グリーン ブック キャスト。 グリーンブック (映画)

映画『グリーンブック』あらすじネタバレと感想。実話の友情物語に監督ピーター・ファレリーが初の非コメディ作品に挑む!!

グリーン ブック キャスト

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 5億円 『 グリーンブック』 Green Book は、のの。 ジャマイカ系アメリカ人のクラシック及びジャズピアニストであると、シャーリーの運転手兼ボディガードを務めたのによって1962年に実際に行われたを回るコンサートツアーにインスパイアされた作品である。 監督は。 主演は。 共演は、ら。 では・など三部門を受賞した。 概要 [ ] 本作は、シャーリーとヴァレロンガに対するインタビューや、劇中にも登場したヴァレロンガの妻宛ての手紙に基づき、監督のファレルや、ヴァレロンガの息子であるによって製作された。 題名は、によって書かれたアフリカ系アメリカ人旅行者のための20世紀半ばの「 」にちなんで付けられている。 本作は、2018年9月11日にで世界初公開され、観客賞を受賞した。 2か月後の2018年11月16日、ユニバーサル・ピクチャーズからアメリカ合衆国で劇場公開され、世界中での興行収入は2億4200万ドル以上である。 2018年ので作品賞を受賞、また、によって2018年の映画トップ10の1つに選ばれた。 他にも数々の賞を受賞したこの映画は、アカデミー賞の、および(アリ)を受賞し、また(モーテンセン)、にノミネートされた。 およびも受賞し、アリはの助演男優賞、およびを受賞した。 本作は批評家から大方肯定的なレビューを受け、2人の俳優のパフォーマンスは賞賛されているが、映画内での歴史的な描写の不正確さと、いわゆる典型的な「」の描写について批判を集めている側面もある。 ストーリー [ ] 舞台は1962年のアメリカ。 の真っただ中、は市ので をしていた。 ある日、彼が働いている「コパカバーナ」というナイトクラブが改装工事のため閉鎖されてしまう。 新しい仕事を探している矢先に、アメリカ中西部、を回る8週間のコンサートツアーの運転手を探しているアフリカ系アメリカ人のクラシック系ピアニスト、との面接を紹介される。 ドンは、トニーの肉体的な強さや、物怖じしない性格を見込んで彼を雇うことにした。 トニーは妻と子供2人の家庭を持っており、親戚も多いため、クリスマス・イブまでに自宅に帰るという約束のもと、ツアーに出発する。 ドンのレコードレーベルの担当者は、アフリカ系アメリカ人の旅行者がモーテル、レストラン、給油所を見つけるためのガイドである「 」1冊をトニーに提供する。 旅の始まりに早速ドンとトニーは衝突してしまう。 ドンはトニーの粗野な性格や行動にうんざりし、彼の行動や言動を直すよう口を酸っぱくして注意するが、トニーはドンの言う「洗練された行動」をとるよう求められることに不快感を覚えていた。 しかしツアーが進むにつれて、トニーはドンの類稀なるピアノ演奏の才能に感銘を受ける。 ところが、ステージから下りたドンに対する彼の招待主と一般の人々から受ける差別的な扱いに、彼は改めて動揺してしまう。 ツアー中にドンが入店したバーで彼が白人男性のグループにリンチされた時には、トニーが彼を救い、ツアーの残りの間、トニーはドンに1人で外出しないように叱責する。 旅の間中、ドンはトニーが妻に手紙を書くのを助けていた。 トニーはドンに、離別した兄弟と連絡を取るように促すが、ドンは自分の職業柄と名声によって兄弟と離別し、妻とも別れたことを話す。 南部ではドンがYMCAプールで同性愛者の白人男性と出会ったところを警官に咎められたが、トニーはドンの逮捕を防ぐために警官に賄賂を贈り事なきを得る。 ドンはトニーが彼らの逮捕を無かったことにするために警官に「報いた」ことに憤慨した。 その後、2人は日没後に黒人が外出していることを違法とされ警官に取り押さえられてしまう。 車から引きずり出されたトニーは、ドンを侮辱した警官を殴打してしまい、2人は逮捕される。 収監されている間に、ドンは彼の弁護士に電話したい旨を警官に伝え、外と連絡を取ることに成功する。 だがドンが本当に電話したのは当時の司法長官で、自分たち2人を解放するよう警官に圧力をかけて貰うことに成功する。 でのツアーの最終公演の夜、ドンは演奏するために招待されたの、白人専用レストランへの入場を拒否されてしまう。 ドンは「このレストランで食事を取る。 それが出来ないのなら今夜、演奏はしない。 」とオーナーに言い放つ。 オーナーはトニーに100ドルを提示し「ドンを説得してくれ」と頼むが更に侮辱的な発言をしたためトニーは殴りそうになるも、ドンの言葉で思いとどまる。 ドンはトニーに「君が演奏しろというのなら今夜演奏する」というがそれに対してトニーは「こんなクソなところはやめよう」とクラブを後にする。 トニーはドンを黒人のためのブラックブルースクラブ「オレンジバード」で夕食をとらせるために連れて行く。 ドンの高級な服装は他の客の疑惑と好奇の視線を集めた。 2人はそれを無視しと「今日のスペシャル」を頼むとウエイトレスは白人と黒人のコンビから「あなた、警官?」と訊くが、トニーは「そんなことあるかい」と答えドンが世界一のピアニストであると伝える。 すると、ウエイトレスは「言葉より聴かせて」とステージのを指す。 ドンはのを弾き、演奏が終わると客は拍手をもって絶賛し、お店の箱バンドがステージに上がりブルースを奏で始めるとドンも合わせてアドリブを披露する。 トニーとドンはクリスマスイブまでに家に帰ろうと家路を北に急ぐ。 途中で彼らは警察官に止められるが、警官は彼らのタイヤのパンクを指摘し助けようとしたのであり、彼らに対して嫌がらせはしなかった。 その後、トニーは眠気と戦いながら「モーテルで休ませてくれ」というもドンは「あと少しだ」と励ます。 そしてNYに帰って来た車を運転していたのはドンであった。 ドンはトニーを自宅前で降ろし帰宅する。 執事が「お荷物を帰しましょうか?」と訊くと「今日はもう家族のところへ帰りなさい」と促し、執事は微笑んで「メリークリスマス」と挨拶する。 トニー家では帰宅したトニーに「どんなことがあったか」を皆が訊く。 1人が「あのニグロはどうだった?」と言うとトニーは「その言い方はやめろ」と諭し、その姿を見てトニーの妻ドロレスは微笑む。 8週間の旅で夫の黒人に対する偏見は減ったのだ。 旅立つ前に時計を預けた質屋の夫婦が「トニーの親戚に御呼ばれした」とパーティーを訪ね、一同は歓迎して迎える。 そしてドアを閉めようとしたトニーがふと気付きドアを開けるとそこにはシャンパンボトルを持ったドンがいた。 トニーは「ようこそ!」と喜んで2人は抱きあう。 トニーはダイニングにいる親戚一同に「紹介する、ドクター・ドン・シャーリーだ」と紹介すると親戚一同は一瞬固まるも「彼の席を作れ!」と歓迎の意を表す。 そしてドンとドロレスは紹介し挨拶の抱擁をする。 そしてドロレスはドンの耳元で「彼の手紙を書くお手伝いをしてくれてありがとう」とお礼を言い、ドンは少し驚き、お互いに見つめあいながら微笑んで、もう一度挨拶の抱擁をする。 - ()• - ()• ドロレス・ヴァレロンガ - ()• オレグ - ディメター・マリノフ()• ジョージ - マイク・ハットン()• ルディ - フランク・ヴァレロンガ()• キンデル - ブライアン・ステパニック()• ロスクード - ジョー・コーテス()• アミット - ()()• ジョニー・ヴェネス - ()()• チャーリー - ピーター・ガブ()• モーガン - トム・ヴァーチュー()• - ファン・ルイス()• プロデューサー - ()• アンソニー - ルイ・ベネレ()• ニコラ - ロドルフォ・ヴァレロンガ()• フラン - ジェナ・ローレンゾ()• ルイ - ドン・ディペッタ()• リン - スハイラ・エル=アーター()• フランキー - ギャビン・ライル・フォーリー()• カーマイン - ポール・スローン()• マイキー - クイン・ダフィ()• ポーリー - ジョニー・ウィリアムズ()• ゴーマン - ランダル・ゴンザレス() 製作 [ ] 2017年5月、が出演するための交渉が始まった。 監督は、脚本はの息子であるとファレリー、ブライアン・ヘインズ・カリーが務めている。 同年11月30日、モーテンセンの出演が正式に決定し、、、 ()がキャストに加わった。 同週に正式に製作が開始した。 2018年1月、 ()がキャストに加わった。 スコア作曲家のクリス・ボウワーズは、アリに基本的なピアノ技能を指導した。 また、演奏する手のクローズアップが要求されるシーンでは、アリの代役としてピアノを演奏した。 音楽 [ ] 映画のサウンドトラックのために、ファレリーは作曲家であるクリス・バウワーズのオリジナル楽曲と、シャーリー自身の楽曲を組み入れた。 公開・興行収入 [ ] 本作は、2018年9月11日ので世界初上映された。 本作は、アメリカで2018年11月21日に公開される。 2018年11月16日、本作は全米25館で限定公開され、公開初週末に32万429ドル(1館当たり1万2817ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場22位となった。 評価 [ ] 本作は批評家からおおむね称賛を受けている。 28点となった。 のMetascoreは52人の批評家により、100点中69点となった。 第91回アカデミー賞の作品賞では同じく有力候補として注目を集めていた『』と並んでノミネートされ、結果、本作が受賞した。 一方で、絶賛ばかりではない。 本作のアカデミー賞作品賞の受賞に対して、同じく作品賞にノミネートされていた『』の監督は不快感を表すコメントを残し、同様に作品賞候補になった『』の主演も、不満をあらわにした。 メディアでも批判を主張する人は少なくなく、米紙ロサンゼルス・タイムズのジャスティン・チャン記者は、本作の作品賞を「『クラッシュ』以来最悪のオスカー作品賞」と酷評。 SNSでも苦言が相次いだ。 これらの批判の背景には、主人公であるトニー・リップの役柄が「黒人を差別から救う救済者」として誇張された伝統的すぎるキャラクターだったこと、また、シャーリーの遺族から「この映画が伝説のピアニストと家族の関係について観客に誤解を与えるような解釈をしている」との抗議も受けていたことがあるのでないかと指摘されている。 2018年8月18日閲覧。 2018年8月14日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 映画ナタリー 2019年4月17日. 2019年4月17日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年4月25日. 2019年4月25日閲覧。 Kroll, Justin 2017年5月31日. Variety. 2018年4月16日閲覧。 Sneider, Jeff 2017年11月30日. Tracking Board. 2018年4月16日閲覧。 Scott, Mike 2017年10月31日. Nola. 2018年4月16日閲覧。 N'Duka, Amanda 2017年11月30日. Deadline. 2018年4月16日閲覧。 Galuppo, Mia 2018年1月16日. The Hollywood Reporter. 2018年4月16日閲覧。 Kay, Jeremy 2018年8月14日. 2018年8月14日閲覧。 McNary, Dave. Variety. 2018年6月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2019年2月27日閲覧。 2019年2月27日閲覧。 シネマトゥディ. 2019年2月27日閲覧。 BBC. 2019年2月27日閲覧。 Forbes JAPAN. 2019年2月27日閲覧。 2018年9月16日. 2019年1月9日閲覧。 プレスリリース , Los Angeles, CA: , 2019年1月22日 , の2019年1月23日時点におけるアーカイブ。 , 2019年1月22日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• GreenBookMovie - (英語)• - (英語)• greenbookmovie - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)•

次の

映画『グリーンブック』あらすじネタバレと感想。実話の友情物語に監督ピーター・ファレリーが初の非コメディ作品に挑む!!

グリーン ブック キャスト

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 5億円 『 グリーンブック』 Green Book は、のの。 ジャマイカ系アメリカ人のクラシック及びジャズピアニストであると、シャーリーの運転手兼ボディガードを務めたのによって1962年に実際に行われたを回るコンサートツアーにインスパイアされた作品である。 監督は。 主演は。 共演は、ら。 では・など三部門を受賞した。 概要 [ ] 本作は、シャーリーとヴァレロンガに対するインタビューや、劇中にも登場したヴァレロンガの妻宛ての手紙に基づき、監督のファレルや、ヴァレロンガの息子であるによって製作された。 題名は、によって書かれたアフリカ系アメリカ人旅行者のための20世紀半ばの「 」にちなんで付けられている。 本作は、2018年9月11日にで世界初公開され、観客賞を受賞した。 2か月後の2018年11月16日、ユニバーサル・ピクチャーズからアメリカ合衆国で劇場公開され、世界中での興行収入は2億4200万ドル以上である。 2018年ので作品賞を受賞、また、によって2018年の映画トップ10の1つに選ばれた。 他にも数々の賞を受賞したこの映画は、アカデミー賞の、および(アリ)を受賞し、また(モーテンセン)、にノミネートされた。 およびも受賞し、アリはの助演男優賞、およびを受賞した。 本作は批評家から大方肯定的なレビューを受け、2人の俳優のパフォーマンスは賞賛されているが、映画内での歴史的な描写の不正確さと、いわゆる典型的な「」の描写について批判を集めている側面もある。 ストーリー [ ] 舞台は1962年のアメリカ。 の真っただ中、は市ので をしていた。 ある日、彼が働いている「コパカバーナ」というナイトクラブが改装工事のため閉鎖されてしまう。 新しい仕事を探している矢先に、アメリカ中西部、を回る8週間のコンサートツアーの運転手を探しているアフリカ系アメリカ人のクラシック系ピアニスト、との面接を紹介される。 ドンは、トニーの肉体的な強さや、物怖じしない性格を見込んで彼を雇うことにした。 トニーは妻と子供2人の家庭を持っており、親戚も多いため、クリスマス・イブまでに自宅に帰るという約束のもと、ツアーに出発する。 ドンのレコードレーベルの担当者は、アフリカ系アメリカ人の旅行者がモーテル、レストラン、給油所を見つけるためのガイドである「 」1冊をトニーに提供する。 旅の始まりに早速ドンとトニーは衝突してしまう。 ドンはトニーの粗野な性格や行動にうんざりし、彼の行動や言動を直すよう口を酸っぱくして注意するが、トニーはドンの言う「洗練された行動」をとるよう求められることに不快感を覚えていた。 しかしツアーが進むにつれて、トニーはドンの類稀なるピアノ演奏の才能に感銘を受ける。 ところが、ステージから下りたドンに対する彼の招待主と一般の人々から受ける差別的な扱いに、彼は改めて動揺してしまう。 ツアー中にドンが入店したバーで彼が白人男性のグループにリンチされた時には、トニーが彼を救い、ツアーの残りの間、トニーはドンに1人で外出しないように叱責する。 旅の間中、ドンはトニーが妻に手紙を書くのを助けていた。 トニーはドンに、離別した兄弟と連絡を取るように促すが、ドンは自分の職業柄と名声によって兄弟と離別し、妻とも別れたことを話す。 南部ではドンがYMCAプールで同性愛者の白人男性と出会ったところを警官に咎められたが、トニーはドンの逮捕を防ぐために警官に賄賂を贈り事なきを得る。 ドンはトニーが彼らの逮捕を無かったことにするために警官に「報いた」ことに憤慨した。 その後、2人は日没後に黒人が外出していることを違法とされ警官に取り押さえられてしまう。 車から引きずり出されたトニーは、ドンを侮辱した警官を殴打してしまい、2人は逮捕される。 収監されている間に、ドンは彼の弁護士に電話したい旨を警官に伝え、外と連絡を取ることに成功する。 だがドンが本当に電話したのは当時の司法長官で、自分たち2人を解放するよう警官に圧力をかけて貰うことに成功する。 でのツアーの最終公演の夜、ドンは演奏するために招待されたの、白人専用レストランへの入場を拒否されてしまう。 ドンは「このレストランで食事を取る。 それが出来ないのなら今夜、演奏はしない。 」とオーナーに言い放つ。 オーナーはトニーに100ドルを提示し「ドンを説得してくれ」と頼むが更に侮辱的な発言をしたためトニーは殴りそうになるも、ドンの言葉で思いとどまる。 ドンはトニーに「君が演奏しろというのなら今夜演奏する」というがそれに対してトニーは「こんなクソなところはやめよう」とクラブを後にする。 トニーはドンを黒人のためのブラックブルースクラブ「オレンジバード」で夕食をとらせるために連れて行く。 ドンの高級な服装は他の客の疑惑と好奇の視線を集めた。 2人はそれを無視しと「今日のスペシャル」を頼むとウエイトレスは白人と黒人のコンビから「あなた、警官?」と訊くが、トニーは「そんなことあるかい」と答えドンが世界一のピアニストであると伝える。 すると、ウエイトレスは「言葉より聴かせて」とステージのを指す。 ドンはのを弾き、演奏が終わると客は拍手をもって絶賛し、お店の箱バンドがステージに上がりブルースを奏で始めるとドンも合わせてアドリブを披露する。 トニーとドンはクリスマスイブまでに家に帰ろうと家路を北に急ぐ。 途中で彼らは警察官に止められるが、警官は彼らのタイヤのパンクを指摘し助けようとしたのであり、彼らに対して嫌がらせはしなかった。 その後、トニーは眠気と戦いながら「モーテルで休ませてくれ」というもドンは「あと少しだ」と励ます。 そしてNYに帰って来た車を運転していたのはドンであった。 ドンはトニーを自宅前で降ろし帰宅する。 執事が「お荷物を帰しましょうか?」と訊くと「今日はもう家族のところへ帰りなさい」と促し、執事は微笑んで「メリークリスマス」と挨拶する。 トニー家では帰宅したトニーに「どんなことがあったか」を皆が訊く。 1人が「あのニグロはどうだった?」と言うとトニーは「その言い方はやめろ」と諭し、その姿を見てトニーの妻ドロレスは微笑む。 8週間の旅で夫の黒人に対する偏見は減ったのだ。 旅立つ前に時計を預けた質屋の夫婦が「トニーの親戚に御呼ばれした」とパーティーを訪ね、一同は歓迎して迎える。 そしてドアを閉めようとしたトニーがふと気付きドアを開けるとそこにはシャンパンボトルを持ったドンがいた。 トニーは「ようこそ!」と喜んで2人は抱きあう。 トニーはダイニングにいる親戚一同に「紹介する、ドクター・ドン・シャーリーだ」と紹介すると親戚一同は一瞬固まるも「彼の席を作れ!」と歓迎の意を表す。 そしてドンとドロレスは紹介し挨拶の抱擁をする。 そしてドロレスはドンの耳元で「彼の手紙を書くお手伝いをしてくれてありがとう」とお礼を言い、ドンは少し驚き、お互いに見つめあいながら微笑んで、もう一度挨拶の抱擁をする。 - ()• - ()• ドロレス・ヴァレロンガ - ()• オレグ - ディメター・マリノフ()• ジョージ - マイク・ハットン()• ルディ - フランク・ヴァレロンガ()• キンデル - ブライアン・ステパニック()• ロスクード - ジョー・コーテス()• アミット - ()()• ジョニー・ヴェネス - ()()• チャーリー - ピーター・ガブ()• モーガン - トム・ヴァーチュー()• - ファン・ルイス()• プロデューサー - ()• アンソニー - ルイ・ベネレ()• ニコラ - ロドルフォ・ヴァレロンガ()• フラン - ジェナ・ローレンゾ()• ルイ - ドン・ディペッタ()• リン - スハイラ・エル=アーター()• フランキー - ギャビン・ライル・フォーリー()• カーマイン - ポール・スローン()• マイキー - クイン・ダフィ()• ポーリー - ジョニー・ウィリアムズ()• ゴーマン - ランダル・ゴンザレス() 製作 [ ] 2017年5月、が出演するための交渉が始まった。 監督は、脚本はの息子であるとファレリー、ブライアン・ヘインズ・カリーが務めている。 同年11月30日、モーテンセンの出演が正式に決定し、、、 ()がキャストに加わった。 同週に正式に製作が開始した。 2018年1月、 ()がキャストに加わった。 スコア作曲家のクリス・ボウワーズは、アリに基本的なピアノ技能を指導した。 また、演奏する手のクローズアップが要求されるシーンでは、アリの代役としてピアノを演奏した。 音楽 [ ] 映画のサウンドトラックのために、ファレリーは作曲家であるクリス・バウワーズのオリジナル楽曲と、シャーリー自身の楽曲を組み入れた。 公開・興行収入 [ ] 本作は、2018年9月11日ので世界初上映された。 本作は、アメリカで2018年11月21日に公開される。 2018年11月16日、本作は全米25館で限定公開され、公開初週末に32万429ドル(1館当たり1万2817ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場22位となった。 評価 [ ] 本作は批評家からおおむね称賛を受けている。 28点となった。 のMetascoreは52人の批評家により、100点中69点となった。 第91回アカデミー賞の作品賞では同じく有力候補として注目を集めていた『』と並んでノミネートされ、結果、本作が受賞した。 一方で、絶賛ばかりではない。 本作のアカデミー賞作品賞の受賞に対して、同じく作品賞にノミネートされていた『』の監督は不快感を表すコメントを残し、同様に作品賞候補になった『』の主演も、不満をあらわにした。 メディアでも批判を主張する人は少なくなく、米紙ロサンゼルス・タイムズのジャスティン・チャン記者は、本作の作品賞を「『クラッシュ』以来最悪のオスカー作品賞」と酷評。 SNSでも苦言が相次いだ。 これらの批判の背景には、主人公であるトニー・リップの役柄が「黒人を差別から救う救済者」として誇張された伝統的すぎるキャラクターだったこと、また、シャーリーの遺族から「この映画が伝説のピアニストと家族の関係について観客に誤解を与えるような解釈をしている」との抗議も受けていたことがあるのでないかと指摘されている。 2018年8月18日閲覧。 2018年8月14日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 映画ナタリー 2019年4月17日. 2019年4月17日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年4月25日. 2019年4月25日閲覧。 Kroll, Justin 2017年5月31日. Variety. 2018年4月16日閲覧。 Sneider, Jeff 2017年11月30日. Tracking Board. 2018年4月16日閲覧。 Scott, Mike 2017年10月31日. Nola. 2018年4月16日閲覧。 N'Duka, Amanda 2017年11月30日. Deadline. 2018年4月16日閲覧。 Galuppo, Mia 2018年1月16日. The Hollywood Reporter. 2018年4月16日閲覧。 Kay, Jeremy 2018年8月14日. 2018年8月14日閲覧。 McNary, Dave. Variety. 2018年6月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2019年2月27日閲覧。 2019年2月27日閲覧。 シネマトゥディ. 2019年2月27日閲覧。 BBC. 2019年2月27日閲覧。 Forbes JAPAN. 2019年2月27日閲覧。 2018年9月16日. 2019年1月9日閲覧。 プレスリリース , Los Angeles, CA: , 2019年1月22日 , の2019年1月23日時点におけるアーカイブ。 , 2019年1月22日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• GreenBookMovie - (英語)• - (英語)• greenbookmovie - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)•

次の

グリーンブックの登場人物キャストの一覧とネタバレあらすじの原作比較。主題歌・音楽や脚本家と監督の名前などスタッフ情報まとめ

グリーン ブック キャスト

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 5億円 『 グリーンブック』 Green Book は、のの。 ジャマイカ系アメリカ人のクラシック及びジャズピアニストであると、シャーリーの運転手兼ボディガードを務めたのによって1962年に実際に行われたを回るコンサートツアーにインスパイアされた作品である。 監督は。 主演は。 共演は、ら。 では・など三部門を受賞した。 概要 [ ] 本作は、シャーリーとヴァレロンガに対するインタビューや、劇中にも登場したヴァレロンガの妻宛ての手紙に基づき、監督のファレルや、ヴァレロンガの息子であるによって製作された。 題名は、によって書かれたアフリカ系アメリカ人旅行者のための20世紀半ばの「 」にちなんで付けられている。 本作は、2018年9月11日にで世界初公開され、観客賞を受賞した。 2か月後の2018年11月16日、ユニバーサル・ピクチャーズからアメリカ合衆国で劇場公開され、世界中での興行収入は2億4200万ドル以上である。 2018年ので作品賞を受賞、また、によって2018年の映画トップ10の1つに選ばれた。 他にも数々の賞を受賞したこの映画は、アカデミー賞の、および(アリ)を受賞し、また(モーテンセン)、にノミネートされた。 およびも受賞し、アリはの助演男優賞、およびを受賞した。 本作は批評家から大方肯定的なレビューを受け、2人の俳優のパフォーマンスは賞賛されているが、映画内での歴史的な描写の不正確さと、いわゆる典型的な「」の描写について批判を集めている側面もある。 ストーリー [ ] 舞台は1962年のアメリカ。 の真っただ中、は市ので をしていた。 ある日、彼が働いている「コパカバーナ」というナイトクラブが改装工事のため閉鎖されてしまう。 新しい仕事を探している矢先に、アメリカ中西部、を回る8週間のコンサートツアーの運転手を探しているアフリカ系アメリカ人のクラシック系ピアニスト、との面接を紹介される。 ドンは、トニーの肉体的な強さや、物怖じしない性格を見込んで彼を雇うことにした。 トニーは妻と子供2人の家庭を持っており、親戚も多いため、クリスマス・イブまでに自宅に帰るという約束のもと、ツアーに出発する。 ドンのレコードレーベルの担当者は、アフリカ系アメリカ人の旅行者がモーテル、レストラン、給油所を見つけるためのガイドである「 」1冊をトニーに提供する。 旅の始まりに早速ドンとトニーは衝突してしまう。 ドンはトニーの粗野な性格や行動にうんざりし、彼の行動や言動を直すよう口を酸っぱくして注意するが、トニーはドンの言う「洗練された行動」をとるよう求められることに不快感を覚えていた。 しかしツアーが進むにつれて、トニーはドンの類稀なるピアノ演奏の才能に感銘を受ける。 ところが、ステージから下りたドンに対する彼の招待主と一般の人々から受ける差別的な扱いに、彼は改めて動揺してしまう。 ツアー中にドンが入店したバーで彼が白人男性のグループにリンチされた時には、トニーが彼を救い、ツアーの残りの間、トニーはドンに1人で外出しないように叱責する。 旅の間中、ドンはトニーが妻に手紙を書くのを助けていた。 トニーはドンに、離別した兄弟と連絡を取るように促すが、ドンは自分の職業柄と名声によって兄弟と離別し、妻とも別れたことを話す。 南部ではドンがYMCAプールで同性愛者の白人男性と出会ったところを警官に咎められたが、トニーはドンの逮捕を防ぐために警官に賄賂を贈り事なきを得る。 ドンはトニーが彼らの逮捕を無かったことにするために警官に「報いた」ことに憤慨した。 その後、2人は日没後に黒人が外出していることを違法とされ警官に取り押さえられてしまう。 車から引きずり出されたトニーは、ドンを侮辱した警官を殴打してしまい、2人は逮捕される。 収監されている間に、ドンは彼の弁護士に電話したい旨を警官に伝え、外と連絡を取ることに成功する。 だがドンが本当に電話したのは当時の司法長官で、自分たち2人を解放するよう警官に圧力をかけて貰うことに成功する。 でのツアーの最終公演の夜、ドンは演奏するために招待されたの、白人専用レストランへの入場を拒否されてしまう。 ドンは「このレストランで食事を取る。 それが出来ないのなら今夜、演奏はしない。 」とオーナーに言い放つ。 オーナーはトニーに100ドルを提示し「ドンを説得してくれ」と頼むが更に侮辱的な発言をしたためトニーは殴りそうになるも、ドンの言葉で思いとどまる。 ドンはトニーに「君が演奏しろというのなら今夜演奏する」というがそれに対してトニーは「こんなクソなところはやめよう」とクラブを後にする。 トニーはドンを黒人のためのブラックブルースクラブ「オレンジバード」で夕食をとらせるために連れて行く。 ドンの高級な服装は他の客の疑惑と好奇の視線を集めた。 2人はそれを無視しと「今日のスペシャル」を頼むとウエイトレスは白人と黒人のコンビから「あなた、警官?」と訊くが、トニーは「そんなことあるかい」と答えドンが世界一のピアニストであると伝える。 すると、ウエイトレスは「言葉より聴かせて」とステージのを指す。 ドンはのを弾き、演奏が終わると客は拍手をもって絶賛し、お店の箱バンドがステージに上がりブルースを奏で始めるとドンも合わせてアドリブを披露する。 トニーとドンはクリスマスイブまでに家に帰ろうと家路を北に急ぐ。 途中で彼らは警察官に止められるが、警官は彼らのタイヤのパンクを指摘し助けようとしたのであり、彼らに対して嫌がらせはしなかった。 その後、トニーは眠気と戦いながら「モーテルで休ませてくれ」というもドンは「あと少しだ」と励ます。 そしてNYに帰って来た車を運転していたのはドンであった。 ドンはトニーを自宅前で降ろし帰宅する。 執事が「お荷物を帰しましょうか?」と訊くと「今日はもう家族のところへ帰りなさい」と促し、執事は微笑んで「メリークリスマス」と挨拶する。 トニー家では帰宅したトニーに「どんなことがあったか」を皆が訊く。 1人が「あのニグロはどうだった?」と言うとトニーは「その言い方はやめろ」と諭し、その姿を見てトニーの妻ドロレスは微笑む。 8週間の旅で夫の黒人に対する偏見は減ったのだ。 旅立つ前に時計を預けた質屋の夫婦が「トニーの親戚に御呼ばれした」とパーティーを訪ね、一同は歓迎して迎える。 そしてドアを閉めようとしたトニーがふと気付きドアを開けるとそこにはシャンパンボトルを持ったドンがいた。 トニーは「ようこそ!」と喜んで2人は抱きあう。 トニーはダイニングにいる親戚一同に「紹介する、ドクター・ドン・シャーリーだ」と紹介すると親戚一同は一瞬固まるも「彼の席を作れ!」と歓迎の意を表す。 そしてドンとドロレスは紹介し挨拶の抱擁をする。 そしてドロレスはドンの耳元で「彼の手紙を書くお手伝いをしてくれてありがとう」とお礼を言い、ドンは少し驚き、お互いに見つめあいながら微笑んで、もう一度挨拶の抱擁をする。 - ()• - ()• ドロレス・ヴァレロンガ - ()• オレグ - ディメター・マリノフ()• ジョージ - マイク・ハットン()• ルディ - フランク・ヴァレロンガ()• キンデル - ブライアン・ステパニック()• ロスクード - ジョー・コーテス()• アミット - ()()• ジョニー・ヴェネス - ()()• チャーリー - ピーター・ガブ()• モーガン - トム・ヴァーチュー()• - ファン・ルイス()• プロデューサー - ()• アンソニー - ルイ・ベネレ()• ニコラ - ロドルフォ・ヴァレロンガ()• フラン - ジェナ・ローレンゾ()• ルイ - ドン・ディペッタ()• リン - スハイラ・エル=アーター()• フランキー - ギャビン・ライル・フォーリー()• カーマイン - ポール・スローン()• マイキー - クイン・ダフィ()• ポーリー - ジョニー・ウィリアムズ()• ゴーマン - ランダル・ゴンザレス() 製作 [ ] 2017年5月、が出演するための交渉が始まった。 監督は、脚本はの息子であるとファレリー、ブライアン・ヘインズ・カリーが務めている。 同年11月30日、モーテンセンの出演が正式に決定し、、、 ()がキャストに加わった。 同週に正式に製作が開始した。 2018年1月、 ()がキャストに加わった。 スコア作曲家のクリス・ボウワーズは、アリに基本的なピアノ技能を指導した。 また、演奏する手のクローズアップが要求されるシーンでは、アリの代役としてピアノを演奏した。 音楽 [ ] 映画のサウンドトラックのために、ファレリーは作曲家であるクリス・バウワーズのオリジナル楽曲と、シャーリー自身の楽曲を組み入れた。 公開・興行収入 [ ] 本作は、2018年9月11日ので世界初上映された。 本作は、アメリカで2018年11月21日に公開される。 2018年11月16日、本作は全米25館で限定公開され、公開初週末に32万429ドル(1館当たり1万2817ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場22位となった。 評価 [ ] 本作は批評家からおおむね称賛を受けている。 28点となった。 のMetascoreは52人の批評家により、100点中69点となった。 第91回アカデミー賞の作品賞では同じく有力候補として注目を集めていた『』と並んでノミネートされ、結果、本作が受賞した。 一方で、絶賛ばかりではない。 本作のアカデミー賞作品賞の受賞に対して、同じく作品賞にノミネートされていた『』の監督は不快感を表すコメントを残し、同様に作品賞候補になった『』の主演も、不満をあらわにした。 メディアでも批判を主張する人は少なくなく、米紙ロサンゼルス・タイムズのジャスティン・チャン記者は、本作の作品賞を「『クラッシュ』以来最悪のオスカー作品賞」と酷評。 SNSでも苦言が相次いだ。 これらの批判の背景には、主人公であるトニー・リップの役柄が「黒人を差別から救う救済者」として誇張された伝統的すぎるキャラクターだったこと、また、シャーリーの遺族から「この映画が伝説のピアニストと家族の関係について観客に誤解を与えるような解釈をしている」との抗議も受けていたことがあるのでないかと指摘されている。 2018年8月18日閲覧。 2018年8月14日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 映画ナタリー 2019年4月17日. 2019年4月17日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年4月25日. 2019年4月25日閲覧。 Kroll, Justin 2017年5月31日. Variety. 2018年4月16日閲覧。 Sneider, Jeff 2017年11月30日. Tracking Board. 2018年4月16日閲覧。 Scott, Mike 2017年10月31日. Nola. 2018年4月16日閲覧。 N'Duka, Amanda 2017年11月30日. Deadline. 2018年4月16日閲覧。 Galuppo, Mia 2018年1月16日. The Hollywood Reporter. 2018年4月16日閲覧。 Kay, Jeremy 2018年8月14日. 2018年8月14日閲覧。 McNary, Dave. Variety. 2018年6月26日閲覧。 2018年11月26日閲覧。 2019年2月27日閲覧。 2019年2月27日閲覧。 シネマトゥディ. 2019年2月27日閲覧。 BBC. 2019年2月27日閲覧。 Forbes JAPAN. 2019年2月27日閲覧。 2018年9月16日. 2019年1月9日閲覧。 プレスリリース , Los Angeles, CA: , 2019年1月22日 , の2019年1月23日時点におけるアーカイブ。 , 2019年1月22日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• GreenBookMovie - (英語)• - (英語)• greenbookmovie - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)•

次の