やわ お とか たこ。 タコを煮ました。煮れば煮るほど固くなりました。 コンビニのおでんのタコ...

茹でタコと刺身用タコの違い

やわ お とか たこ

魚の目とタコのでき方はほとんど同じですが、魚の目には芯があることが大きく異なります。 部分的に刺激を受け続けるためにできますが、その刺激が一点に集中すると、角質が円すい状の芯のようになって、真皮のほうに突き刺さるように伸びていきます。 この円すい状の芯が神経を圧迫するため、魚の目は歩くたびに痛みが起こります。 一方、タコには芯がありません。 芯がないため痛みはないことが多く、角質はより分厚く硬くなっていることから、逆に外部からの刺激を感じにくい状態です。 魚の目、タコができる原因 魚の目、タコができる原因として以下のような理由が考えられます。 たとえば、小さめの靴をはくと足の指先が靴にあたったり、指先が曲がった状態で固定されてしまったり、幅が狭いと指が両側から圧迫され続けます。 また、大きめの靴では、歩くたびに靴の中で足が滑ってしまうため、その都度、指先が圧迫されることになります。 さらに、サイズの合わない靴では、歩き方も不自然になりますから、足裏の特定の部分だけに刺激が加わってしまい、魚の目やタコができてしまいます。 開張足では、前に体重がかかりやすく、すれやすくなるため、魚の目・タコができやすくなります。 特につま先が細くなったデザインの靴では、指同士が圧迫され摩擦が起き、魚の目やタコの原因になります。 足に怪我などがなくても、歩き方に独特のクセがあり、そのクセによって足裏のどこかに負担がかかる場合もあります。 歩いているときも常に足の冷えを感じるような、ガンコな冷えを持っている人は要注意です。 その一つが神経障害で、ひどくなると手足の感覚が鈍くなります。 そのためサイズの合わない小さな靴を履いても違和感を感じず、魚の目やタコができやすくなることに。 さらに痛みを感じないために放置してしまうことも多く、その結果、傷口が化膿し、最悪の場合、壊疽(えそ)となり、足を切断しなければならないこともあります。 糖尿病を患っている場合は、定期的に足裏のチェックをすることも大切です。 魚の目・タコの予防と治療法 セルフケア• サイズの合う靴、ヒールの無い靴に替える 小さな魚の目やタコなら、サイズの合う靴に替えるだけで、治る場合もあります。 自分の足に合う靴をアドバイスしてくれるシューフィッターのいるお店などで、相談してみましょう。 また、仕事上ヒールのある靴が必須という場合でも、通勤時はスニーカーにするなど、できるだけハイヒールを履く時間を減らす工夫をしましょう。 歩き方を見直す 歩きグセを正すことで、症状がよくなることも。 自分の歩き方を見たことがある人は少ないですから、友人や家族に歩き方を見てもらって、前後左右バランスよく歩いているかをチェックしてもらいましょう。 市販薬を使う 魚の目やタコは症状の軽いものであれば、角質をやわらかくする「サリチル酸」入りの市販薬で治すことができます。 たとえばパッドタイプの市販薬であれば、入浴後に足をよくふいて患部にパッドを貼り、そのまま2〜3日貼り続けます。 サリチル酸が皮膚に浸透すると、皮膚の色が白くやわらかくなっていきますから、その頃にピンセットなどで痛みを感じない程度に、患部の周囲から削っていきます。 入浴後など、皮膚がやわらかくなった状態で行うとやりやすいでしょう。 治りにくい場合は再度パッドを貼ってやわらかくしていきます。 特に魚の目の場合は、芯を除去しないと治りませんから、芯がとれるまで上記を繰り返します。 市販薬にはほかに絆創膏タイプや液体タイプなどがあります。 市販のグッズを使ってケアする 症状の軽いうちであれば、市販されているタコや魚の目削り専用のヤスリやカッターも効果的です。 風呂上りなどの皮膚がやわらかいときに、ヤスリやカッターなどでマメにケアしていきましょう。 カミソリなどで無理に削ると、皮膚が傷ついて出血したり、細菌感染を起こすことがありますから避けてください。 セルフケアの注意点 セルフケアでは逆に悪化させてしまうこともあるため、以下の点に注意しましょう。 魚の目ではなく、ウイルス性イボということも 魚の目に良く似た病変でウイルス性イボがあります。 特に子どもの足の裏にできるものは、ウイルス性のイボの場合がほとんどです。 これを魚の目と勘違いし、魚の目の市販薬で自分で治そうとすると、逆に悪化させることがあります。 どちらかわからない場合は、まず皮膚科を受診するようにしましょう。 糖尿病の人は、まず受診 糖尿病の合併症である神経障害を起こしている場合、自分でケアするのは危険です。 感覚が鈍くなっているため、魚の目やタコを除去する際に健康な皮膚も傷つけてしまう恐れがあります。 糖尿病の持病がある人は、自分でケアするのではなく、まず受診するようにしましょう。 根の深い魚の目は皮膚科へ 魚の目は、円すい状の芯が皮膚の内側に向かって伸びており、根の深いものは自分では取りにくく、たとえ取ったとしても芯が残っていてはすぐに再発してしまいます。 さらにカミソリなどを使って自分で削ると、ばい菌が入って、悪化させてしまうことも。 痛みがひどく根の深い魚の目は市販薬を使って自分で治すのではなく、専門医に診てもらったほうが確実に治せます。 皮膚科での治療 皮膚科では分厚くなった角質を除去する治療が行われます。 自宅でのケアと同様に、角質をやわらかくするサリチル酸などの薬を、魚の目やタコに数日間貼り続けることで症状を改善させたり、器具を用いて魚の目の芯や分厚い角質を削り取ります。 自分で削りとるよりも、確実に除去することができます。 あまりにも痛みがひどく、日常生活も送れないような状態の場合は、手術によって切除する場合がありますが、その後の傷跡が魚の目の痛みよりも強くなることがあることから、あまり行われていません。 また自費診療になりますが、局所麻酔をして炭酸ガスレーザーで切除する方法もあります。 出血がほとんど無く治療することができますが、傷が癒えるまでは1カ月程度かかります。 いずれにせよ、皮膚科で治療をしても、その原因となる靴や歩き方などが改善されない限り、再発するため、根本の原因を見直すことが大切です。 関連:.

次の

肩こり解消グッズ「やわこ」の使い方。かたおよりちょっと柔らかい

やわ お とか たこ

たこのゆですぎかもしれませんね たこは足からゆでると言いますが 実際一番最初に火が通るのが足先ですから 根元もしくは頭から煮ていきます(沸騰したお湯に入れていきます) そのあと弾力を確認しましょう いつ茹で上がるかはわかりません ので たまにだしては弾力を確認します 弾力が出てきたらOKとしてみましょう その後小さく切り少し半透明な状態が残る感じがベストだと思います その後たこ焼きにした場合熱がくわえられますから 半生でもたこ焼きが出来ると同時に 茹で上がりもベストな状態になると思います あとゆでたたこは大根でたたくとより柔らかくなりますという記述があるのは知っていると思いますが これをした後にたこ焼きにするのも手ではないかと思います (小さく切ったら火が通りやすいので堅くなるって事もありますね) A ベストアンサー たこ焼きの中をトロトロにする決めては、生地の濃さだと思います。 もっと生地を水で薄めて下さい。 今どの程度か分りませんが、今よりも水を多めに入れて試してみてはいかがですか。 いずれその感覚が掴めると思います。 かなり昔の話です。 通り掛かりで露店のたこ焼きを準備している人が、小麦粉を小麦粉を解いてました。 『何で?小麦粉をケチケチして、あんなに水入れちゃうの???』 と。 あれが秘訣だったんですね。 たこ焼きは、中まできちんと火が通っています。 通っていなければ生焼けです。 たんぱくもこの温度当りで加熱変性します。 野菜なども加熱調理状態になります。 火力というよりも、必要なのは焼き板の温度です。 最初加熱しておいても、生地を入れれば温度が一度下がります。 生地が加熱されて熱を奪わなくなると、焼き板の温度が上がり始め、表面が焼けた状態になります。 この時に火力が弱いと、表面が焼けて来るまでに時間が掛ります。 中まで伝わった熱で、水分の蒸発が有りますが、現実に蒸発するのは表面近くです。 表面近くだけが水分が飛ぶので焼けた状態になるのです。 火力が強い場合には、焼き板の温度は直に回復するので、比較的短時間で表面が焼けて来ます。 しかし余りに早く焼けてしまうと、内部に熱が伝わらずに、生の状態になります。 そのバランスは大切です。 基本的にはその様に設計されているはずなのです。 たこ焼きのトロトロは、決して生の状態ではありません。 澱粉がきちんと糊化する温度以上に加熱されてなければなりません。 ですから糊化された状態でお好み焼きの様に硬くなるのか、たこ焼きの様にトロトロにするのか。 それは最初の水分、すなわち生地を解く時の水の量で決まります。 実は澱粉は加熱して糊化する時に、かなり膨潤し、周囲から多量の水分を奪います。 全体として水分が極めて少ないと、クッキーの様な硬い状態かボソボソ状であり、少し増えるとパンの状態、更に増えてお好み焼きの状態、たこ焼きの状態へと変わります。 たこ焼きの中をトロトロにする決めては、生地の濃さだと思います。 もっと生地を水で薄めて下さい。 今どの程度か分りませんが、今よりも水を多めに入れて試してみてはいかがですか。 いずれその感覚が掴めると思います。 かなり昔の話です。 通り掛かりで露店のたこ焼きを準備している人が、小麦粉を小麦粉を解いてました。 『何で?小麦粉をケチケチして、あんなに水入れちゃうの???』 と。 あれが秘訣だったんですね。 たこ焼きは、中まできちんと火が通っています。 通っていなければ生焼けです。 小麦粉の糊化... A ベストアンサー 1.重曹を入れて、弱火で長時間煮る 重曹はタコ中くらいの一匹で小匙半分から1位 と聞いたことがあります。 2.圧力鍋で短時間煮る。 上記は試したことがありません。 炭酸水で煮る場合ですが、 炭酸水だけではそれほど柔らかくなりません。 鍋に、炭酸水、水、日本酒を等量で、煮るのに必要な煮汁の全体の量は、タコが十分に浸る量(タコ全体かかぶさるくらいの量)より1割増しにする。 そして、先にこの汁を沸騰させます。 沸騰したらいったん火を弱めタコを入れて、沸騰寸前の状態で10分ほど煮ます。 灰汁はこまめに取り除いてください 10分経過したら、砂糖を入れます、分量は好みですが、入れないと柔らかくならないので(砂糖の量によって固さが変わるわけではないらしいのですが)、甘くないのが好みなら大匙1位でいいと思います。 そしてお醤油を入れ、弱火にして、落とし蓋をして、約1時間を目安に煮てください。 時々竹串でタコを刺し、柔らかさを確認するのを忘れないでください。 砂糖の代わりに炭酸水をコーラ(ダイエットやカロリーゼロでないもの)でもいいと聞いたことがあるのですが、試したことはありません。 1.重曹を入れて、弱火で長時間煮る 重曹はタコ中くらいの一匹で小匙半分から1位 と聞いたことがあります。 2.圧力鍋で短時間煮る。 上記は試したことがありません。 炭酸水で煮る場合ですが、 炭酸水だけではそれほど柔らかくなりません。 鍋に、炭酸水、水、日本酒を等量で、煮るのに必要な煮汁の全体の量は、タコが十分に浸る量(タコ全体かかぶさるくらいの量)より1割増しにする。 そして、先にこの汁を沸騰させます。 沸騰したらいったん火を弱めタコを入れて、沸騰寸前の状態で10分ほど煮ます。... Q 鮭を使った料理をするとき、いつも臭みが残っているのが気になっています。 ごく普通の焼き魚や刺身は気にならず、むしろ美味しく食べています。 でも、ムニエル、フライ、ホイル焼きなど、生鮭を使う料理のときには臭みを感じてしまいます。 下味をつけ、火もちゃんと通っているのに。 臭みを消そうと、お酒に浸してみたのですが変わりません。 レモンやバターを使っても、鮭の中のほうの臭みが気になるんです。 魚を買う時は、いくつかのスーパーのうち、刺身が美味しいと思う店で買うようにしているので、鮮度はそれ程悪くない気がします。 子供たちに魚の美味しさを感じて欲しいので、どうしてもこの生臭さを解消したいのです。 生臭さを消す方法、気にならずに食べられるレシピなど、教えてください。 ~子供が小さいため、香辛料をたくさん使う方法は使えませんが・・・。 A ベストアンサー 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと薄めにして火の通りを良くする等しても良いかと思います。 (僕もフライパン料理は余り得意でないので、ちょいと自信が無いのですが、家庭用のフライパンは薄いので、素材を乗せたときにぐっと温度が下がり、慌てて火を強くすると今度は表面だけが焦げるなどしやすいです。 ) また、切り身は下味をつけたり、調理をする前に軽く塩を振り、3~5分位たった後に染み出てきた水気をペーパーなどでしっかりと取ってそれから下味を付けてみてください。 軽く塩を当て軽く水切りすることで、生臭みを取ることができます。 (塩焼きでも、それから味付け用の塩を再度振るのです。 ) 一応、考えられる所を挙げてみました。 お試しになってみて、ご意見など聞かせて頂けると嬉しいです。 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと...

次の

『タコの柔らか煮はホントにとっても柔らかかった♪(明石魚の棚 兼一水産)』by natchan72 : 兼一水産 (カネイチスイサン)

やわ お とか たこ

たこのゆですぎかもしれませんね たこは足からゆでると言いますが 実際一番最初に火が通るのが足先ですから 根元もしくは頭から煮ていきます(沸騰したお湯に入れていきます) そのあと弾力を確認しましょう いつ茹で上がるかはわかりません ので たまにだしては弾力を確認します 弾力が出てきたらOKとしてみましょう その後小さく切り少し半透明な状態が残る感じがベストだと思います その後たこ焼きにした場合熱がくわえられますから 半生でもたこ焼きが出来ると同時に 茹で上がりもベストな状態になると思います あとゆでたたこは大根でたたくとより柔らかくなりますという記述があるのは知っていると思いますが これをした後にたこ焼きにするのも手ではないかと思います (小さく切ったら火が通りやすいので堅くなるって事もありますね) A ベストアンサー たこ焼きの中をトロトロにする決めては、生地の濃さだと思います。 もっと生地を水で薄めて下さい。 今どの程度か分りませんが、今よりも水を多めに入れて試してみてはいかがですか。 いずれその感覚が掴めると思います。 かなり昔の話です。 通り掛かりで露店のたこ焼きを準備している人が、小麦粉を小麦粉を解いてました。 『何で?小麦粉をケチケチして、あんなに水入れちゃうの???』 と。 あれが秘訣だったんですね。 たこ焼きは、中まできちんと火が通っています。 通っていなければ生焼けです。 たんぱくもこの温度当りで加熱変性します。 野菜なども加熱調理状態になります。 火力というよりも、必要なのは焼き板の温度です。 最初加熱しておいても、生地を入れれば温度が一度下がります。 生地が加熱されて熱を奪わなくなると、焼き板の温度が上がり始め、表面が焼けた状態になります。 この時に火力が弱いと、表面が焼けて来るまでに時間が掛ります。 中まで伝わった熱で、水分の蒸発が有りますが、現実に蒸発するのは表面近くです。 表面近くだけが水分が飛ぶので焼けた状態になるのです。 火力が強い場合には、焼き板の温度は直に回復するので、比較的短時間で表面が焼けて来ます。 しかし余りに早く焼けてしまうと、内部に熱が伝わらずに、生の状態になります。 そのバランスは大切です。 基本的にはその様に設計されているはずなのです。 たこ焼きのトロトロは、決して生の状態ではありません。 澱粉がきちんと糊化する温度以上に加熱されてなければなりません。 ですから糊化された状態でお好み焼きの様に硬くなるのか、たこ焼きの様にトロトロにするのか。 それは最初の水分、すなわち生地を解く時の水の量で決まります。 実は澱粉は加熱して糊化する時に、かなり膨潤し、周囲から多量の水分を奪います。 全体として水分が極めて少ないと、クッキーの様な硬い状態かボソボソ状であり、少し増えるとパンの状態、更に増えてお好み焼きの状態、たこ焼きの状態へと変わります。 たこ焼きの中をトロトロにする決めては、生地の濃さだと思います。 もっと生地を水で薄めて下さい。 今どの程度か分りませんが、今よりも水を多めに入れて試してみてはいかがですか。 いずれその感覚が掴めると思います。 かなり昔の話です。 通り掛かりで露店のたこ焼きを準備している人が、小麦粉を小麦粉を解いてました。 『何で?小麦粉をケチケチして、あんなに水入れちゃうの???』 と。 あれが秘訣だったんですね。 たこ焼きは、中まできちんと火が通っています。 通っていなければ生焼けです。 小麦粉の糊化... A ベストアンサー 1.重曹を入れて、弱火で長時間煮る 重曹はタコ中くらいの一匹で小匙半分から1位 と聞いたことがあります。 2.圧力鍋で短時間煮る。 上記は試したことがありません。 炭酸水で煮る場合ですが、 炭酸水だけではそれほど柔らかくなりません。 鍋に、炭酸水、水、日本酒を等量で、煮るのに必要な煮汁の全体の量は、タコが十分に浸る量(タコ全体かかぶさるくらいの量)より1割増しにする。 そして、先にこの汁を沸騰させます。 沸騰したらいったん火を弱めタコを入れて、沸騰寸前の状態で10分ほど煮ます。 灰汁はこまめに取り除いてください 10分経過したら、砂糖を入れます、分量は好みですが、入れないと柔らかくならないので(砂糖の量によって固さが変わるわけではないらしいのですが)、甘くないのが好みなら大匙1位でいいと思います。 そしてお醤油を入れ、弱火にして、落とし蓋をして、約1時間を目安に煮てください。 時々竹串でタコを刺し、柔らかさを確認するのを忘れないでください。 砂糖の代わりに炭酸水をコーラ(ダイエットやカロリーゼロでないもの)でもいいと聞いたことがあるのですが、試したことはありません。 1.重曹を入れて、弱火で長時間煮る 重曹はタコ中くらいの一匹で小匙半分から1位 と聞いたことがあります。 2.圧力鍋で短時間煮る。 上記は試したことがありません。 炭酸水で煮る場合ですが、 炭酸水だけではそれほど柔らかくなりません。 鍋に、炭酸水、水、日本酒を等量で、煮るのに必要な煮汁の全体の量は、タコが十分に浸る量(タコ全体かかぶさるくらいの量)より1割増しにする。 そして、先にこの汁を沸騰させます。 沸騰したらいったん火を弱めタコを入れて、沸騰寸前の状態で10分ほど煮ます。... Q 鮭を使った料理をするとき、いつも臭みが残っているのが気になっています。 ごく普通の焼き魚や刺身は気にならず、むしろ美味しく食べています。 でも、ムニエル、フライ、ホイル焼きなど、生鮭を使う料理のときには臭みを感じてしまいます。 下味をつけ、火もちゃんと通っているのに。 臭みを消そうと、お酒に浸してみたのですが変わりません。 レモンやバターを使っても、鮭の中のほうの臭みが気になるんです。 魚を買う時は、いくつかのスーパーのうち、刺身が美味しいと思う店で買うようにしているので、鮮度はそれ程悪くない気がします。 子供たちに魚の美味しさを感じて欲しいので、どうしてもこの生臭さを解消したいのです。 生臭さを消す方法、気にならずに食べられるレシピなど、教えてください。 ~子供が小さいため、香辛料をたくさん使う方法は使えませんが・・・。 A ベストアンサー 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと薄めにして火の通りを良くする等しても良いかと思います。 (僕もフライパン料理は余り得意でないので、ちょいと自信が無いのですが、家庭用のフライパンは薄いので、素材を乗せたときにぐっと温度が下がり、慌てて火を強くすると今度は表面だけが焦げるなどしやすいです。 ) また、切り身は下味をつけたり、調理をする前に軽く塩を振り、3~5分位たった後に染み出てきた水気をペーパーなどでしっかりと取ってそれから下味を付けてみてください。 軽く塩を当て軽く水切りすることで、生臭みを取ることができます。 (塩焼きでも、それから味付け用の塩を再度振るのです。 ) 一応、考えられる所を挙げてみました。 お試しになってみて、ご意見など聞かせて頂けると嬉しいです。 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと...

次の