この nfc タグ に 対応 し て いる アプリ は ありません。 「このNFCタグをサポートしているアプリはありません」が頻繁に表示される。→NFCを無効にする。

iPhoneのNFCシールでの自動化が便利すぎてシール貼りまくった

この nfc タグ に 対応 し て いる アプリ は ありません

以下に適合します:. これが適合するか確認:• 自由に読み書きできるNFCタグシールです。 専用アプリでタスクを書き込めば、自分だけのオリジナルNFCタグが作成できます。 無線LANやBluetoothのON・OFF、カレンダーや天気・お料理・ナビなどのアプリもNFC用アプリでタスクを書き込めば、かざすだけで起動させることができます。 サンワサプライオリジナルアプリ「NFCかんたん設定アプリ」を使用すれば、初心者でも簡単にNFCタグを活用することができます。 タスクは上書きが可能で何度でも内容を書き換えることができます。 内容を変更できないように、「読み込み専用」にもできます。 会社のURLやキャンペーンのページのURLを登録してポスターやはがきに貼るなど、販促品としての使用にも最適です。 マーケットプレイスの商品は、出品者によって が異なります。 納期をお待ち頂けない場合には、キャンセル・返金をお受けさせて頂きます。

次の

NFCとは?スマホに搭載された便利な機能について解説します

この nfc タグ に 対応 し て いる アプリ は ありません

もくじ• 原因 原因は次の2つの条件を満たした場合に起こります。 スマートフォンに内蔵されたNFC機能がONになっている(スマホで使えるスイカやスターバックスカードモバイル、iD(クレジット決済サービス)などを使っている)• 手帳タイプのスマホケースなど、カードが入るポケットのついたスマホケースを使っていて、その中にICタグ内蔵のカード(nanaco、WAON、楽天Edy、社員証などのカード)を入れている この状態にしておくと、スマートフォンのセンサーが、カードに内蔵されているICタグを頻繁に読みに行きます。 しかし、スマートフォン内にICタグに対応したアプリが見つからないため、スマートフォン側でどのような動作をしてよいのかわからず 「このタグに対応するアプリがインストールされていません」というメッセージが表示されてしまいます。 「ICタグを読みに行ってはエラーになる」という動作を何度も繰り返してしまうため電池を大量に消費します。 また、スマートフォンが過熱する症状が出ます。 対策 以上のようなことが原因ですので、モバイルSuica・モバイルスターバックスカード・モバイルdポイントカード・WAON・[nanaco]・楽天Edyなどの、モバイル決済サービスを利用している場合と利用していない場合で対処法は異なります。 解決方法1:スマホで、モバイルSuica、iDなど非接触ICカードを利用して「いない」場合 この場合は、設定からNFCカードをOFFにすると問題が解決します。 他のスマホだと画面や操作方法が異なると思うので参考にしてください。 OFFの状態だと灰色になるのでここをタップして灰色にしてください。 ) これで問題は解決します。 もし、この設定項目にたどり着けない場合は、設定の検索機能で「NFC」か「おサイフ」で検索すると出てきます。 解決方法2:スマホで、モバイルSuicaなど非接触ICカードを利用して「いる」場合 この場合は、「NFC」という機能をOFFにすると何かと不便なので、スマホケースに入っているカード類を別の場所に移動するなど、ICタグ内蔵のカードがスマホに近づかないように工夫すると収まります。 まとめ 「このタグに対応するアプリがインストールされていません」と表示されるのは、 「スマホのICタグ読み取り機能がONになっていて、スマホケースにICタグ内蔵カードが入っている」ことが原因なので、 「モバイルSuicaなど非接触ICカードを使っていない場合はNFCをOFFにする。 使っていない場合はスマホケースにICタグ内蔵カードを入れないようにする。 」という対処方法で解決することができます。 参考になれば幸いです。 カテゴリー.

次の

NFCとは?スマホでのNFCの使い方や対応スマホの確認方法を解説!

この nfc タグ に 対応 し て いる アプリ は ありません

このNFC機能は、接続元と接続先の両方に付いている必要があります。 スマホとヘッドホンであれば、その両方共がNFC機能に対応している必要があるのです。 どちらか一方だけが対応している、というのでは、NFC機能を使う事は出来ません。 手持ちの機器が本当にNFCに対応しているのかどうか、確認してみましょう。 何かの理由や弾みでNFC機能をOFFにしていないでしょうか? また、ヘッドホンなどの場合はNFCの切り替え機能は基本的にありませんが、電源をオンにしなければいけません。 画面をオンにする(真っ暗の状態から復帰させる)• 画面のロックを解除する この2点をクリアした状態でNFC接続を試みましょう。 マークというのは、NFCマークかFeliCaマークになります。 これがNFCマークで・・・ これがFeliCaマークです。 FeliCaマークもNFC機能に対応しているので、これらのマークを完全に合わさるくらいに密着させましょう。 ですがその瞬間に「もうOK」と思って機器を離すと、接続が失敗する可能性があります。 さらに僕のケースですが、「接続が成功しました」となっても、実際には接続が完了していない事がありました。 スマホで音楽を鳴らした状態でヘッドホンをNFC接続したのですが、「接続しました」となっているにも関わらず、音楽はスマホから流れたままなのです。 その状態で少し待つことで、やっとヘッドホンから音が流れる様になりました。 完全に接続出来たと確認出来るまでは、機器を密着させたままにする様にしましょう。 とにかく、ながーめに密着させてみましょう。 更に、接続時の障害物にも弱いです。 例えば、スマホのNFCマーク(FeliCaマーク)は背面にあるのですが、これをディスプレイ側からくっつけると、全く反応しないのです。 そんなデリケートなNFC接続ですから、スマホのケースがジャマをしている可能性があります。 ここまでの確認をしてみて、やっぱりNFC接続が出来ない・・・という時には、一度スマホのケースを外してトライしてみましょう。 それでうまく行くのなら、スマホのケースがNFC接続のジャマをしていた、と言う事になります。 何らかの異常が機器に発生しているのかも知れません。 スマホやタブレット、ヘッドホンに至るまで、一旦再起動を試してみましょう。 その場合は、1つ1つのアプリを削除しながら動作を確認する・・・・という地道な作業が必要となります。 有名どころのアプリであれば、NFCに異常を発生させる様な不具合はまずないと思うので、マイナーで怪しそうなアプリから試してみましょう。 「アプリの名前+NFC」のワードで検索してみるのもいいでしょうね。 まとめ ここまでの確認をすれば、正常なNFC機器であればまず動作するはずです。 もしもこれでもダメなら、故障を疑ってみましょう。 色々な組み合わせをしてみて、どのデバイスに故障があるのか、絞り込む作業も必要です。 「スマホ+ヘッドホン」 「タブレット+ヘッドホン」 「スマホ+イヤホン」 「タブレット+イヤホン」 など試して行けば、異常のあるデバイスを特定する事が可能です。 デジタル接続は、デリケートなところもあって「やっぱり有線接続でいいや」ともなっていまいがちですが、せっかく便利なものを買ったので、ちょっと粘って使いこなせる様になるといいかと思います。 覚えたら便利ですからね。

次の