オリンピック 中止しろ。 東京オリンピックの呪い?コロナ対策失敗!中止すべき本当の理由に驚愕!

オリンピックを中止すべき理由【海外の声】

オリンピック 中止しろ

日本の東京2020組織委員会の要請でこれは削除されたと報じられているが、バッハ会長がありもしない事実を公式ホームページででっちあげるだろうか? 急転直下、1年延期が決まり、日程まですぐに決まった経緯からしても、日本側から何らかの提示があったことは想像に難くない。 いずれにせよ、「3000億円の追加費用」を出すだけの予算があったら、「やってほしいことはほかにある」というのが、新型コロナウイルスの感染拡大がいまだに止まらず、緊急事態宣言の下、感染と生命の危険に怯え、生活を大幅に規制されている多くの人たちの実感ではないだろうか。 新型コロナウイルスの蔓延で、世界は一定程度の平和・平穏状態から、有事へと状況が変わった。 人類の生命の危機、これまでの社会生活や国際交流が脅かされる危機に直面している。 しかも、国や民族間の争いではなく、人とウイルスとの闘いである。 新型コロナウイルスの感染が始まる前と現在では、人々の判断基準が大幅に変わっていて当然だ。 ここまで感染が長引き、収束の目途が立たない状況が続いている中、当初の安易な楽観論がもう通用しないことは多くの人々が感じているだろう。 ほとんどの人々は、未来を展望することさえできず、自分と家族、大事な人たちの健康と命をどう守ればいいのかで精一杯だ。 それでもまだ、「オリンピックは1年後に絶対開催する」という決意が、支持されるだろうか? 森会長「再延期は絶対ない」発言で 判断力と見識のなさを露呈 4月22日、東京2020組織委員会の森喜朗会長は、記者会見で「新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期となった東京大会の再延期は『絶対ない』との見方を示した」と報じられた。 スポニチには、続いて次のように書かれている。 『「選手のことや大会運営上の問題を考えても2年延ばすことは技術的に困難」と説明。 感染終息に懸念があり、安倍首相には「2年は考えなくていいんですか」と尋ねたが、「首相が1年でいい、と決断した」と明かした。 』(スポニチ2020年4月23日付) この発言に「よかった!」と快哉を叫んだ人がどれほどいただろうか? 現状とあまりにもずれていないか? 私が取材しているオリンピックに出場予定の人たちでさえ、戸惑っている。 延期を議論する前後から、日本政府、東京都、東京五輪組織委員会は一度たりとも、都民や国民に、東京オリンピックの延期や中止に関して意見を求めていない。 すでに決まったことだからとばかり、国民の思いなど聞くこともせず、一方的に進めている。 しかも、東京都がホストであるにもかかわらず、都知事選の候補者擁立などの絡みもあるのか、小池知事は静かになり、本来は当事者でないはずの安倍首相が交渉の先頭に立った。 スポーツ界の意向すら聞くことなく決められた。 民意が入り込む余地を抑え込んでいる。 責任ある立場の人々、その分野を担う人々は、有事下においても将来を展望し、備える視野を持つことは重要だ。 だから、多くの人々がいまに汲々とする中でも先を見据える人たちがいてほしいものだ。 しかし、この期に及んで「再延期は絶対ない」と断言し、「1年でいい」と決断する組織委員会会長や首相に総合的な判断力や見識があるとは思えない。 改めて、提言する。 東京都、日本政府、そして東京2020組織委員会は、いまこの時点で、都民、国民に「東京オリンピックの1年後の開催を歓迎するか」を問うべきだ。 そして、大いに議論すべきだ。 もちろん、出場予定の選手たち、指導者たちの意見や気持ち、現状も聞くべきだろう。 その上で、国民が思いを新たにし、どうすべきかの方向性を共有してこそ、国民的な事業といえるのではないだろうか。 実施にしても中止にしても、それをすることで得られることは大きいはずだ。 そして、新型コロナウイルスが収束した後のスポーツ界が、どんな価値観を持ち、何を大事に運営されるべきかの展望も見えてくると期待する。 3000億円の追加費用は 「無駄」と断言できる理由 私は、これだけ大変な状況が続くいま、「1年後の開催は無理だろう」「早く中止を決めるべきだ」と感じている。 1年後のオリンピックの準備より、いまは「命と健康を守ること」「社会の平和を取り戻すこと」が何より緊急のテーマだ。 そのために、いまあるものはすべて新型コロナウイルス対策に注力すべきだ。 例えば、オリンピックのために建設・整備した施設は、感染者や感染防止、仮設の医療施設として使えるだろう。 オリンピック村だけでなく、新国立競技場や他の競技場も転用すれば大いに役立つはずだ。 「1年後にオリンピックに使う」と考えるから使用が躊躇されるが、その可能性をゼロにしたなら、「さあ、どう使えるか」と発想も転換できるだろう。 そして、本来はオリンピックのために造った施設が、運よく新型コロナウイルス対策に大きな役割を果たしたとなれば、莫大な費用も先行投資だったと理解される可能性もある。 3000億円とされる追加費用に関しても、「無駄だ」と断言する。 安倍首相や当事者たちは、これまでに投資した1兆円以上とされる予算を無駄にしないためにも「何とかオリンピックを実施し、回収したい」のだろう。 だが、それはもう雲散霧消している。 「復興五輪」だとか「新型コロナウイルスを乗り越えた祝祭として」とか、さまざまな詭弁を弄してオリンピック開催を正当化してきたが、政府・財界の思惑が「経済効果」であることは衆目の一致するところだ。 安倍首相は、東京オリンピックを推進の旗頭として「インバウンド増加による観光立国の実現」「日本が誇るアニメやITなどの先端技術の輸出拡大」などを目論んでいた。 その思惑は自らマリオに扮したリオ五輪閉会式の演出でも明らかになった。 つい先日まで、その意図どおり進展しているかに見えた。 インバウンドは想定を上回る数で上昇し、日本中が中国をはじめアジア各国からの来訪者であふれた。 しかし、新型コロナウイルスですべては変わった。 いま改めて、安倍首相が提唱した「インバウンドで日本を活性化する」という政策を支持する国民がどれほどいるか? 去年までのように、自分たちの平穏な生活や文化・習慣までがアジアの人たちに踏みつぶされるような風景を取り戻したいか? 経済だけを優先させる価値観は、見直されるだろう。 新型コロナウイルスが収束できたとしても、その先にあるのは、これまでと同じ日本社会ではないはずだ。 新型コロナウイルスを乗り越えて、新たに気づいた価値観を共有する社会だろうし、そうあってほしい。 そこでスポーツがどんな役割を果たすのか。 おそらく、勝利至上主義と商業主義が結びついたエリート優遇のスポーツからの脱却も進むだろう。 オリンピックのビジネスモデルも、今回の事態ではっきりと終焉を迎えた。 それを認識すれば、もはや、3000億円をさらに投入する価値はない。 選手たちに輝く舞台、躍動する機会を与えてあげたい。 それはスポーツを愛する者の当たり前の思いだ。 しかし、これまでと同じように、一部のスポーツ選手だけが優遇され、一攫千金を果たし、メディアや企業がヒーローに群がって商売する構造も空しいものだと多くの人たちが心のどこかで感じるのではないだろうか。 スポーツ界はそこからの脱却と転換を次の道筋とすべきだ。 その意味でも、従来と同じ、商業主義、勝利至上主義的なオリンピックを拙速に強行する必然性はない。 転載元は ピックアップ• ステップ・バイ・ステップでSDLプログラミングの初歩を解説• 「HMS」って何? Androidスマホと何が違うの?• どんなデバイスが、どのくらいネットワークを使っているのかをグラフィカルに可視化• 単年度でなく数年後も対応できる「GIGAスクール構想」実現を、低価格の10ギガ製品や無線LAN製品、長期保証で支援• Core i7-10875HにGeForce RTX 2080 Super with Max-Qは現時点で最新・最強• 今年度もSDLアプリコンテストを開催中! まずはSDLについて知ってみよう• クラウドネイティブな「Veeam Backup for Microsoft Azure」発売、マルチクラウド時代に備える選択• ユーザビリティーと冷却性能に注目、ゲームしやすいPCとは何かを追求したうえでの答え• ゲームにもコンテンツ制作にも不足なし!• 電波の弱い部屋を撲滅したい!• 7月2日全国発売です!!! 毎日45%ポイント還元アリの電子コミック「まんが王国」がお得感No. 1なワケ• 使い込むほどに実感する使い勝手と利便性の心地よさ• ゲームもテレワークも1台でこなしたい!• テレワーク推奨で俄然気になる家庭のパソコン選び• 第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場• 「子どもにも一台持たせる環境」にベストなタブレットはこれ!• ストレージメーカーに聞くHDD取扱いの注意点• 多様化する働き方に合わせて使える機能満載• LAVIE開発者に聞くテレワークに特化した最強のプレミアムモバイルノート誕生の裏側• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

123456789012345678901234567890

オリンピック 中止しろ

「米テレビ局に1100億円払っているので中止できない」 WSJ紙日本語版によると、取材に応じたのは東京五輪・パラリンピック組織委員会理事の高橋治之氏だ。 電通出身の高橋氏は、電通スポーツ事業局時代から数多くのスポーツイベントを仕切ってきた。 今回の東京五輪でも、いわば台所事情を一番よく知っているといわれる人物だ。 高橋氏は、 「新型コロナ感染拡大の影響で今夏の五輪開催が難しくなれば、最も現実的な選択肢は開催を延期することだ」 との見解を示した。 すでに米テレビ大手のNBCユニバーサルが、東京五輪の放映権に11億ドル(約1100億円)を支払っており、 「中止すればIOC自身が経営的におかしくなる。 来年のスポーツイベントの予定はおおむね固まっているため、延期の場合は2年後のほうが調整しやすい」 との考えを示したのだった。 今回のこの記事には、ネット民の多くは「延期は当然だろう。 やっと組織委内部からこういう意見が出てきたか」と、冷ややかに受け止める声が大半だ。 「新型コロナウイルスの終息が見通せない現在、国民のほとんどが東京五輪開催なんて無理だと思っているはず。 やっとまともな意見が外に出て来ましたね。 被害を最小限にするには一刻も早く延期を決定して、次に行動を移すべきです。 今夏開催にこだわる森喜朗組織委会長を変えないと、惨憺たる結果を招きますよ」 「仮に予定通り開催しても、外国の選手は日本に来たくはないだろうし、経済面をみてもインバウンド(外国人観光客)の来日は見込めない。 何より日本人全体が、開催して大丈夫なのかという気持ちになっている。 延期するなら早く決定したほうがいい。 そのこと自体も選手ファーストにつながる。 日本はIOCの決定を待たず、主体的に延期の提案を挙げていくことが望ましい。 国際的な信用とは、こういう緊急事態の言動によって確立していくものだ」 「海外ではとっくに中止の流れになっていますよ」 「海外で暮らしていますが、海外ではもう中止の流れになっています。 むしろまだ日本は開催するつもりなの? という感じです。 ローカルスタッフも次々と日本への旅行をキャンセルしています。 仮に4月に収まったところで開催できる保証がどこにあるのか。 IOCもWHO(世界保健機関)のコロナ終息宣言を根拠に判断します。 WHOの終息宣言の判断基準は新規発生者なしの状況が28日継続する事が条件です。 IOCの最終判断期限は5月末と言われます。 となると4月中に新規感染者ゼロが続き、その状態が5月末まで継続しなくてはいけませんが、大丈夫ですか?」 東京都民やポランティアを決めている人からも「今年の開催はもう無理」という声が上がっている。 「都民です。 選手たちも内心はこの状態では無理かなと思っているのではないか。 それなら早く延期するのか中止するのか決めたほうがいいです。 東京都にも早く決めて、コロナ対策に専念してもらいたい。 今の状態ではオリンピックを楽しむどころか、煩わしくさえ感じます」 「オリンピックが楽しみでボランティアキャストも決定している立場です。 それくらい肯定的でも、延期は仕方ないと思います。 今かなり無理して経済を停滞させてでも何とか封じ込めようとしているのに、これで観戦のため来日した人からまた感染が広がったら、もう日本は経済的にも耐えられないでしょう。 海外旅行のキャンセル料は2か月前からです。 渡航者のためにも、早めに決断してほしいです」 「中止」ではなく「2年後に延期」という案は素晴らしいという声も多かった。 「延期はいい案だね。 2年後だと、コロナウイルスのことがわかり、ワクチンができて必要以上に恐れなくなる。 シンクタンクの調査によると、中止したら7~8兆円の経済的損失になるそうだが、延期すれば経済的な被害も少なくなるでしょう」 「延期が大多数の日本人の妥当な願いではないでしょうか。 オリンピックの重圧がなくなれば、医療機関は検査がやりやすくなり、感染の実態を正確に把握でき、より的確で科学的な感染防御を実施できそうです。 今はコロナウイルス感染拡大の制圧に国力を傾注すべきです。 日本や一部の国々で終息宣言を出せても、それ以外の国でも終息していないとオリンピックどころではありません。 治療薬やワクチンが利用できる頃、2年の延長が最も安全でしょう」 「2年後なら競泳の池江璃花子さんも間に合うかも」 ただ、今年の開催を目指して頑張ってきたアスリートの気持ちを思いやり、胸を痛める人は多い。 「日本をはじめ西側諸国がモスクワ五輪ボイコットした時は、選手がパニックになったのを思い出す。 当時は政治的な問題だったが、今回は疾病が原因だ。 自分が感染症になったら大変だし、命にかかわる問題だから、最終的に納得してくれるのではないか」 「延期は仕方ないとしても、困るのは選手だよな。 今夏に身体がピークになるように調整してきたのに、2年後となると話が変わってくる。 能力値も変化するし、メンタル面で大きなマイナスとなり、調整などに失敗してしまう選手もたくさん出てくる」 「延期した場合には出場選手も変わるだろうから、今夏のオリンピックで現役を終えようと考えている選手、今夏に照準を合わせてきた選手には本当に気の毒だ。 サッカーなどは年齢制限オーバーになる選手が出てくるね」 「いや、全競技でもう一度代表選考することになるだろうね」 「オリンピック年に選手としてのピークを迎えられるかどうかはその人の運命だ。 今年が流れてダメになる選手がいる一方、2年後には次の有望株が生まれるだろう」 そして、こんな声も。 「2年後に延期は大賛成だ。 2年後なら競泳の池江璃花子さんも間に合うかもしれない」 「延期すると全国のイベントや地方経済に打撃を与える」 ところで、意外なことに「延期するならいっそ中止にしたほうがいい」という意見が非常に多かったのだ。 その理由の第一は、ほかのイベントにも大きな影響を与えることだ。 「延期すると、各競技のワールドカップや世界選手権の日程に影響が出てくる。 代表選手もオリンピックと世界選手権とどちらを優先したらよいか困るだろう。 ワールドカップや世界選手権の開催地から反発が出るのは必至だ。 延期するくらいなら潔く中止すべきだ」 「2年後に延期した場合、その次のオリンピックはその2年後になる。 各競技の予選の日程を考えると無理だ。 それにオリンピックは中止されることはあっても延期された歴史はない」 延期は、日本全国のイベントや地方経済に打撃を与えるという指摘がある。 「今回の東京五輪開催のために、どれだけ多くの国内各地の恒例行事を中止してきたか。 花火大会や夏祭りなどの地域イベントだ。 仮に1年2年変更したら、変更した年の行事にまた支障が出る。 下手をすると2年連続で花火大会や夏祭り等が中止することになる。 地域経済への打撃は甚大だが、東京都はそれらの経済損失を補填できるのか。 東京以外のほかの地域を巻き込んでの混乱は避けるべきで、予定通り開催出来ない場合は中止だ」 「そのとおりだ。 たとえば、東京のビッグサイトを中心とした会場群だって、本来なら今年もあったはずのイベントを先々まで延ばして、スケジュールがびっしり詰まっている。 再調整にどれだけの手間がかかることか、想像するだけで恐ろしい。 延期によって発生する費用は、どうせ我々の自己負担にされるのだろう。 勘弁してほしい」 「選手村はオリンピック後にマンションとして販売予定で、延期になるとどうするのか。 すでに販売開始になっている棟もあるのだが、2年間入居できないとなると購入者にとっても大問題ではないか」 被災者「オリンピック... 外国の話みたいに思えます」 今回のコロナ騒動で、「改めてオリンピックって必要なのかと考え直すと、必要とは思えなくなった」という人がけっこう多かった。 こんな意見に代表される。 「オリンピック自体、もうやめればいい、永遠にね!こんなにお金をかけるスポーツイベント意味がない。 ラグビーのワールドカップであれだけ盛り上がった。 サッカーでもワールドカップがある。 野球でもWBCがある。 これだけ各競技の世界大会が増えているのに、さらにその上の大会、必要ですか?」 「まったく同感だ。 それぞれの競技には適した土地や季節があるのに、それを一か所に集めて真夏に行うことに無理がある。 スポーツの普及や国際交流に一定の役割を果たしてきたとは思うが、いまや弊害のほうが大きすぎる。 オリンピックの歴史的役割は終了したと考える」 「目からウロコの見解だ。 選手が可哀そうだから、オリンピックという制度自体やめたほうがいい。 国別対抗のオリンピックがあるから、やれ金メダルを取らなければとか、国を背負う重圧を選手に課すことになる。 各競技の世界選手権なら、これほどの『メダル病』にはならず、選手ものびのびとパフォーマンスを発揮できるようになるだろう」 「もうオリンピック自体、地球上で開催できる国が限られてきて、そのたびに負担をかけている。 完全になくして各競技で世界一を決めればいい。 オリンピックにかけてきた莫大な費用を、世界中の貧しいスポーツ少年少女に回したらどれだけスポーツが発展するか。 一握りのスポーツ選手のために天文学的な費用をかける意味がどこにあるのか」 WSJ紙の記事が流れたのは3月11日。 東日本大震災から9年目の日だった。 「本当にそう思います。 被災した人のテレビインタビューを見ていたら、『オリンピック... 外国の話みたいに思えます』と漏らしていましたよ」 (福田和郎).

次の

【中止だ!!】オリンピックやめろ!開催を批判される理由!

オリンピック 中止しろ

2020年夏開幕の東京オリンピック・パラリンピックまであと数ヶ月に差し迫った今、世界中でコロナウイルスが蔓延し、各国が対応に追われています。 「本当にオリンピック・パラリンピックは開催できるのか?」と不安に感じる方も多く、「チケットせっかく手に入れたのに…中止や延期になったら払い戻しなし?手数料は?」と返金対応についても気になりますよね。 東京マラソンはコロナウイルスの影響で一般参加者の出場を中止し、返金なしという対応をして、ツイッターが炎上していたのも記憶に新しいかと思います。 オリンピックの場合も東京マラソンのように全額返金や転売ができないとなると、金額が金額だけに痛い損失ですよね。 また、先日IOCが「このままではオリンピックの中止もありうる」という趣旨の声明を出したことで、日本政府も各イベントに自粛要請を出しました。 それを受けて各イベントが中止または延期を次々と発表していますが、そのイベント代金についても、手数料がかかってもいいからと全額返金を求める声が上がっています。 日本政府としては、オリンピック開催に向けての都内マラソンコース整備で東京都がすでに多大な損害を出しているので、これ以上損害を大きくしたくないことでしょう。 さらに3月9日、専門家の間で「コロナウイルス長期化の可能性」が発表され、ますます五輪開催が危ぶまれています。 そこで、今回は2020年東京オリンピック・パラリンピックのチケット代金の詳細をまとめたいと思います! オリンピックチケットの払い戻しなしで返金0?オリンピック中止は濃厚? 今朝ニュース見たら東京オリンピック中止か?組織委の人の発言らしく正式では無いですが可能性は有りますね じゃあ何処でするの既に世界中広がってるし)この細菌何でも進化してるらしくルート特定も難しい同時多発的に広がるかな?て言うか天然の物かな自然界で勝手にできるかな 不思議です — hiro hiro10826381 中国武漢市で感染が始まり、ここ1ヶ月で猛威を振るっている新型肺炎コロナウイルス。 収束するどころかどんどん拡大しており、このまま感染拡大し続ければ、今年の夏開催の東京オリンピック・パラリンピックの開催も怪しくなってきました。 当初は中国と日本だけの感染でしたが、一気に世界各国に広がり、今や日本は第二の武漢として世界中から注目を浴び、旅行のキャンセルやイベント自粛が相次いでいます。 先日、 オリンピック委員会のIOCが「大会の中止は"最悪のシナリオ"だが、あり得るなら代替案を考慮しなければならない」と発表し、日本政府は慌てて対応に追われています。 実際にこのまま日本だけでなく世界中でコロナウイルスの感染が広がり続ければ、開催は厳しいのは素人でもわかりますよね。 この感染拡大を抑えるためには、1,2週間の対応が重要と言われていますが、現況では収束はまだまだ先なのではないでしょうか。 たとえ感染拡大が収まっていったとしても、しばらくは日本に近づきたくないと思うのが各国選手の心情かもしれません。 仮に開催されても各国がそれぞれ「参加自粛」という形をとる可能性も高く、そうなれば残念ながら「オリンピック開催中止または延期」という可能性もかなり濃厚なのではと思われます。 開催するにしろ中止にするにしろ、オリンピックを開催するか中止にするかという判断をいつまでにするのかという期日は5月末に迫っています。 全額損失になることを防ぐために、「延期」という措置が取られる可能性はないのかと考えてみましょう! もし延期とするならば、いつになるのかという問題ですが、2020年開催はないのかなと考えます。 時期を2020年秋にずらすとしても、秋に収束しているかも不安ですし、秋は日本では台風なども多いため開催が難しいのが現実でしょう。 なので、 2021年以降の夏に延期という可能性もありえると思います! また、 IOC委員が「2020年開催を望むが、1年延期も選択肢の一つ」と語っているという報道もあるため、「延期」という線がかなり濃厚なのではないでしょうか。 「延期」となった場合、チケットはそのまま使用できるのかについてですが、おそらくそのまま使用もできる方針で進むのではないかと思われるので、中止ではなく「延期」でお願いしたいですね! オリンピックチケットをキャンセルできるか公式規約から徹底検証! オリンピック中止?強行? こうなるわな・・。 — springwon ballad6971 オリンピックが中止となれば気になるのが、「チケットの払い戻し」ですよね。 オリンピックの観戦チケットは人気スポーツや開会式などのかなり高額なものもあり、家族全員分当たって何十万と支払っている方もいます。 もし、中止となって払い戻しがなければかなりショックを受ける方もいるのではないでしょうか。 チケットは転売禁止となっているため、中止となればただの紙切れと化してしまう観戦チケット。 観戦予定者としては、払い戻し返金対応をしてほしいところですが、実際 返金対応はあるのかというと、かなり可能性は低いのではないかと思われます。 オリンピック公式サイトでも、当選後・支払い後のチケットキャンセルは受け付けてないと記載されているので、厳しいかと思います。 日本政府・オリンピック委員会としては返金ありにしてしまうと、膨大な数のキャンセル・返金対応になり、その対応にさらにお金をかけることになるので返金はしない方向で進むのではないでしょうか。 ただし、 「チケットキャンセル」は受け付けないものの、「チケットの払い戻し」に関しては規定が異なります。 では、実際に公式サイトから情報を抜粋して解説していきましょう。 公式サイト「チケット払い戻し規定」の条件は? 公式サイトのチケットの「払い戻し手続き」について、このように記載されています。 第40条(払戻しの対象) 1.チケットの払戻しは、チケットの券面額を上限として認められます。 また、チケットの払戻しは、唯一の救済手段であり、チケットの交換、変更、キャンセルやチケットの返品は認められません。 2.チケットの払戻しが認められる場合には、当法人は、東京2020チケット規約その他当法人の定める手続に従ってチケット購入者に対してチケットの券面額を払い戻します。 チケットの発行手数料、配送手数料、コンビニエンスストア支払いの決済手数料等の手数料については払戻しの対象になりません。 tokyo2020. チケットのキャンセルとは「自己都合」のことで、払い戻しというのは「何らかの不可抗力によって生じるもの」に対する措置ではないかと推測されます。 ただし、「チケットの払戻しが認められる場合」について公式サイトでは情報が明記されていないため、 「新型コロナウイルスのパンデミックにより東京オリンピックが開催延期」が現実になった場合、その条件に含まれるかというのがわかりません。 仮に払い戻しが認められた場合は、 「チケットの券面額」と記載があるため全額が払い戻されるようですが、コンビニ手数料などは含まれないようですね! では次に、どのような条件なら払い戻しされる可能性があるのかについてチェックしていきましょう! チケットの払い戻し・返金に当てはまる条件とは? 第46条(不可抗力) 当法人が東京2020チケット規約に定められた義務を履行できなかった場合に、その原因が不可抗力による場合には、当法人はその不履行について責任を負いません。 tokyo2020. 公式サイトでは、なんらかの 「不可抗力」によって「義務を履行できない時」について責任を負わないと記載があります。 これはまさに今回の 新型コロナウイルスによる東京オリンピックの開催延期または中止が当てはまる可能性があるのではないでしょうか? そうなると、オリンピックが延期になった際のチケットの払い戻しは、やはり厳しくなるのではないかと予想されますね。 しかし、東京オリンピックのマラソンに関しては、開催地の変更によりキャンセル・返金対応を受け付けているので、今回の コロナウイルスという不測の事態での中止となれば返金の可能性もゼロではありません。 チケット購入・利用規約 チケットの販売総数の増減や、チケットの販売の中止・再開があったとしても、既に購入申込みをしたチケットの内容の変更やキャンセルをすることはできず、また、購入したチケットの変更、取消、交換、代金の払戻しをすることもできません。 tokyo2020. また、転売をと考える方もいるかもしれませんが、転売は禁止されており、転売された場合そのチケットでの入場は不可となります。 ではどうしようもないのかと言うと、払い戻しという形でなく「どうしても行けなくなった」という形で公式サイトを通じたチケット売買であれば、認められています。 全額返金という対応はなくとも、条件付きの返金対応がある場合もありますが、どちらにしろ不満の声は多く上がりそうですよね。 どちらにしろ、早く中止にするか延期にするか、チケットの払い戻しや返金対応についての発表をしてほしいものですね! ツイッターでのみんなの声は? 娘の学校の卒業式が中止が決定しました。 日本でも、色々な所で感染しているのに、感染者の数があまり増えないのは、オリンピックを開催する為なのでしょう。 私が働く会社でも、工場で感染者が出ても発表しないでしょう、倒産してしまいますから。 結局、世界は経済で回っている。 — いんくん raiden1091 東京オリンピックの開催が危ぶまれている今、ツイッターではオリンピックの開催・中止、返金についてどんな声があるのか見てみましょう! 楽天で購入 オリンピック|ホテルや航空券のキャンセル料はどうなる? また、オリンピックチケット代に加えてホテルの予約をしている人は、オリンピックのためキャンセル不可という条件のホテルが多く、中止になったらホテル代も損失になる…と嘆いている方もいるようです。 公式サイトでは オリンピック及びパラリンピックが安全のために延期または中止になった時の個人の損害について、このように記載しています。 第37条(セッションの変更) 1.セッションのスケジュールは、天候、大会運営状況、安全性確保等の事情により、当法人の判断により、前倒し、遅延、中止、中断、延期などの変更がされる場合があります。 当法人は、東京2020チケット規約に明記されている場合を除き、セッションのスケジュール変更によりチケット利用者に生じた損失については、責任を負いません。 tokyo2020. しかし現在、 各航空会社やJR各社において、コロナウイルスによるチケットキャンセルの返金を受け付ける動きが見られていますので、大会延期が濃厚とみられる際には早めにキャンセルした方がいいかもしれませんね。 オリンピック公式委員会は、大会中止かどうかわからなくても、せめて誰もが気になるオリンピックチケットの返金があるのかないのかについて、万が一中止となった場合の対応を前もって示してほしいところですよね。 後手後手に回る政府の対応に怒っている人の声が目立つ結果となっています。 チケットの払い戻しが決定! 3月26日のニュース速報! 東京オリンピックとパラリンピックの延期が完全に決定したことを受けて、東京2020大会組織委員会がチケットの扱いについて言及しました! 発表された事項は大きく分けて以下の2つです。 オリンピックチケットの払い戻しなしで返金0?中止濃厚でキャンセルできるか公式規約から徹底検証!まとめ オリンピック中止かも、 というニュースが流れてるけど、 こういうのどうなっちゃうんだろう? 何だか悲しい — 慎吾 shing42393565 オリンピックの中止または延期が濃厚になってもキャンセルできず、払い戻しや返金について公式からの発表もなく、ツイッターには不安視する声が増え続けています。 感染拡大を続ける鵜新型肺炎コロナウイルスの影響で、いろんなイベントが中止や延期を発表し、返金や払い戻しなしなのかと叫ばれている今、国民の多くがオリンピックはどうなるの?と注目を集めるばかり。 東京マラソンではチケットのキャンセルはもちろん不可の上、一般参加者への全額返金がされず、ツイッターが炎上する事態になったことから、東京オリンピックでも同様の対応であれば炎上は必至です。 転売もできない、東京マラソンのように返金・払い戻しなしとなれば、ただの紙切れと化すオリンピック・パラリンピック観戦チケット。 金額が金額だけに「諦めるか…」と思えませんよね! オリンピックのマラソンの開催地変更による返金対応がされたのであれば、もしオリンピックの開催自体が中止となった場合にも、たとえ手数料がかかっても全額払い戻ししてほしいものです。 はたまた、2020年春に案内予定の公式サービスに望みをかけるか、ちゃんとした返金対応が案内されることに期待したいところです。 あるいは延期という形をとって、別途手数料がかかるかもしれませんが、そのチケットで観戦が可能という措置を取ってほしいものです。 中止となることなく、「予定通り」あるいは「延期」という形で東京オリンピック・パラリンピックが開催され、観戦チケットがただの紙切れになることなく楽しめることを祈ります!.

次の