アブに刺された時。 アブに刺されたときの症状や対処法!病院には行くべき?

アブって刺す?刺さない?噛むって本当?つける薬はある?

アブに刺された時

アブとブヨの違い アブとブヨでは見た目も刺された時の対処方も違ってきます。 間違った対処をすることにより治りが遅くなってしまう恐れがあります。 アブとブヨの違いを次の章からそれぞれ紹介していきます。 アブとは? アブの体長は約2センチで体の色はハチに似て黒と黄色の色をしてます。 アブの活動時期は6月~9月で気温18度~30度といわれていて家畜の豚や牛そして人を刺すことがあります。 生息場所は土中、水中で主に森林、川、湿地帯に多くいます。 アブから身を守るには アブから身を守る方法を説明します。 アブが多く発生しそうな場所に行く際には気温が高く暑くても長袖、長ズボンを着用するようにしましょう。 特に足、足首、膝が露出する服装は避けましょう。 アブは脚周辺を狙って刺す習性があります。 アブを駆除するには アブはハエ科の虫にあたります。 ですのでアブを駆除する場合には殺虫スプレーでもハエを殺虫できるスプレーを使いましょう。 アブに刺された時の対処法 アブに刺されると強い痒みと蚊に刺された時のように皮膚が赤く膨れ上がります。 人にもよりますが長いとその症状が3週間程続く場合があります。 刺された直後は刺された場所を水で洗い冷やすことをおすすめします。 決してシャワーやお風呂などで温めることはしてはいけません! アブは毒を持っていないので幹部を冷やした後に市販の虫刺されの薬、ムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの抗ヒスタミン軟膏の薬を塗るようにしましょう。 スポンサーリンク ブヨとは? ブヨの体長は約3~5ミリとアブに比べ小さく小バエに似ています。 ブヨは体の色は黒くお尻が真ん丸な形なのが特徴といえるでしょう。 ブヨの活動時期は3月~10月で気温の低い朝と夕方に活動します。 日中の気温の高い時間はあまり活動しないですが、曇りや雨などで気温が上がらない直射日光を受けない状況であれば朝、夕関係なく活動するといわれています。 生息場所は川の近くや森林に多くいます。 ブヨから身を守るには ブヨから身を守る方法を紹介します。 ブヨはハチと同じように黒い色に寄ってくる習性があります。 ですのでなるべく黒色の服装は避け明るい色 イエロー・オレンジ などの色の服を着るようにしましょう。 また、アブ同様になるべくアブがいる場所や朝夕の活動時間帯は長袖、長ズボンを着用することをおすすめします。 ブヨに刺された時の対処法 ブヨは単独ではなく集団で刺してくる場合が多いです。 ですので刺される時には複数個所刺される恐れがあります。 刺されると皮膚が赤く膨れ上がります。 酷い場合だと水膨れの様になる場合があります。 水膨れの様になってしまった時には専門医に早目に行く必要があるといえます。 人にもよりますが症状が消えるまでには一ヶ月程掛かる場合があります。 ブヨは毒を持っています。 ブヨに刺された直後は毒素を抜いて幹部を温めましょう。 何故かというとブヨの毒は熱に弱いといわれているからです。 ブヨが多く発生する場所に行く際には事前にポイズンリムーバーを用意していくことをおすすめします。 刺された後に塗る薬はアブの時と同様で抗ヒスタミン軟膏のムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの塗り薬を塗るようにしましょう。 虫よけ対策も必要 事前にアブやブヨ、蚊が多くいそうな場所に行く際には虫よけ対策も必要です。 虫よけスプレーや蚊取り線香、今では電池式の虫よけグッズなども販売されています。 また、ブヨに関してはハッカのニオイを嫌うようですのでハッカの香りのする虫よけグッズを用いるのも手ですね! 刺されてしまう前に刺されないように対策する方が後々の為にも良いと思います。 まとめ 今回はアブとブヨの違いと刺されないように予防策と刺された時の対処法を紹介しました。 アブとブヨ、どちらも刺されたら痛い、痒いと不快な思いをするのは嫌ですからね! アブやブヨ、蚊などが多くいそうな場所に行かれる際は予防と刺された時に対処できるよう事前準備をして行きましょう。 今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の

虫(ハチ・アブ・ヒル)刺されの予防と対策。刺された時の処置

アブに刺された時

アブの出やすい時間・場所・時期 アブは早朝や夕方に出ることが多いです。 川や湖などの水辺、牛や馬のいる牧場などでよく出ます。 また7月の下旬ごろの一番暑い時期、2週間程の間によく見られます。 アブは動きが早く、首や背中などを狙って刺してきます。 叩いてもなかなか死なないので、エアゾール系の殺虫剤を吹き付けるのが効果的です。 具体的には、キンチョール、フマキラー、アースジェットなどは即効性と致死効果が高いので、すばやく対処できます。 夏場に水辺や湿地帯に出かける際には、持参しておくと安心ですね。 また携帯できる蚊取り線香、蚊よけスプレーなどを併用すれば、さらに虫除けの対処方法として効果的です! アブに刺された時の症状 アブに刺されると、ちくっとした痛みが走ります。 蚊などとちがうのは、アブの場合は皮膚を切り裂いて流れ出た血を吸うところです。 切り裂いて血を吸うなんて、ほんとに怖くて迷惑な虫ですね。 噛まれた部分はすぐに腫れあがり、強いかゆみが起こり出血もします。 時間とともに水ぶくれができたり、化膿したり、熱が出る場合もあります。 体質にもよりますが、かゆみや腫れの症状は 2~3週間続くこともあります。 完治するまでの期間は個人差はありますが、この時の対処法さえ間違わなければ重症化しません。 次はアブに刺された時の、正しい対処法をみてみましょう。 アブに刺された時の正しい対処法 まずその場からすぐに立ち去ってください、ハチのように多数で襲ってくることもあります。 その後、刺されたところをきれいに洗い流します。 傷口にはアブが注入した血が止まらなくなる成分が入っているので、傷から絞り出します。 そうすると、止血もしやすくなります。 止血したあとは傷口を冷やしましょう。 冷やすことでかゆみもおさまり、腫れもひどくならずにすみます。 冷やしたタオル、保冷材などで患部をしっかり冷やしてください。 短時間冷やすのは血管を収縮させるので、一時的にかゆみを抑えるのに効果があります。 しかし10分以上冷やし続けると、血管が元にもどったときにかゆみも戻ってくるので、長い時間冷やし続けるのはやめましょう。 また傷口を爪で引っ掻いてしまう、とでとびひなどの二次感染を引き起こしてしまいます。 患部を直接触らないよう、ガーゼなどで保護してください。 念のため早めに病院で診てもらうと安心ですよ。 市販薬を応急処置に使う時はなにがいい? 先ほどお話したように、刺されたときは早期の対応が最も大事です。 応急処置を行った後は、すぐに市販薬を使いましょう。 以下の軟膏タイプの薬が効果的です。 ・ベトネベートN(第一三共ヘルスケア)(第2類医薬品) ・フルコートf(田辺三菱製剤)(第2類医薬品) ・ムヒアルファEX(池田模範堂)(第2類医薬品) だいたいの虫刺されの薬には、ステロイド成分の入った「抗ヒスタミン剤」が含まれています。 かゆみや炎症を抑え、傷口の可能も防いでくれます。 ですが市販薬の効果は病院で処方される薬と比べると効き目が弱いです。 応急処置としてすぐに市販薬を使い、早目に皮膚科の病院で症状に合わせた薬を処方してもらってください。 アブに刺されないための予防策 刺される前にできる予防策も、しっかり心得ておく必要があります。 最後にその予防策についてお話しますね。 虫よけスプレーを使う場合は、傷口や目の周りにつかないように気をつけてください。 汗をかいたり、濡れたときは早めに塗り直してくださいね。 特に子どもの場合は手につけたときに目をこすったりしないように注意が必要です。 家に帰ったら、石けんできれいに薬の成分を洗い流しましょう。 まとめ 今回はアブに刺されたときの対処法や、予防策についてのお話でした。 いかがでしたか?少しでもお役に立てたなら嬉しいです。 夏は川や海など、何かと水辺に近づくことが多くなりますね。 楽しい思い出のはずが、虫に刺されて痛い思いをしてしまってはつらすぎますよね。 運悪く刺されてしまった時の対処はもちろんですが、まずは刺されないように心がけましょう。 アウトドアレジャーを満喫できるよう、しっかりと虫対策をしてくださいね。

次の

虫刺されでアブの時の症状や対処法!薬のオススメや注意点も!

アブに刺された時

アブとは 日本全国に生息しており、7月~9月の夏場に活動的になるといわれています。 雑木林や渓谷など、水のある所に生息しているほか、糞尿がある不衛生な場所にも多くみられるようです。 このため、川遊びや渓谷で釣りをする場合はアブに遭遇する確率が高くなるため、十分に注意しましょう。 また、アブの習性として糞尿に産卵する種類もいるといわれています。 このことから牧場や家畜施設にもアブは現れる可能性があります。 アブの中には哺乳類の血を吸って生息している種類もいるので人間、動物ともに刺されないよう対策することが大切です。 蚊は気づかないうちに刺されていることの方が多いですが、アブは「刺す」というよりは皮膚を「噛み切る」という表現のほうが近く、激しい痛みを伴って刺されます。 そして激しいかゆみを伴い、場合によっては赤く腫れあがり、かゆみが長引くこともあります。 アブの生態 アブは全体的に黒い色をしています。 腹部に黄金色の独特の模様があり、成虫で約2センチ前後の大きさをしています。 アブにも様々な種類が存在し、その種類によって好むエサも変わってきます。 哺乳類の血が好きなアブ、人間を含む動物の糞尿や昆虫が好きなアブなど、様々な種類のアブが存在します。 アブの習性として吸血するアブは「メス」のみです。 メスは産卵のときたんぱく質を必要とするため、生き物にまとわりつき吸血しているのです。 吸血する時間も3~10分前後と、とても長い間吸血するといわれています。 春になると花粉をエサとする「ハナアブ」などが様々な植物に飛びまわることで受粉の手助けをしています。 アブのメスは一度に100~1000個の卵を湿った土や、水中植物で産卵します。 ほとんどのアブは幼虫の期間に越冬し、春になるとサナギとなります。 3週間前後でサナギから成虫へと成長し、アブの寿命は10~30日前後と、とても短い一生なのです。 アブの習性 アブに刺される人と、刺されない人の違いは何かあるのでしょうか?よく言われているのは、アブは匂いに反応して獲物を探す習性があることから柔軟剤の香りのする人に寄り付く傾向があるようです。 また黒や紺色の服を着ている人に寄っていく傾向があり、明るいオレンジなどの色には近づかないというのがアブの習性のひとつです。 アブは湿度のある場所や車の排気ガスが好きだと言われています。 雨の日や湿度の高い梅雨の時期はとくに注意が必要です。 キャンプ場などで車のエンジンをかけたまま昼寝をしていると、アブが車の中に入ってきてしまう可能性もあるので気を付けましょう。 アブはお酒の臭いにも敏感で、飲酒した人を襲う傾向にあります。 梅雨時にアウトドアをするなんてことはアブにとっては絶好の環境なので、長そでを着たり、殺虫スプレーを使用するなどして十分に注意しましょう。 アブが人間にもたらす害は? 先ほども少しお話したように、アブは皮膚を「刺す」というより「噛みちぎる」という表現が近いようです。 アブの習性として、チクっと一瞬刺すのではなく皮膚を切り裂いてそこから流れる血を吸う、という恐ろしい生き物です。 実際にアブに噛まれると鋭い痛みを伴い出血します。 そして噛まれた皮膚が腫れあがり、猛烈なかゆみが襲ってきます。 このかゆみや痛みは、大人であっても耐えられないほどなので非常に厄介です。 一度腫れあがった皮膚はなかなか治らず、場合によっては約1か月も長引くこともあるようです。 かゆみに耐えられず掻きむしってしまうと傷が悪化するばかりか、皮膚炎を起こすことも考えられます。 掻きむしることで患部からとびひし、二次被害に発展する可能性もあるので蚊とは比べものにならないくらい厄介な害虫なのです。 アブに噛まれたら、病院へ行くことをおすすめします。 特に小さなお子様や高齢の方はアブの毒に対して抵抗力が低いため、症状が重くなることも考えられます。 健康な成人であっても傷口が化膿したり、リンパに炎症を及ぼしたりと、予想できない事態に発展することもあります。 蚊と違っていつまでもかゆく、赤く腫れあがるといった症状がある場合は早めに受診し、薬を処方してもらいましょう。 アブ対策 まずはアブが生息していそうな場所にはむやみに近づかないことが重要です。 アウトドアなどをする場合は、夏場でも長そで、長ズボンを履くことをおすすめします。 ただアブの習性として、長そでを着ていても服の上から噛むことが考えられます。 厚手の洋服を着ていてもその上から噛まれる場合があるので、完全に防備できるかといえばそうではありません。 半そでを着ているよりは、長そでの方が……くらいに思っておいた方がいいかもしれません。 市販の殺虫スプレーを使うのもいいですが、アブに絶大な効果を発揮すると言われているのは「ハッカ油」です。 アブなどを含む多くの害虫はハッカやミントの臭いを嫌います。 その習性を活かしてハッカ油スプレーを作って持参するとよいでしょう。 作り方も簡単で、準備するものはハッカ油(薬局などで入手できます)、消毒用エタノール(薬局で入手可能)、水、スプレー容器(ポリスチレン製は避ける)の4つのみ。 まずはスプレー容器に消毒用エタノールを12~13mlほど(無水エタノールを使う場合10ml程度)入れ、そこにハッカ油を3ml(約60滴)加えます。 そこに合計が100ml程度になるよう、水を加えて混ぜ合わせましょう。 しっかり混ざり均一になれば完成です。 このハッカ油スプレーをアブから守りたい皮膚や衣類に直接スプレーします。 材料費も安く、手軽で効果抜群なので、アウトドアへ行く際はぜひこのハッカ油スプレーを持って万全に対策しましょう。 なお日持ちするのは7~10日程度なので、基本的に作り置きせず使うたびごとに混ぜ合わせることをおすすめします。 まとめ 蚊に刺された時と違って、アブは噛まれるとかゆい思いをするどころか、痛みを伴い非常にツライ思いをします。 そうならないためにも、できればアブがいそうな場所には近づかないのが賢明ですが、キャンプやバーベキューに行く場合は、ハッカの香りが嫌いというアブの習性を利用して、ハッカ油スプレーなどで十分に対策をしてから出かけるようにしましょう。 万が一、アブに噛まれたら病院へ行って受診することも大切ですが、身近にアブが生息している可能性がある場合は衛生害虫駆除業者にいちど相談してみてはいかがでしょうか。

次の