ボーコレン cm。 「ボーコレン」は膀胱炎に効くのか?: 薬剤師kittenの雑記帳

膀胱炎になりやすい私の対処法

ボーコレン cm

昨日からちょっと違和感あったのよね。 大量にお水飲めば治るかなと思っていたら、 急に10分おきにくらいにトイレに行くことになった。 なんか熱っぽいし、 フラ~っとする。 コロナじゃないよね。 膀胱炎だよね。 大量の水のおかげで夕方から少々ラクになったので、 薬局にテレビのCMで見たボーコレンを買いに行く。 薬局の棚にはボーコレン以外にも似たような薬が置いてアリ、 違いがわからない。 薬剤師さんに聞くと漢方成分の配合はほぼ同じらしいので、 当初の目的通りボーコレンを買った。 帰宅後、ボーコレンを大量の水で飲み、 この日は結局4リットルの水を飲みほした。 おかげで胃痛と頭痛が始まった。 友達が医者に行って抗生物質をもらった方がいいというので、 ネットで明日の病院を予約した。 色んな人に聞くと、 みなさん膀胱炎はしょちゅうなっているらしい。 私なんて人生2回目なのに。 高齢になるとストレスとか疲れとか冷えが原因らしい。 若いころはちょっと恥ずかしい別の理由が多いようだが。 日ごろ、ストレスなく暮らす私には無縁の病気だったようだが、 最近の転勤準備が知らぬ間にストレスとなっているのかもしれない。 まぁ、そんなにやわな私ではないんですけどね。 kkanakkana.

次の

膀胱炎の市販薬ならオススメは「腎仙散(ジンセンサン)」

ボーコレン cm

効果 ボーコレンは、直径1センチくらいの錠剤で、48錠入りの箱(4日分/1600円程度)、96錠入りの箱(8日分/3000円程度)単位で売られています。 生薬を用いているため、錠剤ごとに色が異なることがあります。 ボーコレンという名前は製剤名であり、成分は 11種類の生薬からなる漢方製剤の五淋散です。 この五淋散には、利尿作用(尿の量を増やす働き)があります。 多くの尿を出すことで、膀胱内の雑菌を押し流して、炎症を改善する効果が期待できます。 食前または食間(食後2〜3時間後の空腹時)に服用します。 本剤は錠剤のため、他の散剤や顆粒にくらべて、飲みやすい形状になっています。 本剤は分包されてはおらず、吸湿しやすくなっています。 服用のつど、チャックをしっかりしめましょう。 本パッケージは、ピンク色で、女性を対象とした薬のように感じられ、男性の方は手に取りにくいかと思いますが、男女問わずお使いいただけますので、心配の必要はありません。 スポンサードリンク 副作用 主な副作用としては、 食欲不振や胃部不快感があげられます。 ごくまれに、間質性肺炎と呼ばれる重い副作用が発生する場合があります。 服用後、階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがしたり、息苦しくなったり、空咳や発熱などがみられる場合には服用を中止し、医師の診療を受けてください。 また、手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感や筋肉痛などがあらわれた場合にも、直ちに服用をやめて、病院で受診をしてください。 授乳期の方は、普段の家事に併せて、寝かしつけ、授乳のため、トイレに行けなかったり、疲労がたまったりして、膀胱炎になりやすい、と聞きます。 ネットによると、授乳期の服用は問題ないとのことです。 土日で病院に行けない場合、この市販漢方薬に頼ることも可能でしょう。 ただし、妊婦または、妊娠している方は、自分で判断せず、病院での検査や治療が大切です。 まとめ どんな薬でも言えることかもしれませんが、こちらのボーコレンであっても、飲み合わせが気になる方がいるようです。 小林製薬の公式ホームページを調べてみると「服用する前に医師・薬剤師に相談するように」と書いてありましたので、自分で勝手に飲んでしまわないように注意しましょう。

次の

膀胱炎の市販薬ならオススメは「腎仙散(ジンセンサン)」

ボーコレン cm

製品情報• 製品検索• よくあるご質問・ お問い合わせ• 安全にお使いいただくために• 企業情報• 会社情報• ニュースリリース• IR情報・ CSR• IR情報• 財務情報• IR資料室• 株式情報• CSR• E(環境)• S(社会)• 従業員と共に• お客さまと共に• 地域社会と共に• お取引先・お得意先と共に• G(ガバナンス)• 採用情報• 小林製薬とは• キャリア採用• 個人情報の取り扱いについて• 取り扱いについて• 症状の名称 症状 間質性肺炎 階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする 偽アルドステロン症、ミオパチー 手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる 腸間膜静脈硬化症 長期服用により、腹痛、下痢、便秘、腹部膨満等が繰り返しあらわれる• 3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、製品のパッケージを持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること:下痢• 4.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品のパッケージを持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること• 5.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること.

次の