今井 翼。 今井翼の現在の事務所はどこ?病気や今後の活動について!

今井翼はなぜ松竹エンタテイメント?理由とベイスタ連載いつで内容は?

今井 翼

鍛えてそう。 ストイックそうだもんね。 頑張って欲しい。 所属も決まり足場も固まりましたね。 タキツバファンでジャニーズの時に日生、大阪の公演を追いかけてました。 歌もダンスも本当に素敵だったよ。 横浜のクリコンで目の前でヒラヒラ踊る翼くんの姿が忘れられなくて。 このコメもひとつずつ読んでくれるように思うのよね、翼くんは。 体調に気をつけて活躍を応援してます。 子供連れてになったけどまた追いかけたいな。 ガセに踊らされるタイプですね。 恥ずかしい。 Yahooニュースより引用 今井さんの復帰を待ちわびた方からと,やはり中居さん事務所「のんびりな会」入所のガセに対する不満が多いですね. 今井翼 新事務所 まとめ 今井翼さんの所属事務所が「松竹エンタテインメント」に決まったというお話でした. タッキー&翼やソロ活動でもアイドルとして突き進んでいた今井さんでしたが,メニエール病を発症して芸能活動を休止した時期も経験しています. 病気が完成すると難治と言われるメニエール病とは,今でも闘っていると思います. なんか身体も少しガッチリした印象がありますし,より健康に気を使って突き進んでいただきたいですね. 最後までお読みいただきまして,ありがとうございました..

次の

live.t4g.org

今井 翼

歌手で俳優の今井翼(38)がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)に織田信長の家臣・毛利新介役で出演し、15年ぶりに大河ドラマに出演することが18日、分かった。 番組公式サイトで発表された。 今井は本格復帰後、初のドラマ出演。 毛利新介は中盤最大のヤマ場「桶狭間の戦い」(1560年、永禄3年)に登場し、宿敵・今川義元を討つ重要な役どころ。 今川義元役は同じ事務所に所属し、歌舞伎公演でも共演、公私にわたって親交がある歌舞伎俳優・片岡愛之助(48)とあり、大きな注目を集めそうだ。 今井の大河ドラマ出演は矢頭右衛門七を演じた1999年「元禄繚乱」、那須与一を演じた2005年「義経」以来15年ぶり3回目。 俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ59作目。 第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。 物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。 今井が演じる毛利新介は、織田信長(染谷将太)の家臣。 信長の馬廻(うままわり)として仕え、桶狭間の戦いで服部一忠とともに、今川義元(愛之助)に肉薄し、首級をあげた。 今井は「大河ドラマには今回で3回目の出演となりますが、今川義元にとって重要な回に出演できたこと、心から感謝しております」と喜び。 「今川義元を討ち取るという要の役を演じるにあたり、毛利新介の出世欲、強い執念を目的に演じさせていただきました。 身に余る演出をつけていただき、胸が高鳴る時間を過ごさせていただきました。 壮大な桶狭間の戦いのシーンに是非ともご注目ください」と呼び掛けた。 2014年に発症した、めまいなどの症状を訴えるメニエール病の治療に専念するため、18年9月に「タッキー&翼」を解散し、ジャニーズ事務所を退社。 以降はフリーとなり、19年はほとんど活動しなかったが、今年2月の新作歌舞伎(第10回システィーナ歌舞伎)「NOBUNAGA」で本格復帰し、活動を再開した。 ドラマ出演は3年ぶりとみられる。 4月1日付で芸能事務所「松竹エンタテインメント」に所属。 同事務所に所属の愛之助が「麒麟がくる」で戦国大名・今川義元を演じている。 ドラマは今月17日に放送された第18話「越前へ」で新章「越前編」がスタート。 ただ、新型コロナウイルスの影響により、4月1日から撮影がストップ。 収録済みのストックがなくなり、6月7日放送の第21話をもって一時中断。 今月末までに緊急事態宣言が解除され次第、収録再開の準備に入る。 放送の再開時期は「収録再開の状況を見極めながら検討」。 休止期間中は、再放送や総集編などで対応する意向。

次の

今井翼連ドラ出演決定 手越とは違う?異例の退所ロード

今井 翼

「昨年後半から新しい仕事が入りだしているのに、今井はきちんとしたマネージャーもつけずに自分でスケジュールやギャラ交渉などのやりくりをしていました。 その様子を見かね、愛之助は自らが所属する松竹エンタテインメントに直談判で話をつけた。 神奈川県藤沢出身同士、同じ中学の先輩後輩で以前から今井が中居を慕っていることが知られていたからだ。 メニエール病の治療に奔走した愛之助 1995年春にジャニーズ事務所に入所した今井翼。 同期の滝沢秀明(37)とジャニーズJr. 黄金期を築きあげ、2002年には「タッキー&翼」を結成しヒットチャート一位を連発した。 だが、30代になった今井の活躍は順調とは言い難かった。 発端は2014年の秋、今井は愛之助との初共演となった大阪松竹での舞台『GOEMON 石川五右衛門』に約一か月間にわたり出演。 その終了直後に体調不良を訴え、検査の結果メニエール病であることを公表し、治療のための休業に入ったのだ。 「直前まで共演していた愛之助は、その病気の名医といわれる人物を紹介するなど奔走した。 というのも、もともと今井は『GOEMON』の初演(11年)を観劇し、感動のあまり面識もないのに愛之助の楽屋に挨拶に行ったんです。 礼儀正しい好青年の今井を気に入った愛之助は、その場で『再演の機会があったら出してあげる』と約束した」(同前) 再共演の頃には『翼クン』、『愛之助さん』と呼び合う仲に 『GOEMON』にはフラメンコ場面が多用され、20代からスペインにフラメンコ修行に通い詰めていた今井にはうってつけの出演だったが、千秋楽直後の体調悪化に愛之助はものすごく心配したのだという。 「病気がきっかけになり、その後毎日のようにLINEのやりとりをしていました。 2016年の再共演の頃には、『翼クン』、『愛之助さん』と呼び合う様子が仕事仲間というより、年の離れた兄弟のようでした。 ソロ活動のみになっていた2018年春、今井は再びメニエール病を発症し緊急入院。 出演予定だった松竹制作の舞台を降板したり、ラジオのパーソナリティを降板することになる。 「結局2018年9月にタキツバの解散と今井のジャニーズ退所、さらに2018年末をもっての滝沢の芸能活動引退を発表しましたが、その前後も愛之助の歌舞伎や舞台のほとんどに今井は観劇に訪れていました。 たまに地方公演まで観に来ているので驚いたものです」(同前) 「元々ジャニーズと松竹は親和性が深い」 愛之助が縁をとりもった「松竹エンタテインメント」は、歌舞伎はもちろん松竹新喜劇や舞台、映画などを制作する松竹の子会社。 前述したように筆頭の所属俳優は愛之助で、さらには人気の尾上松也などがいる。 「いわゆる俳優事務所のなかでは、家族的で待遇が非常に手厚い事務所として業界では知られています。 今井自身も20代のときから大地真央との共演で松竹制作の舞台を踏んでいますが、元々ジャニーズと松竹は親和性が高いんです」(芸能デスク) 滝沢歌舞伎で若い女性が新橋演舞場に殺到 大阪松竹座でも、新橋演舞場でも、京都南座でもジャニーズの公演が定期的に開かれている。 その先駆けでもあり代表格でもあるのが、元相方・タッキーが主演していた「滝沢歌舞伎」だ。 「2006年に『滝沢演舞城』としてスタートした滝沢歌舞伎は、『若い女性が新橋演舞場に殺到する』定番カードになりました。 改築の途中数年間をのぞき毎年新橋演舞場で開かれていますが、いまだにチケットは争奪戦。 松竹としてもホクホクです」(同前) 当初、出演・座長だけだったタッキーはいつしか演出も兼ねるようになり、芸能活動を引退した現在は「演出家」として名を連ねている。 体調面の問題で休養期間を挟まねばならず仕事が不安定だった今井とは対照的に、亡くなったジャニー喜多川氏の覚えめでたかった滝沢は、タキツバ解散前に「ジャニーさんの後継者候補指名」をされていた。 「あの頃、翼は人が変わったように荒れていた。 毎晩酒を飲みに出かけていて酔っぱらって『来ませんか?』と電話をしてくる。 合流すると、話はいつも『滝沢とはやってられない。 価値観が違う、解散しかない』ばかりだった。 でも去年会ったときには、『ジャニーズにも滝沢にも、いまは良かったなとしか思わない』とスッキリして、健康的だった。 若い頃に戻ったみたいでホッとしたものです」(映画関係者) アイドル帝国・ジャニーズ事務所の退所から1年半の新たな門出。 (山本 雲丹/週刊文春デジタル).

次の