届かない場所では利用できない 携帯電話で利用している電波と同様の仕組みを利用しているため、エリア内であっても電波が届かず使えないという事が起こりえます。 申し込みの前に必ず各通信事業者のサービス提供エリアを確認しましょう。 本サービスのご利用にあたってはをご確認ください。 掲載情報にはプロバイダ比較に参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 特段の記載がない限りは、税込価格を掲載しています。 各種割引や特典は事業者より提供されます。 お申し込みの際は事業者による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。 実質費用とは、利用年数時点までの月額料金や初期費用、端末代金などの総額から、割引・特典を差し引いた1か月あたりの料金目安です。 実際に毎月お支払いする料金ではございませんのでご注意ください。 また継続して利用する場合の料金で算出していますので、途中解約時の違約金については含まれておりません。 com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止.

次の

ポケットwifi比較|ポケットWi

ポケットwi-fi デメリット

「格安SIMでポケットWi-Fiを作りたい!」「格安SIMと、Y! mobileなどのポケットWi-Fiはどっちがいいの?」など、格安SIMとポケットWi-Fiに関して疑問を持っていませんか? 格安SIMでポケットWi-Fiを作ることは簡単で、多くの人が実施していますが、 致命的なデメリットもあるので、注意して使わなければいけません。 このページでは格安SIMの販売員をしていた筆者が、格安SIMとポケットWi-Fiに関して知っておくべき全てのことを下記の流れで解説します。 全て読めば、格安SIMとポケットWi-Fiをあなたにとって、一番お得で、快適に使えるようになるでしょう。 格安SIMでポケットWi-Fiを運用するのは正解? 月々の料金を削るために、WiMAXやY! mobileのポケットWi-Fi(既製品)ではなく、格安SIMでポケットWi-Fiを作って運用したい方も多いかと思います。 しかし、 致命的なデメリットもありますので、一部の人にしかおすすめしません。 まずは、メリット・デメリットをチェックしていこうと思います。 1-1. 格安SIMでポケットWi-Fiを運用するメリット 格安SIMでポケットWi-Fiを運用するメリットは、下記の2つです。 料金が安い• 契約の縛りがない まず、 格安SIMは毎月500円 1GB のプラン〜低価格なプランが多数存在します。 一方でWiMAXやY! mobile)で、格安SIMの5GBプランならその半額程度で持つことができます。 また、ポケットWi-Fiに使うデータ専用プランであれば、 大半の格安SIMで契約の縛りがありません。 1-2. 格安SIMでポケットWi-Fiを運用するデメリット 格安SIMでポケットWi-Fiを運用するデメリットは下記の5つです。 速度が遅い可能性が高い• 無制限プランのスペックが悪い• 自分でルーターを用意しなければいけない• キャッシュバックがもらえない• 自分で設定が必要 特に注意すべき最大のデメリットが速度です。 最大のデメリット:速度が遅い可能性が高い 格安SIMは速度が遅い可能性が高く、ネットを見ると速度に対する不満が多数あります。 最大速度が3大キャリアと一緒です!って印象操作甚だしい。 最大速度じゃなくて通常速度を比較して教えてくれって感じ。 — どく tinnanaging 本当なのか検証するために、よく名前の挙がる9社の格安SIMと最もおすすめのポケットWi-Fi「WiMAX」の速度を比較しました。 その結果、以下のように速度に関しては、格安SIMよりも「WiMAX」が圧倒的に優れているという結果になりました。 格安SIMは、時間帯によっては、Yahoo! のトップページを開くのも困難になるくらい遅いものも存在します。 これは、格安SIMが大手キャリアから回線を間借りしているイメージで、十分な容量がないことが原因と言われています。 それに対して、WiMAXやY! mobileのポケットWi-Fiは全く使えない.. という事がほとんどなく安心です。 しかし、 格安SIMの無制限プランは「もともと速度が抑えられている」など致命的な欠点のあるものばかりです。 WiMAXやY! mobileのポケットWi-Fiの無制限プランは3日で10GBを使うとゆるい速度制限がありますが、YouTubeも視聴できるくらいの速度は残してくれるので、ガンガン使っても安心です。 mobileも契約手数料として、契約時に3,000円前後かかるのは変わりません。 しかし、 格安SIMをルーター利用する場合は別途自分で対応しているルーターを購入しなければいけません。 WiMAXやY! mobileであれば、Amazonで10,000円前後するルーターを無料でもらえるので、ルーターとして使いたい方は初期費用を抑えられます。 例えば7GBを使うときの2年間の実質費用の総額は下記のようになり、1. 5万円ほどのルーターを買ったら、差はなくなってしまいます。 WiMAX(ライトプラン): 57,317円• 一方で、 WiMAXなどは申し込み窓口に気をつければ、3万円以上のキャッシュバックを受けられるので、月額料金の高さをカバーできます。 「」でキャッシュバックも含め、最もお得な既製品のポケットWi-Fiを選んでいきます。 mobileのポケットWi-Fiは、宅配で送られてくるルーターに同梱のSIMカードを挿入すればすぐに使えます。 一方で、 格安SIMはルーターとして使う場合も、タブレットなどに入れる場合も設定が必要です。 格安SIMに同梱の説明書および、ルーターの説明書を見ながら設定をしなければいけません。 1-3. 結局、格安SIMでポケットWi-Fiを使うべき? 以上をまとめると、 下記のような方だけは、格安SIMでポケットWi-Fiを使うことをおすすめします。 3GB未満のように少ししか使わない人• 通信速度を重視しておらず、1円でも節約したい人• すぐに解約するかもしれない人 これらに当てはまる人に向けて、「」以降でおすすめの格安SIMと、ルーターを紹介していきます。 当てはまらなければ、格安SIMはおすすめしない ただし、 これらに当てはまらない方、迷っている方は以下の理由でWiMAXなどの既製品のポケットWi-Fiを契約した方が満足できる可能性が高いです。 速度で後悔するリスクが少ない• キャッシュバックなどを考えると料金格差はそこまでない• すぐに使える状態で送られてくるので手間がかからない WiMAXなどのすぐに使えるポケットWi-Fiはたくさんの種類がありますので、「」で徹底的に比較をしています。 結論を言うと、32,000円のキャッシュバックをもらえる、「WiMAX」を『GMOとくとくBB』()経由で申し込むのがおすすめです。 ポケットWi-Fiにおすすめの格安SIMとルーター では、ここでポケットWi-Fiとして使いやすい格安SIMやSIMフリーのルーターを選んでいきたいと思います。 2-1. 格安SIMの良し悪しを決めるのは速度! 先ほども紹介した通り、格安SIMの最大のデメリットは速度です。 そして、 格安SIMの中でも速度が最も差がつきやすいポイントなので、速度をじっくり比較しましょう。 格安SIMの速度が遅くなる・差がつくのはなんで? 格安SIMは、ドコモなど大手携帯会社から回線の一部を借りています。 大手ほど設備がないのに、ユーザーが増えているせいで混み合っています。 高速道路に例えると、借りている設備の容量(車線数)に対して利用量(車両数)が多くなりがちで、遅くなる(道路が混み合う)のです。 ただし、借りている回線の容量もユーザー数も違うので、各社差がつきます。 そのため下記のように、格安SIMで満足できる人と満足できない人がはっきり別れるのが速度なのです。 そのため、速度で後悔しないように徹底的に比べていく必要があります。 2-2. 速い格安SIMはどう選べばいい? 例えば、LINEモバイルの最高速度は「下り375Mbps、上り50Mbps」と書かれています。 しかし、この最高速度は理論的な最高速度で、 これが出ることはほぼありません。 そこで、速い格安SIMを探すためによく使われるのが「速度測定アプリ」です。 上記のように、アップロードやダウンロードの 速度を出してくれますが、これも多くの場合で正直あてにしない方がいいです。 よくある速度計測アプリの落とし穴 格安SIMの通信事業者によっては上記のような速度計測アプリで測られているときだけ、速度を速くするものが存在します。 それにより、見せかけのダウンロードスピードは速いのに、実際に動画などをダウンロードすると全く動かないという可能性あります。 多くのメディアがこの速度だけで評価をしていますが、 実際使うと速くない.. という事態に陥る可能性があります。 そこで、騙されないために「動画再生」「Webページ読み込み」の速度を測る! 上記のような業者の嘘の速度に騙されないように、実際に動画をダウンロードしたり、Webページの読み込みの速度を考慮して速度を出すことが重要です。 ここで私が着目したのが、外国のアプリである「4GMARK」です。 上記のように、一般的な計測アプリの数値だけでなく、YouTubeやAmazonなどの読み込み時間も考慮して速度を点数化しているので、 ここで高得点の回線は実際でも快適なケースがほとんどです。 そのため、このページではこの総合ポイントが高い格安SIMを紹介していきます。 2-3. 実際に24社の格安SIMを速度計測してみた 今回は実際に24社の格安SIMを用意し、「4GMARK」を使ってどこが一番速いのかを測ってみました。 (随時数を追加していきます) 計測は最も回線が混みやすい下記の2つの時間帯で行いました。 詳細な計測データは「」にまとめていますが、中には参考までに出した大手キャリアのソフトバンクを上回るものもありました。 数字が良ければ良いほど快適に使える可能性が高いので、計測データの高かった「」「」あたりを選べば間違いありません。 しかし、大手キャリアに差をつけられていない上位の回線であればそこまでストレスがたまることはないはずなので、上位の格安SIMに絞って比較していきます。 2-4. おすすめ格安SIM2選 では、先ほどの計測で、ソフトバンクのおよそ半分のスコアが出ているものに絞って比較をして行きます。 実際のモバイルルーターのためのプランはどうなのか?という観点でプランも比べてみました。 速度 主なデータプラン おすすめ? 1位• 1GB・・・1,980円• 1GB・・・・790円• 5位 D• 3GB・・・・900円• 7GB・・・・1,600円• 比較の結果から、基本的に「」がおすすめですが、料金を抑えたい人は「」もおすすめです。 それぞれ、セットでルーターも購入でき、対応可否などを考える手間が省けるので、セットで購入がおすすめです。 参考:「1GB」はどのくらい通信ができるの?• Webページ:yahooトップページ(PC版)をおよそ4500回• youtube高画質動画の閲覧:約1. 5時間• LINEの通話時間:約40時間• 楽天モバイル:データ用に格安SIMを持つ場合、最もおすすめ 『』は楽天の回線を使う格安SIMで、速度も速く、料金も安いため、モバイルルーターとして使うなら最もおすすめの格安SIMです。 また、Wi-Fiルーター3種類と同時に、分割で購入できるので、まとまったお金をかけずに使い始めることができます。 対応回線などを考える手間もないので、楽天モバイルに決めた方は、セット購入をしてしまうか、同じ機種を買うのがおすすめです。 一括払い:9,800円(税抜き)• Amazon価格:品切れ中• SIMカード:標準SIM• 「」 バッテリーも持ちが良く、速度もそこそこ出るので、コスパもいいです。 迷った場合は、このルーターで十分です。 一括払い:21,900円(税抜き)• SIMカード:nanoSIM• 「」 小型ながら通信速度・バッテリーの容量ともに申し分なく、SIMカードが2枚入るので、将来的に2回線契約し、使い分けすることも可能です。 ただし、「」の方が安いので、一括で購入する人はAmazonの方がおすすめです。 楽天モバイル公式ページ: NifMo:料金を抑えて格安SIMを持ちたい人におすすめ 『』はドコモの回線を使う格安SIMで、速度テストでも、安定して上位にいる格安SIMで、料金に優れています。 下記のように、全体的に料金が安く、7GBに関しては格安SIM全体の中でも最高クラスに安いです。 データのみ 3GB 3GBシェアプランも同様 900円 7GB 7GBシェアプランも同様 1,600円 13GB 13GBシェアプランも同様 2,800円 基本的に楽天モバイルで十分ですが、料金を少しでも抑えたい人はこちらでも構いません。 セットで購入できる端末は1種類だけあり、月々1,000円ちょっとの12回払いです。 NifMoおすすめルーター:富士ソフト FS030W• 分割払い(12回払い):1112円(税込)• 一括払い:13,334円(税抜き)• SIMカード:microSIM• 「」 非常にコンパクトで価格も安く、最低限のスペックは満たしているので、コストを抑えたい方にもぴったりです。 分割しても、支払総額は変わらないのも嬉しいポイントです。 NifMo公式ページ: 2-5. SIMフリールーターはどう選ぶべき?おすすめは? 楽天モバイルやNifMoのようにセット販売をしていない格安SIMを選ぶ方など、SIMフリールーターを自分で探して用意する方もいるかと思います。 SIMフリールーターはたくさんありますが、予算の範囲内で下記3点がなるべく優れているものがおすすめです。 最大回線速度• バッテリー容量• 対応バンド・周波数(使いたいSIMに合致しているか) これらを元にSIMフリールーターを比較すると、価格別に下記の2つが優れています。 使う際は格安SIMのSIMのサイズに注意して申し込みましょう。 低価格なのに高性能• Docomoの全周波数に対応、 ドコモ回線の格安SIMにおすすめ!• 大容量バッテリーで最大13時間利用可能• Amazon価格:6,499円• 最大速度:下り300 Mbps• バッテリー : 3000mAh• SIMを2枚入れられるから、使い分けが簡単• 複数の周波数帯を束ねて同時通信を行う技術により高速通信が可能• セキュリティ機能も充実• NifMoなど、多くの格安SIMで動作確認済み()• Amazon価格:19,776円• 最大速度:下り375Mbps• バッテリー : 2500mAh• SIMカード:nanoSIM Q. SIMフリーってどういうこと? SIMロックがかかっていないということです。 mobileなどで購入したWi-Fiルーターは「SIMロック」というロックがかかっていて、Y! mobile以外のSIMカードを使えないようにしています。 Amazonなどで購入できるルーターはSIMフリーのものが多く、周波数さえ合えば、どの回線の格安SIMでも使えます。 基本的に契約者しかSIMロックは解除できないので、中古で購入する時などは、SIMフリーを選びましょう。 しかし、選べるサービスの種類がとにかく多いので、きちんと各社比較をしていきます。 この章で徹底的に検証していきますが、最もおすすめなのはUQWiMAXを、GMOとくとくBBというプロバイダ経由で契約することです。 機種も選択できますがW06というルーターがおすすめです。 ・GMOとくとくBB公式ページ: 3-1. おすすめなポケットWi-Fiは『UQ WiMAX』 docomoなどの計5社からポケットWi-Fiが出ていますが、『UQ WiMAX』のポケットWi-Fiがおすすめです。 理由はポケットWi-Fiの良し悪しを決める以下の4つの大切なポイントで欠点なく高いレベルを出しているからです。 大切なポイント 大切な理由 データ容量 会社によっては月ごとに5GB・7GBなどの容量で制限をかけているものもあれば、無制限で使える「無制限プラン」をもつ会社もあるから。 速度制限 速度制限になった時、使い物にならないくらい遅くされる会社もあるから 月額料金 会社によっては3,000円以上の差がつくケースもあるくらい月額料金がバラバラだから。 高速通信 高速通信できるエリアが会社によって若干差があるため。 ちなみに上記の観点で5社を比較すると、以下のように「UQ WiMAX」が圧倒的に優れていました。 無制限プラン以外の場合、月間の契約容量を超えると128kbpsになります。 よく、ルーターの機種によって差がつくんじゃないかときにする方がいますが、5社の最新の機種を比較すると性能にほとんど差がありません。 そのため、上記のようなスペックで選んでしまって構いません。 以上のことを考慮すると、おすすめのモバイル回線は「 UQ WiMAX」であると自信を持って言えます。 そして後ほど紹介しますが、キャッシュバックなどを考慮して、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選び、プロバイダ経由から申し込みを行いましょう。 申し込む際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるため購入は必ず公式ページ経由で行うことを推奨します。 ・GMOとくとくBB公式ページ: 3-2. UQ WiMAXのプランは無制限にしておこう 「UQ WiMAX」のプランですがプランは「通常プラン3609円(税抜)」か「ギガ放題プラン4260円(税抜)」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 3-3. 機種は最新のものを選ぼう WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 3-4. プロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぼう 2020年7月の最新情報です。 WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記の唯一のポイントで選ぶことが重要です。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 結論として、選ぶべきプロバイダは、2020年7月現在、下記一択です。 『』 次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 2020年7月現在、安い順に上位9通りを記載しています。 その中でも 27,500円のキャッシュバックを受け取ることをおすすめします。 なぜなら、「W06」は、下り最大通信速度が867Mbps(有線接続の場合1,237Mbps)と現在手に入るどのポケットWiFiと比較しても最速であり、最も優れた端末だからです。 2020年7月17日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月17日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 それでは、GMOで買うべきか? 現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。 ただし一点だけ、 購入前に知っておくべき注意点があります。 それは 『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、 何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。 簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。 『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。 GMO以外のプロバイダはどうなの? 結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。 なぜなら、 速度などサービスは一切変わらず、料金はGMOが最も安いからです。 簡単な手続きを行うだけでキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックがなく月額が安い他のプロバイダと比べても、総費用が約1万円安くなります。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 プロバイダ選びについて|まとめ プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 2020年7月現在、『GMOとくとくBB』()が最もお得• 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されているのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 【併用】格安SIMとポケットWi-Fiは一緒に使うとお得? 販売員をしている中で、WiMAXなどのポケットWi-Fiと格安SIMの併用はどうなの?と言う質問をよくされましたが、 結論を言うと一部の人にはおすすめです。 私の弟は、私のアドバイスでドコモをWiMAXと格安SIMに切り替えたところ、 年間3万円の料金削減に成功しました。 4-1. ポケットWi-Fi(WiMAX)と格安SIMの併用で年間3万円の削減に成功! 弟はもともと、auのスマホのユーザーで、テザリングなど、毎月がっつり使うので、30GBの容量のある「auフラットプラン30」を使っていました。 電話はLINEでしてしまうので、かけ放題をつけず、毎月8,000円の支払いでした。 それを、格安SIMのイオンモバイルとWiMAXに切り替えたところ、下記のように 月々およそ2,500円、年間3万円もの料金を削減することができたのです。 4-2. 基本的にネットはポケットWi-Fi(WiMAX)を、格安SIMで電話を 基本的に、速度の安定しているWiMAXでネットを行い、イオンモバイルは電話専用です。 また、それでも1GBはイオンモバイルも使えるので、WiMAXの充電を忘れた日や、LINEなど簡単なものはイオンモバイルの電波で終わらせてしまうそうです。 4-3. 併用はみんなにおすすめか? とはいえ、全ての方が併用すればいいというわけではありません。 正直2つの端末を持ち運ぶのは面倒なので、料金がグッと抑えられる人以外にはおすすめしません。 大手キャリアで20GBを超えるような大きいプランを使っていないと、料金差がほとんどなく、お得とはいえません。 反対に、家の光回線を解約し、WiMAXを家でも外でも使うのであれば、 この例よりも料金が大幅に削減できるのでおすすめです。 光回線をWiMAXに切り替えていい|家でもWiMAXを使うのであれば料金がガクッと下がる WiMAXをはじめとするポケットWi-Fiは種類も多く、申し込み窓口でもお得度が180度変わるので、「」を再度チェックしましょう。 また、電話用に格安SIMを用意したい方は、選び方が少し特殊なので、「」の記事をチェックしてみてください。 SIMカードって何?• mobileやWiMAXのルーターは格安SIMで使える? 5-1. SIMカードって何? SIMカードとは、ポケットWi-Fiやスマートホンなどに入っている通信をするためのICチップです。 無線で通信するにはこれが必須です。 格安SIMは、このSIMカードを格安で使えることから、「格安SIM」と呼ばれているのです。 5-2. mobileやWiMAXのルーターは格安SIMで使える? 上記のような既製品のルーターは格安SIMで使える可能性が高いです。 SIMカードのサイズなどに注意しながら試してみましょう。 mobileはSIMロックを解除すればOK! mobileのルーターは基本的にY! mobileでしか使えないことになっていますが、そのロックを解除して、どの格安SIMでも使えるようにできます。 対応条件は、下記の2つで、「」に詳細が書かれています。 2015年5月以降に発売された機種であること• 購入から101日以上経過しているもの ただし、格安SIM側が動作確認をしていないものばかりなので、SIMロックを解除しても使えない可能性もゼロではないことを理解して使いましょう。 WiMAXは、試してみる価値あり! WiMAXのルーターも公式的には使えると明記している格安SIMは1つもありませんでした。 そこで、WiMAXで格安SIMが使えるのか、WiMAX のW03で検証してみたところ、下記のようにauの回線で通信をしているいくつかの格安SIMであれば接続に成功しました。 以前の機種が手元に残っている場合、それに合わせたサイズの格安SIMを購入し、ダメだった場合はルーターの買い替えを検討しましょう。 主要格安SIM|最新速度計測結果のまとめ ここでは先ほどの測定アプリ「4GMARK」を使った計測結果を紹介します。 利用する人が多く格安SIMの回線が混雑しやすくなる12時台と18時台の2回の計測を行なっています。 今回の計測日:2018年8月2日(木) 速度計測の結果の見方 速度計測は下記の6つの軸が出てきますが、基本的に「ポイント」だけ見れば大丈夫です。 ポイント・・・・以下5項目をトータルして速度を評価。 PING・・・・サーバーからの応答速度で数字が小さいほうがいい。 ダウンロード・・・ダウンロードの速度で数字が大きいほうがいい。 アップロード・・・アップロードするときの速度で数字が大きいほうがいい。 YouTube・・・・・30秒程度の動画を読み込むのにかかった時間で短いほうがいい。 Web・・・・・・Amazonなど有名なサイトを5つ開いたときの平均読み込み時間で短いほうがいい。 2 5. 5 3. 32 3. 77 U-mobile(D) 2515 55 1. 9 8. 4 3. 53 6. 73 楽天モバイル 5752 59 4. 5 13. 2 28. 29 4. 19 NifMo(D) 3527 69 6. 6 2 3. 58 5. 74 IIJmio(D) 459 234 0. 6 1. 2 14. 28 9. 43 LINEモバイル(D) 990 502 2 1. 5 33. 6 8. 33 エキサイトモバイル 1064 128 0. 6 3. 8 14. 18 8. 09 BIGLOBE(D) 35 58 0. 8 2 TO 10. 53 nuroモバイル(D) 1542 136 1 8 TO 8. 75 イオンモバイル(D) 1453 108 0. 6 8 35. 39 9 mineo D 689 148 1. 3 2. 6 TO 8. 21 ワイヤレスゲート(D) 335 125 0. 4 2. 8 TO 6. 27 スマモバ(D) 1503 51 0. 1 15. 2 TO 5. 3 FREETEL(D) 397 64 0. 8 2. 3 TO 5. 28 DTI(D) 4020 64 1. 7 12. 5 3. 26 3. 58 ロケットモバイル(D) 0 TO EC EC EC TO DMM(D) 802 125 0. 6 2. 8 19. 05 7. 89 イオンモバイル(A) 54 245 0. 7 0. 8 TO 11. 85 mineo A 244 93 0. 9 0. 7 TO 5. 12 UQmobile(A) 1140 46 2. 9 0. 4 15. 57 9. 35 BIGLOBE(A) 163 61 0. 7 0. 4 TO 9. 21 QTmobile(A) 302 98 1 0. 8 TO 6. 13 b-mobile(S) 6263 74 11. 23 6. 99 42. 25 5. 79 U-mobile(S) 146 1125 0. 33 0. 51 TO 10. 89 QTmobile(S) 328 53 1. 63 1. 48 TO 8. 86 やはり、ここでおすすめした6社は混み合う12時台でもスコアが高く、速度が信頼できます。 2 3. 5 3. 16 6. 06 U-mobile(D) 3744 47 1. 2 15. 6 3. 12 6. 85 楽天モバイル 2197 41 2. 4 5. 8 11. 83 8. 58 NifMo(D) 1895 133 1. 1 5. 4 3. 31 6. 72 IIJmio(D) 1151 250 0. 7 3. 6 21. 52 5. 97 LINEモバイル(D) 2998 74 1. 1 9. 3 8. 76 5. 05 エキサイトモバイル 1505 131 0. 5 8. 5 19. 46 10. 73 BIGLOBE(D) 629 51 0. 4 5 TO 6. 45 nuroモバイル(D) 664 145 0. 4 11 TO 8. 56 イオンモバイル(D) 501 126 0. 5 2. 7 TO 6. 31 mineo D 344 131 0. 4 2. 8 TO 5. 72 ワイヤレスゲート(D) 81 140 0. 7 2. 8 TO 12. 03 スマモバ(D) 826 TO 0 20. 1 TO 8. 36 FREETEL(D) 726 146 0. 7 4. 1 TO 6. 2 DTI(D) 941 65 0. 6 3. 8 4. 42 8. 22 ロケットモバイル(D) 0 TO HR EC EC TO DMM(D) 817 148 0. 5 5. 6 TO 6. 73 イオンモバイル(A) 146 980 0. 3 1. 2 TO 7. 73 mineo A 80 89 0. 4 0. 3 TO 7. 9 UQmobile(A) 2024 53 4. 4 0. 4 22. 7 4. 93 BIGLOBE(A) 666 71 1. 6 0. 7 TO 3. 54 QTmobile(A) 242 107 0. 4 1. 8 TO 10. 3 b-mobile(S) 3062 141 4. 99 1. 81 13. 27 5. 46 U-mobile(S) 536 62 1. 39 3. 29 TO 11. 15 QTmobile(S) 1692 46 10. 71 2. 14 TO 8. おすすめの格安SIMは通勤・通学中の方がよく使う18時台でもストレスなく通信できる可能性が高いです。 まとめ 格安SIMとポケットWi-Fiについて、比較しおすすめを紹介してきましたがいかがでしたか? これから格安SIMやポケットWi-Fiに申し込もうと思う方は、下記のように選びましょう。 ポケットWi-Fi:サービスだけでなく、申し込み窓口でお得度が変わるので、比較して選ぼう• 格安SIM:速度で後悔しやすいので、速度優先で選ぼう ポケットWi-Fiは、WiMAXをプロバイダの『GMOとくとくBB』()経由で申し込むのがおすすめです。 格安SIMは楽天モバイル()が最もおすすめです。 このページを参考に、あなたがより快適に、お得に通信を使えることを祈っています。

次の

モバイルWi

ポケットwi-fi デメリット

自粛の影響でほとんどのポケットwifiの出荷が停止し始めています。 今、あるものも数が限られているのでお早めに注文下さい。 スマホの通信量が高くなってしまう方は、ポケットwifiに契約するか、光回線を取り入れるかどちからを検討されていると思います。 ネットを安く速く使うならば、最近は、ポケットWi-Fiの人気が高いです。 ポケットWi-Fiは、自宅や外出先でもスマホやタブレット、パソコンを使うことが出来ます。 そして、何よりスマホの速度制限から開放されるのがメリット。 しかし、ポケットWi-Fiにはメリットだけではなく デメリットもあるので契約する前に知っておく必要があります。 そこで今回は、これからポケットWi-Fiの契約を検討されている方に知っておきたいメリットとデメリットをご紹介しましょう。 以下の記事は合わせて読んでおきたい記事です。 メリットを合わせて知っておきたいのであれば、契約するプロバイダも決めておかなくてはなりません。 一番いいのは、キャシュバック率がもっとも高く8日以内にキャンセル可能なカシモwimaxです。 今なら最新端末W06orWX06がもらえます なんと月額1380円の最安値です。 カシモwimaxは以下からどうぞ。 カシモwimax公式サイトはこちら 目次• ポケットWi-Fiのメリット では、ポケットWi-Fiのメリットをみていきましょう。 自宅でも外出先でもネットに繋がる• 工事なしですぐに使える• スマホの月額料金を抑えることができる• 対応範囲内ならば場所を問わず電波が届く• ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)は持ち運びできる無線のインターネット• ポケットWi-Fiには様々な種類がある• ポケットWi-Fiは全部でWiMAX、Y! mobile、docomo、au、Softbankの5社(2018年9月現在)• 通信業者を選んで契約して月額料金を支払う• 使い放題(無制限)プランはない• 規制が最も緩いのは直近3日間で合計10GB以上の通信規制 ポケットWi-Fiとは、持ち運びができる無線タイプのインターネットサービスです。 端末のルーターを持ち歩けば、家でも外出先でもスマホはもちろん、タブレットやパソコンでネットや動画を視聴できるのです。 スマホには速度制限があり、月末は遅くなってストレスが溜まる…とお悩みの方もポケットWi-Fiがあれば、格安でネットを楽しめます。 ポケットWi-Fiを提供する会社はWiMAXやワイモバイルなどがあり、モバイルルーターは携帯ショップからも購入できます。 回線工事が不要!すぐに使える ポケットwifiの最大のメリットは光回線のように工事の必要がないことです。 そして今は光光線を上回る速度のルーターHOMEL02や持ち歩き用のポケットwifiの中でもW06という新機種が出ています。 光回線は約1000Mbgsなのに対し、HOMEL02やw06は1237Mgpsという超高速で使用出来ます。 光回線はインターネットに接続するために専門の業者に依頼して、何ヶ月か待たなくてはならず、工事費用が2〜3万円程度かかるのがデメリットです。 しかし、ポケットwifiはコンセントに繋いで設定できるので、工事する必要がなく、すぐに使うことができます。 高額な工事費が必要なく、ポケットwifiの端末も無料でもらえる場合も多いので、実質の初期費用はゼロで契約できるのです。 そして、初月の月額料金も無料になる会社も多く、初期費用がかからず、すぐに使えるのがメリット。 光回線の工事ができない賃貸物件や急な引越しや移動によりすぐにネット環境が必要な時にも便利です。 最近では光回線のように回線いらずのなんていう便利なものがあります。 持ち運びできる!外出先と家でも使える ポケットWi-Fiのメリットは、ルーターを持ち運ぶだけで、自宅だけでなく外出先でも高速インターネット接続が可能になります。 会社により対応する地域や場所が異なり、速度に違いはありますが、基本的に電波の届く場所ではネットに接続できます。 最近は、街なかでも無料Wi-Fiが増えてきていますが、回線速度が遅い上に、セキュリティの面も心配です。 ポケットWi-Fiがあれば、出張先や旅行先でもスマホやタブレット、パソコンに繋げて、ネットや動画を楽しむこともできるようになります。 光回線より安い ポケットwifi の月額料金は、光回線の月額料金よりも安くに設定されています。 光回線は安定した回線が魅力ですが、月額料金を安くするならばポケットwifiの方がお得です。 いつでもどこでもネットに繋げて動画やSNS を楽しむならはポケットwifiが最適です。 プロバイダのロゴをクリックすると各公式詳細を確認出来ます。 キャシュバックを期待しているならGMOとくとくBBの39000円。 口座振り込みがご希望ならbroadにしましょう。 比較表を見ると最新機種の発売により、速度ですらポケットwifiが光回線を凌駕している事が分かります。 プロバイダ名 速度 料金 GMOとくとくbb w06,HOMEL02 1237Mbps 3609円 broadwimax【クリックで詳細へ】 w06,HOMEL02 1237Mbps 2695円 ドコモ光 1000Mbps 8000円 au光 1000Mbps 9500円 ソフトバンク光 1000Mbps 9500円 上記の表を見ても分かるように光回線より、明らかにポケットwifiが安いです。 その中でも先述したGMOは月額料金も安いですし、20日以内の違約金なしのキャンセルもあるので気にいらなければキャンセルも可能です。 GMOとくとくBB公式サイトはこちら【無料】 コスパ良し!スマホの通信料金を抑えられる スマホには、一定の容量を超えると速度制限がかかってしまい、月末にはネットのスピードを遅くなり、ストレスが溜まる方も多いのでは? ポケットwifi は、外出先でも持ち歩けるのでスマホの通信料金を抑えることもできます。 ポケット wifiは、容量の制限がないので思う存分ネットを楽しむことができるのです。 複数の機器に同時接続できる ポケット wifiに契約すると、スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機など合計10以上のディバイスと接続できます。 同時に使うこともできるので、毎月の月額料金を抑えることができるのです。 バッグの中に多くのデバイスを持ってる方も一つの端末を持っていれば、全てのディバイスがネットに繋がるので大変便利です。 ポケットWi-Fiのデメリット ここからは、ポケットWi-Fiのデメリットをみていきましょう。 ポケットWi-Fiの持ち運ぶ必要がある ポケットwifiを外出先でも使う場合は、ルーターを持ち歩く必要があります。 ルーターがないとネットに接続できませんので、初めは持ち歩く手間がかかるのを面倒と感じるかもしれません。 しかし、最近の端末は 軽量でスマホ並みに小さくなったので、持ち運びしやすくなりました。 場所により通信回線が不安定 ポケットwifiは全国に対応していますが、場所によっては通信回線が繋がりにくいところもあり、不安定になる時があります。 wimaxの場合、下り最大708Mbpsの高速通信が可能ですが、地域によってはそのまでの速さが出ない場合もあるのです。 光回線と比較するとポケットwifiはまだ通信回線が不安定なのはデメリットと言えます。 どのポケットWi-Fiにも通信制限あり(無制限はなし) ポケットwifiの広告には「無制限」「使い放題」と大々的に打ち出されていますが、実際は無制限のプランはありません。 いわゆる無制限プラン(ギガ放題)は月間のデータ使用量は無制限ですが、3日間で10GBを超えると、すぐに速度制限が発生します。 速度制限は1日で解除されますが、すぐに速度を戻す場合は、データ量を追加購入する必要があり、格安ではなくなってしまうのがデメリットです。 充電の手間がかかる モバイルルーターは、充電する必要がありますので、外出中に充電がなくなってしまったらネットに繋がらなくなります。 そのため、外出する前はルーターをフル充電にして出かけるようにしましょう。 光回線は、自宅専用になるので充電する必要がなく手間かかりません。 光回線よりもポケットWi-Fiが向いている人 以下に一つでも当てはまる方は、光回線よりもポケット wifiが向いていますので検討してみましょう。 外出先でよくネットを利用する方• 外でもパソコンで仕事をする方• 高速のネット回線が必要な方• 自宅でもポケットwifiを利用したい方• 単身赴任や転勤が多い方• 光回線の工事ができない賃貸物件に住んでいる方• 簡単な契約ですぐに使いたい方• 毎月のスマホ料金を安くしたい方 ポケットwifiの電波を提供しているのは、WiMAX系のUQ コミュニケーションズまたはLTE系のY! mobileです。 それ以外のドコモやau、ソフトバンクはWiMAX系かLTE系の電波を借りてサービスを提供しています。 UQ WiMAX Y! モバイル ドコモ au ソフトバンク 速度 とても速い 普通 速い とても速い 速い 速度制限 緩い 緩い 厳しい 緩い 厳しい データ容量 無制限 無制限 30GB 無制限 50GB 月間料金 2. 952円 4. 461円 9,522円 4. 504円 9,572円 契約期間 2年 3年 2年 2年 2年 対応エリア 広い 狭い とても広い 広い 広い ポケットWi-Fiの中でもwimaxが一番お得です。 スマホで使用されている「4G LTE」は、電波は良いのですが、規制が厳しいのがデメリット。 プランにより制限は変わりますが、5GBか7GB使うと通信制限がかかってしまうので、LTE系のポケットwifiはヘビーユーザーではない方に向いています。 ポケットwifiは動画やネットを存分に楽しみたいという方に向いています。 ドコモLTE クロッシィ系 ドコモLTE(クロッシィ)系は、ドコモが提供しているクロッシィを利用したポケットWi-Fiです。 ドコモならではの全国にあるネットワークの広さと安定した回線が魅力です。 ドコモ自社にて販売しているポケットWi-Fiの他にもスマモバ、プレミアモバイル、オンリーモバイルといった会社からも販売されています。 ワイモバイルソフトバンク系 ワイモバイルはソフトバンク系のイーモバイルという会社でしたが、ソフトバンクが買収して社名が変わりました。 イーモバイルの時からスマホか流行る前からポケットWi-Fiを提供しており、今はソフトバンクの回線を利用してパワーアップしています。 wimaxはau系 人気のWiMAXは、ドコモ、au、ソフトバンクとは異なり、独自回線ネットワークを持っています。 WiMAXはauの関連会社のUQコミュニケーションズという通信会社が提供しています。 そのため、auが扱っているポケットWi-FiはすべてWiMAXとなります。 WiMAX系のポケットwifiは、どの会社と契約しても通信エリアや通信量は同じです。 WiMAXに契約したら、ギガ放題や使い放題を選んでも「直近3日間10GB以上の通信規制」 はかかってきますので注意しましょう。 ポケットWi-FiはWiMAXがベストです。 ただし、WiMAXのような無線のモバイルインターネット回線、エリアや場所によって電波状況は変わります。 自宅と外出先でも使うためにWiMAXを契約しても、自宅で圏外になる可能性もゼロではないのです。 契約前にエリアを確認して問題なしだったのに 使ってみたら圏外になるケースは多いです。 しかし、WiMAXにはクーリングオフ制度はなく、契約解除料(違約金)が発生するのは避けられません。 UQ WiMAX、とくとくBB WiMAX、So-net WiMAXなど、どのWiMAXと契約しても基本2年または3年契約なので、3年以内に解約する場合は違約金を支払わなければならないのです。 まとめ 今回は、これからポケットWi-Fiの契約を検討されている方に知っておきたいメリットとデメリットをご紹介しました。 ポケットWi-Fiは、場所によって回線が不安定だったり、速度制限があるデメリットがあります。 ただし、上手に使えばスマホの月額料金を抑えて快適なネットライフを送れるので、ぜひ参考にしてみてください。

次の