スラック テクノロジーズ。 米チャット大手スラック・テクノロジーズがついに上場

スラック・テクノロジーズの上場とエンタープライズ・ソフトウェア市場について

スラック テクノロジーズ

日本でもその人気はとどまることを知らず、もはや多くのIT企業で、ほぼ 必須のコミュニケーションツールになっていると思います。 以前に当媒体SELECKでは、Slackのユーザー向けにを配信しました。 その際に、「 そもそもSlackを使ったことがない」「 でも導入してみたい」という声も、実は多くいただきました。 そこで今回は、下記のようなことを日本語で解説していきます。 Slackとは?他のチャットツールと、Slackの違い• Slackを使うと、仕事は本当に楽になるのか?• 最初は無料版から。 トライアルと導入の方法、日本語化の手順 「IT系に人気のツール」だと言うとハードルが高く感じがちですが、 個人的にはSlackは、幅広い人が楽しく使うことができるツールだと思います。 Slackとは? なぜ「革命的」チャットツールと呼ばれるのか? これまでに何かしらの、「チャット」サービスを使われたことがある方は多いかと思います。 世の中には企業向け・個人向けのさまざまなサービスがありますが、その中でもSlackの特徴と言えることを列挙してみます。 チームでも1対1でも、 ストレスのないリアルタイムのコミュニケーションができる• パソコン、スマホ、タブレットなど、 閲覧環境を選ばずサクサク使える• 過去のやりとりの中であとで参照したいものを 保存でき、 検索も簡単• 画像を含めたどんな種類の ファイルでも、 手軽に共有できる• 業務で使用している 他のサービスと連携させ、仕事を効率化することができる• オリジナルの絵文字を作ったり、 カスタマイズして楽しめる 「よくわからないけど機能がいっぱいありそう…!」という感じですよね。 簡単に言うと、 パフォーマンスに優れていていつでもどこでも使いやすく、ビジネスに必要な機能もきちんと備わっている。 しかもエンタメ性もあって楽しい。 Slackは、そんなチャットツールだと思います。 ここからは、Slackのイケてる機能をさらに解説していきます。 Slackを使うと、仕事は本当にラクになるの? こんな風に「いかにも多機能そう」なSlackですが、導入すると何が起こるのでしょうか? 結論から言うと、 仕事は間違いなく、ラクになります! ここからは実際に Slackを使うことで仕事がどう変わるのかを具体的にご紹介できればと思います。 ただメールですと、履歴をさかのぼるのも大変ですし、なかなか必要な情報にたどり着けないことも…。 「未読メール」がたまっていくストレスもありますよね。 Slackを使えば、もっと気軽にコミュニケーションができますし、過去のやりとり内の検索もらくらくです。 でも、メールでやりとりすると後から参照しにくいですし、社内のファイルサーバーなどの共有の場所に保存することを忘れてしまうこともあります。 そもそも共有したいファイルそのものが、なかなか見つからないこともあります。 社内のファイルサーバーが、迷宮になりがちだからです!!あの画像が、探しても探しても見つからない!ということが、けっこう起こります。 あのストレスは半端なかった( 過去形)。 でもSlackでファイルをやりとりすれば、その問題は解決です!画像や動画を含めたどんな種類のファイルでもドラッグ&ドロップで一瞬で共有できますし、しかもSlack上でコピー&ペーストすることもできます。 画像ファイルの場合、Slack上でサムネイル表示されるのも便利です。 いちいちダウンロードしなくても確認できます! さらにさらに、ファイルにコメントをしたり、後で参照したいものを「お気に入り」することも、検索で探すこともできます。 また、相手がオフラインでも共有できます。 ただし保存容量には制限がありますのでご注意を…。 とは言え、有料プランであればかなり余裕があるので、困ることはないと思います。 私は1年以上Slack使っていますが、まだリミットきてません。 基本的には「オープンなコミュニケーション」という考え方になっているので、チャンネルの出入りは自由です! 弊社の従業員は大体50名ほどなのですが、現在200以上のチャンネルがあります。 事業部ごとに、いろいろと作っている感じです。 また、「 Privare Channel(プライベートチャンネル)」を活用すれば、出入りや閲覧を制限することもできますし、「 Direct Message(ダイレクトメッセージ)」を使えば、特定の人とだけやりとりすることもできます。 不思議とチームも仲良くなりますし、新しく入社した方ともお近づきになりやすいです! Slackの楽しさはその多機能さと、使いやすさに裏打ちされていると思います。 さらに、コミュニケーションをちょっと楽しくするような機能もあるんですよね。 例えば、オリジナルの絵文字を作成することもできます。 無料プランですと、参照できる過去の投稿が10,000メッセージまで、そしてチームあたり5GBまでの保存容量の制限がありますが、基本的な機能は全部使えます。 導入は本当に簡単です!からSign Upするだけで、サブドメインが与えられてすぐに使いはじめることができます。 まずはメールアドレスを入力します。 次に、作成したいチームの名前を決めます。 サブドメインを決めます。 氏名を入力し、ユーザーネーム(表示名)を決めます。 入力内容を確認すれば、ルームの開設は完了です! そして、一緒に使う人を招待します。 これで完了です!!すぐに始められます!! 基本的には、アプリをダウンロードした方が使い勝手は良いかと思います。 でも途中で指定したURL(. slack. com)にアクセスすれば、ブラウザでもサービスを使うことができます。 Slackを使う準備ができたら、まずは日本語化をしましょう(ここは正直、好みです。 私は英語のままで使っています)。 言語は、することができます。 そしてこちらのシリーズも読んでいただければ、機能もかなり使い倒せるようになります。 ぜひこちらも読んで、あなたもSlackマスターになってください!終わりです!(長かった!) 「組織のマネジメント力を強化したい…」という方にオススメ! 当媒体SELECKでは、これまで700社以上の課題解決の事例を発信してきました。 その取材を通して、成功している組織には、指示・命令を中心とした「管理型のマネジメント」ではなく、 人の意欲と能力を引き出す「ピープルマネジメント」が根付いている傾向を発見しました。 そこで開発したのが、組織にピープルマネジメントを根付かせ、パフォーマンスとエンゲージメントを最大化するツール「」です。 「組織のマネジメント力を強化したい」とお考えの経営者・人事・マネージャーの方は、ぜひ、チェックしてみてください。

次の

Eメールの時代は終わる?「Slack」の隠れた威力

スラック テクノロジーズ

スラックのスチュワート・バターフィールドCEOは「僕たちのミッションは、仕事や生活をよりシンプルに、快適に、生産的にすることだ」と強調する(撮影:佐々木 仁) Eメールの時代は終わりを告げるのだろうか。 ビジネスチャットアプリを手がけるアメリカのスラック・テクノロジーズの勢いはそんなことも感じさせる。 2014年2月にパソコンやスマートフォン向けにアプリの提供を始め、日本語版は2017年11月に始まった。 今や世界で1200万人以上のデイリーアクティブユーザーを抱えており、このうち約5割はアメリカ以外だ。 課金企業数は約10万社に達した。 昨年8月までにソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから約14億ドルを調達し、企業評価額は71億ドルに到達。 評価額10億ドル以上の未上場企業、ユニコーンの代表格となっていた。 そして今年6月にはニューヨーク証券取引所に上場。 新株発行による資金調達をしない「ダイレクトリスティング(直接上場)」という手法を選び、注目を集めた。 グループチャットが基本、多数の外部連携も スラックでのコミュニケーションは、基本的に「チャンネル」というトークルームで行われる。 プロジェクトや部署などさまざまな単位でチャンネルが作られ、通常のチャットと同じようにやりとりが時系列で表示される。 1対1で1通1通のやりとりになるメールと異なり、チャンネルのテーマごとに大勢でやりとりがしやすくなる。 さらに1800を超える外部のアプリとも連携。 ストレージサービスの「ドロップボックス」にあるファイルを直接スラックのチャンネルに送ったり、スラック上で簡単なコマンドを打てば、「NAVITIME」の乗り換え経路検索ができたりする。 今年9月には「共有チャンネル」という機能の正式提供を発表。 従来のスラックは社内でのやりとりが主だったが、この機能を使えば、取引先など社外ともやりとりができる。 一躍世界的企業に成長したスラックを率いるのは、スチュワート・バターフィールドCEO(最高経営責任者)だ。 バターフィールド氏は写真共有サービスの「Flickr(フリッカー)」を創業し、アメリカのヤフーに売却。 その後立ち上げたゲーム開発のスタートアップで社内向けに作ったチャットアプリがスラックの原型だ。 カナダ出身で、ヒッピーの両親に丸太小屋で育てられたという異色の生い立ちもある。 一方、スラックの株価は上場以降、大きく値を下げている。 今年9月に来日したバターフィールド氏に、スラックが目指す世界とその戦略、プロダクト開発の理念、上場の意義や株価に対する考えなどについて直撃した。 前後編でインタビューをお届けする(後編は11月15日に配信予定)。

次の

ソフトバンクのファンド、米スラックに280億円出資 :日本経済新聞

スラック テクノロジーズ

アメリカのビジネスコミュニケーションツール「Slack」を日本で展開するSlack Japan株式会社の新オフィスが東京・大手町に開設され、このたびお披露目会が開催されました。 初めて出会う東京の絶景 Photo: ライフハッカー[日本版]編集部 ビジネスのコラボレーションが生まれる場所(ハブ)として構成されたオフィスは、大きく分けて2つのゾーンから構成されています。 Photo: Slack 皇居を臨む絶景が楽しめる開かれたカフェスペースを含む執務エリアと、ゲストやパートナーが活用できるコワーキングスペース。 Photo: Slack 絶景を額縁のように魅せる窓際に、人と人との縁を繋ぐ場所として、縁側を有したのもユニークなポイント。 Image: Slack 眼下には、皇居の緑を望み、国会議事堂や新宿や六本木のビル群、富士山までが見渡せる他にはない景色が広がります。 「とにかく美しくて、気にいっている」 スチュワート・バターフィールド氏(スラック・テクノロジーズ CEO 兼 共同創業者) Slackの執務スペースは、固定席! 床面積は、約1400平方メートルあり、執務スペースには、最大80名の作業員が収容できます。 複数の会議室や、セミナールーム、乳幼児の保護所のためのマザーズルームも完備。 福利厚生としてのマッサージルームなども整えているのだそう。 今回、見学はできなかったのですが、Slackオフィスの職務スペースは、意外にも固定席でした! 「社員同士は、Slack上ではもちろん、直接顔を合わせてのコミュニケーションも重要視しているため、固定の席を設けている。 それ以外の選択肢は考えていなかった」と、バターフィールド氏。 日本様式の伝統美と自然光を生かしたデザイン Photo: Slack オフィスデザインは、谷尻誠さんと吉田愛さんによる建築設計事務所「」が手がけたもの。 Photo: ライフハッカー[日本版]編集部 左官職人による漆喰の壁や、鴨居、障子、縁側モチーフなど日本様式の伝統美を取り入れつつ、モダンなデザインとなっています。 オフィスでは嫌われがちな自然光を目一杯取り入れて、視覚的に楽しむ工夫が随所に見られるのも面白いなと感じました。 細い蛍光灯やミニマムなダウンライトを使い、照明の存在感も和らげているようです。 訪れる機会がある方は、ぜひその光の使い方もチェックしてみてください。 大手町アドレスを選んだ理由 Photo: ライフハッカー[日本版]編集部 「Slackをひとつの企業内だけでなく、企業間のコミュニケーションハブに。 働き方改革を加速する触媒として展開していきたい」 イラン・フランク氏(スラック・テクノロジーズ エンタープライズプロダクト部門責任者) その思いが、この丸の内という場所、「千代田区大手町1-1-1」というアドレスに日本オフィスを構えた意味であり、強い意思表明なのだと感じました。 海外からのゲストはもちろん、東京にまだ、こんな場所があったのかという驚きと感動を生むであろうSlackの新オフィスが、今後どのようなハブスペースになっていくかにも、注目していきたいです。 写真左から:Slack本社でエンタープライズプロダクト部門責任者を務めるイラン・フランク氏、CEO兼共同創業者のスチュワート・バターフィールド氏、Slack Japanでカントリーマネージャーを務める佐々木聖治氏。 Photo: ライフハッカー[日本版]編集部.

次の