オタフク ソース 採用。 オタフクソース

オタフクソース株式会社のハローワーク求人|34010

オタフク ソース 採用

厳選した生野菜から抽出するスープが、すべての味の基礎になります。 商品毎に調合を変える100種類以上の香辛料と、手間を惜しまない昔ながらの多段仕込み製法。 今日も素材の声に耳を澄ませ、ひたむきにソースづくりを続けています。 豊かな自然に恵まれた日光。 ここでしか生まれない ソースがあります。 世界遺産の地でもある日光に、ユニオンソースの工場はあります。 日光の豊かな自然が育んだ「天然水」は、ソースや調味料の味をまろやかに表現してくれます。 日光の自然の恵みと社員の技術が合わさることで、はじめてユニオンソースの味が生まれます。 自ら考え、自ら実践できる。 ユニオンソースの はたらきかた。 ユニオンソースのはたらきかたは、ソースづくりに似ているのかもしれません。 めざす味に向かって、様々な工程でたくさんの社員が、素材と向き合う。 社員が自ら考え、自ら実践することで、新しい味の発見や次のステップへとつながります。 社員からの一言 諸手当• ・家族手当(扶養している次の家族がいる場合支給。 配偶者5,000円、18歳に達した3月までの子1人目15,000円・2人目20,000円・3人目以上30,000円、65歳以上の親族5,000円)• ・住宅手当(本人名義での所有・賃貸住宅の世帯主に支給。 7,000円~30,000円)• ・通勤手当(実費相当額を支給。 最大100,000円まで)• ・帰省手当(遠方の実家など「ふるさと」として登録した地への帰省の往復交通費の実費相当額を支給(家族がある場合、家族分も支給)。 年1回まで)• ・単身赴任手当(20,000円)• ・MR手当(営業職 5,000円)• ・単身赴任帰省手当(実費相当額を支給。 月1回まで)• ・在宅育児手当(育児休業中の場合支給。

次の

「お好み焼」という食文化を世界に拡げる「オタフクソース」

オタフク ソース 採用

事件概要 [ ] 1995年9月30日、オタフクソース株式会社の特注ソース製造部門の社員が特注ソース製造の作業現場で(首吊り自殺)した。 仕事内容は、老舗の料亭等が営業で使用する多種多様なソースや合わせ酢等の製造で、製造過程で加熱処理をするため、現場は相当の高温多湿状態となっていた。 このような作業現場で社員は他のスタッフ2名と早朝から製造作業を行なっていた。 1995年の夏は酷暑で作業現場は異常な高温多湿状態となり、業務量も増加していたため、8月には社員の同僚が脱水症となり病院に搬送されるまでになった。 同年9月に特注ソース製造部門は人員が入れ替わり、リーダー的存在であった同僚が抜け、代わりに全くの未経験者である社員がこの部門に配属された。 これにより経験者である社員、この部署に配属されて4ヶ月ほどである社員、未経験者の社員の3人体制で特注ソース製造部門は稼動し始めるが、経験者である社員の他のスタッフの製造ミスが多発し、この社員は親しい同僚に新人らへの教え方がわからないと悩みを打ち明けるようになる。 また、上司にも「教え方がわからないのでやめたい」と申し出たが、「10月には他部署に異動するのだからもう少し頑張れ」と言われ、辞意は通らなかった。 数日後に社員は再び退職を申し入れ、上司2名との話し合いが持たれたが結局この日も退職しないこととなった。 そして前述の通り9月30日に作業現場にてこの社員は自殺した。 判決要旨 [ ]• 自殺した社員は過酷な業務の中で心身の慢性的な疲労状態からうつ病となり、それが自殺につながった。 オタフクソース株式会社の安全配慮義務違反を認める。 被告は原告に1億1000万余の賠償を命ずる。 本判決の位置付け [ ] 1次判決以降、過労自殺事案において企業の損害賠償責任を認める判決が相次いでいた。 本件はそのような裁判例と同様の判断枠組みによるものと考えられる。 参考文献 [ ]• 広島地判2000(平成12)年12月10日労旬1493号10頁。 広島地判2000(平成12)年11月30日季労201号253頁。 (2017年5月11日最終閲覧) 関連項目 [ ]•

次の

サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば

オタフク ソース 採用

事件概要 [ ] 1995年9月30日、オタフクソース株式会社の特注ソース製造部門の社員が特注ソース製造の作業現場で(首吊り自殺)した。 仕事内容は、老舗の料亭等が営業で使用する多種多様なソースや合わせ酢等の製造で、製造過程で加熱処理をするため、現場は相当の高温多湿状態となっていた。 このような作業現場で社員は他のスタッフ2名と早朝から製造作業を行なっていた。 1995年の夏は酷暑で作業現場は異常な高温多湿状態となり、業務量も増加していたため、8月には社員の同僚が脱水症となり病院に搬送されるまでになった。 同年9月に特注ソース製造部門は人員が入れ替わり、リーダー的存在であった同僚が抜け、代わりに全くの未経験者である社員がこの部門に配属された。 これにより経験者である社員、この部署に配属されて4ヶ月ほどである社員、未経験者の社員の3人体制で特注ソース製造部門は稼動し始めるが、経験者である社員の他のスタッフの製造ミスが多発し、この社員は親しい同僚に新人らへの教え方がわからないと悩みを打ち明けるようになる。 また、上司にも「教え方がわからないのでやめたい」と申し出たが、「10月には他部署に異動するのだからもう少し頑張れ」と言われ、辞意は通らなかった。 数日後に社員は再び退職を申し入れ、上司2名との話し合いが持たれたが結局この日も退職しないこととなった。 そして前述の通り9月30日に作業現場にてこの社員は自殺した。 判決要旨 [ ]• 自殺した社員は過酷な業務の中で心身の慢性的な疲労状態からうつ病となり、それが自殺につながった。 オタフクソース株式会社の安全配慮義務違反を認める。 被告は原告に1億1000万余の賠償を命ずる。 本判決の位置付け [ ] 1次判決以降、過労自殺事案において企業の損害賠償責任を認める判決が相次いでいた。 本件はそのような裁判例と同様の判断枠組みによるものと考えられる。 参考文献 [ ]• 広島地判2000(平成12)年12月10日労旬1493号10頁。 広島地判2000(平成12)年11月30日季労201号253頁。 (2017年5月11日最終閲覧) 関連項目 [ ]•

次の