ボンジョビ おじさん。 なぜボンジョビは日本で有名なのですか?

ボンジョビのおじさんの曲はここ15年以上は駄目ですよね?あの80年代後半...

ボンジョビ おじさん

My tube journey home. — Donna Whitehead DonnaWhitehead9 そこ、歌わないんかい!! 男性が歌わない部分は、ボン・ジョヴィがライブでこの曲を披露する時に決まって 『ファンに歌わせるパート』なのです。 おそらく男性はライブの時のジョン・ボン・ジョヴィになりきっているのでしょう。 ところが周りで聞いていた乗客たちはこの状況にツッコまずにはいられなかったよう。 ダナさんも思わず「オーオー!」と参加!車内は温かい笑いに包まれました。 ダナさんがこの動画を投稿するとたちまち拡散。 そして「この男性、見たことある!」というコメントが続々と書き込まれたのです。 ・この男性が大好きだよ!何度か彼を電車で見かけたけど、彼のジミ・ヘンドリックスはギターソロもすごいんだ! ・彼を知ってるよ。 昔、一緒に働いてたんだ。 すごくいいヤツだよ。 名前は明かさないけど、とっても楽しい男だった。 ・彼のおかげで車内の乗客たちは笑って会話をしている。 すばらしく愉快な人じゃないか!歌い続けてくれ。 いつでもどこでも自分の世界に入って、熱唱する男性。 本人は気付いていないかもしれませんが、こんなにたくさんの人たちを笑顔にしている彼は立派なエンターテイナーといえるのではないでしょうか。 ダナさんの動画が広まったことで、今後は彼のファンがますます増えるかもしれませんね! [文・構成/grape編集部].

次の

【動画】熱唱おじさんがスッキリで話題!地下鉄のボン・ジョヴィ熱唱おじさんの電車動画がこちら

ボンジョビ おじさん

40、無職、妻子なし、家族付き合いなし、社会保障制度で食いつなぐ日々。 安楽死法施行で利用を決意。 安楽死カプセルの中、安らかな死を迎えるおじさん。 昇天直前に世界は変わった。 AIが世界を支配し、ゲームにした。 その瞬間、自殺が不可能となった。 運が悪いとガチで死ぬそのゲーム。 おじさんは死んでもよかったので普通にハマる。 魔王を倒すと一部、自由を取り戻せるらしく、善良なプレイヤーはそれを目指したが、おじさんはそういうものに興味はなかった。 おじさんはモンスター収集に凝る。 モンスターを捕まえて、育てて、配合させたりする奴だ。 攻略そっちのけでモンスター収集に「狂」じていた凝り性おじさんは経験値を積み重ね、いつの間にか自分自身が最強になっていることに気づいていない。 あの日、ほぼ死んでいたおじさんは死亡フラグが破損し無敵であることにも気づいていない。

次の

【動画】熱唱おじさんがスッキリで話題!地下鉄のボン・ジョヴィ熱唱おじさんの電車動画がこちら

ボンジョビ おじさん

ALDO NOVAの力を借りてデビューしましたが、1STは、まだバンドができておらず、RICK SPRINGFIELDのギタリストを借りてレコーディングされましたね。 このバンドも日本先行型で日本で人気が出てから本国でヒットのパターンでしたが、3枚目でようやく世界的に認知され、以降コンスタントにヒットし続けているようです。 バンドとしても勢いがないとの指摘は、まさにその通り。 アメリカのバンドの場合、デビュー後にメジャーバンドの前座として全米中をツアーして認知させることと同時に、ツアーバスでの共同生活でバンドとしての結束力を養うようなシステムになっています。 彼らが出てきた1984年頃は、業界の変わり目で、それまで70年代のレコード契約が1年1枚ペースから2年1枚ペースに広がって、その約9か月をツアーで組むような状況に変わって来ていました。 70年代のバンドが短命だったのは、この契約の問題でバンドとして崩壊してしまったことが原因の1つとされています。 見直しを兼ねてかは知りませんが、制作期間が長くなったのでバンド的には助かったのですが、ツアー期間が長くなった分、共同生活に飽きてきたり、喧嘩が絶えなくなってきてオフ期間はプライベートを大事にするミュージシャンが増えました。 この結果、以前はツアー中にバンドで曲を作っていたものが、オフに一人で作るようになり、(ヒットして大金を得たことも理由にはあるが)レコーディング時に自分の作った曲を持ち寄る形に変わってしまいました。 これが、バンドとしての勢いを無くした根本原因です。 このことを嫌い、同じシステムではあるが、レコーディング前にバンドで集まって曲作りに専念するバンドもいますが、ごく僅かです。 このバンドに限らず、大人になっていく過程で、どうしてもプライベートの部分が出てしまうので、共同作業から個人作業に変わってしまうのです。

次の