クレジットカード 還元率 1 以上。 還元率1%以上で現金還元されるクレジットカードおすすめ5選

クレジットカードの還元率の計算方法を解説!ポイント付与率との違いは?

クレジットカード 還元率 1 以上

目 次• ランキング条件とカード選定基準を解説! まずはランキングの前に「どうゆう条件で絞ったランキングなのか?」という事を明確にしておきます。 いきなり「マイルが貯まるクレジットカード1位はこれ!」と言われても「なんで!?」って思いますよね! 「なぜ1位なのか?」という理由があった方が納得もしやすいと思います。 マイルが貯まるクレジットカードと言っても、マイルの貯まりやすさ(還元率)だけで選ぶのはちょっと微妙で、他にも重要な部分はいくつもあります。 例えば「マイル還元率はすごく高いけど年会費がかなり高い」というクレジットカードだったら必ずしもお得とは言えなくなります。 このようにクレジットカードは様々な要素が絡み合うので、トータル的に見て判断する方が絶対に良いです。 筆者が考える「マイルが貯まるクレジットカード」としてランクイン条件は、以下の項目を出来るだけ満たしているカードです。 ポイント(マイル)還元率• 年会費とマイル還元率のバランス• 買い物でのマイルの貯まりやすさ(提携店など)• 特典航空券必要マイル数・予約の取りやすさ• 入会キャンペーンのお得さ マイルが貯まるクレジットカードを選ぶ時に良く重要視される部分です。 ランキング条件に選ばれた理由は編集後記で解説しています。 カードを選ぶ基準 上記のランキング条件を当てはめて採点をするのですが、当てはめるカードの選定基準ですが、今現在の日本で「どの航空会社のマイルを貯めるのが良いか?」と聞かれた時の答えは以下の4社になります。 ANA• JAL• マイレージプラス (ユナイテッド航空)• デルタスカイマイル (デルタ航空) 上記4社以外のマイルを日本国内で貯めるのはあまりメリットがあると思えませんし、何よりマイルを貯める環境が少ないです。 上記4社のマイルを貯める事が出来る代表的なクレジットカードを1枚づつピックアップ、ランキング条件を当てはめて採点をしてランク付けをしていきます。 マイルが貯まるクレジットカードランキング ランキングの採点方法は、 1項目につき満点評価が1点で合計5点が最高得点 となり、点数の高い順となります。 採点の理由も解説していますよ。 【1位】JALカードSuica《4. 5点》 JALカードSuicaは「JALマイル」を貯める事が出来ます。 ランキング定義の項目 評価点 ポイント(マイル)還元率 1点 年会費とマイル還元率のバランス 1点 買い物でのマイルの貯まりやすさ(提携店など) 1点 特典航空券必要マイル数・予約のとりやすさ 0. 7点 入会キャンペーンのお得さ 0. 8点 5点満点中、合計で4. 5点です! 評価の解説 ポイント(マイル)還元率 基本200円で1マイルが貯まりますので100円で0. 5マイルの還元率0. さらにJR東日本へのお支払(定期券、乗車券、Suicaオートチャージ)でビューサンクスポイントも 1000円で6ポイント(還元率1%)貯まります。 このバランスなら不満はないので満点です。 5マイル(1. その他にもロハコやゾゾタウンでもボーナスマイルを稼ぐ事が出来ます。 メジャーなお店でボーナスマイルを稼ぐ事が出来るので買い物での貯まりやすさは満点です。 特典航空券必要マイル数・予約の取りやすさ 例えばハワイまでの特典航空券は、エコノミークラスで40000マイルです。 ANAのように3つのシーズンに分かれていないのはシンプルで分かり易いです。 マイレージプラスやデルタと比べるとかなり少ないマイル数で予約が出来ますし、長期連休などのハイシーズンでも40000マイルのままなので、ANAよりも少ないマイル数です! しかし、ANAと同じように特典航空券の予約を取るのはなかなか難しいです!自分の都合が良い日時となるとさらに難しいので、5000マイルから使える国内線を利用するか、eJALポイントに変えて航空券購入やツアーを購入するなどの使い方がメインになりそうです。 評価点は0. 7点ですね。 入会キャンペーンのお得さ JALカードSuicaは新規入会でポイント&マイルが貰えるキャンペーンを開催中です。 マイルは期間中にJAL便に乗らないと貰えませんので若干面倒です・・・JREポイントとはJR東日本グループの共通ポイントサービスです。 駅ビルのお店などで貯めたり使ったりする事が出来ます。 クレジットカードの入会特典で飛行機搭乗の条件があるのは少し微妙ですので0. 8点とします。 5000円(税別)でマイル還元率1~2%はかなり優秀だと思います。 デメリット カード自体にデメリットは無いと思います。 強いて言うとこのカードは直接マイルが貯まってしまいますのでマイルを獲得した時点からJALマイル有効期限3年がスタートしてしまいます。 例えば「まずポイントが貯まってそれをマイルに交換する」というスキームのカードなら「ポイントの有効期限+マイル期限3年」という感じで最大限に有効期限を使えます。 これが出来ないのはデメリットと言えばデメリットかもしれませんが、それでも3年はありますのでそこまで問題ないとも言えます。 JALカードSuicaはメジャーなお店との提携が多く、日々の支払いでJALマイルを1~2%還元率で効率的に貯める事が出来ます。 加えてJR東日本への支払い(定期券、乗車券購入、Suicaへのオートチャージなど)でも1000円で6ポイント(還元率1%)が貯まります。 Suicaオートチャージでポイントが貯められるという事はアップルペイの利用でもポイントを貯める事が出来ますので、これ以上ないくらいお買い物でマイル貯めるのに最適なカードです。 4点》 ANAアメックスはANAマイルを貯める事が出来ます。 ランキング定義の項目 評価点 ポイント(マイル)還元率 1点 年会費とマイル還元率のバランス 0. 9点 買い物でのマイルの貯まりやすさ(提携店など) 1点 特典航空券必要マイル数・予約のとりやすさ 0. 7点 入会キャンペーンのお得さ 0. 8点 5点満点中、合計で4. 4点です! 評価の解説 ポイント(マイル)還元率 基本100円で1ポイントが貯まり「1ポイント1マイル」なので還元率は1%となります。 またANAカード提携店で利用すると、別に100~200円で1マイルが貯まりますので1. 5~2%になる事もあります。 この還元率なら評価点は満点です。 年会費とマイル還元率のバランス ポイントをANAマイルに移行する時に年会費6000円(税金)の「ポイント移行コース」に加入する必要があります。 ただこれはANAアメックスのポイント期限が3年なので、3年目にマイルへ交換するようにすれば3年に1回の加入で済みますので、1年あたり2000円(税別)のコストがかかると考えれば良いです。 カード年会費が7000円(税別)なので、1年間のコストは合計で9000円(税別)となります。 1年間9000円でマイル還元率が1%なら悪くないと思いますが、ポイント移行に手数料がかかるのは少しだけ残念なので0. 9点とします。 買い物でのマイルの貯まりやすさ ANAカードは特約店があり、カード決済分のポイントとは別に100~200円で1マイルが貯まります。 特約店はセブンイレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、スターバックスなどのメジャーなお店が多いので効率よく貯められます。 評価点は満点とします。 特典航空券必要マイル数・予約の取りやすさ 例えばハワイまでの特典航空券だとすると、ANAの場合は3つのシーズンに分かれており真ん中のレギュラーシーズンだと40000マイルでローシーズンだと35000マイルとかなりお得になっています。 100円で1マイル貯まりますので350万円~400万円の利用分でハワイの特典航空券と変える事が出来ますね。 しかし、特典航空券の予約を取るのはなかなか難しいです!自分の都合が良い日時となるとさらに難しいので、5000マイルから使える国内線を中心に利用するか、ANAスカイコインに変えて航空券購入の足しや座席アップグレードなどの使い方がメインになりそうです。 評価点は0. 7点ですね。 入会キャンペーンのお得さ ANAアメックスの入会キャンペーンは大量のマイル&ポイントとなっています。 かなりお得な感じですが、獲得には条件があり、1ヶ月あたり17万円弱の利用が必要になりますのでハードルが高いです。 また、入会特典の内容は、通常のカード利用分のポイントも含んでのはなしなので、かなりの金額を利用しなければなりません。 難易度が高いという事で0. 8点とします。 000マイルはどこに行ける?」 ANAアメックスは現... カード維持コスト 年会費は7000円(税別)で、ポイントをマイルに移行するのに「ポイント移行コース」への加入が必要で年会費6000円(税別)がかかります。 しかし「ポイント移行コース」は3年に1回で良いので1年あたり2000円(税別)と考えて、1年間のコストは9000円(税別)です。 デメリット デメリットは特に無いと思います。 強いて言えば入会キャンペーン特典の獲得条件が「3ヶ月以内で50万円利用」と少しハードルが高い事くらいですが、色々な支払いをANAアメックスに集約すれば可能な金額だと思います! ANAアメックスは100円で1~2マイルを貯める事が出来るお得なカードです。 旅行が得意なアメックスの空港サービスや多彩な特典も付帯していて「旅行の為のカード」となっています。 マイルを貯めて旅行に行くならこの1枚で事足りる優秀なカードです。 ランキング定義の項目 評価点 ポイント(マイル)還元率 1点 年会費とマイル還元率のバランス 1点 買い物でのマイルの貯まりやすさ(提携店など) 0. 9点 特典航空券必要マイル数・予約のとりやすさ 0. 7点 入会キャンペーンのお得さ 0. 4点 5点満点中、合計で4点です! 評価の解説 ポイント(マイル)還元率 基本1000円の利用で5マイルが貯まりますので100円で0. 5マイルの還元率0. しかし年会費5000円(税別)の「マイルアップメンバーズ」というポイントアッププログラムに加入すると1000円で15マイルが貯まるようになりますので100円で1. 5マイルの還元率1. これはかなりお得だと思いますので評価点は満点です。 年会費とマイル還元率のバランス カード年会費は1500円(税別)で、 マイルアップメンバーズの 年会費が5000円(税別)なので合計6500円(税別)のコストで還元率1. このバランスはかなりお得ですので満点です! 買い物でのマイルの貯まりやすさ 買い物で貯まるマイルは通常利用で1. 75マイル(1. なかなかお得ですが、もう少し提携店があると最高!という事で0. 9点とします。 特典航空券必要マイル数・予約の取りやすさ マイレージプラスの特典航空券必要マイル数はANAやJALと比べると多い設定となっています。 例えばハワイですとANAは真ん中のクラスで40000マイルでしたが、マイレージプラスはセイバーで55000マイルとなっています。 予約が確実に取りやすくなるスタンダードだと120000マイルとなっています。 セイバーとスタンダードだと倍の違いがありますが、予約が取りやすくなるのなら最終手段としてありかなと思います。 マイレージプラスはマイルの有効期限が無期限です。 それと片道発券が可能なので27500マイルから発券も出来ます。 必要マイル数は少し多めですが予約が取りやすい方法があると言うのは希望が持てるのでよいですね。 7点とします。 入会キャンペーンのお得さ マイレージプラスセゾンカードは2018年4月現在、入会キャンペーンを開催していません。 近々開催される予定があるとの事です。 期待を込めて0. 4点とします。 カード維持コスト 年会費が1500円(税別)で「マイルアップメンバーズ」が5000円(税別)で合計6500円(税別)となっています。 6500円(税別)でマイル還元率1. 5~2%はかなり優秀だと思います。 デメリット デメリットは入会キャンペーンが無い事ですね。 ただし近々開催予定との事なので少し待ってみても良いかもしれませんが、年会費が1500円のカードなので豪華特典にはならないと思うので見逃してしまってもそれほど問題ないと思います! マイレージプラスセゾンカードはユナイテッド航空のマイレージプラスを効率的に貯める事が出来ます。 ユナイテッド航空はANAと同じ「スターアライアンス」に所属していて、ANAとは提携関係にありますのでマイレージプラスでANA便に乗ることも出来ます。 9点》 デルタアメックスはデルタスカイマイルを貯める事が出来ます。 ランキング定義の項目 評価点 ポイント(マイル)還元率 1点 年会費とマイル還元率のバランス 0. 8点 買い物でのマイルの貯まりやすさ(提携店など) 0. 8点 特典航空券必要マイル数・予約のとりやすさ 0. 5点 入会キャンペーンのお得さ 0. 8点 5点満点中、合計で3. 9点です! 評価の解説 ポイント(マイル)還元率 基本100円で1マイル貯まりますので還元率は1%になります。 海外では1. 還元率としても申し分ないと思いますので満点とします! 年会費とマイル還元率のバランス 年会費は26000円(税金)と高額になります!マイル還元率が基本1%である事を考えると少し割高になりますが、このカードは特殊で「デルタ航空上級会員資格」が付帯している事もあって高くなっているのです。 しかもかなりVIP待遇を受ける事が出来ますので、決して割高ではないなと感じます。 しかしマイル還元率とのバランスで見ると割高ではありますので0. 8とします。 買い物でのマイルの貯まりやすさ 日本国内のアメックス加盟店ならどこで使っても100円で1マイルを貯める事が出来ます。 しかしANAやJALのように「マイルプラス特約店」はありませんので、100円1マイル以上にはなりません。 買い物でのマイルの貯まりやすさという点では若干落ちますので0. 8点とします。 特典航空券必要マイル数・予約の取りやすさ スカイマイルの特典航空券必要マイル数はANAやJALと比べるとかなり多い設定となっています。 例えばハワイですとANAはレギュラーシーズン(真ん中のクラス)で40000マイルでしたが、スカイマイルは混雑度で6段階に分けられており最小で60000マイル、最大では10マイルを超えてきます。 ちょっと多すぎますよね・・・ しかし多いだけあって特典航空券の予約はANAやJALよりは取りやすくなっていて、マイルの有効期限もありませんので確実に予約を取る事は出来ます。 しかし6段階の中で高い設定になっている日が多いという話もありますので必要マイル数がイマイチ予想できません。 でも片道発券が可能なので30000マイル~発券が可能となっているのはメリットですね。 5点というところでしょうか。 入会キャンペーンのお得さ デルタアメックスゴールドの入会キャンペーンは大量のマイルプレゼントとなっています。 かなりお得な感じですが、過去の内容は「3ヶ月以内で30万円利用」という条件があり、1ヶ月あたり10万円の利用が必要になりますのでハードルはまあまあ高いです。 それと特典マイルの中には30万円利用の通常分ポイント3000Pも含まれるなど、若干ハードルは高めです。 という事で0. 8点とします。 カード維持コスト 年会費は27000円(税別)で、コストはこれだけです。 マイル還元率1%で有効期限無しのマイルプログラムと航空会上級会員資格をどう考えるだと思います。 決して安くはありませんが、もちろん他にも空港サービスや保険も充実していますよ! デメリット デメリットは年会費が少し高額な所です!しかし航空会社上級会員資格のサービス内容は目を見張るものがあり、ファーストクラス客並みの対応を受ける事が出来ますので空港でのストレスをかなり軽減できます。 高い年会費を払っても良いと思う価値がある特典だと思います。 SPGアメックスの特徴・おすすめポイント• 基本100円=1ポイント• SPGグループホテルで1ドル3ポイント• 複数社のマイルと基本1P=1マイルで交換出来る!• 1回で20000ポイント以上をマイルに交換するとボーナス5000ポイントが貰える (25000ポイント分のマイルに出来るので1. 高級ホテルグループの上級会員になれる (SPGグループゴールド会員、マリオット、リッツカールトンなど)• 毎年カード継続でSPGグループ1泊分の無料宿泊券• 入会キャンペーン特典で最大18000ポイント獲得可能!• アメックスゴールドの優待を利用• 海外旅行保険最高1億円• アメックスの社員保有率ナンバーワン! ボーナスポイント5000ポイントは見逃せない! 1回で20000ポイント以上をマイルに交換するとボーナスポイントが5000P貰えるので、マイル還元率が1. もし40000ポイントをマイルに交換するなら絶対に2回に分けないともったいないですよ。 1回で交換してしまったら10000ポイント貰えたところが、5000ポイントだけになってしまいますからね・・・ SPGグループゴールド会員 SPG参加のホテルで無料アップグレードやアーリーチェックイン、レイトチェックアウトなどの優待サービスを受ける事が出来ます。 入会キャンペーン最新情報 SPGアメックスの入会キャンペーン最新情報はコチラの記事をご覧ください。 ポイント(マイル)還元率• 年会費とマイル還元率のバランス• 買い物でのマイルの貯まりやすさ(提携店など)• 特典航空券必要マイル数・予約の取りやすさ• 入会キャンペーンのお得さ ポイント(マイル)還元率 ここは一番外せない所であり、まずは還元率が高くないと話になりませんので ランキング条件としました。 評価の基準は マイル還元率は1%以上です! 年会費とマイル還元率のバランス もし年会費が高ければいくら還元率が高くてもお得な気がしませんよね!まるで年会費でマイルを買っているような感じになってしまいますので年会費と還元率のバランスは大事なのでランキング条件にしました。 買い物でのマイルの貯まりやすさ マイルを貯める主な方法は以下の2つです• 「飛行機に乗ってフライトマイルを貯める」• 「クレジットカードのポイント(マイル)で貯める」 フライトマイルだけでまとまったマイルを貯めるには相当な数のフライトをしなければなりません。 フライトマイルだけで貯めるには、出張で頻繁に飛行機に乗るような方でなければ無理ですね。 そうなると「買い物で貯まるマイル」が重要になってきますので、いかに効率よくマイルを貯められる場所やお店があるかが重要なので、ランキング条件としました。 特典航空券の必要マイル数・予約の取りやすさ マイルを貯める目的は「特典航空券」がほとんどだと思います。 特典航空券は行き先が同じでも各航空会社によって必要マイル数は変わりますので、航空会社によって予約の取りやすさも変わってきます。 ランキング条件には大事な要素だと思います! 入会キャンペーンのお得さ クレジットカードを新しく作る時は「入会キャンペーン」が豪華なカードを選ぶとお得ですし、いきなりスタートダッシュで数万マイルを貯めるなんて事も出来ます。 今やクレジットカードの新規入会時は特典を貰えるのが普通になっていますのでランキング条件に加えました。 初心者はどの航空会社のマイルがおすすめ?選び方を解説! どの航空会社のマイルを貯めるか決めるには「マイルを貯めてどこに行きたいのか?」を決めるのが大事です。 なぜなら行き先が同じでも特典航空券の必要マイル数が変わるからです。 それに加えて「年間でどれくらいマイルを貯める事が出来るか?」が分かると選択するマイルが見えてきます。 例えば有効期限があるマイルを選択した場合に• 「年間で貯められるマイル数が少ない」• 「沢山のマイルが必要な行き先を目指している」 こんな条件だったとしたら、有効期限内に間に合わずに失効してしまう可能性が高くなってしまいますよね・・・ マイルを貯める上で 一番避けたいのはマイルの失効なので上記の条件で有効期限の有るマイルを貯めるのはリスクがありますね。 このように、行き先や貯められるマイル数が分かるとリスクを考えて航空会社を選択する事が出来るようになるのです。 「どこに行きたいのか?(必要マイル数)」• 「自分は年間でどれくらい貯められるのか?」 この二つが重要です。 では、この二つの条件であり得る状況を想定して理想的なマイルを解説します。 必要マイル数が多くて、年間で沢山マイルが貯められる この場合は、ANA、JAL、マイレージプラス、デルタスカイマイルのどれでも大丈夫ですが、おすすめはANA、JALですね。 年間に沢山のマイルを貯められるのが一番です! 必要マイル数が多くて、年間で少ないマイルしか貯められない この場合はマイレージプラス、デルタスカイマイルがおすすめです。 なぜなら有効期限が無期限だからです。 年間で貯められるマイルが少ないのでANA、JALだと有効期限が切れて失効する可能性が高くなってしまいます。 必要マイル数が少なくて、年間で沢山マイルが貯められる この場合は、ANA、JAL、マイレージプラス、デルタスカイマイルのどれでも大丈夫です。 おすすめはANA、JALですね。 年間に沢山のマイルを貯められるのが一番です! 必要マイル数が少なくて、年間で少ないマイルしか貯められない こんな方はマイレージプラス、デルタ航空がおすすめです。 カテゴリー• 304•

次の

JCB CARD W新登場!年会費無料でポイント還元率1%以上

クレジットカード 還元率 1 以上

目 次• ランキングの定義を決定!還元率以外も重要! まずはランキングを発表する前に「どうやって決まったランキングなのか?」という定義を明確にします。 クレジットカードは 還元率以外にも年会費やらポイント付与ルールやら、色々な要素が絡んできますので、還元率だけで判断するのはオススメしません。 例えばポイント還元率が高かったとしても、年会費が高額だったり、年会費を払ってポイントアッププログラムに加入している場合だと、カード利用額が多くないとあまりお得ではない場合が多いです。 それとポイントには「ポイント付与ルール」もあり、カードによってかなり差があるし、ポイントロスが多くなりやすいルールのカードもあります。 このように、様々な要素を組み合わせてみて最終的な「還元率」を考えた方が良いです。 筆者が考える「還元率が高いカード」としてランクイン出来る条件は、以下の項目を出来るだけ満たしているカードだと思っています。 年会費無料• 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ• ポイント付与ルール• ポイントの利便性• 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 全てを兼ね備えていたら「還元率が高いカード」です! それでは上記の項目に評価点を付けながら高得点順にランキング付けをします。 還元率の高いクレジットカードランキング ランキングは 1項目につき満点評価が1点で合計5点が最高得点です。 評価点の理由も解説していますよ! 【1位】楽天カード《4. 85点》 ランキング定義の項目 評価点 年会費・ETCカード年会費 0. 85点 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 1点 ポイント付与ルール 1点 ポイントの利便性はどうか? 1点 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 1点 5点満点中、合計で4. 85点です!ヤフーカードと同率です。 評価の解説 年会費・ETCカード年会費 クレジットカードは年会費無料ですが、ETCカード年会費は500円(税別)がかかります。 ただ、楽天ポイント会員ランクでプラチナ・ダイアモンドになると無料となりますので、0. 85点です。 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 基本還元率は1%で文句なしです。 特定のシーンでは楽天関連サービスでの還元率が高く、楽天市場ではいつでも4%還元です!他には楽天トラベルや楽天ブックスでもお得に利用が出来ます。 還元率の高さは文句なしな ので1点です ポイント付与ルール ポイント付与ルールは「月の合計利用額に対して100円で1ポイント」で100円未満は切り捨てとなっています。 これは理想的なポイント付与ルールですので1点です。 ポイントの利便性 貯まるポイントは楽天ポイントなので楽天市場やその他街のお店などでも使えて利便性はまあまあ高いです。 Tポイントなどに比べると提携店の数は落ちますし、最近ではサークルKがファミマに合併吸収されてTポイントになってしまいましたが、デイリーヤマザキと提携したり、コスモ石油、大戸屋などがふえるなど順調に増えてきています。 しかも電子マネーの楽天Edyに1ポイントを1円分としてチャージ出来ますので楽天Edyの提携店も視野に入ってきます。 それなら利便性は問題無いと言えますので1点とします。 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 入会キャンペーンは「最大8000円相当のポイント」です。 獲得条件はカードに新規入会&利用(1円以上でOK)とかなり簡単に獲得する事が出来ます。 しかし、デフォルトは5000ポイントとなっていて数カ月スパンで7000~8000円相当にアップします! ライバルカードと比べると特典ポイント数が少ないのと、ポイントアップのタイミングが数カ月スパンという事を考えると、少し寂しい気がします・・・獲得も簡単だしお得ですけどね。 ポイントは楽天サービス以外の提携店でも使えます。 入会特典のポイントの一部の期間限定ポイントは楽天Edyにチャージする事が出来ませんので、すこし不便ですが、楽天ペイで使えますので1点とします。 8点》 ランキング定義の項目 評価点 年会費・ETCカード年会費 1点 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 1点 ポイント付与ルール 0. 9点 ポイントの利便性はどうか? 1点 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 0. 9点 5点満点中、合計で4. 8点です!かなり優秀です! 評価の解説 年会費・ETCカード年会費 クレジットカード・ETCカード年会費ともに完全無料なので満点です。 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 基本還元率は1%で問題ないです。 入会特典として3ヶ月間はポイント4倍(2%)で利用出来ますのでこれは嬉しいですね! 特定のシーンではJCBオリジナルシリーズパートナー(セブン、スタバ、イトーヨーカドーなど)の利用でポイント2倍~10倍に! ポイントアップサイトのOki Dokiランドを経由してAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどを利用すれば、0. 5%になります)かなりお得に使えますので満点とします。 ポイント付与ルール ポイント付与ルールは「月の合計利用額に対して1000円で1ポイント」となっています。 1000円未満は切り捨てになりますので、最大で900円分のロスが出ます。 影響は大した事はありませんが、100円につき1ポイントのクレジットカードもありますので、それに比べると切り捨ての金額が大きくなりますので0. 9点とします。 ポイントの利便性 他社ポイントならnanacoポイントが還元率1%で交換出来ます。 nanacoはセブンイレブン以外でも使えるお店が 意外と多いので何かと便利です。 利便性の高いJCBギフトカードとの交換も還元率1%ですが、最低必要ポイント数が1000ポイント以上と多めなのが気になります。 しかし利便性と言う面では問題ないので満点としました。 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 入会キャンペーンは「JCBギフトカード&キャッシュバック」「ポイント4倍」とめちゃくちゃお得です。 これは正直言って5人も紹介するのは大変だと思います。 全ての特典を簡単に獲得するのが難しいので少し微妙ですが、ポイント4倍特典がありますので0. 9点とします。 デメリット• 入会キャンペーン特典の獲得条件が難しい(筆者の見解です)• 39歳までしか申し込めない 入会キャンペーン特典の獲得条件が難しい事に関してですが、これは完全に筆者の個人的な意見になります・・・人によっては簡単という場合もありますのでデメリットではないかもしれません。 39歳までしか申し込み出来ないことに関してですが、申し訳ありませんがこればっかりはどうしようもありません。 もし40歳以上の方でしたら筆者が個人的におすすめしているクレジットカードの記事がありますので、そちらも参考にして頂ければと思います。 6点》 ランキング定義の項目 評価点 年会費・ETCカード年会費 0. 9点 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 1点 ポイント付与ルール 0. 9点 ポイントの利便性はどうか? 0. 9点 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 0. 9点 5点満点中、合計で4. 9点とします。 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 基本還元率は1%を超えて1. 特定のシーンではリクルートサービス(じゃらん、ホットペッパー、ポンパレモールなど)で還元率3. 2~4. 旅行、ディナー、美容、通販などでこの還元率なので満点とします。 ポイント付与ルール ポイント付与ルールは「月の合計利用額の1. 小数点以下は切り捨てになりますが、ロス分の影響は大した事はありません。 しかし「100円につき1ポイント」が理想的だと思っていますので0. 9点とします。 ポイントの利便性 リクルートポイントは、共通ポイントのポンタポイントと相互交換が出来ますのでローソン、ゲオ、ケンタッキー、シェルなどで利用が可能です。 もちろんじゃらんやホットペッパー、ポンパレモールなどのリクルートサービスでも1ポイント1円として使えます。 利便性は基本的に問題ありませんが、ポンタポイントはライバルのTポイントに比べると利用出来る店舗が少ないですし、通販のポンパレモールも楽天市場やヤフーショッピングに比べると品数が少ないので、0. 9点とします。 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 入会キャンペーンは「最大10000円相当のリクルートポイント」です。 獲得条件はカードに新規入会&利用、携帯代支払い設定とかなり簡単に獲得する事が出来ます。 しかし、特典はリクルートポイントでこのポイントはポンタポイントと交換は出来なくてリクルート関連サービスでしか使えません。 リクルートサービスでも十分に消化できると思いますが、すこし不便なので0. 9点とします。 デメリット• 入会キャンペーン特典ポイントがリクルートサービスでしか使えない。 リクルートポイントを使うなら一番利便性が高いのはポンパレモールです。 クレジットカードは0. 5点》 ランキング定義の項目 評価点 年会費・ETCカード年会費 0. 8点 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 1点 ポイント付与ルール 0. 8点 ポイントの利便性はどうか? 1点 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 0. 9点 5点満点中、合計で4. 5点です! 評価の解説 年会費・ETCカード年会費 クレジットカードの年会費は無料ですが、ETCカード年会費が500円(税別)かかりますので0. 8点とします。 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 基本還元率は1%で文句なしです。 特定のシーンではヤフー関連サービスでの還元率が高く、特にヤフーショッピング・ロハコではいつでも3%還元です!ヤフーショッピングの商品点数は2. 8億商品以上と、今や楽天市場にも負けず劣らずのネットショッピングとなっています。 また、ソフトバンクユーザーの場合は「ヤフープレミアム会員」の資格が与えられ、さらにポイントがプラス4倍となり、 さらに「ソフトバンクユーザー特典」としてポイントがプラス5倍の合計で最大12倍となります。 カード還元率の高さでは文句なしなので満点です。 ポイント付与ルール ポイント付与ルールは「会計毎に100円で1ポイント」で100円未満は切り捨てとなる為、細かい買い物が多いとロスが多くなってしまいます。 そんなに大きなロスになる事はありませんが「月の合計利用額に対して」が理想なので0. 8点とします。 ポイントの利便性 貯まるポイントは、共通ポイントナンバーワンのTポイントなので利便性は抜群です。 全国に76万店弱のお店があり1ポイント1円で利用する事が出来ます。 提携店はファミマ、サークルK、ツタヤ、ロッテリア、吉野家、ガスト、エネオスなどなどメジャーなお店が多いのが特徴です。 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 入会キャンペーンは「最大10000円相当のTポイント」です。 しかし、特典のTポイントはヤフー関連サービス(ヤフーショッピング、ヤフートラベル、GYAO! )でしか使えません。 ヤフーショッピングはどんなものでも売っていますので消化するのに困らないと思いますが、すこし不便なので0. 9点とします。 4点》 ランキング定義の項目 評価点 年会費・ETCカード年会費 1点 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 0. 9点 ポイント付与ルール 1点 ポイントの利便性はどうか? 1点 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 0. 5点 5点満点中、合計で4. 7点です! 評価の解説 年会費・ETCカード年会費 クレジットカード・ETCカード年会費ともに完全無料なので満点です。 基本還元率1%以上&特定のシーンの還元率の高さ 基本還元率は1%で問題ないです。 入会特典として6カ月間はポイント2倍(2%)で利用出来ますのでこれは嬉しいですね! 特定のシーンではオリコモールを経由してAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどを利用すれば、0. (Amazon利用は合計で2%になります) ポイントアップモールはどのクレジットカードでも基本的にありますので珍しくはないという事で0. 9点とします。 ポイント付与ルール ポイント付与ルールは「月の合計利用額に対して100円で1ポイント」となっていて、100円未満は切り捨てになりますが、まったく影響はありません。 もっとも無駄の無い理想的なルールなので満点です。 ポイントの利便性 Amazonギフト券、nanacoギフト、楽天ポイント、Tポイント、ポンタポイントなどに1ポイント1円(還元率1%)で交換できるので利便性が高いです。 またAmazonギフト券などはリアルタイムで交換が出来ますのですぐに利用する事が出来て便利です。 ポイント利便性は理想的なので満点です! 入会キャンペーンのお得さ・獲得のしやすさ 入会キャンペーンは最大8000円相当のオリコポイントがもらえますが、特典が細かく分かれていて「リボ10万円以上の利用で2000ポイント」という特典があります。 リボに抵抗がある方には獲得が難しいですし、他にも 特典獲得条件が多いのと、ポイントが貰えるのがかなり後なのでお得さが少し薄れてしまいます。 よって0. デメリット• 入会キャンペーン特典の獲得条件が多い(難しい)&特典が貰えるのがかなり後(筆者の見解です)• ポイント有効期限が1年と短い• 旅行保険が付帯していない 入会キャンペーンに関してはポイントが貰えるのがかなり後になってしまいますが、それでも年会費無料カードを作って8000円相当分のポイントはかなり大きいので、そこは頑張っていきましょう! ポイント期限に関しては交換が500ポイントからなので、年間の利用額が極端に少ないと失効してしまう可能性がありますが、年間で5万円以上を利用すれば問題はありません。 国内旅行保険が気になる方は年会費無料で自動付帯になっているレックスカードなどを作っておけばそれでカバーが出来ますよ! オリコカードザポイントは年会費無料カードの中で、交換出来る他社ポイントの選択肢が一番多いです。 カード年会費&ETCカード年会費 これは、今や無料が当たり前になりつつあり「無料で高還元率」と言うカードが普通にありますので、出来るだけ無料を選ぶべきです! しかしカード還元率は無料でも、ETCカードは年会費または発行手数料が有料というカードは意外とありますのでその辺りで評価点が上下します。 基本還元率&特定のシーンの還元率の高さ 基本還元率とは利用するシーンを問わない還元率の事で、そのクレジットカードの実力を測る指標となります。 しかし、多くのクレジットカードは「提携店」があったり、自社サービスの利用促進目的でその会社が発行していたりなど、特定のシーンで還元率が高くなる事がほとんどです。 まったく利用する事が無いお店でお得になっていても意味がありませんので「どんなシーンでお得なのか?」は大事な部分です。 クレジットカードの還元率は0. ポイント付与ルール 表向きの還元率ばかりに目が向いてしまいますが、実は還元率のお得さを測るには「ポイント付与ルール」も大事な要素となります。 「ポイント付与ルール」とはいくらで何ポイント付くのか?のルールの事で、カードによって異なり主に• 「会計毎に対して」• 「月の合計金額に対して」 の2パターンがあります。 だいたいですが、ポイント対象となる金額は最小で100円となり「会計毎に100円で1ポイント」と言う感じになります。 そして必ず切り捨てられる分が出てきますのでポイント対象金額は出来るだけ最小(100円)となっている物が望ましいです。 理想条件は「月の合計金額に対して100円で1ポイント」なので、これを評価基準とします。 ポイントの利便性はどうか? やはりどれだけポイント還元率が高かったとしてもポイントが使いにくかったら全然意味がありません。 ポイント価値を落とさずに出来るだけ選択肢が多いと最高です。 一番理想なのは価値を落とさずに現金に換えることで、利用金額に充当(キャッシュバック)はまさにそれですが、それが出来るクレジットカードは少ないです。 他には商品券も現金に近いのでなかなか良いですが、 ほとんどがポイントになりますので「現金に近い」と言えるくらい使い道が広いポイントもいいですね。 「選択肢の多さ」を評価基準とします。 入会キャンペーンのお得さ 入会キャンペーンは新しくクレジットカードを作るなら絶対にお得なキャンペーンを受け取りたいですね。 最近はお得なキャンペーンを開催しているカードも多いですが、表面的な数字はお得に見えても、実は特典獲得条件が難しい、厳しいや、とにかく細かすぎてメンドクサイ場合もあったりとイマイチお得ではないと感じるキャンペーンもあります。 「獲得が簡単か?」「お得か?」の二つを評価基準としますが、お得は5000円以上獲得出来るかを基準にします。 まとめ 今回のランキングは「年会費無料カード」と言う条件に加えて、以下の条件を加味したランキングです。

次の

還元率1%以上で現金還元されるクレジットカードおすすめ5選

クレジットカード 還元率 1 以上

そもそもポイント還元率とは? ポイント還元率とは、「クレジットカードを利用した際に貯まるポイントを交換した場合、カードで支払った額に対して、いくらの価値が得られるか」の値のことです。 つまり、「1ポイント当たり何円の価値があるか」を表しています。 ポイント付与率とポイント還元率の違いに注意! ポイント付与率とは、 クレジットカードの利用額に対していくらのポイントが貯まるかという割合です。 ポイント還元率は、 ポイントを何かに交換したときの価値の事ですが、混合しやすいため注意しましょう。 ポイント還元率…カード利用額に対して、何円分と交換できるか• ポイント付与率…カード利用額に対して、いくらのポイントがつくか ポイント付与率の計算 ポイント付与率の計算方法は以下のようになります。 0%、ポイント付与率は1. 0%です。 ポイント還元率の計算方法 ポイント付与率の計算方法が分かったところで、本題のポイント還元率の式を確認しましょう。 ポイント還元率の計算方法は以下のようになります。 ポイントの価値とは? ポイントの価値とは、「1ポイントがいくらで使えるか」を表したものです。 例えば1ポイント=0. 5円で使えるカードよりも、1ポイント=1円で使えるカードの方がポイントの価値は高くなります。 ポイントの価値の計算方法は以下の通りです。 ポイント還元率を計算してみよう ポイント還元率を計算する流れは以下の通りです。 何円単位でポイントが付与されるのか確認する• ポイントの還元率を計算する 1. 何円単位でポイントが付与されるのか確認しよう クレジットカードのよっていくらの利用でポイントが付くのか異なります。 一般的には「100円で1ポイントつく」か「1000円単位で付与されるか」のどちらかです。 100円でポイントが付与されるカードの場合、ポイント還元率はポイントの価値を計算するだけでOKです。 ポイント還元率を計算する ポイント還元率の計算式は以下の通りです。 楽天カードの還元率を計算 楽天カードは100円の利用で1ポイント貯まり、1ポイント=1円で利用できるため、還元率は以下のようになります。 なお、ポイントの価値は1ポイント=1円を公式サイトで発表されているため、自分でポイントの価値を計算する必要はありません。 0%(ポイント還元率) よって、楽天カードのポイント還元率は1. 0%です。 JCBカードの還元率を計算 JCBの一般カードは、1000円の利用ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。 しかし、Oki Dokiポイントは1ポイントの価値がいくらなのか統一されていないため、自分で1ポイントの価値を計算する必要があります。 例えば、JCBギフト券5000円に交換する場合、1050ポイントが必要になります。 48% つまり、JCBギフト券に交換する場合は、100円で0. 48円が還元される計算になります。 還元率によってどれくらい変わるのか ポイント還元率は通常0. 5%、高還元率カードは1. 0%以上です。 こう見ると大差ないように見えますが、その差は2倍です。 例えばクレジットカードで100万円使った場合のポイント付与率は以下の通りです。 還元率0. 5=5000円 還元率1. 0=1万円 100万円買い物して5000円分戻ってくるか、1万円戻ってくるかと考えると大きな違いですよね。 年会費が高ければ還元率が高いわけではありません。 年会費無料でもポイント還元率1. 0%以上のカードはたくさんあります。 クレジットカードを還元率で選びたい!という方は還元率1. 0%以上のカードから選びましょう。 還元率1. 0%以上のカードは高還元率カード! 通常のポイント還元率は0. 5%ですが、高還元率と言われるカードは還元率1. 0%以上です。 ここからはポイント還元率が常に1. 0%以上のクレジットカードをご紹介します。 Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント).

次の