黄砂 アレルギー。 黄砂アレルギーの症状とは?2018飛来時期と黄砂予報、情報はスマホでチェック!!

黄砂アレルギー症状と花粉症との違いは?PM2.5は予防はできる?

黄砂 アレルギー

黄砂は3月から5月に飛来する量が増える 黄砂とは、中国内陸部にある砂漠の砂が「偏西風」という風に乗って日本に届く現象のことをいいます。 ただ砂が飛ぶというだけのことではあるのですが、発生源の近くでは農業や生活環境にも大きな影響を及ぼし、遠方である日本でも健康被害をこうむっている人々はたくさんいます。 なぜ砂が健康被害を及ぼすのでしょうか。 黄砂は大変小さな粒です。 スギ花粉が直径30~40ミクロン程度であるのに比べ、黄砂はたったの4ミクロン。 体内にこのような異物が入り込めば、喉や気管に異常をきたし、咳や喘息症状の引き金となることも。 黄砂による症状は、「黄砂アレルギー」と呼ばれています。 症状は、花粉症などのアレルギー性疾患と同じように、目や鼻、気管支、皮膚などにあらわれます。 目に入ると、かゆみやアレルギー性の結膜炎、鼻に入ると、鼻水やくしゃみなどアレルギー性鼻炎のような症状を引き起こします。 気管支に入ると喘息を誘発させる場合もあるのです。 さらに、黄砂に含まれるカビ・ダニ・ホコリなどが原因のアレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎などを発症する場合も。 花粉症と同じような症状なので、区別が難しいのですが、黄砂の飛来とアレルギーの症状が発症する時期が重なるのであれば、黄砂アレルギーの可能性もあります。 両方を併発している場合もあります。 黄砂は、花粉に比べて粒子が細かいので、気管に入ったり、肺の奥まで侵入してきてそこに蓄積し、症状を長引かせることもあるようです。 黄砂アレルギーの薬というものはとくにないため、症状にあわせての対症療法になります。 アレルギーは、子どもにとってもしんどいもの。 「黄砂アレルギー」から子どもたちを守るためには、どうすればいのでしょうか。 とにかく黄砂が体内に入らないよう対策を練る 黄砂アレルギーが引き起こされるのは、黄砂が体内に侵入してきてしまうためです。 黄砂が入り込むのは、目、鼻、口などの粘膜から。 肌は黄砂のような細かな物質でも体内に入り込まないようになっていますが、粘膜は肌のように異物の侵入をガードすることができません。 目や鼻、口から黄砂が入り込んでしまわないように気をつける必要があります。 ただし、先ほども触れたように、黄砂はとても細かいもの。 花粉を防ぐためのマスクでは、黄砂がすり抜けてしまいます。 黄砂の予報などは気象庁のホームページ*で確認することができるので、気になる場合はチェックしてみては。 黄砂が多い日はあまり外にお出かけしないなど、気をつけるとよいでしょう。 どうしてもお出かけが必要な場合には、外にいる時間を最低限に。 室内に入る際には衣服をよくはたく、ご自宅に戻ったらすぐに着替える、うがいや手洗いをしっかりするなど、室内に黄砂を持ち込まないようにし、黄砂に触れる機会を減らしましょう。 jma.

次の

黄砂アレルギーの症状と検査方法!目鼻喉以外にも様々なトラブルが!

黄砂 アレルギー

コンテンツ• 粒子が大きいものは途中で落ちてしまうため、小さいものが日本まで到達します。 黄砂の粒子にはさまざまな物質が含まれており、中国から日本へ飛来するまでの間に、大気汚染された物質も一緒に運んできている可能性が高いと言われています。 PM2. 5も含まれています。 黄砂の発生源から近いほど、農作物、人体への大きい被害が見られます。 また、発生源が日本ではないので、すぐに原因をなんとかする対策ができるわけではありませんが、植林など長期的な国際対策が進められています。 黄砂アレルギーとは? 黄砂アレルギーとよく言いますが、実際は黄砂がアレルゲンというわけではありません。 黄砂に含まれる、 ダニやカビ、ホコリなどがアレルゲンとなり、アレルギーの症状がでることがあります。 既にアレルギーを持っている人は、黄砂に含まれる二酸化ケイ素によって、アレルギー症状が悪くなるという報告もあります。 また、黄砂に含まれる成分には人的な汚染物質もあったりと体にとって有害なものであるため、体の反応によってアレルギーの様な症状がでるということです。 文字の通り 「黄色い砂」ですので、砂を大量に吸い込んだと思えば、さまざまな症状がでるのも当たり前と言えます。 黄砂アレルギーの症状 症状は花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーに似た症状がでます。 喉の痛み• 咳やぜんそく• 目や皮膚の痒み 黄砂の粒子は小さい! 黄砂は粒子の大きさは花粉より小さいため、対花粉用よりも 高性能なマスクが必要となります。 PM2. 5用のマスクであれば、それよりも大きい黄砂は防げます。 PM2. 5: 2. マスクは上でも紹介したようにPM2. 5用のものを使用しましょう。 マスクやメガネする• 洗濯物を室内干しにする• できる限り外出しない• 空気洗浄機を使用する• 先日、黄砂用で処方された目薬「フルメトロン点眼液」です!! ステロイドが入っていて、炎症を抑えてくれるものです。 ですから、2~5月に量が多くなり、4月が最も飛来が多くなります。 春は花粉も多く飛ぶ時期ですので、花粉症がある人は症状が悪化する可能性がありますので、きちんと対策をとりましょう。 2018年の黄砂飛散ピークは、例年と同じく4月に多い可能性が高くなります。 ただし、2017年は黄砂飛散が少ない傾向から、 「2018年も少ないのでは!」 と言われていますが、特に気象庁などからはそのような情報はでていませんので、日々の黄砂予報をチェックする必要があります。 黄砂予報 スポンサーリンク 黄砂の状況がわかるサイトとアプリをご紹介します。 スマフォを使用されているのであれば、アプリの方が使いやすいと思います。 PCサイト 気象庁のサイト 少し見づらいですが黄砂の予測を確認することができます。 あくまでも私個人の感想です。 予測図では推移マップを確認できます。 5と黄砂予報 地域別の今日と明日、週間の黄砂、PM2. 5の予報がわかります。 気象庁のページよりも見やすいです。 iPhone用アプリ 大気汚染予報 PM2. 5と黄砂の情報が確認できます。 Androidアプリ 大気汚染予報 PM2. 5と黄砂の情報が確認できます。 黄砂は2~5月に多く飛ぶ• 咳や鼻水、目の痒みなど花粉症に似た症状が起きる• 専用マスクが必要 です。 花粉症と併発して、症状がでる場合もありますので、きちんと対策を心がけましょう。 ちなみに私の場合は花粉症どころではないくらいに、アレルギー症状が悪化します。 鼻水も抗ヒスタミン剤では止まらなくなりますので、やはりマスクは大切です!! 黄砂と一緒に飛ぶことも多い、PM2.

次の

「黄砂アレルギー」ってどんなもの? 症状と対策|ベネッセ教育情報サイト

黄砂 アレルギー

スギやヒノキの花粉のピークが過ぎても目のかゆみでお困りの方は、黄砂や PM (粒子状物質)などの環境因子が関与しているかもしれません。 生活環境の変化に伴い、環境因子によりアレルギー性結膜炎の症状が強くなる場合があります。 環境因子には黄砂、大気中の PM 、火山粉塵などがあります。 黄砂は下記の気象庁のホームページにあるように 2 月から 5 月によく観測されます。 黄砂には細菌や真菌などが付着していることがあります。 またアルミニウムなどの金属が含まれることがあります。 一方 PM は同様に春から初夏にかけて多く観測されることが多いですがそれ以外の季節でもみられます。 PM にも粒子の大きさにより様々な種類がありますが、このうち有名なのは SPM (浮遊粒子状物質)や PM2. 5 (微小粒子状物質)です。 SPM は粒子の大きさがおよそ 6. 5 から 7. 5 はより小さく 2. PM2. 5 に関しては環境省の下記ホームページもご覧ください。 粒子状物質には、物の燃焼などによって直接排出されるものと、硫黄酸化物( SOx )、窒素酸化物( NOx )、揮発性有機化合物( VOC )等のガス状大気汚染物質が、主として環境大気中での化学反応により粒子化したものとがあります。 これらの黄砂や PM などの環境因子は、アジュバント作用によりアレルギーを誘発、増悪させている可能性があります。 アジュバント作用とはわかりやすく言うとそれ自体がアレルギーの主な原因になるのではなく、補助因子となってアレルギー反応を強めるすなわちアレルギー性結膜炎の症状が悪化するということです。 このような状態では抗アレルギー点眼や、ステロイド点眼、非ステロイド消炎点眼、角膜保護点眼などを状況により使い分けたり、組み合わせて治療を行います。 目のかゆみや目やにが出る等、気になる症状が続く場合は、花粉症と自己判断される事なく、当院受診時に医師にご相談下さい。

次の