国立環境研究所。 資源循環・廃棄物研究センター : 国立研究開発法人 国立環境研究所

資源循環・廃棄物研究センター : 国立研究開発法人 国立環境研究所

国立環境研究所

国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク(以下ネットワーク)事務局では、 ネットワーク参加局の観測データをホームページ上で公開しています。 公開されたデータのご利用は原則自由ですが、公開データを利用してグラフ作成する場合に注意いただきたい事項をここに記載します。 なお、 と、 もご一読ください。 データの取得 データは、「観測データ公開」ページ下部の「数値データ提供」からダウンロードして下さい。 kJの読み方はキロジュールです。 紫外線A波はUV-A、紫外線B波はUV-Bと表記し、「-」 ハイフン を付けてください。 出典 西暦年と観測局名を記載して下さい。 【例】2016年つくば局で観測したUV-A,UV-Bの月別値グラフの場合 出典:国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク事務局 2016年 つくば局観測データ なお、UV-Aだけ、 またはUV-Bだけ のグラフを作成する場合は、データの種類を記載してください。 【例】2016年つくば局で観測したUV-Aの月別値グラフの場合 出典:国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク事務局 2016年 つくば局UV-A観測データ グラフ作成に係る連絡 書面によるデータ使用の申請手続きは必要としておりませんが、ご利用目的 研究か広報媒体等 、また利用・掲載時期等の詳細について、 「有害紫外線モニタリングネットワーク事務局」 e-mail:uvnet 末尾に nies. jpをつけて下さい までお知らせいただくと助かります。 利用目的とあわせて作成したグラフを送付いただければ、事務局で内容確認をいたします。 作成されたグラフが雑誌・冊子に掲載された場合は、表紙、目次及びグラフ掲載箇所のページを、 チラシなどの場合は全体をPDFファイル等で当事務局宛に提出をお願いします。 なお、1度使用されたグラフを再利用する場合でも、再度、その旨連絡をお願いいたします。 カラーPDF このグラフのサンプルをそのまま利用していただいても結構ですが、利用目的、利用・掲載時期等のご連絡や、使用後の成果物のご報告をお願いいたします 報告先:e-mail:uvnet 末尾に nies. jpをつけて下さい。

次の

ココが知りたい地球温暖化 | 地球環境研究センター

国立環境研究所

国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク(以下ネットワーク)事務局では、 ネットワーク参加局の観測データをホームページ上で公開しています。 公開されたデータのご利用は原則自由ですが、公開データを利用してグラフ作成する場合に注意いただきたい事項をここに記載します。 なお、 と、 もご一読ください。 データの取得 データは、「観測データ公開」ページ下部の「数値データ提供」からダウンロードして下さい。 kJの読み方はキロジュールです。 紫外線A波はUV-A、紫外線B波はUV-Bと表記し、「-」 ハイフン を付けてください。 出典 西暦年と観測局名を記載して下さい。 【例】2016年つくば局で観測したUV-A,UV-Bの月別値グラフの場合 出典:国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク事務局 2016年 つくば局観測データ なお、UV-Aだけ、 またはUV-Bだけ のグラフを作成する場合は、データの種類を記載してください。 【例】2016年つくば局で観測したUV-Aの月別値グラフの場合 出典:国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク事務局 2016年 つくば局UV-A観測データ グラフ作成に係る連絡 書面によるデータ使用の申請手続きは必要としておりませんが、ご利用目的 研究か広報媒体等 、また利用・掲載時期等の詳細について、 「有害紫外線モニタリングネットワーク事務局」 e-mail:uvnet 末尾に nies. jpをつけて下さい までお知らせいただくと助かります。 利用目的とあわせて作成したグラフを送付いただければ、事務局で内容確認をいたします。 作成されたグラフが雑誌・冊子に掲載された場合は、表紙、目次及びグラフ掲載箇所のページを、 チラシなどの場合は全体をPDFファイル等で当事務局宛に提出をお願いします。 なお、1度使用されたグラフを再利用する場合でも、再度、その旨連絡をお願いいたします。 カラーPDF このグラフのサンプルをそのまま利用していただいても結構ですが、利用目的、利用・掲載時期等のご連絡や、使用後の成果物のご報告をお願いいたします 報告先:e-mail:uvnet 末尾に nies. jpをつけて下さい。

次の

ココが知りたい地球温暖化 | 地球環境研究センター

国立環境研究所

10年後のモノやごみはどう流れる?(by. 稲葉 陸太)• 資源循環・廃棄物研究センターの研究概要2016-2020(by. 電気電子機器プリント基板の再資源化のあり方~金属資源の回収と臭素化ダイオキシン類の適正処理の両立~(by. 新型コロナウイルス感染拡大の中で考える循環型社会~公衆衛生の観点から再認識すべき廃棄物処理の重要性~(by. 埋立地における鉱物化反応(by. 北村 洋樹)• 令和の時代の廃棄物管理と資源循環(6)(最終回):人口減少等がもたらすもの(by. 令和の時代の廃棄物管理と資源循環(5):方法と役割の変化がもたらすもの(by. 災害廃棄物の撤去とボランティア(by. 森嶋 順子)• これからの高齢社会、ごみ集積所の管理は大丈夫?(by. 令和の時代の廃棄物管理と資源循環(4):モノとの関わりの変化がもたらすもの(by. 続・東南アジアにおける排水処理装置の性能評価(by. 令和の時代の廃棄物管理と資源循環(3):モノの変化がもたらすもの(by. 自動車シュレッダーダストに含まれる短鎖塩素化パラフィンの実態を調べる(by. 松神 秀徳)• 資源循環・廃棄物研究センター 2019年 夏の大公開(by. 令和の時代の廃棄物管理と資源循環(2):政策目標と社会背景(by. 田崎 智宏)• 公開シンポジウム2019~資源循環・廃棄物研究センターの研究活動発表~(by. 災害で出た片付けごみはどうしたらよいのでしょう(by. 宗 清生)• 災害廃棄物の処理にかかるお金(by. 令和の時代の廃棄物管理と資源循環(1):昭和と平成(by. 有機汚濁とその指標(by. 徐 開欽)• 農地再生のための作物栽培とバイオガス化を組み合わせた循環システム(by. 災害廃棄物問題から平成の時代を振り返る ~新しい「令和」の時代に向けて~(by. 一般廃棄物焼却主灰からの貴金属・有害金属回収の可能性(by. 肴倉 宏史)• インドでプラスチック廃棄物について考えた(by. 陸上の廃棄物が海洋マイクロプラスチックになるという話(by. 広域認定制度について(by. 三浦 真一)• ウィーン工科大学への長期研究出張(by. オーストラリア・シドニー大学ISA滞在記その2(by. プラスチック資源循環戦略策定の議論に参加して(by. 大迫 政浩)• 災害ごみの排出について(by. 若者の環境配慮行動を促す環境教育とは?~他者協働・社会参画行動に着目して~(by. コンビニの食品ごみはどこに行く?-日本とタイの事例-(by. 久保田 利恵子)• 資源循環・廃棄物研究センター 2018年 夏の大公開(by. バクテリアによる水銀のメチル化~最終処分場における水銀廃棄物の安全な管理のために~(by. 尾形 有香)• 公開シンポジウム2018~資源循環・廃棄物研究センターの研究紹介~(by. 都市鉱山-都市に隠れた資源の再認識-(by. 中島 謙一)• 自然から学ぶー野外調査(by. 除染廃棄物の溶融処理による減容化への取り組みについて(by. サーキュラーエコノミー:モノが円を描く経済(by. 西嶋 大輔)• 資源循環・廃棄物研究センター 2018年 春の一般公開(by. 化学物質の環境排出量と廃棄物処理・リサイクル(by. 小口 正弘)• 最近の中国の廃棄物原料 輸入規制強化とその影響(by. バイオマス・バイオガスプラントについて(by. 伊藤 浩平)• 実務家と連携してデータをあつめる -国際協力機構編-(by. 廃棄物系バイオマスからのメタンポテンシャルの予測(by. 小林 拓朗)• バイオ重油の利用法の検討(バイオ重油がA重油に溶ける量と温度の関係)(by. 倉持 秀敏)• 固液平衡の相図の読み方(by. コレは廃棄物?~廃棄物該当性の考え方~(by. 肴倉 宏史)• 有機リン化合物の廃棄物焼却実験(by. 松神 秀徳)• 有害鳥獣と資源循環・廃棄物研究(by. 雑品スクラップに対する新しい規制(by. 寺園 淳)• 貿易統計(by. 森岡 涼子)• 放射線量分布を可視化する装置(by. 豊島(てしま)不法投棄問題から学ぶべきこと(by. 大迫 政浩)• 1人1日当たりのごみ排出量(by. 河井 紘輔)• リサイクル率の違い(by. 排水処理に広がる嫌気性膜分離技術(by. 徐 開欽)• SDGs(エスディージーズ)とは(by. 土の汚染起源をミクロの視点から明らかにする(by. 上島 雅人)• 災害が起きる前にできる災害ごみ対策(D. Waste-Netによる人材育成支援)(by. 川畑 隆常)• 資源循環・廃棄物研究センター 2017年 夏の一般公開(by. 大塚 康治).

次の