鬼滅の刃 175。 鬼滅の刃175話のネタバレとあらすじ

漫画「鬼滅の刃」174話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃 175

POINT• 黒死牟、決死の咆哮(ほうこう)。 体中から刃が乱れ飛ぶ!• 致命傷を負う無一郎と玄弥の渾身の一撃• 追い詰められた黒死牟、その顛末は!? 最強の弟、縁壱(よりいち)の寿命が尽きたことで、黒死牟はその屈辱を何百年も味わい続けた。 もはや誉れ高い死が訪れることがないと悟った黒死牟は、醜い姿になってまで勝ち続けることを選んだ。 黒死牟の体中から刃が乱れ飛ぶ! 玄弥の血鬼術により体を拘束された黒死牟だったが、体を固定していた木の根を跳ね飛ばし 体中から無数の刃を飛ばし攻撃をしかけた。 乱れ飛んだ刃は、行冥、実弥、無一郎、玄弥に容赦なく襲い掛かった。 刃をよけ切れなかった無一郎は、黒死牟の体に日輪刀を刺した状態で、自分の腹をざっくり切られ、玄弥にいたっては頭から体を真っ二つに裂かれてしまう。 致命傷を負う無一郎と玄弥の渾身の一撃 無一郎の目の前では、悲鳴嶼 行冥と実弥は、黒死牟と死闘を繰り広げていた。 無惨を倒すまでは行冥と実弥は守らなければならない、と無一郎が思った矢先、黒死牟が2度目の攻撃をしかけようとしていた。 同時に黒死牟の体は強張り、内臓を焼かれるような激痛が走った! その瞬間、実弥の日輪刀が黒死牟の頚を攻撃したが、あまりの固さに刃を入いれることが出来ない。 その様子を床に倒れながら見ていた玄弥は、 黒死牟の体に自分の銃弾が残っていることに気づき 、 再び血鬼術で黒死牟の体を拘束する。 黒死牟は、目障りな玄弥を両断してとどめを刺そうとしたが、なぜか、技を出すことができなかった。 間髪入れず、 行冥の鉄球が黒死牟の頭に命中するが、それでも頚は落ちなかった。 猛攻の中、黒死牟は、技が出せないのは 玄弥の血鬼術によって生えた木が大量に自分の血を吸っているからであり、激痛と体の強張りは、 無一郎が刺した赤く染まった刀のせいだと気づく。 そして、 赤い刃は縁壱(よりいち)と同じだった。 追い詰められた黒死牟、その顛末は!? 闘いの最中、黒死牟がまだ人間「継国巌勝(つぐくにみちかつ)」だった時、縁壱と会話したシーンを思い出した。 巌勝と縁壱は自分たちの後継者をどうするかについて話し合っていた。 巌勝は、自分たちに匹敵する実力者がおらず 呼吸術や極めた技が途絶えてしまうことを憂えていた。 そんな兄とは対照的に、弟の縁壱は、「 自分たちを凌ぐものが必ず現れるので、何の心配もなく安心して人生の幕を引けば良い」と達観しているのだった。 ゜ロ゜ 毎回、前の話のレベルを超えてくるってすごい作品だな、と今更ながら感心します。 時透無一郎と不死川玄弥2人の執念は凄まじかった! しかしどうみても致命傷で、 命が助かる見込みが薄くかなりヘコみますね。。 日影の身として生きてきた玄弥が、ようやく表舞台に立てたと思ったら、ここで命を落としてしまうのは何とも悔しいです。 できれば、鬼殺隊の犠牲は増やしたくないので、黒死牟はこのまま静かに消えてくれることを願っています。 ちょっと気になるのが、 次号の予告に「上弦の壱を倒せたのか?」という疑問形で書かれているところです。 あくまでも想像ですが、 鬼舞辻無惨がこの戦いに間接的に絡んでくる可能性を考えました。 例えば、鬼舞辻の血鬼術で黒死牟を別の空間に移動させてしまうとか。。。 黒死牟が倒れるまでは、ひと波乱ありそうな気がします。 なそ、切なかったのは、縁壱さんが兄である黒死牟と後継者について楽しそうに会話しているシーンですね。 仲の良い兄弟が、どうして道を分けることになってしまったのか・・. また、174話で「縁壱が六十数年も黒死牟を放置し、老体になってようやく相まみえたことが謎」と書いたのですが、この謎は今回も分かりませんでした。 この2人の兄弟エピソードは、また別のシーンで登場するのではないでしょうか。 鬼滅の刃を漫画で読むには この記事では、雑誌・少年ジャンプ「鬼滅の刃」の感想や展開予想をご紹介しました。 鬼殺隊と鬼の攻防戦は、絵つきだとさらに迫力があり楽しいものです! そこでおすすめしたいのが、電子書籍「U-NEXT」の特典を使って 「鬼滅の刃」の最新刊コミックを読むことです。 U-NEXT の「 31 日間無料トライアル登録」をすると、下記の特典がもらえます。 ビデオ見放題サービスを 31 日間無料• 600 円分の U-NEXT ポイントをプレゼント つまり、 この600ポイントを使えば、 電子版の最新刊コミックまるごと1冊を、実質、無料で 読むことができるのです。 また、上記特典を利用することで、 アニメなどの 見放題作品 14万本以上を 31 日間無料で視聴することも可能です。 なお、 無料期間中に解約すれば、費用は一切かかりませんのでご安心ください。 また、U-NEXTのアカウントさえ残しておけば、 解約後も購入した漫画は継続して読むことができます。

次の

鬼滅の刃175話のネタバレと感想まとめ!在りし日を思い出す黒死牟!ついに決着なるか!?

鬼滅の刃 175

Contents• 鬼滅の刃175話ネタバレ:前回174話感想考察 玄弥の放った弾丸は、木となり黒死牟を縛り付けました。 そこへ悲鳴嶼と実弥が頸を狙ってやってきます。 このまま黒死牟を倒せるのでしょうか!? そんな大切な瞬間の前に、 黒死牟の回想が入ります。 この回想に出てきたのは、黒死牟の双子の弟である縁壱でした。 彼は痣が出た者であるにも関わらず、年老いた人間の姿をしていたのです。 痣が出たものは例外なく二十五まで生きられない、そう思っていた黒死牟は嫉妬にかられました。 まだ黒死牟が人間であった頃から、彼ばかり優れていたのです。 そんな彼は、 老いてもなお全盛期と同じ速さと威力で黒死牟を斬りました。 しかし その瞬間に寿命を全うし、亡くなってしまいます。 あと一振りで黒死牟を倒せたはずでした。 それは悔しいでしょうね。 次回は巻頭カラーです。 ということは、 黒死牟との決着のシーンが描かれる可能性が高いですね。 ついに黒死牟の頸を斬り落とすことが出来るのでしょうか!? 次回が待ち遠しいですね! スポンサードリンク 最後の攻撃 体の自由が効かない 黒死牟が咆哮をあげました。 次の瞬間、 時透は銅を真っ二つに裂かれ、玄弥も縦に裂かれます。 悲鳴嶼と実弥はかろうじて避けました。 黒死牟の体中から刃が突き出ていました。 振り動作なしで、これらの刃の数だけ攻撃を放ったのです。 この化け物め、と時透は苦しくなりました。 すぐさま悲鳴嶼と実弥が体勢を整え、再び向かっていきます。 このままだと2人とも死ぬまで戦うことになってしまう、と時透は焦りました。 まだ無惨が残っているのです。 みんなの為にも、この2人を守らなければ。 そう思った時、黒死牟がまた攻撃してくるのに気づきました。 死ぬ前に、自分が何とかしなければ。 その一心で、時透は刀に力を込めました。 すると 黒死牟に突き刺さったままであった時透の刀は、赤くなっていったのです。 スポンサードリンク 赤い刃 時透の刀が赤くなるにつれ、 黒死牟の体を激しい痛みが襲いました。 まるで内臓を灼かれるような激痛に、体が強張ります。 その隙を実弥は見逃しませんでした。 実弥は黒死牟の首に力一杯刃を振りました。 しかしあまりの硬さに、傷すら付けることが出来ません。 その時、顔を半分吹き飛ばされながらも、 玄弥は自分の放った弾丸がまだ黒死牟の中にあることを感じていました。 みんなの猛攻で、弾丸に構ってられないのです。 玄弥はそのまま血鬼術を使いました。 すると 再び黒死牟の体内から木が伸び、固定しようとします。 目障りだ、と黒死牟は玄弥にとどめを刺そうとしました。 しかし技が出ません。 すぐさま悲鳴嶼の鉄球が頭上から降り注ぎます。 それでも黒死牟の頸は落ちません。 まだ攻撃が足りないと、悲鳴嶼は下方から斧を切り上げました。 黒死牟の首を上から鉄球、下から斧が挟み込む形となります。 黒死牟は技を出すことが出来ませんでした。 背中に伸びている木が、大量に血を吸って幹を伸ばしています。 さらに時透の刀から与えられる、激痛による体の強張りのせいで動くことが出来ません。 時透の赤い刃を見て、 それが縁壱と同じである、と黒死牟は思いました。 スポンサードリンク さらなる高みへ 後継をどうするつもりだ、と縁壱と黒死牟は話していました。 自分たちに匹敵する実力者がいない、呼吸術の継承が絶望的だ。 極めた技が途絶えてしまうと黒死牟は嘆いていたのです。 しかし縁壱はそうは思っていませんでした。 自分たちはそれほど大そうなものではない、長い人の歴史のほんの一欠片である、と縁壱は言います。 そして自分たちの才覚を凌ぐものが産まれ、彼らがまた同じ場所まで辿り着く。 何の心配もいらない、私たちはいつでも安心して人生の幕を引けばいいと、縁壱は語ったのでした。 黒死牟の脳裏に、縁壱の声が蘇りました。 いつかこれから生まれてくる子どもたちが、私たちを超えてさらなる高みへと登りつめていくんだ。 悲鳴嶼の鉄球を、その上から実弥が刀で打ち込みました。 鉄同士がぶつかり合って、赤くなっていきます。 そしてついに、 黒死牟の頸が落とされたのです。 スポンサードリンク 双子の弟の存在 黒死牟には、 双子の弟の縁壱がいました。 黒死牟によると、彼はまるでこの世の理の外側にいるようでした。 神々の寵愛を一身に受けている、とまで感じていたのです。 その弟は、痣が出現したにも関わらず、二十五を超えて生き続けた「例外」でした。 そして老いてもなお、 その技は全盛期と変わらぬ速さと威力でした。 最後まで人間であり続けた弟。 黒死牟と対照的ですね。 そして あと一撃で黒死牟がやられる、という時に寿命が尽きてしまいました。 その姿は直立したままであり、 最期の瞬間まで剣士であったのです。 黒死牟は弟に勝つことはついにありませんでした。 その機会を、この瞬間に永遠に失ってしまったのです。 この弟の存在は、黒死牟にとって深いトラウマのようなものでしょう。 それと同時に、 強く憧れていたのかもしれませんね。 時透は無事なのか 玄弥の血鬼術により、 黒死牟と同時に時透も捕らえられていました。 動こうにも動くことが出来ません。 しかしそれは、黒死牟も同じです。 黒死牟が動けないということは、時透を斬り刻むことも出来ません。 つまり、 捕らわれている間は時透もまだ生きているのです。 しかし、 時透は既に手や足を失っています。 失血も酷く、本当なら動けるはずもない大怪我でしょう。 呼吸で痛みや出血も抑えることが出来たとしても、僅かな延命にしかならないかもしれません。 時透自身も、 自分はもう助からないと判断し、死ぬ気で戦っていました。 黒死牟さえ倒すところを見届ければ、満足なのかもしれせん。 しかし、 このまま時透を死なせてほしくはありません。 彼はまだ若く、これから先に多くの鬼を斬ることができるのです。 もしこの戦いの後、すぐに処置を受けることが出来たなら、死ぬことを回避できる可能性は少しでも残ってるのでしょうか。 失った手足は、義手や義足で補えるかもしれません。 時透が生存できる展開になってほしいものですね。

次の

【ネタバレ注意】鬼滅の刃 175話 後生畏るべし【感想】

鬼滅の刃 175

2019年9月21日(月)週刊少年ジャンプ43号 発売予定 175話のネタバレ あと一呼吸縁壱の寿命が長ければ死んでいたという屈辱を抱えたまま黒死牟は何百年も生きることになった。 鬼狩りの歴史上最も優れた剣士が死んだ以上負けるわけには行かない、勝ち続けるために醜い姿になってまで鬼となることを選んだのだということを思い出す。 そんな負けられない思いから決死の叫びを上げると四方八方に斬撃を繰り出し、行冥、実弥は吹き飛ばされ、無一郎は上半身と下半身を両断され、玄弥は縦に真っ二つにされる。 黒死牟の身体中から刃が生え、振り動作なしで出した刃の数だけ攻撃を放ったのだった。 無事だった行冥と実弥の二人はさらに攻撃を仕掛けるが、このままでは二人とも死なせてしまうと無一郎は焦る。 自分の命が消える前になんとかしなければと持っている刀に力を込めるとその刀身が赤く変色し、黒死牟に激痛を与え動きを止めることに成功する。 その隙に実弥の刃が頚に届くが、頚は固く切断するには至らない。 さらに真っ二つにされた玄弥も血鬼術により黒死牟の体内に残っていた銃弾から再び木を生やし動きを固定しようとする。 ついに行冥の鉄球が黒死牟の頚に直撃するがそれでも頚は固く、斬ることができない。 黒死牟は邪魔な玄弥にトドメをさそうとするが、木に大量に血を吸われたことに加え、赤く染まった刀の激痛により技が出ない。 縁壱も同じく赤い刃をしていたことを思い出す黒死牟。 自分たちの呼吸術を継承する実力者が居ないことを嘆いていた時のことを回想する。 しかし縁壱は、自分たちは人の歴史のほんの一欠片であり、自分たちを凌ぐものがまた同じ場所までたどり着くだろうからいつでも安心して人生の幕を引けば良いと語っていた。 若き縁壱は炭治郎がしているのと同じ耳飾りを付けている。 さらなる攻撃をしかける行冥の鉄球と実弥の刀がぶつかり合いうことで赤く変色し、黒死牟の頚に迫っていた。 これから生まれてくる子どもたちが私たちを超えてさらなる高みへと登りつめて行くことを考えると浮足立つような気持ちになりませんか、そんな弟の言葉を思い出しながらついに黒死牟の頚は落ちたのだった。 「鬼滅の刃」175話の感想(ネタバレ含む) 「鬼滅の刃」175話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 いよいよ上弦の壱との戦いが佳境を迎えました。 3人の柱と鬼化した弦也の4人が自らの命を懸けて戦う姿に泣きそうになってしまいます。 4人で挑んでもいまだ頸を斬ることができずにいましたが、みんなを死なせないと思う時透くんの強い気持ちが刃を赤く変化させて上弦の壱が身動きできなくなりました。 この刀身が赤く変わると言うのは時透くんの中に流れる血が成せた技かなと思うとますます感極まってしまいます。 大正時代の話とは言え、齢14歳でこのような思いに至れるのは凄いことなのではと思います。 体を裂かれてしまった弦也も力尽きそうになりながらも兄と仲間を助ける為に血鬼術を使えるようにまでなっていることにも思いの強さを感じます。 若い日の弟との会話の走馬灯を見ながらついに頸を落とされてしまった上弦の壱ですが、無惨のように頸を斬られても死なない極致にまでこれから変化するのか、はたまたこれで力尽きるのか次回の話がとても待ち遠しいです。 「鬼滅の刃」175話を読んだ感想(ネタバレ含む)2 ついに黒死牟戦の決着がついたかのように見えますが、鬼殺隊も満身創痍。 特に時透無一郎は胴体を完全に切り離され、不死川玄弥は顔が真っ二つ、と致命傷を負いました。 しかし無一郎は一旦置き、玄弥はこの状態からでも延命できる道があります。 それは黒死牟を喰らうこと。 玄弥は鬼を喰らえば一時的に鬼の能力を得ることができるので、鬼化が進むというリスクを承知で復活する可能性が考えられます。 また、兄の実弥が持つ「稀血」もそれに関するキーアイテムとなり得るでしょう。 彼の稀血は鬼の行動を鈍らせる特性を持つので、もし鬼化が進んだ玄弥が暴走しそうになっても押さえ込むことができます。 どう転がってもここで不死川兄弟のエピソードが掘り下げられそうで、来週も目が離せませんね。 漫画「鬼滅の刃」175話を無料で読む方法 「鬼滅の刃」175話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の