あまぞん 購入履歴。 Amazonで「注文履歴」を確認・削除・非表示にする方法

amazon履歴からのおすすめ、これはまずい!を表示させない方法

あまぞん 購入履歴

ご存知のとおり、Amazonの表示画面は一人ひとりのユーザーにカスタマイズされています。 たとえば、アマゾントップページに表示されるおすすめ商品や関連製品情報も、あなたに合った商品を、アマゾンが勝手にカスタマイズして表示しています。 これは、アマゾンが、過去に注文したり、閲覧した結果を元に、 ユーザーが最も購入してくれる可能性が高いものを表示する仕組みになっているからです。 (たとえば、あなたが過去に、自分が飼っている猫ちゃんのためにキャットフードを購入したら、アマゾンは次回から、猫ちゃんの関連グッズが紹介されます。 猫を飼っている人にイグアナ関連のグッズを紹介しても購入してくれませんからね。 ) とても便利な機能ですが、ただ、1点困ることがあります。 それは、 あなたの趣味嗜好が一発で他人にばれてしまうことです。 たとえば、あなたが仕事に疲れて、一度、何の気なしにアダルト関連の商品を見てしまったら、もう大変。 アマゾンは、次回から確実に、あなたにアダルト関連グッズを進めてきます。 (これでは、恥ずかしくて、外出先など人が見ているところでは、アマゾンサイトが開けません。 そういう経験をした人が、結構いるのは知っていますw) でも、そうかといって、別の関係のない商品ページの閲覧しまくって、アダルト率をさげるのも、めんどくさいです…。 そこで、ここでは、アマゾンの閲覧履歴を削除する方法をご紹介します。 Amazonの閲覧履歴を削除する方法 アマゾンの閲覧履歴を削除するのは、カンタンです。 まずは、アマゾンサイト上部にある「アカウントサービス」を選択します。 すると、過去に閲覧した商品がずらーっと並びます。 アマゾンはこの情報を元にあなたにおすすめ商品を勧めてきます。 特定の商品だけを消す方法 今回、例えば、左上に表示された自転車の閲覧記録を消したいと思ったら、表示されている「削除」ボタンを押すと、閲覧記録が削除できます。 はい、消えました。 すべての商品を一気に消す方法 いちいち、一個ずつ削除するのは面倒くさい!という場合は、閲覧記録を全て削除することも可能です。 やり方は簡単で、画面右に表示されている「履歴を管理」をクリックします。 すると、履歴を管理の表示の横に「すべての項目を削除」と表示されますので、ここをクリックすると、すべての閲覧履歴を削除することができます。 ) 最終確認のポップアップ画面が表示されるので、「すべての項目を削除」をクリックします。 はい、これで綺麗になりました。 注文履歴は削除できません。 ちなみに、アマゾンは閲覧履歴だけでなく、注文履歴も元にして、あなたに商品を勧めてきます。 ただ、残念ながら、注文履歴の削除はできません。 正確にいうと、以下の画面の通り、注文履歴は非表示設定は100件までできますが、 注文履歴の完全な削除はできません。 (本当に全て削除したい場合は、アカウントを一度廃止しなければなりません。 ) 以上、ご参考まで。

次の

Amazonの注文履歴や閲覧履歴は削除できる?購入履歴を削除する方法も紹介

あまぞん 購入履歴

非表示にできる注文は100件までとなっています。 どうしても履歴を削除したい場合... ! 履歴を完全に削除することはできませんが、どうしても履歴を消したいのであればアカウントを閉鎖するしかありません。 アカウントを閉じると、以下を含むすべてのアカウントにアクセスできなくなりますので注意が必要です。 Amazon. jp でのお買い物に使用するアカウント(クレジットカード情報、注文履歴など)• Amazonマーケットプレイスのアカウント• デジタルサービスに利用しているアカウント• ほしい物リストとプロフィール• アソシエイト・プログラムのアカウント• Amazon Payのアカウント• Kindle ダイレクト・パブリッシングのアカウント また、アカウントを閉じる前に以下も併せてご注意ください。 未発送の商品がない• 返品の可能性がない• パスワードを盗まれて不正ログインされるといった事態にでもならない限りプライバシー情報が漏れることはありません。 そのためパソコンを共有してでもいない限り、購入履歴を消す必要はないと言えます。 amazonで買い物した合計金額を調べる方法はこれ! 購入履歴のページに表示される購入金額は商品ごとに表示され、一括した合計金額を表示する機能は備わっていません。 ただし、スクリプトを利用して合計金額を確かめることができます。 詳しくは「うぃる」さんというブロガーの記事「」がわかりやすいので、参考にご覧ください(Amazonの仕様の変更のため、現在年度ごとの集計は可能だが全ての年度の集計は不可)。

次の

【Amazon】Kindle本|キンドル閲覧履歴やおすすめ本の削除方法

あまぞん 購入履歴

過去の購入履歴をチェックする方法 私は購入していた漫画の単行本を新作だと勘違いして同じものを再び購入してしまったことがあります。 物が身近にあれば確認することができるのですが、どうしても電車通勤中であったりするとなかなか確認できないですよね。 ネットショッピングだと過去に何を購入したかの確認がスマートフォンやインターネットを繋ぐ環境があればすぐに確認ができますし、発売日に届けてくれたりと本当に便利です。 ネットショッピングのサイトは数多くありますが、Amazonの購入履歴の確認方法から説明します。 Amazonにログインします。 ご自身のログイン情報を入力しログインしてください。 ログイン情報はEメールまたは携帯電話番号を入力し、次にパスワードを入力してください。 パスワードを忘れたとしても、Eメールまたは携帯電話番号を入力し、青色で表示されている「パスワードを忘れた場合」をクリックするとパスワードを新しく設定するためのガイドラインが表示されるので、それに従いましょう。 すべての情報を忘れてしまった場合は、Amazonアカウントを新規で作らなければサービスを利用できません。 次から忘れないようにメモしておきましょう。 ログインすると以下のような画面が表示されるので赤枠で囲っている「注文履歴」をクリックします。 クリックすると購入履歴が表示されます。 以下の画面が購入履歴となります。 注文履歴の中には購入したものはもちろん、未発送の商品、キャンセルしたものまで確認することができます。 またこの画面から領収書を印刷することができます。 会社の備品などを購入した場合などはこの画面から領収書の発行をするといいですね。 過去の注文履歴を削除したい場合 まず前提として注文履歴だけを削除することはできません。 購入履歴はAmazonアカウントを所持している本人しか見れないということが前提にあるうえ、購入した証明である情報は消すことはできないようです。 注文履歴の画面上から表示を消すだけでよいなら「注文を非表示にする」という方法があります。 今回はこの方法を紹介させていただきます。 先ほど説明でもあった注文履歴画面に移動し、赤枠で囲んだ「注文を非表示にする」をクリックします。 「注文を非表示にする」をクリックします。 次に完了画面が表示されます。 再度、購入履歴を確認すると表示されていません。 もし見られたくない履歴などがありましたら、ご購入者本人専用のアカウントを作成してください。 Amazonのサイトからしっかりとサインアウトすれば横からのぞき込まれるのを注意するのと、パスワードを知られない限り購入履歴を知られることはありません。 過去の検索履歴をチェックする方法 購入はしていないけど、過去に気になった商品をもう一度見たいというときには検索履歴として確認することができます。 Amazonのメイン画面を表示し、赤枠で囲っている「表示履歴を見る」をクリックします。 クリックすると以下の画面が表示されます。 これが今までチェックしたものが表示された検索履歴となります。 検索履歴の削除の方法 次は検索履歴の削除方法です。 この方法で恥ずかしい履歴もすぐに消すことができます! 1. 先の検索履歴を検索チェックする方法で説明したとおりに、検索履歴の画面を表示します。 赤枠で囲っている「削除」をクリックします。 「削除」をクリックすると確認メッセージなどなく即時反映されます。 「アカウントを閉じる」について 本文書にて、購入履歴だけの削除できないと説明しました。 そのとおり購入履歴だけはできないのですが、Amazonアカウントごと消してしまえば可能です。 ただこの方法をしてしまうと、その後は一切そのアカウントにアクセスすることができません。 また、同じEメールアドレスで登録されている関連アカウント、機能、サービスなども利用できなくなります。 Amazonのカスタマーサービスに電話もしくはメールなどで連絡をしなければならないなど、多少面倒ではありますが、そこまでして消したい購入履歴がある場合は利用してください。 一度、アカウントを閉じてしまうとそのアカウントは使用できなくなるので最後に方法を記載します。 「アカウントを閉じる」後に使用できなくなるサービスについて Amazonアカウントを閉じた際に使用できなくなるサービスについて調べてみました。 以下の通りです。 ・Amazon. jp での買い物に使用するアカウント(クレジットカード情報、注文履歴など) ・Amazonマーケットプレイスのアカウント ・デジタルサービスに利用しているアカウント ・ほしい物リストとプロフィール ・アソシエイト・プログラムのアカウント ・Amazon Payのアカウント ・Kindle ダイレクト・パブリッシングのアカウント 上記を利用している方は気を付けてください。 私が特に気になったのはKindle関連のアカウントもアマゾンアカウントと紐づいていたら、購入した電子書籍やゲームなども利用できなくなるということです。 その辺をよく気を付けてアカウントの停止を行ってください。 「アカウントを閉じる」の方法 1. Amazonのメイン画面から赤枠で囲っている「ヘルプ」をクリックします 2. 以下の画面がヘルプ画面です。 下にスクロールすると以下の画面が現れます。 画面で状でオレンジ色になっている「登録情報の管理」にマウスをあてると、「アカウントを閉じる」が表示されます。 アカウントを閉じるをクリックします。 「アカウントを閉じる」についての注意事項などが記載されているページに移動します。 停止するサービスなど細かく記載されているので、しっかりと確認しましょう。 確認出来たらカスタマーサービスに連絡をクリックします。 「カスタマーサービスに連絡」をクリックすると以下の画面が表示されるので、以下の情報を選択します。 上の三項目を選択し、下にスクロールすると以下の画面になります。 注意点が記載されているのでしっかり読みましょう。 確認出来たら、 「お問い合わせ方法を選択してください」では「Eメール」を選択します。 「詳細を入力してください」欄に一言コメントを入れてください。 何も変更せずにメール送信を「コメントを記述してください」とエラーが返ってきます。 コメント入力後、メールの送信をクリックしてください。 メール送信後、数時間後に以下のメールが届きました。 これでアカウントの閉鎖は終了です。 最後に 以上が、アマゾンの購入履歴、検索履歴および各履歴の削除方法についての説明となります。 お買い物をする際に活用していただければ幸いです。 履歴の削除方法につきましては、アカウントの閉鎖方法まで説明させていただきましたが、個人のアカウントでパスワードを他人に知られないなどのセキュリティ管理ができていれば閉鎖までする必要はないのではないかと思います。 パスワードを定期的に変えるなど細かいことですが実践していただければと思います。 それではネットショッピングを楽しんでくださいね。

次の