ハンナ シュミッツ。 レッドブルF1代表、女性ストラテジストのハンナは「働くお母さんの鏡」 【 F1

”働くお母さん”の希望に……レッドブル代表、戦略担当のシュミッツ女史を表彰台に送る|F1ブラジルGP(live.t4g.org 日本版)

ハンナ シュミッツ

F1ブラジルGPで勝利を手にしたのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。 そしてそのコンストラクター代表として表彰台に上がったのは、戦略担当のハンナ・シュミッツだった。 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、シュミッツが指示した戦略は、フェルスタッペン勝利の大きな助けとなったと指摘。 シュミッツはブラジルGPの決勝レースで最初のセーフティカーが出動した際、新品タイヤを履かせるためにフェルスタッペンをピットに呼び戻した。 このピットストップは、この時2番手を走っていたルイス・ハミルトン(メルセデス )に、首位の座を譲ることを意味していた。 当時のハミルトンは、フェルスタッペンとは逆の戦略を採ろうとしていた。 そのためチームは、ストップすべきかどうか、ジレンマに直面していたという。 しかし、ピットストップすべきだという正しい戦略を指示したのはシュミッツだった。 「その時点では、先頭を走る者として、チェスをしているようなモノだった。 2番手を走るドライバーは、我々と逆のことしかできないからね」 そうホーナーは当時のことを説明した。 「コース上でのポジションを譲るのは、とても勇気がいることだ」 「コース上でオーバーテイクできると、確信する必要がある。 マックスはすでに1度、それをやっていた。 そして我々は、タイヤを交換するアドバンテージを感じていたんだ。 そして彼は再び(ハミルトンを)オーバーテイクをすることができた」 シュミッツは昨年出産し、その後産休を取ったという。 そして復職後は、連日通勤に長時間を費やすなど、日々努力を続けているという。 ホーナー代表はこの彼女の仕事ぶりも賞賛した。 「ハンナは数年にわたって、戦略チームに参加してきた」 「彼女は昨年産休を取り、それを終えてフルタイムでの仕事に戻った」 「彼女は仕事をするために、通勤にかなり長い時間をかけなければいけない。 彼女は連日通勤に4時間かかっているけど、業務に対する情熱を持っているんだ」 「彼女は今日、戦略の決断を行なった。 だから表彰台に上がってもらうことで、彼女の努力に報いるのが正しいと感じたんだ。 彼女がチームの重要なメンバーであるということは、世界中の働くお母さんににとって、素晴らしいことだと思う」.

次の

PT

ハンナ シュミッツ

皆様には、新型コロナウィルス感染拡大防止の為、当スタジオの対策にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 引き続き政府の方針動向を見守りながら、皆様が安心してレッスンを受けていただけるように可能な対策を徹底して行って参ります。 また、今まで通りオンラインによるインスタライブでのヨガレッスンも配信していきますので、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。 【2020年4月7日より5月31日まで休業致します】 4月7日、新型コロナウィルス対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発令により、当スタジオの営業は、4月7日火曜日から5月31日日曜日まで休館とします。 それ以降の営業予定は、自治体からの要請や今後の状況変化に伴いホームページ等にてお知らせさせていただきます。 会員のみなさまには大変なご不便をおかけいたしますが、何卒、ご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。 調布駅から徒歩1分!でアクセスも抜群 ベーシックなヨガからミュージックヨガやママヨガ、シニアヨガなど様々なヨガのジャンルをご用意しておりますので、あなたに合ったお好きなヨガクラスに参加可能です! ヨガインストラクターによる一人一人丁寧な指導とアットホームな雰囲気で気軽にお越しいただけます。 また、レギュラークラスのみならず、ワークショップや指導者養成講座などのクラスも開催中。 ヨガでリフレッシュしたい方、カラダを整えたい方はもちろん、ヨガや呼吸法について勉強を深めたい方にオススメのスタジオです。 運動不足や冷え・ムクミなどをヨガによって和らぎ、出産 に役立つ呼吸法や骨盤底筋を鍛えるエクササイズも行なっていきます。 肩こり、運動不足、腰痛、ストレス、疲労、腫みなどママならではの悩みをヨガを通して解消していきましょう。 ママになっても輝いていたい!何か新しい事を始めたい!リラックスしたい!そんな方にもオススメのレッスンです。 ストレッチポールorウェーブリングヨガ ストレッチポール、ウェーブリングを用いて、肩甲骨、背骨、骨盤まわりを整え、深い呼吸が出来るようにします。 体のコリをほぐすヨガのポーズゆったり進めていくレッスンです。 身体が硬い方や、普段体を動かさない方も、安心して楽しんでいただけるヨガです。 リフレッシュヨガ ゆっくりした動きのヨガを行っていきます。 疲れを回復させながら、柔軟性、綺麗な筋力が付きます。 優しいヴィンヤサヨガ 木曜日 流れるように呼吸とアサナを連動させながら動いて行きます。 ゆっくりと 気持ちよく動いていくことで、だんだん内側への集中力が高まり、不要な ものが外側へと流れてリフレッシュへと誘います。 体幹トレーニングヨガ カラダのコアを意識的に鍛えながら、ご自身の軸となる部分を強化して いきます。 また、ヴィンヤサの呼吸とアサナを連動させて心地よく動い ていくことで心身ともにリフレッシュさせていくクラスです。 イスを使ったりとカラダに負担をかけずにヨガを深めていきます。 シニアの方のみならずヨガが全く初めてで運動が苦手な方でも参加可能です。 陰陽ヨガ はじめに陽ヨガで日常生活の中で固まっている必要な筋肉を活性化させ、 浅くなっている呼吸を深めて行きます。 その後、陰ヨガで気の流れや経絡 の実感も得ながら、心と体をリラックスした状態へと導いて行きます。 リラックスヨガ 深い呼吸と連動させて首回りなど全身をほぐしていきます。 身体が 温まってから太陽礼拝などヨガのポーズを無理なく行なっていきます。 心身ともにリラックスでき、初心者の方でも安心して受けられます。 しっかりハタヨガ 様々なヨガのポーズを行いその効果を味わうレッスンです。 インナーマ スルを鍛えていきます。 筋力量がアップすることで代謝があがりカラダ とココロに溜まった余分なものを流していきます。 デトックスヨガ しっかりと呼吸に意識を向けて流れるようにポーズをとっていきながら、筋力や 柔軟性を高めていくことで、心身ともにデトックスへと導いていきます。 日頃のストレスやカラダの不調をリフレッシュさせ明日への活力に。 ハタフローヨガ 呼吸法をじっくりと行なってから、ヨガの基本のポーズを流れるようにとっていきます。 バランスのとれた心身へと誘います。 やさしいハタヨガ しっかりと呼吸をしながら、ハタヨガの基本的なポーズをとっていきま す。 ヨガの根本的なカラダづくりに役立ちます。 マインドフルネス マインドフルネスを行なうことで、脳や心のデトックスへと誘います。 初心者の方でもご参加可能です。 この機会に瞑想を深めてみませんか? ストレスースヨガ 立ちポーズに重点を置き、じわっと発汗を促すレッスンです。 普段からのストレスの解消を目指しますが、同時にインナーマッスルが知らずに付きダイエットにも最適です。 呼吸機能を高めるヨガ 呼吸機能を高めるポーズを中心にしたヨガのクラスです。 ヨガにおいても呼吸は最も重要。 呼吸に特化したこのレッスンは、ヨガを深めたい方、ヨガをはじめたい方にも適しています。

次の

『ラグナロクオンライン』アップデート“EPISODE:EDDAグラストヘイム”が実施、18年の時を経て若き王シュミッツが登場!

ハンナ シュミッツ

Hans-Peter Schmitzの略歴を以下に書いておきます。 現、ポーランドのブレスラウに生まれ、フルートをベルリン音楽大学にて学ぶ。 その後、ハレ大学、ザール大学に於いて音楽学、哲学、芸術史を学び、哲学の博士号を取得。 そして、フルトヴェングラー全盛期のベルリン・フィルに於いて、第2次大戦中、及び戦後の計7年間、ソロ・フルーティストとして活躍。 1953年からデトモルト北西ドイツ音楽院にて後進の育成に努め、1971年、ベルリン音楽大学教授。 後、ベルリン音楽大学名誉教授、フライブルク音楽大学客員教授を務める。 ベルリン・フィルを辞めたのが1950年という古い時代で、その後、すぐに演奏活動をやめてしまったため、この人のソロの演奏はレコード等でもほとんど残っていない状態です。 半年ほど前、いろいろと探した結果、イタリアで発売されたCDの中に、彼が演奏したモーツァルトのフルートとハープのための協奏曲があり購入しました。 演奏データがイタリア語で書かれているため詳しいことは不明ですが、1952年3月ベルリンでのライブ録音のようです。 このように演奏活動期が古い人なので私自身、レコードなどでもほとんど演奏を聞いたことがありません。 ただベルリン・フィルに1943年から1950年まで所属して1stフルートを吹いていたので、その期間のフルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルではソロを担当していたため、オーケストラ録音を通じて音は聞けます。 そんな中、インターネットで、彼がフルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルでフルートを吹いている映像を流しているサイトを見つけましたので、ご参考にそのURLをコピーしておきます。 その映像では彼のソロの音は聞けませんが、演奏している姿(再生開始後、約4分過ぎに写る知的な顔のフルーティスト)と、貧弱な音ながらも曲の最後に向けて盛り上げていくフルトヴェングラー演奏の特徴がわかる映像です。 上記のようにベルリン・フィル引退後は演奏活動をほとんどしなかった代わり、教育者としてフルート演奏の指導に力を注いでいたようです。 今回、このブログ記事を書く機会にインターネットで調べたところ、彼が書いた本の日本語訳もいくつか出版されていたことを知り、入手可能な本を注文しました。 ところで私がハンス・ペーター・シュミッツという名前を始めて知ったのは、今から約40年前、NHKのFM放送に吉田雅夫さんが話をされる番組があり、その時に「演奏を聞いた聴衆が熱狂的に興奮させられる演奏をする人」という話があり、それで興味を持ちました。 実はその時に、吉田雅夫さんが自分で所有されているレコードを持参され、ハンス・ペーター・シュミッツが自分で無伴奏フルート用に編曲したマラン・マレー作曲「スペインのフォリアによる変奏曲」の演奏がFMで流れました。 当時、急いでカセットテープに録音して大事に聞いていましたが、経年変化には勝てず、10年以上前にテープが切れてしまい捨ててしまいました。 今から思うと、切れたカセットテープでも、うまくつなげば再生できてCDにできたのではないかと残念に思います。 彼が熱狂的な演奏をしたというのは、やはりフルトヴェングラーの影響があったのではないかと思います。 実はフランス出身のシャルル・ミンシュという指揮者がいたのですが、この人も熱狂的な演奏をする人でした。 若い頃に、ライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団でコンサートマスターをしていたことがあり、その時、フルトヴェングラーが指揮者でした。 私には一部分を真似ごととして吹くことしかできませんが、機会があれば是非一度、ハンス・ペーター・シュミッツ編曲の無伴奏フルート用のマラン・マレー作曲「スペインのフォリアによる変奏曲」の楽譜を見るか、あるいは誰かの演奏を聞いてみてください。 ご参考にハンス・ペーター・シュミッツの写真を載せておきます。 私は大学時代、故増永弘昭に指示してフルートを学んだ者です。 増永はドイツでハンス=ペーター・シュミッツ氏に師事しておりますので、私はシュミッツ氏のいわば孫弟子にあたるわけです。 増永は生前シュミッツ氏を日本に招いて何度か公開レッスンの開催しておりました。 私も2度レッスンを聴講させていただき、深い感銘を受けました。 公開レッスンの終了後のパーティーでは、直接お話もさせていただきました。 増永からはシュミッツ氏のCDを1枚いただき、バイブルのようにしております。 (フルート、チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバによる演奏で、グループ名は"BERLINER TRIO"となっております。 1曲名はマラン・マレの「スペインのフォリア」という曲が入っております。 )この度、貴兄のサイトに出会い、「フルートとハープのための協奏曲」のCDをお持ちだとのこと。 私も数年前「湧々堂」というところに注文したのですが結局手に入れることができませんでした。 是非入手方法を教えていただきたいのですが・・・。 何卒よろしくお願いします。 投稿: 今野 尚.

次の