渥美 清。 監督・スタッフ|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト

渥美清

渥美 清

渥美清経歴名前:田所康雄(たどころ やすお) 別名義:風天(俳号) 生年月日:1928年3月10日 没年月日:1996年8月4日 享年:68歳 出身地:東京府東京市下谷区(現:東京都台東区) 身長:169 cm 血液型:B型 職業:俳優、コメディアン 活動期間:1951年 — 1996年 結婚歴:あり 著名な家族: (父)田所友次郎 (母)田所タツ (兄)田所健一郎 (長男)田所健太郎 引用: 生い立ち 渥美清さんは、「男はつらいよ」で下町生まれの フーテンの寅さんを演じましたが、ご自身の出身も都内の下町 (現・東京都台東区上野七丁目)に生まれました。 浅草寺や隅田川花火大会で有名ですよね。 父親は新聞記者、母親は元小学校教諭という家庭に生まれ 兄弟は兄が一人います。 渥美清というのは芸名で、本名は田所康雄(たどころ やすお)さんといいます。 渥美清の印象が強いため、違和感があります。 こちらも意外な本名です。 学歴 渥美清学歴1934年11月 板橋尋常小学校 1936年 志村第一尋常小学校(転居のため転校) 1940年 板橋城山高等小学校 1942年 巣鴨中学校 戦前、戦時中ということで、日本は混乱期にありました。 小学校代の渥美清さんは栄養のある十分な食事がとれなかった子供を意味する 欠食児童でした。 そのためか、病弱で小児腎臓炎、小児関節炎などの 病気に苦しんだそうです。 この病気のせいで小学校は欠席が続き、 少年時代の渥美清さんは自宅でラジオを聞いて 一日を過ごしていました。 大好きで聞いていた落語を病気明けに小学校で披露すると クラスメイトからは大好評でした。 膀胱カタル等の様々な病を患っていた。 そのため学校は欠席がちで、3年次と4年次では長期病欠であった。 欠席中は、日がな一日ラジオに耳を傾け徳川夢声や落語を聴いて過ごし、覚えた落語を学校で披露すると大変な評判だったという。 東京大空襲で自宅が焼けるなど苦難を乗り越えながら 中学校を卒業した渥美清さんは工員として働き始めます。 また担ぎ屋やテキ屋としても働いていたことがあり、 この経験がそのまま『寅さん』を彷彿としますね。 スポンサーリンク 芸能界入りと男はつらいよ主演抜擢まで 大学中退で役者志望? 中学卒業後、工員など様々な職種を経験したあと、 渥美清さんは大学に進学します。 大学名は、中央大学商学部。 戦後の混乱期とはいえ、寅さんは高学歴で勉強熱心だったのですね。 しかし大学入学後、船乗りを目指して大学を中退。 当然母親は大反対します。 行き場を失った渥美清さんは、当時新派の軽演劇の幕引きの仕事をしたり 端役で役者をしていました。 そんな縁を頼って、旅回りの演劇一座に入団。 この演劇一座が喜劇役者、渥美清の始まりでした。 この時点での芸名の由来は、愛知県にある渥美半島から由来するそうです。 この病気により右肺を切除する手術を受け 2年間の療養生活を送ります。 病弱だった幼少期と同じようにこの頃、 渥美清さんは度重なる病気に苦しみます。 2年間の休業期間を経た後、以前のように 激しい喜劇演技が出来ず、 また直後に胃腸の悪くし1年の療養生活に入ります。 この病気の前は、酒や煙草も愛飲していましたが 健康第一と気持ちを切り替え、コーヒーさえも 飲まない健康志向に変ったようです。 28歳でテレビデビュー。 30歳で映画デビュー。 そして40歳の時に『男はつらいよ』に出会い、 フジテレビのてドラマ放送が始まります。 約半年の放送で、テレビドラマ『男はつらいよ』は 最終回を迎えますが、最終回の結末は 寅さんがハブに噛まれて亡くなるといったものでした。 テレビドラマシリーズから根強い寅さんファンからは この結末に抗議が上がり、制作サイドはファン視聴者にお詫びの意味を込めて 翌年に映画を製作。 これが 、映画版『男はつらいよ』のスタートでした。 (1969年 渥美清さん当時41歳) 以後、渥美清さんは 27年間48作に渡って 主演の車寅次郎(フーテンの寅)役を演じ続けます。 実はこの 27年間48作という大記録はギネス認定もされていたのです。 スポンサーリンク 渥美清 晩年や嫁息子の現在!性格,カトリック教徒? 隠し続けた渥美清の私生活 渥美清さんの死から23年経っても『男はつらいよ』の作品や 演じた寅さんが色あせないのは、渥美清さんがプライベートまで 車寅次郎を演じ続けたためといわれています。 人気役者になって金銭的にも裕福であったはずの渥美清さんは 私生活では車も所持していなかったようです。 他にも外出先での食事も贅沢をするわけではなく、 立ち食いソバなどで簡単に済ませるなど、質素そのもの。 それは、街を歩いていたときに、ファンの男性から 「よお、寅」と声をかけられたからだといいます。 寅さんが人気作品になっていく中で、 それを演じる渥美清さんは私生活も寅さんを貫いていたようです。 『男はつらいよ』で長年タッグを組んでいた 山田洋次監督でさえ、渥美清さんの自宅住所や連絡先を 知らなかったといいます。 結婚した嫁子供について 私生活まで寅さんになっていた渥美清さんですが 私生活では、寅さんと違って結婚し子供も2人いたようです。 プライベートを一切明かさなかったため、 渥美清さんのファンでさえ、独身だと思っていた方は多いようです。 渥美清さんが結婚したのは1969年の3月です。 映画版『男がつらいよ』が始まった年で 渥美清さんは当時41歳でした。 結婚相手は18歳年下で当時23歳の竹中正子さん。 既に人気役者でしたが、ここでもプライベートなことは明かさず 家族だけで 結婚式を出雲大社で挙げています。 結婚披露宴は、ホテルニューオータニで行ったようですから 関係者への報告はあったようですね。 「男はつらいよ」作品内では恋はすれど、成就しない寅さんでしたが 20歳近く年齢の離れた女性を射止めるなんて、 渥美清さんはモテたんですね。 子供は二人。 息子さんと娘さんです。 息子の名前は田所健一郎さん。 フリーのラジオディレクターをされているようです。 娘の名前は田所幸恵さん。 娘さんに関しては情報がなく一般人の可能性があります。 晩年 渥美清さんの死因は転移性肺癌。 入院していた順天堂大学付属医院で亡くなったようです。 享年68歳。 ご存命であれば91歳。 おじいちゃんになった寅さんも見てみたかったですよね。 遺作となったのは47作目の『男はつらいよ』ですが、 毎年正月に上映されていた『男はつらいよ』は 最後の5年間は、渥美清さんの体調が良くなく、 病状を考えながらの撮影だったようです。 坂を上るシーンがつらそうだったり、 立っていることも辛く、 トレードマークのトランクに腰をかけるシーンも増えたといいます。 異変を感じたのは63歳の時。 この時に発見されたのは肝臓がんでした。 その3年後には肺にも転移していたようです。 晩年は、肺がんと肝臓がんの闘病をし、 病状は深刻になっていきます。 現在は早期発見で、がんの生存率も上がっていますが 当時は、医療技術も現在ほど進んでおらず 今現在であれば、渥美清さんはがん克服できていたのでは? という声もありました。 渥美清さんの がんのステージは公表されていませんが 初期であれば現在も生存していた可能性は考えられますね。 性格 渥美清さんはプライベートも寅さんを演じていたように 『男はつらいよ』の世界観をとても大事にしていたと思われます。 『男はつらいよ』撮影時に、ファンが集まってくるので 本来は笑顔や手を振ったりして声援に応えたいところを 晩年は笑顔を作ることさえ辛かったといいます。 そのことを山田洋次監督に直訴し、ファンやスタッフへの挨拶を 省略してもらったというエピソードがあります。 これが亡くなる4年前のことです。 病状の深刻さは多くの人には伝えられておらず そんな中撮影は続けられていたのですから 渥美清さんの役者魂は凄いですね。 家族には、弱っていく様子を隠したい気持ちを吐露。 俺のやせ細った死に顔を他人に見せたくない。 骨にしてから世間に知らせてほしい と生前語っていたため、遺言通り、家族のみの密葬。 何も知らされていない映画製作スタッフは 渥美清さんの死の2日後、新作の打ち合わせに訪問。 そこで妻から亡くなったことを告げられるのです。 渥美清さんの訃報が明らかになったのは 死の3日後、映画会社松竹から発表されました。 カトリック信仰 渥美清さんはクリスチャンだったと言われています。 洗礼を受けたのは亡くなる直前の病床でした。 影響を与えたのは熱心なカトリック信者だった 18歳年下の妻だったようです。 5日放送の『シンソウ坂上』では渥美清さんについて 妹役を演じた倍賞千恵子さんらが語るようです。 私たちが知らない渥美清さんの秘話が明かされるのか楽しみです。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

渥美清の息子は現在何してる?韓国人の真相は!

渥美 清

渥美清の生き様! プロフィールから紹介致します。 渥美清は1928年3月10日生まれで 東京都出身の、コメディアン・俳優 です。 渥美清がコメディアンだったとは 驚きです。 本名が、田所康雄 たどころやすお で 愛称は、寅さんです。 芸名、本名、愛称がかけ離れていて 面白い現象ですね。 ナント!「男はつらいよ」は テレビドラマから始まっています。 1968年10月3日から約半年間 フジテレビ系列で放送され、 人気ドラマだったので 映画化されたようです。 映画化された時は誰も、 ここまでの長期映画になるとは 想像していなかったでしょうね。 その後、映画として27年間という長い間 「男はつらいよ」は計48作品 継続して作製されました。 27年間で48作品の映画とは早い スピードで新作映画が作られて いたようですね。 国民的映画の1つとして日本中に 知らない人がいない程の 認知度があり、 なんと、「男はつらいよ」は 同じ役者が同じ作品の主役を 務めた続けた最多記録の作品として ギネスブックに記録をされています。 渥美清の寅さんだからこそ、 成し得た大記録なのでしょう。 毎回、次のマドンナ役が誰なのか 皆が楽しみにしていました。 渥美清は、寅さんの役柄とは違って 他人との交際を避ける孤独な 性格だったようです。 家族がいるのに孤独とは 寂しい感じがしますが、 芸術家などには多いようですね。 貧しい寅さんのイメージを 崩さないようにしていたのか、 渥美清はお金持ちになっても 贅沢な生活はしなかったそうです。 自宅に車を一台しか 所有していなかった事からも 庶民的な生活をしていた事が伺えます。 また、渥美清は極秘結婚しており、 結婚の事実を知らなかった者も 多かったようです。 渥美清は、私生活をほとんど 明かしていなかったと思われます。 私生活に触れられたく無い方って いますよね。 特に役者は、 どんな役も演じられるようにと、 私生活を秘密にしたり、 本来の個性が出てしまう バラエティ番組の出演を拒んだり する方が多いようです。 スポンサード・リンク 家族・自宅・息子との私生活 ここからは、 渥美清の家族・自宅・息子との 私生活を見てみましょう。 結婚については、渥美清が41歳、 1969年3月17日に竹中正子と 出雲大社で親族だけで挙式をしています。 極秘結婚でしたが、常識的な事は キチンと行っていたのですね。 竹中正子は24歳でしたから17歳年齢が 離れています。 渥美清は、若い女性と結婚されて いたのですね。 渥美清の自宅に関してですが 渥美清は私生活を 明かさない性格だった為、誰にも 自宅の住所を教えてなかったようで 分かりませんでした。 しかし、渥美清は東京都出身で お墓が新宿御苑にあるようですので 自宅も東京都内かも知れません。 子供は2人います。 息子の名前は、健一郎で フリーのラジオディレクター。 娘の名前は、幸恵 ゆきえ で 一般人のようです。 2002年、渥美清の七回忌の 前に息子の健一郎が、自宅では 家族に渥美清がDVを日常的に 行っていたとコメントしています。 気前のいい笑いの絶えない寅さんの イメージとは全く逆で、 家族にDVを繰り返していたとは、 現在では信じられませんが、 昭和の短気で頑固な父親には よくあった事でしょう。 今でこそDVと呼び、逆にイメージが 柔らかくなっていますが、当時は 折檻や、お灸をすえる、 などと呼ばれていて、一家の主の 気に入らない事があれば、 即座に手が飛んでくる、 という家庭も多くありました。 人付き合いもあまりせず、 相談相手や愚痴をこぼす相手もいなくて ストレス発散の為に、という事は、 一般人にはありますが、 渥美清はどうだったのでしょうか? 死因までの驚愕エピソード! 続いて、渥美清の死因までの 驚愕エピソードを見てみましょう。 渥美清は、子供の頃から身体が弱く、 病気がちだったそうです。 1954年、26歳の時に肺結核で、 右肺を切除します。 この時は渥美清は独身ですね。 その為、コメディアンとして、 身体を動かすバタバタ喜劇が できなくなります。 その後1991年に肝臓ガンが 見つかり、1994年にはガンが肺に 転移しているのが見つかります。 肺結核を患った肺へのガン転移は ショックが大きかった事でしょう。 ですが、渥美清はガンに負けずに ガンの転移が見つかったにも 関わらず1995年に最後となった 48作品目の「男はつらいよ」の 撮影をしています。 しかし、休憩になるとグッタリと 座り込んで休んでいたそうです。 ガンの痛みなどもあったでしょう。 しかし現場では、 ガンを知っている人は いなかったでしょうから 渥美清は、1人でその痛みに 耐えていたと思われます。 医師の反対を押し切って 撮影に臨んでおり、医師は 「奇跡に近い」とコメントしています。 ガンの症状と闘いながら撮影した 渥美清の様子は映画を見た限り いつもの寅さんと変わらない演技を していたわけですから 俳優業を命がけで全うした ということが窺えますね。 これにより、渥美清は国民的俳優と 呼ばれるだけの実力を 証明した事になりますね。 ところが、手術して4日後に 転移性肺ガンで 1996年8月4日68歳という若さで 天に召されてしまいます。 肺結核からガンになり転移という 凄惨な死因で渥美清は亡くなって しまいました。 68歳とは、あの世に逝くには 早すぎます。 問題になっているのは、死因は手術が 失敗して死期を早めたのではないか? とも、言われている事です。 今となっては真実は分かりません。 渥美清の遺言とも言える最期の言葉が 『俺のやせ細ったガンの顔を 誰にも見せたくない。 骨にしてから世間に知らせて欲しい』 渥美清は、 ガンの症状で痩せてしまい、 骨になってから公表しろと 最期に言ったのでしょう。 渥美清は私生活を 明かさない性格だったようですから ガンに侵されている顔を 家族以外には 見られたくなかったのでしょう。 家族は最期の言葉を守って 家族だけで密葬をして1996年8月7日に 転移性肺ガンが死因となり、 逝去した事を正式に発表しました。 渥美清に最期に会ってお別れを したかった方も沢山いた事でしょう。 実際の渥美清は、寅さんとは 全く違う性格だったようですね。 私生活を一切明かさないとは 昭和の役者らしさが窺えます。 子どもの頃から 病気がちだったようですから、生前、 闘病生活が長かったと思われます。

次の

本当の渥美清を誰も知らない「私が愛した渥美清」

渥美 清

渥美清のプロフィールと謎多き私生活!その死因は? 渥美清の演技に見られる日本的諦観と、喜劇役者としての生き様 渥美清は1928年生まれで、1996年に68歳の若さで亡くなっています。 死因は肺がんと言われていますが、手術の4日後に亡くなったのは、長年の無理が祟り、もう手の施しようもなかったのかもしれません。 ちなみに高倉健は、1931年生まれでほぼ同世代。 二人は日本映画界において、硬貨の裏表のような存在でした。 高倉健と同じように、後年はほぼ「男はつらいよ」の映画出演だけで、その私生活を明かすことは全くなかった渥美清。 1つ1つの仕事の評価を気にする、非情に細やかな性格であったらしく、仕事に関わらず、私生活まであれこれ書きたてる芸能マスコミに対しては、生涯強い不信感があったようです。 自分が演じること以外、私生活についていっさいの寡黙を貫いた渥美清は、ある意味、高倉健よりもずっとストイックで孤独な性格だったかもしれません。 渥美清は、戦争が終わるとすぐ大学に入学したともいわれていますが、戦後の混乱期の中、大学を辞め船乗りを目指したり、テキヤのまねごとをしたりと、鬱屈した危うい青春期を過ごしていたようです。 そしてたどり着いたのが、浅草のストリップ劇場。 渥美清は、コメディアンとして生きていくことになります。 しかし、やっと役者として芽が出始めた頃、肺結核になり右肺を全摘した渥美清は、2年間の療養生活を強いられることに。 渥美清特有の、笑いを誘った後の、どこか寂しげで仏教の諦観にも似た風情は、病魔による死との対峙が影響していると言われています。 「男はつらいよ」シリーズに出会うまでの渥美清のキャリアは、テレビの創成期とともにありました。 NHKの「夢であいましょう」や「若い季節」などでは、渥美清は、フーテンの寅のイメージとは全く異なり、都会的センスに溢れたコメディを軽やかに演じていました。 渥美清は、若い頃、自らの喜劇人としての可能性をテレビという新しいメディアの中でいろいろ試していた節があります。 そして「フーテンの寅」という、日本男子のアーキタイプともいうべき役柄を、年に1本だけ演じることで、渥美清は喜劇役者として普遍的な存在となり、レジェントとなったのです。 渥美清と高倉健、昭和のスーパースターの相関性 渥美清扮する「男はつらいよ・フーテンの寅」シリーズの車寅次郎、そして、高倉健扮する「昭和残侠伝・唐獅子牡丹」シリーズの花田秀次郎。 昭和を代表する映画の二大キャラクターといえば、この二人。 ともに決してヒーローではなく、日陰の身でありながら、男としての筋目を通すため忍従我慢し、最後はその秘めた怒りを爆発させるというカタストロフィーは、戦後民主主義を謳歌する昭和の時代にあっても、日本の男たちの心を深く揺さぶるメンタリティーであったといえます。 唐獅子牡丹の第一作目は1966年。 フーテンの寅の第一作目が1969年と、世は学園紛争で騒然した時代。 時の若者たちは、デモに出かける前「唐獅子牡丹」で我が身を鼓舞し、「男はつらいよ」で、その傷ついた心を癒したものです。 渥美清「寅さん」名言集!「渥美清の伝言」とは 渥美清が演じる車寅次郎「名言集」 寅さんシリーズでは、「それを言っちゃ、おしまいよ」という台詞にみられるように、社会や会社、家族関係において、建て前やしがらみに悩む人々に、寅さんが発する小気味よい本音と正論が醍醐味です。 「人間、額に汗して、油にまみれて、地道に暮らさなきゃいけねえ。 そこに早く気が付かなきゃいけねえんだ」、「たった一度の人生をどうしてそう粗末にしちまったんだ。 お前は何の為に生きてきたんだ。 なに?てめえのことを棚に上げてる?当たり前じゃねえか。 そうしなきゃこんなこと言えるか?」。 まさに反面教師、今で言うならしくじり先生としての寅次郎が語るからこそ、効く台詞です。 それは女性関係においても全く同様で、「思っているだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ。 愛してるんだったら、態度で示せよ」。 こうして寅次郎が啖呵を切った台詞は、全てが自分自身に向けられた批判となり、寅次郎はまた旅に出ざるを得なくなるのです。 渥美清の「車寅次郎」的生き方に秘められた苦悩 渥美清の晩年については、彼の死後出版された「渥美清の伝言」や、いくつかの追悼番組で知ることができます。 その中で印象的なのは、「渥美清の伝言」で渥美清が語ったこんな言葉です。 「スーパーマンは、撮影の合間でも、子供たちに飛べ、飛べと言われる。 でも実際は飛べるわけがない。 寅さんも24時間、みんなに手を振ってなくっちゃいけない。 これはたいへんなことですよ」。 まさに「男はつらいよ」の渥美清であったといえます。 渥美清の「男はつらいよ」シリーズは、民俗学的考察までされている! 渥美清演じる寅さんの「男はつらいよ」シリーズは、テキヤの車寅次郎が、故郷である東京葛飾の柴又に戻ってくるたびに巻き起こす騒動と、毎回華を添えるマドンナたちとの儚い恋がストーリーの全て。 寅さんがマドンナとの恋に破れ、また旅立って行くところで、映画は終わります。 学習院大学教授赤塚憲雄は、かつての評論集「排除の現象学」において、「さらば、寅次郎」という一篇を添え、車寅次郎に対して民族学的アプローチを試みています。 彼はここで、車寅次郎を「永遠にパンツを脱がない植物的異人」と定義しています。 やっと故郷に帰還しても、やがて死にいたるまで流浪の旅へ出なければならない異人は、恋愛、そして子をなすこともできない宿命を自ら甘受することで、故郷の人々にも、つかの間迎え入れらえる存在と説いています。 確かに日本の村社会では、そういう異人たちの訪れを楽しみとし、また、日常においては排除してきました。 時は移り、今の映画やテレビ、そして演芸界を包括した芸能界もまた、未だにその現実は失われていません。 だからこそ、一夜にして人気者になることができ、また、メディアによるリンチとも言えるパッシングが起こるのです。 昭和の映画スターや役者が偉大である所以は、そんな自分たちの存在意義を理解し、一私人としての自分とスターとしての生き様を、明確に分離して生きたからでしょう。 そういう意味で、渥美清と高倉健のストイックな生き様は、たいへんよく似ていると言わざるを得ません。

次の