ロール キャベツ 献立。 ロールキャベツに合うおかず!主食もアレンジして豊かな献立に!

ロールキャベツの時の献立って、どうしていますか?

ロール キャベツ 献立

ロールキャベツに合うサラダ• ポテトサラダ• 春雨サラダ• マカロニサラダ ロールキャベツに合うサラダとして、真っ先に挙がるのが 「 ポテトサラダ」。 ポテサラだったら、様々な味付けのロールキャベツに対応できますね。 和風とかコンソメとかトマト系などなど。 「 春雨サラダ」も人気があるんですが… 醤油っぽい味付けなので、 和風のロールキャベツに合う感じ。 おでん風のロールキャベツとか。 わかめの味噌汁• ポタージュ系スープ• ミネストローネ ロールキャベツに合わせるスープは、味付けの種類によって相性が変わってきます。 例えば、 和風のロールキャベツだったら「 わかめの味噌汁」。 トマト系のロールキャベツだったら「 ポタージュ系スープ」。 洋風のコンソメだったら「が良いと思います。 ご飯は何にする?• ガーリックライス• シーフードピラフ• 白いご飯 ご飯は、基本的に 普通の白米で全然OK。 でも、もうひと手間かけられる余裕があれば 「 ガーリックライス」とか 「 シードピラフ」もおすすめ。 微妙にめんどい人は「ご飯に混ぜるだけ」みたいなやつでも結構おいしいと思いますよ。 もう一品のおかず ロールキャベツにサラダとスープさえ付いていれば、それで十分だと思います。 卵と魚系• オムレツ• エビフライ• シーフードマリネ ロールキャベツの追加のおかずとして 人気があるのは 「 オムレツ」と 「 シーフードのマリネ」。 食べ合わせの相性も良いし、簡単に作れるのが魅力。 「 エビフライ」もなかなか良いですよ! ロールキャベツと対照的な食感なので、食事にメリハリが出ます。 野菜系• じゃがいものコロッケ• ほうれん草のソテー、きのこのソテー• ほうれん草おひたし• ジャーマンポテト• 冷奴 野菜系のおかずも、簡単に作りましょう。 ソテーやおひたしだったら、それほど手間はかかりませんよね。 「 じゃがいものコロッケ」は、さすがに作るのが面倒だから…スーパーの惣菜の方が楽かも? もちろん、手作りした方が美味しいと思います。 でも、追加のおかずなので、チョットくらい手を抜いても良いんじゃないでしょうか^^.

次の

ロールキャベツの時の献立って、どうしていますか?

ロール キャベツ 献立

キャベツを美味しく、ボリュームたっぷりに食べられる人気のレシピ「ロールキャベツ」。 定番の「包み込む」タイプに、キャベツ丸ごと使った「豪快タイプ」など、形成にはさまざまな種類があります。 今回は定番の「包み込むロールキャベツ」の作り方をご紹介します。 【基本のロールキャベツの材料】• 豚ひき肉…100g• パン粉…大さじ1• 牛乳…大さじ2• 塩コショウ…少々• コンソメ固形…2個• 塩コショウ…少々 【下準備】• キャベツは裏返して芯を取り、大きめの葉を4枚はがす• 芯の分厚い部分は厚みが均一になるように、削ぎ落としておく• キャベツは1分程下茹でし、柔らかくしてざるにあげておく• 玉ねぎ、人参は粗みじん切りにしておく 【作り方】• 1肉だねを作る。 豚ひき肉に下準備した玉ねぎと人参をまぜ、を入れてよくこねる• 4この時に、しっかりと強めに巻いておくと煮崩れしにくくなる• 7煮立ったら弱火にし、あくをとりながら中に火が通るまで20分程ゆっくり煮込む• 8薄ければ塩コショウで味を整えて、崩れないようお玉を使いながらお皿に盛り付け完成 ロールキャベツがさらに美味しくなるアレンジ方法 ロールキャベツは基本的にはコンソメ味がメインですが、他にもトマト味やクリーム味など、味のバリエーションはいろいろとあります。 今回はオーブンで焦げ目をつけた、中はジューシー、外はカリットロ~の触感の、甘くて癖になる味わいの「焼ロールキャベツ」のアレンジ方法をご紹介します。 【焼きロールキャベツの作り方】• 【材料:2人分】• コーンスープの素…2袋• お湯…1カップ(200ml)• 塩コショウ…少々• 飾り用のパセリ…適宜 【作り方】• 1基本のロールキャベツを4個作り、巻き終わりを下にして耐熱容器に並べる• 2お鍋にコーンスープの素と水、牛乳を入れ、泡だて器でよく混ぜながら中火にかける• 4オーブントースターに入れアルミホイルをして約10分焼き、ホイルを取ってさらに5分程焼いて焦げ目をつける• 5竹串(または爪楊枝)を使ってロールキャベツの中まで火が通ったことを確認する(火が通ってない場合はアルミホイルをしてさらに5分加熱)• 6お好みでパセリなどを飾れば出来上がり 基本のロールキャベツは、味のバリエーションが豊富なので、どんなご飯ものにも合いますね。 下記の関連記事には、そんなロールキャベツにもピッタリな炊き込みご飯のレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 市販のサバ缶にとろけるチーズをたっぷりかけ、缶ごとオーブントースターで焼くだけの、今とっても人気のサバ缶を使った簡単お手軽なレシピです。 ロールキャベツに合わせることで栄養バランスも良くなり、おかずにもおつまみにもおすすめです。 ロールキャベツの美味しいレシピを覚えよう! いかがでしたでしょうか。 基本のロールキャベツの作り方と、それに合う主食、副菜、サラダ、スープなどのレシピをご紹介しました。 一見難しそうに感じるロールキャベツの作り方ですが、覚えてしまえばとても簡単で味のバリエーションも豊富なので、メニューの幅が広がりますね。 今夜のおかずにぜひチャレンジしてください。

次の

献立に迷ったときにぴったりなロールキャベツレシピ・作り方20選

ロール キャベツ 献立

定番ロールキャベツの作り方とアレンジレシピ おいしい定番ロールキャベツの作り方|材料編 定番のコンソメ風味のロールキャベツの材料をご紹介します。 基本の材料は下記になりますが、お好みで肉だねの中にしいたけやニンジンを加えたり、あればナツメグを少々入れてもおいしいです。 他にも盛り付けの時にパセリやローリエを乗せると彩りが良くきれいに見えます。 【6個分】材料• キャベツ 6枚• 合いびき肉 250g• パン粉 30g• 牛乳 大さじ2• 卵 1個• 水 600cc• コンソメ 2個• 塩こしょう 少々 おいしい定番ロールキャベツの作り方|レシピ編 手間がかかると思われがちなロールキャベツですが、完成までの工程は意外とシンプルです。 料理初心者の人にも挑戦しやすいレシピであるにも関わらず、食卓が豪華に見えるのでおすすめですよ。 ロールキャベツの作り方• 1沸騰したお湯に芯を取り除いたキャベツを入れ1分ほど茹でます。 茹で上がったらザルにあけておきましょう。 2肉だねを作ります。 ボウルにみじん切りした玉ねぎと合いびき肉を合わせ、パン粉・卵・塩こしょうを加えて手でよく捏ねます。 3肉だねを6等分して形成し、茹で上がったキャベツに乗せて巻いていきます。 これを6個分作ります。 4キャベツの巻き終わりを下にして鍋に入れ、水・コンソメを入れて火にかけます。 5沸騰したらアクを取り、弱火で30分ほど煮込みます。 小さ目の鍋で煮込むと煮崩れを防ぐことができます。 6塩こしょうで味を整えたら出来上がりです。 ローリエやパセリがある場合はここで上に乗せましょう。 ロールキャベツの和風ベースアレンジレシピ スープの味を変えるだけで何通りものバリエーションを楽しむことができるのもロールキャベツの魅力です。 コンソメスープが王道ではありますが、和風だしと醤油を使って和食寄りのスープにすれば洋食が苦手な人にも喜んでもらえる味になります。 和風ベースのロールキャベツにアレンジすれば付け合わせも和食のものが合うので、サイドメニューのバリエーションもさらに増えます。 家族に高齢者がいる人にもおすすめできるアレンジですよ。 ロールキャベツをおかずに白いご飯を食べるのも美味しいですが、炊き込みご飯なら薄味のロールキャベツでもお箸が進むことでしょう。 ロールキャベツのスープが洋風なら炊き込みご飯も洋風に、スープが和風ならご飯も和風に合わせると簡単に統一感のある献立になります。 ロールキャベツも炊き込みご飯も作り置きすることができるメニューなので忙しい日の献立にもおすすめです。 ミートソースはしっかりした味付けなのでロールキャベツのスープはさっぱりしたコンソメベースが合うでしょう。 ミートソースはスパゲティソースの王道なので、オリジナルレシピのあるご家庭も多いのではないでしょうか?ロールキャベツを付け合わせにすれば満足感のある献立になるため、育ち盛りのお子さんやたくさん食べるご主人にもきっと喜ばれますよ。 晩ごはんのロールキャベツが残ったらそれを使って翌日のランチにしても良いですね。 バケットを用意するだけなら、付け合わせやサイドメニューのいらない簡単献立の出来上がりです。 少し手を加える余裕があればバケットにカットした野菜などを乗せるだけでも立派なサイドメニューになりますよ。 レシピも特に必要ないほどの簡単デザートですね。 ロールキャベツは比較的低カロリーながら満足感があるので食べ過ぎ防止にもなります。 ダイエット中の人にもおすすめしたい付け合わせです。 コンソメベースのロールキャベツの副菜としてもう一品おかずに追加してみてはいかがでしょうか?いつもよりおしゃれな食卓になること間違いなしです。 さらにもう一品きのこソテーも加えればもっと栄養価の高い付け合わせになりますね。 コンソメベースやトマト・クリームベースなどの洋風スープのロールキャベツのサイドメニューとしておすすめです。 見た目が華やかで目にもおいしい付け合わせになりますね。 食卓に並ぶ食材の種類を簡単に増やすことができます。 ドレッシング次第で味付けも変わるのでアレンジが効くサイドメニューになりますよ。 ロールキャベツの中身に使うミンチが余った時などもレンコンのはさみ焼きに使えるので食材を無駄にしなくて済みますね。 少し手の込んだ印象のおかずになるのも嬉しいところです。 食べ過ぎが気になる場合は副菜としてロールキャベツを並べましょう。 ロールキャベツはボリュームがありつつも油を使わずヘルシーなので、カロリー過多になる前に満腹感が得られそうです。 おもてなし料理や記念日ディナーなどにも是非試してみていただきたいですね。 和風ベースのロールキャベツと合わせれば立派な和食の献立になりますよ。 ロールキャベツも焼き魚もどちらかと言うとヘルシーなおかずなので両方食べても量的にはちょうど良いバランスと言えるでしょう。 トマトベース・コンソメベース・和風ベース・クリームベースとどれもロールキャベツにもパスタにも共通したアレンジなので、ベースの味を揃えるだけで完成するのも嬉しい点です。 ロールキャベツを崩してパスタと混ぜながら食べるのがおすすめです。 パスタに乗せるロールキャベツは、あらかじめスープにとろみをつけておくと良いですよ。 夏のロールキャベツには夏野菜パスタや冷製パスタがおすすめです。 トマトやナスなどの夏野菜を使ったパスタは夏に食べるロールキャベツの付け合わせにぴったりなので是非試してみてくださいね。 ペンネをメイン料理にするなら、もう一品のおかずをロールキャベツにしましょう。 ペンネだけだと少し物足りないという人には肉だねを多めにしたロールキャベツを副菜にするのがおすすめです。 ロールキャベツもパスタももう一品作る時のおかずに悩みがちですが、この組み合わせなら大人も子供もテンションの上がる献立になりますね。 最近は市販されているパスタの種類が増えてきて、太さやゆで時間も様々です。 こちらの記事では業務スーパーのおすすめパスタについてご紹介していますので、参考にしてお気に入りのパスタを見つけてみてくださいね。 薄味のチャーハンならクリームベース、濃いめの味付けならコンソメベースのロールキャベツが合うでしょう。 チャーハンなら冷蔵庫の余り物でも作れるという点もありがたいですね。 コンソメベースのロールキャベツはオムライスのケチャップ味によく合うのでおすすめです。 メインをオムライスにして付け合わせにロールキャベツを合わせれば食卓も少し豪華になります。

次の