仮面ライダーゼロワン 令和ザファースト・ジェネレーション 感想。 『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』夫婦で見た感想

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

仮面ライダーゼロワン 令和ザファースト・ジェネレーション 感想

ジオウの成長!ソウゴくんがかっこよくなってる! 映画の序盤からそう思っていたんですけど、 ソウゴくんが本当に成長してました。 王様としての貫禄ですね。 いきなり前触れもなく現れたタイムジャッカーのフィー二スとのやりとりでね、 セリフうろ覚えなんですが、 フィーニス「僕がはじまりのライダーとなる」 「仮面ライダーの力をよこせ!」 と言ってジオウと対決するシーン。 フィーニスに対して 「君は俺のことをわかってないね」 「俺は王様になるんだ」 「ただし魔王のね」 と言って変身するシーンが 特にかっこ良くてですね!!! しかも、叫んだりとかじゃないんですよ。 ぽそっ と一言ですよ!! やばい! これまでは 王様になるんだ! 俺は王様になる!!!! とどこか若い「勢い」で言ってた感じだったんですよ! それがどこか大人な落ち着きを持っての一言を言えるように!!!! というわけでソウゴくんのかっこよさにノックアウトしたのでした。。。 ウォズさんが祝ってくれなかった めっちゃ個人的な感想ですが、 ウォズさんが祝ってくれなかった!!!!! ウォズさんの 「祝え!」 聞きたかったのに!!!!!! ただそれだけ。 あ、私、ジオウではウォズが好きです。 メタ的にもゼロワンを応援してて個人的に感動!大人向きですね もう今さらですが、仮面ライダーの映画ってもう大人向けになってますよね。 こどもでも楽しめるだろうけど、話が難しいところが結構あると思う。 とはいえ、メタ的にも 平成最後のライダーから 令和最初のライダー へのある意味バトンタッチとなってて個人的に好き。 スーツアクターさんも 高岩 成二さんから 縄田雄哉さんにバトンタッチ となってましたね。 今回のジオウでもあったけどそれが「タイムジャッカーのフィーネ」さん。 その人の役割だけは微妙でした。 まあ、話的にタイムジャッカーは必要だからなあ。。。。 いきなりでてきて、 「僕がはじまりのライダーとなる」 となっても 「え??」 となってしまうのよね。 それよりもウォズさんの「祝え!」が欲しかった。。。 流れは置いといて。。。。 これから令ジェネを観に行く人へ。 予告詐欺じゃね?なんて言われてたこのシーンですが、確かに存在します。 ですがこのシーンに至るまでの経緯は、多分見ても「ん?」ってなると思います。 でも、2人の関係性がでてるような気がして 個人的には好き。 次の映画の伏線になってくれると嬉しいな。 イズちゃんかわゆい・・・・.

次の

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』ネタバレあらすじと感想。「原点も頂点もない」と「お前はお前の時代の1号なんだ」というライダー宣言|邦画特撮大全64

仮面ライダーゼロワン 令和ザファースト・ジェネレーション 感想

2000年からスタートした平成仮面ライダーシリーズが「仮面ライダージオウ(20作品目)」で終わり、令和時代へと突入しました。 これまで冬映画のテーマとして描かれてきたのは、 去り行くライダーと歩み始めるライダーとの出会い。 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」では、仮面ライダージオウと仮面ライダーゼロワンが出会い、 平成から令和へと受け継がれていく内容でした。 以下、「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」の画像や内容が含まれていますので閲覧注意。 仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション・あらすじ(ネタバレ含) 仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーションは、飛電或人(高橋文哉)が目覚めると、いつもの日常ではなく 人工知能搭載ロボ・ヒューマギアに支配された世界に代わっているところから始まる。 歴史がすり替わる出来事が起きた12年前にタイムトラベルする。 そこで、 或人の父・飛電其雄(山本耕史)が関係していることを知る。 父・其雄は「仮面ライダー1型ロッキングポッパー」を開発し、自ら 「ヒューマギアが笑顔になれる世界」を守るために戦っていた。 一方、謎のタイムジャッカー・フィーニス(生駒里奈)は、自らが アナザー1号に変身し、新時代における始まりのライダーとなり、人類を征服する歴史を創り上げようとしていた。 ヒューマギアが支配し、絶滅させようとする世界を阻止するために、或人・ソウゴらは、共に戦うのであった…。 仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーションのネタバレ感想 仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーションは、令和初の仮面ライダーゼロワンと平成最後の仮面ライダージオウが交わる内容で創られていました。 仮面ライダーゼロワンは「人工知能=AI」をテーマに未来の姿を描いた作品。 今作品で 仮面ライダーゼロワンの誕生秘話があきらかになり、これまでテレビで放送された内容とリンクしました。 仮面ライダーゼロワンは、 或人と父・其雄(人間とAI)が笑顔と平和を願いヒューマギアと人間が共存できる世界を目指すために創り上げられたものだったんですね。 個人的には近い未来、本当に起きるかもしれない人間と人工知能(AI)の戦いをちょっと妄想しながら、見るとより一層楽しく見れると思います。 それにしても、 滅亡迅雷フォースライザーとライジングポッパープログライズキーを使って変身した「仮面ライダー001」が結構カッコよく、こっちがゼロワンでもよかったと思えるほどでした。 ただ、アナザーゼロワンはいいとして、アナザー1号が大きいのはどうだったんだろうか…。 無事に歴史が元に戻ったあと、仮面ライダーゼロワンと仮面ライダージオウが会った記憶があるのは良くないとソウゴが言い出し、記憶を消すために2人が戦い始めるシーンがある。

次の

live.t4g.org: 仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション: 高橋文哉, 奥野壮, 岡田龍太郎, 鶴嶋乃愛: generic

仮面ライダーゼロワン 令和ザファースト・ジェネレーション 感想

或人が目覚めるとそこは、いつもの日常ではなく人工知能搭載ロボ・ヒューマギアに支配された世界だった…!社長の座もヒューマギア・ウィルに奪われ、ヒューマギアたちの人間抹殺が激化する最中、現れたのは仮面ライダーの記憶を失くし、学生として過ごしていたはずのソウゴ・ゲイツ・ツクヨミ、そしてそこにはウォズの姿も。 元いた世界を取り戻すべくソウゴたちとともに12年前にタイムトラベルした或人を待ち受けていたのは、仮面ライダー1型なる兵器を開発しヒューマギアを守るために戦う父親ヒューマギア・其雄と、謎のタイムジャッカー・フィーニス。 何故、其雄は仮面ライダー1型になったのか。 そして世界のゆがみはどうなってしまうのか!? C 2019「ゼロワン/ジオウ」製作委員会 C 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 仮面ライダー壱型がカッコイイ。 シンプルにカッコイイ。 それだけで見る価値がある。 そしてとても力が入っている。 飛電アルト君。 彼が令和最初の「仮面ライダー」ゼロワンになる物語。 それはヒューマギアのシンギュラリティにも似た目覚めなのだろう。 その中で、過去と未来、親子であったり仮面ライダー自体の、世代を超え受け渡されるバトンを絶妙に描いている。 一見大味に描いているように見えて、とても細かいところまで丁寧に計算されている。 あれもこれも狙って描いている。 「仮面ライダー」の始まりの「1号(仮面ライダーという概念自体でもあると思う)」に対するリスペクト、 そして令和という新しい時代の始まりの1号であるゼロワン、 物語の中にあるメッセージは、積み重なる歴史の最先端であるゼロワンに対し、 しかしその歴史の重さに縛られることなく、固有の仮面ライダーであることを願っている。 ジオウの映画2作とはまた違った形のよさのある、 「仮面ライダー」を描いた素晴らしい映画でした。 以下余談。 (最後のソウゴ君の疑問と判断は、その結果によって、独立した仮面ライダーとしての「ゼロワン」の背中を押す意味がある気がします) たぶんアルト君も、また令和のどこかで先輩として後輩の背中を押すときが来るのだろうけど、それはそれでとても楽しみです。 所々ストーリーに矛盾点や、その他気になる点がいくつかあったが、本筋としては通っていて、とても面白かった。 本編では案外見られない或人の取り乱した姿や、主人公ならではの無鉄砲さが、この映画の中ではよく出ていて、やっぱり彼は主人公だなと思わせられた。 寧ろこのことがあったからこそ、今の彼は例年の主人公よりも少し路線が違うように見えるだけで、彼が主人公であることは変わりないなと改めて思える作品だった。 この作品でもポニーテールの唯阿ちゃんが見れるし、いつもと少し違った或人と周囲の関係性、雰囲気の違う滅亡迅雷の姿などもあって、違った角度からではあるが本編にも絡んだ話が見れてよかった。 或人と或人パパの関係性も、想像よりもはるかによかった。 ストーリーとしては薄い部分もあったけれど、色々と組み込んだ中でここまで出来たのは評価に値すると思うし、満足のいく内容だった。 今になってみるからこそ、現状に繋がる伏線を知ることもできるし、ぜひ本編が休止している今見て欲しいと思う。 評価は人それぞれだと思うが、毎年仮面ライダー作品を見るファンとして、この映画は繰り返し見たいと思える作品であったことは間違いない。 もしも見ていないのならば、ぜひ見てほしい。 オーマジオウ出ない、ゲイツとウォズはフォームチェンジしない。 アナザーライダーが本家ライダーor本家ライドウォッチじゃないと倒せない設定は完全に忘れられている。 女タイムジャッカーはなんだったのか。 てかタイムジャッカーってそもそも何なのか。 「平成ライダー」全ての力を持つジオウからなぜ1号の力を奪えたのか。 ジオウ本編以上に設定が穴だらけ。 歴史絡むなら電王やディケイドも出してほしかった。 2007年にタイムスリップした時はおっ?と思ったけど期待外れ。 まあ主役はゼロワンだから仕方ないか。 まずまずの出来で、ジオウとゼロワンのみにフォーカス当てるならこれでいいのかな。 他のライダー映画との比較でも平均点ってとこ。

次の