寝すぎたら腰が痛い。 寝過ぎると背中や腰が痛くなるのは、何故なのか、ご存知の方いらっしゃいま...

寝過ぎで腰痛の原因と治し方!ストレッチでの改善の方法も紹介!

寝すぎたら腰が痛い

どうして腰痛になるの?痛みの原因 体を横にしてリラックス、一見は休んでいるように見えて 寝た姿勢をずっと取り続けるのは腰にとっても負担となっています。 横になると、腰をずっとベッドやマットレスに押し続けている姿勢をとっているようなもので、 長時間椅子に座っているとお尻が痛くなってくる現象と同じです。 腰が痛いから、といって横になって痛みが引くのを待つのはかえって逆効果です。 体に合わない寝具やクッションなども腰への負担をさらに助長させます。 体が沈み込むような柔らかい素材を使うのは体にフィットしているからきっと良いもの!と思うのは全く反対で、あまり柔らかすぎると腰を不安定な状態にさせてしまうのであまりよくありません。 寝すぎも併せて普段の睡眠から腰が痛くなる、という場合は寝具の見直しから始める必要性があるでしょう。 youtube. 寝すぎの腰痛治すどうしたらよいの? 寝すぎて腰痛になる場合は、 寝すぎにより身体の筋肉やスジが固まってしまったり、血行が滞り身体がうまく動かせない、うまく動かいないことによりおこります。 何よりも大切なのはまず体を動かし血行を良くすること。 ただし、身体を後ろ側へそらした時に違和感を感じたり激痛を伴う場合や常に鈍い腰の痛みが断続的に続く場合は寝すぎとはまた違う腰痛の原因をはらんでいる可能性があります。 無理に体を動かすことで病気の進行を助けてしまう可能性がありますので、少しでもおかしいな、と思ったらおとなしく病院の診察を受けましょう。 病院の診察を受けてただの寝すぎと診断されて笑い話になれば、それが一番良いです。 一時の恥で健康が買えるなら安いものと思ってください。 ヘルニアなどの取り返しのつかない激痛を何年も味わわなくなる事態へ発展しかねないので軽率な対処は控えるように慎重に動きましょう。 まず、程度の血行活性を促すためにお風呂に入りましょう。 湯船につかるのがベストですがシャワーでも構いません。 全身を温め、血行をよくさせましょう。 お風呂を出たら手を上に伸ばし、 全身伸びをするようにストレッチしましょう。 ぐーっとゆっくり伸びをして痛いようならちょっと間をおいて、もう一度繰り返します。 ここで大体改善される人もいれば、まったく変わらない方もいます。 その時は肩幅程度に足を広げ、お辞儀をする感覚でゆっくりぐーっと体を前に倒します。 痛みが出るところまで体を前に倒し、元に戻します。 腰をゆっくりぐーっと引っ張る感覚ですね。 何度か繰り返したら、体を前に倒した状態を右側へゆっくり、左側へゆっくりと交互に繰り返します。 このストレッチを繰り返すことで腰への負担が改善され動きやすくなります。 ストレッチが終わったら腰の痛みはだいぶ緩和されますが、油断することなく少しの体操をしましょう。 体操はラジオ体操でかまいません。 体を動かし本調子を取り戻すのが目的です。 体感型ゲームソフトで遊ぶのも運動です、 体を動かすのであればなんでも大丈夫です!無理がない範囲で体を動かしましょう! ここまでやれば腰の痛みも体のだるさも程度解消されるでしょう! ぜひお試しくださいね! 腰痛についてはこちらの記事でも書いていますので、興味があれば合わせてご覧ください。

次の

腰が痛くて起きあがれない

寝すぎたら腰が痛い

風邪をこじらせて週末自宅で寝ていたら腰痛になったという友人がいる。 聞いたところ、風邪を追っ払おうとしてお昼にたっぷりご飯を食べた後、昼の2時から6時くらいまでスヤスヤ寝ていたらしい。 その熟睡のおかげでか、風邪はよくなったらしいのだが、妙に腰痛がする。 腰が痛くて痛くて、なんだかぎっくり腰じゃないのかとも疑ったそうだ。 寝過ぎは体によくはないということをよく耳にするが、でもまさか腰痛までなるものだろうか、と思ったらやっぱりなるそうだ。 実は私も経験があるし、医療の専門家に聞いてもそうだという。 ちょっと意外で信じられないのだが、寝過ぎて腰痛になるのを回避するにはどうすればよいのか、ご紹介していこう。 スポンサードリンク 風邪も寝過ぎも腰痛の元 はっきり言って、 風邪を引いても腰痛を訴える場合がある。 そして風邪でなくても、 寝過ぎたりして腰痛を引き起こすことだってあるのだ。 まず風邪を引いた時には、体の節々が痛くなるという症状をよく経験するが、実は腰痛はこの痛みのうちのひとつなのだ。 風邪を引くと免疫機能がフル活動してウィルスを撃退するために発熱する場合がある。 このとき、発熱によって体が温まると普段よりも血液循環が増大する。 その結果、特に血流の集中する関節や腰、そして頭などに負担がかかって痛くなってしまうのだ。 また、同時に白血球もウィルスを撃退しようとしてサイトカインというタンパク質の一種を分泌することになるが、これが出過ぎると内蔵機能を阻害してしまうことから、プロスタグランジン(正確にはプロスタグランジンE2)という物質を分泌して、サイトカインを抑制する側に回るのだ。 ところがこのプロスタグランジンという物質、ご存じの方がいるかもしれないが、この過剰分泌が起こると生理痛がひどくなったり、吐き気とか腰痛、頭痛が引き起こされてしまのだ。 つまり風邪の時の腰痛は、免疫機能の活躍、そしてプロスタグランジンという2つの原因によるものだ。 そしてこの風邪による原因とともに、寝過ぎの場合二はさらに多くの原因が加わったり考えられたりするのだ。 そんな原因を、下に3つほど挙げておこう。 ・ 運動不足 一番やりがちなのがたぶんこれだ。 オフィスワークなどで仕事が押している時、出歩くことすらままならなくなる場合もある。 ・ 寝返りを打たない(ほどに疲労・ストレスがたまり、過度に熟睡) そういう仕事関係を中心にストレスがたまって蚊心身ともに疲れ切ってしまうと、本来健康的な睡眠には必須の寝返りすら打たず、体が全く動かない睡眠状態になる。 これが腰痛を引き起こすのだ。 ・ 枕や寝具が自分の体に合わない これもよくあるケース。 寒い冬などつい布団を多めにかぶって寝たりする結果、必要以上に体が圧迫され、結果として背骨のS字に負担がかかったりする可能性もある。 また、枕が高すぎたりすると首や肩周りの筋肉に負担がかかるし、寝ている姿勢が猫背になってしまうので、結果的に悪い姿勢で寝ていることとなる。 腰痛の治し方-風邪が原因は医者に、それ以外は運動を そんなわけで、風邪を引いている時の腰痛の原因は風邪本来からくるものと、それ以外のものとに別れる。 なので、風邪を引いて腰痛が起こったらまず先に病院などの医療施設で適切な薬の処方や治療を受けるとよいだろう。 だがこれと重なって寝過ぎによる腰痛があるようだったら、風邪が治ってからでよいので、運動不足を解消する方法を自分なりに見つけることをぜひおすすめする。 私が一番おすすめしたい運動はなんと言ってもウォーキング。 誰でも手軽に出来るし、歩くことで足腰や姿勢、猫背などのバランスも整えられるはずだ。 毎日30分ほど歩くことで代謝機能も改善するし、免疫機能や血行もよくなって美肌にもなれる。 風邪を引いている時でもそれなりに汗対策をすることで出来るし、何より日光を一定時間受け手紫外線を浴びることで、カルシウムの吸収も助けてくれたりセロトニンという精神安定のホルモンも分泌されるのだ。 風邪もそうだと個人的には思うのだが、寝過ぎも悪い姿勢を維持する結果となる。 悪い姿勢で過ごすと、体の中で一番負担となるのは骨格的にはやっぱり腰回りではないだろうか。 なので風邪を引いて妙に腰が痛い、という方は、風邪が治った後でよいので、運動不足かどうかをぜひセルフチェックしていただきたい。 遠藤朱夏(えんどう あやか).

次の

腰痛の方必見!どうやって寝たら体は楽なの?整体師が腰の負担が少ない寝方を解説

寝すぎたら腰が痛い

寝返りをすれば良いからと言っても、寝ている状態で意識的に寝返りをうてる人はいませんよね。 では、人は睡眠中、どのような状態の時に寝返りしているのでしょう? 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があることは、知っておられる方も多いでしょう。 簡単に説明すると、レム睡眠は脳の一部は起きているが、身体を休めている浅い眠りの状態。 ノンレム睡眠は、脳が休んでいる深い眠りの状態です。 このレム睡眠とノンレム睡眠は約90分周期で繰り返され、睡眠の約75%がノンレム睡眠。 この状態が、睡眠中5~6回繰り返されます。 さて、寝返りをうつのは、レム睡眠とノンレム睡眠、どちらのときなのでしょう。 実は、ノンレム睡眠の時に寝返りをうっているのです。 つまり、浅い眠りの時ではなく、 深い眠りの時に寝返りしていることになります。 レム睡眠とノンレム睡眠が正しい周期で交互に訪れる状態になるには、副交感神経が活発になっている必要があります。 交換神経が活発なままだと深い眠りに入れない状態になっているのです。 つまり、寝返りが少なく、寝起き腰痛になりやすいあなたは以下のような悪循環に陥っている可能性があります。 交感神経が活発なまま就寝• 深い眠りに入れない• 寝返りを打たない• 身体への負担が大きいうえに、筋肉が凝った状態• 寝起き腰痛になりやすい この負の連鎖が腰痛を引き起こしていたんですね。 腰痛と寝返りの関係がわかっていただけたでしょうか。 朝、寝起きに腰痛にならないための寝方。 3つの方法 うつ伏せになった寝方は、腰に一番良くない寝方だと言われています。 うつ伏せ寝は、腰だけではなく、首にも負担をかけてしまっています。 また、身体のいろいろな部分を歪ませてしまう可能性があるのです。 日常的に下を向いて、うつ伏せ寝してしまう人は、胸の下にテニスボールを入れて寝る事を推奨している医師もいるそうです。 どういうことかというと、まずは、いつものようにうつ伏せの状態で寝ます。 その時にテニスボールを胸の下に入れます。 この状態で眠ってしまいます。 すると、あまりの不快さで自然に仰向けになっているということなのです。 以外にも効果があるそうなので、うつ伏せ寝してしまう人は、この寝方も試してみるのも良いのではないでしょうか。 いかがですか、寝起き腰痛にならないためには、正しい寝方を理解して実践してみることが大切です。 今夜から早速取り入れてみましょう。 番外編• 硬いマットレスを使用する すでにマットレスを使っているというあなた、マットレスの交換時期が来ていませんか。 寝付きにくい方の場合、マットレスの交換時期は5年くらい、良質なマットレスであれば10年くらいと言われています 硬いマットレスは、あなたの寝姿勢をしっかり支えてくれます。 ただ、硬すぎる高反発マットレスは腰部分の背骨のカーブに負担がかかります。 逆に、やわらかすぎる底反発マットレスの場合は、背骨のS字カーブを支え、腰の負担が軽減されますが、寝返りをした時に腰をねじるため、負担がかかってしまいます。 前述したように、寝返りが少ないと腰痛になりやすいです。 低反発マットレスや、薄いマットレスでは寝返りがうちにくいので、 ある程度厚みのある、高反発マットレスがベターであるといえます。

次の