ご 容赦 ください。 「ご容赦ください」のお勧め文例30選とNG例

「ご了承ください」の意味、使い方、返事の仕方

ご 容赦 ください

メールで請求書の送付を依頼する際には、もしかしたら、そのメールを送るくらいのタイミングで相手方が請求書を発送してくれているパターンや、実は送付の連絡をしていないだけですでに相手方が請求書を送付している場合、あるいはメールを見ていない内に請求書を発送している場合等が考えられます。 だから、行き違いという言葉を使い、それを表現するのです。 「本メールと行き違いになっている場合」または「行き違いで」と使う では、行き違いという言葉を実際にメールの中に盛り込む際には、どのようにして盛り込んでいけば良いでしょう。 請求書の送付を依頼するメールに、行き違いという言葉を盛り込む際には、「本メールと行き違いになっている場合」や、「本メールと行き違いで」などと盛り込みます。 では、次にご容赦とは、はどんな風に使うのでしょうか? ご容赦は「許してください」という意味 まずご容赦ですが、「許してください」という意味です。 つまり、請求書の送付を依頼するメールを送ってしまったけれども、行き違いで請求書を発送してくれていたら申し訳ありませんというふうな文面の中で、申し訳ないという言葉を使うのもあまり適切ではないので、代わりにご容赦という言葉を使って行きます。 なにとぞご容赦くださいとして使う事が多い ご容赦とは、すごく丁寧な表現になります。 当然実際の請求書の送付を依頼するメールの文面の中でも、ご容赦くださいと言う形で丁寧に使う事が多いです。 そして、ご容赦くださいを使う際には、一緒に「なにとぞ」の言葉がつくことが多いので、結果的に、なにとぞご容赦くださいという形でいわれることが多いです。 行き違いとご容赦を使用したメール送付での文例 では、最後に、請求書の送付を依頼する際に、実際に行き違いと、ご容赦を使用したメールの例を見ていきましょう。 そのような例としては、「なお本メールと行き違いで、請求のご送付を頂いている際には、なにとぞご容赦ください」という例が挙げられます。 この文面の前には当然、まだ請求書をもらってないので連絡させてもらった事を入れていきます。 行き違いもご容赦も一般的に使われている言葉 行き違いも、ご容赦も、上記の例やここまでの本文から示すように、決して使うのが難しい言葉ではありません。 これらのように、メールと行き違いという事を表現しつつ、なにとぞご容赦くださいというかたちにしつつ使っていけば問題ありません。 これらの言葉は、ごくごく一般的に使われる言葉たちなのですから。 相手に「行き違い」「ご容赦」を使う際は前後につく文を意識して正しく使おう 以上、請求書の送付をメールで依頼する際の「行き違い」「ご容赦」の使い方のご紹介でした。 行き違いもご容赦もその前後につく文をしっかり意識して使えば問題ありません。 なにとぞご了承くださいや、メールと行き違いでという事をしっかり盛り込んで、正しい日本語メールを送って行ってください。 そして、失礼のないようにしていきましょう。

次の

「ご容赦ください」の意味と使い方!類語との違いやメール例文も

ご 容赦 ください

「ご了承ください」の使い方・例文 「ご了承ください」は目上の人から物事を始める前に許しをもらうときの言葉 「ご了承ください」は、尊敬語の「ご」+「承諾する」を意味する「了承」+丁寧語の補助動詞「ください」が組み合わさった表現です。 「ご了承ください」は自分や企業の言動に対して、相手に「納得してください」「受け入れてください」という気持ちが含まれた表現です。 「ご了承ください」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 口語だけではなく、メールやビジネス文書などでもよく使われる表現です。 また「ご了承ください」を単体で使うと一方的に相手に承諾することを強要するようなニュアンスになる可能性があるため、目上の相手や取引先などに対して使う場合は、 「ご了承願います」「ご了承くださいますようお願い申し上げます」といった丁寧な表現が適しています。 それぞれの使い方を例文付きで紹介していきます。 「予めご了承ください」は前もって承諾してもらう時に使う 「予めご了承ください」は、「前もって」「先だって」を意味する「予め」+「ご了承ください」で成り立っています。 「ご了承ください」はまだ始まっていないことに理解や納得を求める言葉です。 「まだ始まっていない」という部分を強調したいときは、「予め」をつけて表現するのが良いでしょう。 「誠に勝手ながら12月31日から1月2日を年末年始休業とさせていただきます。 予めご了承ください」 「お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承ください」 「ご了承願います」は承諾をお願いするときに使う 「ご了承願います」は、尊敬語「ご」+「了承」+「願う」+丁寧語「ます」で成り立っています。 相手に対して、了承してもらうことをお願いする形になります。 そのため「ご了承ください」よりもへりくだった印象を与える言葉です。 「ご了承願います」をより丁寧にした言い方が「ご了承のほどお願い申し上げます」になります。 「応募者が多い場合は抽選とさせていただきます。 ご了承願います」 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 お問い合わせいただいた件は現在確認中となっております。 ご了承のほどお願い申し上げます」 「ご了承くださいますようお願いします」は丁寧にお願いする 「ご了承いただきますよう」は尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」+「〜するように」の丁寧な表現「ますよう」で成り立っています。 「ご了承いただき」をより丁寧にした表現になります。 「ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします」などの表現でよく使用されます。 「ご依頼の件につきましては貴意に添いかねることになりました。 ご了承くださいますようお願います」 「参加希望者が殺到しているため、応募を締め切りさせていただくことがあります。 ご了承くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承いただけますか」はさらに丁寧な表現 「ご了承いただけますか」は、尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「ご了承いただけますでしょうか」は丁寧語「ます」と「です」と、二重敬語になっているため正しくない表現とされます。 そのため「ご了承いただけますか」といった方が適切な言い方になります。 また「ください」「願います」などのように一方的ではなく、「いただけますか」と相手に聞いていることから、より丁寧で相手に寄り添った表現となります。 ただ承諾してもらわなければならない内容の場合は、「願います」などを使いましょう。 「いただけますか」というと「了承できません」と言われてしまう可能性があります。 「先日相談させていただいた件、ご了承いただけますか」 「弊社で話し合った結果は添付した資料の通りです。 ご了承いただけますか」 「ご了承いただきありがとうございます」は承諾してもらったことへの感謝 「ご了承いただき」は、尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「ご了承いただき」は「目上の人から承諾してもらった」という意味です。 「ご了承いただきありがとうございます」は目上の相手や顧客から承諾を得た際によく使用されます。 「新商品の件、ご了承いただきありがとうございます」 「こちらの勝手な都合にも関わらず、ご了承いただきありがとうございます」 「了承しました」は同等か目下の相手に使う 「了承しました」は「相手の申し出や事情を納得し、承諾する」という意味になります。 「了承しました」は「それでいいですよ」といった意味合いになるので、 目下の者や同等に使うのが適切で、顧客や上司など目上の者に使うのは不適切になります。 「了承しました」の類似表現に「了解しました」「承知しました」があります。 詳しくは下記の記事で書いたので、興味のある人はぜひご覧ください。 「かしこまりました」は承知を表す言葉で最も丁寧な表現 「かしこまる(畏る)」は「つつしんで目上の人の言葉を承る」という意味です。 「相手の言ったことを理解し、その言葉に従う」というニュアンスになります。 「かしこまりました」は「ただ理解する」ではなく、「目上の人の命令を承る」という意味合いが強いので、前向きな姿勢を相手に示したいときに用いるのが適切です。 「かしこまりました」は、『承知』を表す言葉のなかで最も丁寧な言葉に当たります。 相手に敬意を示したいときは「かしこまりました」を使うのが良いでしょう。 「かしこまりました。 明日の午前10時に、御社へお伺いします」 「来週の食事会のお店を予約しておいて」 ー「かしこまりました。 すぐに予約いたします」 「わかりました」「了解しました」は目上の人にはNG 「わかりました」は正しい敬語ですが、丁寧語です。 尊敬の気持ちを表すにはやや敬意が足りない表現になります。 そのため、上司や先輩などに対して使用しても失礼ではありませんが、やはり「わかりました」だと少々馴れ馴れしい印象を与えてしまいます。 「了解」は「物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味になります。 ただ「了解」は日常会話で親しい友人に対して使うため、目上の相手に対して使うと軽い印象を与えてしまいます。 「了解」「了解です」は当然のことながら目上の人には使えませんが、「了解しました」も丁寧な言い方といえども敬意は示されません。 「ご了承ください」の類語・言い換え 「ご容赦ください」の意味は「大目に見てください」 「容赦(ようしゃ)」は「 許すこと、許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は「過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 「ご了承」とよく似た言葉ですが、意味は大きく違います。 「ご了承」は「こちらの言い分について理解して受け入れてください」という意味に対して、 「ご容赦」は「こちらの過失について強く反省しているので許してください」という意味になります。 また「ご容赦」には、 相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 例文 「突然の連絡ではございますが、ご容赦ください」 「当時は混雑が予想されるので、お車でのご来場はご容赦ください」 「ご承知おきください」は「知っておいてください」 「ご承知おきください」は文法的に正しい表現です。 しかし「承知」に謙譲語「承る」の「承」が含まれているため、「承知」は謙譲のイメージが強い言葉になってしまいます。 謙譲語は自分を謙って相手に敬意を示す敬語なので、目上の人にはなるべく使わない方がよいと考えられています。 また「知っておいてください」は上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 「ご了承ください」の英語表現 ビジネスメールなどで「ご了承ください」と英語でいうときは、 ・Thank you for your understanding in advance. ・I appreciate your understanding. のように「前もってご理解感謝します」と表現するのが一般的です。 もっと丁寧な表現をするには、 ・I'd we'd appreciate if you could take this into consideration. などと表現します。 また、英語のビジネスメールでは「結びの言葉」を入れるのが一般常識です。 「sincerely」がその代表例ですが、その他にも色々な結びの言葉があるので、下記の記事で紹介しました。 よかったらぜひ読んでみてください。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!.

次の

「ご容赦ください」のお勧め文例30選とNG例

ご 容赦 ください

ご容赦願いますの意味とは? ご容赦願いますとは自分の過失などを許してほしいという意味 「ご容赦願います」とは、自分の間違いや過失などの失敗を相手に許してほしいという意味であり、主に許しを乞う場面で使用します。 「容赦」とは、手加減することや許すことを意味し、相手の謝罪に対する自分の意見としても「容赦しません」などと使用できます。 また「ご容赦願います」を使用する場合の謝る内容の程度は、それほど重くない軽度の謝罪シーンで使用します。 しっかりとした重要な謝罪シーンでは、次項の使い方・例文でご紹介するように「ご容赦願います」の語尾が変わるため気をつけましょう。 「ご容赦願います」は、正しい敬語表現ですので、主に目上の方に対するビジネスシーンで使われます。 年下や後輩には、過剰な敬語表現となり不適切ですので使用しないように気をつけましょう。 ご容赦願いますは相手からクレームを言われる前に断りを入れる場合でも使う 「ご容赦願います」は相手からクレームを言われる前にあらかじめ断りを入れる場合でも使用します。 よく企業側の不手際がある場合に、不特定多数の人へ向けた張り紙などでも「ご容赦願います」と記載してあるものを見たことがある人も多いのではないでしょうか。 あらかじめ「ご容赦願います」と断りを入れておけば、言われた側も「今回は大目に見てあげよう」と腹を立てることがなくなります。 このように「ご容赦願います」には、既に起こった出来事に対する謝罪と起こる前に断りを入れておく謝罪の2つの意味をがあることを覚えておきましょう。 ご容赦願いますは文章表現として使用する 「ご容赦願います」という言葉は、メールや書面などの文章で表現する場合にのみ使用しましょう。 会話の中で、相手に許しを乞うために「ご容赦願います」と使用すると、どうしても相手とっては真剣な謝罪の気持ちが伝わらず不快に感じさせてしまうため気をつけましょう。 基本的に「ご容赦願います」は、メールや書面などの文章で書く場合に使用する言葉であり、謝罪内容のあとで付け足します。 ただ許してくれと言われても不快なだけですよね。 口頭では「申し訳ございません」を使用し、「ご容赦」を使わないことがビジネスマナーであると覚えておきましょう。 」です。 この表現は、ご容赦を使用する最も簡素な表現であり、軽い謝罪やあらかじめメールなどで断る場合に使用します。 よく不特定多数の方へ送るメールで「本メールと行き違いになっている場合はご容赦ください」などと使用されています。 また「ご容赦ください」と似ている表現で「ご容赦してください」とするとより丁寧な印象を受けますが、この表現は相手に対するお願いの重複表現であり誤りですのでやめましょう。 「何卒」とは、「どうぞ・どうか」という意味であり、「ご容赦願います」の前に「何卒」をつけることで「どうぞお許しください」という意味になります。 相手に対して心からお願いする気持ちが伝わりますね! 「ご容赦」の前に「何卒」とつけるこの表現は、覚えておくことで様々な言い回しができる大変便利な表現です。 先ほどの「ご容赦ください」も「何卒ご容赦ください」とすると、相手に対して申し訳ないという気持ちを強められます。 この言葉は、「ご容赦ください」や「何卒ご容赦願います」をさらに丁寧に表した謝罪・お願い表現です。 またこの表現は、使用する側の過失や失敗が大きく、深く謝罪する場合での使用がおすすめです。 丁寧な表現だからと頻繁に使用すると、相手に対して十分な反省の気持ちが伝わらず逆効果ですので気をつけましょう。 また同じような表現で、「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」としても大丈夫ですので、丁寧表現で許しを願う場合にぜひ使用してみてください。 この表現は、あらゆる事態に備えてあらかじめ相手に断っておく場合に使用します。 例えば、食品では「袋から開ける際に中身が飛び出す場合がございますのであらかじめご容赦願います。 」と記載していることがありますね。 その他イベントでは「雨天により花火大会が中止になる場合がございますので何卒ご容赦願います。 」などと記載しておくと言われる側も中止になる可能性があることをあらかじめ知ることができます。 この表現は、「ご容赦いただく」や「存ずる」という謙譲表現を使用しており、会社での取引先や目上の方への使用に適した表現です。 例えばビジネスシーンにおいて、相手との打ち合わせにアポイントをとっておいたにもかかわらず、こちらの都合で日時を変更しなければならなくなった場合などに使用します。 こちらはご容赦くださいをより直接的に表現しており、日常やビジネスシーンでも使用できます。 ただし自分のミスで謝罪しなければならないような状況で、許しを乞うために使用する場合は相手に失礼ですので使用を控えましょう。 例えば「お許しください」は、担当の人がその日に限り変わってしまった場合や電話で連絡するところをメールで連絡した場合などの使用におすすめです。 基本的にどちらの場合でも相手にそれほど不都合が起きないことを前提に使用しましょう。 「勘弁」とは「過ちを許すこと」を意味しますが、漢字でみると我慢してこらえるという意味の「勘」とわきまえるという意味の「弁」で成り立っています。 そのため許しを乞う場面より、相手のマナーなどについてお願いするシーンでの使用に適しています。 例えば、「こちらの写真撮影はご勘弁ください」や「このエリアでの喫煙は他のお客様のご迷惑になる場合がございますのでご勘弁ください」などです。 ビジネスシーンでは「ご容赦」を使用する方が丁寧な敬語表現ができるためその場にあった言葉を使用しましょう。 「承知」とは、「知り受け入れること」を意味します。 そのため「ご承知おきください」は「あらかじめ内容を把握しておいてください」という意味になり「ご容赦願います」と同様、前もって相手に断りを入れる際に使用します。 ただし「ご承知おきください」は、「ご容赦願います」のように許してほしいという思いは含まれていませんので、「ご承知おきください」の前に「誠に申し訳ありませんが」などの謝罪の言葉を添えると相手にも不快な気分にさせることなく内容を伝えられます。 また「ご承知おきください」と同様に「ご承知ください」という言葉も使用できますが、どちらも相手は知っておくべきだという命令文になるため目上の人への使用は控えましょう。 ご容赦願いますの英語は? ご容赦願いますの英語表現|受け入れるという意味の「accept」 ご容赦願いますの英語表現1つ目は、受け入れるという意味の「accept」を使用した表現です。 ご容赦願いますの英語表現|許すという意味の「forgive」 ご容赦願いますの英語表現2つ目は、許すという意味の「forgive」を使用した表現です。 「forgive」を使用することで、先ほどの「accept」よりも許してくださいと直接的に表現できます。 使用する際は「Please forgive me」だけでも「私をお許しください」という意味ですが、最後にforをつけて到着に対する「for arriving」や疑惑をもつことに対する「for doubting」などそれぞれのシーンに合う単語で活用してみてください。 謝罪メールを送る際のポイントは? 謝罪メールを送る際のポイント|謝罪の内容やお詫びの言葉を忘れず記載する 謝罪メールを送る際のポイント1つ目は、謝罪の内容やお詫びの言葉を忘れず記載するということです。 「ご容赦願います」などの相手の許しを乞う言葉は、それだけでは相手に誠意が伝わりません。 そのため謝罪する人は自分の罪や過ちを認めてしっかり内容とお詫びの言葉を述べましょう。 また次項では、お詫び状を送る際のテンプレートをご紹介しています。 ご発注やクレーム、発送の遅延などそれぞれのシーンに合うテンプレートをご用意していますのでぜひ参考にご覧ください。 お詫び状は、頻繁に書くことがないため正しい書き方を知っておくと相手にも失礼がなく安心ですね! 謝罪メールを送る際のポイント|対応策や改善策に対する内容も加える 謝罪メールを送る際のポイント2つ目は、対応策や改善策に対する内容も加えるということです。 相手に謝罪し許してもらうだけでは、謝罪された相手側は、また同じ間違いを繰り返すのではないかという疑惑を抱くこともあります。 そのためしっかりと今後の対応策や改善策を相手に示すことで、相手の安心感も増し、自分への信頼が高まります。 誰にでも失敗や過ちはあるため、謝罪し、改善策などを示してくれれば反対に余計相手を応援したくなりますよね! 謝罪文には「ご容赦願います」を付け加えよう! 今回ご紹介した「ご容赦願います」は、謝罪文の後に付け加えることで全体の印象が柔らかくなり、相手の許しを得ることで今後ともお付き合いを続けたいという意思表示ができるためぜひ積極的に活用していきましょう!ご紹介したご容赦の使い方・例文のようにシーンや相手に合わせて「ご容赦」の形を変えてくださいね。 また次項では謝罪文の締めの書き方をご紹介していますので、ぜひこちらも参考に合わせてご覧ください。 お詫びのメールは、きちんとビジネスマナーを知っておかないと相手にとって失礼となり、間違ったお詫びメールは逆に相手を怒らせてしまうためしっかり正しい書き方を覚えておきましょう。

次の